CWnd クラスCWnd Class

Microsoft Foundation Class ライブラリにあるすべてのウィンドウ クラスの基本機能が用意されています。Provides the base functionality of all window classes in the Microsoft Foundation Class Library.

構文Syntax

class CWnd : public CCmdTarget

メンバーMembers

パブリック コンストラクターPublic Constructors

名前Name 説明Description
CWnd::CWndCWnd::CWnd CWnd オブジェクトを構築します。Constructs a CWnd object.

パブリック メソッドPublic Methods

名前Name 説明Description
CWnd::accDoDefaultActionCWnd::accDoDefaultAction オブジェクトの既定のアクションを実行するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to perform the object's default action.
CWnd::accHitTestCWnd::accHitTest 画面上の指定された位置にある子要素または子オブジェクトを取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the child element or child object at a given point on the screen.
CWnd::accLocationCWnd::accLocation 指定されたオブジェクトの現在の画面位置を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the specified object's current screen location.
CWnd::accNavigateCWnd::accNavigate コンテナー内の他のユーザー インターフェイス要素を走査するため、可能な場合はそのオブジェクトを取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to traverse to another user interface element within a container and if possible, retrieve the object.
CWnd::accSelectCWnd::accSelect 選択を変更するため、または指定されたオブジェクトのキーボード フォーカスを移動するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to modify the selection or move the keyboard focus of the specified object.
CWnd::AnimateWindowCWnd::AnimateWindow 関連付けられたウィンドウ オブジェクトをアニメーション化します。Animates the associated window object.
CWnd::ArrangeIconicWindowsCWnd::ArrangeIconicWindows すべての最小化 (アイコン化) された子ウィンドウを整列します。Arranges all the minimized (iconic) child windows.
CWnd::AttachCWnd::Attach Windows ハンドルを CWnd オブジェクトに関連付けます。Attaches a Windows handle to a CWnd object.
CWnd::BeginModalStateCWnd::BeginModalState フレーム ウィンドウをモーダルにします。Call this member function to make a frame window modal.
CWnd::BeginPaintCWnd::BeginPaint 描画用の CWnd を準備します。Prepares CWnd for painting.
CWnd::BindDefaultPropertyCWnd::BindDefaultProperty タイプ ライブラリに示されているように、呼び出し元オブジェクトの既定の単純バインド プロパティを、データ ソース コントロールに関連付けられているカーソルにバインドします。Binds the calling object's default simple bound property, as marked in the type library, to a cursor associated with a data-source control.
CWnd::BindPropertyCWnd::BindProperty データ バインディング コントロールのカーソル バインド プロパティをデータ ソース コントロールにバインドし、そのリレーションシップを MFC バインド マネージャーに登録します。Binds a cursor-bound property on a data-bound control to a data-source control and registers that relationship with the MFC binding manager.
CWnd::BringWindowToTopCWnd::BringWindowToTop CWnd を重なったウィンドウのスタックの最上位に移動します。Brings CWnd to the top of a stack of overlapping windows.
CWnd::CalcWindowRectCWnd::CalcWindowRect クライアントの四角形からウィンドウ四角形を計算するために呼び出されます。Called to calculate the window rectangle from the client rectangle.
CWnd::CancelToolTipsCWnd::CancelToolTips ツール ヒント コントロールを無効にします。Disables the tooltip control.
CWnd::CenterWindowCWnd::CenterWindow ウィンドウをその親ウィンドウの中央に揃えます。Centers a window relative to its parent.
CWnd::ChangeClipboardChainCWnd::ChangeClipboardChain クリップボード ビューアーのチェインから CWnd を削除します。Removes CWnd from the chain of Clipboard viewers.
CWnd::CheckDlgButtonCWnd::CheckDlgButton チェック マークをボタン コントロールの横に配置したり、ボタン コントロールから削除したりします。Places a check mark next to or removes a check mark from a button control.
CWnd::CheckRadioButtonCWnd::CheckRadioButton 指定されたオプション ボタンにチェック マークを付け、指定されたボタンのグループにある他のすべてのオプション ボタンからチェック マークを削除します。Checks the specified radio button and removes the check mark from all other radio buttons in the specified group of buttons.
CWnd::ChildWindowFromPointCWnd::ChildWindowFromPoint 子ウィンドウがある場合、指定された点を含む子ウィンドウを判断します。Determines which, if any, of the child windows contains the specified point.
CWnd::ClientToScreenCWnd::ClientToScreen ディスプレイ上の指定された点または四角形のクライアント座標を画面座標に変換します。Converts the client coordinates of a given point or rectangle on the display to screen coordinates.
CWnd::CloseWindowCWnd::CloseWindow ウィンドウを最小化します。Minimizes the window.
CWnd::ContinueModalCWnd::ContinueModal ウィンドウのモーダル ステータスを継続します。Continues a window's modal status.
CWnd::CreateCWnd::Create CWnd オブジェクトに関連付けられる子ウィンドウを作成し、初期化します。Creates and initializes the child window associated with the CWnd object.
CWnd::CreateAccessibleProxyCWnd::CreateAccessibleProxy 指定されたオブジェクトの Active Accessibility プロキシを作成します。Creates an Active Accessibility proxy for the specified object.
CWnd::CreateCaretCWnd::CreateCaret システム キャレットの新しい形を作成し、そのキャレットの所有権を取得します。Creates a new shape for the system caret and gets ownership of the caret.
CWnd::CreateControlCWnd::CreateControl MFC プログラムでは CWnd オブジェクトによって表される ActiveX コントロールを作成します。Create an ActiveX control that will be represented in an MFC program by a CWnd object.
CWnd::CreateExCWnd::CreateEx Windows のオーバーラップ ウィンドウ、ポップアップ ウィンドウ、または子ウィンドウを作成し、CWnd オブジェクトに関連付けます。Creates a Windows overlapped, pop-up, or child window and attaches it to a CWnd object.
CWnd::CreateGrayCaretCWnd::CreateGrayCaret 灰色のブロックでシステム キャレットを作成し、そのキャレットの所有権を取得します。Creates a gray block for the system caret and gets ownership of the caret.
CWnd::CreateSolidCaretCWnd::CreateSolidCaret 純色のブロックでシステム キャレットを作成し、そのキャレットの所有権を取得します。Creates a solid block for the system caret and gets ownership of the caret.
CWnd::DeleteTempMapCWnd::DeleteTempMap FromHandle 関数で作成した一時的な CWnd オブジェクトをすべて削除するために、CWinApp のアイドル処理ハンドラーによって自動的に呼び出されます。Called automatically by the CWinApp idle-time handler and deletes any temporary CWnd objects created by FromHandle.
CWnd::DestroyWindowCWnd::DestroyWindow 関連付けられている Windows のウィンドウを破棄します。Destroys the attached Windows window.
CWnd::DetachCWnd::Detach CWnd オブジェクトから Windows のハンドルを切り離し、そのハンドルを返します。Detaches a Windows handle from a CWnd object and returns the handle.
CWnd::DlgDirListCWnd::DlgDirList リスト ボックスにファイル リストまたはディレクトリ リストを設定します。Fills a list box with a file or directory listing.
CWnd::DlgDirListComboBoxCWnd::DlgDirListComboBox コンボ ボックスにファイル リストまたはディレクトリ リストを設定します。Fills the list box of a combo box with a file or directory listing.
CWnd::DlgDirSelectCWnd::DlgDirSelect リスト ボックスから現在の選択を取得します。Retrieves the current selection from a list box.
CWnd::DlgDirSelectComboBoxCWnd::DlgDirSelectComboBox コンボ ボックスから現在の選択を取得します。Retrieves the current selection from the list box of a combo box.
CWnd::DragAcceptFilesCWnd::DragAcceptFiles ドラッグされたファイルがウィンドウで読み込まれることを示します。Indicates the window will accept dragged files.
CWnd::DragDetectCWnd::DragDetect マウスをキャプチャし、ユーザーが左ボタンを離すか、Esc キーを押すか、または指定した点を中心にしたドラッグ四角形の外にマウスを移動するまで、移動を追跡します。Captures the mouse and tracks its movement until the user releases the left button, presses the ESC key, or moves the mouse outside the drag rectangle around the specified point.
CWnd::DrawAnimatedRectsCWnd::DrawAnimatedRects アイコンを開く動作や、ウィンドウの最小化または最大化の動作を、ワイヤ フレームの四角形のアニメーションで表します。Draws a wire-frame rectangle and animates it to indicate the opening of an icon or the minimizing or maximizing of a window.
CWnd::DrawCaptionCWnd::DrawCaption キャプションを描画します。Draws a caption.
CWnd::DrawMenuBarCWnd::DrawMenuBar メニュー バーを再描画します。Redraws the menu bar.
CWnd::EnableActiveAccessibilityCWnd::EnableActiveAccessibility ユーザー定義の Active Accessibility 関数を有効にします。Enables user-defined Active Accessibility functions.
CWnd::EnableDynamicLayoutCWnd::EnableDynamicLayout ユーザーがウィンドウのサイズを変更したときに、子ウィンドウの位置とサイズを動的に調整できるようにします。Enables the position and size of child windows to adjust dynamically when the user resizes the window.
CWnd::EnableD2DSupportCWnd::EnableD2DSupport ウィンドウの D2D のサポートを有効または無効にします。Enables or disables window D2D support. このメソッドは、メイン ウィンドウが初期化される前に呼び出します。Call this method before the main window is initialized.
CWnd::EnableScrollBarCWnd::EnableScrollBar スクロール バーの矢印の一方または両方を有効または無効にします。Enables or disables one or both arrows of a scroll bar.
CWnd::EnableScrollBarCtrlCWnd::EnableScrollBarCtrl 兄弟スクロール バーのコントロールを有効または無効にします。Enables or disables a sibling scroll-bar control.
CWnd::EnableToolTipsCWnd::EnableToolTips ツール ヒント コントロールを有効にします。Enables the tooltip control.
CWnd::EnableTrackingToolTipsCWnd::EnableTrackingToolTips トラッキング モードのツール ヒント コントロールを有効にします。Enables the tooltip control in tracking mode.
CWnd::EnableWindowCWnd::EnableWindow マウス入力およびキーボード入力を有効または無効にします。Enables or disables mouse and keyboard input.
CWnd::EndModalLoopCWnd::EndModalLoop ウィンドウのモーダル ステータスを終了します。Ends a window's modal status.
CWnd::EndModalStateCWnd::EndModalState フレーム ウィンドウをモーダルからモードレスに変更します。Call this member function to change a frame window from modal to modeless.
CWnd::EndPaintCWnd::EndPaint 描画の終了を示します。Marks the end of painting.
CWnd::ExecuteDlgInitCWnd::ExecuteDlgInit ダイアログ リソースを開始します。Initiates a dialog resource.
CWnd::FilterToolTipMessageCWnd::FilterToolTipMessage ダイアログ ボックス内のコントロールに関連付けられているタイトルまたはテキストを取得します。Retrieves the title or text associated with a control in a dialog box.
CWnd::FindWindowCWnd::FindWindow ウィンドウのハンドルを返します。ウィンドウのハンドルはそのウィンドウ名とウィンドウ クラスによって識別されます。Returns the handle of the window, which is identified by its window name and window class.
CWnd::FindWindowExCWnd::FindWindowEx ウィンドウのハンドルを返します。ウィンドウのハンドルはそのウィンドウ名とウィンドウ クラスによって識別されます。Returns the handle of the window, which is identified by its window name and window class.
CWnd::FlashWindowCWnd::FlashWindow ウィンドウを 1 回フラッシュします。Flashes the window once.
CWnd::FlashWindowExCWnd::FlashWindowEx ウィンドウをフラッシュし、追加の機能を実行します。Flashes the window with additional functionality.
CWnd::FromHandleCWnd::FromHandle ウィンドウのハンドルが指定されている場合、CWnd オブジェクトへのポインターを返します。Returns a pointer to a CWnd object when given a handle to a window. CWnd オブジェクトがハンドルに関連付けられていない場合は、一時的な CWnd オブジェクトが生成され、関連付けられます。If a CWnd object is not attached to the handle, a temporary CWnd object is created and attached.
CWnd::FromHandlePermanentCWnd::FromHandlePermanent ウィンドウのハンドルが指定されている場合、CWnd オブジェクトへのポインターを返します。Returns a pointer to a CWnd object when given a handle to a window.
CWnd::get_accChildCWnd::get_accChild 指定された子の IDispatch インターフェイスのアドレスを取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the address of an IDispatch interface for the specified child.
CWnd::get_accChildCountCWnd::get_accChildCount このオブジェクトに属する子の数を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the number of children belonging to this object.
CWnd::get_accDefaultActionCWnd::get_accDefaultAction オブジェクトの既定のアクションを記述する文字列を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve a string that describes the object's default action.
CWnd::get_accDescriptionCWnd::get_accDescription 指定されたオブジェクトの外観を記述する文字列を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by framework to retrieve a string that describes the visual appearance of the specified object.
CWnd::get_accFocusCWnd::get_accFocus キーボード フォーカスを保持するオブジェクトを取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the object that has the keyboard focus.
CWnd::get_accHelpCWnd::get_accHelp オブジェクトの ヘルプ プロパティ文字列を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve an object's Help property string.
CWnd::get_accHelpTopicCWnd::get_accHelpTopic 指定されたオブジェクトに関連付けられている WinHelp ファイルの完全パスと、そのファイル内の適切なトピックの識別子を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the full path of the WinHelp file associated with the specified object and the identifier of the appropriate topic within that file.
CWnd::get_accKeyboardShortcutCWnd::get_accKeyboardShortcut 指定されたオブジェクトのショートカット キーまたはアクセス キーを取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the specified object's shortcut key or access key.
CWnd::get_accNameCWnd::get_accName 指定されたオブジェクトの名前を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the name of the specified object.
CWnd::get_accParentCWnd::get_accParent オブジェクトの親の IDispatch インターフェイスを取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the IDispatch interface of the object's parent.
CWnd::get_accRoleCWnd::get_accRole 指定されたオブジェクトの役割を記述する情報を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve information that describes the role of the specified object.
CWnd::get_accSelectionCWnd::get_accSelection このオブジェクトの選択されている子を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the selected children of this object.
CWnd::get_accStateCWnd::get_accState 指定されたオブジェクトの現在の状態を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the current state of the specified object.
CWnd::get_accValueCWnd::get_accValue 指定されたオブジェクトの値を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the value of the specified object.
CWnd::GetActiveWindowCWnd::GetActiveWindow アクティブなウィンドウを取得します。Retrieves the active window.
CWnd::GetAncestorCWnd::GetAncestor 指定したウィンドウの祖先ウィンドウ オブジェクトを取得します。Retrieves the ancestor window object of the specified window.
CWnd::GetCaptureCWnd::GetCapture マウス キャプチャを持つ CWnd を取得します。Retrieves the CWnd that has the mouse capture.
CWnd::GetCaretPosCWnd::GetCaretPos キャレットの現在位置を示すクライアント座標を取得します。Retrieves the client coordinates of the caret's current position.
CWnd::GetCheckedRadioButtonCWnd::GetCheckedRadioButton ボタンのグループ内で現在チェックされているオプション ボタンの ID を返します。Returns the ID of the currently checked radio button in a group of buttons.
CWnd::GetClientRectCWnd::GetClientRect CWnd クライアント領域の寸法を取得します。Gets the dimensions of the CWnd client area.
CWnd::GetClipboardOwnerCWnd::GetClipboardOwner クリップボードの現在のオーナーへのポインターを取得します。Retrieves a pointer to the current owner of the Clipboard.
CWnd::GetClipboardViewerCWnd::GetClipboardViewer クリップボード ビューアーのチェインの最初のウィンドウへのポインターを取得します。Retrieves a pointer to the first window in the chain of Clipboard viewers.
CWnd::GetControlUnknownCWnd::GetControlUnknown 不明な ActiveX コントロールへのポインターを取得します。Retrieves a pointer to an unknown ActiveX control.
CWnd::GetDCCWnd::GetDC クライアント領域のディスプレイ コンテキストを取得します。Retrieves a display context for the client area.
CWnd::GetDCExCWnd::GetDCEx クライアント領域のディスプレイ コンテキストを取得し、描画中のクリッピングを有効にします。Retrieves a display context for the client area, and enables clipping while drawing.
CWnd::GetDCRenderTargetCWnd::GetDCRenderTarget CWnd ウィンドウのデバイス コンテキスト (DC) レンダー ターゲットを取得します。Retrieves the device context (DC) render target for the CWnd window.
CWnd::GetDescendantWindowCWnd::GetDescendantWindow すべての子孫ウィンドウを検索し、指定された ID を持つウィンドウを返します。Searches all descendant windows and returns the window with the specified ID.
CWnd::GetDesktopWindowCWnd::GetDesktopWindow Windows のデスクトップ ウィンドウを取得します。Retrieves the Windows desktop window.
CWnd::GetDlgCtrlIDCWnd::GetDlgCtrlID CWnd が子ウィンドウの場合、この関数を呼び出すと、その ID 値が返されます。If the CWnd is a child window, calling this function returns its ID value.
CWnd::GetDlgItemCWnd::GetDlgItem 指定されたダイアログ ボックスから指定された ID を持つコントロールを取得します。Retrieves the control with the specified ID from the specified dialog box.
CWnd::GetDlgItemIntCWnd::GetDlgItemInt 指定されたダイアログ ボックスにあるコントロールのテキストを整数値に変換します。Translates the text of a control in the given dialog box to an integer value.
CWnd::GetDlgItemTextCWnd::GetDlgItemText コントロールに関連付けられているキャプションまたはテキストを取得します。Retrieves the caption or text associated with a control.
CWnd::GetDSCCursorCWnd::GetDSCCursor データ ソース コントロールの DataSource、UserName、Password、および SQL プロパティで定義されている、基になるカーソルへのポインターを取得します。Retrieves a pointer to the underlying cursor that is defined by the DataSource, UserName, Password, and SQL properties of a data-source control.
CWnd::GetDynamicLayoutCWnd::GetDynamicLayout 動的レイアウト マネージャー オブジェクトへのポインターを取得します。Retrieves a pointer to the dynamic layout manager object.
CWnd::GetExStyleCWnd::GetExStyle ウィンドウの拡張スタイルを返します。Returns the window's extended style.
CWnd::GetFocusCWnd::GetFocus 現在入力フォーカスを持っている CWnd へのポインターを取得します。Retrieves the CWnd that currently has the input focus.
CWnd::GetFontCWnd::GetFont 現在のフォントを取得します。Retrieves the current font.
CWnd::GetForegroundWindowCWnd::GetForegroundWindow 手前のウィンドウ (ユーザーが現在作業しているトップレベル ウィンドウ) へのポインターを返します。Returns a pointer to the foreground window (the top-level window with which the user is currently working).
CWnd::GetIconCWnd::GetIcon アイコンへのハンドルを取得します。Retrieves the handle to an icon.
CWnd::GetLastActivePopupCWnd::GetLastActivePopup CWnd が所有するポップアップ ウィンドウのうち、直前にアクティブだったウィンドウを調べます。Determines which pop-up window owned by CWnd was most recently active.
CWnd::GetLayeredWindowAttributesCWnd::GetLayeredWindowAttributes レイヤード ウィンドウの不透明度および透明度のカラー キーを取得します。Retrieves the opacity and transparency color key of a layered window.
CWnd::GetMenuCWnd::GetMenu 指定されたメニューへのポインターを取得します。Retrieves a pointer to the specified menu.
CWnd::GetNextDlgGroupItemCWnd::GetNextDlgGroupItem コントロールのグループ内で、指定されたコントロールの直前または次に位置するコントロールを検索します。Searches for the next (or previous) control within a group of controls.
CWnd::GetNextDlgTabItemCWnd::GetNextDlgTabItem 指定したコントロールの後 (または前) の WS_TABSTOP スタイルを持つ最初のコントロールを取得します。Retrieves the first control with the WS_TABSTOP style that follows (or precedes) the specified control.
CWnd::GetNextWindowCWnd::GetNextWindow ウィンドウ マネージャーのリストから次 (または前) のウィンドウを返します。Returns the next (or previous) window in the window manager's list.
CWnd::GetOleControlSiteCWnd::GetOleControlSite 指定された ActiveX コントロールのカスタム サイトを取得します。Retrieves the custom site for the specified ActiveX control.
CWnd::GetOpenClipboardWindowCWnd::GetOpenClipboardWindow 現在クリップボードが開いているウィンドウへのポインターを取得します。Retrieves a pointer to the window that currently has the Clipboard open.
CWnd::GetOwnerCWnd::GetOwner CWnd のオーナーへのポインターを取得します。Retrieves a pointer to the owner of a CWnd.
CWnd::GetParentCWnd::GetParent CWnd の親ウィンドウがある場合、そのウィンドウを取得します。Retrieves the parent window of CWnd (if any).
CWnd::GetParentFrameCWnd::GetParentFrame CWnd オブジェクトの親フレーム ウィンドウを取得します。Retrieves the CWnd object's parent frame window.
CWnd::GetParentOwnerCWnd::GetParentOwner 子ウィンドウの親ウィンドウへのポインターを返します。Returns a pointer to a child window's parent window.
CWnd:: GetPropertyCWnd::GetProperty ActiveX コントロール プロパティを取得します。Retrieves an ActiveX control property.
CWnd::GetRenderTargetCWnd::GetRenderTarget このウィンドウに関連付けられているレンダー ターゲットを取得します。Gets a render target that is associated with this window.
CWnd::GetSafeHwndCWnd::GetSafeHwnd はを返し m_hWnd this ます。ポインターが null の場合は null を返します。Returns m_hWnd, or NULL if the this pointer is NULL.
CWnd::GetSafeOwnerCWnd::GetSafeOwner 指定されたウィンドウのセーフ オーナーを取得します。Retrieves the safe owner for the given window.
CWnd::GetScrollBarCtrlCWnd::GetScrollBarCtrl 兄弟スクロール バーのコントロールを返します。Returns a sibling scroll-bar control.
CWnd::GetScrollBarInfoCWnd::GetScrollBarInfo 指定されたスクロール バーの情報を取得します。Retrieves information about the specified scroll bar.
CWnd::GetScrollInfoCWnd::GetScrollInfo SCROLLINFO 構造体がスクロール バーについて保持している情報を取得します。Retrieves the information that the SCROLLINFO structure maintains about a scroll bar.
CWnd::GetScrollLimitCWnd::GetScrollLimit スクロール バーの限界値を取得します。Retrieves the limit of the scroll bar.
CWnd::GetScrollPosCWnd::GetScrollPos スクロール ボックスの現在位置を取得します。Retrieves the current position of a scroll box.
CWnd::GetScrollRangeCWnd::GetScrollRange 指定されたスクロール バーの現在の最小位置と最大位置をコピーします。Copies the current minimum and maximum scroll-bar positions for the given scroll bar.
CWnd::GetStyleCWnd::GetStyle 現在のウィンドウ スタイルを返します。Returns the current window style.
CWnd::GetSystemMenuCWnd::GetSystemMenu アプリケーションがコピーおよび変更のためにコントロール メニューにアクセスできるようにします。Allows the application to access the Control menu for copying and modification.
CWnd::GetTitleBarInfoCWnd::GetTitleBarInfo 指定されたタイトル バーの情報を取得します。Retrieves information about the specified title bar.
CWnd::GetTopLevelFrameCWnd::GetTopLevelFrame ウィンドウのトップレベルのフレーム ウィンドウを取得します。Retrieves the window's top-level frame window.
CWnd::GetTopLevelOwnerCWnd::GetTopLevelOwner トップ レベルのウィンドウを取得します。Retrieves the top-level window.
CWnd::GetTopLevelParentCWnd::GetTopLevelParent ウィンドウのトップレベルの親ウィンドウを取得します。Retrieves the window's top-level parent.
CWnd::GetTopWindowCWnd::GetTopWindow CWnd に属する第 1 レベルの子ウィンドウを返します。Returns the first child window that belongs to the CWnd.
CWnd::GetUpdateRectCWnd::GetUpdateRect CWnd 更新領域を完全に囲む最小の四角形の座標を取得します。Retrieves the coordinates of the smallest rectangle that completely encloses the CWnd update region.
CWnd::GetUpdateRgnCWnd::GetUpdateRgn CWnd 更新領域を取得します。Retrieves the CWnd update region.
CWnd::GetWindowCWnd::GetWindow 対象となるウィンドウとの間に指定された関係が成り立つウィンドウを返します。Returns the window with the specified relationship to this window.
CWnd::GetWindowContextHelpIdCWnd::GetWindowContextHelpId ヘルプ コンテキスト識別子を取得します。Retrieves the help context identifier.
CWnd::GetWindowDCCWnd::GetWindowDC キャプション バー、メニュー、スクロール バーを含むウィンドウ全体のディスプレイ コンテキストを取得します。Retrieves the display context for the whole window, including the caption bar, menus, and scroll bars.
CWnd::GetWindowedChildCountCWnd::GetWindowedChildCount 関連付けられている子ウィンドウの数を返します。Returns the number of associated child windows.
CWnd::GetWindowInfoCWnd::GetWindowInfo ウィンドウに関する情報を返します。Returns information about the window.
CWnd:: Getwindowの ChildcountCWnd::GetWindowlessChildCount 関連付けられているウィンドウなしの子ウィンドウの数を返します。Returns the number of associated windowless child windows.
CWnd::GetWindowPlacementCWnd::GetWindowPlacement ウィンドウの表示状態、通常の位置 (復元された位置)、最小化された位置、および最大表示された位置を取得します。Retrieves the show state and the normal (restored), minimized, and maximized positions of a window.
CWnd::GetWindowRectCWnd::GetWindowRect CWnd の画面座標を取得します。Gets the screen coordinates of CWnd.
CWnd::GetWindowRgnCWnd::GetWindowRgn ウィンドウのウィンドウ領域のコピーを取得します。Retrieves a copy of the window region of a window.
CWnd::GetWindowTextCWnd::GetWindowText ウィンドウのテキストまたはキャプション タイトル (ある場合) を返します。Returns the window text or caption title (if it has one).
CWnd::GetWindowTextLengthCWnd::GetWindowTextLength ウィンドウのテキストまたはキャプション タイトルの長さを返します。Returns the length of the window's text or caption title.
CWnd::HideCaretCWnd::HideCaret ディスプレイ画面からキャレットを削除して非表示にします。Hides the caret by removing it from the display screen.
CWnd::HiliteMenuItemCWnd::HiliteMenuItem トップ レベル (メニュー バー) のメニュー項目の強調表示を設定または解除します。Highlights or removes the highlighting from a top-level (menu-bar) menu item.
CWnd::HtmlHelpCWnd::HtmlHelp HTML ヘルプ アプリケーションを起動するために呼び出されます。Called to initiate the HTMLHelp application.
CWnd::InvalidateCWnd::Invalidate クライアント領域全体を無効にします。Invalidates the entire client area.
CWnd::InvalidateRectCWnd::InvalidateRect 指定された四角形を現在の更新領域に追加して、その四角形内のクライアント領域を無効にします。Invalidates the client area within the given rectangle by adding that rectangle to the current update region.
CWnd::InvalidateRgnCWnd::InvalidateRgn 指定された領域を現在の更新領域に追加して、その領域内のクライアント領域を無効にします。Invalidates the client area within the given region by adding that region to the current update region.
CWnd::InvokeHelperCWnd::InvokeHelper ActiveX コントロール メソッドまたはプロパティを呼び出します。Invokes an ActiveX control method or property.
CWnd::IsChildCWnd::IsChild CWnd が指定されたウィンドウの子ウィンドウか、または指定されたウィンドウの別の直系の子孫ウィンドウであるかを示します。Indicates whether CWnd is a child window or other direct descendant of the specified window.
CWnd::IsD2DSupportEnabledCWnd::IsD2DSupportEnabled D2D のサポートが有効かどうかを判断します。Determines whether D2D support is enabled.
CWnd::IsDialogMessageCWnd::IsDialogMessage 指定されたメッセージがモードレス ダイアログ ボックス用かどうかを判断します。モードレス ダイアログ ボックス用のメッセージである場合は、そのメッセージを処理します。Determines whether the given message is intended for the modeless dialog box and, if so, processes it.
CWnd::IsDlgButtonCheckedCWnd::IsDlgButtonChecked ボタン コントロールがチェックされているかどうかを判断します。Determines whether a button control is checked.
CWnd::IsDynamicLayoutEnabledCWnd::IsDynamicLayoutEnabled このウィンドウで動的レイアウトが有効かどうかを判断します。Determines whether dynamic layout is enabled on this window. 動的レイアウトが有効な場合は、ユーザーが親ウィンドウのサイズを変更したときに、子ウィンドウの位置とサイズを変更できます。If dynamic layout is enabled, the position and size of child windows can change when the user resizes the parent window.
CWnd::IsIconicCWnd::IsIconic CWnd が最小化 (アイコン化) されているかどうかを判断します。Determines whether CWnd is minimized (iconic).
CWnd::IsTouchWindowCWnd::IsTouchWindow CWnd でタッチ操作がサポートされているかどうかを示します。Specifies whether CWnd has touch support.
CWnd::IsWindowEnabledCWnd::IsWindowEnabled ウィンドウでマウス入力およびキーボード入力が有効かどうかを判断します。Determines whether the window is enabled for mouse and keyboard input.
CWnd::IsWindowVisibleCWnd::IsWindowVisible ウィンドウが表示可能かどうかを判断します。Determines whether the window is visible.
CWnd::IsZoomedCWnd::IsZoomed CWnd が最大表示されているかどうかを判断します。Determines whether CWnd is maximized.
CWnd::KillTimerCWnd::KillTimer システム タイマーを中止します。Kills a system timer.
CWnd::LockWindowUpdateCWnd::LockWindowUpdate 指定されたウィンドウでの描画を無効化、または再有効化します。Disables or reenables drawing in the given window.
CWnd::MapWindowPointsCWnd::MapWindowPoints 複数の点を CWnd の座標空間から他のウィンドウの座標空間へ変換 (マップ) します。Converts (maps) a set of points from the coordinate space of the CWnd to the coordinate space of another window.
CWnd::MessageBoxCWnd::MessageBox アプリケーションで用意されたメッセージとキャプションを含むウィンドウを作成し、表示します。Creates and displays a window that contains an application-supplied message and caption.
CWnd::ModifyStyleCWnd::ModifyStyle 現在のウィンドウ スタイルを変更します。Modifies the current window style.
CWnd::ModifyStyleExCWnd::ModifyStyleEx ウィンドウの拡張スタイルを変更します。Modifies the window's extended style.
CWnd::MoveWindowCWnd::MoveWindow CWnd の位置と寸法を変更します。Changes the position and dimensions of CWnd.
CWnd::NotifyWinEventCWnd::NotifyWinEvent 定義済みイベントが発生したことをシステムに通知します。Signals the system that a predefined event occurred.
CWnd::OnAmbientPropertyCWnd::OnAmbientProperty アンビエント プロパティ値を実装します。Implement ambient property values.
CWnd::OnDrawIconicThumbnailOrLivePreviewCWnd::OnDrawIconicThumbnailOrLivePreview Windows 7 のタブのサムネイルに表示する、またはアプリケーションのピーク用にクライアントで表示するビットマップを取得する必要があるときに、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework when it needs to obtain a bitmap to be displayed on Windows 7 tab thumbnail, or on the client for application peek.
CWnd::OnHelpCWnd::OnHelp アプリケーション内で F1 ヘルプを (現在のコンテキストを使って) 処理します。Handles F1 Help within the application (using the current context).
CWnd::OnHelpFinderCWnd::OnHelpFinder ID_HELP_FINDER および ID_DEFAULT_HELP コマンドを処理します。Handles the ID_HELP_FINDER and ID_DEFAULT_HELP commands.
CWnd::OnHelpIndexCWnd::OnHelpIndex ID_HELP_INDEX コマンドを処理し、既定のヘルプトピックを提供します。Handles the ID_HELP_INDEX command and provides a default Help topic.
CWnd::OnHelpUsingCWnd::OnHelpUsing ID_HELP_USING コマンドを処理します。Handles the ID_HELP_USING command.
CWnd::OnToolHitTestCWnd::OnToolHitTest 点が指定されたツールの外接する四角形内にあるかどうかを判断し、そのツールに関する情報を取得します。Determines whether a point is in the bounding rectangle of the specified tool and retrieves information about the tool.
CWnd::OpenClipboardCWnd::OpenClipboard クリップボードを開きます。Opens the Clipboard. Windows CloseClipboard 関数が呼び出されるまで、他のアプリケーションはクリップボードを変更できません。Other applications will not be able to modify the Clipboard until the Windows CloseClipboard function is called.
CWnd::PaintWindowlessControlsCWnd::PaintWindowlessControls コントロール コンテナーのウィンドウなしのコントロールを描画します。Draws windowless controls on the control container.
CWnd::PostMessageCWnd::PostMessage メッセージをアプリケーション キューに配置し、ウィンドウがメッセージを処理するのを待たずに制御を返します。Places a message in the application queue, then returns without waiting for the window to process the message.
CWnd::PreCreateWindowCWnd::PreCreateWindow CWnd オブジェクトに関連付けられている Windows のウィンドウが作成される前に呼び出されます。Called before the creation of the Windows window attached to this CWnd object.
CWnd::PreSubclassWindowCWnd::PreSubclassWindow SubclassWindowが呼び出される前に、他の必要なサブクラス化を実行できるようにします。Allows other necessary subclassing to occur before SubclassWindow is called.
CWnd::PreTranslateMessageCWnd::PreTranslateMessage ウィンドウ メッセージが Windows 関数の TranslateMessage および DispatchMessage にディスパッチされる前に、メッセージにフィルターをかけるために CWinApp によって使用されます。Used by CWinApp to filter window messages before they are dispatched to the TranslateMessage and DispatchMessage Windows functions.
CWnd::PrintCWnd::Print 指定されたデバイス コンテキストで現在のウィンドウを描画します。Draws the current window in the specified device context.
CWnd::PrintClientCWnd::PrintClient 指定されたデバイス コンテキスト (通常はプリンター デバイス コンテキスト) で、さまざまなウィンドウを描画します。Draws any window in the specified device context (usually a printer device context).
CWnd::PrintWindowCWnd::PrintWindow 表示されているウィンドウを指定されたデバイス コンテキスト (通常はプリンター DC) にコピーします。Copies a visual window into the specified device context, typically a printer DC.
CWnd::RedrawWindowCWnd::RedrawWindow クライアント領域内の指定された四角形または領域を更新します。Updates the specified rectangle or region in the client area.
CWnd::RegisterTouchWindowCWnd::RegisterTouchWindow Windows タッチのサポートを登録または登録解除します。Register/Unregister window Windows touch support.
CWnd::ReleaseDCCWnd::ReleaseDC 他のアプリケーションが使用できるように、クライアント デバイス コンテキストおよびウィンドウ デバイス コンテキストを解放します。Releases client and window device contexts, freeing them for use by other applications.
CWnd::RepositionBarsCWnd::RepositionBars クライアント領域のコントロール バーの位置を変更します。Repositions control bars in the client area.
CWnd::RunModalLoopCWnd::RunModalLoop モーダル ステータスであるウィンドウのメッセージを取得、変換、またはディスパッチします。Retrieves, translates, or dispatches messages for a window that is in modal status.
CWnd::ScreenToClientCWnd::ScreenToClient ディスプレイ上の指定された点または四角形の画面座標をクライアント座標に変換します。Converts the screen coordinates of a given point or rectangle on the display to client coordinates.
CWnd::ScrollWindowCWnd::ScrollWindow クライアント領域の内容をスクロールします。Scrolls the contents of the client area.
CWnd::ScrollWindowExCWnd::ScrollWindowEx クライアント領域の内容をスクロールします。Scrolls the contents of the client area. ScrollWindow と同様に、追加機能があります。Similar to ScrollWindow, with additional features.
CWnd::SendChildNotifyLastMsgCWnd::SendChildNotifyLastMsg 子ウィンドウがタスクを処理できるように、親ウィンドウから子ウィンドウへ通知メッセージを送信します。Provides a notification message to a child window, from the parent window, so the child window can handle a task.
CWnd::SendDlgItemMessageCWnd::SendDlgItemMessage 指定されたコントロールにメッセージを送信します。Sends a message to the specified control.
CWnd::SendMessageCWnd::SendMessage CWnd オブジェクトにメッセージを送信し、メッセージが処理されるまで待機します。Sends a message to the CWnd object and does not return until it has processed the message.
CWnd::SendMessageToDescendantsCWnd::SendMessageToDescendants 対象となるウィンドウのすべての子孫ウィンドウにメッセージを送信します。Sends a message to all descendant windows of the window.
CWnd::SendNotifyMessageCWnd::SendNotifyMessage 指定されたメッセージをウィンドウに送信し、呼び出し元のスレッドがウィンドウを作成したかどうかに応じて、できるだけ早く制御を返します。Sends the specified message to the window and returns as soon as possible, depending on whether the calling thread created the window.
CWnd::SetActiveWindowCWnd::SetActiveWindow ウィンドウをアクティブにします。Activates the window.
CWnd::SetCaptureCWnd::SetCapture 以降のすべてのマウス入力を CWnd に送信します。Causes all subsequent mouse input to be sent to the CWnd.
CWnd::SetCaretPosCWnd::SetCaretPos 指定された位置にキャレットを移動します。Moves the caret to a specified position.
CWnd::SetClipboardViewerCWnd::SetClipboardViewer クリップボードの内容が変更されるたびに通知を受けるウィンドウのチェインに CWnd を追加します。Adds CWnd to the chain of windows that are notified whenever the contents of the Clipboard are changed.
CWnd::SetDlgCtrlIDCWnd::SetDlgCtrlID ウィンドウのウィンドウ ID またはコントロール ID を設定します (ダイアログ ボックス内のコントロールだけでなく、子ウィンドウの場合もあります)。Sets the window or control ID for the window (which can be any child window, not only a control in a dialog box).
CWnd::SetDlgItemIntCWnd::SetDlgItemInt コントロールのテキストを、整数値を表現する文字列に設定します。Sets the text of a control to the string that represents an integer value.
CWnd::SetDlgItemTextCWnd::SetDlgItemText 指定されたダイアログ ボックスにあるコントロールのキャプションまたはテキストを設定します。Sets the caption or text of a control in the specified dialog box.
CWnd::SetFocusCWnd::SetFocus 入力フォーカスを要求します。Claims the input focus.
CWnd::SetFontCWnd::SetFont 現在のフォントを設定します。Sets the current font.
CWnd::SetForegroundWindowCWnd::SetForegroundWindow ウィンドウを作成したスレッドをフォアグラウンドに置き、そのウィンドウをアクティブにします。Puts the thread that created the window into the foreground and activates the window.
CWnd::SetIconCWnd::SetIcon 特定のアイコンへのハンドルを設定します。Sets the handle to a specific icon.
CWnd::SetLayeredWindowAttributesCWnd::SetLayeredWindowAttributes レイヤード ウィンドウの不透明度および透明度のカラー キーを設定します。Sets the opacity and transparency color key of a layered window.
CWnd::SetMenuCWnd::SetMenu メニューを指定されたメニューに設定します。Sets the menu to the specified menu.
CWnd::SetOwnerCWnd::SetOwner CWnd のオーナーを変更します。Changes the owner of a CWnd.
CWnd::SetParentCWnd::SetParent 親ウィンドウを変更します。Changes the parent window.
CWnd::SetPropertyCWnd::SetProperty ActiveX コントロール プロパティを設定します。Sets an ActiveX control property.
CWnd::SetRedrawCWnd::SetRedraw CWnd の変更内容を再描画したり、または再描画を禁止したりできます。Allows changes in CWnd to be redrawn or prevents changes from being redrawn.
CWnd::SetScrollInfoCWnd::SetScrollInfo スクロール バーの情報を設定します。Sets information about the scroll bar.
CWnd::SetScrollPosCWnd::SetScrollPos スクロール ボックスの現在位置を設定します。また、指定されている場合は、新しい位置で表示されるようにスクロール バーを再描画します。Sets the current position of a scroll box and, if specified, redraws the scroll bar to reflect the new position.
CWnd::SetScrollRangeCWnd::SetScrollRange 指定されたスクロール バーの最小位置と最大位置の値を設定します。Sets minimum and maximum position values for the given scroll bar.
CWnd::SetTimerCWnd::SetTimer トリガーされたときに WM_TIMER メッセージを送信するシステムタイマーをインストールします。Installs a system timer that sends a WM_TIMER message when triggered.
CWnd::SetWindowContextHelpIdCWnd::SetWindowContextHelpId ヘルプ コンテキスト識別子を設定します。Sets the help context identifier.
CWnd::SetWindowPlacementCWnd::SetWindowPlacement ウィンドウの表示状態、通常の位置 (復元された位置)、最小化された位置、および最大表示された位置を設定します。Sets the show state and the normal (restored), minimized, and maximized positions for a window.
CWnd::SetWindowPosCWnd::SetWindowPos 子ウィンドウ、ポップアップ ウィンドウ、およびトップレベル ウィンドウのサイズ、位置、および順序付けを変更します。Changes the size, position, and ordering of child, pop-up, and top-level windows.
CWnd::SetWindowRgnCWnd::SetWindowRgn ウィンドウ領域を設定します。Sets the region of a window.
CWnd::SetWindowTextCWnd::SetWindowText ウィンドウ テキストまたはキャプション タイトル (ある場合) を指定されたテキストに設定します。Sets the window text or caption title (if it has one) to the specified text.
CWnd::ShowCaretCWnd::ShowCaret ディスプレイ上のキャレット現在位置にキャレットを表示します。Shows the caret on the display at the caret's current position. キャレットは、表示されると自動的に点滅します。Once shown, the caret begins flashing automatically.
CWnd::ShowOwnedPopupsCWnd::ShowOwnedPopups ウィンドウが所有するすべてのポップアップ ウィンドウを表示または非表示にします。Shows or hides all pop-up windows owned by the window.
CWnd::ShowScrollBarCWnd::ShowScrollBar スクロール バーを表示または非表示にします。Displays or hides a scroll bar.
CWnd::ShowWindowCWnd::ShowWindow ウィンドウを表示または非表示にします。Shows or hides the window.
CWnd::SubclassDlgItemCWnd::SubclassDlgItem Windows コントロールを CWnd オブジェクトに関連付け、CWnd のメッセージ マップを通じてそのオブジェクトにメッセージを送信します。Attaches a Windows control to a CWnd object and makes it route messages through the CWnd's message map.
CWnd::SubclassWindowCWnd::SubclassWindow ウィンドウを CWnd オブジェクトに関連付け、その CWnd のメッセージ マップを通じてメッセージがルーティングされるようにします。Attaches a window to a CWnd object and makes it route messages through the CWnd's message map.
CWnd::UnlockWindowUpdateCWnd::UnlockWindowUpdate CWnd::LockWindowUpdate でロックされていたウィンドウのロックを解除します。Unlocks a window that was locked with CWnd::LockWindowUpdate.
CWnd::UnsubclassWindowCWnd::UnsubclassWindow ウィンドウをオブジェクトからデタッチします。 CWndDetaches a window from a CWnd object
CWnd::UpdateDataCWnd::UpdateData ダイアログ ボックスのデータを初期化または取得します。Initializes or retrieves data from a dialog box.
CWnd::UpdateDialogControlsCWnd::UpdateDialogControls ダイアログの各ボタンの状態および他のコントロールの状態を更新します。Call to update the state of dialog buttons and other controls.
CWnd::UpdateLayeredWindowCWnd::UpdateLayeredWindow レイヤード ウィンドウの位置、サイズ、形状、内容、および透明度を更新します。Updates the position, size, shape, content, and translucency of a layered window.
CWnd::UpdateWindowCWnd::UpdateWindow クライアント領域を更新します。Updates the client area.
CWnd::ValidateRectCWnd::ValidateRect 指定された四角形を現在の更新領域から削除して、その四角形内のクライアント領域を有効にします。Validates the client area within the given rectangle by removing the rectangle from the current update region.
CWnd::ValidateRgnCWnd::ValidateRgn 現在の更新領域から指定された領域を削除して、その領域内のクライアント領域を有効にします。Validates the client area within the given region by removing the region from the current update region.
CWnd::WindowFromPointCWnd::WindowFromPoint 指定された点を含むウィンドウを識別します。Identifies the window that contains the given point.
CWnd::WinHelpCWnd::WinHelp WinHelp アプリケーションを起動します。Called to initiate the WinHelp application.

