ADO.NET によるデータ アクセス (C++/CLI)

ADO.NET は、データアクセス用の .NET Framework API であり、以前のデータアクセスソリューションによって使用されている能力と使いやすさを提供します。 このセクションでは、ネイティブ型のマーシャリングなど、Visual C++ ユーザーに固有の ADO.NET に関連する問題の一部について説明します。

ADO.NET は、共通言語ランタイム (CLR) で実行されます。 したがって、ADO.NET と対話するアプリケーションでも、CLR を対象とする必要があります。 ただし、これは、ネイティブアプリケーションが ADO.NET を使用できないことを意味するわけではありません。 これらの例では、ネイティブコードから ADO.NET データベースと対話する方法を示します。

ADO.NET のための ANSI 文字列のマーシャリング

ネイティブ文字列 () をデータベースに追加する方法 char * と、を System.String データベースからネイティブ文字列にマーシャリングする方法について説明します。

この例では、ADO.NET オブジェクトと対話するためにクラス databaseclass が作成され DataTable ます。 このクラスは、ネイティブ C++ (またはと比較) であることに注意し classref class value class ください。 これは、ネイティブコードからこのクラスを使用する必要があり、マネージ型をネイティブコードで使用できないために必要です。 このクラスは、クラス宣言の前にあるディレクティブによって示されているように、CLR を対象としてコンパイルされ #pragma managed ます。 このディレクティブの詳細については、「 マネージ、アンマネージ」を参照してください。

DatabaseClass クラスのプライベートメンバーであるを確認 gcroot<DataTable ^> table します。 ネイティブ型にはマネージ型を含めることができないため、 gcroot キーワードが必要です。 の詳細につい gcroot ては、「 方法: ネイティブ型のハンドルを宣言する」を参照してください。

この例の残りのコードは、前のディレクティブで示されているように、ネイティブ C++ コードです #pragma unmanaged main 。 この例では、DatabaseClass の新しいインスタンスを作成し、そのメソッドを呼び出してテーブルを作成し、テーブルにいくつかの行を設定します。 ネイティブ C++ 文字列は、データベース列 StringCol の値として渡されることに注意してください。 DatabaseClass の内部では、これらの文字列は、名前空間にあるマーシャリング機能を使用して、マネージ文字列にマーシャリングされ System.Runtime.InteropServices ます。 具体的には、メソッドを使用してを PtrToStringAnsi にマーシャリングし、メソッドを使用してを char * String StringToHGlobalAnsi にマーシャリングし String char * ます。

注意

によって割り当てられたメモリを StringToHGlobalAnsi 解放するに FreeHGlobal は、またはを呼び出し GlobalFree ます。

// adonet_marshal_string_native.cpp
// compile with: /clr /FU System.dll /FU System.Data.dll /FU System.Xml.dll
#include <comdef.h>
#include <gcroot.h>
#include <iostream>
using namespace std;

#using <System.Data.dll>
using namespace System;
using namespace System::Data;
using namespace System::Runtime::InteropServices;

#define MAXCOLS 100

#pragma managed
class DatabaseClass
{
public:
    DatabaseClass() : table(nullptr) { }

    void AddRow(char *stringColValue)
    {
        // Add a row to the table.
        DataRow ^row = table->NewRow();
        row["StringCol"] = Marshal::PtrToStringAnsi(
            (IntPtr)stringColValue);
        table->Rows->Add(row);
    }

    void CreateAndPopulateTable()
    {
        // Create a simple DataTable.
        table = gcnew DataTable("SampleTable");

        // Add a column of type String to the table.
        DataColumn ^column1 = gcnew DataColumn("StringCol",
            Type::GetType("System.String"));
        table->Columns->Add(column1);
    }

    int GetValuesForColumn(char *dataColumn, char **values,
        int valuesLength)
    {
        // Marshal the name of the column to a managed
        // String.
        String ^columnStr = Marshal::PtrToStringAnsi(
                (IntPtr)dataColumn);

