__m128i__m128i

Microsoft 固有の仕様Microsoft Specific

_ _M128iでストリーミング SIMD 拡張命令 2 (SSE2) 命令の組み込み関数で使用するためのデータ型が定義されている<emmintrin.h >。The __m128i data type, for use with the Streaming SIMD Extensions 2 (SSE2) instructions intrinsics, is defined in <emmintrin.h>.

// data_types__m128i.cpp
#include <emmintrin.h>
int main() {
   __m128i x;
}

RemarksRemarks

アクセスする必要があります、 _ _m128iフィールドには直接します。You should not access the __m128i fields directly. ただし、これらの型はデバッガーで確認できます。You can, however, see these types in the debugger. 型の変数 _ _m128i XMM [0-7] レジスタにマップされます。A variable of type __m128i maps to the XMM[0-7] registers.

型の変数 _m128iは 16 バイト境界に自動的にアラインします。Variables of type _m128i are automatically aligned on 16-byte boundaries.

注意

型の変数を使用して _ _m128iと、コンパイラは SSE2 を生成するmovdqa命令。Using variables of type __m128i will cause the compiler to generate the SSE2 movdqa instruction. この命令は、Pentium III プロセッサで障害が発生しませんが、どの命令によっての原因と考えられる副作用のあるサイレントのエラーが発生movdqaPentium III プロセッサ上に変換します。This instruction does not cause a fault on Pentium III processors but will result in silent failure, with possible side effects caused by whatever instructions movdqa translates into on Pentium III processors.

_ _M128i ARM プロセッサ上のデータ型はサポートされていません。The __m128i data type is not supported on ARM processors.

Microsoft 固有の仕様はここまでEND Microsoft Specific

関連項目See also

キーワードKeywords
基本的な型Fundamental Types
データ型の範囲Data Type Ranges