プロテクト メソッドProtected Methods

名前Name 説明Description
CWnd::DefaultCWnd::Default 既定のウィンドウ プロシージャを呼び出します。既定のウィンドウ プロシージャは、アプリケーションが処理しないウィンドウ メッセージに対する既定の処理を提供します。Calls the default window procedure, which provides default processing for any window messages that an application does not process.
CWnd::DefWindowProcCWnd::DefWindowProc 既定のウィンドウ プロシージャを呼び出します。既定のウィンドウ プロシージャは、アプリケーションが処理しないウィンドウ メッセージに対する既定の処理を提供します。Calls the default window procedure, which provides default processing for any window messages that an application does not process.
CWnd::DoDataExchangeCWnd::DoDataExchange ダイアログ データ エクスチェンジとダイアログ データ検証用です。For dialog data exchange and validation. UpdateData によって呼び出されます。Called by UpdateData.
CWnd::GetCurrentMessageCWnd::GetCurrentMessage ウィンドウが現在処理しているメッセージへのポインターを返します。Returns a pointer to the message this window is currently processing. は、 On メッセージメッセージハンドラーのメンバー関数の場合にのみ呼び出す必要があります。Should only be called when in an OnMessage message-handler member function.
CWnd::InitDynamicLayoutCWnd::InitDynamicLayout ウィンドウの動的レイアウトを初期化するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to initialize the dynamic layout for the window.
CWnd::LoadDynamicLayoutResourceCWnd::LoadDynamicLayoutResource リソース ファイルから動的レイアウト情報を読み込みます。Loads dynamic layout information from the resource file.
CWnd:: OnActivateCWnd::OnActivate CWnd がアクティブまたは非アクティブになるときに呼び出されます。Called when CWnd is being activated or deactivated.
CWnd::OnActivateAppCWnd::OnActivateApp アプリケーションがアクティブまたは非アクティブになるときに呼び出されます。Called when the application is about to be activated or deactivated.
CWnd::OnAppCommandCWnd::OnAppCommand ユーザーがアプリケーションのコマンド イベントを生成するときに呼び出されます。Called when the user generates an application command event.
CWnd::OnAskCbFormatNameCWnd::OnAskCbFormatName クリップボード オーナーがクリップボードの内容を表示するときに、クリップボード ビューアーによって呼び出されます。Called by a Clipboard viewer application when a Clipboard owner will display the Clipboard contents.
CWnd::OnCancelModeCWnd::OnCancelMode CWnd でマウスのキャプチャなどの内部モードを取り消すことができるようにするために呼び出されます。Called to allow CWnd to cancel any internal modes, such as mouse capture.
CWnd::OnCaptureChangedCWnd::OnCaptureChanged マウス キャプチャを失うウィンドウにメッセージを送信します。Sends a message to the window that is losing the mouse capture.
CWnd::OnChangeCbChainCWnd::OnChangeCbChain 指定されたウィンドウがチェインから削除されようとしていることを通知します。Notifies that a specified window is being removed from the chain.
CWnd::OnChangeUIStateCWnd::OnChangeUIState ユーザー インターフェイス (UI) 状態を変更する必要があるときに呼び出されます。Called when the user interface (UI) state should be changed.
CWnd::OnCharCWnd::OnChar キーストロークが非システム文字に変換されるときに呼び出されます。Called when a keystroke translates to a non-system character.
CWnd::OnCharToItemCWnd::OnCharToItem WM_CHARメッセージへの応答としてLBS_WANTKEYBOARDINPUTスタイルを持つ子リストボックスによって呼び出されます。Called by a child list box with the LBS_WANTKEYBOARDINPUT style in response to a WM_CHAR message.
CWnd::OnChildActivateCWnd::OnChildActivate CWnd のサイズや位置が変更されたり、CWnd がアクティブになったりした場合に、マルチ ドキュメント インターフェイス (MDI) 子ウィンドウに対して呼び出されます。Called for multiple document interface (MDI) child windows whenever the size or position of CWnd changes or CWnd is activated.
CWnd::OnChildNotifyCWnd::OnChildNotify 親ウィンドウによって呼び出されます。親ウィンドウにメッセージを送るコントロールが、コントロール通知に対応できるようにします。Called by a parent window to give a notifying control a chance to respond to a control notification.
CWnd::OnClipboardUpdateCWnd::OnClipboardUpdate クリップボードの内容が変更されたときに呼び出されます。Called when the contents of the clipboard have changed.
CWnd::OnCloseCWnd::OnClose CWnd を終了するシグナルとして呼び出されます。Called as a signal that CWnd should be closed.
CWnd::OnColorizationColorChangedCWnd::OnColorizationColorChanged 非クライアント領域のレンダリングのポリシーが変更されたときに呼び出されます。Called when the rendering policy for the non-client area has changed.
CWnd::OnCommandCWnd::OnCommand ユーザーがコマンドを選択すると呼び出されます。Called when the user selects a command.
CWnd::OnCompactingCWnd::OnCompacting Windows がシステム メモリの低下を検出すると呼び出されます。Called when Windows detects that system memory is low.
CWnd::OnCompareItemCWnd::OnCompareItem 子の並べ替えられたオーナー描画コンボ ボックスやリスト ボックス内の新しい項目の相対位置を判断するために、呼び出されます。Called to determine the relative position of a new item in a child sorted owner-draw combo box or list box.
CWnd::OnCompositionChangedCWnd::OnCompositionChanged Desktop Window Manager (DWM) コンポジションを有効にするか無効にするときに、すべてのトップ レベル ウィンドウに対して呼び出されます。Called for all top-level windows when the Desktop Window Manager (DWM) composition is enabled or disabled.
CWnd::OnContextMenuCWnd::OnContextMenu ウィンドウ内でマウスの右ボタンをクリックすると呼び出されます。Called when the user clicks the right mouse button in the window.
CWnd::OnCopyDataCWnd::OnCopyData あるアプリケーションから他のアプリケーションにデータをコピーします。Copies data from one application to another.
CWnd::OnCreateCWnd::OnCreate ウィンドウの作成の一部として呼び出されます。Called as a part of window creation.
CWnd::OnCtlColorCWnd::OnCtlColor CWnd がコントロールの親である場合、コントロールの描画時に呼び出されます。Called if CWnd is the parent of a control when the control is about to be drawn.
CWnd::OnDeadCharCWnd::OnDeadChar キーストロークが非システムのデッド文字 (アクセント記号付き文字など) に変換されるときに呼び出されます。Called when a keystroke translates to a nonsystem dead character (such as accent characters).
CWnd::OnDeleteItemCWnd::OnDeleteItem オーナー描画の子リスト ボックスやコンボ ボックスが破棄されるとき、または項目がコントロールから削除されるときに呼び出されます。Called when an owner-draw child list box or combo box is destroyed or when items are removed from the control.
CWnd::OnDestroyCWnd::OnDestroy CWnd が破棄されているときに呼び出されます。Called when CWnd is being destroyed.
CWnd::OnDestroyClipboardCWnd::OnDestroyClipboard Windows の emptyclipboard 関数の呼び出しによってクリップボードが空になったときに呼び出されます。Called when the Clipboard is emptied through a call to the Windows EmptyClipboard function.
CWnd::OnDeviceChangeCWnd::OnDeviceChange デバイスやコンピューターのハードウェア構成が変更されたときに、アプリケーションまたはデバイス ドライバーに通知します。Notifies an application or device driver of a change to the hardware configuration of a device or the computer.
CWnd::OnDevModeChangeCWnd::OnDevModeChange ユーザーがデバイス モードの設定を変更したときに、すべてのトップ レベルのウィンドウに対して呼び出されます。Called for all top-level windows when the user changes device-mode settings.
CWnd::OnDrawClipboardCWnd::OnDrawClipboard クリップボードの内容が変更されるときに呼び出されます。Called when the contents of the Clipboard change.
CWnd::OnDrawItemCWnd::OnDrawItem オーナー描画の子ボタン コントロール、コンボ ボックス コントロール、リスト ボックス コントロール、またはメニューの外観を描画する必要があるときに呼び出されます。Called when a visual aspect of an owner-draw child button control, combo-box control, list-box control, or menu needs to be drawn.
CWnd::OnDropFilesCWnd::OnDropFiles ドロップされたファイルを受け取るように登録したウィンドウ上で、ユーザーがマウスの左ボタンを離したときに呼び出されます。Called when the user releases the left mouse button over a window that has registered itself as the recipient of dropped files.
CWnd::OnEnableCWnd::OnEnable CWnd が有効または無効になるときに呼び出されます。Called when CWnd is enabled or disabled.
CWnd::OnEndSessionCWnd::OnEndSession セッションが終了するときに呼び出されます。Called when the session is ending.
CWnd::OnEnterIdleCWnd::OnEnterIdle モーダル ダイアログ ボックスまたはメニューがアイドル状態になることをアプリケーションのメイン ウィンドウ プロシージャに通知するために呼び出されます。Called to inform an application's main window procedure that a modal dialog box or a menu is entering an idle state.
CWnd::OnEnterMenuLoopCWnd::OnEnterMenuLoop メニュー モーダル ループに入るときに呼び出されます。Called when a menu modal loop has been entered.
CWnd::OnEnterSizeMoveCWnd::OnEnterSizeMove 影響を受けるウィンドウが移動またはサイズ変更のモーダル ループに入った後に呼び出されます。Called after the affected window enters a moving or sizing modal loop.
CWnd::OnEraseBkgndCWnd::OnEraseBkgnd ウィンドウの背景を消去する必要があるときに呼び出されます。Called when the window background needs erasing.
CWnd::OnExitMenuLoopCWnd::OnExitMenuLoop メニュー モーダル ループが終了したときに呼び出されます。Called when a menu modal loop has been exited.
CWnd::OnExitSizeMoveCWnd::OnExitSizeMove 影響を受けるウィンドウが移動またはサイズ変更のモーダル ループを終了した後に呼び出されます。Called after the affected window exits a moving or sizing modal loop.
CWnd::OnFontChangeCWnd::OnFontChange フォント リソースのプールの変更時に呼び出されます。Called when the pool of font resources changes.
CWnd::OnGetDlgCodeCWnd::OnGetDlgCode 方向キーおよび Tab キーによる入力そのものをコントロールが処理できるように、そのコントロールに対して呼び出されます。Called for a control so the control can process arrow-key and TAB-key input itself.
CWnd::OnGetMinMaxInfoCWnd::OnGetMinMaxInfo Windows が最大表示されたときの位置や寸法、または最小や最大のトラッキング サイズを知る必要があるときに、必ず呼び出されます。Called whenever Windows needs to know the maximized position or dimensions, or the minimum or maximum tracking size.
CWnd::OnHelpInfoCWnd::OnHelpInfo ユーザーが F1 キーを押したときに、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework when the user presses the F1 key.
CWnd::OnHotKeyCWnd::OnHotKey ユーザーがシステム全体でのショートカット キーを押したときに呼び出されます。Called when the user presses a system-wide hot key.
CWnd::OnHScrollCWnd::OnHScroll CWnd の水平スクロール バーをクリックすると、呼び出されます。Called when the user clicks the horizontal scroll bar of CWnd.
CWnd::OnHScrollClipboardCWnd::OnHScrollClipboard クリップボード オーナーがクリップボード内のイメージをスクロールし、適切な部分を無効にし、スクロール バーの値を更新する必要がある場合に呼び出されます。Called when a Clipboard owner should scroll the Clipboard image, invalidate the appropriate section, and update the scroll-bar values.
CWnd::OnIconEraseBkgndCWnd::OnIconEraseBkgnd CWnd が最小化 (アイコン化) され、アイコンを描画する前にアイコンの背景を設定する必要があるときに呼び出されます。Called when CWnd is minimized (iconic) and the background of the icon must be filled before painting the icon.
CWnd::OnInitMenuCWnd::OnInitMenu メニューがアクティブになるときに呼び出されます。Called when a menu is about to become active.
CWnd::OnInitMenuPopupCWnd::OnInitMenuPopup ポップアップ メニューがアクティブになるときに呼び出されます。Called when a pop-up menu is about to become active.
CWnd::OnInputDeviceChangeCWnd::OnInputDeviceChange I/O デバイスがシステムで追加または削除されたときに呼び出されます。Called when an I/O device is added or removed from the system.
CWnd::OnInputLangChangeCWnd::OnInputLangChange アプリケーションの入力言語が変更されると呼び出されます。Called after an application's input language has been changed.
CWnd::OnInputLangChangeRequestCWnd::OnInputLangChangeRequest ユーザーが新しい入力言語を選択するときに呼び出されます。Called when the user chooses a new input language.
CWnd::OnKeyDownCWnd::OnKeyDown 非システム キーが押されると呼び出されます。Called when a nonsystem key is pressed.
CWnd::OnKeyUpCWnd::OnKeyUp 非システム キーが離されると呼び出されます。Called when a nonsystem key is released.
CWnd::OnKillFocusCWnd::OnKillFocus CWnd が入力フォーカスを失う直前に呼び出されます。Called immediately before CWnd loses the input focus.
CWnd::OnLButtonDblClkCWnd::OnLButtonDblClk マウスの左ボタンをダブルクリックすると呼び出されます。Called when the user double-clicks the left mouse button.
CWnd::OnLButtonDownCWnd::OnLButtonDown マウスの左ボタンを押すと呼び出されます。Called when the user presses the left mouse button.
CWnd::OnLButtonUpCWnd::OnLButtonUp マウスの左ボタンを離すと呼び出されます。Called when the user releases the left mouse button.
CWnd::OnMButtonDblClkCWnd::OnMButtonDblClk マウスの中央ボタンをダブルクリックすると呼び出されます。Called when the user double-clicks the middle mouse button.
CWnd::OnMButtonDownCWnd::OnMButtonDown マウスの中央ボタンを押すと呼び出されます。Called when the user presses the middle mouse button.
CWnd::OnMButtonUpCWnd::OnMButtonUp マウスの中央ボタンを離すと呼び出されます。Called when the user releases the middle mouse button.
CWnd::OnMDIActivateCWnd::OnMDIActivate MDI 子ウィンドウがアクティブまたは非アクティブになるときに呼び出されます。Called when an MDI child window is activated or deactivated.
CWnd::OnMeasureItemCWnd::OnMeasureItem オーナー描画の子コンボ ボックス、リスト ボックス、またはメニュー項目が作成されるときに呼び出されます。Called for an owner-draw child combo box, list box, or menu item when the control is created. CWnd は、コントロールの大きさを Windows に通知します。CWnd informs Windows of the dimensions of the control.
CWnd::OnMenuCharCWnd::OnMenuChar ユーザーが押したメニューのニーモニック文字が、現在のメニューに組み込まれているニーモニックと一致しないときに呼び出されます。Called when the user presses a menu mnemonic character that doesn't match any of the predefined mnemonics in the current menu.
CWnd::OnMenuDragCWnd::OnMenuDrag ユーザーがメニュー項目をドラッグするときに呼び出されます。Called when the user begins to drag a menu item.
CWnd::OnMenuGetObjectCWnd::OnMenuGetObject マウス カーソルがメニュー項目に入るか、項目の中央から項目の上部または下部に移動したときに呼び出されます。Called when the mouse cursor enters a menu item or moves from the center of the item to the top or bottom of the item.
CWnd::OnMenuRButtonUpCWnd::OnMenuRButtonUp カーソルがメニュー項目にあるときに、マウスの右ボタンを離すと呼び出されます。Called when the user releases the right mouse button while the cursor is on a menu item.
CWnd::OnMenuSelectCWnd::OnMenuSelect ユーザーがメニュー項目を選択するときに呼び出されます。Called when the user selects a menu item.
CWnd::OnMouseActivateCWnd::OnMouseActivate カーソルが非アクティブ ウィンドウにあるときに、マウス ボタンを押すと呼び出されます。Called when the cursor is in an inactive window and the user presses a mouse button.
CWnd::OnMouseHoverCWnd::OnMouseHover TrackMouseEventの前の呼び出しで指定された期間にわたって、ウィンドウのクライアント領域上にカーソルが置かれると呼び出されます。Called when the cursor hovers over the client area of the window for the period of time specified in a prior call to TrackMouseEvent.
CWnd::OnMouseHWheelCWnd::OnMouseHWheel 現在のウィンドウが Desktop Window Manager (DWM) によって構成され、そのウィンドウが最大化されるときに呼び出されます。Called when the current window is composed by the Desktop Window Manager (DWM), and that window is maximized.
CWnd::OnMouseLeaveCWnd::OnMouseLeave TrackMouseEventの前の呼び出しで指定されたウィンドウのクライアント領域からカーソルが出たときに呼び出されます。Called when the cursor leaves the client area of the window specified in a prior call to TrackMouseEvent.
CWnd::OnMouseMoveCWnd::OnMouseMove マウスのカーソルの移動時に呼び出されます。Called when the mouse cursor moves.
CWnd::OnMouseWheelCWnd::OnMouseWheel マウス ホイールの回転時に呼び出されます。Called when a user rotates the mouse wheel. Windows NT 4.0 メッセージ処理を使用します。Uses Windows NT 4.0 message handling.
CWnd::OnMoveCWnd::OnMove CWnd の位置が変更されると、呼び出されます。Called after the position of the CWnd has been changed.
CWnd::OnMovingCWnd::OnMoving ユーザーが CWnd オブジェクトを移動中であることを示します。Indicates that a user is moving a CWnd object.
CWnd::OnNcActivateCWnd::OnNcActivate アクティブまたは非アクティブ状態を示すために、非クライアント領域を変更する必要があるときに呼び出されます。Called when the non-client area needs to be changed to indicate an active or inactive state.
CWnd::OnNcCalcSizeCWnd::OnNcCalcSize クライアント領域のサイズと位置を計算する必要があるときに呼び出されます。Called when the size and position of the client area need to be calculated.
CWnd::OnNcCreateCWnd::OnNcCreate 非クライアント領域が作成されるときに、 OnCreate の前に呼び出されます。Called prior to OnCreate when the non-client area is being created.
CWnd::OnNcDestroyCWnd::OnNcDestroy 非クライアント領域が破棄されるときに呼び出されます。Called when the non-client area is being destroyed.
CWnd::OnNcHitTestCWnd::OnNcHitTest CWnd がカーソルを含む場合、または SetCapture を使用してマウス入力をキャプチャした場合に、マウスを移動するごとに Windows によって呼び出されます。Called by Windows every time the mouse is moved if CWnd contains the cursor or has captured mouse input with SetCapture.
CWnd::OnNcLButtonDblClkCWnd::OnNcLButtonDblClk カーソルが CWnd の非クライアント領域内にあるときに、マウスの左ボタンをダブルクリックすると呼び出されます。Called when the user double-clicks the left mouse button while the cursor is within a non-client area of CWnd.
CWnd::OnNcLButtonDownCWnd::OnNcLButtonDown カーソルが CWnd の非クライアント領域内にあるときに、マウスの左ボタンを押すと呼び出されます。Called when the user presses the left mouse button while the cursor is within a non-client area of CWnd.
CWnd::OnNcLButtonUpCWnd::OnNcLButtonUp カーソルが CWnd の非クライアント領域内にあるときに、マウスの左ボタンを離すと呼び出されます。Called when the user releases the left mouse button while the cursor is within a non-client area of CWnd.
CWnd::OnNcMButtonDblClkCWnd::OnNcMButtonDblClk カーソルが CWnd の非クライアント領域内にあるときに、マウスの中央ボタンをダブルクリックすると呼び出されます。Called when the user double-clicks the middle mouse button while the cursor is within a non-client area of CWnd.
CWnd::OnNcMButtonDownCWnd::OnNcMButtonDown カーソルが CWnd の非クライアント領域内にあるときに、マウスの中央ボタンを押すと呼び出されます。Called when the user presses the middle mouse button while the cursor is within a non-client area of CWnd.
CWnd::OnNcMButtonUpCWnd::OnNcMButtonUp カーソルが CWnd の非クライアント領域内にあるときに、マウスの中央ボタンを離すと呼び出されます。Called when the user releases the middle mouse button while the cursor is within a non-client area of CWnd.
CWnd::OnNcMouseHoverCWnd::OnNcMouseHover TrackMouseEventの前の呼び出しで指定された期間にわたって、ウィンドウの非クライアント領域上にカーソルが置かれたときに呼び出されます。Called when the cursor hovers over the non-client area of the window for the period of time specified in a prior call to TrackMouseEvent.
CWnd::OnNcMouseLeaveCWnd::OnNcMouseLeave このメンバー関数は、 TrackMouseEventの前の呼び出しで指定されたウィンドウの非クライアント領域からカーソルが離れるときに呼び出されます。The framework calls this member function when the cursor leaves the non-client area of the window specified in a prior call to TrackMouseEvent.
CWnd::OnNcMouseMoveCWnd::OnNcMouseMove CWnd の非クライアント領域内でカーソルが移動するときに呼び出されます。Called when the cursor is moved within a non-client area of CWnd.
CWnd::OnNcPaintCWnd::OnNcPaint 非クライアント領域を描画する必要があるときに呼び出されます。Called when the non-client area needs painting.
CWnd::OnNcRButtonDblClkCWnd::OnNcRButtonDblClk カーソルが CWnd の非クライアント領域内にあるときに、マウスの右ボタンをダブルクリックすると呼び出されます。Called when the user double-clicks the right mouse button while the cursor is within a non-client area of CWnd.
CWnd::OnNcRButtonDownCWnd::OnNcRButtonDown カーソルが CWnd の非クライアント領域内にあるときに、マウスの右ボタンを押すと呼び出されます。Called when the user presses the right mouse button while the cursor is within a non-client area of CWnd.
CWnd::OnNcRButtonUpCWnd::OnNcRButtonUp カーソルが CWnd の非クライアント領域内にあるときに、マウスの右ボタンを離すと呼び出されます。Called when the user releases the right mouse button while the cursor is within a non-client area of CWnd.
CWnd::OnNcRenderingChangedCWnd::OnNcRenderingChanged 非クライアント領域のレンダリングのポリシーが変更されたときに呼び出されます。Called when the rendering policy for the non-client area has changed.
CWnd::OnNcXButtonDblClkCWnd::OnNcXButtonDblClk カーソルがウィンドウの非クライアント領域内にある間にユーザーが XBUTTON1 または XBUTTON2 をダブルクリックすると呼び出されます。Called when the user double-clicks XBUTTON1 or XBUTTON2 while the cursor is in the non-client area of a window.
CWnd::OnNcXButtonDownCWnd::OnNcXButtonDown カーソルがウィンドウの非クライアント領域内にある間にユーザーがマウスの XBUTTON1 または XBUTTON2 を押すと呼び出されます。Called when the user presses XBUTTON1 or XBUTTON2 of the mouse while the cursor is in the non-client area of a window.
CWnd::OnNcXButtonUpCWnd::OnNcXButtonUp カーソルがウィンドウの非クライアント領域内にある間にユーザーがマウスの XBUTTON1 または XBUTTON2 を離すと呼び出されます。Called when the user releases XBUTTON1 or XBUTTON2 of the mouse while the cursor is in the non-client area of a window.
CWnd::OnNextMenuCWnd::OnNextMenu 右方向キーまたは左方向キーでメニュー バーとシステム メニューを切り替えたときに呼び出されます。Called when the right or left arrow key is used to switch between the menu bar and the system menu.
CWnd::OnNotifyCWnd::OnNotify コントロールでイベントが発生したこと、またはコントロールが情報を必要としていることを親ウィンドウに通知するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to inform a parent window an event has occurred in one of its controls or that the control needs information.
CWnd::OnNotifyFormatCWnd::OnNotifyFormat 現在のウィンドウが WM_NOTIFY 通知メッセージで ANSI 構造体または Unicode 構造体を受け入れるかどうかを判断するために呼び出されます。Called to determine if the current window accepts ANSI or Unicode structures in the WM_NOTIFY notification message.
CWnd::OnPaintCWnd::OnPaint ウィンドウの一部を再描画するために呼び出されます。Called to repaint a portion of the window.
CWnd::OnPaintClipboardCWnd::OnPaintClipboard クリップボード ビューアーのクライアント領域の再描画が必要なときに呼び出されます。Called when the client area of the Clipboard viewer needs repainting.
CWnd::OnPaletteChangedCWnd::OnPaletteChanged カラー パレットを使用するウィンドウによる論理パレットの実体化とクライアント領域の更新を許可するために呼び出されます。Called to allow windows that use a color palette to realize their logical palettes and update their client areas.
CWnd::OnPaletteIsChangingCWnd::OnPaletteIsChanging あるアプリケーションで論理パレットが実体化されるときに、他のアプリケーションに通知します。Informs other applications when an application is going to realize its logical palette.
CWnd::OnParentNotifyCWnd::OnParentNotify 子ウィンドウを作成または破棄するか、カーソルが子ウィンドウの上にあるときにマウス ボタンをクリックすると呼び出されます。Called when a child window is created or destroyed, or when the user clicks a mouse button while the cursor is over the child window.
CWnd::OnPowerBroadcastCWnd::OnPowerBroadcast 電源管理イベントが発生したときに呼び出されます。Called when a power-management event occurs.
CWnd::OnQueryDragIconCWnd::OnQueryDragIcon 最小化 (アイコン化) された CWnd をユーザーがドラッグするときに呼び出されます。Called when a minimized (iconic) CWnd is about to be dragged by the user.
CWnd::OnQueryEndSessionCWnd::OnQueryEndSession ユーザーが Windows セッションを終了するときに呼び出されます。Called when the user chooses to end the Windows session.
CWnd::OnQueryNewPaletteCWnd::OnQueryNewPalette もうすぐ入力フォーカスを受け取ることを、CWnd に通知します。Informs CWnd that it is about to receive the input focus.
CWnd::OnQueryOpenCWnd::OnQueryOpen CWnd がアイコンであり、ユーザーがそのアイコンを開こうとしたときに呼び出されます。Called when CWnd is an icon and the user requests that the icon be opened.
CWnd::OnQueryUIStateCWnd::OnQueryUIState ウィンドウのユーザー インターフェイス (UI) 状態を取得するために呼び出されます。Called to retrieve the user interface (UI) state for a window.
CWnd::OnRawInputCWnd::OnRawInput 現在のウィンドウが生の入力を取得するときに呼び出されます。Called when the current window gets raw input.
CWnd::OnRButtonDblClkCWnd::OnRButtonDblClk マウスの右ボタンをダブルクリックすると呼び出されます。Called when the user double-clicks the right mouse button.
CWnd::OnRButtonDownCWnd::OnRButtonDown マウスの右ボタンを押すと呼び出されます。Called when the user presses the right mouse button.
CWnd::OnRButtonUpCWnd::OnRButtonUp マウスの右ボタンを離すと呼び出されます。Called when the user releases the right mouse button.
CWnd::OnRenderAllFormatsCWnd::OnRenderAllFormats オーナー アプリケーションが破棄され、そのフォーマットすべてのレンダリングが必要なときに呼び出されます。Called when the owner application is being destroyed and needs to render all its formats.
CWnd::OnRenderFormatCWnd::OnRenderFormat 遅延レンダリングされた固有フォーマットのレンダリングが必要なときに、クリップボード オーナーに対して呼び出されます。Called for the Clipboard owner when a particular format with delayed rendering needs to be rendered.
CWnd::OnSessionChangeCWnd::OnSessionChange セッション状態の変更をアプリケーションに通知するために呼び出されます。Called to notify an application of a change in session state.
CWnd::OnSetCursorCWnd::OnSetCursor マウス入力がキャプチャされずに、ウィンドウ内のカーソルが移動された場合に呼び出されます。Called if mouse input is not captured and the mouse causes cursor movement within a window.
CWnd::OnSetFocusCWnd::OnSetFocus CWnd が入力フォーカスを取得すると呼び出されます。Called after CWnd gains the input focus.
CWnd::OnSettingChangeCWnd::OnSettingChange Win32 SystemParametersInfo 関数がシステム全体の設定を変更するときに呼び出されます。Called when the Win32 SystemParametersInfo function changes a system-wide setting.
CWnd::OnShowWindowCWnd::OnShowWindow CWnd が非表示になるか表示されるときに呼び出されます。Called when CWnd is to be hidden or shown.
CWnd::OnSizeCWnd::OnSize CWnd のサイズが変更された後に呼び出されます。Called after the size of CWnd has changed.
CWnd::OnSizeClipboardCWnd::OnSizeClipboard クリップボード ビューアー ウィンドウのクライアント領域のサイズが変更されたときに呼び出されます。Called when the size of the client area of the Clipboard-viewer window has changed.
CWnd::OnSizingCWnd::OnSizing 四角形のサイズを変更中であることを示します。Indicates that the user is resizing the rectangle.
CWnd::OnSpoolerStatusCWnd::OnSpoolerStatus プリント マネージャーのキューでジョブが追加または削除されるたびに、プリント マネージャーから呼び出されます。Called from Print Manager whenever a job is added to or removed from the Print Manager queue.
CWnd::OnStyleChangedCWnd::OnStyleChanged SetWindowLong Windows 関数が1つ以上のウィンドウのスタイルを変更したことを示します。Indicates that the SetWindowLong Windows function has changed one or more of the window's styles.
CWnd::OnStyleChangingCWnd::OnStyleChanging SetWindowLong Windows 関数が1つまたは複数のウィンドウのスタイルを変更しようとしていることを示します。Indicates that the SetWindowLong Windows function is about to change one or more of the window's styles.
CWnd::OnSysCharCWnd::OnSysChar キーストロークがシステム文字に変換されるときに呼び出されます。Called when a keystroke translates to a system character.
CWnd::OnSysColorChangeCWnd::OnSysColorChange システム カラーの設定が変更されたときに、すべてのトップ レベル ウィンドウで呼び出されます。Called for all top-level windows when a change is made in the system color setting.
CWnd::OnSysCommandCWnd::OnSysCommand ユーザーがコントロール メニューからコマンドを選択するとき、または最大化ボタンまたは最小化ボタンを選択するときに呼び出されます。Called when the user selects a command from the Control menu, or when the user selects the Maximize or Minimize button.
CWnd::OnSysDeadCharCWnd::OnSysDeadChar キーストロークがシステムのデッド文字 (アクセント記号付き文字など) に変換されるときに呼び出されます。Called when a keystroke translates to a system dead character (such as accent characters).
CWnd::OnSysKeyDownCWnd::OnSysKeyDown ユーザーが Alt キーを押したまま他のキーを押すときに呼び出されます。Called when the user holds down the ALT key and then presses another key.
CWnd::OnSysKeyUpCWnd::OnSysKeyUp Alt キーと一緒に押していたキーを離すときに呼び出されます。Called when the user releases a key that was pressed while the ALT key was held down.
CWnd::OnTCardCWnd::OnTCard ユーザーが編集可能なボタンをクリックしたときに呼び出されます。Called when the user clicks an authorable button.
CWnd::OnTimeChangeCWnd::OnTimeChange システム時間が変更された後、すべてのトップ レベルのウィンドウに対して呼び出されます。Called for all top-level windows after the system time changes.
CWnd::OnTimerCWnd::OnTimer SetTimerで指定された各間隔の後に呼び出されます。Called after each interval specified in SetTimer.
CWnd::OnTouchInputCWnd::OnTouchInput Windows タッチからの 1 つの入力を処理します。Process single input from Windows touch.
CWnd::OnTouchInputsCWnd::OnTouchInputs Windows タッチからの複数の入力を処理します。Process inputs from Windows touch.
CWnd::OnUniCharCWnd::OnUniChar キーが押されるときに呼び出されます。Called when a key is pressed. つまり、現在のウィンドウにはキーボードフォーカスがあり、 WM_KEYDOWN メッセージは TranslateMessage 関数によって変換されます。That is, the current window has the keyboard focus and a WM_KEYDOWN message is translated by the TranslateMessage function.
CWnd::OnUnInitMenuPopupCWnd::OnUnInitMenuPopup ドロップダウン メニューやサブメニューが破棄されたときに呼び出されます。Called when a drop-down menu or submenu has been destroyed.
CWnd::OnUpdateUIStateCWnd::OnUpdateUIState 指定したウィンドウとすべての子ウィンドウのユーザー インターフェイス (UI) 状態を変更するときに呼び出されます。Called to change the user interface (UI) state for the specified window and all its child windows.
CWnd::OnUserChangedCWnd::OnUserChanged ユーザーがログオンまたはログオフした後に呼び出されます。Called after the user has logged on or off.
CWnd::OnVKeyToItemCWnd::OnVKeyToItem WM_KEYDOWN メッセージへの応答として、によって所有されているリストボックスによって呼び出され CWnd ます。 WM_KEYDOWNCalled by a list box owned by CWnd in response to a WM_KEYDOWN message.
CWnd::OnVScrollCWnd::OnVScroll ウィンドウの垂直スクロール バーをクリックすると呼び出されます。Called when the user clicks the window's vertical scroll bar.
CWnd::OnVScrollClipboardCWnd::OnVScrollClipboard オーナーがクリップボード内のイメージをスクロールし、適切な部分を無効にし、さらに、スクロール バーの値を更新する必要がある場合に呼び出されます。Called when the owner should scroll the Clipboard image, invalidate the appropriate section, and update the scroll-bar values.
CWnd::OnWindowPosChangedCWnd::OnWindowPosChanged SetWindowPosまたは別のウィンドウ管理関数の呼び出しの結果、サイズ、位置、または Z オーダーが変更されたときに呼び出されます。Called when the size, position, or Z-order has changed as a result of a call to SetWindowPos or another window-management function.
CWnd::OnWindowPosChangingCWnd::OnWindowPosChanging SetWindowPosまたは別のウィンドウ管理関数の呼び出しの結果、サイズ、位置、または Z オーダーが変更されるときに呼び出されます。Called when the size, position, or Z-order is about to change as a result of a call to SetWindowPos or another window-management function.
CWnd::OnWinIniChangeCWnd::OnWinIniChange Windows 初期化ファイルの WIN.INI が変更された後、すべてのトップ レベル ウィンドウに対して呼び出されます。Called for all top-level windows after the Windows initialization file, WIN.INI, is changed.
CWnd::OnWndMsgCWnd::OnWndMsg ウィンドウのメッセージが処理されたかどうかを示します。Indicates if a windows message was handled.
CWnd::OnXButtonDblClkCWnd::OnXButtonDblClk カーソルがウィンドウのクライアント領域内にある間にユーザーが XBUTTON1 または XBUTTON2 をダブルクリックすると呼び出されます。Called when the user double-clicks XBUTTON1 or XBUTTON2 while the cursor is in the client area of a window.
CWnd::OnXButtonDownCWnd::OnXButtonDown カーソルがウィンドウのクライアント領域内にある間にユーザーが XBUTTON1 または XBUTTON2 を押すと呼び出されます。Called when the user presses XBUTTON1 or XBUTTON2 while the cursor is in the client area of a window.
CWnd::OnXButtonUpCWnd::OnXButtonUp カーソルがウィンドウのクライアント領域内にある間にユーザーが XBUTTON1 または XBUTTON2 を離すと呼び出されます。Called when the user releases XBUTTON1 or XBUTTON2 while the cursor is in the client area of a window.
CWnd::PostNcDestroyCWnd::PostNcDestroy この仮想関数は、ウィンドウが破棄された後、既定の OnNcDestroy 関数によって呼び出されます。This virtual function is called by the default OnNcDestroy function after the window has been destroyed.
CWnd::ReflectChildNotifyCWnd::ReflectChildNotify メッセージをソースに反映するヘルパー関数です。Helper function which reflects a message to its source.
CWnd::ReflectLastMsgCWnd::ReflectLastMsg 最後のメッセージを子ウィンドウに反映します。Reflects the last message to the child window.
CWnd::ResizeDynamicLayoutCWnd::ResizeDynamicLayout ウィンドウで動的レイアウトが有効な場合、子ウィンドウのレイアウトを調整するためにウィンドウのサイズが変更されると、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework when the window size changes to adjust the layout of child windows, if dynamic layout is enabled for the window.
CWnd::WindowProcCWnd::WindowProc CWnd にウィンドウ プロシージャを提供します。Provides a window procedure for a CWnd. 既定では、メッセージ マップを通じてメッセージをディスパッチします。The default dispatches messages through the message map.

