コンパイラの COM サポート

Microsoft 固有の仕様

Microsoft C++ コンパイラは、コンポーネント オブジェクト モデル (COM) タイプ ライブラリを直接読み取り、その内容をコンパイルに含める C++ ソース コードに変換できます。 デスクトップ アプリのクライアント側での COM プログラミングを容易にするために、言語拡張機能を使用できます。

#import プリプロセッサ ディレクティブ を使用すると、コンパイラはタイプ ライブラリを読み取り、COM インターフェイスをクラスとして記述する C++ ヘッダー ファイルに変換できます。 一連の #import 属性は、結果の種類のライブラリのヘッダー ファイルのコンテンツのユーザー コントロールで使用できます。

拡張属性uuid__declspec使用して、グローバル一意識別子 (GUID) を COM オブジェクトに割り当てできます。 キーワードは __uuidof COM オブジェクトに関連付けられている GUID を抽出するために使用できます。 もう __declspec 1 __declspecを使用して、COM オブジェクトのデータ メンバーの メソッドと getset メソッドを指定できます。

COM は、 型と 型をサポートし、スマート ポインターを実装し、 によってスローされるエラー オブジェクトをカプセル化するために、グローバル関数とクラスの VARIANTBSTR セットを提供します _com_raise_error

Microsoft 固有の仕様はここまで

関連項目

コンパイラ COM サポート クラス
コンパイラ COM グローバル関数