一般的なクラス デザインの考え方General Class Design Philosophy

Microsoft Windows は、C++ 言語が普及する前に設計されています。Microsoft Windows was designed long before the C++ language became popular. 何千ものアプリケーションが C 言語の Windows アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) を使用しているため、そのインターフェイスは近い将来のために維持されます。Because thousands of applications use the C-language Windows application programming interface (API), that interface will be maintained for the foreseeable future. したがって、C++ の Windows インターフェイスはすべて、手続き型の C 言語 API の上に構築する必要があります。Any C++ Windows interface must therefore be built on top of the procedural C-language API. これにより、C++ アプリケーションが C アプリケーションと共存できることが保証されます。This guarantees that C++ applications will be able to coexist with C applications.

Microsoft Foundation Class ライブラリは、次の設計目標を満たす Windows へのオブジェクト指向のインターフェイスです。The Microsoft Foundation Class Library is an object-oriented interface to Windows that meets the following design goals:

  • Windows のアプリケーションを作成する作業が大幅に削減されます。Significant reduction in the effort to write an application for Windows.

  • C 言語 API の実行速度に相当します。Execution speed comparable to that of the C-language API.

  • 最小限のコードサイズのオーバーヘッド。Minimum code size overhead.

  • 任意の Windows C 関数を直接呼び出すことができます。Ability to call any Windows C function directly.

  • 既存の C アプリケーションを C++ に簡単に変換できます。Easier conversion of existing C applications to C++.

  • C 言語の Windows プログラミングエクスペリエンスの既存の基本を活用する機能。Ability to leverage from the existing base of C-language Windows programming experience.

  • C++ での Windows API の使用が C よりも簡単になりました。Easier use of the Windows API with C++ than with C.

  • ActiveX コントロール、データベースサポート、印刷、ツールバー、ステータスバーなど、複雑な機能の強力な抽象化を使いやすくなりました。Easier to use yet powerful abstractions of complicated features such as ActiveX controls, database support, printing, toolbars, and status bars.

  • C++ 言語機能を効果的に使用する、C++ 用の真の Windows API。True Windows API for C++ that effectively uses C++ language features.

MFC ライブラリのデザインの詳細については、以下を参照してください。For more on the design of the MFC Library, see:

関連項目See also

クラスの概要Class Overview