        // Get all rows in the table.
        array<DataRow ^> ^rows = table->Select();
        int len = rows->Length;
        len = (len > valuesLength) ? valuesLength : len;
        for (int i = 0; i < len; i++)
        {
            // Marshal each column value from a managed string
            // to a char *.
            values[i] = (char *)Marshal::StringToHGlobalAnsi(
                (String ^)rows[i][columnStr]).ToPointer();
        }

        return len;
    }

private:
    // Using gcroot, you can use a managed type in
    // a native class.
    gcroot<DataTable ^> table;
};

#pragma unmanaged
int main()
{
    // Create a table and add a few rows to it.
    DatabaseClass *db = new DatabaseClass();
    db->CreateAndPopulateTable();
    db->AddRow("This is string 1.");
    db->AddRow("This is string 2.");

    // Now retrieve the rows and display their contents.
    char *values[MAXCOLS];
    int len = db->GetValuesForColumn(
        "StringCol", values, MAXCOLS);
    for (int i = 0; i < len; i++)
    {
        cout << "StringCol: " << values[i] << endl;

        // Deallocate the memory allocated using
        // Marshal::StringToHGlobalAnsi.
        GlobalFree(values[i]);
    }

    delete db;

    return 0;
}
StringCol: This is string 1.
StringCol: This is string 2.

コードのコンパイル

  • コマンドラインからコードをコンパイルするには、コード例を adonet_marshal_string_native .cpp という名前のファイルに保存し、次のステートメントを入力します。

    cl /clr /FU System.dll /FU System.Data.dll /FU System.Xml.dll adonet_marshal_string_native.cpp
    

ADO.NET の BSTR 文字列のマーシャリング

データベースに COM 文字列 () を追加する方法と、を BSTR データベースからにマーシャリングする方法を示し System.String BSTR ます。

この例では、ADO.NET オブジェクトと対話するためにクラス databaseclass が作成され DataTable ます。 このクラスは、ネイティブ C++ (またはと比較) であることに注意し classref class value class ください。 これは、ネイティブコードからこのクラスを使用する必要があり、マネージ型をネイティブコードで使用できないために必要です。 このクラスは、クラス宣言の前にあるディレクティブによって示されているように、CLR を対象としてコンパイルされ #pragma managed ます。 このディレクティブの詳細については、「 マネージ、アンマネージ」を参照してください。

DatabaseClass クラスのプライベートメンバーであるを確認 gcroot<DataTable ^> table します。 ネイティブ型にはマネージ型を含めることができないため、 gcroot キーワードが必要です。 の詳細につい gcroot ては、「 方法: ネイティブ型のハンドルを宣言する」を参照してください。

この例の残りのコードは、前のディレクティブで示されているように、ネイティブ C++ コードです #pragma unmanaged main 。 この例では、DatabaseClass の新しいインスタンスを作成し、そのメソッドを呼び出してテーブルを作成し、テーブルにいくつかの行を設定します。 COM 文字列は、データベース列 StringCol の値として渡されることに注意してください。 DatabaseClass の内部では、これらの文字列は、名前空間にあるマーシャリング機能を使用して、マネージ文字列にマーシャリングされ System.Runtime.InteropServices ます。 具体的には、メソッドを使用してを PtrToStringBSTR にマーシャリングし、メソッドを使用してを BSTR String StringToBSTR にマーシャリングし String BSTR ます。

注意

によって割り当てられたメモリを StringToBSTR 解放するに FreeBSTR は、またはを呼び出し SysFreeString ます。

// adonet_marshal_string_bstr.cpp
// compile with: /clr /FU System.dll /FU System.Data.dll /FU System.Xml.dll
#include <comdef.h>
#include <gcroot.h>
#include <iostream>
using namespace std;

#using <System.Data.dll>
using namespace System;
using namespace System::Data;
using namespace System::Runtime::InteropServices;