パブリック演算子Public Operators

名前Name 説明Description
CWnd::operator HWNDCWnd::operator HWND ウィンドウへのハンドルを取得するために呼び出します。Call to get a handle to a window.
CWnd::operator !=CWnd::operator != ウィンドウが、ハンドルが m_hWndウィンドウと同じでないかどうかを判断します。Determines if a window is not the same as the window whose handle is m_hWnd.
CWnd:: operator = =CWnd::operator == ウィンドウが、ハンドルが m_hWndウィンドウと同じかどうかを判断します。Determines if a window is the same as the window whose handle is m_hWnd.

パブリック データ メンバーPublic Data Members

名前Name 説明Description
CWnd::m_hWndCWnd::m_hWnd このにアタッチされている HWND を示し CWnd ます。Indicates the HWND attached to this CWnd.

解説Remarks

CWnd オブジェクトは、Windows のウィンドウとは異なりますが、両者は密接にリンクされています。A CWnd object is distinct from a Windows window, but the two are tightly linked. CWnd オブジェクトは、CWnd コンストラクターとデストラクターによって作成され、破棄されます。A CWnd object is created or destroyed by the CWnd constructor and destructor. 一方、Windows のウィンドウは、メンバー関数によって作成され、 Create 仮想デストラクターによって破棄される、windows 内部のデータ構造です CWndThe Windows window, on the other hand, is a data structure internal to Windows that is created by a Create member function and destroyed by the CWnd virtual destructor. DestroyWindow関数は、オブジェクトを破棄せずに Windows のウィンドウを破棄します。The DestroyWindow function destroys the Windows window without destroying the object.

CWndクラスとメッセージマップ機構により、関数が非表示に WndProc なります。The CWnd class and the message-map mechanism hide the WndProc function. 受信 Windows 通知メッセージは、メッセージマップを介して適切な Onメッセージメンバー関数に自動的にルーティングされ CWnd ます。Incoming Windows notification messages are automatically routed through the message map to the proper OnMessage CWnd member functions. OnMessageメンバー関数をオーバーライドして、派生クラス内のメンバーの特定のメッセージを処理します。You override an OnMessage member function to handle a member's particular message in your derived classes.

CWnd クラスでは、アプリケーションの Windows 子ウィンドウも作成できます。The CWnd class also lets you create a Windows child window for your application. アプリケーション固有のデータを格納するには、CWnd からクラスを派生させ、その派生クラスにメンバー変数を追加します。Derive a class from CWnd, then add member variables to the derived class to store data specific to your application. ウィンドウにメッセージが送られたときに行われる処理を指定するには、派生クラスにメッセージ処理メンバー関数とメッセージ マップを実装します。Implement message-handler member functions and a message map in the derived class to specify what happens when messages are directed to the window.

子ウィンドウは 2 つのステップで作成します。You create a child window in two steps. まず、コンストラクターを呼び出してオブジェクトを構築した CWnd CWnd 後、 create member 関数を呼び出して子ウィンドウを作成し、オブジェクトにアタッチし CWnd ます。First, call the constructor CWnd to construct the CWnd object, then call the Create member function to create the child window and attach it to the CWnd object.

ユーザーが子ウィンドウを終了したら、ウィンドウを削除してそのデータ構造体を破棄するために、CWnd オブジェクトを破棄するか、DestroyWindow メンバー関数を呼び出します。When the user terminates your child window, destroy the CWnd object, or call the DestroyWindow member function to remove the window and destroy its data structures.

Microsoft Foundation Class ライブラリでは、固有のウィンドウ タイプを提供するために、CWnd からさらにクラスが派生されています。Within the Microsoft Foundation Class Library, further classes are derived from CWnd to provide specific window types. CFrameWndCMDIFrameWndCMDIChildWndCView、およびCDialogなど、これらのクラスの多くは、さらに派生するように設計されています。Many of these classes, including CFrameWnd, CMDIFrameWnd, CMDIChildWnd, CView, and CDialog, are designed for further derivation. から派生したコントロールクラス ( CWnd CButtonなど) は、直接使用することも、クラスをさらに派生させるために使用することもできます。The control classes derived from CWnd, such as CButton, can be used directly or can be used for further derivation of classes.

の使用方法の詳細について CWnd は、「 フレームウィンドウ および ウィンドウオブジェクト」を参照してください。For more information on using CWnd, see Frame Windows and Window Objects.

継承階層Inheritance Hierarchy

CObjectCObject

CCmdTargetCCmdTarget

CWnd

必要条件Requirements

ヘッダー: afxwin.hHeader: afxwin.h

CWnd:: accDoDefaultActionCWnd::accDoDefaultAction

オブジェクトの既定のアクションを実行するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to perform the object's default action.

virtual HRESULT accDoDefaultAction(VARIANT varChild);

パラメーターParameters

varChildvarChild
既定のアクションを呼び出すかどうかを指定します。既定のアクションは、オブジェクトまたはオブジェクトの子要素のいずれかです。Specifies whether the default action to be invoked is that of the object or one of the object's child elements. このパラメーターには CHILDID_SELF (オブジェクトの既定のアクションを実行する場合) または子 ID (オブジェクトの子要素のいずれかの既定のアクションを実行する場合) を指定できます。This parameter can be either CHILDID_SELF (to perform the object's default action) or a child ID (to perform the default action of one of the object's child elements).

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「 IAccessible:: accDoDefaultAction戻り値」を参照してください。See Return Values in IAccessible::accDoDefaultAction in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

派生クラスのこの関数 CWnd をオーバーライドして、オブジェクトの既定のアクションを実行します。Override this function in your CWnd-derived class to perform your object's default action. 詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: accDoDefaultAction 」を参照してください。For more information, see IAccessible::accDoDefaultAction in the Windows SDK.

CWnd:: accHitTestCWnd::accHitTest

画面上の指定された位置にある子要素または子オブジェクトを取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the child element or child object at a given point on the screen.

virtual HRESULT accHitTest(
    long xLeft,
    long yTop,
    VARIANT* pvarChild);

パラメーターParameters

xLeftxLeft
ヒットテストする点の X 座標 (画面単位)。X-coordinate of the point to be hit tested (in screen units).

yTopyTop
ヒットテストする点の Y 座標 (画面単位)。Y-coordinate of the point to be hit tested (in screen units).

pvarChildpvarChild
Xleftおよびytopによって指定された位置にあるオブジェクトを識別する情報を受け取ります。Receives information identifying the object at the point specified by xLeft and yTop. Windows SDK の「 pvarID in IAccessible:: accHitTest 」を参照してください。See pvarID in IAccessible::accHitTest in the Windows SDK.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「」の 戻り値 を参照してください IAccessible::accHitTestSee Return Values in IAccessible::accHitTest in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

CWndNonwindowed ユーザーインターフェイス要素 (MFC で処理されるウィンドウなしの ActiveX コントロール以外) がある場合は、派生クラスでこの関数をオーバーライドします。Override this function in your CWnd-derived class if you have nonwindowed user interface elements (other than windowless ActiveX controls, which MFC handles).

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: accHitTest 」を参照してください。For more information, see IAccessible::accHitTest in the Windows SDK.

CWnd:: 保存場所CWnd::accLocation

指定されたオブジェクトの現在の画面位置を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the specified object's current screen location.

virtual HRESULT accLocation(
    long* pxLeft,
    long* pyTop,
    long* pcxWidth,
    long* pcyHeight,
    VARIANT varChild);

パラメーターParameters

pxLeftpxLeft
オブジェクトの左上隅の x 座標 (画面単位) を受け取ります。Receives x-coordinate of the object's upper-left corner (in screen units).

pyToppyTop
オブジェクトの左上隅の y 座標 (画面単位) を受け取ります。Receives y-coordinate of the object's upper-left corner (in screen units).

pcxWidthpcxWidth
オブジェクトの幅を受け取ります (画面単位)。Receives width of the object (in screen units).

pcyHeightpcyHeight
オブジェクトの高さを取得します (画面単位)。Receives height of the object (in screen units).

varChildvarChild
取得する場所が、オブジェクトまたはオブジェクトの子要素のいずれかであるかどうかを指定します。Specifies whether the location to be retrieved is that of the object or one of the object's child elements. このパラメーターには CHILDID_SELF (オブジェクトに関する情報を取得する場合) または子 ID (オブジェクトの子要素に関する情報を取得する場合) のいずれかを指定できます。This parameter can be either CHILDID_SELF (to obtain information about the object) or a child ID (to obtain information about the object's child element).

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「」の 戻り値 を参照してください IAccessible::accLocationSee Return Values in IAccessible::accLocation in the Windows SDK.

解説Remarks

CWndNonwindowed ユーザーインターフェイス要素 (MFC で処理されるウィンドウなしの ActiveX コントロール以外) がある場合は、派生クラスでこの関数をオーバーライドします。Override this function in your CWnd-derived class if you have nonwindowed user interface elements (other than windowless ActiveX controls, which MFC handles).

詳細については、Windows SDK の「」を参照してください IAccessible::accLocationFor more information, see IAccessible::accLocation in the Windows SDK.

CWnd:: 参照先CWnd::accNavigate

コンテナー内の他のユーザー インターフェイス要素を走査するため、可能な場合はそのオブジェクトを取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to traverse to another user interface element within a container and if possible, retrieve the object.

virtual HRESULT accNavigate(
    long navDir,
    VARIANT varStart,
    VARIANT* pvarEndUpAt);

パラメーターParameters

ナビゲーションディレクトリnavDir
移動する方向を指定します。Specifies the direction to navigate. Windows SDK の「 IAccessible::ナビゲーションディレクトリ」を参照してください。See navDir in IAccessible::accNavigate in the Windows SDK.

varStartvarStart
開始オブジェクトを指定します。Specifies the starting object. Windows SDK の「 Varstart 」を参照してください IAccessible::accNavigateSee varStart in IAccessible::accNavigate in the Windows SDK.

pvarEndUpAtpvarEndUpAt
対象のユーザーインターフェイスオブジェクトに関する情報を受け取ります。Receives information about the destination user interface object. Windows SDK の「 pvarEnd 」を参照してください IAccessible::accNavigateSee pvarEnd in IAccessible::accNavigate in the Windows SDK.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「」の 戻り値 を参照してください IAccessible::accNavigateSee Return Values in IAccessible::accNavigate in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

CWndNonwindowed ユーザーインターフェイス要素 (MFC で処理されるウィンドウなしの ActiveX コントロール以外) がある場合は、派生クラスでこの関数をオーバーライドします。Override this function in your CWnd-derived class if you have nonwindowed user interface elements (other than windowless ActiveX controls, which MFC handles).

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: 」を参照してください。For more information, see IAccessible::accNavigate in the Windows SDK.

CWnd:: 他の選択CWnd::accSelect

選択を変更するため、または指定されたオブジェクトのキーボード フォーカスを移動するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to modify the selection or move the keyboard focus of the specified object.

virtual HRESULT accSelect(
    long flagsSelect,
    VARIANT varChild);

パラメーターParameters

flagsSelect 場合flagsSelect
現在の選択またはフォーカスを変更する方法を指定します。Specifies how to change the current selection or focus. Windows SDK の「 IAccessible::でのフラグの選択」を参照してください。See flagsSelect in IAccessible::accSelect in the Windows SDK.

varChildvarChild
選択するオブジェクトを指定します。Specifies the object to be selected. このパラメーターには、(オブジェクト自体を選択する) CHILDID_SELF か、子 ID (オブジェクトの子のいずれかを選択する場合) を指定できます。This parameter can be either CHILDID_SELF (to select the object itself) or a child ID (to select one of the object's children).

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「」の 戻り値 を参照してください IAccessible::accSelectSee Return Values in IAccessible::accSelect in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

CWndNonwindowed ユーザーインターフェイス要素 (MFC で処理されるウィンドウなしの ActiveX コントロール以外) がある場合は、派生クラスでこの関数をオーバーライドします。Override this function in your CWnd-derived class if you have nonwindowed user interface elements (other than windowless ActiveX controls, which MFC handles).

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: 」を参照してください。For more information, see IAccessible::accSelect in the Windows SDK.

CWnd:: AnimateWindowCWnd::AnimateWindow

ウィンドウを表示または非表示にするときに特殊な効果を生成します。Produces special effects when showing or hiding windows.

BOOL AnimateWindow(
    DWORD dwTime,
    DWORD dwFlags);

パラメーターParameters

dwTimedwTime
アニメーションの再生にかかる時間をミリ秒単位で指定します。Specifies how long it takes to play the animation, in milliseconds. 通常、アニメーションの再生には200ミリ秒かかります。Typically, an animation takes 200 milliseconds to play.

dwFlagsdwFlags
アニメーションの種類を指定します。Specifies the type of animation. 使用可能な値の完全な一覧については、「 AnimateWindow」を参照してください。For a full list of possible values, see AnimateWindow.

戻り値Return Value

関数が正常終了した場合は 0 以外。それ以外の場合は 0。Nonzero if the function succeeds; otherwise 0.

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、関数 AnimateWindowの機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the function AnimateWindow, as described in the Windows SDK.

CWnd:: 並べ替え EiconicwindowsCWnd::ArrangeIconicWindows

すべての最小化 (アイコン化) された子ウィンドウを整列します。Arranges all the minimized (iconic) child windows.

UINT ArrangeIconicWindows();

戻り値Return Value

関数が正常に実行された場合は、1行のアイコンの高さ。それ以外の場合は0です。The height of one row of icons if the function is successful; otherwise 0.

解説Remarks

このメンバー関数は、画面全体をカバーするアイコンもデスクトップウィンドウ上に配置します。This member function also arranges icons on the desktop window, which covers the entire screen. Getdesktopwindowメンバー関数は、デスクトップウィンドウオブジェクトへのポインターを取得します。The GetDesktopWindow member function retrieves a pointer to the desktop window object.

MDI クライアントウィンドウで、アイコン化された MDI 子ウィンドウを配置するには、 CMDIFrameWnd:: MDIIconArrangeを呼び出します。To arrange iconic MDI child windows in an MDI client window, call CMDIFrameWnd::MDIIconArrange.

Example

// arrange minimized MDI child windows
// called from menu item; CMdiChildFrame is derived from CMDIChildWnd
void CMdiChildFrame::OnActionArrangeIconicWindows()
{
   UINT height = GetParent()->ArrangeIconicWindows();   
   TRACE(_T("height = %d\n"), height);
}

CWnd:: AttachCWnd::Attach

Windows ウィンドウをオブジェクトにアタッチ CWnd します。Attaches a Windows window to a CWnd object.

BOOL Attach(HWND hWndNew);

パラメーターParameters

hWndNewhWndNew
Windows ウィンドウへのハンドルを指定します。Specifies a handle to a Windows window.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if successful; otherwise 0.

Example

この例では、アタッチとデタッチを使用して、MDI クライアントウィンドウにマップする方法を示します。This example shows how to use Attach and Detach to map to the MDI client window.

// Declare a CWnd member of CMainFrame
public:
CWnd m_wndMDIClient;
// detach MDI client window in CMainFrame destructor
m_wndMDIClient.Detach();
// In CMainFrame::OnCreate, attach MDI client window

if (CMDIFrameWnd::OnCreate(lpCreateStruct) == -1)
   return -1;

// attach MDI client window
if (m_wndMDIClient.Attach(m_hWndMDIClient) == 0)
{
   TRACE(_T("Failed to attach MDIClient.\n"));
   return -1; // fail to create
}

CWnd:: BeginModalStateCWnd::BeginModalState

フレーム ウィンドウをモーダルにします。Call this member function to make a frame window modal.

virtual void BeginModalState();

CWnd:: BeginPaintCWnd::BeginPaint

描画 CWnd を準備し、 PAINTSTRUCT 描画に関する情報を使用してデータ構造体を塗りつぶします。Prepares CWnd for painting and fills a PAINTSTRUCT data structure with information about the painting.

CDC* BeginPaint(LPPAINTSTRUCT lpPaint);

パラメーターParameters

lpPaintlpPaint
描画情報を受け取る PAINTSTRUCT 構造体を指します。Points to the PAINTSTRUCT structure that is to receive painting information.

戻り値Return Value

のデバイスコンテキストを識別 CWnd します。Identifies the device context for CWnd. ポインターは一時的なものであり、 Endpaintの範囲を超えて格納することはできません。The pointer may be temporary and should not be stored beyond the scope of EndPaint.

解説Remarks

描画構造体には、更新領域を完全に囲む最小の四角形を持つ RECT データ構造体と、背景が消去されたかどうかを指定するフラグが含まれています。The paint structure contains a RECT data structure that has the smallest rectangle that completely encloses the update region and a flag that specifies whether the background has been erased.

更新領域は、 無効化InvalidateRect、または InvalidateRgn の各メンバー関数、およびシステムによって設定された後、クライアント領域に影響を与える他の操作をサイズ変更、移動、作成、スクロール、または実行します。The update region is set by the Invalidate, InvalidateRect, or InvalidateRgn member functions and by the system after it sizes, moves, creates, scrolls, or performs any other operation that affects the client area. 更新リージョンが消去対象としてマークされている場合は、 BeginPaint WM_ONERASEBKGND メッセージを送信します。If the update region is marked for erasing, BeginPaint sends an WM_ONERASEBKGND message.

BeginPaint WM_PAINTメッセージに対する応答以外では、メンバー関数を呼び出さないでください。Do not call the BeginPaint member function except in response to a WM_PAINT message. メンバー関数を呼び出すたびに、 BeginPaint endpaint メンバー関数への呼び出しが一致している必要があります。Each call to the BeginPaint member function must have a matching call to the EndPaint member function. カレットが描画される領域内にある場合、メンバー関数は、そのキャレットが BeginPaint 消去されないように、カレットを自動的に非表示にします。If the caret is in the area to be painted, the BeginPaint member function automatically hides the caret to prevent it from being erased.

Example

// Use BeginPaint and EndPaint when responding to WM_PAINT message
// An alternative method is to use CPaintDC in place of
// BeginPaint and EndPaint
void CMdiView::OnPaint()
{
   PAINTSTRUCT ps;
   CDC *pDC = BeginPaint(&ps);

   pDC->Rectangle(CRect(0, 0, 100, 100));

   EndPaint(&ps);

   // Do not call CView::OnPaint() for painting messages
}

CWnd:: BindDefaultPropertyCWnd::BindDefaultProperty

タイプライブラリでマークされているように、呼び出し元オブジェクトの既定の単純バインドプロパティ (編集コントロールなど) を、データソースコントロールの DataSource、UserName、Password、および SQL の各プロパティによって定義される基になるカーソルにバインドします。Binds the calling object's default simple bound property (such as an edit control), as marked in the type library, to the underlying cursor that is defined by the DataSource, UserName, Password, and SQL properties of the data-source control.

void BindDefaultProperty(
    DISPID dwDispID,
    VARTYPE vtProp,
    LPCTSTR szFieldName,
    CWnd* pDSCWnd);

パラメーターParameters

dwDispIDdwDispID
データソースコントロールにバインドされるデータバインドコントロールのプロパティの DISPID を指定します。Specifies the DISPID of a property on a data-bound control that is to be bound to a data-source control.

vtPropvtProp
バインドするプロパティの型 (たとえば、VT_BSTR、VT_VARIANT など) を指定します。Specifies the type of the property to be bound — for example, VT_BSTR, VT_VARIANT, and so on.

szFieldNameszFieldName
プロパティがバインドされるデータソースコントロールによって提供されるカーソル内の列の名前を指定します。Specifies the name of the column, in the cursor provided by the data-source control, to which the property will be bound.

pDSCWndpDSCWnd
プロパティがバインドされるデータソースコントロールをホストするウィンドウを指します。Points to the window that hosts the data-source control to which the property will be bound. GetDlgItemこのポインターを取得するには、dc のホストウィンドウのリソース ID を使用してを呼び出します。Call GetDlgItem with the resource ID of the DCS's host window to retrieve this pointer.

解説Remarks

CWndこの関数を呼び出すオブジェクトは、データバインドコントロールである必要があります。The CWnd object on which you call this function must be a data-bound control.

Example

BindDefaultProperty は、次のコンテキストで使用される場合があります。BindDefaultProperty might be used in the following context:

BOOL CMyDlg::OnInitDialog()
{
   CWnd *pDSC = GetDlgItem(IDC_DATASOURCE);
   CWnd *pMyBound = GetDlgItem(IDC_MYBOUNDCTRL1);
   pMyBound->BindDefaultProperty(0x1, VT_BSTR, _T("ContactFirstName"), pDSC);
   return TRUE;
}

CWnd:: BindPropertyCWnd::BindProperty

データバインドコントロール (グリッドコントロールなど) のカーソルバインドプロパティをデータソースコントロールにバインドし、そのリレーションシップを MFC バインドマネージャーに登録します。Binds a cursor-bound property on a data-bound control (such as a grid control) to a data-source control and registers that relationship with the MFC binding manager.

void BindProperty(
    DISPID dwDispId,
    CWnd* pWndDSC);

パラメーターParameters

dwDispIddwDispId
データソースコントロールにバインドされるデータバインドコントロールのプロパティの DISPID を指定します。Specifies the DISPID of a property on a data-bound control that is to be bound to a data-source control.

pWndDSCpWndDSC
プロパティがバインドされるデータソースコントロールをホストするウィンドウを指します。Points to the window that hosts the data-source control to which the property will be bound. GetDlgItemこのポインターを取得するには、dc のホストウィンドウのリソース ID を使用してを呼び出します。Call GetDlgItem with the resource ID of the DCS's host window to retrieve this pointer.

解説Remarks

CWndこの関数を呼び出すオブジェクトは、データバインドコントロールである必要があります。The CWnd object on which you call this function must be a data-bound control.

Example

BindProperty は、次のコンテキストで使用される場合があります。BindProperty might be used in the following context:

BOOL CMyDlg::OnInitDialog()
{
   CWnd *pDSC = GetDlgItem(IDC_DATASOURCE);
   CWnd *pMyBound = GetDlgItem(IDC_MYBOUNDCTRL2);
   pMyBound->BindProperty(0x1, pDSC);
   return TRUE;
}

CWnd:: BringWindowToTopCWnd::BringWindowToTop

CWnd を重なったウィンドウのスタックの最上位に移動します。Brings CWnd to the top of a stack of overlapping windows.

void BringWindowToTop();

解説Remarks

また、BringWindowToTop により、ポップアップ ウィンドウ、トップレベル ウィンドウ、および MDI 子ウィンドウがアクティブになります。In addition, BringWindowToTop activates pop-up, top-level, and MDI child windows. BringWindowToTop メンバー関数は、重なったウィンドウによって部分的または完全に隠されているウィンドウを表示する場合に使用します。The BringWindowToTop member function should be used to uncover any window that is partially or completely obscured by any overlapping windows.

この関数は、Win32 Bringwindowtotop 関数を呼び出すだけです。This function just calls the Win32 BringWindowToTop function. Z オーダーでウィンドウの位置を変更するには、 SetWindowPos 関数を呼び出します。Call the SetWindowPos function to change a window's position in the Z-order. BringWindowToTop 関数では、ウィンドウ スタイルが変更され、そのウィンドウがトップレベル ウィンドウになることはありません。The BringWindowToTop function does not change the window style to make it a top-level window. 詳細については、「 HWND_TOP と HWND_TOPMOST の違い」を参照してください。For more information, see What's the difference between HWND_TOP and HWND_TOPMOST

Example

// Moves MDI child windows to the top when a mouse passes
// over it. CMdiView is derived from CView.
void CMdiView::OnMouseMove(UINT nFlags, CPoint point) 
{
   UNREFERENCED_PARAMETER(nFlags);
   UNREFERENCED_PARAMETER(point);

   GetParentFrame()->BringWindowToTop();
}

CWnd:: CalcWindowRectCWnd::CalcWindowRect

指定したクライアントの四角形を含めることができるウィンドウの四角形を計算します。Calculates the window rectangle that can contain the specified client rectangle.

virtual void CalcWindowRect(
    LPRECT lpClientRect,
    UINT nAdjustType = adjustBorder);

パラメーターParameters

lpClientRectlpClientRect
[入力、出力]四角形の構造体へのポインター。[in, out] Pointer to a rectangle structure. 入力時には、この構造体にはクライアントの四角形が含まれます。On input, this structure contains the client rectangle. メソッドが完了した後、この構造体には、指定されたクライアントの四角形を含むことができるウィンドウ四角形が含まれます。After the method is finished, this structure contains the window rectangle that can contain the specified client rectangle.

nAdjustTypenAdjustType
から CWnd::adjustBorder WS_EX_CLIENTEDGE スタイルを指定せずにウィンドウ座標を計算するには、を使用します。それ以外の場合はを使用 CWnd::adjustOutside します。[in] Use CWnd::adjustBorder to calculate window coordinates without the WS_EX_CLIENTEDGE style; otherwise, use CWnd::adjustOutside.

解説Remarks

計算されるウィンドウの四角形のサイズには、メニューバーの領域は含まれません。The size of the calculated window rectangle does not include space for a menu bar.

使用制限の詳細については、「 AdjustWindowRectEx」を参照してください。For more usage restrictions, see AdjustWindowRectEx.

Example

// Uses CalcWindowRect to determine size for new CFrameWnd
// based on the size of the current view. The end result is a
// top level frame window of the same size as CMdiView's frame.
void CMdiView::OnMyCreateFrame()
{
   CFrameWnd *pFrameWnd = new CFrameWnd;
   CRect myRect;
   GetClientRect(myRect);
   pFrameWnd->Create(NULL, _T("My Frame"));
   pFrameWnd->CalcWindowRect(&myRect, CWnd::adjustBorder);
   pFrameWnd->MoveWindow(0, 0, myRect.Width(), myRect.Height());
   pFrameWnd->ShowWindow(SW_SHOW);
}

CWnd:: CancelToolTips ヒントCWnd::CancelToolTips

ツールヒントが現在表示されている場合に画面からツールヒントを削除するには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to remove a tool tip from the screen if a tool tip is currently displayed.

static void PASCAL CancelToolTips(BOOL bKeys = FALSE);

パラメーターParameters

bKeysbKeys
キーが押されたときにツールヒントをキャンセルし、ステータスバーのテキストを既定値に設定する場合は TRUE。それ以外の場合は FALSE。TRUE to cancel tool tips when a key is pressed and set the status bar text to the default; otherwise FALSE.

解説Remarks

注意

このメンバー関数を使用しても、コードによって管理されるツールヒントには影響しません。Using this member function has no effect on tool tips managed by your code. CWnd:: EnableToolTips ヒントによって管理されるツールヒントコントロールにのみ影響します。It only affects the tool tip control managed by CWnd::EnableToolTips.

Example

// In this example, tool tips were set up to
// pop up when the user moves the mouse
// over this edit control.
// If the mouse is moved to the upper left-hand
// corner, the tool tip would disappear because of
// calling CancelToolTips.
void CMyEdit::OnMouseMove(UINT nFlags, CPoint point)
{
   CRect corner(0, 0, 10, 10);
   if (corner.PtInRect(point))
      CancelToolTips();
   CEdit::OnMouseMove(nFlags, point);
}

CWnd:: 中央ウィンドウCWnd::CenterWindow

ウィンドウをその親ウィンドウの中央に揃えます。Centers a window relative to its parent.

void CenterWindow(CWnd* pAlternateOwner = NULL);

パラメーターParameters

pAlternateOwnerpAlternateOwner
中央に配置される (親ウィンドウ以外の) 代替ウィンドウへのポインター。Pointer to an alternate window relative to which it will be centered (other than the parent window).

解説Remarks

通常、アプリケーションのメインウィンドウと比較して、ダイアログボックスを中央に 表示するため のダイアログボックスが表示されます。Usually called from CDialog::OnInitDialog to center dialog boxes relative to the main window of the application. 既定では、この関数は、子ウィンドウを親ウィンドウに対して相対的に中央揃え、ポップアップウィンドウを所有者に対して相対的にします。By default, the function centers child windows relative to their parent window, and pop-up windows relative to their owner. ポップアップウィンドウが所有されていない場合は、画面に対して相対的な位置に配置されます。If the pop-up window is not owned, it is centered relative to the screen. オーナーまたは親ではない特定のウィンドウを基準としてウィンドウを中央に配置するには、 Palternateowner パラメーターが有効なウィンドウに設定されている可能性があります。To center a window relative to a specific window which is not the owner or parent, the pAlternateOwner parameter may be set to a valid window. 画面を基準にセンタリングを強制するには、 CWnd:: GetDesktopWindow によって返される値を palternateownerとして渡します。To force centering relative to the screen, pass the value returned by CWnd::GetDesktopWindow as pAlternateOwner.

Example

BOOL CAboutDlg::OnInitDialog()
{
   CDialog::OnInitDialog();

   CenterWindow();

   return TRUE;
}

CWnd:: ChangeClipboardChainCWnd::ChangeClipboardChain

CWndクリップボードビューアーのチェーンからを削除し、 hWndNextによって指定されたウィンドウをチェーン内の先祖の子孫にし CWnd ます。Removes CWnd from the chain of Clipboard viewers and makes the window specified by hWndNext the descendant of the CWnd ancestor in the chain.

BOOL ChangeClipboardChain(HWND hWndNext);

パラメーターParameters

hWndNexthWndNext
クリップボードビューアーのチェーン内の次のウィンドウを識別 CWnd します。Identifies the window that follows CWnd in the Clipboard-viewer chain.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if successful; otherwise 0.

CWnd:: CheckDlgButtonCWnd::CheckDlgButton

ボタンを選択するか、ボタンからチェックマークを解除するか、または3つの状態のボタンの状態を変更します。Selects (places a check mark next to) or clears (removes a check mark from) a button, or it changes the state of a three-state button.

void CheckDlgButton(
    int nIDButton,
    UINT nCheck);

パラメーターParameters

nIDButtonnIDButton
変更するボタンを指定します。Specifies the button to be modified.

nnCheck
実行するアクションを指定します。Specifies the action to take. Nが0以外の場合、 CheckDlgButton メンバー関数はボタンの横にチェックマークを付けます。0の場合、チェックマークは削除されます。If nCheck is nonzero, the CheckDlgButton member function places a check mark next to the button; if 0, the check mark is removed. 3つの状態のボタンの場合、 n が2の場合、ボタンの状態は不確定になります。For three-state buttons, if nCheck is 2, the button state is indeterminate.

解説Remarks

関数は、 CheckDlgButton 指定されたボタンに BM_SETCHECK メッセージを送信します。The CheckDlgButton function sends a BM_SETCHECK message to the specified button.

Example

// Sets 3 check buttons in various ways.  Note BST_INDETERMINATE
// requires BS_3STATE or BS_AUTO3STATE in the button's style.
void CMyDlg::OnMarkButtons()
{
   CheckDlgButton(IDC_CHECK1, BST_UNCHECKED);     // 0
   CheckDlgButton(IDC_CHECK2, BST_CHECKED);       // 1
   CheckDlgButton(IDC_CHECK3, BST_INDETERMINATE); // 2
}

CWnd:: CheckRadioButtonCWnd::CheckRadioButton

グループ内の特定のオプションボタンを選択 (チェックマークを追加) し、グループ内の他のすべてのオプションボタンをクリア (チェックマークを削除) します。Selects (adds a check mark to) a given radio button in a group and clears (removes a check mark from) all other radio buttons in the group.

void CheckRadioButton(
    int nIDFirstButton,
    int nIDLastButton,
    int nIDCheckButton);

パラメーターParameters

nIDFirstButtonnIDFirstButton
グループ内の最初のオプションボタンの整数識別子を指定します。Specifies the integer identifier of the first radio button in the group.

nIDLastButtonnIDLastButton
グループ内の最後のオプションボタンの整数識別子を指定します。Specifies the integer identifier of the last radio button in the group.

nIDCheckButtonnIDCheckButton
チェックするオプションボタンの整数識別子を指定します。Specifies the integer identifier of the radio button to be checked.

解説Remarks

関数は、 CheckRadioButton 指定されたオプションボタンに BM_SETCHECK メッセージを送信します。The CheckRadioButton function sends a BM_SETCHECK message to the specified radio button.

Example

// Of the 4 radio buttons, selects radio button 3.
void CMyDlg::OnMarkRadio()
{
   CheckRadioButton(IDC_RADIO1, IDC_RADIO4, IDC_RADIO3);
}

CWnd:: ChildWindowFromPointCWnd::ChildWindowFromPoint

指定したポイントがに属している子ウィンドウのうち、どれが存在するかを判断し CWnd ます。Determines which, if any, of the child windows belonging to CWnd contains the specified point.

CWnd* ChildWindowFromPoint(POINT point) const;

CWnd* ChildWindowFromPoint(
    POINT point,
    UINT nFlags) const;

パラメーターParameters

視点point
テストするポイントのクライアント座標を指定します。Specifies the client coordinates of the point to be tested.

nflagsnflags
スキップする子ウィンドウを指定します。Specifies which child windows to skip. このパラメーターは、次の値の組み合わせにすることができます。This parameter can be a combination of the following values:

Value 意味Meaning
CWP_ALLCWP_ALL 子ウィンドウをスキップしないDo not skip any child windows
CWP_SKIPINVISIBLECWP_SKIPINVISIBLE 非表示の子ウィンドウをスキップするSkip invisible child windows
CWP_SKIPDISABLEDCWP_SKIPDISABLED 無効な子ウィンドウをスキップするSkip disabled child windows
CWP_SKIPTRANSPARENTCWP_SKIPTRANSPARENT 透過的な子ウィンドウのスキップSkip transparent child windows

戻り値Return Value

ポイントを含む子ウィンドウを識別します。Identifies the child window that contains the point. 指定されたポイントがクライアント領域の外部にある場合は NULL になります。It is NULL if the given point lies outside of the client area. ポイントがクライアント領域内にあり、子ウィンドウ内に含まれていない場合 CWnd は、が返されます。If the point is within the client area but is not contained within any child window, CWnd is returned.

このメンバー関数は、指定されたポイントを含む、非表示または無効な子ウィンドウを返します。This member function will return a hidden or disabled child window that contains the specified point.

複数のウィンドウに、指定したポイントが含まれている場合があります。More than one window may contain the given point. ただし、この関数は、 CWnd ポイントを含む最初のウィンドウの * だけを返します。However, this function returns only the CWnd* of the first window encountered that contains the point.

返される * は一時的なものである CWnd 可能性があり、後で使用するために格納することはできません。The CWnd* that is returned may be temporary and should not be stored for later use.

Example

void CMyDlg::OnFindCenterChild() 
{
   CRect rect;
   GetClientRect(&rect);
   CWnd* pWnd = ChildWindowFromPoint(
      CPoint(rect.Width()/2, rect.Height()/2), 
      // Top left is always 0, 0.
      CWP_SKIPINVISIBLE);
   TRACE(_T("Center window is 0x%08x\n"), pWnd->m_hWnd);
}

CWnd:: ClientToScreenCWnd::ClientToScreen

ディスプレイ上の指定された点または四角形のクライアント座標を画面座標に変換します。Converts the client coordinates of a given point or rectangle on the display to screen coordinates.

void ClientToScreen(LPPOINT lpPoint) const;  void ClientToScreen(LPRECT lpRect) const;

パラメーターParameters

lpPointlpPoint
変換するクライアント座標を格納している ポイント構造 またはオブジェクトをポイントし CPoint ます。Points to a POINT structure or CPoint object that contains the client coordinates to be converted.

lpRectlpRect
変換するクライアント座標を格納している RECT 構造体 またはオブジェクトを指し CRect ます。Points to a RECT structure or CRect object that contains the client coordinates to be converted.

解説Remarks

ClientToScreenこのメンバー関数は、 POINT または構造体、また RECT CPointCRect lppointまたはlpRectが指すオブジェクトまたはオブジェクトのクライアント座標を使用して、新しい画面座標を計算します。その後、構造内の座標を新しい座標に置き換えます。The ClientToScreen member function uses the client coordinates in the POINT or RECT structure or the CPoint or CRect object pointed to by lpPoint or lpRect to compute new screen coordinates; it then replaces the coordinates in the structure with the new coordinates. 新しい画面座標は、システム画面の左上隅を基準としています。The new screen coordinates are relative to the upper-left corner of the system display.

この ClientToScreen メンバー関数は、指定された点または四角形がクライアント座標にあることを前提としています。The ClientToScreen member function assumes that the given point or rectangle is in client coordinates.

Example

// resize dialog to client's size
void CMyDlg::OnSizeToClient()
{
   CRect myRect;
   GetClientRect(&myRect);

   ClientToScreen(myRect);
   MoveWindow(myRect.left, myRect.top,
              myRect.Width(), myRect.Height());
}

CWnd:: CloseWindowCWnd::CloseWindow

ウィンドウを最小化します。Minimizes the window.

void CloseWindow();

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、関数 Closewindowの機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the function CloseWindow, as described in the Windows SDK.

CWnd:: 続行 EmodalCWnd::ContinueModal

このメンバー関数は、モーダル状態をいつ終了するかを決定するために ため runmodalloop によって呼び出されます。This member function is called by RunModalLoop to determine when the modal state should be exited.

virtual BOOL ContinueModal();

戻り値Return Value

モーダルループを続行する場合は0以外の値。 EndModalLoop が呼び出された場合は0。Nonzero if modal loop is to be continued; 0 when EndModalLoop is called.

解説Remarks

既定では、が呼び出されるまで0以外の値が返され EndModalLoop ます。By default, it returns non-zero until EndModalLoop is called.

CWnd:: CreateCWnd::Create

指定された子ウィンドウを作成し、 CWnd オブジェクトにアタッチします。Creates the specified child window and attaches it to the CWnd object.

virtual BOOL Create(
    LPCTSTR lpszClassName,
    LPCTSTR lpszWindowName,
    DWORD dwStyle,
    Const RECT& rect,
    CWnd* pParentWnd,
    UINT nID,
    CCreateContext* pContext = NULL);

パラメーターParameters

lpszClassNamelpszClassName
から登録されているシステムウィンドウクラスの名前を含む null で終わる文字列へのポインター。または、定義済みのシステムウィンドウクラスの名前。[in] Pointer to a null-terminated string that contains the name of a registered system window class; or the name of a predefined system window class.

lpszWindowNamelpszWindowName
からウィンドウの表示名を含む null で終わる文字列へのポインターです。それ以外の場合は、ウィンドウの表示名がない場合は NULL になります。[in] Pointer to a null-terminated string that contains the window display name; otherwise NULL for no window display name.

dwStyledwStyle
から ウィンドウスタイルのビットごとの組み合わせ (または)。[in] Bitwise combination (OR) of window styles. WS_POPUP オプションが有効なスタイルではありません。The WS_POPUP option is not a valid style.

rectrect
から親ウィンドウの左上隅を基準とした、ウィンドウのサイズと位置。[in] The size and location of the window relative to the top-left corner of the parent window.

pParentWndpParentWnd
から親ウィンドウへのポインター。[in] Pointer to the parent window.

nIDnID
からウィンドウの ID。[in] ID of the window.

pContextpContext
からアプリケーションのドキュメント/ビューアーキテクチャをカスタマイズするために使用される CCreateContext 構造体へのポインター。[in] Pointer to a CCreateContext structure that is used to customize the document-view architecture for the application.

