ドキュメント クラスDocument Classes

ドキュメントテンプレートオブジェクトによって作成されたドキュメントクラスオブジェクトは、アプリケーションのデータを管理します。Document class objects, created by document-template objects, manage the application's data. これらのクラスのいずれかからドキュメントのクラスを派生させます。You will derive a class for your documents from one of these classes.

ドキュメントクラスオブジェクトは、ビューオブジェクトと対話します。Document class objects interact with view objects. View objects は、ウィンドウのクライアント領域を表し、ドキュメントのデータを表示して、ユーザーが対話できるようにします。View objects represent the client area of a window, display a document's data, and allow users to interact with it. ドキュメントとビューは、ドキュメントテンプレートオブジェクトによって作成されます。Documents and views are created by a document-template object.

CDocumentCDocument
アプリケーション固有のドキュメントの基本クラス。The base class for application-specific documents. ドキュメントクラスまたはクラスをから派生させ CDocument ます。Derive your document class or classes from CDocument.

COleDocumentCOleDocument
複合ドキュメントの実装、および基本的なコンテナーのサポートに使用されます。Used for compound document implementation, as well as basic container support. CDocItemから派生したクラスのコンテナーとして機能します。Serves as a container for classes derived from CDocItem. このクラスは、コンテナードキュメントの基本クラスとして使用でき、の基本クラスとして使用でき COleServerDoc ます。This class can be used as the base class for container documents and is the base class for COleServerDoc.

COleLinkingDocCOleLinkingDoc
COleDocumentリンク用のインフラストラクチャを提供するから派生したクラス。A class derived from COleDocument that provides the infrastructure for linking. COleDocument埋め込みオブジェクトへのリンクをサポートする場合は、ではなく、このクラスからコンテナーアプリケーションのドキュメントクラスを派生させる必要があります。You should derive the document classes for your container applications from this class instead of from COleDocument if you want them to support links to embedded objects.

CRichEditDocCRichEditDoc
リッチエディットコントロール内の OLE クライアント項目のリストを保持します。Maintains the list of OLE client items that are in the rich edit control. CRichEditViewおよびCRichEditCntrItemと共に使用します。Used with CRichEditView and CRichEditCntrItem.

COleServerDocCOleServerDoc
サーバーアプリケーションドキュメントクラスの基本クラスとして使用されます。Used as the base class for server-application document classes. COleServerDoc オブジェクトは、 COleServerItem オブジェクトとの対話によって、サーバーのサポートを大量に提供します。COleServerDoc objects provide the bulk of server support through interactions with COleServerItem objects. ビジュアル編集機能は、クラスライブラリのドキュメント/ビューアーキテクチャを使用して提供されます。Visual editing capability is provided using the class library's document/view architecture.

CHtmlEditDocCHtmlEditDoc
は、MFC のドキュメント/ビューアーキテクチャのコンテキスト内で、WebBrowser HTML 編集プラットフォームの機能を CHtmlEditViewで提供します。Provides, with CHtmlEditView, the functionality of the WebBrowser HTML editing platform within the context of the MFC document-view architecture.

ドキュメントクラスオブジェクトは、永続的なものにすることができます。つまり、状態をストレージメディアに書き込んで読み戻すことができます。Document class objects can be persistent — in other words, they can write their state to a storage medium and read it back. MFC には、 CArchive ドキュメントのデータをストレージメディアに転送しやすくするクラスが用意されています。MFC provides the CArchive class to facilitate transferring the document's data to a storage medium.

CArchiveCArchive
Cooperates を使用して 、シリアル化によってオブジェクトの永続的なストレージを実装します ( CObject:: Serializeを参照)。Cooperates with a CFile object to implement persistent storage for objects through serialization (see CObject::Serialize).

ドキュメントには OLE オブジェクトを含めることもできます。Documents can also contain OLE objects. CDocItem は、サーバーおよびクライアントアイテムの基本クラスです。CDocItem is the base class of the server and client items.

CDocItemCDocItem
COleClientItemCOleServerItemの抽象基本クラス。Abstract base class of COleClientItem and COleServerItem. から派生したクラスのオブジェクトは CDocItem 、ドキュメントの一部を表します。Objects of classes derived from CDocItem represent parts of documents.

関連項目See also

クラスの概要Class Overview