Platform::Collections::Vector クラスPlatform::Collections::Vector Class

インデックスによって個別にアクセスできるオブジェクトのシーケンシャル コレクションを表します。Represents a sequential collection of objects that can be individually accessed by index. XAMLデータバインディングを支援するために、 Windows:: Foundation:: Collections:: IObservableVectorを実装します。Implements Windows::Foundation::Collections::IObservableVector to help with XAML data binding.

構文Syntax

template <typename T, typename E>
   ref class Vector sealed;

パラメーターParameters

TT
Vector オブジェクトに含まれている要素の型。The type of the elements contained in the Vector object.

つまりE
T型の値と等しいかどうかをテストするための二項述語を指定します。既定値は std::equal_to<T> です。Specifies a binary predicate for testing equality with values of type T. The default value is std::equal_to<T>.

解説Remarks

使用できる型は次のとおりです。Allowed types are:

  1. integersintegers

  2. インターフェイスクラス ^interface class^

  3. パブリック ref クラス ^public ref class^

  4. value structvalue struct

  5. パブリック列挙型クラスpublic enum class

Vectorクラスは、 Windows:: Foundation:: Collections:: Ivectorインターフェイスの C++ の具象実装です。The Vector class is the C++ concrete implementation of the Windows::Foundation::Collections::IVector interface.

パブリックの戻り値またはパラメーターで Vector 型を使用しようとすると、コンパイラエラー C3986 が発生します。If you attempt to use a Vector type in a public return value or parameter, compiler error C3986 is raised. このエラーを修正するには、パラメーターまたは戻り値の型を Windows::Foundation::Collections::IVectorに変更します。You can fix the error by changing the parameter or return value type to Windows::Foundation::Collections::IVector. 詳細については、「 Collections (C++/CX) (コレクション (C++/CX))」を参照してください。For more information, see Collections (C++/CX).

メンバーMembers

パブリック コンストラクターPublic Constructors

名前Name 説明Description
Vector:: VectorVector::Vector ベクター クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Vector class.

パブリック メソッドPublic Methods

名前Name 説明Description
Vector::AppendVector::Append 指定された項目を、現在の Vector の最後の項目の後に挿入します。Inserts the specified item after the last item in the current Vector.
Vector:: ClearVector::Clear 現在のベクター内のすべての要素を削除します。Deletes all the elements in the current Vector.
Vector:: FirstVector::First Vector 内の最初の要素を指定する反復子を返します。Returns an iterator that specifies the first element in the Vector.
Vector:: GetAtVector::GetAt 指定されたインデックスで識別される現在のベクターの要素を取得します。Retrieves the element of the current Vector that is identifed by the specified index.
Vector:: GetManyVector::GetMany 指定されたインデックスを開始位置として、現在の Vector から項目のシーケンスを取得します。Retrieves a sequence of items from the current Vector, starting at the specified index.
Vector:: GetViewVector::GetView ベクターの読み取り専用ビュー、つまり Platform::Collections::VectorViewを返します。Returns a read-only view of a Vector; that is, a Platform::Collections::VectorView.
Vector:: IndexOfVector::IndexOf 現在のベクター内で指定された項目を検索し、見つかった場合は項目のインデックスを返します。Searches for the specified item in the current Vector, and if found, returns the index of the item.
Vector::InsertAtVector::InsertAt 現在のベクター内の指定したインデックスによって識別される要素の位置に、指定した項目を挿入します。Inserts the specified item into the current Vector at the element identified by the specified index.
Vector::ReplaceAllVector::ReplaceAll 現在のベクターの要素を削除し、指定された配列の要素を挿入します。Deletes the elements in the current Vector and then inserts the elements from the specified array.
Vector::RemoveAtVector::RemoveAt 現在のベクターから指定されたインデックスで識別される要素を削除します。Deletes the element identified by the specified index from the current Vector.
Vector::RemoveAtEndVector::RemoveAtEnd 現在の Vector の末尾から要素を削除します。Deletes the element at the end of the current Vector.
Vector::SetAtVector::SetAt 現在の Vector で、指定されたインデックスによって識別される要素に、指定された値を割り当てます。Assigns the specified value to the element in the current Vector that is identified by the specified index.
Vector:: SizeVector::Size 現在のベクター オブジェクトの要素数を返します。Returns the number of elements in the current Vector object.

