状況依存キーワード (C++/CLI および C++/CX)Context-Sensitive Keywords (C++/CLI and C++/CX)

状況依存キーワードは、特定のコンテキストでのみ認識される言語要素です。Context-sensitive keywords are language elements that are recognized only in specific contexts. 特定のコンテキスト以外では、状況依存のキーワードをユーザー定義の記号として使用することができます。Outside the specific context, a context-sensitive keyword can be a user-defined symbol.

すべてのランタイムAll Runtimes

解説Remarks

以下は、状況依存のキーワードの一覧です。The following is a list of context-sensitive keywords:

読みやすくするために、状況依存キーワードの使用をユーザー定義記号に制限できます。For readability purposes, you may want to limit your use of context-sensitive keywords as user-defined symbols.

Windows ランタイムWindows Runtime

解説Remarks

(この機能のプラットフォーム固有の解説はありません。)(There are no platform-specific remarks for this feature.)

要件Requirements

コンパイラ オプション: /ZWCompiler option: /ZW

共通言語ランタイムCommon Language Runtime

解説Remarks

(この機能のプラットフォーム固有の解説はありません。)(There are no platform-specific remarks for this feature.)

要件Requirements

コンパイラ オプション: /clrCompiler option: /clr

使用例Examples

次のコード例では、適切なコンテキストで property 状況依存キーワードを使用して、プロパティと変数を定義できることを示します。The following code example shows that in the appropriate context, the property context-sensitive keyword can be used to define a property and a variable.

// context_sensitive_keywords.cpp
// compile with: /clr
public ref class C {
   int MyInt;
public:
   C() : MyInt(99) {}

   property int Property_Block {   // context-sensitive keyword
      int get() { return MyInt; }
   }
};

int main() {
   int property = 0;               // variable name
   C ^ MyC = gcnew C();
   property = MyC->Property_Block;
   System::Console::WriteLine(++property);
}
100

関連項目See also

.NET および UWP でのコンポーネント拡張Component Extensions for .NET and UWP