#define MAXCOLS 100

#pragma managed
class DatabaseClass
{
public:
    DatabaseClass() : table(nullptr) { }

    void AddRow(BSTR stringColValue)
    {
        // Add a row to the table.
        DataRow ^row = table->NewRow();
        row["StringCol"] = Marshal::PtrToStringBSTR(
            (IntPtr)stringColValue);
        table->Rows->Add(row);
    }

    void CreateAndPopulateTable()
    {
        // Create a simple DataTable.
        table = gcnew DataTable("SampleTable");

        // Add a column of type String to the table.
        DataColumn ^column1 = gcnew DataColumn("StringCol",
            Type::GetType("System.String"));
        table->Columns->Add(column1);
    }

    int GetValuesForColumn(BSTR dataColumn, BSTR *values,
        int valuesLength)
    {
        // Marshal the name of the column to a managed
        // String.
        String ^columnStr = Marshal::PtrToStringBSTR(
                (IntPtr)dataColumn);

        // Get all rows in the table.
        array<DataRow ^> ^rows = table->Select();
        int len = rows->Length;
        len = (len > valuesLength) ? valuesLength : len;
        for (int i = 0; i < len; i++)
        {
            // Marshal each column value from a managed string
            // to a BSTR.
            values[i] = (BSTR)Marshal::StringToBSTR(
                (String ^)rows[i][columnStr]).ToPointer();
        }

        return len;
    }

private:
    // Using gcroot, you can use a managed type in
    // a native class.
    gcroot<DataTable ^> table;
};

#pragma unmanaged
int main()
{
    // Create a table and add a few rows to it.
    DatabaseClass *db = new DatabaseClass();
    db->CreateAndPopulateTable();

    BSTR str1 = SysAllocString(L"This is string 1.");
    db->AddRow(str1);

    BSTR str2 = SysAllocString(L"This is string 2.");
    db->AddRow(str2);

    // Now retrieve the rows and display their contents.
    BSTR values[MAXCOLS];
    BSTR str3 = SysAllocString(L"StringCol");
    int len = db->GetValuesForColumn(
        str3, values, MAXCOLS);
    for (int i = 0; i < len; i++)
    {
        wcout << "StringCol: " << values[i] << endl;

        // Deallocate the memory allocated using
        // Marshal::StringToBSTR.
        SysFreeString(values[i]);
    }

    SysFreeString(str1);
    SysFreeString(str2);
    SysFreeString(str3);
    delete db;

    return 0;
}
StringCol: This is string 1.
StringCol: This is string 2.

コードのコンパイル

  • コマンドラインからコードをコンパイルするには、コード例を adonet_marshal_string_native .cpp という名前のファイルに保存し、次のステートメントを入力します。

    cl /clr /FU System.dll /FU System.Data.dll /FU System.Xml.dll adonet_marshal_string_native.cpp
    

ADO.NET の Unicode 文字列のマーシャリング

ネイティブ Unicode 文字列 () をデータベースに追加する方法 wchar_t * と、を System.String データベースからネイティブ unicode 文字列にマーシャリングする方法について説明します。

この例では、ADO.NET オブジェクトと対話するためにクラス databaseclass が作成され DataTable ます。 このクラスは、ネイティブ C++ (またはと比較) であることに注意し classref class value class ください。 これは、ネイティブコードからこのクラスを使用する必要があり、マネージ型をネイティブコードで使用できないために必要です。 このクラスは、クラス宣言の前にあるディレクティブによって示されているように、CLR を対象としてコンパイルされ #pragma managed ます。 このディレクティブの詳細については、「 マネージ、アンマネージ」を参照してください。

DatabaseClass クラスのプライベートメンバーであるを確認 gcroot<DataTable ^> table します。 ネイティブ型にはマネージ型を含めることができないため、 gcroot キーワードが必要です。 の詳細につい gcroot ては、「 方法: ネイティブ型のハンドルを宣言する」を参照してください。

