デバッグおよび例外クラスDebugging and Exception Classes

これらのクラスは、動的メモリ割り当てのデバッグと、例外がキャッチされた関数にスローされる例外情報を関数から渡すためのサポートを提供します。These classes provide support for debugging dynamic memory allocation and for passing exception information from the function where the exception is thrown to the function where it is caught.

MFC アプリケーションのデバッグ」で説明されているように、開発時にCDumpContextCMemoryStateクラスを使用してデバッグを支援します。Use classes CDumpContext and CMemoryState during development to assist with debugging, as described in Debugging MFC Applications. CRuntimeClassを使用して、実行時にオブジェクトのクラスを特定します。詳細についてはRun-Time クラス情報へのアクセスに関する記事を参照してください。Use CRuntimeClass to determine the class of any object at run time, as described in the article Accessing Run-Time Class Information. フレームワークは、を使用して、 CRuntimeClass 特定のクラスのオブジェクトを動的に作成します。The framework uses CRuntimeClass to create objects of a particular class dynamically.

関連項目See also

クラスの概要Class Overview