CBitmap クラスCBitmap Class

Windows のグラフィック デバイス インターフェイス (GDI: Graphics Device Interface) のビットマップをカプセル化したもので、ビットマップを操作するためのメンバー関数を提供します。Encapsulates a Windows graphics device interface (GDI) bitmap and provides member functions to manipulate the bitmap.

構文Syntax

class CBitmap : public CGdiObject

メンバーMembers

パブリック コンストラクターPublic Constructors

名前Name 説明Description
CBitmap:: CBitmapCBitmap::CBitmap CBitmap オブジェクトを構築します。Constructs a CBitmap object.

パブリック メソッドPublic Methods

名前Name 説明Description
CBitmap:: CreateBitmapCBitmap::CreateBitmap 指定した幅、高さ、およびビットパターンを持つデバイス依存のメモリビットマップを使用して、オブジェクトを初期化します。Initializes the object with a device-dependent memory bitmap that has a specified width, height, and bit pattern.
CBitmap:: CreateBitmapIndirectCBitmap::CreateBitmapIndirect 構造体に指定されている幅、高さ、ビットパターンが指定されている場合は、ビットマップを使用してオブジェクトを初期化し BITMAP ます。Initializes the object with a bitmap with the width, height, and bit pattern (if one is specified) given in a BITMAP structure.
CBitmap:: CreateCompatibleBitmapCBitmap::CreateCompatibleBitmap 指定したデバイスとの互換性を確保するために、ビットマップを使用してオブジェクトを初期化します。Initializes the object with a bitmap so that it is compatible with a specified device.
CBitmap:: CreateDiscardableBitmapCBitmap::CreateDiscardableBitmap 指定したデバイスと互換性のある破棄できないビットマップを使用して、オブジェクトを初期化します。Initializes the object with a discardable bitmap that is compatible with a specified device.
CBitmap:: FromHandleCBitmap::FromHandle CBitmapWindows ビットマップへのハンドルが指定された場合に、オブジェクトへのポインターを返し HBITMAP ます。Returns a pointer to a CBitmap object when given a handle to a Windows HBITMAP bitmap.
CBitmap:: GetBitmapCBitmap::GetBitmap BITMAP構造体にビットマップに関する情報を格納します。Fills a BITMAP structure with information about the bitmap.
CBitmap:: GetBitmapBitsCBitmap::GetBitmapBits 指定したビットマップのビットを、指定したバッファーにコピーします。Copies the bits of the specified bitmap into the specified buffer.
CBitmap:: GetBitmapDimensionCBitmap::GetBitmapDimension ビットマップの幅と高さを返します。Returns the width and height of the bitmap. 高さと幅は、以前に Setbitmapdimension メンバー関数によって設定されていると見なされます。The height and width are assumed to have been set previously by the SetBitmapDimension member function.
CBitmap:: LoadBitmapCBitmap::LoadBitmap アプリケーションの実行可能ファイルから名前付きビットマップリソースを読み込み、オブジェクトにビットマップをアタッチすることによって、オブジェクトを初期化します。Initializes the object by loading a named bitmap resource from the application's executable file and attaching the bitmap to the object.
CBitmap:: LoadMappedBitmapCBitmap::LoadMappedBitmap ビットマップを読み込み、色を現在のシステムカラーにマップします。Loads a bitmap and maps colors to current system colors.
CBitmap:: LoadOEMBitmapCBitmap::LoadOEMBitmap 定義済みの Windows ビットマップを読み込み、オブジェクトにビットマップをアタッチすることによって、オブジェクトを初期化します。Initializes the object by loading a predefined Windows bitmap and attaching the bitmap to the object.
CBitmap:: SetBitmapBitsCBitmap::SetBitmapBits ビットマップのビットを、指定したビット値に設定します。Sets the bits of a bitmap to the specified bit values.
CBitmap:: SetBitmapDimensionCBitmap::SetBitmapDimension 0.1-ミリメートル単位でビットマップに幅と高さを割り当てます。Assigns a width and height to a bitmap in 0.1-millimeter units.

パブリック演算子Public Operators

名前Name 説明Description
CBitmap:: operator HBITMAPCBitmap::operator HBITMAP オブジェクトにアタッチされている Windows ハンドルを返し CBitmap ます。Returns the Windows handle attached to the CBitmap object.