この例の残りのコードは、前のディレクティブで示されているように、ネイティブ C++ コードです #pragma unmanaged main 。 この例では、DatabaseClass の新しいインスタンスを作成し、そのメソッドを呼び出してテーブルを作成し、テーブルにいくつかの行を設定します。 Unicode C++ 文字列は、データベース列 StringCol の値として渡されることに注意してください。 DatabaseClass の内部では、これらの文字列は、名前空間にあるマーシャリング機能を使用して、マネージ文字列にマーシャリングされ System.Runtime.InteropServices ます。 具体的には、メソッドを使用してを PtrToStringUni にマーシャリングし、メソッドを使用してを wchar_t * String StringToHGlobalUni にマーシャリングし String wchar_t * ます。

注意

によって割り当てられたメモリを StringToHGlobalUni 解放するに FreeHGlobal は、またはを呼び出し GlobalFree ます。

// adonet_marshal_string_wide.cpp
// compile with: /clr /FU System.dll /FU System.Data.dll /FU System.Xml.dll
#include <comdef.h>
#include <gcroot.h>
#include <iostream>
using namespace std;

#using <System.Data.dll>
using namespace System;
using namespace System::Data;
using namespace System::Runtime::InteropServices;

#define MAXCOLS 100

#pragma managed
class DatabaseClass
{
public:
    DatabaseClass() : table(nullptr) { }

    void AddRow(wchar_t *stringColValue)
    {
        // Add a row to the table.
        DataRow ^row = table->NewRow();
        row["StringCol"] = Marshal::PtrToStringUni(
            (IntPtr)stringColValue);
        table->Rows->Add(row);
    }

    void CreateAndPopulateTable()
    {
        // Create a simple DataTable.
        table = gcnew DataTable("SampleTable");

        // Add a column of type String to the table.
        DataColumn ^column1 = gcnew DataColumn("StringCol",
            Type::GetType("System.String"));
        table->Columns->Add(column1);
    }

    int GetValuesForColumn(wchar_t *dataColumn, wchar_t **values,
        int valuesLength)
    {
        // Marshal the name of the column to a managed
        // String.
        String ^columnStr = Marshal::PtrToStringUni(
                (IntPtr)dataColumn);

        // Get all rows in the table.
        array<DataRow ^> ^rows = table->Select();
        int len = rows->Length;
        len = (len > valuesLength) ? valuesLength : len;
        for (int i = 0; i < len; i++)
        {
            // Marshal each column value from a managed string
            // to a wchar_t *.
            values[i] = (wchar_t *)Marshal::StringToHGlobalUni(
                (String ^)rows[i][columnStr]).ToPointer();
        }

        return len;
    }

private:
    // Using gcroot, you can use a managed type in
    // a native class.
    gcroot<DataTable ^> table;
};

#pragma unmanaged
int main()
{
    // Create a table and add a few rows to it.
    DatabaseClass *db = new DatabaseClass();
    db->CreateAndPopulateTable();
    db->AddRow(L"This is string 1.");
    db->AddRow(L"This is string 2.");

    // Now retrieve the rows and display their contents.
    wchar_t *values[MAXCOLS];
    int len = db->GetValuesForColumn(
        L"StringCol", values, MAXCOLS);
    for (int i = 0; i < len; i++)
    {
        wcout << "StringCol: " << values[i] << endl;

        // Deallocate the memory allocated using
        // Marshal::StringToHGlobalUni.
        GlobalFree(values[i]);
    }

    delete db;

    return 0;
}
StringCol: This is string 1.
StringCol: This is string 2.