戻り値Return Value

メソッドが成功した場合は TRUE。それ以外の場合は FALSE。TRUE if the method was successful; otherwise FALSE.

解説Remarks

警告

CWnd::PreCreateWindowCREATESTRUCT this 、メニューが NULL で、スタイルに WS_CHILD が含まれている場合に、そのパラメーターの hMenu メンバーをポインターに割り当てます。CWnd::PreCreateWindow now assigns the hMenu member of its CREATESTRUCT parameter to the this pointer if the menu is NULL and the style contains WS_CHILD. 適切な機能を使用するには、ダイアログコントロールの ID が NULL でないことを確認してください。For proper functionality, ensure that your dialog control has an ID that is not NULL.

この変更により、マネージ/ネイティブの相互運用シナリオでのクラッシュが修正されます。This change fixes a crash in managed/native interop scenarios. のトレースステートメントは、 CWnd::Create 問題の開発者に警告します。A TRACE statement in CWnd::Create alerts the developer of the problem.

ウィンドウクラスを登録するには、 AfxRegisterWndClass 関数を使用します。Use the AfxRegisterWndClass function to register window classes. ユーザー定義ウィンドウクラスは、登録されているモジュールで使用できます。User defined window classes are available in the module where they are registered.

CWnd:: OnCreateメソッドは、 Create メソッドが戻る前、およびウィンドウが表示される前に呼び出されます。The CWnd::OnCreate method is called before the Create method returns, and before the window becomes visible.

Example

// Dynamically create static control using CWnd::Create,
// instead of with CStatic::Create, which doesn't
// need the "STATIC" class name.
void CMyDlg::OnCreateStatic() 
{
   // m_pWndStatic is a CWnd* member of CMyDlg
   m_pWndStatic = new CWnd;
   m_pWndStatic->Create(_T("STATIC"), _T("Hi"), WS_CHILD | WS_VISIBLE,
       CRect(0, 0, 20, 20), this, 1234);
}

CWnd:: CreateAccessibleProxyCWnd::CreateAccessibleProxy

指定されたオブジェクトの Active Accessibility プロキシを作成します。Creates an Active Accessibility proxy for the specified object.

virtual HRESULT CreateAccessibleProxy(
    WPARAM wParam,
    LPARAM lParam,
    LRESULT* pResult);

パラメーターParameters

wParamwParam
Active Accessibility プロキシによってアクセスされるオブジェクトを識別します。Identifies the object accessed by the Active Accessibility proxy. 次のいずれかの値を指定できます。Can be one of the following values

Value 意味Meaning
OBJID_CLIENTOBJID_CLIENT ウィンドウのクライアント領域を参照します。Refers to the window's client area.

lParamlParam
追加のメッセージに依存する情報を提供します。Provides additional message-dependent information.

pResultpResult
結果コードを格納する LRESULT へのポインター。A pointer to an LRESULT that stores the result code.

解説Remarks

指定されたオブジェクトの Active Accessibility プロキシを作成します。Creates an Active Accessibility proxy for the specified object.

CWnd:: CreateCaretCWnd::CreateCaret

システムキャレットの新しい図形を作成し、キャレットの所有権を要求します。Creates a new shape for the system caret and claims ownership of the caret.

void CreateCaret(CBitmap* pBitmap);

パラメーターParameters

pBitmappBitmap
キャレットの形状を定義するビットマップを識別します。Identifies the bitmap that defines the caret shape.

解説Remarks

ビットマップは、 CBitmap:: CreateBitmap メンバー関数、 createdibitmap Windows 関数、または CBitmap:: loadbitmap メンバー関数によって既に作成されている必要があります。The bitmap must have previously been created by the CBitmap::CreateBitmap member function, the CreateDIBitmap Windows function, or the CBitmap::LoadBitmap member function.

CreateCaret カーソルを所有しているウィンドウに関係なく、前のキャレット図形がある場合は、それを自動的に破棄します。CreateCaret automatically destroys the previous caret shape, if any, regardless of which window owns the caret. 作成されると、カレットは最初は非表示になります。Once created, the caret is initially hidden. キャレットを表示するには、 Showcaret メンバー関数を呼び出す必要があります。To show the caret, the ShowCaret member function must be called.

システムキャレットは共有リソースです。The system caret is a shared resource. CWnd 入力フォーカスがある場合、またはアクティブな場合にのみ、キャレットを作成する必要があります。CWnd should create a caret only when it has the input focus or is active. 入力フォーカスを失ったり、非アクティブになったりする前に、カレットを破棄する必要があります。It should destroy the caret before it loses the input focus or becomes inactive.

Example

// Changes the caret of the edit control in this dialog box
void CMyDlg::OnChangeCaret()
{
   m_pBitmapCaret = new CBitmap;
   m_pBitmapCaret->LoadBitmap(IDB_HAPPY_BITMAP);
   m_MyEdit.CreateCaret(m_pBitmapCaret);
   m_MyEdit.ShowCaret();
}

CWnd:: CreateControlCWnd::CreateControl

このメンバー関数を使用して、MFC プログラムでオブジェクトによって表現される ActiveX コントロールを作成し CWnd ます。Use this member function to create an ActiveX control that will be represented in the MFC program by a CWnd object.

BOOL CreateControl(
    LPCTSTR pszClass,
    LPCTSTR pszWindowName,
    DWORD dwStyle,
    const RECT& rect,
    CWnd* pParentWnd,
    UINT nID,
    CFile* pPersist = NULL,
    BOOL bStorage = FALSE,
    BSTR bstrLicKey = NULL);

BOOL CreateControl(
    REFCLSID clsid,
    LPCTSTR pszWindowName,
    DWORD dwStyle,
    const RECT& rect,
    CWnd* pParentWnd,
    UINT nID,
    CFile* pPersist = NULL,
    BOOL bStorage = FALSE,
    BSTR bstrLicKey = NULL);

BOOL CreateControl(
    REFCLSID clsid,
    LPCTSTR pszWindowName,
    DWORD dwStyle,
    const POINT* ppt,
    const SIZE* psize,
    CWnd* pParentWnd,
    UINT nID,
    CFile* pPersist = NULL,
    BOOL bStorage = FALSE,
    BSTR bstrLicKey = NULL);

パラメーターParameters

pszClasspszClass
この文字列には、クラスの OLE "short name" (ProgID) を含めることができます (例: "CIRC3")。Circ3Ctrl "です。This string may contain the OLE "short name" (ProgID) for the class, e.g., "CIRC3.Circ3Ctrl.1". 名前は、コントロールによって登録されている名前と同じである必要があります。The name needs to match the same name registered by the control. また、文字列には、かっこで囲まれた CLSID の文字列形式を含めることができます。たとえば、"{9DBAFCCF-59208CEC297B}" のようになります。Alternatively, the string may contain the string form of a CLSID, contained in braces, e.g., "{9DBAFCCF-592F-101B-85CE-00608CEC297B}". どちらの場合も、は CreateControl 文字列を対応するクラス ID に変換します。In either case, CreateControl converts the string to the corresponding class ID.

pszWindowNamepszWindowName
コントロールに表示されるテキストへのポインター。A pointer to the text to be displayed in the control. コントロールのキャプションまたはテキストプロパティ (存在する場合) の値を設定します。Sets the value of the control's Caption or Text property (if any). NULL の場合、コントロールのキャプションまたはテキストプロパティは変更されません。If NULL, the control's Caption or Text property is not changed.

dwStyledwStyle
Windows スタイル。Windows styles. 使用可能なスタイルについては、「解説」を参照してください。The available styles are listed under Remarks.

rectrect
コントロールのサイズと位置を指定します。Specifies the control's size and position. これは、 CRect オブジェクトまたは RECT 構造体のいずれかになります。It can be either a CRect object or a RECT structure.

pptppt
コントロールの左上隅を含む ポイント構造 またはオブジェクトを指し CPoint ます。Points to a POINT structure or CPoint object that contains the upper left corner of the control.

pSizepSize
SIZE CSize コントロールのサイズを格納しているサイズ構造体またはオブジェクトをポイントします。Points to a SIZE structure or CSize object that contains the control's size

pParentWndpParentWnd
コントロールの親ウィンドウを指定します。Specifies the control's parent window. NULL にすることはできません。It must not be NULL.

nIDnID
コントロールの ID を指定します。Specifies the control's ID.

pPersistpPersist
コントロールの永続的な状態を含む CFile へのポインター。A pointer to a CFile containing the persistent state for the control. 既定値は NULL です。これは、コントロールが永続的なストレージから状態を復元せずに自身を初期化することを示します。The default value is NULL, indicating that the control initializes itself without restoring its state from any persistent storage. NULL でない場合は、 CFile コントロールの永続データをストリームまたはストレージの形式で格納する、から派生したオブジェクトへのポインターである必要があります。If not NULL, it should be a pointer to a CFile-derived object which contains the control's persistent data, in the form of either a stream or a storage. このデータは、クライアントの以前のアクティブ化で保存されている可能性があります。This data could have been saved in a previous activation of the client. CFileには他のデータを含めることができますが、の呼び出し時には、読み取り/書き込みポインターを永続データの最初のバイトに設定する必要があり CreateControl ます。The CFile can contain other data, but must have its read-write pointer set to the first byte of persistent data at the time of the call to CreateControl.

bStoragebStorage
Ppersistのデータを IStorage または IStream データとして解釈するかどうかを示します。Indicates whether the data in pPersist should be interpreted as IStorage or IStream data. Ppersistのデータがストレージの場合、 BSTORAGEは TRUE である必要があります。If the data in pPersist is a storage, bStorage should be TRUE. Ppersistのデータがストリームの場合、 BSTORAGEは FALSE である必要があります。If the data in pPersist is a stream, bStorage should be FALSE. 既定値は FALSE です。The default value is FALSE.

BstrのキーbstrLicKey
オプションのライセンスキーデータ。Optional license key data. このデータは、実行時ライセンスキーを必要とするコントロールを作成する場合にのみ必要です。This data is needed only for creating controls that require a run-time license key. コントロールがライセンスをサポートしている場合は、コントロールの作成を成功させるためのライセンスキーを指定する必要があります。If the control supports licensing, you must provide a license key for the creation of the control to succeed. 既定値は NULL です。The default value is NULL.

clsidclsid
コントロールの一意のクラス ID。The unique class ID of the control.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if successful; otherwise 0.

解説Remarks

CreateControl は、 CWnd:: Create 関数の直接アナログであり、のウィンドウを作成し CWnd ます。CreateControl is a direct analog of the CWnd::Create function, which creates the window for a CWnd. CreateControl 通常のウィンドウではなく、ActiveX コントロールを作成します。CreateControl creates an ActiveX control instead of an ordinary window.

では、次の Windows dwStyle フラグのサブセットのみがサポートされてい CreateControl ます。Only a subset of the Windows dwStyle flags are supported for CreateControl:

  • WS_VISIBLE、最初に表示されるウィンドウを作成します。WS_VISIBLE Creates a window that is initially visible. 通常のウィンドウのように、コントロールをすぐに表示する場合に必要です。Required if you want the control to be visible immediately, like ordinary windows.

  • WS_DISABLED は、最初は無効になっているウィンドウを作成します。WS_DISABLED Creates a window that is initially disabled. 無効なウィンドウは、ユーザーから入力を受け取ることができません。A disabled window cannot receive input from the user. コントロールに Enabled プロパティがある場合は、を設定できます。Can be set if the control has an Enabled property.

  • WS_BORDER は、細い線の枠線を持つウィンドウを作成します。WS_BORDER Creates a window with a thin-line border. コントロールに BorderStyle プロパティがある場合は、を設定できます。Can be set if control has a BorderStyle property.

  • WS_GROUP コントロールのグループの最初のコントロールを指定します。WS_GROUP Specifies the first control of a group of controls. ユーザーは、方向キーを使用して、グループ内の1つのコントロールから次のコントロールにキーボードフォーカスを変更できます。The user can change the keyboard focus from one control in the group to the next by using the direction keys. 最初のコントロールの後に WS_GROUP スタイルで定義されているすべてのコントロールが同じグループに属しています。All controls defined with the WS_GROUP style after the first control belong to the same group. WS_GROUP スタイルの次のコントロールはグループを終了し、次のグループを開始します。The next control with the WS_GROUP style ends the group and starts the next group.

  • WS_TABSTOP は、ユーザーが TAB キーを押したときにキーボードフォーカスを受け取ることができるコントロールを指定します。WS_TABSTOP Specifies a control that can receive the keyboard focus when the user presses the TAB key. TAB キーを押すと、キーボードフォーカスが WS_TABSTOP スタイルの次のコントロールに変わります。Pressing the TAB key changes the keyboard focus to the next control of the WS_TABSTOP style.

Example

class CGenocx : public CWnd
{
protected:
   DECLARE_DYNCREATE(CGenocx)
public:
   CLSID const &GetClsid()
   {
      static CLSID const clsid = {0x20DD1B9E, 0x87C4, 0x11D1, {0x8B, 0xE3, 0x0, 0x0, 0xF8, 0x75, 0x4D, 0xA1}};
      return clsid;
   }

   // This code is generated by the Control Wizard.
   // It wraps the call to CreateControl in the call to Create.
   virtual BOOL Create(LPCTSTR lpszClassName, LPCTSTR lpszWindowName, DWORD dwStyle,
                       const RECT &rect, CWnd *pParentWnd, UINT nID,
                       CCreateContext *pContext = NULL)
   {
      UNREFERENCED_PARAMETER(pContext);
      UNREFERENCED_PARAMETER(lpszClassName);

      return CreateControl(GetClsid(), lpszWindowName, dwStyle, rect, pParentWnd, nID);
   }

   // remainder of class declaration omitted...

CWnd:: CreateExCWnd::CreateEx

指定されたウィンドウを作成し、オブジェクトにアタッチし CWnd ます。Creates the specified window and attaches it to the CWnd object.

virtual BOOL CreateEx(
    DWORD dwExStyle,
    LPCTSTR lpszClassName,
    LPCTSTR lpszWindowName,
    DWORD dwStyle,
    int x,
    int y,
    int nWidth,
    int nHeight,
    HWND hWndParent,
    HMENU nIDorHMenu,
    LPVOID lpParam = NULL);

virtual BOOL CreateEx(
    DWORD dwExStyle,
    LPCTSTR lpszClassName,
    LPCTSTR lpszWindowName,
    DWORD dwStyle,
    const RECT& rect,
    CWnd* pParentWnd,
    UINT nID,
    LPVOID lpParam = NULL);

パラメーターParameters

dwExStyledwExStyle
拡張ウィンドウスタイルのビットごとの組み合わせ (または)。それ以外の場合は、既定の拡張ウィンドウスタイルでは NULL になります。Bitwise combination (OR) of extended window styles; otherwise NULL for the default extended window style.

lpszClassNamelpszClassName
登録されているシステムウィンドウクラスの名前を含む null で終わる文字列へのポインター。または、定義済みのシステムウィンドウクラスの名前。Pointer to a null-terminated string that contains the name of a registered system window class; or the name of a predefined system window class.

lpszWindowNamelpszWindowName
ウィンドウの表示名を含む null で終わる文字列へのポインターです。それ以外の場合は、ウィンドウの表示名がない場合は NULL になります。Pointer to a null-terminated string that contains the window display name; otherwise NULL for no window display name.

dwStyledwStyle
ウィンドウスタイルのビットごとの組み合わせ (or)。それ以外の場合は、既定のウィンドウスタイルでは NULL です。Bitwise combination (OR) of window styles; otherwise NULL for the default window style.

xx
画面の左側または親ウィンドウからのウィンドウの初期の水平方向の距離。The initial horizontal distance of the window from the left side of the screen or the parent window.

yy
画面上または親ウィンドウからウィンドウまでの初期の垂直方向の距離。The initial vertical distance of the window from the top of the screen or the parent window.

nWidthnWidth
ウィンドウの幅 (ピクセル単位)。The width, in pixels, of the window.

nHeightnHeight
ウィンドウの高さ (ピクセル単位)。The height, in pixels, of the window.

hwndParenthwndParent
子ウィンドウの場合は、親ウィンドウへのハンドル。それ以外の場合、ウィンドウに所有者が存在する場合は、オーナーウィンドウのハンドル。For a child window, the handle to the parent window; otherwise, the handle of the owner window if the window has an owner.

nIDorHMenunIDorHMenu
子ウィンドウの場合、ウィンドウ ID はです。それ以外の場合は、ウィンドウのメニューの ID。For a child window, the window ID; otherwise, the ID of a menu for the window.

lpParamlpParam
LpcreateparamsフィールドのCWnd:: OnCreateメソッドに渡されるユーザーデータへのポインター。Pointer to user data that is passed to the CWnd::OnCreate method in the lpCreateParams field.

rectrect
画面または親ウィンドウを基準とした、ウィンドウのサイズと位置。The size and location of the window relative to the screen or the parent window.

pParentWndpParentWnd
子ウィンドウの場合は、親ウィンドウへのポインターです。それ以外の場合は、ウィンドウに所有者が存在する場合はオーナーウィンドウへのポインターを返します。For a child window, pointer to the parent window; otherwise, pointer to the owner window if the window has an owner.

nIDnID
子ウィンドウの場合、ウィンドウ ID はです。それ以外の場合は、ウィンドウのメニューの ID。For a child window, the window ID; otherwise, the ID of a menu for the window.

戻り値Return Value

メソッドが成功した場合は TRUE。それ以外の場合は FALSE。TRUE if the method was successful; otherwise FALSE.

解説Remarks

警告

CWnd::PreCreateWindowCREATESTRUCT this 、メニューが NULL で、スタイルに WS_CHILD が含まれている場合に、そのパラメーターの hMenu メンバーをポインターに割り当てます。CWnd::PreCreateWindow now assigns the hMenu member of its CREATESTRUCT parameter to the this pointer if the menu is NULL and the style contains WS_CHILD. 適切な機能を使用するには、ダイアログコントロールの ID が NULL でないことを確認してください。For proper functionality, ensure that your dialog control has an ID that is not NULL.

この変更により、マネージ/ネイティブの相互運用シナリオでのクラッシュが修正されます。This change fixes a crash in managed/native interop scenarios. TRACE ステートメントは、 CWnd::Create 問題の開発者に通知します。A TRACE statement in CWnd::Create alerts the developer of the problem.

既定の拡張ウィンドウスタイルは WS_EX_LEFT です。The default extended window style is WS_EX_LEFT. 既定のウィンドウスタイルは WS_OVERLAPPED です。The default window style is WS_OVERLAPPED.

ウィンドウクラスを登録するには、 AfxRegisterWndClass 関数を使用します。Use the AfxRegisterWndClass function to register window classes. ユーザー定義ウィンドウクラスは、登録されているモジュールで使用できます。User defined window classes are available in the module where they are registered.

子ウィンドウのディメンションは、親ウィンドウのクライアント領域の左上隅を基準としています。Dimensions for child windows are relative to the top-left corner of the client area of the parent window. トップレベルウィンドウのディメンションは、画面の左上隅を基準としています。Dimensions for top-level windows are relative to the top-left corner of the screen.

CWnd:: OnCreateメソッドは、 CreateEx メソッドが戻る前、およびウィンドウが表示される前に呼び出されます。The CWnd::OnCreate method is called before the CreateEx method returns, and before the window becomes visible.

Example

void CMyDlg::OnCreateExtendedControl() 
{
   // m_pWndStaticEx is a CWnd* member of CMyDlg
   m_pWndStaticEx = new CStatic;
   m_pWndStaticEx->CreateEx(WS_EX_CLIENTEDGE, // Make a client edge label.
      _T("STATIC"), _T("Hi"),
      WS_CHILD | WS_TABSTOP | WS_VISIBLE,
      5, 5, 30, 30, m_hWnd, (HMENU)2345);
}

CWnd:: CreateグレーのキャレットCWnd::CreateGrayCaret

システムキャレットの灰色の四角形を作成し、キャレットの所有権を要求します。Creates a gray rectangle for the system caret and claims ownership of the caret.

void CreateGrayCaret(
    int nWidth,
    int nHeight);

パラメーターParameters

nWidthnWidth
キャレットの幅 (論理単位) を指定します。Specifies the width of the caret (in logical units). このパラメーターが0の場合、幅はシステム定義のウィンドウの境界線の幅に設定されます。If this parameter is 0, the width is set to the system-defined window-border width.

nHeightnHeight
キャレットの高さを指定します (論理単位)。Specifies the height of the caret (in logical units). このパラメーターが0の場合、高さはシステム定義のウィンドウ境界の高さに設定されます。If this parameter is 0, the height is set to the system-defined window-border height.

解説Remarks

カレット図形は、直線またはブロックにすることができます。The caret shape can be a line or a block.

パラメーター nWidthnHeight は、キャレットの幅と高さ (論理単位) を指定します。正確な幅と高さ (ピクセル単位) は、マッピングモードによって異なります。The parameters nWidth and nHeight specify the caret's width and height (in logical units); the exact width and height (in pixels) depend on the mapping mode.

システムのウィンドウの境界線の幅または高さは、 GetSystemMetrics Windows 関数によって、SM_CXBORDER インデックスと SM_CYBORDER インデックスを使用して取得できます。The system's window-border width or height can be retrieved by the GetSystemMetrics Windows function with the SM_CXBORDER and SM_CYBORDER indexes. ウィンドウの境界線の幅または高さを使用すると、キャレットが高解像度のディスプレイで表示されるようになります。Using the window-border width or height ensures that the caret will be visible on a high-resolution display.

このメンバー関数は、どのウィンドウがカレットを所有しているかに CreateGrayCaret 関係なく、前のカレット図形があれば自動的に破棄します。The CreateGrayCaret member function automatically destroys the previous caret shape, if any, regardless of which window owns the caret. 作成されると、カレットは最初は非表示になります。Once created, the caret is initially hidden. キャレットを表示するには、 Showcaret メンバー関数を呼び出す必要があります。To show the caret, the ShowCaret member function must be called.

システムキャレットは共有リソースです。The system caret is a shared resource. CWnd 入力フォーカスがある場合、またはアクティブな場合にのみ、キャレットを作成する必要があります。CWnd should create a caret only when it has the input focus or is active. 入力フォーカスを失ったり、非アクティブになったりする前に、カレットを破棄する必要があります。It should destroy the caret before it loses the input focus or becomes inactive.

Example

// Create a 5x10 gray caret in the edit control.
void CMyDlg::OnCreateGrayCaret()
{
   m_MyEdit.CreateGrayCaret(5, 10);
   m_MyEdit.ShowCaret();
}

CWnd:: CreateSolidCaretCWnd::CreateSolidCaret

システムキャレットの塗りつぶされた四角形を作成し、キャレットの所有権を要求します。Creates a solid rectangle for the system caret and claims ownership of the caret.

void CreateSolidCaret(
    int nWidth,
    int nHeight);

パラメーターParameters

nWidthnWidth
キャレットの幅 (論理単位) を指定します。Specifies the width of the caret (in logical units). このパラメーターが0の場合、幅はシステム定義のウィンドウの境界線の幅に設定されます。If this parameter is 0, the width is set to the system-defined window-border width.

nHeightnHeight
キャレットの高さを指定します (論理単位)。Specifies the height of the caret (in logical units). このパラメーターが0の場合、高さはシステム定義のウィンドウ境界の高さに設定されます。If this parameter is 0, the height is set to the system-defined window-border height.

解説Remarks

カレット図形は、直線またはブロックにすることができます。The caret shape can be a line or block.

パラメーター nWidthnHeight は、キャレットの幅と高さ (論理単位) を指定します。正確な幅と高さ (ピクセル単位) は、マッピングモードによって異なります。The parameters nWidth and nHeight specify the caret's width and height (in logical units); the exact width and height (in pixels) depend on the mapping mode.

システムのウィンドウの境界線の幅または高さは、 GetSystemMetrics Windows 関数によって、SM_CXBORDER インデックスと SM_CYBORDER インデックスを使用して取得できます。The system's window-border width or height can be retrieved by the GetSystemMetrics Windows function with the SM_CXBORDER and SM_CYBORDER indexes. ウィンドウの境界線の幅または高さを使用すると、キャレットが高解像度のディスプレイで表示されるようになります。Using the window-border width or height ensures that the caret will be visible on a high-resolution display.

このメンバー関数は、どのウィンドウがカレットを所有しているかに CreateSolidCaret 関係なく、前のカレット図形があれば自動的に破棄します。The CreateSolidCaret member function automatically destroys the previous caret shape, if any, regardless of which window owns the caret. 作成されると、カレットは最初は非表示になります。Once created, the caret is initially hidden. キャレットを表示するには、 Showcaret メンバー関数を呼び出す必要があります。To show the caret, the ShowCaret member function must be called.

システムキャレットは共有リソースです。The system caret is a shared resource. CWnd 入力フォーカスがある場合、またはアクティブな場合にのみ、キャレットを作成する必要があります。CWnd should create a caret only when it has the input focus or is active. 入力フォーカスを失ったり、非アクティブになったりする前に、カレットを破棄する必要があります。It should destroy the caret before it loses the input focus or becomes inactive.

Example

// Create a 5x10 solid caret in the edit control.
void CMyDlg::OnCreateSolidCaret()
{
   m_MyEdit.CreateSolidCaret(5, 10);
   m_MyEdit.ShowCaret();
}

CWnd:: CWndCWnd::CWnd

CWnd オブジェクトを構築します。Constructs a CWnd object.

CWnd();

解説Remarks

CreateExまたはCreate member 関数が呼び出されるまで、Windows ウィンドウは作成されず、アタッチされません。The Windows window is not created and attached until the CreateEx or Create member function is called.

CWnd::D eCWnd::Default

既定のウィンドウプロシージャを呼び出します。Calls the default window procedure.

LRESULT Default();

戻り値Return Value

送信されるメッセージによって異なります。Depends on the message sent.

解説Remarks

既定のウィンドウプロシージャは、アプリケーションが処理しないウィンドウメッセージの既定の処理を提供します。The default window procedure provides default processing for any window message that an application does not process. このメンバー関数は、すべてのメッセージが確実に処理されるようにします。This member function ensures that every message is processed.

Example

// This sample shows how to avoid any button handling in base class,
// if any, and call the default window procedure directly.
void CMyDlg::OnLButtonDown(UINT nFlags, CPoint point)
{
   UNREFERENCED_PARAMETER(nFlags);
   UNREFERENCED_PARAMETER(point);

   CWnd::Default();
}

CWnd::D efWindowProcCWnd::DefWindowProc

既定のウィンドウプロシージャを呼び出します。このプロシージャは、アプリケーションが処理しないウィンドウメッセージの既定の処理を提供します。Calls the default window procedure, which provides default processing for any window message that an application does not process.

virtual LRESULT DefWindowProc(
    UINT message,
    WPARAM wParam,
    LPARAM lParam);

パラメーターParameters

messagemessage
処理する Windows メッセージを指定します。Specifies the Windows message to be processed.

wParamwParam
追加のメッセージに依存する情報を指定します。Specifies additional message-dependent information.

lParamlParam
追加のメッセージに依存する情報を指定します。Specifies additional message-dependent information.

戻り値Return Value

送信されるメッセージによって異なります。Depends on the message sent.

解説Remarks

このメンバー関数は、すべてのメッセージが確実に処理されるようにします。This member function ensures that every message is processed. これは、ウィンドウプロシージャが受け取るパラメーターと同じパラメーターを使用して呼び出す必要があります。It should be called with the same parameters as those received by the window procedure.

CWnd::D eleteTempMapCWnd::DeleteTempMap

オブジェクトのアイドル時間ハンドラーによって自動的に呼び出され CWinApp ます。Called automatically by the idle time handler of the CWinApp object.

static void PASCAL DeleteTempMap();

解説Remarks

CWndメンバー関数によって作成された一時オブジェクトを削除 FromHandle します。Deletes any temporary CWnd objects created by the FromHandle member function.

Example

// DeleteTempMap() is a static member and does not need 
// to be called within the scope of an instantiated CWnd object.
CWnd::DeleteTempMap();

CWnd::D estroyWindowCWnd::DestroyWindow

オブジェクトにアタッチされている Windows ウィンドウを破棄 CWnd します。Destroys the Windows window attached to the CWnd object.

virtual BOOL DestroyWindow();

戻り値Return Value

ウィンドウが破棄された場合は0以外の。それ以外の場合は0です。Nonzero if the window is destroyed; otherwise 0.

解説Remarks

DestroyWindowこのメンバー関数は、ウィンドウに適切なメッセージを送信して非アクティブ化し、入力フォーカスを解除します。The DestroyWindow member function sends appropriate messages to the window to deactivate it and remove the input focus. また、ウィンドウのメニューを破棄し、アプリケーションキューをフラッシュして、未処理のタイマーを破棄し、クリップボードの所有権を削除し、 CWnd がビューアーチェーンの最上位にある場合はクリップボードビューアーのチェーンを解除します。It also destroys the window's menu, flushes the application queue, destroys outstanding timers, removes Clipboard ownership, and breaks the Clipboard-viewer chain if CWnd is at the top of the viewer chain. WM_DESTROYメッセージとWM_NCDESTROYメッセージがウィンドウに送信されます。It sends WM_DESTROY and WM_NCDESTROY messages to the window. オブジェクトは破棄されません CWndIt does not destroy the CWnd object.

DestroyWindow は、クリーンアップを実行するためのプレースホルダーです。DestroyWindow is a place holder for performing cleanup. DestroyWindowは仮想関数であるため、クラスビューのすべての派生クラスに表示され CWnd ます。Because DestroyWindow is a virtual function, it is shown in any CWnd-derived class in Class View. ただし、派生クラスでこの関数をオーバーライドしても CWndDestroyWindow は必ずしも呼び出されるとは限りません。But even if you override this function in your CWnd-derived class, DestroyWindow is not necessarily called. DestroyWindowが MFC コードで呼び出されない場合は、呼び出す必要がある場合は、独自のコードで明示的に呼び出す必要があります。If DestroyWindow is not called in the MFC code, then you have to explicitly call it in your own code if you want it to be called.

たとえば、から派生したクラスでオーバーライドしたとし DestroyWindow CView ます。Assume, for example, you have overridden DestroyWindow in a CView-derived class. MFC ソースコードはの派生クラスではを呼び出さないため DestroyWindow CFrameWndDestroyWindow 明示的に呼び出す場合を除き、オーバーライドされたは呼び出されません。Since MFC source code does not call DestroyWindow in any of its CFrameWnd-derived classes, your overridden DestroyWindow will not be called unless you call it explicitly.

ウィンドウが任意のウィンドウの親である場合、親ウィンドウが破棄されると、これらの子ウィンドウは自動的に破棄されます。If the window is the parent of any windows, these child windows are automatically destroyed when the parent window is destroyed. この DestroyWindow メンバー関数は、最初に子ウィンドウを破棄し、次にウィンドウ自体を破棄します。The DestroyWindow member function destroys child windows first and then the window itself.

DestroyWindowまた、メンバー関数は、 CDialog:: Createによって作成されたモードレスダイアログボックスを破棄します。The DestroyWindow member function also destroys modeless dialog boxes created by CDialog::Create.

CWnd破棄されるが子ウィンドウであり、 WS_EX_NOPARENTNOTIFYスタイルが設定されていない場合、WM_PARENTNOTIFYメッセージは親に送信されます。If the CWnd being destroyed is a child window and does not have the WS_EX_NOPARENTNOTIFY style set, then the WM_PARENTNOTIFY message is sent to the parent.

Example

// CModeless is a CDialog class representing a modeless dialog
// Destruction of the modeless dialog involves calling DestroyWindow in 
// OnOK() & OnCancel() handlers
void CModeless::OnOK() 
{ 
   if (!UpdateData(TRUE)) 
   {
      TRACE(_T("UpdateData failed during dialog termination\n"));
      // The UpdateData routine will set focus to correct item
      return;
   }
   DestroyWindow();
}

void CModeless::OnCancel()
{
   DestroyWindow();
}

CWnd::D etachCWnd::Detach

CWnd オブジェクトから Windows のハンドルを切り離し、そのハンドルを返します。Detaches a Windows handle from a CWnd object and returns the handle.

HWND Detach();

戻り値Return Value

Windows オブジェクトへの HWND。A HWND to the Windows object.

Example

CWnd:: Attach」の例を参照してください。See the example for CWnd::Attach.

CWnd::D lgDirListCWnd::DlgDirList

リスト ボックスにファイル リストまたはディレクトリ リストを設定します。Fills a list box with a file or directory listing.

int DlgDirList(
    LPTSTR lpPathSpec,
    int nIDListBox,
    int nIDStaticPath,
    UINT nFileType);

パラメーターParameters

lpPathSpeclpPathSpec
パスまたはファイル名を含む null で終わる文字列を指します。Points to a null-terminated string that contains the path or filename. DlgDirList この文字列を変更します。変更内容を格納するのに十分な長さにする必要があります。DlgDirList modifies this string, which should be long enough to contain the modifications. 詳細については、次の「解説」セクションを参照してください。For more information, see the following "Remarks" section.

nIDListBoxnIDListBox
リストボックスの識別子を指定します。Specifies the identifier of a list box. NIDListBoxが0の場合、は DlgDirList リストボックスが存在しないことを前提としています。If nIDListBox is 0, DlgDirList assumes that no list box exists and does not attempt to fill one.

nIDStaticPathnIDStaticPath
現在のドライブとディレクトリを表示するために使用する静的テキストコントロールの識別子を指定します。Specifies the identifier of the static-text control used to display the current drive and directory. NIDStaticPathが0の場合、はその DlgDirList ようなテキストコントロールが存在しないことを前提としています。If nIDStaticPath is 0, DlgDirList assumes that no such text control is present.

nFileTypenFileType
表示するファイルの属性を指定します。Specifies the attributes of the files to be displayed. 次の値の任意の組み合わせを指定できます。It can be any combination of the following values:

  • 追加の属性を使用せずに、読み取り/書き込みデータファイルを DDL_READWRITE します。DDL_READWRITE Read-write data files with no additional attributes.

  • 読み取り専用ファイルを DDL_READONLY します。DDL_READONLY Read-only files.

  • 隠しファイルを DDL_HIDDEN します。DDL_HIDDEN Hidden files.

  • システムファイルを DDL_SYSTEM します。DDL_SYSTEM System files.

  • DDL_DIRECTORY ディレクトリ。DDL_DIRECTORY Directories.

  • アーカイブを DDL_ARCHIVE します。DDL_ARCHIVE Archives.

  • LB_DIR フラグを DDL_POSTMSGS します。DDL_POSTMSGS LB_DIR flag. LB_DIR フラグが設定されている場合、によって生成されるメッセージは DlgDirList アプリケーションのキューに格納されます。それ以外の場合は、ダイアログボックスのプロシージャに直接送信されます。If the LB_DIR flag is set, Windows places the messages generated by DlgDirList in the application's queue; otherwise, they are sent directly to the dialog-box procedure.

  • DDL_DRIVES ドライブ。DDL_DRIVES Drives. DDL_DRIVES フラグが設定されている場合、DDL_EXCLUSIVE フラグは自動的に設定されます。If the DDL_DRIVES flag is set, the DDL_EXCLUSIVE flag is set automatically. したがって、ドライブとファイルを含むディレクトリの一覧を作成するには、を2回呼び出す必要があります。1回は DDL_DRIVES フラグを設定し、もう1つは DlgDirList リストの残りの部分にフラグを設定します。Therefore, to create a directory listing that includes drives and files, you must call DlgDirList twice: once with the DDL_DRIVES flag set and once with the flags for the rest of the list.

  • DDL_EXCLUSIVE 排他ビットです。DDL_EXCLUSIVE Exclusive bit. 排他的ビットが設定されている場合は、指定された種類のファイルのみが表示されます。それ以外の場合は、指定された種類の通常のファイルとファイルが一覧表示されます。If the exclusive bit is set, only files of the specified type are listed; otherwise normal files and files of the specified type are listed.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if the function is successful; otherwise 0.

解説Remarks

DlgDirListLB_RESETCONTENTメッセージとLB_DIRメッセージをリストボックスに送信します。DlgDirList sends LB_RESETCONTENT and LB_DIR messages to the list box. NIDListBoxで指定されたリストボックスに、 lpPathSpecによって指定されたパスに一致するすべてのファイルの名前を入力します。It fills the list box specified by nIDListBox with the names of all files that match the path given by lpPathSpec.

LpPathSpecパラメーターの形式は次のとおりです。The lpPathSpec parameter has the following form:

[drive:] [ [\u]directory[\idirectory]...\u] [filename]

この例では、 ドライブ はドライブ文字、 directory は有効なディレクトリ名、 filename は有効なファイル名であり、少なくとも1つのワイルドカードを含める必要があります。In this example, drive is a drive letter, directory is a valid directory name, and filename is a valid filename that must contain at least one wildcard. ワイルドカードは疑問符 (?) です。これは任意の文字と一致することを意味し、アスタリスク ( * ) は任意の数の文字に一致します。The wildcards are a question mark (?), which means match any character, and an asterisk (*), meaning match any number of characters.

LpPathSpecに長さ0の文字列を指定した場合、またはディレクトリ名だけを指定し、ファイルの指定を含まない場合は、文字列が "." に変更されます * * 。If you specify a 0-length string for lpPathSpec, or if you specify only a directory name but do not include any file specification, the string will be changed to "*.*".

LpPathSpecにドライブ名またはディレクトリ名が含まれている場合、リストボックスがいっぱいになる前に、現在のドライブとディレクトリが指定されたドライブとディレクトリに変更されます。If lpPathSpec includes a drive and/or directory name, the current drive and directory are changed to the designated drive and directory before the list box is filled. NIDStaticPathによって識別されるテキストコントロールも、新しいドライブまたはディレクトリ名で更新されます。The text control identified by nIDStaticPath is also updated with the new drive and/or directory name.

リストボックスがいっぱいになると、パスのドライブやディレクトリの部分を削除することによって lpPathSpec が更新されます。After the list box is filled, lpPathSpec is updated by removing the drive and/or directory portion of the path.