解説Remarks

オブジェクトを使用するには、オブジェクトを構築し、 CBitmap 初期化メンバー関数のいずれかを使用してビットマップハンドルをそのオブジェクトにアタッチしてから、オブジェクトのメンバー関数を呼び出します。To use a CBitmap object, construct the object, attach a bitmap handle to it with one of the initialization member functions, and then call the object's member functions.

などのグラフィックオブジェクトの使用方法の詳細について CBitmap は、「 グラフィックオブジェクト」を参照してください。For more information on using graphic objects like CBitmap, see Graphic Objects.

継承階層Inheritance Hierarchy

CObjectCObject

CGdiObjectCGdiObject

CBitmap

要件Requirements

ヘッダー: afxwin.hHeader: afxwin.h

CBitmap:: CBitmapCBitmap::CBitmap

CBitmap オブジェクトを構築します。Constructs a CBitmap object.

CBitmap();

解説Remarks

生成されたオブジェクトは、初期化メンバー関数のいずれかを使用して初期化する必要があります。The resulting object must be initialized with one of the initialization member functions.

CBitmap:: CreateBitmapCBitmap::CreateBitmap

指定した幅、高さ、ビット パターンに設定されている、デバイス依存のメモリ ビットマップを初期化します。Initializes a device-dependent memory bitmap that has the specified width, height, and bit pattern.

BOOL CreateBitmap(
    int nWidth,
    int nHeight,
    UINT nPlanes,
    UINT nBitcount,
    const void* lpBits);

パラメーターParameters

nWidthnWidth
ビットマップの幅 (ピクセル単位) を指定します。Specifies the width (in pixels) of the bitmap.

nHeightnHeight
ビットマップの高さ (ピクセル単位) を指定します。Specifies the height (in pixels) of the bitmap.

nPlanesnPlanes
ビットマップ内でのカラー プレーンの数を指定します。Specifies the number of color planes in the bitmap.

nBitcountnBitcount
表示ピクセルごとのカラー ビット数を指定します。Specifies the number of color bits per display pixel.

lpBitslpBits
初期のビットマップのビット値を含むバイト配列を指します。Points to an array of bytes that contains the initial bitmap bit values. NULL の場合、新しいビットマップは初期化されないままになります。If it is NULL, the new bitmap is left uninitialized.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if successful; otherwise 0.

解説Remarks

色ビットマップの場合は、 Nplanes または nbitcount パラメーターを1に設定する必要があります。For a color bitmap, either the nPlanes or nBitcount parameter should be set to 1. 両方のパラメーターを 1 に設定すると、 CreateBitmap によってモノクロのビットマップが作成されます。If both of these parameters are set to 1, CreateBitmap creates a monochrome bitmap.

表示デバイス用のビットマップを直接選択することはできませんが、 CDC::SelectObject を使用して「メモリ デバイス コンテキスト」の現在のビットマップとして選択し、それを CDC::BitBlt 関数を使用して互換性のある任意のデバイス コンテキストにコピーできます。Although a bitmap cannot be directly selected for a display device, it can be selected as the current bitmap for a "memory device context" by using CDC::SelectObject and copied to any compatible device context by using the CDC::BitBlt function.

CBitmap 関数によって作成された CreateBitmap オブジェクトでの作業終了後、デバイス コンテキスト外のビットマップを最初に選択し、次に CBitmap オブジェクトを削除します。When you finish with the CBitmap object created by the CreateBitmap function, first select the bitmap out of the device context, then delete the CBitmap object.

詳細については、構造体のフィールドの説明を参照してください bmBits BITMAPFor more information, see the description of the bmBits field in the BITMAP structure. BITMAP 構造体については、 CBitmap::CreateBitmapIndirect メンバー関数の下で説明されています。The BITMAP structure is described under the CBitmap::CreateBitmapIndirect member function.

CBitmap:: CreateBitmapIndirectCBitmap::CreateBitmapIndirect

Lpbitmap が指す構造体に指定されている幅、高さ、ビットパターンを持つビットマップを初期化します (指定されている場合)。Initializes a bitmap that has the width, height, and bit pattern (if one is specified) given in the structure pointed to by lpBitmap.