コードのコンパイル

  • コマンドラインからコードをコンパイルするには、コード例を adonet_marshal_string_wide .cpp という名前のファイルに保存し、次のステートメントを入力します。

    cl /clr /FU System.dll /FU System.Data.dll /FU System.Xml.dll adonet_marshal_string_wide.cpp
    

ADO.NET のバリアントのマーシャリング

データベースにネイティブを追加する方法と、を VARIANT データベースからネイティブにマーシャリングする方法について説明し System.Object VARIANT ます。

この例では、ADO.NET オブジェクトと対話するためにクラス databaseclass が作成され DataTable ます。 このクラスは、ネイティブ C++ (またはと比較) であることに注意し classref class value class ください。 これは、ネイティブコードからこのクラスを使用する必要があり、マネージ型をネイティブコードで使用できないために必要です。 このクラスは、クラス宣言の前にあるディレクティブによって示されているように、CLR を対象としてコンパイルされ #pragma managed ます。 このディレクティブの詳細については、「 マネージ、アンマネージ」を参照してください。

DatabaseClass クラスのプライベートメンバーであるを確認 gcroot<DataTable ^> table します。 ネイティブ型にはマネージ型を含めることができないため、 gcroot キーワードが必要です。 の詳細につい gcroot ては、「 方法: ネイティブ型のハンドルを宣言する」を参照してください。

この例の残りのコードは、前のディレクティブで示されているように、ネイティブ C++ コードです #pragma unmanaged main 。 この例では、DatabaseClass の新しいインスタンスを作成し、そのメソッドを呼び出してテーブルを作成し、テーブルにいくつかの行を設定します。 ネイティブ VARIANT 型は、データベース列 ObjectCol の値として渡されることに注意してください。 DatabaseClass の内部では、これらの VARIANT 型は、名前空間にあるマーシャリング機能を使用して、マネージオブジェクトにマーシャリングされ System.Runtime.InteropServices ます。 具体的には、メソッドを使用してをにマーシャリングし、メソッドを使用してをに GetObjectForNativeVariant VARIANT マーシャリングし Object GetNativeVariantForObject Object VARIANT ます。

// adonet_marshal_variant.cpp
// compile with: /clr /FU System.dll /FU System.Data.dll /FU System.Xml.dll
#include <comdef.h>
#include <gcroot.h>
#include <iostream>
using namespace std;

#using <System.Data.dll>
using namespace System;
using namespace System::Data;
using namespace System::Runtime::InteropServices;

#define MAXCOLS 100

#pragma managed
class DatabaseClass
{
public:
    DatabaseClass() : table(nullptr) { }

    void AddRow(VARIANT *objectColValue)
    {
        // Add a row to the table.
        DataRow ^row = table->NewRow();
        row["ObjectCol"] = Marshal::GetObjectForNativeVariant(
            IntPtr(objectColValue));
        table->Rows->Add(row);
    }

    void CreateAndPopulateTable()
    {
        // Create a simple DataTable.
        table = gcnew DataTable("SampleTable");

        // Add a column of type String to the table.
        DataColumn ^column1 = gcnew DataColumn("ObjectCol",
            Type::GetType("System.Object"));
        table->Columns->Add(column1);
    }

    int GetValuesForColumn(wchar_t *dataColumn, VARIANT *values,
        int valuesLength)
    {
        // Marshal the name of the column to a managed
        // String.
        String ^columnStr = Marshal::PtrToStringUni(
                (IntPtr)dataColumn);

        // Get all rows in the table.
        array<DataRow ^> ^rows = table->Select();
        int len = rows->Length;
        len = (len > valuesLength) ? valuesLength : len;
        for (int i = 0; i < len; i++)
        {
            // Marshal each column value from a managed object
            // to a VARIANT.
            Marshal::GetNativeVariantForObject(
                rows[i][columnStr], IntPtr(&values[i]));
        }

        return len;
    }

private:
    // Using gcroot, you can use a managed type in
    // a native class.
    gcroot<DataTable ^> table;
};

#pragma unmanaged
int main()
{
    // Create a table and add a few rows to it.
    DatabaseClass *db = new DatabaseClass();
    db->CreateAndPopulateTable();

