アプリケーション ドメインと Visual CApplication domains and Visual C++

ある場合、__clrcall仮想関数は、vtable がアプリケーション ドメイン (appdomain) ごとになります。If you have a __clrcall virtual function, the vtable will be per application domain (appdomain). 1 つの appdomain でオブジェクトを作成する場合は、その appdomain 内で仮想関数からのみ呼び出すことができます。If you create an object in one appdomain, you can only call the virtual function from within that appdomain. 混在モードで (/clr) の種類がにない場合、プロセスごとの vtable が__clrcall仮想関数。In mixed mode (/clr) you will have per-process vtables if your type has no __clrcall virtual functions. /Clr: 純粋な/clr:safeコンパイラ オプションは Visual Studio 2015 で非推奨とされ、Visual Studio 2017 でサポートされていません。The /clr:pure and /clr:safe compiler options are deprecated in Visual Studio 2015 and unsupported in Visual Studio 2017.

詳細については次を参照してください:For more information, see:

関連項目See also