BOOL CreateBitmapIndirect(LPBITMAP lpBitmap);

パラメーターParameters

lpBitmaplpBitmap
ビットマップに関する情報を格納している ビットマップ 構造体を指します。Points to a BITMAP structure that contains information about the bitmap.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if successful; otherwise 0.

解説Remarks

ディスプレイデバイスに対してビットマップを直接選択することはできませんが、 cdc:: SelectObject を使用してメモリデバイスコンテキストの現在のビットマップとして選択し、 Cdc:: BitBlt または cdc:: StretchBlt 関数を使用して互換性のある任意のデバイスコンテキストにコピーすることができます。Although a bitmap cannot be directly selected for a display device, it can be selected as the current bitmap for a memory device context by using CDC::SelectObject and copied to any compatible device context by using the CDC::BitBlt or CDC::StretchBlt function. ( CDC::P atBlt 関数は、現在のブラシのビットマップを、ディスプレイデバイスコンテキストに直接コピーできます)。(The CDC::PatBlt function can copy the bitmap for the current brush directly to the display device context.)

BITMAP Lpbitmap パラメーターによって示される構造体が関数を使用して入力されている場合 GetObject 、ビットマップのビットは指定されず、ビットマップは初期化されません。If the BITMAP structure pointed to by the lpBitmap parameter has been filled in by using the GetObject function, the bits of the bitmap are not specified and the bitmap is uninitialized. ビットマップを初期化するには、アプリケーションで CDC:: BitBltsetdibits などの関数を使用して、の最初のパラメーターで識別されるビットマップのビットを、 CGdiObject::GetObject によって作成されたビットマップにコピーし CreateBitmapIndirect ます。To initialize the bitmap, an application can use a function such as CDC::BitBlt or SetDIBits to copy the bits from the bitmap identified by the first parameter of CGdiObject::GetObject to the bitmap created by CreateBitmapIndirect.

CBitmap関数で作成されたオブジェクトを終了したら CreateBitmapIndirect 、まずデバイスコンテキストからビットマップを選択し、次にオブジェクトを削除し CBitmap ます。When you finish with the CBitmap object created with CreateBitmapIndirect function, first select the bitmap out of the device context, then delete the CBitmap object.

CBitmap:: CreateCompatibleBitmapCBitmap::CreateCompatibleBitmap

PDC によって指定されたデバイスと互換性のあるビットマップを初期化します。Initializes a bitmap that is compatible with the device specified by pDC.

BOOL CreateCompatibleBitmap(
    CDC* pDC,
    int nWidth,
    int nHeight);

パラメーターParameters

pDCpDC
デバイスコンテキストを指定します。Specifies the device context.

nWidthnWidth
ビットマップの幅 (ピクセル単位) を指定します。Specifies the width (in pixels) of the bitmap.

nHeightnHeight
ビットマップの高さ (ピクセル単位) を指定します。Specifies the height (in pixels) of the bitmap.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if successful; otherwise 0.

解説Remarks

ビットマップには、指定されたデバイスコンテキストと同じ数のカラープレーンまたは同じビット/ピクセル形式があります。The bitmap has the same number of color planes or the same bits-per-pixel format as the specified device context. PDC によって指定されたものと互換性のある任意のメモリデバイスの現在のビットマップとして選択できます。It can be selected as the current bitmap for any memory device that is compatible with the one specified by pDC.

PDC がメモリデバイスコンテキストの場合、返されるビットマップは、そのデバイスコンテキストで現在選択されているビットマップと同じ形式です。If pDC is a memory device context, the bitmap returned has the same format as the currently selected bitmap in that device context. "メモリデバイスコンテキスト" は、表示サーフェイスを表すメモリのブロックです。A "memory device context" is a block of memory that represents a display surface. 互換性のあるデバイスの実際の表示画面にコピーする前に、イメージをメモリ内に準備するために使用できます。It can be used to prepare images in memory before copying them to the actual display surface of the compatible device.

メモリデバイスコンテキストが作成されると、GDI は自動的にモノクロの株価ビットマップを選択します。When a memory device context is created, GDI automatically selects a monochrome stock bitmap for it.

