ネイティブと .NET の相互運用性Native and .NET Interoperability

Visual C++ では相互運用機能をサポートしており、マネージド構造とアンマネージド構造が共存して同じアセンブリ内ではもちろん、同じファイル内でも相互運用できます。Visual C++ supports interoperability features that allow managed and unmanaged constructs to co-exist and interoperate within the same assembly, and even in the same file. この機能の小さなサブセット (P/Invoke など) は他の .NET 言語でもサポートされていますが、Visual C++ が提供する相互運用性サポートのほとんどは他の言語では使用できません。A small subset of this functionality, such as P/Invoke, is supported by other .NET languages as well, but most of the interoperability support provided by Visual C++ is not available in other languages.

このセクションの内容In This Section

混在 (ネイティブおよびマネージド) アセンブリMixed (Native and Managed) Assemblies
使用して生成されたアセンブリについて説明します、 /clr (共通言語ランタイムのコンパイル)両方を含むコンパイラ オプションがマネージし、アンマネージ機能。Describes assemblies generated with the /clr (Common Language Runtime Compilation) compiler option that contain both managed and unmanaged functionality.

MFC での Windows フォーム ユーザー コントロールの使用Using a Windows Form User Control in MFC
MFC Windows フォーム サポート クラスを使用して MFC アプリケーション内で Windows フォーム コントロールをホストする方法について説明します。Discusses how to use the MFC Windows Forms support classes to host Windows Forms controls within your MFC applications.

マネージド コードからのネイティブ関数の呼び出しCalling Native Functions from Managed Code
非 CLR DLL を .NET アプリケーションから使用する方法について説明します。Describes how non-CLR DLLs can be used from .NET applications.