Example

// If pDialog points to a CDialog object with a list box
// with the identifier IDC_DIRLIST, this call will populate
// the box with only the non-hidden subdirectories in the root
// directory of the C:\ drive.
TCHAR path[MAX_PATH];
_tcscpy_s(path, MAX_PATH, _T("C:\\"));

pDialog->DlgDirList(path, IDC_DIRLIST, 0, DDL_EXCLUSIVE | DDL_DIRECTORY);

CWnd::D lgDirListComboBoxCWnd::DlgDirListComboBox

コンボ ボックスにファイル リストまたはディレクトリ リストを設定します。Fills the list box of a combo box with a file or directory listing.

int DlgDirListComboBox(
    LPTSTR lpPathSpec,
    int nIDComboBox,
    int nIDStaticPath,
    UINT nFileType);

パラメーターParameters

lpPathSpeclpPathSpec
パスまたはファイル名を含む null で終わる文字列を指します。Points to a null-terminated string that contains the path or filename. DlgDirListComboBox この文字列を変更して、このデータを文字列リテラルの形式にすることはできません。DlgDirListComboBox modifies this string, so this data should not be in the form of a string literal. 次の「解説」セクションを参照してください。See the following "Remarks" section.

nIDComboBoxnIDComboBox
ダイアログボックス内のコンボボックスの識別子を指定します。Specifies the identifier of a combo box in a dialog box. NIDComboBoxが0の場合、は DlgDirListComboBox コンボボックスが存在しないことを前提としています。If nIDComboBox is 0, DlgDirListComboBox assumes that no combo box exists and does not attempt to fill one.

nIDStaticPathnIDStaticPath
現在のドライブとディレクトリを表示するために使用する静的テキストコントロールの識別子を指定します。Specifies the identifier of the static-text control used to display the current drive and directory. NIDStaticPathが0の場合、はその DlgDirListComboBox ようなテキストコントロールが存在しないことを前提としています。If nIDStaticPath is 0, DlgDirListComboBox assumes that no such text control is present.

nFileTypenFileType
表示するファイルの DOS ファイルの属性を指定します。Specifies DOS file attributes of the files to be displayed. 次の値の任意の組み合わせを指定できます。It can be any combination of the following values:

  • 追加の属性を使用せずに、読み取り/書き込みデータファイルを DDL_READWRITE します。DDL_READWRITE Read-write data files with no additional attributes.

  • 読み取り専用ファイルを DDL_READONLY します。DDL_READONLY Read-only files.

  • 隠しファイルを DDL_HIDDEN します。DDL_HIDDEN Hidden files.

  • システムファイルを DDL_SYSTEM します。DDL_SYSTEM System files.

  • DDL_DIRECTORY ディレクトリ。DDL_DIRECTORY Directories.

  • アーカイブを DDL_ARCHIVE します。DDL_ARCHIVE Archives.

  • CB_DIR フラグを DDL_POSTMSGS します。DDL_POSTMSGS CB_DIR flag. CB_DIR フラグが設定されている場合、によって生成されるメッセージは DlgDirListComboBox アプリケーションのキューに格納されます。それ以外の場合は、ダイアログボックスのプロシージャに直接送信されます。If the CB_DIR flag is set, Windows places the messages generated by DlgDirListComboBox in the application's queue; otherwise, they are sent directly to the dialog-box procedure.

  • DDL_DRIVES ドライブ。DDL_DRIVES Drives. DDL_DRIVES フラグが設定されている場合、DDL_EXCLUSIVE フラグは自動的に設定されます。If the DDL_DRIVES flag is set, the DDL_EXCLUSIVE flag is set automatically. したがって、ドライブとファイルを含むディレクトリの一覧を作成するには、を2回呼び出す必要があります。1回は DDL_DRIVES フラグを設定し、もう1つは DlgDirListComboBox リストの残りの部分にフラグを設定します。Therefore, to create a directory listing that includes drives and files, you must call DlgDirListComboBox twice: once with the DDL_DRIVES flag set and once with the flags for the rest of the list.

  • DDL_EXCLUSIVE 排他ビットです。DDL_EXCLUSIVE Exclusive bit. 排他的ビットが設定されている場合は、指定された種類のファイルのみが表示されます。それ以外の場合は、指定された種類の通常のファイルとファイルが一覧表示されます。If the exclusive bit is set, only files of the specified type are listed; otherwise normal files and files of the specified type are listed.

戻り値Return Value

関数の結果を指定します。Specifies the outcome of the function. リストが作成された場合は、空のリスティングでも0以外になります。It is nonzero if a listing was made, even an empty listing. 0の戻り値は、入力文字列に有効な検索パスが含まれていないことを意味します。A 0 return value implies that the input string did not contain a valid search path.

解説Remarks

DlgDirListComboBoxCB_RESETCONTENTメッセージとCB_DIRメッセージをコンボボックスに送信します。DlgDirListComboBox sends CB_RESETCONTENT and CB_DIR messages to the combo box. NIDComboBoxで指定されたコンボボックスのリストボックスに、 lpPathSpecによって指定されたパスに一致するすべてのファイルの名前を入力します。It fills the list box of the combo box specified by nIDComboBox with the names of all files that match the path given by lpPathSpec.

LpPathSpecパラメーターの形式は次のとおりです。The lpPathSpec parameter has the following form:

[drive:] [ [\u]directory[\idirectory]...\u] [filename]

この例では、 ドライブ はドライブ文字、 directory は有効なディレクトリ名、 filename は有効なファイル名であり、少なくとも1つのワイルドカードを含める必要があります。In this example, drive is a drive letter, directory is a valid directory name, and filename is a valid filename that must contain at least one wildcard. ワイルドカードは疑問符 (?) です。これは任意の文字と一致することを意味し、アスタリスク ( * ) は任意の数の文字と一致することを意味します。The wildcards are a question mark (?), which means match any character, and an asterisk (*), which means match any number of characters.

LpPathSpecに長さ0の文字列を指定すると、現在のディレクトリが使用され、 lpPathSpecは変更されません。If you specify a zero-length string for lpPathSpec, the current directory will be used and lpPathSpec will not be modified. ディレクトリ名だけを指定し、ファイルの指定を含めない場合、文字列は "" に変更され * ます。If you specify only a directory name but do not include any file specification, the string will be changed to "*".

LpPathSpecにドライブ名またはディレクトリ名が含まれている場合、リストボックスがいっぱいになる前に、現在のドライブとディレクトリが指定されたドライブとディレクトリに変更されます。If lpPathSpec includes a drive and/or directory name, the current drive and directory are changed to the designated drive and directory before the list box is filled. NIDStaticPathによって識別されるテキストコントロールも、新しいドライブまたはディレクトリ名で更新されます。The text control identified by nIDStaticPath is also updated with the new drive and/or directory name.

コンボボックスのリストボックスがいっぱいになると、パスのドライブやディレクトリの部分を削除することによって lpPathSpec が更新されます。After the combo-box list box is filled, lpPathSpec is updated by removing the drive and/or directory portion of the path.

Example

// If pDialog points to a CDialog object with a combo box
// with the identifier IDC_DIRCOMBO, this call will populate
// the box with only the non-hidden subdirectories in the root
// directory of the C:\ drive.

TCHAR szPath[MAX_PATH];
_tcsncpy_s(szPath, MAX_PATH, _T("C:\\"), MAX_PATH);
pDialog->DlgDirListComboBox(szPath, IDC_DIRCOMBO, 0, DDL_EXCLUSIVE | DDL_DIRECTORY);

// Note that the first argument is a string and not a string
// literal. This is necessary because DlgDirListComboBox
// modifies the supplied string. Passing a string literal
// will result in an access violation.

CWnd::D lgDirSelectCWnd::DlgDirSelect

リスト ボックスから現在の選択を取得します。Retrieves the current selection from a list box.

BOOL DlgDirSelect(
    LPTSTR lpString,
    int nIDListBox);

パラメーターParameters

lpStringlpString
リストボックス内の現在の選択範囲を受け取るバッファーを指します。Points to a buffer that is to receive the current selection in the list box.

nIDListBoxnIDListBox
ダイアログボックスのリストボックスの整数 ID を指定します。Specifies the integer ID of a list box in the dialog box.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if successful; otherwise 0.

解説Remarks

リストボックスが DlgDirList メンバー関数によって入力されており、選択がドライブ文字、ファイル、またはディレクトリ名であることを前提としています。It assumes that the list box has been filled by the DlgDirList member function and that the selection is a drive letter, a file, or a directory name.

この DlgDirSelect メンバー関数は、 lpstringによって指定されたバッファーに選択項目をコピーします。The DlgDirSelect member function copies the selection to the buffer given by lpString. 選択されていない場合、 Lpstring は変更されません。If there is no selection, lpString does not change.

DlgDirSelectLB_GETCURSELメッセージとLB_GETTEXTメッセージをリストボックスに送信します。DlgDirSelect sends LB_GETCURSEL and LB_GETTEXT messages to the list box.

リストボックスから複数のファイル名を返すことはできません。It does not allow more than one filename to be returned from a list box. リストボックスを複数選択リストボックスにすることはできません。The list box must not be a multiple-selection list box.

CWnd::D lgDirSelectComboBoxCWnd::DlgDirSelectComboBox

コンボ ボックスから現在の選択を取得します。Retrieves the current selection from the list box of a combo box.

BOOL DlgDirSelectComboBox(
    LPTSTR lpString,
    int nIDComboBox);

パラメーターParameters

lpStringlpString
選択されたパスを受け取るバッファーを指します。Points to a buffer that is to receive the selected path.

nIDComboBoxnIDComboBox
ダイアログボックス内のコンボボックスの整数 ID を指定します。Specifies the integer ID of the combo box in the dialog box.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if successful; otherwise 0.

解説Remarks

リストボックスが DlgDirListComboBox メンバー関数によって入力されており、選択がドライブ文字、ファイル、またはディレクトリ名であることを前提としています。It assumes that the list box has been filled by the DlgDirListComboBox member function and that the selection is a drive letter, a file, or a directory name.

この DlgDirSelectComboBox メンバー関数は、指定されたバッファーに選択範囲をコピーします。The DlgDirSelectComboBox member function copies the selection to the specified buffer. 選択されていない場合、バッファーの内容は変更されません。If there is no selection, the contents of the buffer are not changed.

DlgDirSelectComboBoxCB_GETCURSELメッセージとCB_GETLBTEXTメッセージをコンボボックスに送信します。DlgDirSelectComboBox sends CB_GETCURSEL and CB_GETLBTEXT messages to the combo box.

コンボボックスから複数のファイル名を返すことはできません。It does not allow more than one filename to be returned from a combo box.

CWnd::D oDataExchangeCWnd::DoDataExchange

ダイアログデータを交換および検証するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to exchange and validate dialog data.

virtual void DoDataExchange(CDataExchange* pDX);

パラメーターParameters

pDXpDX
CDataExchange オブジェクトを指すポインターです。A pointer to a CDataExchange object.

解説Remarks

この関数を直接呼び出さないでください。Never call this function directly. これは、 UpdateData メンバー関数によって呼び出されます。It is called by the UpdateData member function. を呼び出して、ダイアログボックス UpdateData のコントロールを初期化するか、ダイアログボックスからデータを取得します。Call UpdateData to initialize a dialog box's controls or retrieve data from a dialog box.

アプリケーション固有のダイアログクラスを CDialogから派生させる場合、フレームワークの自動データ交換と検証を利用するには、このメンバー関数をオーバーライドする必要があります。When you derive an application-specific dialog class from CDialog, you need to override this member function if you wish to utilize the framework's automatic data exchange and validation. 変数の追加ウィザードは、このメンバー関数のオーバーライドされたバージョンを書き込みます。このメンバー関数は、ダイアログデータエクスチェンジ (DDX) および検証 (DDV) のグローバル関数呼び出しの目的の "データマップ" を含んでいます。The Add Variable wizard will write an overridden version of this member function for you containing the desired "data map" of dialog data exchange (DDX) and validation (DDV) global function calls.

このメンバー関数のオーバーライドされたバージョンを自動的に生成するには、ダイアログエディターを使用してダイアログリソースを作成し、アプリケーション固有のダイアログクラスを派生させます。To automatically generate an overridden version of this member function, first create a dialog resource with the dialog editor, then derive an application-specific dialog class. 次に、変数の追加ウィザードを使用して、新しいダイアログボックスのさまざまなコントロールに変数、データ、および検証範囲を関連付けます。Then use the Add Variable wizard to associate variables, data, and validation ranges with various controls in the new dialog box. 次に、ウィザードは、 DoDataExchange データマップを含むオーバーライドされたを書き込みます。The wizard then writes the overridden DoDataExchange, which contains a data map. 次に、変数の追加ウィザードによって生成される DDX/DDV コードブロックの例を示します。The following is an example DDX/DDV code block generated by the Add Variable wizard:

void CPenWidthsDlg::DoDataExchange(CDataExchange *pDX)
{
   CDialog::DoDataExchange(pDX);
   DDX_Text(pDX, IDC_THINPENWIDTH, m_nThinWidth);
   DDV_MinMaxInt(pDX, m_nThinWidth, 1, 20);
   DDX_Text(pDX, IDC_THICKPENWIDTH, m_nThickWidth);
   DDV_MinMaxInt(pDX, m_nThickWidth, 1, 20);
}

オーバーライドされた DoDataExchange メンバー関数は、ソースファイル内のマクロステートメントの前に記述する必要があります。The DoDataExchange overridden member function must precede the macro statements in your source file.

ダイアログデータエクスチェンジとダイアログデータ検証の詳細については、「フォームとダイアログデータの交換と検証でのデータの表示と操作」を参照してください。For more information on dialog data exchange and validation, see Displaying and Manipulating Data in a Form and Dialog Data Exchange and Validation. 変数の追加ウィザードによって生成される DDX_ および DDV_ マクロの説明については、「 テクニカルノート 26」を参照してください。For a description of the DDX_ and DDV_ macros generated by the Add Variable wizard, see Technical Note 26.

CWnd::D ragAcceptFilesCWnd::DragAcceptFiles

CWndアプリケーションのCWinApp:: InitInstance関数で、ポインターを使用してウィンドウ内からこのメンバー関数を呼び出し、ウィンドウが Windows ファイルマネージャーまたはエクスプローラーから削除されたファイルを受け入れることを示します。Call this member function from within a window, using a CWnd pointer, in your application's CWinApp::InitInstance function to indicate that the window accepts dropped files from the Windows File Manager or File Explorer.

void DragAcceptFiles(BOOL bAccept = TRUE);

パラメーターParameters

BAcceptBAccept
ドラッグされたファイルが受け入れられるかどうかを示すフラグです。Flag that indicates whether dragged files are accepted.

解説Remarks

DragAcceptFiles Bacceptパラメーターを TRUE に設定してを呼び出すウィンドウだけが、Windows メッセージ WM_DROPFILES を処理できるように識別されます。Only the window that calls DragAcceptFiles with the bAccept parameter set to TRUE has identified itself as able to process the Windows message WM_DROPFILES. たとえば、MDI アプリケーションで CMDIFrameWnd は、ウィンドウポインターが関数呼び出しで使用されている場合、 DragAcceptFiles ウィンドウだけが CMDIFrameWnd WM_DROPFILES メッセージを取得します。For example, in an MDI application, if the CMDIFrameWnd window pointer is used in the DragAcceptFiles function call, only the CMDIFrameWnd window gets the WM_DROPFILES message. このメッセージは、開いているすべてのウィンドウに送信されるわけではありません CMDIChildWndThis message is not sent to all open CMDIChildWnd windows. ウィンドウが CMDIChildWnd このメッセージを受信するには、ウィンドウポインターを使用してを呼び出す必要があり DragAcceptFiles CMDIChildWnd ます。For a CMDIChildWnd window to receive this message, you must call DragAcceptFiles with the CMDIChildWnd window pointer.

ドラッグしたファイルの受信を中止するには、 Baccept を FALSE に設定してメンバー関数を呼び出します。To discontinue receiving dragged files, call the member function with bAccept set to FALSE.

CWnd::D ragDetectCWnd::DragDetect

マウスをキャプチャし、ユーザーが左ボタンを離すか、Esc キーを押すか、または指定した点を中心にしたドラッグ四角形の外にマウスを移動するまで、移動を追跡します。Captures the mouse and tracks its movement until the user releases the left button, presses the ESC key, or moves the mouse outside the drag rectangle around the specified point.

BOOL DragDetect(POINT pt) const;

パラメーターParameters

ptpt
マウスの初期位置 (画面座標)。Initial position of the mouse, in screen coordinates. 関数は、このポイントを使用してドラッグ四角形の座標を決定します。The function determines the coordinates of the drag rectangle by using this point.

戻り値Return Value

ユーザーが左ボタンを押したままドラッグ四角形の外にマウスを移動した場合、戻り値は0以外になります。If the user moved the mouse outside of the drag rectangle while holding down the left button , the return value is nonzero.

ユーザーが左ボタンを押したままドラッグ四角形の外にマウスを移動しなかった場合、戻り値は0になります。If the user did not move the mouse outside of the drag rectangle while holding down the left button , the return value is zero.

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、 Dragdetect関数の機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the function DragDetect, as described in the Windows SDK.

CWnd::D rawAnimatedRectsCWnd::DrawAnimatedRects

アイコンを開く動作や、ウィンドウの最小化または最大化の動作を、ワイヤ フレームの四角形のアニメーションで表します。Draws a wire-frame rectangle and animates it to indicate the opening of an icon or the minimizing or maximizing of a window.

BOOL DrawAnimatedRects(
    int idAni,
    CONST RECT* lprcFrom,
    CONST RECT* lprcTo);

パラメーターParameters

idAniidAni
アニメーションの種類を指定します。Specifies the type of animation. IDANI_CAPTION を指定した場合、 lprcFrom によって指定された位置から lprcToによって指定された位置まで、ウィンドウキャプションがアニメーション化されます。If you specify IDANI_CAPTION, the window caption will animate from the position specified by lprcFrom to the position specified by lprcTo. 効果は、ウィンドウを最小化したり最大化したりすることに似ています。The effect is similar to minimizing or maximizing a window.

lprcFromlprcFrom
アイコンまたは最小化されたウィンドウの位置とサイズを指定する RECT 構造体へのポインター。Pointer to a RECT structure specifying the location and size of the icon or minimized window.

lprcTolprcTo
復元されたウィンドウの位置とサイズを指定する RECT 構造体へのポインターPointer to a RECT structure specifying the location and size of the restored window

戻り値Return Value

関数が正常終了した場合は 0 以外。それ以外の場合は 0。Nonzero if the function succeeds; otherwise 0.

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、関数 DrawAnimatedRectsの機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the function DrawAnimatedRects, as described in the Windows SDK.

CWnd::D rawCaptionCWnd::DrawCaption

ウィンドウのキャプションを描画します。Draws a window caption.

BOOL DrawCaption(
    CDC* pDC,
    LPCRECT lprc,
    UINT uFlags);

パラメーターParameters

pDCpDC
デバイスコンテキストへのポインター。A pointer to a device context. 関数は、このデバイスコンテキストにウィンドウキャプションを描画します。The function draws the window caption into this device context.

lprclprc
ウィンドウキャプションの外接する四角形を指定する RECT 構造体へのポインター。A pointer to a RECT structure that specifies the bounding rectangle for the window caption.

uFlagsuFlags
描画オプションを指定します。Specifies drawing options. 値の完全な一覧については、「 Drawcaption」を参照してください。For a complete list of values, see DrawCaption.

戻り値Return Value

関数が正常終了した場合は 0 以外。それ以外の場合は 0。Nonzero if the function succeeds; otherwise 0.

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、関数 Drawcaptionの機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the function DrawCaption, as described in the Windows SDK.

CWnd::D rawMenuBarCWnd::DrawMenuBar

メニュー バーを再描画します。Redraws the menu bar.

void DrawMenuBar();

解説Remarks

Windows によってウィンドウが作成された後でメニューバーが変更された場合は、この関数を呼び出して、変更されたメニューバーを描画します。If a menu bar is changed after Windows has created the window, call this function to draw the changed menu bar.

Example

CWnd:: GetMenuの例を参照してください。See the example for CWnd::GetMenu.

CWnd:: EnableActiveAccessibilityCWnd::EnableActiveAccessibility

ユーザー定義 Active Accessibility 関数を有効にします。Enables user-defined Active Accessibility functions.

void EnableActiveAccessibility();

解説Remarks

MFC の既定の Active Accessibility サポートでは、ActiveX コントロールを含む標準のウィンドウとコントロールに対して十分です。ただし、 CWnd 派生クラスに nonwindowed ユーザーインターフェイス要素が含まれている場合、MFC にはそのことを知る方法がありません。MFC's default Active Accessibility support is sufficient for standard windows and controls, including ActiveX controls; however, if your CWnd-derived class contains nonwindowed user interface elements, MFC has no way of knowing about them. その場合は、クラスの適切な Active Accessibility メンバー関数 をオーバーライドする必要があり、クラスのコンストラクターでを呼び出す必要があり EnableActiveAccessibility ます。In that case, you must override the appropriate Active Accessibility member functions in your class, and you must call EnableActiveAccessibility in the class's constructor.

CWnd:: EnableDynamicLayoutCWnd::EnableDynamicLayout

動的レイアウト マネージャーを有効または無効にします。Enables or disables the dynamic layout manager. 動的レイアウトが有効な場合は、ユーザーがウィンドウのサイズを変更したときに、子ウィンドウの位置とサイズを動的に調整できます。When dynamic layout is enabled, the position and size of child windows can adjust dynamically when the user resizes the window.

void EnableDynamicLayout(BOOL bEnable = TRUE);

パラメーターParameters

bEnablebEnable
動的レイアウトを有効にする場合は TRUE。動的レイアウトを無効にする場合は FALSE。TRUE to enable dynamic layout; FALSE to disable dynamic layout.

解説Remarks

動的レイアウトを有効にする場合は、このメソッドを呼び出す以外にも必要な作業があります。If you want to enable dynamic layout, you have to do more than just call this method. ウィンドウ内のコントロールがサイズ変更にどのように応答するかを指定する、動的レイアウト情報も提供する必要があります。You also have to provide dynamic layout information which species how the controls in the window respond to size changes. この情報は、コントロールごとに、リソース エディターで指定することも、プログラムで指定することもできます。You can specify this information in the resource editor, or programmatically, for each control. 動的レイアウト」を参照してください。See Dynamic Layout.

CWnd:: EnableD2DSupportCWnd::EnableD2DSupport

ウィンドウの D2D のサポートを有効または無効にします。Enables or disables window D2D support. このメソッドは、メイン ウィンドウが初期化される前に呼び出します。Call this method before the main window is initialized.

void EnableD2DSupport(
    BOOL bEnable = TRUE,
    BOOL bUseDCRenderTarget = FALSE);

パラメーターParameters

bEnablebEnable
ウィンドウの D2D のサポートをオンにするかオフにするかを指定します。Specifies whether to turn on, or off D2D support.

bUseDCRenderTargetbUseDCRenderTarget
デバイス コンテキスト (DC) レンダー ターゲット、CDCRenderTarget を使用するかどうかを指定します。Species whether to use the Device Context (DC) render target, CDCRenderTarget. FALSE の場合、CHwndRenderTarget が使用されます。If FALSE, CHwndRenderTarget is used.

CWnd:: EnableScrollBarCWnd::EnableScrollBar

スクロール バーの矢印の一方または両方を有効または無効にします。Enables or disables one or both arrows of a scroll bar.

BOOL EnableScrollBar(
    int nSBFlags,
    UINT nArrowFlags = ESB_ENABLE_BOTH);

パラメーターParameters

nSBFlagsnSBFlags
スクロールバーの種類を指定します。Specifies the scroll-bar type. 次のいずれかの値になります。Can have one of the following values:

  • SB_BOTH ウィンドウに関連付けられている水平および垂直のスクロールバーの矢印を有効または無効にします。SB_BOTH Enables or disables the arrows of the horizontal and vertical scroll bars associated with the window.

  • SB_HORZ ウィンドウに関連付けられている水平スクロールバーの矢印を有効または無効にします。SB_HORZ Enables or disables the arrows of the horizontal scroll bar associated with the window.

  • SB_VERT ウィンドウに関連付けられた垂直スクロールバーの矢印を有効または無効にします。SB_VERT Enables or disables the arrows of the vertical scroll bar associated with the window.

nArrowFlagsnArrowFlags
スクロールバーの矢印を有効にするか無効にするかを指定します。また、有効または無効にする矢印を指定します。Specifies whether the scroll-bar arrows are enabled or disabled and which arrows are enabled or disabled. 次のいずれかの値になります。Can have one of the following values:

  • ESB_ENABLE_BOTH すると、スクロールバーの両方の矢印が有効になります (既定)。ESB_ENABLE_BOTH Enables both arrows of a scroll bar (default).

  • ESB_DISABLE_LTUP は、水平スクロールバーまたは垂直スクロールバーの上矢印の左矢印を無効にします。ESB_DISABLE_LTUP Disables the left arrow of a horizontal scroll bar or the up arrow of a vertical scroll bar.

  • ESB_DISABLE_RTDN は、水平スクロールバーまたは垂直スクロールバーの下矢印の右矢印を無効にします。ESB_DISABLE_RTDN Disables the right arrow of a horizontal scroll bar or the down arrow of a vertical scroll bar.

  • ESB_DISABLE_BOTH は、スクロールバーの両方の矢印を無効にします。ESB_DISABLE_BOTH Disables both arrows of a scroll bar.

戻り値Return Value

指定に従って矢印が有効または無効になっている場合は0以外の。Nonzero if the arrows are enabled or disabled as specified. それ以外の場合は0になります。これは、矢印が既に要求された状態であるか、またはエラーが発生したことを示します。Otherwise it is 0, which indicates that the arrows are already in the requested state or that an error occurred.

CWnd:: EnableScrollBarCtrlCWnd::EnableScrollBarCtrl

このウィンドウのスクロールバーを有効または無効にします。Enables or disables the scroll bar for this window.

void EnableScrollBarCtrl(
    int nBar,
    BOOL bEnable = TRUE);

パラメーターParameters

nBarnBar
スクロールバーの識別子。The scroll-bar identifier.

bEnablebEnable
スクロールバーを有効にするか無効にするかを指定します。Specifies whether the scroll bar is to be enabled or disabled.

解説Remarks

ウィンドウに兄弟スクロールバーコントロールがある場合は、そのスクロールバーが使用されます。それ以外の場合は、ウィンドウの独自のスクロールバーが使用されます。If the window has a sibling scroll-bar control, that scroll bar is used; otherwise the window's own scroll bar is used.

CWnd:: EnableToolTips ヒントCWnd::EnableToolTips

指定されたウィンドウのツールヒントを有効にします。Enables tool tips for the given window.

BOOL EnableToolTips(BOOL bEnable = TRUE);

パラメーターParameters

bEnablebEnable
ツールヒントコントロールを有効にするか無効にするかを指定します。Specifies whether the tool tip control is enabled or disabled. TRUE を指定すると、コントロールが有効になります。FALSE コントロールを無効にします。TRUE enables the control; FALSE disables the control.

戻り値Return Value

ツールヒントが有効な場合は TRUE。それ以外の場合は FALSE。TRUE if tool tips are enabled; otherwise FALSE.

解説Remarks

OnToolHitTestをオーバーライドして、ウィンドウの構造体または構造体をTOOLINFOに指定します。Override OnToolHitTest to provide the TOOLINFO struct or structs for the window.

注意

CToolBarなどの一部のウィンドウには、 OnToolHitTestの組み込み実装が用意されています。Some windows, such as CToolBar, provide a built-in implementation of OnToolHitTest.

この構造の詳細については、Windows SDK の「 TOOLINFO 」を参照してください。See TOOLINFO in the Windows SDK for more information on this structure.

EnableToolTips親ウィンドウがから派生している場合を除き、を呼び出して、子コントロールのツールヒントを表示するだけでは不十分です CFrameWndSimply calling EnableToolTips is not enough to display tool tips for your child controls unless the parent window is derived from CFrameWnd. これは、に CFrameWnd よって TTN_NEEDTEXT 通知の既定のハンドラーが提供されるためです。This is because CFrameWnd provides a default handler for the TTN_NEEDTEXT notification. 親ウィンドウがから派生していない場合、 CFrameWnd つまり、ダイアログボックスまたはフォームビューである場合、TTN_NEEDTEXT ツールヒントの通知のハンドラーを指定しない限り、子コントロールのツールヒントは正しく表示されません。If your parent window is not derived from CFrameWnd, that is, if it is a dialog box or a form view, tool tips for your child controls will not display correctly unless you provide a handler for the TTN_NEEDTEXT tool tip notification. ツールヒント」を参照してください。See Tool Tips.

によってウィンドウに提供される既定のツールヒントには、 EnableToolTips テキストが関連付けられていません。The default tool tips provided for your windows by EnableToolTips do not have text associated with them. 表示するツールヒントのテキストを取得するために、ツールヒントウィンドウが表示される直前に、TTN_NEEDTEXT 通知がツールヒントコントロールの親ウィンドウに送信されます。To retrieve text for the tool tip to display, the TTN_NEEDTEXT notification is sent to the tool tip control's parent window just before the tool tip window is displayed. このメッセージに対して、構造体の Psztext メンバーになんらかの値を割り当てるためのハンドラーがない場合 TOOLTIPTEXT 、ツールヒントのテキストは表示されません。If there is no handler for this message to assign some value to the pszText member of the TOOLTIPTEXT structure, there will be no text displayed for the tool tip.

Example

// From message map for CMdiView, a CView-derived class
ON_NOTIFY_EX_RANGE(TTN_NEEDTEXTW, 0, 0xFFFF, &CMdiView::OnToolTipNotify)
ON_NOTIFY_EX_RANGE(TTN_NEEDTEXTA, 0, 0xFFFF, &CMdiView::OnToolTipNotify)
void CMdiView::OnInitialUpdate()
{
   CView::OnInitialUpdate();

   m_Edit.Create(ES_MULTILINE | WS_CHILD | WS_VISIBLE | WS_TABSTOP | WS_BORDER,
                 CRect(10, 10, 100, 100), this, IDC_TTEDIT);
   EnableToolTips(TRUE); // enable tool tips for view
}

//Notification handler
BOOL CMdiView::OnToolTipNotify(UINT id, NMHDR *pNMHDR, LRESULT *pResult)
{
   UNREFERENCED_PARAMETER(id);
   UNREFERENCED_PARAMETER(pResult);

   // need to handle both ANSI and UNICODE versions of the message
   TOOLTIPTEXTA *pTTTA = (TOOLTIPTEXTA*)pNMHDR;
   TOOLTIPTEXTW *pTTTW = (TOOLTIPTEXTW*)pNMHDR;
   CStringA strTipText;
   UINT_PTR nID = pNMHDR->idFrom;
   if (pNMHDR->code == TTN_NEEDTEXTA && (pTTTA->uFlags & TTF_IDISHWND) ||
       pNMHDR->code == TTN_NEEDTEXTW && (pTTTW->uFlags & TTF_IDISHWND))
   {
      // idFrom is actually the HWND of the tool
      nID = ::GetDlgCtrlID((HWND)nID);
   }

   if (nID != 0) // will be zero on a separator
      strTipText.Format("Control ID = %d", nID);

   if (pNMHDR->code == TTN_NEEDTEXTA)
   {
      strncpy_s(pTTTA->szText, sizeof(pTTTA->szText), strTipText,
                strTipText.GetLength() + 1);
   }
   else
   {
      ::MultiByteToWideChar(CP_ACP, 0, strTipText, strTipText.GetLength() + 1,
                            pTTTW->szText, sizeof(pTTTW->szText) / (sizeof pTTTW->szText[0]));
   }

   return TRUE; // message was handled
}

CWnd:: EnableTrackingToolTips ヒントCWnd::EnableTrackingToolTips

追跡ツールヒントを有効または無効にします。Enables or disables tracking tooltips.

BOOL EnableTrackingToolTips(BOOL bEnable = TRUE);

パラメーターParameters

bEnablebEnable
追跡ツールヒントを有効にするか無効にするかを指定します。Specifies whether tracking tool tips are enabled or disabled. このパラメーターが TRUE の場合、追跡ツールのヒントが有効になります。If this parameter is TRUE, the tracking tool tips will be enabled. このパラメーターが FALSE の場合、追跡ツールのヒントは無効になります。If this parameter is FALSE, the tracking tool tips will be disabled.

戻り値Return Value

メンバー関数が呼び出される前の状態を示し EnableWindow ます。Indicates the state before the EnableWindow member function was called. ウィンドウが以前に無効になっていた場合、戻り値は0以外になります。The return value is nonzero if the window was previously disabled. ウィンドウが以前に有効になっていた場合、またはエラーが発生した場合、戻り値は0になります。The return value is 0 if the window was previously enabled or an error occurred.

解説Remarks

追跡ツールヒントは、画面上に動的に配置できるツールヒントウィンドウです。Tracking tool tips are tool tip windows that you can dynamically position on the screen. 位置を迅速に更新することで、ツールヒントウィンドウがスムーズに移動したり、"トラック" したりするように見えます。By rapidly updating the position, the tool tip window appears to move smoothly, or "track." この機能は、移動時にポインターの位置をたどるためにツールヒントテキストが必要な場合に便利です。This functionality can be useful if you need tool tip text to follow the position of the pointer as it moves.

CWnd:: EnableWindowCWnd::EnableWindow

マウス入力およびキーボード入力を有効または無効にします。Enables or disables mouse and keyboard input.

BOOL EnableWindow(BOOL bEnable = TRUE);

パラメーターParameters

bEnablebEnable
指定されたウィンドウを有効にするか無効にするかを指定します。Specifies whether the given window is to be enabled or disabled. このパラメーターが TRUE の場合、ウィンドウが有効になります。If this parameter is TRUE, the window will be enabled. このパラメーターが FALSE の場合、ウィンドウは無効になります。If this parameter is FALSE, the window will be disabled.

戻り値Return Value

メンバー関数が呼び出される前の状態を示し EnableWindow ます。Indicates the state before the EnableWindow member function was called. ウィンドウが以前に無効になっていた場合、戻り値は0以外になります。The return value is nonzero if the window was previously disabled. ウィンドウが以前に有効になっていた場合、またはエラーが発生した場合、戻り値は0になります。The return value is 0 if the window was previously enabled or an error occurred.

解説Remarks

入力が無効になっている場合、マウスのクリックやキーボード操作などの入力は無視されます。When input is disabled, input such as mouse clicks and keystrokes is ignored. 入力が有効になっている場合、ウィンドウはすべての入力を処理します。When input is enabled, the window processes all input.

有効な状態が変更中の場合、この関数から制御が戻る前に WM_ENABLE メッセージが送信されます。If the enabled state is changing, the WM_ENABLE message is sent before this function returns.

無効にした場合、すべての子ウィンドウは暗黙的に無効になりますが、メッセージ WM_ENABLE 送信されることはありません。If disabled, all child windows are implicitly disabled, although they are not sent WM_ENABLE messages.

アクティブにするには、ウィンドウを有効にする必要があります。A window must be enabled before it can be activated. たとえば、アプリケーションでモードレスダイアログボックスが表示され、そのメインウィンドウが無効になっている場合、ダイアログボックスが破棄される前にメインウィンドウが有効になっている必要があります。For example, if an application is displaying a modeless dialog box and has disabled its main window, the main window must be enabled before the dialog box is destroyed. それ以外の場合は、別のウィンドウが入力フォーカスを取得し、アクティブ化されます。Otherwise, another window will get the input focus and be activated. 子ウィンドウが無効になっている場合は、Windows がどのウィンドウでマウスメッセージを取得するかを判断しようとすると無視されます。If a child window is disabled, it is ignored when Windows tries to determine which window should get mouse messages.

既定では、ウィンドウは作成時に有効になります。By default, a window is enabled when it is created. アプリケーションでは、最初に無効になっているウィンドウを作成するために、 create または CreateEx メンバー関数で WS_DISABLED スタイルを指定できます。An application can specify the WS_DISABLED style in the Create or CreateEx member function to create a window that is initially disabled. ウィンドウが作成された後、アプリケーションはそのメンバー関数を使用して EnableWindow ウィンドウを有効または無効にすることもできます。After a window has been created, an application can also use the EnableWindow member function to enable or disable the window.

アプリケーションでは、この関数を使用して、ダイアログボックス内のコントロールを有効または無効にすることができます。An application can use this function to enable or disable a control in a dialog box. 無効なコントロールは、入力フォーカスを受け取ることも、ユーザーがアクセスすることもできません。A disabled control cannot receive the input focus, nor can a user access it.

Example

//CMyFileDialog is a CFileDialog-derived class
//OnInitDialog is the handler for WM_INITDIALOG
BOOL CMyFileDialog::OnInitDialog()
{
   CFileDialog::OnInitDialog();

   CWnd *pWndParent = GetParent();

   //make sure you add #include <dlgs.h> for IDs 'edt1' & 'stc3'

   //disables the 'file name' edit and static control
   //of the standard file open dialog

   //get handle of 'file name' combobox control & disable it
   CWnd *pWnd = pWndParent->GetDlgItem(cmb13);
   pWnd->EnableWindow(FALSE);

   //get handle of 'file name' static control & disable it
   pWnd = pWndParent->GetDlgItem(stc3);
   pWnd->EnableWindow(FALSE);

   return TRUE;
}

CWnd:: EndModalLoopCWnd::EndModalLoop

への呼び出しを終了 RunModalLoop します。Terminates a call to RunModalLoop.

virtual void EndModalLoop(int nResult);

パラメーターParameters

n 結果nResult
ため runmodalloopの呼び出し元に返される値を格納します。Contains the value to be returned to the caller of RunModalLoop.

解説Remarks

Nresultパラメーターは、からの戻り値に反映され RunModalLoop ます。The nResult parameter is propagated to the return value from RunModalLoop.

CWnd:: EndModalStateCWnd::EndModalState

フレーム ウィンドウをモーダルからモードレスに変更します。Call this member function to change a frame window from modal to modeless.

virtual void EndModalState();

CWnd:: EndPaintCWnd::EndPaint

指定されたウィンドウでの描画の終了をマークします。Marks the end of painting in the given window.

void EndPaint(LPPAINTSTRUCT lpPaint);

パラメーターParameters

lpPaintlpPaint
Beginpaintメンバー関数によって取得された描画情報を格納するPAINTSTRUCT構造体を指します。Points to a PAINTSTRUCT structure that contains the painting information retrieved by the BeginPaint member function.

解説Remarks

メンバー EndPaint 関数は、メンバー関数を呼び出すたびに必要ですが、 BeginPaint 描画が完了した後にのみ必要です。The EndPaint member function is required for each call to the BeginPaint member function, but only after painting is complete.

キャレットがメンバー関数によって非表示にされている場合は BeginPaintEndPaint キャレットを画面に復元します。If the caret was hidden by the BeginPaint member function, EndPaint restores the caret to the screen.

Example

CWnd:: BeginPaintの例を参照してください。See the example for CWnd::BeginPaint.

CWnd:: ExecuteDlgInitCWnd::ExecuteDlgInit

ダイアログ リソースを開始します。Initiates a dialog resource.

BOOL ExecuteDlgInit(LPCTSTR lpszResourceName);
BOOL ExecuteDlgInit(LPVOID lpResource);

パラメーターParameters

lpszResourceNamelpszResourceName
リソースの名前を指定する null で終わる文字列へのポインター。A pointer to a null-terminated string specifying the name of the resource.

lpResourcelpResource
リソースへのポインター。A pointer to a resource.

戻り値Return Value

ダイアログリソースが実行される場合は TRUE。それ以外の場合は FALSE。TRUE if a dialog resource is executed; otherwise FALSE.

解説Remarks

ExecuteDlgInit は、実行中のモジュールにバインドされたリソース、または他のソースからのリソースを使用します。ExecuteDlgInit will use resources bound to the executing module, or resources from other sources. これを実現するために、はを ExecuteDlgInit 呼び出してリソースハンドルを検索し AfxFindResourceHandle ます。To accomplish this, ExecuteDlgInit finds a resource handle by calling AfxFindResourceHandle. MFC アプリケーションが共有 DLL (Mfcx0.dll [U] [D] を使用しない場合。DLL) は AfxFindResourceHandleAfxGetResourceHandleを呼び出します。これにより、実行可能ファイルの現在のリソースハンドルが返されます。If your MFC application does not use the shared DLL (MFCx0[U][D].DLL), AfxFindResourceHandle calls AfxGetResourceHandle, which returns the current resource handle for the executable. Mfcx0.dll [U] [D] を使用する MFC アプリケーションの場合。DLL は、 AfxFindResourceHandle CDynLinkLibrary 共有および MFC 拡張 dll のオブジェクトリストを走査し、正しいリソースハンドルを探します。If your MFC application that uses MFCx0[U][D].DLL, AfxFindResourceHandle traverses the CDynLinkLibrary object list of shared and MFC extension DLLs looking for the correct resource handle.