カラーメモリデバイスコンテキストでは、カラービットマップまたはモノクロビットマップを選択できます。そのため、関数によって返されるビットマップの形式は CreateCompatibleBitmap 常に同じではありません。ただし、メモリデバイスコンテキスト以外では、互換性のあるビットマップの形式は常にデバイスの形式になります。Since a color memory device context can have either color or monochrome bitmaps selected, the format of the bitmap returned by the CreateCompatibleBitmap function is not always the same; however, the format of a compatible bitmap for a nonmemory device context is always in the format of the device.

CBitmap関数で作成されたオブジェクトを終了したら CreateCompatibleBitmap 、まずデバイスコンテキストからビットマップを選択し、次にオブジェクトを削除し CBitmap ます。When you finish with the CBitmap object created with the CreateCompatibleBitmap function, first select the bitmap out of the device context, then delete the CBitmap object.

CBitmap:: CreateDiscardableBitmapCBitmap::CreateDiscardableBitmap

PDC によって識別されるデバイスコンテキストと互換性のある破棄できないビットマップを初期化します。Initializes a discardable bitmap that is compatible with the device context identified by pDC.

BOOL CreateDiscardableBitmap(
    CDC* pDC,
    int nWidth,
    int nHeight);

パラメーターParameters

pDCpDC
デバイスコンテキストを指定します。Specifies a device context.

nWidthnWidth
ビットマップの幅 (ビット単位) を指定します。Specifies the width (in bits) of the bitmap.

nHeightnHeight
ビットマップの高さ (ビット単位) を指定します。Specifies the height (in bits) of the bitmap.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if successful; otherwise 0.

解説Remarks

ビットマップには、指定されたデバイスコンテキストと同じ数のカラープレーンまたは同じビット/ピクセル形式があります。The bitmap has the same number of color planes or the same bits-per-pixel format as the specified device context. アプリケーションでは、 pDC によって指定されたものと互換性のあるメモリデバイスの現在のビットマップとして、このビットマップを選択できます。An application can select this bitmap as the current bitmap for a memory device that is compatible with the one specified by pDC.

Windows は、この関数によって作成されたビットマップを、アプリケーションが表示コンテキストに選択していない場合にのみ破棄できます。Windows can discard a bitmap created by this function only if an application has not selected it into a display context. Windows が選択されていないビットマップを破棄し、後でそのビットマップを選択しようとすると、 CDC:: SelectObject 関数は NULL を返します。If Windows discards the bitmap when it is not selected and the application later attempts to select it, the CDC::SelectObject function will return NULL.

CBitmap関数で作成されたオブジェクトを終了したら CreateDiscardableBitmap 、まずデバイスコンテキストからビットマップを選択し、次にオブジェクトを削除し CBitmap ます。When you finish with the CBitmap object created with the CreateDiscardableBitmap function, first select the bitmap out of the device context, then delete the CBitmap object.

CBitmap:: FromHandleCBitmap::FromHandle

CBitmapWINDOWS GDI ビットマップへのハンドルが指定された場合に、オブジェクトへのポインターを返します。Returns a pointer to a CBitmap object when given a handle to a Windows GDI bitmap.

static CBitmap* PASCAL FromHandle(HBITMAP hBitmap);

パラメーターParameters

hBitmaphBitmap
Windows GDI ビットマップを指定します。Specifies a Windows GDI bitmap.

戻り値Return Value

成功した場合はオブジェクトへのポインター、 CBitmap それ以外の場合は NULL。A pointer to a CBitmap object if successful; otherwise NULL.

解説Remarks

CBitmapオブジェクトがハンドルにまだアタッチされていない場合は、一時 CBitmap オブジェクトが作成され、アタッチされます。If a CBitmap object is not already attached to the handle, a temporary CBitmap object is created and attached. この一時 CBitmap オブジェクトは、アプリケーションが次にそのイベントループ内でアイドル状態になったときにのみ有効です。その時点で、すべての一時グラフィックオブジェクトが削除されます。This temporary CBitmap object is valid only until the next time the application has idle time in its event loop, at which time all temporary graphic objects are deleted. 別の方法として、一時オブジェクトは1つのウィンドウメッセージの処理中にのみ有効であるということもあります。Another way of saying this is that the temporary object is only valid during the processing of one window message.

