混在アセンブリのためのライブラリ サポートLibrary Support for Mixed Assemblies

Visual C、C++ 標準ライブラリ、C ランタイム ライブラリ (CRT) の使用をサポートする、ATL と MFC でコンパイルされたアプリケーションの/clr (共通言語ランタイムのコンパイル)します。Visual C++ supports the use of the C++ Standard Library, the C runtime library (CRT), ATL, and MFC for applications compiled with /clr (Common Language Runtime Compilation). これにより、既存のアプリケーションも .NET Framework の機能を使用するためにこれらのライブラリを使用できます。This allows existing applications that use these libraries to use .NET Framework features as well.

重要

/Clr: 純粋な/clr:safeコンパイラ オプションは Visual Studio 2015 で非推奨とされ、Visual Studio 2017 でサポートされていません。The /clr:pure and /clr:safe compiler options are deprecated in Visual Studio 2015 and unsupported in Visual Studio 2017.

このサポートには、次の DLL とインポート ライブラリが含まれています。This support includes the following DLL and import libraries:

  • 使用してコンパイルする場合、Msvcmrt [d] .lib /clrします。Msvcmrt[d].lib if you compile with /clr. このインポート ライブラリへのリンクを混在アセンブリ。Mixed assemblies link to this import library.

このサポートは、関連するいくつかの利点を提供します。This support provides several related benefits:

  • CRT と C++ 標準ライブラリは、混合コードを利用します。The CRT and C++ Standard Library are available to mixed code. CRT と C++ 標準ライブラリが提供されているは検証可能な; できません。最終的には、呼び出しはネイティブ コードから使用するため引き続き同じ CRT と C++ 標準ライブラリにルーティングされます。The CRT and C++ Standard Library provided are not verifiable; ultimately, your calls are still routed to the same CRT and C++ Standard Library as you are using from native code.

  • 混合イメージで統一された例外の処理を修正します。Correct unified exception handling in mixed images.

  • 混合イメージ内の C++ 変数の静的な初期化します。Static initialization of C++ variables in mixed images.

  • マネージ コードで、AppDomain ごとと、プロセスごとの変数をサポートします。Support for per-AppDomain and per-process variables in managed code.

  • 混在モード Dll を Visual Studio 2003 以前のバージョンでのコンパイルに適用されるローダー ロックに関する問題を解決します。Resolves the loader lock issues that applied to mixed DLLs compiled in Visual Studio 2003 and earlier.

さらに、このサポートには、次の制限事項が表示されます。In addition, this support presents the following limitations:

  • コンパイルされるコードに、CRT DLL モデルのみがサポートされている /clrします。Only the CRT DLL model is supported for code compiled with /clr. サポートする静的な CRT ライブラリがない /clrをビルドします。There are no static CRT libraries that support /clr builds.

関連項目See also