Microsoft 固有の修飾子

このセクションでは、次の領域での C++ への Microsoft 固有の拡張について説明します。

Microsoft 固有キーワード

Microsoft 固有キーワードの多くは、宣言子を変更して派生型を作成する際に使用できます。 宣言子の詳細については、 宣言子を参照してください。

キーワード 意味 派生型を作成するために使用しますか?
__based これに続く名前は、宣言に含まれている 32 ビット ベースへの 32 ビット オフセットを宣言します。 はい
__cdecl これに続く名前は、C の命名規約と呼び出し規則を使用します。 はい
__declspec これに続く名前は、Microsoft 固有のストレージ クラス属性を指定します。 No
__fastcall これに続く名前は、引数を渡すためのスタックの代わりに、レジスタ (使用できる場合) を使用できる関数を宣言します。 はい
__restrict __Declspec (制限) に似ていますが、変数に使用します。 No
__stdcall これに続く名前は、標準呼び出し規約を順守する関数を指定します。 はい
__w64 64 ビット コンパイラでより大きいデータ型としてマークします。 No
__unaligned 型またはその他のデータへのポインターが配置されていないことを指定します。 No
__vectorcall これに続く名前は、引数を渡すためのスタックの代わりに、SSE レジスタを含むレジスタ (使用できる場合) を使用できる関数を宣言します。 はい

関連項目

C++ 言語リファレンス