    BSTR bstr1 = SysAllocString(L"This is a BSTR in a VARIANT.");
    VARIANT v1;
    v1.vt = VT_BSTR;
    v1.bstrVal = bstr1;
    db->AddRow(&v1);

    int i = 42;
    VARIANT v2;
    v2.vt = VT_I4;
    v2.lVal = i;
    db->AddRow(&v2);

    // Now retrieve the rows and display their contents.
    VARIANT values[MAXCOLS];
    int len = db->GetValuesForColumn(
        L"ObjectCol", values, MAXCOLS);
    for (int i = 0; i < len; i++)
    {
        switch (values[i].vt)
        {
            case VT_BSTR:
                wcout << L"ObjectCol: " << values[i].bstrVal << endl;
                break;
            case VT_I4:
                cout << "ObjectCol: " << values[i].lVal << endl;
                break;
            default:
                break;
        }

    }

    SysFreeString(bstr1);
    delete db;

    return 0;
}
ObjectCol: This is a BSTR in a VARIANT.
ObjectCol: 42

コードのコンパイル

  • コマンドラインからコードをコンパイルするには、コード例を adonet_marshal_variant .cpp という名前のファイルに保存し、次のステートメントを入力します。

    cl /clr /FU System.dll /FU System.Data.dll /FU System.Xml.dll adonet_marshal_variant.cpp
    

ADO.NET の SAFEARRAY をマーシャリングする

データベースにネイティブを追加する方法 SAFEARRAY と、マネージ配列をデータベースからネイティブにマーシャリングする方法について説明し SAFEARRAY ます。

この例では、ADO.NET オブジェクトと対話するためにクラス databaseclass が作成され DataTable ます。 このクラスは、ネイティブ C++ (またはと比較) であることに注意し classref class value class ください。 これは、ネイティブコードからこのクラスを使用する必要があり、マネージ型をネイティブコードで使用できないために必要です。 このクラスは、クラス宣言の前にあるディレクティブによって示されているように、CLR を対象としてコンパイルされ #pragma managed ます。 このディレクティブの詳細については、「 マネージ、アンマネージ」を参照してください。

DatabaseClass クラスのプライベートメンバーであるを確認 gcroot<DataTable ^> table します。 ネイティブ型にはマネージ型を含めることができないため、 gcroot キーワードが必要です。 の詳細につい gcroot ては、「 方法: ネイティブ型のハンドルを宣言する」を参照してください。

この例の残りのコードは、前のディレクティブで示されているように、ネイティブ C++ コードです #pragma unmanaged main 。 この例では、DatabaseClass の新しいインスタンスを作成し、そのメソッドを呼び出してテーブルを作成し、テーブルにいくつかの行を設定します。 ネイティブ SAFEARRAY 型は、データベース列 ArrayIntsCol の値として渡されることに注意してください。 DatabaseClass の内部では、これらの SAFEARRAY 型は、名前空間にあるマーシャリング機能を使用して、マネージオブジェクトにマーシャリングされ System.Runtime.InteropServices ます。 具体的には、メソッドは、 Copy を整数のマネージ配列にマーシャリングするために使用され SAFEARRAY ます。また、メソッドを使用して、 Copy 整数のマネージ配列をにマーシャリングし SAFEARRAY ます。

// adonet_marshal_safearray.cpp
// compile with: /clr /FU System.dll /FU System.Data.dll /FU System.Xml.dll
#include <comdef.h>
#include <gcroot.h>
#include <iostream>
using namespace std;

#using <System.Data.dll>
using namespace System;
using namespace System::Data;
using namespace System::Runtime::InteropServices;

