override (C++/CLI および C++/CX)override (C++/CLI and C++/CX)

状況依存の override キーワードは、型のメンバーが基底クラスまたは基底インターフェイスのメンバーをオーバーライドすることを示します。The override context-sensitive keyword indicates that a member of a type overrides a base class or a base interface member.

解説Remarks

override キーワードは、ネイティブ ターゲット (既定のコンパイラ オプション)、Windows ランタイム ターゲット (/ZW コンパイラ オプション)、または共通言語ランタイム ターゲット (/clr コンパイラ オプション) に対するコンパイル時に有効です。The override keyword is valid when compiling for native targets (default compiler option), Windows Runtime targets (/ZW compiler option), or common language runtime targets (/clr compiler option).

オーバーライド指定子の詳細については、「override 指定子」と「override 指定子とネイティブ コンパイル」を参照してください。For more information about override specifiers, see override Specifier and Override Specifiers and Native Compilations.

状況依存キーワードの詳細については、「状況依存キーワード」を参照してください。For more information about context-sensitive keywords, see Context-Sensitive Keywords.

Examples

次のコード例に、override をネイティブ コンパイルでも使用できることを示します。The following code example shows that override can also be used in native compilations.

// override_keyword_1.cpp
// compile with: /c
struct I1 {
   virtual void f();
};

struct X : public I1 {
   virtual void f() override {}
};

Example

次のコード例に、Windows ランタイムのコンパイルに override を使用できることを示します。The following code example shows that override can be used in Windows Runtime compilations.

// override_keyword_2.cpp
// compile with: /ZW /c
ref struct I1 {
   virtual void f();
};

ref struct X : public I1 {
   virtual void f() override {}
};

必要条件Requirements

コンパイラ オプション: /ZWCompiler option: /ZW

Example

次のコード例に、共通言語ランタイムのコンパイルに override を使用できることを示します。The following code example shows that override can be used in common language runtime compilations.

// override_keyword_3.cpp
// compile with: /clr /c
ref struct I1 {
   virtual void f();
};

ref struct X : public I1 {
   virtual void f() override {}
};

必要条件Requirements

コンパイラ オプション: /clrCompiler option: /clr

参照See also

override 指定子override Specifier
オーバーライド指定子Override Specifiers