CBitmap:: GetBitmapCBitmap::GetBitmap

添付ビットマップのイメージプロパティを取得します。Retrieves image properties for the attached bitmap.

int GetBitmap(BITMAP* pBitMap);

パラメーターParameters

pBitMappBitMap
イメージのプロパティを受け取る ビットマップ 構造体へのポインター。Pointer to a BITMAP structure that will receive the image properties. このパラメーターを NULL にすることはできません。This parameter must not be NULL.

戻り値Return Value

メソッドが成功した場合は0以外の。それ以外の場合は0です。Nonzero if the method was successful; otherwise 0.

解説Remarks

CBitmap:: GetBitmapBitsCBitmap::GetBitmapBits

添付ビットマップのビットパターンを、指定したバッファーにコピーします。Copies the bit pattern of the attached bitmap into the specified buffer.

DWORD GetBitmapBits(
    DWORD dwCount,
    LPVOID lpBits) const;

パラメーターParameters

dwCountdwCount
バッファーにコピーするバイト数。The number of bytes to copy to the buffer.

lpBitslpBits
ビットマップを受け取るバッファーへのポインター。Pointer to the buffer that will receive the bitmap.

戻り値Return Value

メソッドが正常に終了した場合にバッファーにコピーされたバイト数。それ以外の場合は0です。The number of bytes copied to the buffer if the method was successful; otherwise 0.

解説Remarks

必要なバッファーサイズを決定するには、 CBitmap:: GetBitmap を使用します。Use CBitmap::GetBitmap to determine the required buffer size.

CBitmap:: GetBitmapDimensionCBitmap::GetBitmapDimension

ビットマップの幅と高さを返します。Returns the width and height of the bitmap.

CSize GetBitmapDimension() const;

戻り値Return Value

ビットマップの幅と高さ。0.1 単位で計測されます。The width and height of the bitmap, measured in 0.1-millimeter units. 高さは cy オブジェクトのメンバーにあり、 CSize 幅はメンバーに含まれてい cx ます。The height is in the cy member of the CSize object, and the width is in the cx member. ビットマップの幅と高さがを使用して設定されていない場合 SetBitmapDimension 、戻り値は0になります。If the bitmap width and height have not been set by using SetBitmapDimension, the return value is 0.

解説Remarks

高さと幅は、 Setbitmapdimension メンバー関数を使用して以前に設定されたものと見なされます。The height and width are assumed to have been set previously by using the SetBitmapDimension member function.

CBitmap:: LoadBitmapCBitmap::LoadBitmap

アプリケーションの実行可能ファイルから、 nIDResource 内の ID 番号で識別された、 lpszresourcename よって指定されたビットマップリソースを読み込みます。Loads the bitmap resource named by lpszResourceName or identified by the ID number in nIDResource from the application's executable file.

BOOL LoadBitmap(LPCTSTR lpszResourceName);
BOOL LoadBitmap(UINT nIDResource);

パラメーターParameters

lpszResourceNamelpszResourceName
ビットマップリソースの名前を含む null で終わる文字列を指します。Points to a null-terminated string that contains the name of the bitmap resource.

nIDResourcenIDResource
ビットマップリソースのリソース ID 番号を指定します。Specifies the resource ID number of the bitmap resource.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if successful; otherwise 0.

解説Remarks

読み込まれたビットマップがオブジェクトにアタッチされ CBitmap ます。The loaded bitmap is attached to the CBitmap object.

Lpszresourcename よって識別されるビットマップが存在しない場合、またはビットマップを読み込むためのメモリが不足している場合、この関数は0を返します。If the bitmap identified by lpszResourceName does not exist or if there is insufficient memory to load the bitmap, the function returns 0.

CGdiObject::D eleteobject関数を使用して、関数によって読み込まれたビットマップを削除したり、デストラクターがオブジェクトを削除したりすることができ LoadBitmap CBitmap ます。You can use the CGdiObject::DeleteObject function to delete bitmap loaded by the LoadBitmap function, or the CBitmap destructor will delete the object for you.

注意事項

オブジェクトを削除する前に、そのオブジェクトがデバイスコンテキストに選択されていないことを確認してください。Before you delete the object, make sure it is not selected into a device context.