#define MAXCOLS 100

#pragma managed
class DatabaseClass
{
public:
    DatabaseClass() : table(nullptr) { }

    void AddRow(SAFEARRAY *arrayIntsColValue)
    {
        // Add a row to the table.
        DataRow ^row = table->NewRow();
        int len = arrayIntsColValue->rgsabound[0].cElements;
        array<int> ^arr = gcnew array<int>(len);

        int *pData;
        SafeArrayAccessData(arrayIntsColValue, (void **)&pData);
        Marshal::Copy(IntPtr(pData), arr, 0, len);
        SafeArrayUnaccessData(arrayIntsColValue);

        row["ArrayIntsCol"] = arr;
        table->Rows->Add(row);
    }

    void CreateAndPopulateTable()
    {
        // Create a simple DataTable.
        table = gcnew DataTable("SampleTable");

        // Add a column of type String to the table.
        DataColumn ^column1 = gcnew DataColumn("ArrayIntsCol",
            Type::GetType("System.Int32[]"));
        table->Columns->Add(column1);
    }

    int GetValuesForColumn(wchar_t *dataColumn, SAFEARRAY **values,
        int valuesLength)
    {
        // Marshal the name of the column to a managed
        // String.
        String ^columnStr = Marshal::PtrToStringUni(
                (IntPtr)dataColumn);

        // Get all rows in the table.
        array<DataRow ^> ^rows = table->Select();
        int len = rows->Length;
        len = (len > valuesLength) ? valuesLength : len;
        for (int i = 0; i < len; i++)
        {
            // Marshal each column value from a managed array
            // of Int32s to a SAFEARRAY of type VT_I4.
            values[i] = SafeArrayCreateVector(VT_I4, 0, 10);
            int *pData;
            SafeArrayAccessData(values[i], (void **)&pData);
            Marshal::Copy((array<int> ^)rows[i][columnStr], 0,
                IntPtr(pData), 10);
            SafeArrayUnaccessData(values[i]);
        }

        return len;
    }

private:
    // Using gcroot, you can use a managed type in
    // a native class.
    gcroot<DataTable ^> table;
};

#pragma unmanaged
int main()
{
    // Create a table and add a few rows to it.
    DatabaseClass *db = new DatabaseClass();
    db->CreateAndPopulateTable();

    // Create a standard array.
    int originalArray[] = { 0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9 };

    // Create a SAFEARRAY.
    SAFEARRAY *psa;
    psa = SafeArrayCreateVector(VT_I4, 0, 10);

    // Copy the data from the original array to the SAFEARRAY.
    int *pData;
    HRESULT hr = SafeArrayAccessData(psa, (void **)&pData);
    memcpy(pData, &originalArray, 40);
    SafeArrayUnaccessData(psa);
    db->AddRow(psa);

    // Now retrieve the rows and display their contents.
    SAFEARRAY *values[MAXCOLS];
    int len = db->GetValuesForColumn(
        L"ArrayIntsCol", values, MAXCOLS);
    for (int i = 0; i < len; i++)
    {
        int *pData;
        SafeArrayAccessData(values[i], (void **)&pData);
        for (int j = 0; j < 10; j++)
        {
            cout << pData[j] << " ";
        }
        cout << endl;
        SafeArrayUnaccessData(values[i]);

        // Deallocate the memory allocated using
        // SafeArrayCreateVector.
        SafeArrayDestroy(values[i]);
    }

    SafeArrayDestroy(psa);
    delete db;

    return 0;
}
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

コードのコンパイル

  • コマンドラインからコードをコンパイルするには、コード例を adonet_marshal_safearray .cpp という名前のファイルに保存し、次のステートメントを入力します。

    cl /clr /FU System.dll /FU System.Data.dll /FU System.Xml.dll adonet_marshal_safearray.cpp
    

.NET Framework のセキュリティ

ADO.NET に関連するセキュリティの問題の詳細については、「 ADO.NET アプリケーションのセキュリティ保護」を参照してください。

Section 説明
ADO.NET .net プログラマにデータアクセスサービスを公開する一連のクラス ADO.NET の概要について説明します。

関連項目

C++/CLI を使用した .NET プログラミング (Visual C++)

ネイティブと .NET の相互運用性

System.Runtime.InteropServices

相互運用性