イベントEvents

名前Name 説明Description
イベント ウィンドウ:: Foundation:: Collection:: VectorChangedEventHandler <T> ^ VectorChangedevent Windows::Foundation::Collection::VectorChangedEventHandler<T>^ VectorChanged Vector が変更されたときに発生します。Occurs when the Vector changes.

継承階層Inheritance Hierarchy

Vector

必要条件Requirements

ヘッダー: collection.hHeader: collection.h

名前空間: Platform::CollectionsNamespace: Platform::Collections

Vector:: Append メソッドVector::Append Method

指定された項目を、現在の Vector の最後の項目の後に挿入します。Inserts the specified item after the last item in the current Vector.

構文Syntax

virtual void Append(T item);

パラメーターParameters

インデックスindex
Vector に挿入する項目。The item to insert into the Vector. 項目の型は、 T型名によって定義されます。The type of item is defined by the T typename.

Vector:: Clear メソッドVector::Clear Method

現在のベクター内のすべての要素を削除します。Deletes all the elements in the current Vector.

構文Syntax

virtual void Clear();

Vector:: First メソッドVector::First Method

Vector 内の最初の要素を指す反復子を返します。Returns an iterator that points to the first element in the Vector.

構文Syntax

virtual Windows::Foundation::Collections::IIterator <T>^ First();

戻り値Return Value

Vector 内の最初の要素を指す反復子。An iterator that points to the first element in the Vector.

解説Remarks

First () によって返される反復子を保持する便利な方法は、型推論キーワードで宣言された変数に戻り値を代入することです autoA convenient way to hold the iterator returned by First() is to assign the return value to a variable that is declared with the auto type deduction keyword. たとえば、「 auto x = myVector->First(); 」のように入力します。For example, auto x = myVector->First();. この反復子は、コレクションの長さを認識しています。This iterator knows the length of the collection.

STL 関数に渡す反復子のペアが必要な場合は、free 関数のwindows:: foundation:: collections:: beginおよびWindows:: Foundation:: collections:: endを使用します。When you need a pair of iterators to pass to an STL function, use the free functions Windows::Foundation::Collections::begin and Windows::Foundation::Collections::end

Vector:: GetAt メソッドVector::GetAt Method

指定されたインデックスで識別される現在のベクターの要素を取得します。Retrieves the element of the current Vector that is identifed by the specified index.

構文Syntax

virtual T GetAt(unsigned int index);

パラメーターParameters

インデックスindex
ベクター オブジェクト内の特定の要素を指定する、0 から始まる符号なし整数。A zero-based, unsigned integer that specifies a particular element in the Vector object.

戻り値Return Value

Indexパラメーターによって指定された要素。The element specified by the index parameter. 要素の型は、 T 型名によって定義されます。The element type is defined by the T typename.

Vector:: GetMany メソッドVector::GetMany Method

指定されたインデックスを開始位置として、現在の Vector から項目のシーケンスを取得し、呼び出し元が割り当てた配列にコピーします。Retrieves a sequence of items from the current Vector, starting at the specified index, and copies them into the caller-allocated array.

構文Syntax

virtual unsigned int GetMany(
    unsigned int startIndex,
    Platform::WriteOnlyArray<T>^ dest);

パラメーターParameters

startIndexstartIndex
取得する項目の 0 から始まるインデックス。The zero-based index of the start of the items to retrieve.

dest
StartIndexによって指定された要素から開始し、ベクターの最後の要素で終了する項目の、呼び出し元が割り当てた配列。A caller-allocated array of items that begin at the element specified by startIndex and end at the last element in the Vector.