CWnd:: FilterToolTipMessageCWnd::FilterToolTipMessage

ツールヒントメッセージを表示するためにフレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to display tool tip messages.

void FilterToolTipMessage(MSG* pMsg);

パラメーターParameters

pMsgpMsg
ツールヒントメッセージへのポインター。A pointer to the tool tip message.

解説Remarks

ほとんどの MFC アプリケーションでは、このメソッドは PreTranslateMessage ヒントと enabletooltipsからフレームワークによって呼び出され、自分で呼び出す必要はありません。In most MFC applications this method is called by the framework from PreTranslateMessage and EnableToolTips, and you do not need to call it yourself.

ただし、一部の ActiveX コントロールなど、特定のアプリケーションでは、これらのメソッドがフレームワークによって呼び出されない場合があり、FilterToolTipMessage を自分で呼び出す必要があります。However, in certain applications, for example some ActiveX controls, these methods might not be invoked by the framework, and you will need to call FilterToolTipMessage yourself. 詳細については、「 ツールヒントを作成する方法」を参照してください。For more information, see Methods of Creating Tool Tips.

CWnd:: FindWindowCWnd::FindWindow

ウィンドウ CWnd クラスが lpszclassname によって指定され、ウィンドウ名 (Title) が lpszWindowNameによって指定されているトップレベルを返します。Returns the top-level CWnd whose window class is given by lpszClassName and whose window name, or title, is given by lpszWindowName.

static CWnd* PASCAL FindWindow(
    LPCTSTR lpszClassName,
    LPCTSTR lpszWindowName);

パラメーターParameters

lpszClassNamelpszClassName
ウィンドウのクラス名 (構造体) を指定する null で終わる文字列を指し WNDCLASS ます。Points to a null-terminated string that specifies the window's class name (a WNDCLASS structure). Lpclassnameが NULL の場合、すべてのクラス名が一致します。If lpClassName is NULL, all class names match.

lpszWindowNamelpszWindowName
ウィンドウ名 (ウィンドウのタイトル) を指定する null で終わる文字列を指します。Points to a null-terminated string that specifies the window name (the window's title). LpWindowNameが NULL の場合、すべてのウィンドウ名が一致します。If lpWindowName is NULL, all window names match.

戻り値Return Value

指定されたクラス名とウィンドウ名を持つウィンドウを識別します。Identifies the window that has the specified class name and window name. そのようなウィンドウが見つからない場合は NULL になります。It is NULL if no such window is found.

CWnd* は一時的なものであり、後で使用するために格納することはできません。The CWnd* may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

この関数では、子ウィンドウは検索されません。This function does not search child windows.

Example

// activate an application with a window with a specific class name
BOOL CMyApp::FirstInstance()
{
   CWnd *pWndPrev, *pWndChild;

   // Determine if a window with the class name exists...
   pWndPrev = CWnd::FindWindow(_T("MyNewClass"), NULL);
   if (NULL != pWndPrev)
   {
      // If so, does it have any popups?
      pWndChild = pWndPrev->GetLastActivePopup();

      // If iconic, restore the main window
      if (pWndPrev->IsIconic())
         pWndPrev->ShowWindow(SW_RESTORE);

      // Bring the main window or its popup to the foreground
      pWndChild->SetForegroundWindow();

      // and you are done activating the other application
      return FALSE;
   }

   return TRUE;
}

CWnd:: FindWindowExCWnd::FindWindowEx

指定した文字列に一致するクラス名とウィンドウ名を持つウィンドウオブジェクトを取得します。Retrieves the window object whose class name and window name match the specified strings.

static CWnd* FindWindowEx(
    HWND hwndParent,
    HWND hwndChildAfter,
    LPCTSTR lpszClass,
    LPCTSTR lpszWindow);

パラメーターParameters

hwndParenthwndParent
子ウィンドウを検索する親ウィンドウへのハンドル。Handle to the parent window whose child windows are to be searched.

hwndChildAfterhwndChildAfter
子ウィンドウへのハンドル。Handle to a child window. 検索は、Z オーダーで次の子ウィンドウから開始します。The search begins with the next child window in the Z order. 子ウィンドウは、子孫ウィンドウだけでなく、 hwndParentの直接の子ウィンドウである必要があります。The child window must be a direct child window of hwndParent, not just a descendant window.

lpszClasslpszClass
RegisterClassまたはRegisterClassExの以前の呼び出しによって作成されたクラス名またはクラス atom を指定する、null で終わる文字列へのポインター。Pointer to a null-terminated string that specifies the class name or a class atom created by a previous call to the RegisterClass or RegisterClassEx.

lpszWindowlpszWindow
ウィンドウ名 (ウィンドウのタイトル) を指定する null で終わる文字列へのポインター。Pointer to a null-terminated string that specifies the window name (the window's title). このパラメーターが NULL の場合、すべてのウィンドウ名が一致します。If this parameter is NULL, all window names match.

戻り値Return Value

関数が成功した場合、戻り値は、指定されたクラスとウィンドウ名を持つウィンドウオブジェクトへのポインターになります。If the function succeeds, the return value is a pointer to the window object having the specified class and window names. 関数が失敗した場合、戻り値は NULL になります。If the function fails, the return value is NULL.

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、関数 FindWindowExの機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the function FindWindowEx, as described in the Windows SDK.

CWnd:: FlashWindowCWnd::FlashWindow

指定されたウィンドウを1回点滅します。Flashes the given window once.

BOOL FlashWindow(BOOL bInvert);

パラメーターParameters

ビン垂直bInvert
をフラッシュするか、元の状態に戻すかを指定し CWnd ます。Specifies whether the CWnd is to be flashed or returned to its original state. ビン CWnd 垂直 が TRUE の場合、はある状態からもう一方の状態にフラッシュされます。The CWnd is flashed from one state to the other if bInvert is TRUE. ビンの 垂直 が FALSE の場合、ウィンドウは元の状態 (アクティブまたは非アクティブ) に戻ります。If bInvert is FALSE, the window is returned to its original state (either active or inactive).

戻り値Return Value

メンバー関数の呼び出しの前にウィンドウがアクティブだった場合は0以外の場合は。 FlashWindow それ以外の場合は0。Nonzero if the window was active before the call to the FlashWindow member function; otherwise 0.

解説Remarks

連続して点滅する場合は、システムタイマーを作成し、を繰り返し呼び出し FlashWindow ます。For successive flashing, create a system timer and repeatedly call FlashWindow. を点滅さ CWnd せることは、が CWnd 非アクティブ状態からアクティブ状態に変更されているかのように、タイトルバーの外観を変更することです。逆の場合も同様です。Flashing the CWnd means changing the appearance of its title bar as if the CWnd were changing from inactive to active status, or vice versa. アクティブなタイトルバーがアクティブなタイトルバーに変わり、アクティブなタイトルバーがアクティブでないタイトルバーに変わります。(An inactive title bar changes to an active title bar; an active title bar changes to an inactive title bar.)

通常、ウィンドウは、注意が必要であることをユーザーに通知するためにフラッシュされますが、現在は入力フォーカスを持っていません。Typically, a window is flashed to inform the user that it requires attention but that it does not currently have the input focus.

ビンの 垂直 パラメーターは、ウィンドウが入力フォーカスを取得し、点滅しなくなる場合にのみ FALSE にする必要があります。入力フォーカスの取得を待機している間に、後続の呼び出しで TRUE になる必要があります。The bInvert parameter should be FALSE only when the window is getting the input focus and will no longer be flashing; it should be TRUE on successive calls while waiting to get the input focus.

この関数は、最小化されたウィンドウに対して常に0以外の値を返します。This function always returns nonzero for minimized windows. ウィンドウが最小化されている場合、 FlashWindow はウィンドウのアイコンをフラッシュします。ウィンドウを最小化すると、ビンの 垂直 は無視されます。If the window is minimized, FlashWindow will simply flash the window's icon; bInvert is ignored for minimized windows.

Example

BOOL CPenWidthsDlg::OnInitDialog()
{
   CDialog::OnInitDialog();

   // set timer to cause dialog to flash
   SetTimer(1, 500, NULL);
   return TRUE; // return TRUE unless you set the focus to a control
}

void CPenWidthsDlg::OnTimer(UINT_PTR nIDEvent)
{
   // cause the dialog to flash
   FlashWindow(TRUE);
   CDialog::OnTimer(nIDEvent);
}

CWnd:: FlashWindowExCWnd::FlashWindowEx

指定されたウィンドウを点滅させる。Flashes the given window.

BOOL FlashWindowEx(
    DWORD dwFlags,
    UINT uCount,
    DWORD dwTimeout);

パラメーターParameters

dwFlagsdwFlags
Flash の状態を指定します。Specifies the flash status. 値の完全な一覧については、「 FLASHWINFO 構造体」を参照してください。For a complete list of values, see the FLASHWINFO structure.

uCountuCount
ウィンドウをフラッシュする回数を指定します。Specifies the number of times to flash the window.

dwTimeoutdwTimeout
ウィンドウをフラッシュする速度をミリ秒単位で指定します。Specifies the rate, in milliseconds, at which the window will be flashed. DwTimeoutが0の場合、関数はカーソルの既定の点滅率を使用します。If dwTimeout is zero, the function uses the default cursor blink rate.

戻り値Return Value

戻り値は、関数の呼び出しの前にウィンドウの状態を指定し FlashWindowEx ます。The return value specifies the window's state before the call to the FlashWindowEx function. 呼び出しの前にウィンドウキャプションがアクティブとして描画された場合、戻り値は0以外になります。If the window caption was drawn as active before the call, the return value is nonzero. それ以外の場合、戻り値は0です。Otherwise, the return value is zero.

解説Remarks

このメソッドは、Windows SDK で説明されているように、関数 FlashWindowExの機能をエミュレートします。This method emulates the functionality of the function FlashWindowEx, as described in the Windows SDK.

CWnd:: FromHandleCWnd::FromHandle

ウィンドウのハンドルが指定されている場合、CWnd オブジェクトへのポインターを返します。Returns a pointer to a CWnd object when given a handle to a window. CWnd オブジェクトがハンドルに関連付けられていない場合は、一時的な CWnd オブジェクトが生成され、関連付けられます。If a CWnd object is not attached to the handle, a temporary CWnd object is created and attached.

static CWnd* PASCAL FromHandle(HWND hWnd);

パラメーターParameters

hWndhWnd
Windows ウィンドウの HWND。An HWND of a Windows window.

戻り値Return Value

ウィンドウのハンドルが指定されている場合、CWnd オブジェクトへのポインターを返します。Returns a pointer to a CWnd object when given a handle to a window. CWnd オブジェクトがハンドルに関連付けられていない場合は、一時的な CWnd オブジェクトが生成され、関連付けられます。If a CWnd object is not attached to the handle, a temporary CWnd object is created and attached.

ポインターは一時的である可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The pointer may be temporary and should not be stored for later use.

CWnd:: FromHandlePermanentCWnd::FromHandlePermanent

ウィンドウのハンドルが指定されている場合、CWnd オブジェクトへのポインターを返します。Returns a pointer to a CWnd object when given a handle to a window.

static CWnd* PASCAL FromHandlePermanent(HWND hWnd);

パラメーターParameters

hWndhWnd
Windows ウィンドウの HWND。An HWND of a Windows window.

戻り値Return Value

CWnd オブジェクトを指すポインターです。A pointer to a CWnd object.

解説Remarks

CWndオブジェクトがハンドルにアタッチされていない場合は、NULL が返されます。If a CWnd object is not attached to the handle, NULL is returned.

この関数は、 FromHandleとは異なり、一時オブジェクトを作成しません。This function, unlike FromHandle, does not create temporary objects.

CWnd:: get_accChildCWnd::get_accChild

指定された子の IDispatch インターフェイスのアドレスを取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the address of an IDispatch interface for the specified child.

virtual HRESULT get_accChild(
    VARIANT varChild,
    IDispatch** ppdispChild);

パラメーターParameters

varChildvarChild
取得するインターフェイスを持つ子を識別し IDispatch ます。Identifies the child whose IDispatch interface is to be retrieved.

ppdispChildppdispChild
子オブジェクトのインターフェイスのアドレスを受け取り IDispatch ます。Receives the address of the child object's IDispatch interface.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「 IAccessible:: get_accChild戻り値」を参照してください。See Return Values in IAccessible::get_accChild in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

CWndNonwindowed ユーザーインターフェイス要素 (MFC で処理されるウィンドウなしの ActiveX コントロール以外) がある場合は、派生クラスでこの関数をオーバーライドします。Override this function in your CWnd-derived class if you have nonwindowed user interface elements (other than windowless ActiveX controls, which MFC handles).

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accChild 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accChild in the Windows SDK.

CWnd:: get_accChildCountCWnd::get_accChildCount

このオブジェクトに属する子の数を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the number of children belonging to this object.

virtual HRESULT get_accChildCount(long* pcountChildren);

パラメーターParameters

pcountChildrenpcountChildren
子の数を受け取ります。Receives the number of children.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「 IAccessible:: get_accChildCount戻り値」を参照してください。See Return Values in IAccessible::get_accChildCount in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

CWndNonwindowed ユーザーインターフェイス要素 (MFC で処理されるウィンドウなしの ActiveX コントロール以外) がある場合は、派生クラスでこの関数をオーバーライドします。Override this function in your CWnd-derived class if you have nonwindowed user interface elements (other than windowless ActiveX controls, which MFC handles). 基底クラスのバージョンを呼び出し、nonwindowed 子要素を追加します。Call the base class version and then add the nonwindowed child elements.

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accChildCount 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accChildCount in the Windows SDK.

CWnd:: get_accDefaultActionCWnd::get_accDefaultAction

オブジェクトの既定のアクションを記述する文字列を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve a string that describes the object's default action.

virtual HRESULT get_accDefaultAction(
    VARIANT varChild,
    BSTR* pszDefaultAction);

パラメーターParameters

varChildvarChild
取得する既定のアクションが、オブジェクトまたはオブジェクトの子要素の1つであるかどうかを指定します。Specifies whether the default action to be retrieved is that of the object or one of the object's child elements. このパラメーターには CHILDID_SELF (オブジェクトに関する情報を取得する場合) または子 ID (オブジェクトの子要素に関する情報を取得する場合) のいずれかを指定できます。This parameter can be either CHILDID_SELF (to obtain information about the object) or a child ID (to obtain information about the object's child element).

pszDefaultActionpszDefaultAction
指定したオブジェクトの既定のアクションを説明するローカライズされた文字列を受け取る BSTR のアドレス。このオブジェクトに既定のアクションがない場合は NULL。Address of a BSTR that receives a localized string describing the default action for the specified object, or NULL if this object has no default action.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「 IAccessible:: get_accDefaultAction戻り値」を参照してください。See Return Values in IAccessible::get_accDefaultAction in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

派生クラスのこの関数 CWnd をオーバーライドして、オブジェクトの既定のアクションを記述します。Override this function in your CWnd-derived class to describe your object's default action.

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accDefaultAction 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accDefaultAction in the Windows SDK.

CWnd:: get_accDescriptionCWnd::get_accDescription

指定されたオブジェクトの外観を記述する文字列を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by framework to retrieve a string that describes the visual appearance of the specified object.

virtual HRESULT get_accDescription(
    VARIANT varChild,
    BSTR* pszDescription);

パラメーターParameters

varChildvarChild
取得する説明がオブジェクトまたはオブジェクトの子要素のいずれかであるかどうかを指定します。Specifies whether the description to be retrieved is that of the object or one of the object's child elements. このパラメーターには CHILDID_SELF (オブジェクトに関する情報を取得する場合) または子 ID (オブジェクトの子要素に関する情報を取得する場合) のいずれかを指定できます。This parameter can be either CHILDID_SELF (to obtain information about the object) or a child ID (to obtain information about the object's child element).

pszDescriptionpszDescription
指定したオブジェクトを説明するローカライズされた文字列を受け取る BSTR のアドレス。または、このオブジェクトに使用できる説明がない場合は NULL。Address of a BSTR that receives a localized string describing the specified object, or NULL if no description is available for this object.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「 IAccessible:: get_accDescription戻り値」を参照してください。See Return Values in IAccessible::get_accDescription in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

オブジェクトを記述するには、派生クラスのこの関数をオーバーライドし CWnd ます。Override this function in your CWnd-derived class to describe your object. 基本クラスのバージョンを呼び出し、説明を追加します。Call the base class version and add your description.

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accDescription 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accDescription in the Windows SDK.

CWnd:: get_accFocusCWnd::get_accFocus

キーボード フォーカスを保持するオブジェクトを取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the object that has the keyboard focus.

virtual HRESULT get_accFocus(VARIANT* pvarChild);

パラメーターParameters

pvarChildpvarChild
フォーカスのあるオブジェクトに関する情報を受け取ります。Receives information about the object that has the focus. Windows SDK については、「 pvarID in IAccessible:: get_accFocus 」を参照してください。See pvarID in IAccessible::get_accFocus in the Windows SDK.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「」の 戻り値 を参照してください IAccessible::get_accFocusSee Return Values in IAccessible::get_accFocus in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

CWndNonwindowed ユーザーインターフェイス要素 (MFC で処理されるウィンドウなしの ActiveX コントロール以外) がある場合は、派生クラスでこの関数をオーバーライドします。Override this function in your CWnd-derived class if you have nonwindowed user interface elements (other than windowless ActiveX controls, which MFC handles).

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accFocus 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accFocus in the Windows SDK.

CWnd:: get_accHelpCWnd::get_accHelp

オブジェクトの ヘルプ プロパティ文字列を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve an object's Help property string.

virtual HRESULT get_accHelp(
    VARIANT varChild,
    BSTR* pszHelp);

パラメーターParameters

varChildvarChild
取得するヘルプ情報がオブジェクトまたはオブジェクトの子要素のいずれかであるかどうかを指定します。Specifies whether the help information to be retrieved is that of the object or one of the object's child elements. このパラメーターには CHILDID_SELF (オブジェクトに関する情報を取得する場合) または子 ID (オブジェクトの子要素に関する情報を取得する場合) のいずれかを指定できます。This parameter can be either CHILDID_SELF (to obtain information about the object) or a child ID (to obtain information about the object's child element).

pszHelppszHelp
指定したオブジェクトのヘルプ情報を格納しているローカライズされた文字列を受け取る BSTR のアドレス。ヘルプ情報が使用できない場合は NULL。Address of a BSTR that receives the localized string containing the help information for the specified object, or NULL if no help information is available.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「 IAccessible:: get_accHelp戻り値」を参照してください。See Return Values in IAccessible::get_accHelp in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

派生クラスのこの関数 CWnd をオーバーライドして、オブジェクトのヘルプテキストを提供します。Override this function in your CWnd-derived class to provide help text for your object.

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accHelp 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accHelp in the Windows SDK.

CWnd:: get_accHelpTopicCWnd::get_accHelpTopic

指定されたオブジェクトに関連付けられた WinHelp ファイルの完全パスと、そのファイル内の適切なトピックの識別子を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the full path of the WinHelp file associated with the specified object and the identifier of the appropriate topic within that file.

virtual HRESULT get_accHelpTopic(
    BSTR* pszHelpFile,
    VARIANT varChild,
    long* pidTopic);

パラメーターParameters

pszHelpFilepszHelpFile
指定したオブジェクトに関連付けられているファイルの完全パスを受け取る BSTR のアドレス WinHelp (存在する場合)。Address of a BSTR that receives the full path of the WinHelp file associated with the specified object, if any.

varChildvarChild
取得するヘルプトピックがオブジェクトまたはオブジェクトの子要素のいずれかであるかどうかを指定します。Specifies whether the Help topic to be retrieved is that of the object or one of the object's child elements. このパラメーターには CHILDID_SELF (オブジェクトのヘルプトピックを取得するため) または子 ID (オブジェクトの子要素のいずれかのヘルプトピックを取得するため) を指定できます。This parameter can be either CHILDID_SELF (to obtain a Help topic for the object) or a child ID (to obtain a Help topic for one of the object's child elements).

pidTopicpidTopic
指定したオブジェクトに関連付けられているヘルプファイルのトピックを識別します。Identifies the Help file topic associated with the specified object. Windows SDK については、「 pidTopic in IAccessible:: get_accHelpTopic 」を参照してください。See pidTopic in IAccessible::get_accHelpTopic in the Windows SDK.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「」の 戻り値 を参照してください IAccessible::get_accHelpTopicSee Return Values in IAccessible::get_accHelpTopic in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

派生クラスのこの関数をオーバーライドして、 CWnd オブジェクトに関するヘルプ情報を提供します。Override this function in your CWnd-derived class to provide help information about your object.

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accHelpTopic 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accHelpTopic in the Windows SDK.

CWnd:: get_accKeyboardShortcutCWnd::get_accKeyboardShortcut

指定されたオブジェクトのショートカット キーまたはアクセス キーを取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the specified object's shortcut key or access key.

virtual HRESULT get_accKeyboardShortcut(
    VARIANT varChild,
    BSTR* pszKeyboardShortcut);

パラメーターParameters

varChildvarChild
取得するキーボードショートカットがオブジェクトまたはオブジェクトの子要素のいずれかであるかどうかを指定します。Specifies whether the keyboard shortcut to be retrieved is that of the object or one of the object's child elements. このパラメーターには CHILDID_SELF (オブジェクトに関する情報を取得する場合) または子 ID (オブジェクトの子要素に関する情報を取得する場合) のいずれかを指定できます。This parameter can be either CHILDID_SELF (to obtain information about the object) or a child ID (to obtain information about the object's child element).

PszキーボードショートカットpszKeyboardShortcut
キーボードショートカットを識別するローカライズされた文字列を受け取る BSTR のアドレス。または、指定したオブジェクトにキーボードショートカットが関連付けられていない場合は NULL。Address of a BSTR that receives a localized string identifying the keyboard shortcut, or NULL if no keyboard shortcut is associated with the specified object.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「 IAccessible:: get_accKeyboardShortcut戻り値」を参照してください。See Return Values in IAccessible::get_accKeyboardShortcut in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

派生クラスのこの関数をオーバーライドして、 CWnd オブジェクトのキーボードショートカットを識別します。Override this function in your CWnd-derived class to identify the keyboard shortcut for your object.

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accKeyboardShortcut 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accKeyboardShortcut in the Windows SDK.

CWnd:: get_accNameCWnd::get_accName

指定されたオブジェクトの名前を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the name of the specified object.

virtual HRESULT get_accName(
    VARIANT varChild,
    BSTR* pszName);

パラメーターParameters

varChildvarChild
取得する名前がオブジェクトまたはオブジェクトの子要素のいずれかであるかどうかを指定します。Specifies whether the name to be retrieved is that of the object or one of the object's child elements. このパラメーターには CHILDID_SELF (オブジェクトに関する情報を取得する場合) または子 ID (オブジェクトの子要素に関する情報を取得する場合) のいずれかを指定できます。This parameter can be either CHILDID_SELF (to obtain information about the object) or a child ID (to obtain information about the object's child element).

pszNamepszName
指定したオブジェクトの名前を含む文字列を受け取る BSTR のアドレス。Address of a BSTR that receives a string containing the specified object's name.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「 IAccessible:: get_accName戻り値」を参照してください。See Return Values in IAccessible::get_accName in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

派生クラスのこの関数をオーバーライドして、 CWnd オブジェクトの名前を返します。Override this function in your CWnd-derived class to return the name of your object.

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accName 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accName in the Windows SDK.

CWnd:: get_accParentCWnd::get_accParent

オブジェクトの親の IDispatch インターフェイスを取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the IDispatch interface of the object's parent.

virtual HRESULT get_accParent(IDispatch** ppdispParent);

パラメーターParameters

ppdispParentppdispParent
親オブジェクトのインターフェイスのアドレスを受け取り IDispatch ます。Receives the address of the parent object's IDispatch interface. 親が存在しない場合、または子が親にアクセスできない場合、変数は NULL に設定されます。The variable is set to NULL if no parent exists, or if the child cannot access its parent.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「 IAccessible:: get_accParent戻り値」を参照してください。See Return Values in IAccessible::get_accParent in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

ほとんどの場合、この関数をオーバーライドする必要はありません。In most cases you don't have to override this function.

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accParent 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accParent in the Windows SDK.

CWnd:: get_accRoleCWnd::get_accRole

指定されたオブジェクトの役割を記述する情報を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve information that describes the role of the specified object.

virtual HRESULT get_accRole(
    VARIANT varChild,
    VARIANT* pvarRole);

パラメーターParameters

varChildvarChild
取得するロール情報がオブジェクトまたはオブジェクトの子要素のいずれかであるかどうかを指定します。Specifies whether the role information to be retrieved is that of the object or one of the object's child elements. このパラメーターには CHILDID_SELF (オブジェクトに関する情報を取得する場合) または子 ID (オブジェクトの子要素に関する情報を取得する場合) のいずれかを指定できます。This parameter can be either CHILDID_SELF (to obtain information about the object) or a child ID (to obtain information about the object's child element).

pvarRolepvarRole
ロール情報を受け取ります。Receives the role information. Windows SDK については、「 pvarRole in IAccessible:: get_accRole 」を参照してください。See pvarRole in IAccessible::get_accRole in the Windows SDK.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「」の 戻り値 を参照してください IAccessible::get_accRoleSee Return Values in IAccessible::get_accRole in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

CWndNonwindowed ユーザーインターフェイス要素 (MFC で処理されるウィンドウなしの ActiveX コントロール以外) がある場合は、派生クラスでこの関数をオーバーライドします。Override this function in your CWnd-derived class if you have nonwindowed user interface elements (other than windowless ActiveX controls, which MFC handles).

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accRole 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accRole in the Windows SDK.

CWnd:: get_accSelectionCWnd::get_accSelection

このオブジェクトの選択されている子を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the selected children of this object.

virtual HRESULT get_accSelection(VARIANT* pvarChildren);

パラメーターParameters

pvarChildrenpvarChildren
選択されている子に関する情報を受け取ります。Receives information about which children are selected. Windows SDK については、「 pvarChildren in IAccessible:: get_accSelection 」を参照してください。See pvarChildren in IAccessible::get_accSelection in the Windows SDK.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「」の 戻り値 を参照してください IAccessible::get_accSelectionSee Return Values in IAccessible::get_accSelection in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

CWndNonwindowed ユーザーインターフェイス要素 (MFC で処理されるウィンドウなしの ActiveX コントロール以外) がある場合は、派生クラスでこの関数をオーバーライドします。Override this function in your CWnd-derived class if you have nonwindowed user interface elements (other than windowless ActiveX controls, which MFC handles).

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accSelection 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accSelection in the Windows SDK.

CWnd:: get_accStateCWnd::get_accState

指定されたオブジェクトの現在の状態を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the current state of the specified object.

virtual HRESULT get_accState(
    VARIANT varChild,
    VARIANT* pvarState);

パラメーターParameters

varChildvarChild
取得する状態情報がオブジェクトまたはオブジェクトの子要素のいずれかであるかどうかを指定します。Specifies whether the state information to be retrieved is that of the object or one of the object's child elements. このパラメーターには CHILDID_SELF (オブジェクトに関する情報を取得する場合) または子 ID (オブジェクトの子要素に関する情報を取得する場合) のいずれかを指定できます。This parameter can be either CHILDID_SELF (to obtain information about the object) or a child ID (to obtain information about the object's child element).

pvarStatepvarState
オブジェクトの状態に関する情報を受け取ります。Receives information about the object's state. Windows SDK については、「 pvarState in IAccessible:: get_accState 」を参照してください。See pvarState in IAccessible::get_accState in the Windows SDK.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「」の 戻り値 を参照してください IAccessible::get_accStateSee Return Values in IAccessible::get_accState in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

CWndNonwindowed ユーザーインターフェイス要素 (MFC で処理されるウィンドウなしの ActiveX コントロール以外) がある場合は、派生クラスでこの関数をオーバーライドします。Override this function in your CWnd-derived class if you have nonwindowed user interface elements (other than windowless ActiveX controls, which MFC handles).

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accState 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accState in the Windows SDK.

CWnd:: get_accValueCWnd::get_accValue

指定されたオブジェクトの値を取得するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to retrieve the value of the specified object.

virtual HRESULT get_accValue(
    VARIANT varChild,
    BSTR* pszValue);

パラメーターParameters

varChildvarChild
取得する値情報がオブジェクトまたはオブジェクトの子要素のいずれかであるかどうかを指定します。Specifies whether the value information to be retrieved is that of the object or one of the object's child elements. このパラメーターには CHILDID_SELF (オブジェクトに関する情報を取得する場合) または子 ID (オブジェクトの子要素に関する情報を取得する場合) のいずれかを指定できます。This parameter can be either CHILDID_SELF (to obtain information about the object) or a child ID (to obtain information about the object's child element).

pszValuepszValue
オブジェクトの現在の値を格納しているローカライズされた文字列を受け取る BSTR のアドレス。Address of the BSTR that receives a localized string containing the object's current value.

戻り値Return Value

成功した場合は S_OK を返し、失敗した場合は COM エラーコードを返します。Returns S_OK on success, a COM error code on failure. Windows SDK の「 IAccessible:: get_accValue戻り値」を参照してください。See Return Values in IAccessible::get_accValue in the Windows SDK.

解説Remarks

この関数は、MFC の Active Accessibility サポートの一部です。This function is part of MFC's Active Accessibility support.

CWndNonwindowed ユーザーインターフェイス要素 (MFC で処理されるウィンドウなしの ActiveX コントロール以外) がある場合は、派生クラスでこの関数をオーバーライドします。Override this function in your CWnd-derived class if you have nonwindowed user interface elements (other than windowless ActiveX controls, which MFC handles).

詳細については、Windows SDK の「 IAccessible:: get_accValue 」を参照してください。For more information, see IAccessible::get_accValue in the Windows SDK.

CWnd:: GetActiveWindowCWnd::GetActiveWindow

アクティブなウィンドウへのポインターを取得します。Retrieves a pointer to the active window.

static CWnd* PASCAL GetActiveWindow();

戻り値Return Value

アクティブウィンドウ。呼び出し時にアクティブなウィンドウがない場合は NULL。The active window or NULL if no window was active at the time of the call. ポインターは一時的である可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

アクティブウィンドウは、現在の入力フォーカスがあるウィンドウか、 SetActiveWindow メンバー関数によって明示的にアクティブにされたウィンドウです。The active window is either the window that has the current input focus or the window explicitly made active by the SetActiveWindow member function.

CWnd:: GetAncestorCWnd::GetAncestor

指定したウィンドウの祖先ウィンドウ オブジェクトを取得します。Retrieves the ancestor window object of the specified window.

CWnd* GetAncestor(UINT gaFlags) const;

パラメーターParameters

gaFlagsgaFlags
取得する先祖を指定します。Specifies the ancestor to be retrieved. 使用可能な値の完全な一覧については、「 Getancestor」を参照してください。For a complete list of possible values, see GetAncestor.

戻り値Return Value

関数が成功した場合、戻り値は先祖ウィンドウオブジェクトへのポインターになります。If the function succeeds, the return value is a pointer to the ancestor window object. 関数が失敗した場合、戻り値は NULL になります。If the function fails, the return value is NULL.

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、 Getancestor関数の機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the function GetAncestor, as described in the Windows SDK.

CWnd:: GetCaptureCWnd::GetCapture

マウスキャプチャがあるウィンドウを取得します。Retrieves the window that has the mouse capture.

static CWnd* PASCAL GetCapture();

戻り値Return Value

マウスキャプチャがあるウィンドウを識別します。Identifies the window that has the mouse capture. ウィンドウがマウスでキャプチャされていない場合は NULL になります。It is NULL if no window has the mouse capture.

戻り値は一時的である可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The return value may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

特定の時点でマウスキャプチャを持つウィンドウは1つだけです。Only one window has the mouse capture at any given time. ウィンドウは、 SetCapture メンバー関数が呼び出されたときに、マウスキャプチャを受け取ります。A window receives the mouse capture when the SetCapture member function is called. このウィンドウは、カーソルが境界内にあるかどうかにかかわらず、マウス入力を受け取ります。This window receives mouse input whether or not the cursor is within its borders.

CWnd:: GetCaretPosCWnd::GetCaretPos

キャレットの現在位置のクライアント座標を取得し、として返し CPoint ます。Retrieves the client coordinates of the caret's current position and returns them as a CPoint.

static CPoint PASCAL GetCaretPos();

戻り値Return Value

キャレットの位置の座標を格納しているCPointオブジェクト。CPoint object containing the coordinates of the caret's position.

解説Remarks

キャレットの位置は、ウィンドウのクライアント座標で指定し CWnd ます。The caret position is given in the client coordinates of the CWnd window.

CWnd:: GetCheckedRadioButtonCWnd::GetCheckedRadioButton

指定したグループで現在チェックされているオプションボタンの ID を取得します。Retrieves the ID of the currently checked radio button in the specified group.

int GetCheckedRadioButton(
    int nIDFirstButton,
    int nIDLastButton);

パラメーターParameters

nIDFirstButtonnIDFirstButton
グループ内の最初のオプションボタンの整数識別子を指定します。Specifies the integer identifier of the first radio button in the group.

nIDLastButtonnIDLastButton
グループ内の最後のオプションボタンの整数識別子を指定します。Specifies the integer identifier of the last radio button in the group.

戻り値Return Value

チェックされたオプションボタンの ID。何も選択されていない場合は0。ID of the checked radio button, or 0 if none is selected.

CWnd:: GetClientRectCWnd::GetClientRect

クライアント領域のクライアント座標を、 CWnd lpRectが指す構造体にコピーします。Copies the client coordinates of the CWnd client area into the structure pointed to by lpRect.

void GetClientRect(LPRECT lpRect) const;

パラメーターParameters

lpRectlpRect
クライアント座標を受け取る RECT 構造体 またはオブジェクトをポイント CRect します。Points to a RECT structure or a CRect object to receive the client coordinates. leftメンバーと top メンバーは0になります。The left and top members will be 0. rightメンバーと bottom メンバーには、ウィンドウの幅と高さが含まれます。The right and bottom members will contain the width and height of the window.

解説Remarks

クライアント座標は、クライアント領域の左上隅と右下隅を指定します。The client coordinates specify the upper-left and lower-right corners of the client area. クライアント座標はクライアント領域の左上隅を基準としているため CWnd 、左上隅の座標は (0, 0) です。Since client coordinates are relative to the upper-left corners of the CWnd client area, the coordinates of the upper-left corner are (0,0).

Example

CWnd:: IsIconicの例を参照してください。See the example for CWnd::IsIconic.

CWnd:: GetClipboardOwnerCWnd::GetClipboardOwner

クリップボードの現在の所有者を取得します。Retrieves the current owner of the Clipboard.

static CWnd* PASCAL GetClipboardOwner();

戻り値Return Value

関数が正常に実行された場合に、クリップボードを所有するウィンドウを識別します。Identifies the window that owns the Clipboard if the function is successful. それ以外の場合は NULL になります。Otherwise, it is NULL.

返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

クリップボードには、現在所有されていない場合でもデータを含めることができます。The Clipboard can still contain data even if it is not currently owned.

CWnd:: GetクリップボードビューアーCWnd::GetClipboardViewer

クリップボードビューアーのチェーン内の最初のウィンドウを取得します。Retrieves the first window in the Clipboard-viewer chain.

static CWnd* PASCAL GetClipboardViewer();

戻り値Return Value

正常に実行された場合に、現在クリップボードを表示しているウィンドウを識別します。それ以外の場合は NULL (ビューアーがない場合など)。Identifies the window currently responsible for displaying the Clipboard if successful; otherwise NULL (for example, if there is no viewer).

返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use.

CWnd:: GetControlUnknownCWnd::GetControlUnknown

不明な OLE コントロールへのポインターを取得するには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to retrieve a pointer to an unknown OLE control.

LPUNKNOWN GetControlUnknown();

戻り値Return Value

このオブジェクトによって表される OLE コントロールの IUnknown インターフェイスへのポインター CWndA pointer to the IUnknown interface of the OLE control represented by this CWnd object. このオブジェクトが OLE コントロールを表していない場合、戻り値は NULL になります。If this object does not represent an OLE control, the return value is NULL.

解説Remarks

このポインターは解放しないでください IUnknownYou should not release this IUnknown pointer. 通常は、を使用して、コントロールの特定のインターフェイスを取得します。Typically, you would use to obtain a specific interface of the control.

によって返されたインターフェイスポインター GetControlUnknown は参照カウントされていません。The interface pointer returned by GetControlUnknown is not reference-counted. 以前にiunknown:: AddRefを呼び出した場合を除き、ポインターに対してIunknown:: Releaseを呼び出さないでください。Do not call IUnknown::Release on the pointer unless you have previously called IUnknown::AddRef on it.

Example

// The following code fragment is taken from CMyDlg::OnInitDialog
// CMyDlg is a CDialog-derived class.

// IDC_MSACALCTRL1 is the ID of the Calendar control OCX embedded
// on this dialog
CWnd *pWndCal = GetDlgItem(IDC_MSACALCTRL1);

// Use the IUnknown of the control
LPUNKNOWN pUnk = pWndCal->GetControlUnknown();

// From there get the IDispatch interface of control
LPDISPATCH pDisp = NULL;
pUnk->QueryInterface(IID_IDispatch, (LPVOID*)&pDisp);

// use IDispatch method to invoke the control's functionality

CWnd:: GetCurrentMessageCWnd::GetCurrentMessage

ウィンドウが現在処理しているメッセージへのポインターを返します。Returns a pointer to the message this window is currently processing. は、メッセージメッセージハンドラーのオンのメンバー関数でのみ呼び出す必要があります。Should only be called when in an OnMessage message-handler member function.

static const MSG* PASCAL GetCurrentMessage();

戻り値Return Value

ウィンドウが現在処理しているメッセージを含む MSG 構造体へのポインターを返します。Returns a pointer to the MSG structure that contains the message the window is currently processing. は、 Onメッセージ ハンドラーでのみ呼び出す必要があります。Should only be called when in an OnMessage handler.

Example

CMDIFrameWnd:: MDICascadeの例を参照してください。See the example for CMDIFrameWnd::MDICascade.

CWnd:: GetDCCWnd::GetDC

に対して指定されたクラススタイルに応じて、クライアント領域の共通、クラス、またはプライベートデバイスコンテキストへのポインターを取得 CWnd します。Retrieves a pointer to a common, class, or private device context for the client area depending on the class style specified for the CWnd.

CDC* GetDC();

戻り値Return Value

成功した場合、クライアント領域のデバイスコンテキストを識別し CWnd ます。それ以外の場合、戻り値は NULL になります。Identifies the device context for the CWnd client area if successful; otherwise, the return value is NULL. ポインターは一時的である可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

一般的なデバイスコンテキストの場合、は、 GetDC 取得するたびに既定の属性をコンテキストに割り当てます。For common device contexts, GetDC assigns default attributes to the context each time it is retrieved. クラスおよびプライベートコンテキストの場合、は GetDC 以前に割り当てられた属性を変更せずに残します。For class and private contexts, GetDC leaves the previously assigned attributes unchanged. デバイスコンテキストは、それ以降のグラフィックスデバイスインターフェイス (GDI) 関数でクライアント領域に描画するために使用できます。The device context can be used in subsequent graphics device interface (GDI) functions to draw in the client area.

