式 (C++)

このセクションでは、C++ 式について説明します。 式は、次の 1 つ以上の目的で使用されるオペランドと演算子のシーケンスです。

  • オペランドからの値の計算。

  • オブジェクトまたは関数の指定。

  • "副作用" の生成。(副作用は、オブジェクトの値の変更など、式の評価以外の — アクションです)。

C++ では、演算子はオーバーロード可能であり、意味をユーザー定義できます。 ただし、受け取るオペランドの優先順位と数を変更することはできません。 このセクションでは、言語によって提供されたままでオーバーロードされていない演算子の構文とセマンティクスについて説明します。 式の型と式のセマンティクスに加えて、次のトピックについて説明します。

他のセクションの演算子に関するトピック:

関連項目

C++ 言語リファレンス