戻り値Return Value

取得した項目数。The number of items retrieved.

解説Remarks

この関数は、直接クライアント コードで使用することを目的としたものではありません。This function is not intended for use directly by client code. Platform:: Vector インスタンスから std:: vector インスタンスへの効率的な変換を可能にするために、 To_vector 関数 で内部的に使用されます。It is used internally in the to_vector Function to enable efficient conversion of Platform::Vector intances to std::vector instances.

Vector:: GetView メソッドVector::GetView Method

Vector の読み取り専用ビュー、つまり IVectorView を返します。Returns a read-only view of a Vector; that is, an IVectorView.

構文Syntax

Windows::Foundation::Collections::IVectorView<T>^ GetView();

戻り値Return Value

IVectorView オブジェクト。An IVectorView object.

Vector:: IndexOf メソッドVector::IndexOf Method

現在のベクター内で指定された項目を検索し、見つかった場合は項目のインデックスを返します。Searches for the specified item in the current Vector, and if found, returns the index of the item.

構文Syntax

virtual bool IndexOf(T value, unsigned int* index);

パラメーターParameters

valuevalue
検索する項目。The item to find.

インデックスindex
パラメーター が見つかった場合は、項目の0から始まるインデックス。それ以外の場合は0です。The zero-based index of the item if parameter value is found; otherwise, 0.

インデックスパラメーターは、項目がベクターの最初の要素であるか、項目が見つからなかった場合は0になります。The index parameter is 0 if either the item is the first element of the Vector or the item was not found. 戻り値がの場合、項目が見つかり、それが最初の要素になります。 true それ以外の場合、項目は見つかりませんでした。If the return value is true, the item was found and it is the first element; otherwise, the item was not found.

戻り値Return Value

true 指定した項目が見つかった場合は。それ以外の場合は falsetrue if the specified item is found; otherwise, false.

解説Remarks

IndexOf は、std::find_if を使用して項目を検索します。IndexOf uses std::find_if to find the item. このため、find_if が必要とする等価比較を有効にするために、カスタム要素の種類で == および != 演算子をオーバーロードする必要があります。Custom element types should therefore overload the == and != operator in order to enable the equality comparisons that find_if requires.

Vector:: InsertAt メソッドVector::InsertAt Method

現在のベクター内の指定したインデックスによって識別される要素の位置に、指定した項目を挿入します。Inserts the specified item into the current Vector at the element identified by the specified index.

構文Syntax

virtual void InsertAt(unsigned int index, T item)

パラメーターParameters

インデックスindex
ベクター オブジェクト内の特定の要素を指定する、0 から始まる符号なし整数。A zero-based, unsigned integer that specifies a particular element in the Vector object.

itemitem
Indexで指定された要素のベクターに挿入する項目。An item to insert into the Vector at the element specified by index. 項目の型は、 T型名によって定義されます。The type of item is defined by the T typename.

Vector:: RemoveAt メソッドVector::RemoveAt Method

現在のベクターから指定されたインデックスで識別される要素を削除します。Deletes the element identified by the specified index from the current Vector.

構文Syntax

virtual void RemoveAt(unsigned int index);

パラメーターParameters

インデックスindex
ベクター オブジェクト内の特定の要素を指定する、0 から始まる符号なし整数。A zero-based, unsigned integer that specifies a particular element in the Vector object.

Vector:: RemoveAtEnd メソッドVector::RemoveAtEnd Method

現在の Vector の末尾から要素を削除します。Deletes the element at the end of the current Vector.

構文Syntax

virtual void RemoveAtEnd();

Vector:: ReplaceAll メソッドVector::ReplaceAll Method

現在のベクターの要素を削除し、指定された配列の要素を挿入します。Deletes the elements in the current Vector and then inserts the elements from the specified array.