デバイスコンテキストがウィンドウクラスに属していない限り、描画後にコンテキストを解放するには、 ReleaseDC メンバー関数を呼び出す必要があります。Unless the device context belongs to a window class, the ReleaseDC member function must be called to release the context after painting.

クラスが CWnd GetDC 登録されたときに、CS_CLASSDC、CS_OWNDC、または CS_PARENTDC が構造体のスタイルとして指定されている場合、クラスに属しているデバイスコンテキストがメンバー関数によって返され WNDCLASS ます。A device context belonging to the CWnd class is returned by the GetDC member function if CS_CLASSDC, CS_OWNDC, or CS_PARENTDC was specified as a style in the WNDCLASS structure when the class was registered.

CWnd:: GetDCExCWnd::GetDCEx

ウィンドウのデバイスコンテキストのハンドルを取得し CWnd ます。Retrieves the handle of a device context for the CWnd window.

CDC* GetDCEx(
    CRgn* prgnClip,
    DWORD flags);

パラメーターParameters

prgnClipprgnClip
クライアントウィンドウの表示領域と組み合わせることができるクリッピング領域を識別します。Identifies a clipping region that may be combined with the visible region of the client window.

flagsflags
には、次のいずれかのプリセット値を指定できます。Can have one of the following preset values:

  • DCX_CACHE は、OWNDC または CLASSDC ウィンドウではなく、キャッシュからデバイスコンテキストを返します。DCX_CACHE Returns a device context from the cache rather than the OWNDC or CLASSDC window. CS_OWNDC と CS_CLASSDC をオーバーライドします。Overrides CS_OWNDC and CS_CLASSDC.

  • DCX_CLIPCHILDREN は、ウィンドウの下にあるすべての子ウィンドウの表示領域を除外 CWnd します。DCX_CLIPCHILDREN Excludes the visible regions of all child windows below the CWnd window.

  • DCX_CLIPSIBLINGS は、ウィンドウの上にあるすべての兄弟ウィンドウの表示領域を除外 CWnd します。DCX_CLIPSIBLINGS Excludes the visible regions of all sibling windows above the CWnd window.

  • DCX_EXCLUDERGN は、返されたデバイスコンテキストの可視領域から、 Prgnclip によって識別されるクリッピング領域を除外します。DCX_EXCLUDERGN Excludes the clipping region identified by prgnClip from the visible region of the returned device context.

  • DCX_INTERSECTRGN は、返されたデバイスコンテキストの可視領域内で、 Prgnclip によって識別されるクリッピング領域と交差します。DCX_INTERSECTRGN Intersects the clipping region identified by prgnClip within the visible region of the returned device context.

  • LockWindowUpdateこのウィンドウを除外する呼び出しが有効になっている場合でも、DCX_LOCKWINDOWUPDATE によって描画できます。DCX_LOCKWINDOWUPDATE Allows drawing even if there is a LockWindowUpdate call in effect that would otherwise exclude this window. この値は、追跡中の描画に使用されます。This value is used for drawing during tracking.

  • DCX_PARENTCLIP は親ウィンドウの可視領域を使用し、親ウィンドウの WS_CLIPCHILDREN と WS_PARENTDC スタイルビットを無視します。DCX_PARENTCLIP Uses the visible region of the parent window and ignores the parent window's WS_CLIPCHILDREN and WS_PARENTDC style bits. この値により、デバイスコンテキストの原点がウィンドウの左上隅に設定され CWnd ます。This value sets the device context's origin to the upper-left corner of the CWnd window.

  • DCX_WINDOW は、クライアントの四角形ではなくウィンドウの四角形に対応するデバイスコンテキストを返します。DCX_WINDOW Returns a device context that corresponds to the window rectangle rather than the client rectangle.

戻り値Return Value

関数が成功した場合は、指定されたウィンドウのデバイスコンテキスト。それ以外の場合は NULL。The device context for the specified window if the function is successful; otherwise NULL.

解説Remarks

デバイスコンテキストは、その後の GDI 関数でクライアント領域に描画するために使用できます。The device context can be used in subsequent GDI functions to draw in the client area.

この関数は、 GetDC 関数の拡張であり、アプリケーションはウィンドウのデバイスコンテキストをクリップする方法と方法をより細かく制御できます。This function, which is an extension to the GetDC function, gives an application more control over how and whether a device context for a window is clipped.

デバイスコンテキストがウィンドウクラスに属していない限り、描画後にコンテキストを解放するには、 ReleaseDC 関数を呼び出す必要があります。Unless the device context belongs to a window class, the ReleaseDC function must be called to release the context after drawing. 特定の時点で使用できる共通のデバイスコンテキストは5つだけであるため、デバイスコンテキストを解放しないと、他のアプリケーションがデバイスコンテキストにアクセスできなくなる可能性があります。Since only five common device contexts are available at any given time, failure to release a device context can prevent other applications from gaining access to a device context.

キャッシュされたデバイスコンテキストを取得するには、アプリケーションで DCX_CACHEを指定する必要があります。To obtain a cached device context, an application must specify DCX_CACHE. DCX_CACHE が指定されておらず、ウィンドウが CS_OWNDC でも CS_CLASSDCでもない場合、この関数は NULL を返します。If DCX_CACHE is not specified and the window is neither CS_OWNDC nor CS_CLASSDC, this function returns NULL.

クラスの登録時にWNDCLASS構造体で CS_CLASSDC、 CS_OWNDC、またはCS_PARENTDCスタイルが指定されている場合、特別な特性を持つデバイスコンテキストがGetDCEx関数によって返されます。A device context with special characteristics is returned by the GetDCEx function if the CS_CLASSDC, CS_OWNDC, or CS_PARENTDC style was specified in the WNDCLASS structure when the class was registered.

これらの特性の詳細については、Windows SDK の構造体の説明を参照してください WNDCLASSFor more information about these characteristics, see the description of the WNDCLASS structure in the Windows SDK.

CWnd:: GetDCRenderTargetCWnd::GetDCRenderTarget

CWnd ウィンドウのデバイス コンテキスト (DC) レンダー ターゲットを取得します。Retrieves the device context (DC) render target for the CWnd window.

CDCRenderTarget* GetDCRenderTarget();

戻り値Return Value

関数が成功した場合は指定したウィンドウのデバイス コンテキスト レンダー ターゲット、それ以外の場合は NULL。The device context render target for the specified window if the function is successful; otherwise NULL.

解説Remarks

CWnd:: GetDescendantWindowCWnd::GetDescendantWindow

指定した ID で指定された子孫ウィンドウを検索するには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to find the descendant window specified by the given ID.

CWnd* GetDescendantWindow(
    int nID,
    BOOL bOnlyPerm = FALSE) const;

パラメーターParameters

nIDnID
取得するコントロールまたは子ウィンドウの識別子を指定します。Specifies the identifier of the control or child window to be retrieved.

bOnlyPermbOnlyPerm
返されるウィンドウを一時的なものにするかどうかを指定します。Specifies whether the window to be returned can be temporary. TRUE の場合、パーマネントウィンドウのみを返すことができます。FALSE の場合、関数は一時ウィンドウを返すことができます。If TRUE, only a permanent window can be returned; if FALSE, the function can return a temporary window. 一時ウィンドウの詳細については、「 テクニカルノート 3」を参照してください。For more information on temporary windows see Technical Note 3.

戻り値Return Value

オブジェクトへのポインター CWnd 。子ウィンドウが見つからない場合は NULL。A pointer to a CWnd object, or NULL if no child window is found.

解説Remarks

このメンバー関数は、直下の子であるウィンドウだけでなく、子ウィンドウのツリー全体を検索します。This member function searches the entire tree of child windows, not only the windows that are immediate children.

CWnd:: GetDesktopWindowCWnd::GetDesktopWindow

Windows デスクトップウィンドウを返します。Returns the Windows desktop window.

static CWnd* PASCAL GetDesktopWindow();

戻り値Return Value

Windows デスクトップウィンドウを識別します。Identifies the Windows desktop window. このポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。This pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

デスクトップウィンドウは画面全体をカバーしており、すべてのアイコンとその他のウィンドウが描画される領域です。The desktop window covers the entire screen and is the area on top of which all icons and other windows are painted.

CWnd:: GetDlgCtrlIDCWnd::GetDlgCtrlID

ダイアログボックス内のコントロールの値だけでなく、任意の子ウィンドウのウィンドウ ID 値またはコントロール ID 値を返します。Returns the window or control ID value for any child window, not only that of a control in a dialog box.

int GetDlgCtrlID() const;

戻り値Return Value

CWnd関数が成功した場合は子ウィンドウの数値識別子。それ以外の場合は0。The numeric identifier of the CWnd child window if the function is successful; otherwise 0.

解説Remarks

トップレベルウィンドウには ID 値がないため、 CWnd がトップレベルウィンドウの場合、この関数の戻り値は無効です。Since top-level windows do not have an ID value, the return value of this function is invalid if the CWnd is a top-level window.

Example

CWnd:: OnCtlColorの例を参照してください。See the example for CWnd::OnCtlColor.

CWnd:: GetDlgItemCWnd::GetDlgItem

ダイアログボックスまたはその他のウィンドウで、指定したコントロールまたは子ウィンドウへのポインターを取得します。Retrieves a pointer to the specified control or child window in a dialog box or other window.

CWnd* GetDlgItem(int nID) const;

void GetDlgItem(
    int nID,
    HWND* phWnd) const;

パラメーターParameters

nIDnID
取得するコントロールまたは子ウィンドウの識別子を指定します。Specifies the identifier of the control or child window to be retrieved.

phWndphWnd
子ウィンドウへのポインター。A pointer to a child window.

戻り値Return Value

指定されたコントロールまたは子ウィンドウへのポインター。A pointer to the given control or child window. NIDパラメーターによって指定された整数 ID を持つコントロールが存在しない場合、値は NULL になります。If no control with the integer ID given by the nID parameter exists, the value is NULL.

返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

返されるポインターは、通常、 nIDによって識別されるコントロールの型にキャストされます。The pointer returned is usually cast to the type of control identified by nID.

Example

// uses GetDlgItem to return a pointer to a user interface control
CEdit *pBoxOne;
pBoxOne = (CEdit*)GetDlgItem(IDC_MYEDIT);
GotoDlgCtrl(pBoxOne);

CWnd:: GetDlgItemIntCWnd::GetDlgItemInt

NIDによって識別されるコントロールのテキストを取得します。Retrieves the text of the control identified by nID.

UINT GetDlgItemInt(
    int nID,
    BOOL* lpTrans = NULL,
    BOOL bSigned = TRUE) const;

パラメーターParameters

nIDnID
変換するダイアログボックスコントロールの整数識別子を指定します。Specifies the integer identifier of the dialog-box control to be translated.

lpTranslpTrans
は、変換されたフラグを受け取るブール変数を指します。Points to the Boolean variable that is to receive the translated flag.

bSignedbSigned
取得する値が署名されているかどうかを指定します。Specifies whether the value to be retrieved is signed.

戻り値Return Value

ダイアログボックスの項目テキストの翻訳された値を指定します。Specifies the translated value of the dialog-box item text. 0は有効な戻り値であるため、エラーを検出するには lpTrans を使用する必要があります。Since 0 is a valid return value, lpTrans must be used to detect errors. 符号付きの戻り値が必要な場合は、型としてキャストし int ます。If a signed return value is desired, cast it as an int type.

関数は、翻訳された数値が INT_MAX (符号付き数値の場合) または UINT_MAX (unsigned の場合) よりも大きい場合に0を返します。The function returns 0 if the translated number is greater than INT_MAX (for signed numbers) or UINT_MAX (for unsigned).

数値以外の文字が検出され、上記の最大値を超えているなどのエラーが発生した場合、は、 GetDlgItemInt lpTransが指す位置に0をコピーします。When errors occur, such as encountering nonnumeric characters and exceeding the above maximum, GetDlgItemInt copies 0 to the location pointed to by lpTrans. エラーがない場合、 lpTrans は0以外の値を受け取ります。If there are no errors, lpTrans receives a nonzero value. LpTransが NULL の場合、では GetDlgItemInt エラーに関する警告は発生しません。If lpTrans is NULL, GetDlgItemInt does not warn about errors.

解説Remarks

指定されたダイアログボックス内の指定したコントロールのテキストを整数値に変換します。これは、テキストの先頭にある余分なスペースを削除し、10進数を変換することによって行います。It translates the text of the specified control in the given dialog box into an integer value by stripping any extra spaces at the beginning of the text and converting decimal digits. テキストの末尾に達したとき、または数値以外の文字が検出されたときに、翻訳を停止します。It stops the translation when it reaches the end of the text or encounters any nonnumeric character.

Bsignedが TRUE の場合、は GetDlgItemInt テキストの先頭にマイナス記号 (-) があるかどうかを確認し、テキストを符号付き数値に変換します。If bSigned is TRUE, GetDlgItemInt checks for a minus sign (-) at the beginning of the text and translates the text into a signed number. それ以外の場合は、符号なしの値を作成します。Otherwise, it creates an unsigned value.

WM_GETTEXTメッセージをコントロールに送信します。It sends a WM_GETTEXT message to the control.

CWnd:: GetDlgItemTextCWnd::GetDlgItemText

ダイアログボックス内のコントロールに関連付けられているタイトルまたはテキストを取得するには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to retrieve the title or text associated with a control in a dialog box.

int GetDlgItemText(
    int nID,
    LPTSTR lpStr,
    int nMaxCount) const;

int GetDlgItemText(
    int nID,
    CString& rString) const;

パラメーターParameters

nIDnID
タイトルを取得するコントロールの整数識別子を指定します。Specifies the integer identifier of the control whose title is to be retrieved.

lpStrlpStr
コントロールのタイトルまたはテキストを受け取るバッファーをポイントします。Points to the buffer to receive the control's title or text.

nMaxCountnMaxCount
LpStrにコピーする文字列の最大長 (文字数) を指定します。Specifies the maximum length (in characters) of the string to be copied to lpStr. 文字列が nMaxCountより長い場合は、切り捨てられます。If the string is longer than nMaxCount, it is truncated.

rStringrString
CStringへの参照。A reference to a CString.

戻り値Return Value

バッファーにコピーされた実際の文字数を指定します。終端の null 文字は含まれません。Specifies the actual number of characters copied to the buffer, not including the terminating null character. テキストがコピーされない場合、値は0です。The value is 0 if no text is copied.

解説Remarks

GetDlgItemTextこのメンバー関数は、 lpStrが指す位置にテキストをコピーし、コピーするバイト数のカウントを返します。The GetDlgItemText member function copies the text to the location pointed to by lpStr and returns a count of the number of bytes it copies.

CWnd:: GetDSCCursorCWnd::GetDSCCursor

このメンバー関数を呼び出して、データソースコントロールの DataSource、UserName、Password、および SQL の各プロパティによって定義されている、基になるカーソルへのポインターを取得します。Call this member function to retrieve a pointer to the underlying cursor that is defined by the DataSource, UserName, Password, and SQL properties of the data-source control.

IUnknown* GetDSCCursor();

戻り値Return Value

データソースコントロールによって定義されたカーソルへのポインター。A pointer to a cursor that is defined by a data-source control. MFC は AddRef ポインターに対してを呼び出します。MFC takes care of calling AddRef for the pointer.

解説Remarks

返されたポインターを使用して、データバインドされたグリッドコントロールなど、複雑なデータバインドコントロールの ICursor プロパティを設定します。Use the returned pointer to set the ICursor property of a complex data-bound control, such as the data-bound grid control. 最初のバインドされたコントロールがカーソルを要求するまで、データソースコントロールはアクティブになりません。A data-source control will not become active until the first bound control requests its cursor. これは、 GetDSCCursor または MFC バインディングマネージャーによる暗黙的な呼び出しによって明示的に発生します。This can happen either explicitly by a call to GetDSCCursor or implicitly by the MFC binding manager. どちらの場合でも、を呼び出してを呼び出すことにより、データソースコントロールを強制的にアクティブにすることができ GetDSCCursor ます。その後、 Release への返されたポインターに対してを呼び出し IUnknown ます。In either case, you can force a data-source control to become active by calling GetDSCCursor and then calling Release on the returned pointer to IUnknown. アクティブ化によって、データソースコントロールが基になるデータソースへの接続を試行します。Activation will cause the data-source control to attempt to connect to the underlying data source. 返されたポインターは、次のコンテキストで使用される場合があります。The returned pointer might be used in the following context:

Example

BOOL CMyDlg::OnInitDialog()
{
   // Find the child controls on the dialog
   HRESULT hr = E_FAIL;
   CWnd *pDSC = GetDlgItem(IDC_DATASOURCE);
   CWnd *pListWnd = GetDlgItem(IDC_DBLIST1);
   IUnknown *punkList = pListWnd->GetControlUnknown();
   IDBList *pList = NULL;

   if (NULL != punkList)
   {
      hr = punkList->QueryInterface(__uuidof(IDBList), (void **)&pList);
   }

   if (SUCCEEDED(hr))
   {
      // Tell the MFC binding manager that we are
      // binding DISPID 3 to the data-source control.
      pListWnd->BindProperty(0x3, pDSC);

      // Tell the listbox which field to expose as its bound column
      pList->put_BoundColumn(_T("ContactFirstName"));

      // Tell the listbox which cursor and column to populate its list from
      pList->put_ListField(_T("ContactFirstName"));

      IUnknown *punkCursor = pDSC->GetDSCCursor();
      if (NULL != punkCursor)
      {
         punkCursor->Release();
      }

      pList->Release();
      return TRUE;
   }

CWnd:: GetDynamicLayoutCWnd::GetDynamicLayout

動的レイアウト マネージャー オブジェクトへのポインターを取得します。Retrieves a pointer to the dynamic layout manager object.

CMFCDynamicLayout* GetDynamicLayout();

戻り値Return Value

動的レイアウト マネージャー オブジェクトへのポインター、または動的レイアウトが有効でない場合は NULL。A pointer to the dynamic layout manager object, or NULL if dynamic layout is not enabled.

解説Remarks

ウィンドウ オブジェクトは、返されたポインターを所有し、その有効期間を管理します。そのため、ポインターはオブジェクトへのアクセスにのみ使用する必要があります。ポインターを削除したり、ポインターを永続的に格納したりしないでください。The window object owns and manages the lifetime of the returned pointer, so it should only be used to access the object; do not delete the pointer or store the pointer permanently.

CWnd:: GetExStyleCWnd::GetExStyle

ウィンドウの拡張スタイルを返します。Returns the window's extended style.

DWORD GetExStyle() const;

戻り値Return Value

ウィンドウの拡張スタイル。The window's extended style. MFC で使用される拡張ウィンドウスタイルの詳細については、「 拡張ウィンドウスタイル」を参照してください。For more information about the extended window styles used in MFC, see Extended Window Styles.

CWnd:: GetFocusCWnd::GetFocus

現在入力フォーカスがあるへのポインターを取得し CWnd ます。Retrieves a pointer to the CWnd that currently has the input focus.

static CWnd* PASCAL GetFocus();

戻り値Return Value

現在のフォーカスがあるウィンドウへのポインター。フォーカスウィンドウがない場合は NULL。A pointer to the window that has the current focus, or NULL if there is no focus window.

ポインターは一時的である可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The pointer may be temporary and should not be stored for later use.

CWnd:: GetFontCWnd::GetFont

現在のフォントを取得するために、WM_GETFONT メッセージをウィンドウに送信します。Sends the WM_GETFONT message to the window to retrieve the current font.

CFont* GetFont() const;

戻り値Return Value

ウィンドウの現在のフォントに関連付けられている CFont オブジェクトへのポインター。Pointer to a CFont object that is attached to the current font for the window.

解説Remarks

このメソッドは、ウィンドウが WM_GETFONT メッセージを処理しない限り、効果はありません。This method has no effect unless the window processes the WM_GETFONT message. から派生した MFC クラスの多く CWnd は、WM_GETFONT メッセージのメッセージハンドラーを含む定義済みのウィンドウクラスにアタッチされているため、このメッセージを処理します。Many MFC classes that derive from CWnd process this message because they are attached to a predefined window class that includes a message handler for the WM_GETFONT message. このメソッドを使用するには、から派生するクラスで、 CWnd WM_GETFONT メッセージのメソッドハンドラーを定義する必要があります。To use this method, classes that you derive from CWnd must define a method handler for the WM_GETFONT message.

CWnd:: GetForegroundWindowCWnd::GetForegroundWindow

前のウィンドウ (ユーザーが現在作業しているウィンドウ) へのポインターを返します。Returns a pointer to the foreground window (the window with which the user is currently working).

static CWnd* PASCAL GetForegroundWindow();

戻り値Return Value

前景ウィンドウへのポインター。A pointer to the foreground window. これは一時的なオブジェクトである可能性があり CWnd ます。This may be a temporary CWnd object.

解説Remarks

前景ウィンドウは、トップレベルウィンドウ (フレームウィンドウまたはダイアログボックス) にのみ適用されます。The foreground window applies only to top-level windows (frame windows or dialog boxes).

CWnd:: GetIconCWnd::GetIcon

このメンバー関数を呼び出して、 Bbigiconで示されているように、ビッグ (32x32) または小さい (16x16) アイコンを識別するハンドルを取得します。Call this member function to get the handle to either a big (32x32) or the handle to a small (16x16) icon, as indicated by bBigIcon.

HICON GetIcon(BOOL bBigIcon) const;

パラメーターParameters

bBigIconbBigIcon
TRUE の場合、32ピクセル×32ピクセルのアイコンを指定します。FALSE の場合、16ピクセル x 16 ピクセルのアイコンを指定します。Specifies a 32 pixel by 32 pixel icon if TRUE; specifies a 16 pixel by 16 pixel icon if FALSE.

戻り値Return Value

アイコンにへのハンドル。A handle to an icon. 失敗した場合は、NULL を返します。If unsuccessful, returns NULL.

CWnd:: GetLastActivePopupCWnd::GetLastActivePopup

CWnd が所有するポップアップ ウィンドウのうち、直前にアクティブだったウィンドウを調べます。Determines which pop-up window owned by CWnd was most recently active.

CWnd* GetLastActivePopup() const;

戻り値Return Value

最後にアクティブになったポップアップウィンドウを識別します。Identifies the most recently active pop-up window. 次の条件のいずれかが満たされている場合、戻り値はウィンドウ自体になります。The return value will be the window itself if any of the following conditions are met:

  • ウィンドウ自体は最後にアクティブになりました。The window itself was most recently active.

  • ウィンドウは、ポップアップウィンドウを所有していません。The window does not own any pop-up windows.

  • ウィンドウがトップレベルのウィンドウではないか、または別のウィンドウによって所有されています。The window is not a top-level window or is owned by another window.

ポインターは一時的である可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The pointer may be temporary and should not be stored for later use.

Example

CWnd:: FindWindowの例を参照してください。See the example for CWnd::FindWindow.

CWnd:: Getレイヤー EdwindowattributesCWnd::GetLayeredWindowAttributes

レイヤード ウィンドウの不透明度および透明度のカラー キーを取得します。Retrieves the opacity and transparency color key of a layered window.

BOOL GetLayeredWindowAttributes(
    COLORREF* pcrKey,
    BYTE* pbAlpha,
    DWORD* pdwFlags) const;

パラメーターParameters

pcrKeypcrKey
レイヤードウィンドウを作成するときに使用される透明度の色キーを受け取る COLORREF 値へのポインター。Pointer to a COLORREF value that receives the transparency color key to be used when composing the layered window. この色のウィンドウで描画されたすべてのピクセルは透明になります。All pixels painted by the window in this color will be transparent. 引数が不要な場合は NULL を指定できます。This can be NULL if the argument is not needed.

pbAlphapbAlpha
レイヤードウィンドウの不透明度を表すために使用されるアルファ値を受け取るバイトへのポインター。Pointer to a BYTE that receives the Alpha value used to describe the opacity of the layered window. PbAlphaによって参照される変数が0の場合、ウィンドウは完全に透明です。When the variable referred to by pbAlpha is 0, the window is completely transparent. PbAlphaによって参照される変数が255の場合、ウィンドウは不透明になります。When the variable referred to by pbAlpha is 255, the window is opaque. 引数が不要な場合は NULL を指定できます。This can be NULL if the argument is not needed.

pdwFlagspdwFlags
レイヤーフラグを受け取る DWORD へのポインター。Pointer to a DWORD that receives a layering flag. 引数が不要な場合は NULL を指定できます。This can be NULL if the argument is not needed. 使用可能な値の完全な一覧については、「 Getレイヤー Edwindowattributes」を参照してください。For a complete list of possible values, see GetLayeredWindowAttributes.

戻り値Return Value

関数が正常終了した場合は 0 以外。それ以外の場合は 0。Nonzero if the function succeeds; otherwise 0.

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、 Getレイヤー Edwindowattributes関数の機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the function GetLayeredWindowAttributes, as described in the Windows SDK.

CWnd:: GetMenuCWnd::GetMenu

このウィンドウのメニューへのポインターを取得します。Retrieves a pointer to the menu for this window.

CMenu* GetMenu() const;

戻り値Return Value

メニューを識別します。Identifies the menu. にメニューがない場合、値は NULL になり CWnd ます。The value is NULL if CWnd has no menu. が子ウィンドウの場合、戻り値は未定義です CWndThe return value is undefined if CWnd is a child window.

返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

子ウィンドウにはメニューがないため、この関数は使用しないでください。This function should not be used for child windows because they do not have a menu.

Example

void CMainFrame::OnCwndDeletefilemenu()
{
   // This example deletes the leftmost popup menu or leftmost
   // popup menu item from the application's main window.
   CWnd *pMain = AfxGetMainWnd();

   // The main window _can_ be NULL, so this code
   // doesn't ASSERT and actually tests.
   if (pMain != NULL)
   {
      // Get the main window's menu
      CMenu *pMenu = pMain->GetMenu();

      // If there is a menu and it has items, we'll
      // delete the first one.
      if (pMenu != NULL && pMenu->GetMenuItemCount() > 0)
      {
         pMenu->DeleteMenu(0, MF_BYPOSITION);
         // force a redraw of the menu bar
         pMain->DrawMenuBar();
      }

      // No need to delete pMenu because it is an MFC
      // temporary object.
   }
}

CWnd:: GetMenuBarInfoCWnd::GetMenuBarInfo

指定されたメニューバーに関する情報を取得します。Retrieves information about the specified menu bar.

BOOL GetMenuBarInfo(
    LONG idObject,
    LONG idItem,
    PMENUBARINFO pmbi) const;

パラメーターParameters

idObjectidObject
メニュー オブジェクトを指定します。Specifies the menu object. 使用可能な値の一覧については、「 Getmenubarinfo」を参照してください。For a list of possible values, see GetMenuBarInfo.

idItemidItem
情報を取得する項目を指定します。Specifies the item for which to retrieve information. このパラメーターが0の場合、関数はメニュー自体に関する情報を取得します。If this parameter is zero, the function retrieves information about the menu itself. このパラメーターが1の場合、関数はメニューの最初の項目に関する情報を取得します。If this parameter is 1, the function retrieves information about the first item on the menu, and so on.

pmbipmbi
情報を受け取る Menubarinfo 構造体へのポインター。Pointer to a MENUBARINFO structure that receives the information.

戻り値Return Value

関数が正常終了した場合は 0 以外。それ以外の場合は 0。Nonzero if the function succeeds; otherwise 0.

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、 Getmenubarinfo関数の機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the function GetMenuBarInfo, as described in the Windows SDK.

CWnd:: GetNextDlgGroupItemCWnd::GetNextDlgGroupItem

ダイアログボックス内のコントロールのグループ内で、前のコントロールまたは次のコントロールを検索します。Searches for the previous or next control within a group of controls in a dialog box.

CWnd* GetNextDlgGroupItem(
    CWnd* pWndCtl,
    BOOL bPrevious = FALSE) const;

COleControlSiteOrWnd* GetNextDlgGroupItem(
    COleControlSiteOrWnd* pCurSiteOrWnd = NULL) const;

パラメーターParameters

pWndCtlpWndCtl
検索の開始点として使用するコントロールを識別します。Identifies the control to be used as the starting point for the search.

bPreviousbPrevious
この関数がダイアログボックス内のコントロールのグループを検索する方法を指定します。Specifies how the function is to search the group of controls in the dialog box. TRUE の場合、関数はグループ内の前のコントロールを検索します。FALSE の場合は、グループ内の次のコントロールを検索します。If TRUE, the function searches for the previous control in the group; if FALSE, it searches for the next control in the group.

pCurSiteOrWndpCurSiteOrWnd
コントロールを識別 COleControlSiteOrWnd します。Identifies the COleControlSiteOrWnd control. の詳細について COleControlSiteOrWnd は、「 解説」を参照してください。For more information about COleControlSiteOrWnd, see Remarks.

戻り値Return Value

メンバー関数が成功した場合は、グループ内の前のコントロールまたは次のコントロールへのポインター。Pointer to the previous or next control in the group if the member function is successful.

返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

コントロールのグループは、 WS_GROUP スタイルで作成されたコントロールで始まり、WS_GROUP スタイルで作成されていない最後のコントロールで終了します。A group of controls begins with a control that was created with the WS_GROUP style and ends with the last control that was not created with the WS_GROUP style.

既定では、 GetNextDlgGroupItem メンバー関数は、グループ内の次のコントロールへのポインターを返します。By default, the GetNextDlgGroupItem member function returns a pointer to the next control in the group. PWndCtlがグループ内の最初のコントロールを識別し、 BPREVIOUSが TRUE の場合は、 GetNextDlgGroupItem グループ内の最後のコントロールへのポインターを返します。If pWndCtl identifies the first control in the group and bPrevious is TRUE, GetNextDlgGroupItem returns a pointer to the last control in the group.

注意

MFC は、ウィンドウなしの ActiveX コントロール、標準 ActiveX コントロール、およびウィンドウをサポートしているため、HWND だけで制御を参照することはできません。Because MFC supports windowless ActiveX controls, standard ActiveX controls, and windows, referring to a control by only an HWND no longer suffices. オブジェクトには、次のように、ウィンドウ COleControlSiteOrWnd activex コントロール、ウィンドウなしの activex コントロール、またはウィンドウとしてオブジェクトを識別する情報が含まれています。The COleControlSiteOrWnd object includes information that identifies the object as a windowed ActiveX control, a windowless ActiveX control, or a window, as follows:

コントロールまたはウィンドウの種類Control or window type 識別情報Identifying information
ウィンドウ ActiveX コントロールWindowed ActiveX control HWND を含み、それに COleControlSite オブジェクトを関連付けます。Contains an HWND and associates a COleControlSite object with it. m_hWndのメンバー COleControlSiteOrWnd はコントロールの HWND に設定され、 m_pSite メンバーはコントロールのを指し COleControlSite ます。The m_hWnd member of COleControlSiteOrWnd is set to the HWND of the control, and the m_pSite member points to the control's COleControlSite.
ウィンドウなしの ActiveX コントロールWindowless ActiveX control に HWND が含まれていません。Contains no HWND. m_pSiteのメンバー COleControlSiteOrWnd がコントロールのを指し、 COleControlSite m_hWnd メンバーが NULL です。The m_pSite member of COleControlSiteOrWnd points to the control's COleControlSite, and the m_hWnd member is NULL.
標準ウィンドウStandard window HWND だけを含みます。Contains just an HWND. m_hWndのメンバーは COleControlSiteOrWnd ウィンドウの HWND に設定され、 m_pSite メンバーは NULL になります。The m_hWnd member of COleControlSiteOrWnd is set to the HWND of the window, and the m_pSite member is NULL.

CWnd:: GetNextDlgTabItemCWnd::GetNextDlgTabItem

WS_TABSTOPスタイルを使用して作成され、指定されたコントロールの前または後にある最初のコントロールへのポインターを取得します。Retrieves a pointer to the first control that was created with the WS_TABSTOP style and that precedes or follows the specified control.

CWnd* GetNextDlgTabItem(
    CWnd* pWndCtl,
    BOOL bPrevious = FALSE) const;

COleControlSiteOrWnd* GetNextDlgTabItem(
    COleControlSiteOrWnd* pCurSiteOrWnd,
    BOOL bPrevious) const;

パラメーターParameters

pWndCtlpWndCtl
検索の開始点として使用するコントロールを識別します。Identifies the control to be used as the starting point for the search.

pCurSiteOrWndpCurSiteOrWnd
コントロールを識別 COleControlSiteOrWnd します。Identifies the COleControlSiteOrWnd control. の詳細について COleControlSiteOrWnd は、「 CWnd:: GetNextDlgGroupItem」を参照してください。For more information about COleControlSiteOrWnd, see CWnd::GetNextDlgGroupItem.

bPreviousbPrevious
関数がダイアログボックスを検索する方法を指定します。Specifies how the function is to search the dialog box. TRUE の場合、関数はダイアログボックスで前のコントロールを検索します。FALSE の場合は、次のコントロールを検索します。If TRUE, the function searches for the previous control in the dialog box; if FALSE, it searches for the next control.

戻り値Return Value

メンバー関数が正常に実行された場合は、WS_TABSTOP スタイルを持つ直前または次のコントロールへのポインター。Pointer to the previous or next control that has the WS_TABSTOP style, if the member function is successful.

返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use.

の詳細について COleControlSiteOrWnd は、「 CWnd:: GetNextDlgGroupItem」を参照してください。For more information about COleControlSiteOrWnd, see CWnd::GetNextDlgGroupItem.

CWnd:: GetNextWindowCWnd::GetNextWindow

ウィンドウマネージャーの一覧で、次 (または前) のウィンドウを検索します。Searches for the next (or previous) window in the window manager's list.

CWnd* GetNextWindow(UINT nFlag = GW_HWNDNEXT) const;

パラメーターParameters

nnFlag
関数が次のウィンドウまたは前のウィンドウへのポインターを返すかどうかを指定します。Specifies whether the function returns a pointer to the next window or the previous window. GW_HWNDNEXT のいずれかになります。これは、ウィンドウマネージャーの一覧のオブジェクトの後ろにあるウィンドウを返し CWnd ます。または、ウィンドウマネージャーの一覧の前のウィンドウを返す GW_HWNDPREV を返します。It can be either GW_HWNDNEXT, which returns the window that follows the CWnd object on the window manager's list, or GW_HWNDPREV, which returns the previous window on the window manager's list.

戻り値Return Value

メンバー関数が成功した場合に、ウィンドウマネージャーのリスト内の次の (または前の) ウィンドウを識別します。Identifies the next (or the previous) window in the window manager's list if the member function is successful.

返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

ウィンドウマネージャーの一覧には、すべてのトップレベルウィンドウ、関連付けられている子ウィンドウ、および子ウィンドウの子ウィンドウのエントリが含まれています。The window manager's list contains entries for all top-level windows, their associated child windows, and the child windows of any child windows.

CWndがトップレベルウィンドウである場合、関数は次の (または前の) トップレベルウィンドウを検索します。 CWnd が子ウィンドウの場合、関数は次の (または前の) 子ウィンドウを検索します。If CWnd is a top-level window, the function searches for the next (or previous) top-level window; if CWnd is a child window, the function searches for the next (or previous) child window.

CWnd:: GetOleControlSiteCWnd::GetOleControlSite

指定された ActiveX コントロールのカスタム サイトを取得します。Retrieves the custom site for the specified ActiveX control.

COleControlSite* GetOleControlSite(UINT idControl) const;

パラメーターParameters

idControlidControl
ActiveX コントロールの ID。The ID of the ActiveX control.

CWnd:: GetOpenClipboardWindowCWnd::GetOpenClipboardWindow

現在クリップボードが開いているウィンドウのハンドルを取得します。Retrieves the handle of the window that currently has the Clipboard open.

static CWnd* PASCAL GetOpenClipboardWindow();

戻り値Return Value

関数が正常に実行された場合に、現在クリップボードが開いているウィンドウのハンドル。それ以外の場合は NULL。The handle of the window that currently has the Clipboard open if the function is successful; otherwise NULL.

CWnd:: GetOwnerCWnd::GetOwner

ウィンドウの所有者へのポインターを取得します。Retrieves a pointer to the owner of the window.

CWnd* GetOwner() const;

戻り値Return Value

CWnd オブジェクトを指すポインターです。A pointer to a CWnd object.

解説Remarks

ウィンドウに所有者がいない場合は、親ウィンドウオブジェクトへのポインターが既定で返されます。If the window has no owner, then a pointer to the parent window object is returned by default. いくつかの重要な側面では、所有者と所有者の関係が親子の側面と異なることに注意してください。Note that the relationship between the owner and the owned differs from the parent-child aspect in several important aspects. たとえば、親を持つウィンドウは、親ウィンドウのクライアント領域に限定されます。For example, a window with a parent is confined to its parent window's client area. 所有しているウィンドウは、デスクトップ上の任意の場所に描画できます。Owned windows can be drawn at any location on the desktop.

この関数の所有権の概念は、 Getwindowの所有権の概念とは異なります。The ownership concept of this function is different from the ownership concept of GetWindow.

CWnd:: GetParentCWnd::GetParent

この関数を呼び出して、子ウィンドウの親ウィンドウへのポインターを取得します (存在する場合)。Call this function to get a pointer to a child window's parent window (if any).

CWnd* GetParent() const;

戻り値Return Value

Windows SDK の「 GetParent 」の「戻り値」セクションを参照してください。See the Return Values section in GetParent in the Windows SDK.

解説Remarks

関数は、 GetParent 直接の親 (存在する場合) へのポインターを返します。The GetParent function returns a pointer to the immediate parent (if it exists). これに対し、 GetParentOwner 関数は、子ウィンドウではない (WS_CHILD スタイルを持たない) 直前の親ウィンドウまたはオーナーウィンドウへのポインターを返します。In contrast, the GetParentOwner function returns a pointer to the most immediate parent or owner window that is not a child window (does not have the WS_CHILD style). 子ウィンドウに子ウィンドウがあり、 GetParent GetParentOwner 異なる結果を返す場合は。If you have a child window within a child window GetParent and GetParentOwner return different results.

CWnd:: GetParentFrameCWnd::GetParentFrame

このメンバー関数を呼び出して、親フレームウィンドウを取得します。Call this member function to retrieve the parent frame window.

CFrameWnd* GetParentFrame() const;

戻り値Return Value

成功した場合は、フレームウィンドウへのポインター。それ以外の場合は NULL。A pointer to a frame window if successful; otherwise NULL.

解説Remarks

このメンバー関数は、 CFrameWnd (または派生クラス) オブジェクトが検出されるまで、親チェーンを検索します。The member function searches up the parent chain until a CFrameWnd (or derived class) object is found.

CWnd:: GetParentOwnerCWnd::GetParentOwner

このメンバー関数を呼び出して、子ウィンドウの親ウィンドウまたはオーナーウィンドウへのポインターを取得します。Call this member function to get a pointer to a child window's parent window or owner window.

CWnd* GetParentOwner() const;

戻り値Return Value

CWnd オブジェクトを指すポインターです。A pointer to a CWnd object. CWnd オブジェクトがハンドルに関連付けられていない場合は、一時的な CWnd オブジェクトが生成され、関連付けられます。If a CWnd object is not attached to the handle, a temporary CWnd object is created and attached. ポインターは一時的である可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

GetParentOwner 子ウィンドウではない (WS_CHILD スタイルを持たない) 直前の親ウィンドウまたはオーナーウィンドウへのポインターを返します。GetParentOwner returns a pointer to the most immediate parent or owner window that is not a child window (does not have the WS_CHILD style). 現在のオーナーウィンドウは、 SetOwnerを使用して設定できます。The current owner window can be set with SetOwner. 既定では、ウィンドウの親はその所有者です。By default, the parent of a window is its owner.

