SQL: SQL の直接呼び出し (ODBC)

このトピックでは、次の内容について説明します。

注意

この情報は、MFC ODBC クラスに該当します。 MFC DAO クラスを使用している場合は、「DAO ヘルプ」の「Microsoft Jet データベース エンジン SQL と ANSI SQLの比較」を参照してください。

メソッドを直接呼びSQLする場合

新しいテーブルの作成、テーブルの削除 (削除)、既存のテーブルの変更、インデックスの作成、データ ソース (ODBC) スキーマを変更するその他の SQL 関数を実行するには、データベース定義言語(DDL)を使用して、SQL ステートメントをデータ ソースに直接発行する必要があります。 ウィザードを使用して (デザイン時に) テーブルのレコードセットを作成する場合は、レコードセットで表すテーブルの列を選択できます。 これにより、プログラムのコンパイル後に、データ ソースのユーザーまたは他のユーザーが後でテーブルに追加する列は許可されていません。 データベース クラスでは DDL が直接サポートされていませんが、新しい列をレコードセットに動的にバインドするコードを実行時に記述することもできます。 このバインドの実行方法については、「レコードセット: データ列の動的バインド (ODBC)」を参照してください

DBMS 自体を使用して、スキーマまたは DDL 関数を実行できる別のツールを変更できます。 また、ODBC 関数呼び出しを使用して、レコードを返SQL定義済みのクエリ (ストアド プロシージャ) の呼び出しなど、 ステートメントを送信することもできます。

関数呼び出SQL直接呼び出しを行う

CDatabase クラス オブジェクトを使用SQL呼び出しを直接実行できます。 SQL ステートメント文字列 (通常は 内) を設定し、オブジェクトの CString CDatabase::ExecuteSQL メンバー関数に渡 CDatabase します。 ODBC 関数呼び出しを使用して、通常SQLを返すステートメントを送信する場合、レコードは無視されます。

関連項目

SQL