__w64__w64

この Microsoft 固有のキーワードは互換性のために残されています。This Microsoft-specific keyword is obsolete. Visual Studio 2013 より前のバージョンの Visual Studio では、これにより変数にマークを付けることができます。これにより、 /wp64でコンパイルするときに、64ビットコンパイラでコンパイルした場合に報告される警告が報告されます。In versions of Visual Studio earlier than Visual Studio 2013, this lets you mark variables, so that when you compile with /Wp64 the compiler will report any warnings that would be reported if you were compiling with a 64-bit compiler.

構文Syntax

__w64 識別子type __w64 identifier

パラメーターParameters

typetype
32 ビットから 64 ビット コンパイラに移植されるコードで問題を引き起こす可能性のある 3 つの種類のいずれか: intlong、またはポインター。One of the three types that could cause problems in code being ported from a 32-bit to a 64-bit compiler: int, long, or a pointer.

identifieridentifier
作成中の変数の識別子。The identifier for the variable you are creating.

RemarksRemarks

重要

/Wp64コンパイラオプションと __w64キーワードは、Visual Studio 2010 および Visual Studio 2013 で非推奨とされており、Visual Studio 2013 から削除されました。The /Wp64 compiler option and __w64 keyword are deprecated in Visual Studio 2010 and Visual Studio 2013 and removed starting in Visual Studio 2013. コマンドラインで /Wp64 コンパイラオプションを使用すると、コンパイラはコマンドラインの警告 D9002 を発行します。If you use the /Wp64 compiler option on the command line, the compiler issues Command-Line Warning D9002. __W64キーワードは、警告なしで無視されます。The __w64 keyword is silently ignored. このオプションとキーワードを使用して64ビット移植性の問題を検出する代わりC++に、64ビットプラットフォームを対象とする Microsoft コンパイラを使用します。Instead of using this option and keyword to detect 64-bit portability issues, use a Microsoft C++ compiler that targets a 64-bit platform. 詳細については、「 64 ビット、x64 ターゲット用のC++ビジュアルの構成」を参照してください。For more information, see Configure Visual C++ for 64-bit, x64 targets.

__W64した typedef は、x86 では32ビット、x64 では64ビットである必要があります。Any typedef that has __w64 on it must be 32 bits on x86 and 64 bits on x64.

Visual Studio 2010 より前のバージョンの Microsoft C++コンパイラを使用して移植性の問題を検出するには、32ビットと64ビットプラットフォームのサイズを変更するすべての typedef に __w64キーワードを指定する必要があります。To detect portability issues by using versions of the Microsoft C++ compiler earlier than Visual Studio 2010, the __w64 keyword should be specified on any typedefs that change size between 32 bit and 64 bit platforms. このような型の場合、 __w64は typedef の32ビット定義にのみ表示される必要があります。For any such type, __w64 must appear only on the 32-bit definition of the typedef.

以前のバージョンとの互換性のために、コンパイラオプション/za (無効になっている言語拡張)が指定されていない場合、 _w64__w64のシノニムになります。For compatibility with previous versions, _w64 is a synonym for __w64 unless compiler option /Za (Disable language extensions) is specified.

コンパイルで /Wp64が使用されていない場合、 __w64キーワードは無視されます。The __w64 keyword is ignored if the compilation does not use /Wp64.

64 ビットへの移植の詳細については、次のトピックを参照してください。For more information about porting to 64-bit, see the following topics:

使用例Example

// __w64.cpp
// compile with: /W3 /Wp64
typedef int Int_32;
#ifdef _WIN64
typedef __int64 Int_Native;
#else
typedef int __w64 Int_Native;
#endif

int main() {
   Int_32 i0 = 5;
   Int_Native i1 = 10;
   i0 = i1;   // C4244 64-bit int assigned to 32-bit int

   // char __w64 c;  error, cannot use __w64 on char
}

参照See also

キーワードKeywords