Visual C++ の言語リファレンス (C++/CX)Visual C++ Language Reference (C++/CX)

C++/CX は言語のC++一連の拡張機能であり、最新C++のものにできるだけ近い表現形式で Windows アプリと Windows ランタイムコンポーネントを作成できます。C++/CX is a set of extensions to the C++ language that enable the creation of Windows apps and Windows Runtime components in an idiom that is as close as possible to modern C++. /Cx C++を使用して、Windows アプリとコンポーネントをネイティブコードで記述しC#ます。このコードは、Visual、Visual Basic、JavaScript など、Windows ランタイムをサポートするその他の言語と簡単にやり取りできます。Use C++/CX to write Windows apps and components in native code that easily interact with Visual C#, Visual Basic, and JavaScript, and other languages that support the Windows Runtime. 生の COM インターフェイスまたは非例外的コードへの直接アクセスを必要とするまれなケースでは、 Windows ランタイムC++テンプレートライブラリ (wrl)を使用できます。In those rare cases that require direct access to the raw COM interfaces, or non-exceptional code, you can use the Windows Runtime C++ Template Library (WRL).

注意

**/Cx の代替手段としてC++/WinRT をお勧めします。 C++C++/WinRT is the recommended alternative to C++/CX. これは、バージョン1803以降の最新の Windows 10 SDK で使用できる Windows ランタイム Api 向けの新しい標準 C++ 17 言語のプロジェクションです。It is a new, standard C++17 language projection for Windows Runtime APIs, available in the latest Windows 10 SDK from version 1803 onward. C++/WinRT は、完全にヘッダーファイルに実装され、最新の Windows API に対するファーストクラスのアクセスを提供するように設計されています。C++/WinRT is implemented entirely in header files, and designed to provide you with first-class access to the modern Windows API.

/ C++WinRT では、標準に準拠した c++ 17 コンパイラを使用して Windows ランタイム api を使用し、作成することができます。With C++/WinRT, you can both consume and author Windows Runtime APIs using any standards-compliant C++17 compiler. C++通常、WinRT は、Windows ランタイムの他の言語オプションよりもパフォーマンスが向上し、バイナリが小さくなります。C++/WinRT typically performs better and produces smaller binaries than any other language option for the Windows Runtime. C++/CX と WRL は引き続きサポートされますが、新しいアプリケーションでは C++/WinRT を使用することを強くお勧めします。We will continue to support C++/CX and WRL, but highly recommend that new applications use C++/WinRT. 詳細については、「C++/WinRT」を参照してください。For more information, see C++/WinRT.

/Cx をC++使用すると、次のものを作成できます。By using C++/CX, you can create:

クイック リファレンスQuick Reference /CxのC++キーワードと演算子の表Table of keywords and operators for C++/CX.
型システムType System /Cx のC++基本的な型とプログラミング構成要素についてC++説明します。また、/cx を使用して Windows ランタイム型を使用および作成する方法について説明します。Describes basic C++/CX types and programming constructs, and how to utilize C++/CX to consume and create Windows Runtime types.
アプリとライブラリのビルドBuilding apps and libraries IDE を使用してアプリを構築し、スタティックライブラリおよび Dll にリンクする方法について説明します。Discusses how to use the IDE to build apps and link to static libraries and DLLs.
その他の言語との相互運用Interoperating with Other Languages /Cx を使用しC++て記述されたコンポーネントを、JavaScript、マネージ言語、または Windows ランタイムC++テンプレートライブラリで記述されたコンポーネントで使用する方法について説明します。Discusses how components that are written by using C++/CX can be used with components that are written in JavaScript, any managed language, or the Windows Runtime C++ Template Library.
スレッドとマーシャリングThreading and Marshaling 作成するコンポーネントのスレッドとマーシャリングの動作を指定する方法について説明します。Discusses how to specify the threading and marshaling behavior of components that you create.
名前空間参照Namespaces Reference 既定の名前空間、Platform 名前空間、Platform::Collections、および関連する名前空間の参照ドキュメント。Reference documentation for the default namespace, the Platform namespace, Platform::Collections, and related namespaces.
ユニバーサル Windows プラットフォーム アプリでサポートされていない CRT 関数CRT functions not supported in Universal Windows Platform apps Windows ランタイム アプリでは使用できない CRT 関数の一覧を示します。Lists the CRT functions that are not available for use in Windows Runtime apps.
Windows 10 アプリを使ってみるGet started with Windows 10 apps Windows 10 アプリについての全般的な概要と、詳細情報へのリンクがあります。Provides high-level guidance about Windows 10 apps and links to more information.
C++/Cx パート 0/ [n]:概要C++/CX Part 0 of [n]: An Introduction

C++/Cx パート 1/ [n]:単純なクラスC++/CX Part 1 of [n]: A Simple Class

C++/Cx パート 2/ [n]:磨耗のある種類C++/CX Part 2 of [n]: Types That Wear Hats

C++/Cx パート 3 ( [n]):構築中C++/CX Part 3 of [n]: Under Construction

C++/Cx パート 4/ [n]:静的メンバー関数C++/CX Part 4 of [n]: Static Member Functions
/CxのC++入門用のC++ビジュアルブログシリーズです。An introductory Visual C++ blog series on C++/CX.