構文Syntax

virtual void ReplaceAll(const ::Platform::Array<T>^ arr);

パラメーターParameters

arr
T型名によって定義される型を持つオブジェクトの配列。An array of objects whose type is defined by the T typename.

Vector:: SetAt メソッドVector::SetAt Method

現在の Vector で、指定されたインデックスによって識別される要素に、指定された値を割り当てます。Assigns the specified value to the element in the current Vector that is identified by the specified index.

構文Syntax

virtual void SetAt(unsigned int index, T item);

パラメーターParameters

インデックスindex
ベクター オブジェクト内の特定の要素を指定する、0 から始まる符号なし整数。A zero-based, unsigned integer that specifies a particular element in the Vector object.

itemitem
指定された要素に代入する値。The value to assign to the specified element. 項目の型は、 T型名によって定義されます。The type of item is defined by the T typename.

Vector:: Size メソッドVector::Size Method

現在のベクター オブジェクトの要素数を返します。Returns the number of elements in the current Vector object.

構文Syntax

virtual property unsigned int Size;

戻り値Return Value

現在の Vector 内の要素数。The number of elements in the current Vector.

Vector:: Vector コンストラクターVector::Vector Constructor

ベクター クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Vector class.

構文Syntax

Vector();

explicit Vector(unsigned int size);
Vector( unsigned int size, T value);
template <typename U> explicit Vector( const ::std::vector<U>& v);
template <typename U> explicit Vector( std::vector<U>&& v);

Vector( const T * ptr, unsigned int size);
template <size_t N> explicit Vector(const T(&arr)[N]);
template <size_t N> explicit Vector(const std::array<T, N>& a);
explicit Vector(const Array<T>^ arr);

template <typename InIt> Vector(InIt first, InIt last);
Vector(std::initializer_list<T> il);

パラメーターParameters

あるa
ベクターを初期化するために使用される std:: arrayA std::array that will be used to initialize the Vector.

arr
ベクターを初期化するために使用される Platform:: ArrayA Platform::Array that will be used to initialize the Vector.

初期化InIt
現在のベクターを初期化するために使用されるオブジェクトのコレクションの型。The type of a collection of objects that is used to initialize the current Vector.

自動車il
ベクターの初期化に使用されるT型のオブジェクトのstd:: initializer_listA std::initializer_list of objects of type T that will be used to initialize the Vector.

NN
現在のベクターを初期化するために使用されるオブジェクトのコレクションの要素数。The number of elements in a collection of objects that is used to initialize the current Vector.

sizesize
ベクターの要素数。The number of elements in the Vector.

valuevalue
現在のベクターの各要素を初期化するために使用される値。A value that is used to initialize each element in the current Vector.

画像v
現在のベクターを初期化するために使用されるstd:: vector左辺値と右辺値An Lvalues and Rvalues to a std::vector that is used to initialize the current Vector.

ptrptr
現在のベクターを初期化するために使用される std::vector へのポインター。Pointer to a std::vector that is used to initialize the current Vector.

firstfirst
現在のベクターを初期化するために使用されるオブジェクトのシーケンスの最初の要素。The first element in a sequence of objects that are used to initialize the current Vector. 最初のの型は、完全転送によって渡されます。The type of first is passed by means of perfect forwarding. 詳細については、「右辺値参照宣言子: &&」を参照してください。For more information, see Rvalue Reference Declarator: &&.

lastlast
現在のベクターを初期化するために使用されるオブジェクトのシーケンスの最後の要素。The last element in a sequence of objects that are used to initialize the current Vector. 最後のの種類は、完全転送によって渡されます。The type of last is passed by means of perfect forwarding. 詳細については、「右辺値参照宣言子: &&」を参照してください。For more information, see Rvalue Reference Declarator: &&.

関連項目See also

コレクション (C++/CX)Collections (C++/CX)
Platform 名前空間Platform Namespace
C++ で Windows ランタイム コンポーネントを作成するCreating Windows Runtime Components in C++