次のビットマップが Windows バージョン3.1 以降に追加されました。The following bitmaps were added to Windows versions 3.1 and later:

OBM_UPARRROWIOBM_DNARROWIOBM_RGARROWIOBM_LFARROWIOBM_UPARRROWIOBM_DNARROWIOBM_RGARROWIOBM_LFARROWI

これらのビットマップは、Windows バージョン3.0 以前のデバイスドライバーでは見つかりません。These bitmaps are not found in device drivers for Windows versions 3.0 and earlier. ビットマップの完全な一覧とそれらの外観の表示については、Windows SDK を参照してください。For a complete list of bitmaps and a display of their appearance, see the Windows SDK.

CBitmap:: LoadMappedBitmapCBitmap::LoadMappedBitmap

ビットマップを読み込み、色を現在のシステムカラーにマップするには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to load a bitmap and map the colors to the current system colors.

BOOL LoadMappedBitmap(
    UINT nIDBitmap,
    UINT nFlags = 0,
    LPCOLORMAP lpColorMap = NULL,
    int nMapSize = 0);

パラメーターParameters

nIDBitmapnIDBitmap
ビットマップリソースの ID。The ID of the bitmap resource.

nFlagsnFlags
ビットマップのフラグ。A flag for a bitmap. 0または CMB_MASKED を指定できます。Can be zero or CMB_MASKED.

lpColorMap マップlpColorMap
COLORMAPビットマップをマップするために必要な色情報を格納している構造体へのポインター。A pointer to a COLORMAP structure that contains the color information needed to map the bitmaps. このパラメーターが NULL の場合、関数は既定のカラーマップを使用します。If this parameter is NULL, the function uses the default color map.

nMapSizenMapSize
Lpcolormap マップが指すカラーマップの数。The number of color maps pointed to by lpColorMap.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if successful; otherwise 0.

解説Remarks

既定で LoadMappedBitmap は、ボタンのグリフでよく使用される色がによってマップされます。By default, LoadMappedBitmap will map colors commonly used in button glyphs.

マップされたビットマップの作成の詳細については、Windows SDK の「Windows 関数 CreateMappedBitmap 」と「 カラーマップ の構造」を参照してください。For information about creating a mapped bitmap, see the Windows function CreateMappedBitmap and the COLORMAP structure in the Windows SDK.

CBitmap:: LoadOEMBitmapCBitmap::LoadOEMBitmap

Windows によって使用される定義済みのビットマップを読み込みます。Loads a predefined bitmap used by Windows.

BOOL LoadOEMBitmap(UINT nIDBitmap);

パラメーターParameters

nIDBitmapnIDBitmap
定義済みの Windows ビットマップの ID 番号。ID number of the predefined Windows bitmap. 使用可能な値は、WINDOWS の下に一覧表示されています。始めThe possible values are listed below from WINDOWS.H:

OBM_BTNCORNERS OBM_BTNCORNERS
OBM_BTSIZE OBM_BTSIZE
OBM_CHECK OBM_CHECK
OBM_CHECKBOXES OBM_CHECKBOXES
OBM_CLOSE OBM_CLOSE
OBM_COMBO OBM_COMBO
OBM_DNARROW OBM_DNARROW
OBM_DNARROWD OBM_DNARROWD
OBM_DNARROWI OBM_DNARROWI
OBM_LFARROW OBM_LFARROW
OBM_LFARROWD OBM_LFARROWD
OBM_LFARROWIOBM_LFARROWI

OBM_MNARROW OBM_MNARROW
OBM_OLD_CLOSE OBM_OLD_CLOSE
OBM_OLD_DNARROW OBM_OLD_DNARROW
OBM_OLD_LFARROW OBM_OLD_LFARROW
OBM_OLD_REDUCE OBM_OLD_REDUCE
OBM_OLD_RESTORE OBM_OLD_RESTORE
OBM_OLD_RGARROW OBM_OLD_RGARROW
OBM_OLD_UPARROW OBM_OLD_UPARROW
OBM_OLD_ZOOM OBM_OLD_ZOOM
OBM_REDUCE OBM_REDUCE
OBM_REDUCEDOBM_REDUCED

OBM_RESTORE OBM_RESTORE
OBM_RESTORED OBM_RESTORED
OBM_RGARROW OBM_RGARROW
OBM_RGARROWD OBM_RGARROWD
OBM_RGARROWI OBM_RGARROWI
OBM_SIZE OBM_SIZE
OBM_UPARROW OBM_UPARROW
OBM_UPARROW OBM_UPARROW
OBM_UPARROWD OBM_UPARROWD
OBM_ZOOM OBM_ZOOM
OBM_ZOOMDOBM_ZOOMD

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if successful; otherwise 0.

