オートメーション クライアントAutomation Clients

オートメーションを使用すると、アプリケーションが別のアプリケーションで実装されているオブジェクトを操作したり、オブジェクトを公開して操作できるようにしたりすることができます。Automation makes it possible for your application to manipulate objects implemented in another application, or to expose objects so they can be manipulated. オートメーションクライアントは、別のアプリケーションに属している公開されたオブジェクトを操作できるアプリケーションです。An Automation client is an application that can manipulate exposed objects belonging to another application. オブジェクトを公開するアプリケーションは、オートメーションサーバーと呼ばれます。The application that exposes the objects is called the Automation server. クライアントは、これらのオブジェクトのプロパティと関数にアクセスすることによって、サーバーアプリケーションのオブジェクトを操作します。The client manipulates the server application's objects by accessing those objects' properties and functions.

オートメーションクライアントの種類Types of Automation Clients

オートメーションクライアントには、次の2種類があります。There are two types of Automation clients:

  • 動的に (実行時に) クライアントは、サーバーのプロパティと操作に関する情報を取得します。Clients that dynamically (at run time) acquire information about the properties and operations of the server.

  • サーバーのプロパティと操作を指定する静的な情報を (コンパイル時に提供される) クライアント。Clients that possess static information (provided at compile time) that specifies the properties and operations of the server.

最初の種類のクライアントは、OLE システムの機構を照会することによって、サーバーのメソッドとプロパティに関する情報を取得し IDispatch ます。Clients of the first kind acquire information about the server's methods and properties by querying the OLE system's IDispatch mechanism. 動的クライアントにはを使用するのが適切ですが、を使用するのは、実行 IDispatch 中のオブジェクトがコンパイル時に認識される必要がある静的クライアントでは使用できません。Although it is adequate to use for dynamic clients, IDispatch is difficult to use for static clients, where the objects being driven must be known at compile time. 静的にバインドされたクライアントの場合、Microsoft Foundation classes は COleDispatchDriver クラスを提供します。For static bound clients, the Microsoft Foundation classes provide the COleDispatchDriver class.

静的バインドクライアントは、クライアントアプリケーションと静的にリンクされるプロキシクラスを使用します。Static bound clients use a proxy class that is statically linked with the client application. このクラスは、サーバーアプリケーションのプロパティと操作のタイプセーフな C++ カプセル化を提供します。This class provides a type-safe C++ encapsulation of the server application's properties and operations.

クラスは、 COleDispatchDriver オートメーションのクライアント側のプリンシパルサポートを提供します。The class COleDispatchDriver provides the principal support for the client side of Automation. [ 新しい項目の追加 ] ダイアログボックスを使用して、から派生したクラスを作成し COleDispatchDriver ます。Using the Add New Item dialog box, you create a class derived from COleDispatchDriver.

次に、サーバーアプリケーションのオブジェクトのプロパティと関数を記述するタイプライブラリファイルを指定します。You then specify the type-library file describing the properties and functions of the server application's object. [項目の追加] ダイアログボックスでは、このファイルが読み取られ、 COleDispatchDriver アプリケーションが型セーフな方法でサーバーアプリケーションのオブジェクトにアクセスするために呼び出すことができるメンバー関数と共に、派生クラスが作成されます。The Add Item dialog box reads this file and creates the COleDispatchDriver-derived class, with member functions that your application can call to access the server application's objects in C++ in a type-safe manner. から継承された追加機能によっ COleDispatchDriver て、適切なオートメーションサーバーの呼び出しプロセスが簡単になります。Additional functionality inherited from COleDispatchDriver simplifies the process of calling the proper Automation server.

オートメーションクライアントでのイベントの処理Handling Events in Automation Clients

オートメーションクライアントでイベントを処理する場合は、シンクインターフェイスを追加する必要があります。If you want to handle events in your automation client, you need to add a sink interface. MFC では、ActiveX コントロールのシンクインターフェイスを追加するウィザードをサポートしていますが、他の COM サーバーはサポートされていません。MFC provides wizard support to add sink interfaces for ActiveX controls, but not support for other COM servers.

関連項目See also

オートメーションクライアント: タイプライブラリの使用Automation Clients: Using Type Libraries
AutomationAutomation
MFC アプリケーションウィザードMFC Application Wizard