解説Remarks

OBM_OLD で始まるビットマップ名は、3.0 より前の Windows バージョンで使用されるビットマップを表します。Bitmap names that begin with OBM_OLD represent bitmaps used by Windows versions prior to 3.0.

定数 OEMRESOURCE は、WINDOWS を含める前に定義する必要があることに注意してください。 OBM_ 定数を使用するための H。Note that the constant OEMRESOURCE must be defined before including WINDOWS.H in order to use any of the OBM_ constants.

CBitmap:: operator HBITMAPCBitmap::operator HBITMAP

オブジェクトのアタッチされた Windows GDI ハンドルを取得するには、この演算子を使用し CBitmap ます。Use this operator to get the attached Windows GDI handle of the CBitmap object.

operator HBITMAP() const;

戻り値Return Value

成功した場合は、オブジェクトによって表される Windows GDI オブジェクトへのハンドル CBitmap 。それ以外の場合は NULL。If successful, a handle to the Windows GDI object represented by the CBitmap object; otherwise NULL.

解説Remarks

この演算子は、オブジェクトの直接使用をサポートするキャスト演算子です HBITMAPThis operator is a casting operator, which supports direct use of an HBITMAP object.

グラフィックオブジェクトの使用方法の詳細については、「Windows SDK の グラフィックオブジェクト 」を参照してください。For more information about using graphic objects, see Graphic Objects in the Windows SDK.

CBitmap:: SetBitmapBitsCBitmap::SetBitmapBits

ビットマップのビットを、 Lpbits によって指定されたビット値に設定します。Sets the bits of a bitmap to the bit values given by lpBits.

DWORD SetBitmapBits(
    DWORD dwCount,
    const void* lpBits);

パラメーターParameters

dwCountdwCount
Lpbits が指すバイト数を指定します。Specifies the number of bytes pointed to by lpBits.

lpBitslpBits
オブジェクトにコピーされるピクセル値を格納しているバイト配列を指し CBitmap ます。Points to the BYTE array that contains the pixel values to be copied to the CBitmap object. ビットマップがイメージを正しく表示できるようにするには、CBitmap インスタンスの作成時に指定した高さ、幅、および色深度の値に合わせて値を書式設定する必要があります。In order for the bitmap to be able to render its image correctly, the values should be formatted to conform to the height, width and color depth values that were specified when the CBitmap instance was created. 詳細については、「 CBitmap:: CreateBitmap」を参照してください。For more information, see CBitmap::CreateBitmap.

戻り値Return Value

ビットマップビットの設定に使用されるバイト数。関数が失敗した場合は0。The number of bytes used in setting the bitmap bits; 0 if the function fails.

CBitmap:: SetBitmapDimensionCBitmap::SetBitmapDimension

0.1-ミリメートル単位でビットマップに幅と高さを割り当てます。Assigns a width and height to a bitmap in 0.1-millimeter units.

CSize SetBitmapDimension(
    int nWidth,
    int nHeight);

パラメーターParameters

nWidthnWidth
ビットマップの幅を指定します (0.1 ミリメートル単位)。Specifies the width of the bitmap (in 0.1-millimeter units).

nHeightnHeight
ビットマップの高さを指定します (0.1 ミリメートル単位)。Specifies the height of the bitmap (in 0.1-millimeter units).

戻り値Return Value

前のビットマップのサイズ。The previous bitmap dimensions. 高さは、 cy オブジェクトのメンバー変数に CSize あり、width はメンバー変数に含まれてい cx ます。Height is in the cy member variable of the CSize object, and width is in the cx member variable.

解説Remarks

GDI は、アプリケーションが Getbitmapdimension メンバー関数を呼び出すときにこれらの値を返さない限り、これらの値を使用しません。The GDI does not use these values except to return them when an application calls the GetBitmapDimension member function.

関連項目See also

MFC のサンプル MDIMFC Sample MDI
CGdiObject クラスCGdiObject Class
階層図Hierarchy Chart