これに対し、 GetParent 関数は、子ウィンドウであるかどうかに関係なく、直接の親へのポインターを返します。In contrast, the GetParent function returns a pointer to the immediate parent, whether it is a child window or not. 子ウィンドウに子ウィンドウがあり、 GetParent GetParentOwner 異なる結果を返す場合は。If you have a child window within a child window GetParent and GetParentOwner return different results.

CWnd:: GetPropertyCWnd::GetProperty

Dwdispidによって指定された ActiveX コントロールプロパティを取得するには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to get the ActiveX control property specified by dwDispID.

void GetProperty(
    DISPID dwDispID,
    VARTYPE vtProp,
    void* pvProp)const;

パラメーターParameters

dwDispIDdwDispID
取得するプロパティを識別します。Identifies the property to be retrieved.

vtPropvtProp
取得するプロパティの型を指定します。Specifies the type of the property to be retrieved. 使用できる値については、 COleDispatchDriver::InvokeHelperの「解説」をご覧ください。For possible values, see the Remarks section for COleDispatchDriver::InvokeHelper.

pvProppvProp
プロパティ値を受け取る変数のアドレス。Address of the variable that will that will receive the property value. VtPropによって指定された型と一致している必要があります。It must match the type specified by vtProp.

解説Remarks

GetPropertyPvpropを通じて値を返します。GetProperty returns the value through pvProp.

注意

この関数は、ActiveX コントロールを表すオブジェクトでのみ呼び出す必要があり CWnd ます。This function should be called only on a CWnd object that represents an ActiveX control.

このメンバー関数を ActiveX コントロールコンテナーで使用する方法の詳細については、「activex コントロールコンテナー: activex コントロール コンテナーでの activexコントロールのプログラミング」を参照してください。For more information about using this member function with ActiveX Control Containers, see the article ActiveX Control Containers: Programming ActiveX Controls in an ActiveX Control Container.

CWnd:: GetRenderTargetCWnd::GetRenderTarget

このウィンドウに関連付けられているレンダー ターゲットを取得します。Gets a render target that is associated with this window.

CHwndRenderTarget* GetRenderTarget();

戻り値Return Value

レンダーターゲットへのポインターまたは NULL。Pointer to the render target or NULL.

CWnd:: GetSafeHwndCWnd::GetSafeHwnd

はを返し m_hWnd this ます。ポインターが null の場合は null を返します。Returns m_hWnd, or NULL if the this pointer is NULL.

HWND GetSafeHwnd() const;

戻り値Return Value

ウィンドウのウィンドウハンドルを返します。Returns the window handle for a window. CWndがウィンドウにアタッチされていない場合、またはが null ポインターと共に使用されている場合は、null を返し CWnd ます。Returns NULL if the CWnd is not attached to a window or if it is used with a NULL CWnd pointer.

Example

CWnd:: SubclassWindowの例を参照してください。See the example for CWnd::SubclassWindow.

CWnd:: GetSafeOwnerCWnd::GetSafeOwner

ダイアログボックスまたはその他のモーダルウィンドウで使用するオーナーウィンドウを取得するには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to retrieve the owner window that should be used for dialog boxes or other modal windows.

static CWnd* GetSafeOwner(
    CWnd* pParent = NULL,
    HWND* pWndTop = NULL);

パラメーターParameters

pParentpParent
親ウィンドウへのポインター CWndA pointer to a parent CWnd window. NULL の場合もあります。May be NULL.

pWndToppWndTop
現在上にあるウィンドウへのポインター。A pointer to the window that is currently on top. NULL の場合もあります。May be NULL.

戻り値Return Value

指定されたウィンドウの安全な所有者へのポインター。A pointer to the safe owner for the given window.

解説Remarks

安全な所有者は、 pparentの最初の子以外の親ウィンドウです。The safe owner is the first non-child parent window of pParent. Pparentが NULL の場合は、スレッドのメインウィンドウ ( AfxGetMainWnd経由で取得) を使用して所有者を検索します。If pParent is NULL, the thread's main window (retrieved via AfxGetMainWnd) is used to find an owner.

注意

フレームワーク自体は、この関数を使用して、所有者が指定されていないダイアログボックスおよびプロパティシートの正しいオーナーウィンドウを決定します。The framework itself uses this function to determine the correct owner window for dialog boxes and property sheets where the owner is not specified.

CWnd:: GetScrollBarCtrlCWnd::GetScrollBarCtrl

指定した兄弟スクロールバーまたはスプリッターウィンドウへのポインターを取得するには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to obtain a pointer to the specified sibling scroll bar or splitter window.

virtual CScrollBar* GetScrollBarCtrl(int nBar) const;

パラメーターParameters

nBarnBar
スクロールバーの種類を指定します。Specifies the type of scroll bar. パラメーターは、次のいずれかの値をとります。The parameter can take one of the following values:

  • SB_HORZ 水平スクロールバーの位置を取得します。SB_HORZ Retrieves the position of the horizontal scroll bar.

  • SB_VERT 垂直スクロールバーの位置を取得します。SB_VERT Retrieves the position of the vertical scroll bar.

戻り値Return Value

兄弟スクロールバーコントロール。存在しない場合は NULL。A sibling scroll-bar control, or NULL if none.

解説Remarks

このメンバー関数は、ウィンドウの作成時に WS_HSCROLL または WS_VSCROLL ビットを設定したときに作成されたスクロールバーには作用しません。This member function does not operate on scroll bars created when the WS_HSCROLL or WS_VSCROLL bits are set during the creation of a window. CWndこの関数の実装は、単純に NULL を返します。The CWnd implementation of this function simply returns NULL. などの派生クラスに CView は、記述された機能が実装されています。Derived classes, such as CView, implement the described functionality.

CWnd:: GetScrollBarInfoCWnd::GetScrollBarInfo

指定されたスクロール バーの情報を取得します。Retrieves information about the specified scroll bar.

BOOL GetScrollBarInfo(
    LONG idObject,
    PSCROLLBARINFO psbi) const;

パラメーターParameters

idObjectidObject
メニュー オブジェクトを指定します。Specifies the menu object. 使用可能な値の一覧については、「 GetScrollBarInfo」を参照してください。For a list of possible values, see GetScrollBarInfo.

psbipsbi
情報を受け取る SCROLLBARINFO 構造体へのポインター。Pointer to a SCROLLBARINFO structure that receives the information.

戻り値Return Value

関数が正常終了した場合は 0 以外。それ以外の場合は 0。Nonzero if the function succeeds; otherwise 0.

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、関数 GetScrollBarInfoの機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the function GetScrollBarInfo, as described in the Windows SDK.

CWnd:: GetScrollInfoCWnd::GetScrollInfo

このメンバー関数を呼び出して、この SCROLLINFO 構造体がスクロールバーに関して保持する情報を取得します。Call this member function to retrieve the information that the SCROLLINFO structure maintains about a scroll bar.

BOOL GetScrollInfo(
    int nBar,
    LPSCROLLINFO lpScrollInfo,
    UINT nMask = SIF_ALL);

パラメーターParameters

nBarnBar
スクロールバーが、コントロールまたはウィンドウの非クライアント領域の一部であるかどうかを指定します。Specifies whether the scroll bar is a control or part of a window's nonclient area. 非クライアント領域の一部である場合、 Nbar は、スクロールバーが水平方向、垂直方向、または両方に配置されているかどうかも示します。If it is part of the nonclient area, nBar also indicates whether the scroll bar is positioned horizontally, vertically, or both. 次のいずれかである必要があります。It must be one of the following:

  • SB_CTL は、スクロールバーコントロールのパラメーターを取得します。SB_CTL Retrieves the parameters for a scroll bar control. m_hWndデータメンバーは、スクロールバーコントロールのハンドルである必要があります。The m_hWnd data member must be the handle of the scroll bar control.

  • SB_HORZ ウィンドウの標準の水平スクロールバーのパラメーターを取得します。SB_HORZ Retrieves the parameters for the window's standard horizontal scroll bar.

  • SB_VERT ウィンドウの標準の垂直スクロールバーのパラメーターを取得します。SB_VERT Retrieves the parameters for the window's standard vertical scroll bar.

lpScrollInfolpScrollInfo
SCROLLINFO構造体へのポインター。A pointer to a SCROLLINFO structure. この構造体の詳細については、Windows SDK を参照してください。See the Windows SDK for more information about this structure.

nMasknMask
取得するスクロールバーのパラメーターを指定します。Specifies the scroll bar parameters to retrieve. 既定では、SIF_PAGE、SIF_POS、SIF_TRACKPOS、および SIF_RANGE の組み合わせを指定します。The default specifies a combination of SIF_PAGE, SIF_POS, SIF_TRACKPOS, and SIF_RANGE. SCROLLINFO Nmask値の詳細については、「」を参照してください。See SCROLLINFO for more information on the nMask values.

戻り値Return Value

メッセージが値を取得した場合、戻り値は TRUE になります。If the message retrieved any values, the return is TRUE. それ以外の場合は FALSE になります。Otherwise, it is FALSE.

解説Remarks

GetScrollInfo アプリケーションで32ビットのスクロール位置を使用できるようにします。GetScrollInfo enables applications to use 32-bit scroll positions.

SCROLLINFO構造体には、スクロールバーの最小値と最大値、ページサイズ、スクロールボックスの位置 (つまみ) などの情報が含まれています。The SCROLLINFO structure contains information about a scroll bar, including the minimum and maximum scrolling positions, the page size, and the position of the scroll box (the thumb). SCROLLINFO構造体の既定値の変更の詳細については、Windows SDK の構造に関するトピックを参照してください。See the SCROLLINFO structure topic in the Windows SDK for more information about changing the structure defaults.

スクロールバーの位置、 cwnd:: OnHScrollCwnd:: ONVSCROLLを示す MFC Windows メッセージハンドラーは、位置データの16ビットのみを提供します。The MFC Windows message handlers that indicate scroll-bar position, CWnd::OnHScroll and CWnd::OnVScroll, provide only 16 bits of position data. GetScrollInfoSetScrollInfo は、32ビットのスクロールバーの位置データを提供します。GetScrollInfo and SetScrollInfo provide 32 bits of scroll-bar position data. したがって、アプリケーションは、 GetScrollInfo またはのいずれかを処理中にを呼び出して、 CWnd::OnHScroll CWnd::OnVScroll 32 ビットのスクロールバーの位置データを取得できます。Thus, an application can call GetScrollInfo while processing either CWnd::OnHScroll or CWnd::OnVScroll to obtain 32-bit scroll-bar position data.

CWnd:: GetScrollLimitCWnd::GetScrollLimit

スクロールバーのスクロールの最大位置を取得するには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to retrieve the maximum scrolling position of the scroll bar.

int GetScrollLimit(int nBar);

パラメーターParameters

nBarnBar
スクロールバーの種類を指定します。Specifies the type of scroll bar. パラメーターは、次のいずれかの値をとります。The parameter can take one of the following values:

  • SB_HORZ 水平スクロールバーのスクロール制限を取得します。SB_HORZ Retrieves the scroll limit of the horizontal scroll bar.

  • SB_VERT 垂直スクロールバーのスクロール制限を取得します。SB_VERT Retrieves the scroll limit of the vertical scroll bar.

戻り値Return Value

成功した場合のスクロールバーの最大位置を指定します。それ以外の場合は0です。Specifies the maximum position of a scroll bar if successful; otherwise 0.

CWnd:: GetScrollPosCWnd::GetScrollPos

スクロールバーのスクロールボックスの現在位置を取得します。Retrieves the current position of the scroll box of a scroll bar.

int GetScrollPos(int nBar) const;

パラメーターParameters

nBarnBar
確認するスクロールバーを指定します。Specifies the scroll bar to examine. パラメーターは、次のいずれかの値をとります。The parameter can take one of the following values:

  • SB_HORZ 水平スクロールバーの位置を取得します。SB_HORZ Retrieves the position of the horizontal scroll bar.

  • SB_VERT 垂直スクロールバーの位置を取得します。SB_VERT Retrieves the position of the vertical scroll bar.

戻り値Return Value

成功した場合、スクロールバーのスクロールボックスの現在位置を指定します。それ以外の場合は0です。Specifies the current position of the scroll box in the scroll bar if successful; otherwise 0.

解説Remarks

現在の位置は、現在のスクロール範囲に依存する相対値です。The current position is a relative value that depends on the current scrolling range. たとえば、スクロールの範囲が50から100で、スクロールボックスがバーの中央にある場合、現在の位置は75になります。For example, if the scrolling range is 50 to 100 and the scroll box is in the middle of the bar, the current position is 75.

CWnd:: GetScrollRangeCWnd::GetScrollRange

指定されたスクロールバーの現在の最小および最大のスクロールバーの位置を、 Lpminpos および lpminposによって指定された場所にコピーします。Copies the current minimum and maximum scroll-bar positions for the given scroll bar to the locations specified by lpMinPos and lpMaxPos.

void GetScrollRange(
    int nBar,
    LPINT lpMinPos,
    LPINT lpMaxPos) const;

パラメーターParameters

nBarnBar
確認するスクロールバーを指定します。Specifies the scroll bar to examine. パラメーターは、次のいずれかの値をとります。The parameter can take one of the following values:

  • SB_HORZ 水平スクロールバーの位置を取得します。SB_HORZ Retrieves the position of the horizontal scroll bar.

  • SB_VERT 垂直スクロールバーの位置を取得します。SB_VERT Retrieves the position of the vertical scroll bar.

lpMinPoslpMinPos
最小位置を受け取る整数変数を指します。Points to the integer variable that is to receive the minimum position.

lpMaxPoslpMaxPos
最大位置を受け取る整数変数を指します。Points to the integer variable that is to receive the maximum position.

解説Remarks

CWnd スクロールバーがない場合、 GetScrollRange メンバー関数は0を lpminpos および lpminposにコピーします。If CWnd does not have a scroll bar, then the GetScrollRange member function copies 0 to lpMinPos and lpMaxPos.

標準のスクロールバーの既定の範囲は 0 ~ 100 です。The default range for a standard scroll bar is 0 to 100. スクロールバーコントロールの既定の範囲は空です (両方の値が0です)。The default range for a scroll-bar control is empty (both values are 0).

CWnd:: GetStyleCWnd::GetStyle

現在のウィンドウ スタイルを返します。Returns the current window style.

DWORD GetStyle() const;

戻り値Return Value

ウィンドウのスタイル。The window's style. MFC で使用されるウィンドウスタイルの詳細については、「 ウィンドウスタイル」を参照してください。For more information about the window styles used in MFC, see Window Styles.

CWnd:: GetSystemMenuCWnd::GetSystemMenu

アプリケーションがコピーおよび変更のためにコントロール メニューにアクセスできるようにします。Allows the application to access the Control menu for copying and modification.

CMenu* GetSystemMenu(BOOL bRevert) const;

パラメーターParameters

より垂直bRevert
実行するアクションを指定します。Specifies the action to be taken. 値が FALSE の場合、は GetSystemMenu 現在使用されているコントロールメニューのコピーへのハンドルを返します。If bRevert is FALSE, GetSystemMenu returns a handle to a copy of the Control menu currently in use. このコピーは、最初はコントロールメニューと同じですが、変更することができます。This copy is initially identical to the Control menu but can be modified. 値が TRUE の場合、は GetSystemMenu コントロールメニューを既定の状態に戻します。If bRevert is TRUE, GetSystemMenu resets the Control menu back to the default state. 以前の変更可能なコントロールメニューがある場合は、それが破棄されます。The previous, possibly modified, Control menu, if any, is destroyed. この場合、戻り値は未定義です。The return value is undefined in this case.

戻り値Return Value

一致 が FALSE の場合、 コントロールメニューのコピーを識別します。Identifies a copy of the Control menu if bRevert is FALSE. 場合の 値が TRUE の場合、 戻り値は未定義です。If bRevert is TRUE, the return value is undefined.

返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

GetSystemMenuコントロールメニューの独自のコピーを作成するために使用しないウィンドウは、標準のコントロールメニューを受け取ります。Any window that does not use GetSystemMenu to make its own copy of the Control menu receives the standard Control menu.

メンバー関数によって返されるポインターは、 GetSystemMenu コントロールメニューを変更するために、 cmenu:: appendmenuCmenu:: insertmenu、または cmenu:: modifymenu 関数と共に使用できます。The pointer returned by the GetSystemMenu member function can be used with the CMenu::AppendMenu, CMenu::InsertMenu, or CMenu::ModifyMenu functions to change the Control menu.

コントロールメニューには、SC_CLOSE、SC_MOVE、SC_SIZE などのさまざまな ID 値で識別される項目が最初に含まれています。The Control menu initially contains items identified with various ID values such as SC_CLOSE, SC_MOVE, and SC_SIZE. コントロールメニューの項目は WM_SYSCOMMAND メッセージを生成します。Items on the Control menu generate WM_SYSCOMMAND messages. 定義済みのすべてのコントロールメニュー項目には、0xF000 を超える ID 番号が付けられています。All predefined Control-menu items have ID numbers greater than 0xF000. アプリケーションでコントロールメニューに項目を追加する場合は、F000 未満の ID 番号を使用する必要があります。If an application adds items to the Control menu, it should use ID numbers less than F000.

Windows では、標準コントロールメニューの項目が自動的に使用できなくなる場合があります。Windows may automatically make items unavailable on the standard Control menu. CWndWM_INITMENUメッセージに応答することで、独自の選択または使用不可を実行できます。これは、メニューが表示される前に送信されます。CWnd can carry out its own selection or unavailability by responding to the WM_INITMENU messages, which are sent before any menu is displayed.

Example

// The following code fragment is taken from CMyDlg::OnInitDialog
// CMyDlg is derived from CDialog

// Add "About..." menu item to system menu.

// IDM_ABOUTBOX must be in the system command range.
ASSERT((IDM_ABOUTBOX & 0xFFF0) == IDM_ABOUTBOX);
ASSERT(IDM_ABOUTBOX < 0xF000);

CMenu *pSysMenu = GetSystemMenu(FALSE);
if (pSysMenu != NULL)
{
   CString strAboutMenu;
   strAboutMenu.LoadString(IDS_ABOUT);
   if (!strAboutMenu.IsEmpty())
   {
      pSysMenu->AppendMenu(MF_SEPARATOR);
      pSysMenu->AppendMenu(MF_STRING, IDM_ABOUTBOX, strAboutMenu);
   }
}

// Set the icon for this dialog. The framework does this automatically
// when the application's main window is not a dialog
SetIcon(m_hIcon, TRUE);  // Set big icon
SetIcon(m_hIcon, FALSE); // Set small icon

CWnd:: Getタイトルバー情報CWnd::GetTitleBarInfo

指定されたタイトル バーの情報を取得します。Retrieves information about the specified title bar.

BOOL GetTitleBarInfo(PTITLEBARINFO pti) const;

パラメーターParameters

ptipti
情報を受け取る タイトルバー情報 構造体へのポインター。Pointer to a TITLEBARINFO structure that receives the information.

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、関数 Getタイトルバー情報の機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the function GetTitleBarInfo, as described in the Windows SDK.

CWnd:: GetTopLevelFrameCWnd::GetTopLevelFrame

ウィンドウの最上位レベルのフレームウィンドウを取得するには、このメンバー関数を呼び出します (存在する場合)。Call this member function to retrieve the window's top level frame window, if any.

CFrameWnd* GetTopLevelFrame() const;

戻り値Return Value

ウィンドウの最上位レベルのフレームウィンドウを識別します。Identifies the top-level frame window of the window.

返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

CWndにウィンドウが関連付けられていない場合、またはトップレベルの親がCFrameWnd派生オブジェクトでない場合、この関数は NULL を返します。If CWnd has no attached window, or its top-level parent is not a CFrameWnd-derived object, this function returns NULL.

CWnd:: GetTopLevelOwnerCWnd::GetTopLevelOwner

トップレベルウィンドウを取得するには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to retrieve the top-level window.

CWnd* GetTopLevelOwner() const;

戻り値Return Value

トップレベルウィンドウを識別します。Identifies the top-level window. 返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

トップレベルウィンドウは、デスクトップの子であるウィンドウです。The top-level window is the window that is a child of the desktop. CWndにウィンドウが関連付けられていない場合、この関数は NULL を返します。If CWnd has no attached window, this function returns NULL.

CWnd:: GetTopLevelParentCWnd::GetTopLevelParent

このメンバー関数を呼び出して、ウィンドウのトップレベルの親を取得します。Call this member function to retrieve the window's top-level parent.

CWnd* GetTopLevelParent() const;

戻り値Return Value

ウィンドウのトップレベルの親ウィンドウを識別します。Identifies the top-level parent window of the window.

返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

GetTopLevelParentGetTopLevelFrameGetTopLevelOwnerに似ています。ただし、現在のオーナーウィンドウとして設定された値は無視されます。GetTopLevelParent is similar to GetTopLevelFrame and GetTopLevelOwner; however, it ignores the value set as the current owner window.

CWnd:: GetTopWindowCWnd::GetTopWindow

に属しているトップレベルの子ウィンドウを検索 CWnd します。Searches for the top-level child window that belongs to CWnd.

CWnd* GetTopWindow() const;

戻り値Return Value

子ウィンドウのリンクリスト内のトップレベルの子ウィンドウを識別 CWnd します。Identifies the top-level child window in a CWnd linked list of child windows. 子ウィンドウが存在しない場合、値は NULL になります。If no child windows exist, the value is NULL.

返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use.

解説Remarks

CWndに子がない場合、この関数は NULL を返します。If CWnd has no children, this function returns NULL.

CWnd:: GetUpdateRectCWnd::GetUpdateRect

更新領域を完全に囲む最小の四角形の座標を取得します。Retrieves the coordinates of the smallest rectangle that completely encloses the update region.

BOOL GetUpdateRect(
    LPRECT lpRect,
    BOOL bErase = FALSE);

パラメーターParameters

lpRectlpRect
CRect更新領域を囲む更新プログラムのクライアント座標を受け取るオブジェクトまたはRECT 構造体を指します。Points to a CRect object or RECT structure that is to receive the client coordinates of the update that encloses the update region.

更新領域が内に存在するかどうかを判断するには、このパラメーターを NULL に設定し CWnd ます。Set this parameter to NULL to determine whether an update region exists within the CWnd. LpRectが NULL の場合、 GetUpdateRect メンバー関数は、更新領域が存在する場合は0以外の値を返し、それ以外の場合は0を返します。If lpRect is NULL, the GetUpdateRect member function returns nonzero if an update region exists and 0 if one does not. これにより、WM_PAINT メッセージの結果が無効な領域であるかどうかを確認できます。This provides a way to determine whether a WM_PAINT message resulted from an invalid area. Windows バージョン3.0 以前では、このパラメーターを NULL に設定しないでください。Do not set this parameter to NULL in Windows version 3.0 and earlier.

bErasebErase
更新領域の背景を消去するかどうかを指定します。Specifies whether the background in the update region is to be erased.

戻り値Return Value

更新リージョンの状態を指定します。Specifies the status of the update region. 更新領域が空でない場合、値は0以外になります。それ以外の場合は0です。The value is nonzero if the update region is not empty; otherwise 0.

LpRectパラメーターが NULL に設定されている場合、更新領域が存在する場合、戻り値は0以外になります。それ以外の場合は0です。If the lpRect parameter is set to NULL, the return value is nonzero if an update region exists; otherwise 0.

解説Remarks

CWndが CS_OWNDC スタイルで作成され、マッピングモードが MM_TEXT でない場合、 GetUpdateRect メンバー関数は四角形を論理座標で示します。If CWnd was created with the CS_OWNDC style and the mapping mode is not MM_TEXT, the GetUpdateRect member function gives the rectangle in logical coordinates. それ以外の場合は、 GetUpdateRect クライアント座標で四角形を示します。Otherwise, GetUpdateRect gives the rectangle in client coordinates. 更新領域がない場合は、 GetUpdateRect 四角形を空に設定します (すべての座標を0に設定します)。If there is no update region, GetUpdateRect sets the rectangle to be empty (sets all coordinates to 0).

BEraseパラメーターは、 GetUpdateRect で更新領域の背景を消去するかどうかを指定します。The bErase parameter specifies whether GetUpdateRect should erase the background of the update region. BEraseが TRUE で更新領域が空でない場合、背景は消去されます。If bErase is TRUE and the update region is not empty, the background is erased. バックグラウンドを消去するために、は GetUpdateRect WM_ERASEBKGND メッセージを送信します。To erase the background, GetUpdateRect sends the WM_ERASEBKGND message.

Beginpaintメンバー関数によって取得された更新の四角形は、メンバー関数によって取得されたものと同じです GetUpdateRectThe update rectangle retrieved by the BeginPaint member function is identical to that retrieved by the GetUpdateRect member function.

BeginPaintメンバー関数は更新領域を自動的に検証するので、の呼び出しの直後にを呼び出す GetUpdateRect と、空の BeginPaint 更新領域が取得されます。The BeginPaint member function automatically validates the update region, so any call to GetUpdateRect made immediately after a call to BeginPaint retrieves an empty update region.

CWnd:: GetUpdateRgnCWnd::GetUpdateRgn

PRgnによって識別される領域に更新領域を取得します。Retrieves the update region into a region identified by pRgn.

int GetUpdateRgn(
    CRgn* pRgn,
    BOOL bErase = FALSE);

パラメーターParameters

pRgnpRgn
更新リージョンを識別します。Identifies the update region.

bErasebErase
バックグラウンドを消去するかどうか、および子ウィンドウの非クライアント領域を描画するかどうかを指定します。Specifies whether the background will be erased and nonclient areas of child windows will be drawn. 値が FALSE の場合、描画は実行されません。If the value is FALSE, no drawing is done.

戻り値Return Value

結果として得られる領域の種類を示す短い整数のフラグを指定します。Specifies a short-integer flag that indicates the type of resulting region. この値には、次のいずれかを指定できます。The value can take any one of the following:

  • SIMPLEREGION 領域に重複する境界線がありません。SIMPLEREGION The region has no overlapping borders.

  • COMPLEXREGION 領域に重複する境界線があります。COMPLEXREGION The region has overlapping borders.

  • NULLREGION 領域が空です。NULLREGION The region is empty.

  • エラー。リージョンが作成されませんでした。ERROR No region was created.

解説Remarks

この領域の座標は、左上隅 (クライアント座標) に対して相対的です。The coordinates of this region are relative to the upper-left corner (client coordinates).

Beginpaintメンバー関数は更新領域を自動的に検証するため、の呼び出しの直後にを呼び出す GetUpdateRgn と、 BeginPaint 空の更新領域が取得されます。The BeginPaint member function automatically validates the update region, so any call to GetUpdateRgn made immediately after a call to BeginPaint retrieves an empty update region.

CWnd:: GetWindowCWnd::GetWindow

要求されたウィンドウへのポインターを返します。存在しない場合は NULL を返します。Returns a pointer to the window requested, or NULL if none.

CWnd* GetWindow(UINT nCmd) const;

パラメーターParameters

nCmdnCmd
と返されるウィンドウの間のリレーションシップを指定し CWnd ます。Specifies the relationship between CWnd and the returned window. 次のいずれかの値を取ることができます。It can take one of the following values:

  • GW_CHILD は、 CWnd 最初の子ウィンドウを識別します。GW_CHILD Identifies the CWnd first child window.

  • CWndが子ウィンドウの場合 GW_HWNDFIRST は、最初の兄弟ウィンドウを返します。GW_HWNDFIRST If CWnd is a child window, returns the first sibling window. それ以外の場合は、リスト内の最初のトップレベルウィンドウを返します。Otherwise, it returns the first top-level window in the list.

  • CWndが子ウィンドウの場合は、最後の兄弟ウィンドウを返し GW_HWNDLAST ます。GW_HWNDLAST If CWnd is a child window, returns the last sibling window. それ以外の場合は、リスト内の最後のトップレベルウィンドウを返します。Otherwise, it returns the last top-level window in the list.

  • GW_HWNDNEXT は、ウィンドウマネージャーの一覧の次のウィンドウを返します。GW_HWNDNEXT Returns the next window on the window manager's list.

  • GW_HWNDPREV は、ウィンドウマネージャーの一覧で前のウィンドウを返します。GW_HWNDPREV Returns the previous window on the window manager's list.

  • GW_OWNER CWnd 所有者を識別します。GW_OWNER Identifies the CWnd owner.

戻り値Return Value

返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use.

CWnd:: GetWindowContextHelpIdCWnd::GetWindowContextHelpId

ウィンドウに関連付けられているヘルプコンテキスト識別子 (存在する場合) を取得するには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to retrieve the help context identifier, if any, associated with the window.

DWORD GetWindowContextHelpId() const;

戻り値Return Value

ヘルプコンテキスト識別子。The help context identifier. ウィンドウに何も表示されていない場合は0を返します。Returns 0 if the window has none.

CWnd:: GetWindowedChildCountCWnd::GetWindowedChildCount

このメンバー関数を呼び出して、関連付けられている子ウィンドウの数を取得します。Call this member function to retrieve the number of associated child windows.

long GetWindowedChildCount();

戻り値Return Value

オブジェクトに関連付けられている子ウィンドウの数 CWndThe number of child windows associated with the CWnd object.

CWnd:: GetWindowDCCWnd::GetWindowDC

キャプションバー、メニュー、スクロールバーなど、ウィンドウ全体の表示コンテキストを取得します。Retrieves the display context for the entire window, including caption bar, menus, and scroll bars.

CDC* GetWindowDC();

戻り値Return Value

関数が成功した場合に、指定されたウィンドウの表示コンテキストを識別します。それ以外の場合は NULL。Identifies the display context for the given window if the function is successful; otherwise NULL.

返されるポインターは一時的なものである可能性があり、後で使用するために格納しないでください。The returned pointer may be temporary and should not be stored for later use. ReleaseDC は、が正常に呼び出されるたびに1回呼び出す必要があり GetWindowDC ます。ReleaseDC should be called once for each successful call to GetWindowDC.

解説Remarks

ウィンドウ表示コンテキストは、の任意の場所での描画を許可し CWnd ます。これは、コンテキストの原点がクライアント領域ではなくの左上隅であるため CWnd です。A window display context permits painting anywhere in CWnd, since the origin of the context is the upper-left corner of CWnd instead of the client area.

既定の属性は、コンテキストを取得するたびに表示コンテキストに割り当てられます。Default attributes are assigned to the display context each time it retrieves the context. 以前の属性は失われます。Previous attributes are lost.

GetWindowDC は、非クライアント領域内の特殊な描画効果に使用されることを意図してい CWnd ます。GetWindowDC is intended to be used for special painting effects within the CWnd nonclient area. 任意のウィンドウの非クライアント領域での描画は推奨されません。Painting in nonclient areas of any window is not recommended.

GetSystemMetrics Windows 関数を使用すると、キャプションバー、メニュー、スクロールバーなど、非クライアント領域のさまざまな部分の寸法を取得できます。The GetSystemMetrics Windows function can be used to retrieve the dimensions of various parts of the nonclient area, such as the caption bar, menu, and scroll bars.

描画が完了したら、 ReleaseDC メンバー関数を呼び出して、表示コンテキストを解放する必要があります。After painting is complete, the ReleaseDC member function must be called to release the display context. 表示コンテキストの解放に失敗すると、同時に開くことができるデバイスコンテキストの数に制限があるため、アプリケーションによって要求された描画に重大な影響を与えます。Failure to release the display context will seriously affect painting requested by applications due to limitations on the number of device contexts that can be open at the same time.

CWnd:: GetWindowInfoCWnd::GetWindowInfo

ウィンドウに関する情報を取得します。Retrieves information about the window.

BOOL GetWindowInfo(PWINDOWINFO pwi) const;

パラメーターParameters

pwipwi
WINDOWINFO構造体へのポインター。A pointer to a WINDOWINFO structure.

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、関数 GetWindowInfoの機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the function GetWindowInfo, as described in the Windows SDK.

CWnd:: Getwindowの ChildcountCWnd::GetWindowlessChildCount

関連付けられたウィンドウなしの子ウィンドウの数を取得します。Retrieves the number of associated windowless child windows.

long GetWindowlessChildCount();

戻り値Return Value

オブジェクトに関連付けられているウィンドウなしの子ウィンドウの数 CWndThe number of windowless child windows associated with the CWnd object.

CWnd:: GetWindowPlacementCWnd::GetWindowPlacement

ウィンドウの表示状態、通常の位置 (復元された位置)、最小化された位置、および最大表示された位置を取得します。Retrieves the show state and the normal (restored), minimized, and maximized positions of a window.

BOOL GetWindowPlacement(WINDOWPLACEMENT* lpwndpl) const;

パラメーターParameters

lpwndpllpwndpl
WINDOWPLACEMENT状態の表示と位置の情報を受け取る構造体を指します。Points to the WINDOWPLACEMENT structure that receives the show state and position information.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。それ以外の場合は 0 を返します。Nonzero if the function is successful; otherwise 0.

解説Remarks

flagsこの関数によって取得されるwindowplacement構造体のメンバーは常に0です。The flags member of the WINDOWPLACEMENT structure retrieved by this function is always 0. CWndが最大化されている場合、 showCmd のメンバー WINDOWPLACEMENT は SW_SHOWMAXIMIZED ます。If CWnd is maximized, the showCmd member of WINDOWPLACEMENT is SW_SHOWMAXIMIZED. ウィンドウが最小化されている場合は、SW_SHOWMINIMIZED ます。If the window is minimized, it is SW_SHOWMINIMIZED. それ以外の場合は SW_SHOWNORMAL。It is SW_SHOWNORMAL otherwise.

CWnd:: GetWindowRectCWnd::GetWindowRect

オブジェクトの外接する四角形の寸法を、 CWnd lpRectが指す構造体にコピーします。Copies the dimensions of the bounding rectangle of the CWnd object to the structure pointed to by lpRect.

void GetWindowRect(LPRECT lpRect) const;

パラメーターParameters

lpRectlpRect
CRect左上隅と右下隅の画面座標を受け取るオブジェクトまたはRECT 構造体を指します。Points to a CRect object or a RECT structure that will receive the screen coordinates of the upper-left and lower-right corners.

解説Remarks

寸法は、表示画面の左上隅を基準として、画面座標で示されます。The dimensions are given in screen coordinates relative to the upper-left corner of the display screen. キャプション、境界、およびスクロールバー (存在する場合) のサイズが含まれます。The dimensions of the caption, border, and scroll bars, if present, are included.

CWnd:: GetWindowRgnCWnd::GetWindowRgn

ウィンドウのウィンドウ領域を取得するには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to get the window region of a window.

int GetWindowRgn(HRGN hRgn)const;

パラメーターParameters

hRgnhRgn
ウィンドウ領域を処理するハンドル。A handle to a window region.

戻り値Return Value

戻り値は、関数が取得する領域の種類を指定します。The return value specifies the type of the region that the function obtains. 次のいずれかの値を指定できます。It can be one of the following values:

  • NULLREGION 領域が空です。NULLREGION The region is empty.

  • SIMPLEREGION 領域は単一の四角形です。SIMPLEREGION The region is a single rectangle.

  • COMPLEXREGION 領域は複数の四角形です。COMPLEXREGION The region is more than one rectangle.

  • エラーが発生しました。このリージョンは影響を受けません。ERROR An error occurred; the region is unaffected.

解説Remarks

ウィンドウ領域によって、オペレーティングシステムが描画を許可するウィンドウ内の領域が決定されます。The window region determines the area within the window where the operating system permits drawing. オペレーティングシステムには、ウィンドウ領域の外側にあるウィンドウの一部は表示されません。The operating system does not display any portion of a window that lies outside of the window region.

ウィンドウのウィンドウ領域の座標は、ウィンドウのクライアント領域ではなく、ウィンドウの左上隅を基準としています。The coordinates of a window's window region are relative to the upper-left corner of the window, not the client area of the window.

ウィンドウのウィンドウ領域を設定するには、 CWnd:: SetWindowRgnを呼び出します。To set the window region of a window, call CWnd::SetWindowRgn.

CWnd:: GetWindowTextCWnd::GetWindowText

CWnd Lpszstringbufまたはターゲット文字列rstringによって示されるバッファーにキャプションタイトル (ある場合) をコピーします。Copies the CWnd caption title (if it has one) into the buffer pointed to by lpszStringBuf or into the destination string rString.

int GetWindowText(
    LPTSTR lpszStringBuf,
    int nMaxCount) const;

void GetWindowText(
    CString& rString) const;

パラメーターParameters

lpszStringBuflpszStringBuf
ウィンドウのタイトルのコピーされた文字列を受け取るバッファーを指します。Points to the buffer that is to receive the copied string of the window's title.

nMaxCountnMaxCount
バッファーにコピーする最大文字数 (終端の null 文字を含む) を指定します。Specifies the maximum number of characters to be copied to the buffer, including the terminating null character. 文字列が nMaxCountで指定された文字数より長い場合は、切り捨てられます。If the string is longer than the number of characters specified in nMaxCount, it is truncated.

rStringrString
ウィンドウのタイトルのコピーされた文字列を受け取る CString オブジェクト。A CString object that is to receive the copied string of the window's title.

戻り値Return Value

コピーされる文字列の長さを文字数で指定します。終端の null 文字は含まれません。Specifies the length, in characters, of the copied string, not including the terminating null character. CWndにキャプションがない場合、またはキャプションが空の場合は0になります。It is 0 if CWnd has no caption or if the caption is empty.

解説Remarks

CWndオブジェクトがコントロールの場合、 GetWindowText メンバー関数は、キャプションをコピーするのではなく、コントロール内のテキストをコピーします。If the CWnd object is a control, the GetWindowText member function copies the text within the control instead of copying the caption.

このメンバー関数により、 WM_GETTEXT メッセージがオブジェクトに送信され CWnd ます。This member function causes the WM_GETTEXT message to be sent to the CWnd object.

Example

CWnd:: SetWindowTextの例を参照してください。See the example for CWnd::SetWindowText.

CWnd:: GetWindowTextLengthCWnd::GetWindowTextLength

オブジェクトキャプションのタイトルの長さを返し CWnd ます。Returns the length of the CWnd object caption title.

int GetWindowTextLength() const;

戻り値Return Value

文字列の長さを文字数で指定します。 null 終了文字は含まれません。Specifies the text length in characters, not including any null-termination character. このようなテキストが存在しない場合、値は0です。The value is 0 if no such text exists.

解説Remarks

CWndがコントロールの場合、メンバー関数は、キャプションでは GetWindowTextLength なく、コントロール内のテキストの長さを返します。If CWnd is a control, the GetWindowTextLength member function returns the length of the text within the control instead of the caption.

このメンバー関数により、 WM_GETTEXTLENGTH メッセージがオブジェクトに送信され CWnd ます。This member function causes the WM_GETTEXTLENGTH message to be sent to the CWnd object.

Example

CWnd:: SetWindowTextの例を参照してください。See the example for CWnd::SetWindowText.

CWnd:: HideCaretCWnd::HideCaret

ディスプレイ画面からキャレットを削除して非表示にします。Hides the caret by removing it from the display screen.

void HideCaret();

解説Remarks

カレットはもう表示されていませんが、 Showcaret メンバー関数を使用すると再び表示できます。Although the caret is no longer visible, it can be displayed again by using the ShowCaret member function. カレットを非表示にしても、現在のシェイプは破棄されません。Hiding the caret does not destroy its current shape.

非表示は累積的です。Hiding is cumulative. HideCaretが行で5回呼び出された場合、 ShowCaret メンバー関数は、キャレットが表示される前に5回呼び出される必要があります。If HideCaret has been called five times in a row, the ShowCaret member function must be called five times before the caret will be shown.

CWnd:: HiliteMenuItemCWnd::HiliteMenuItem

トップレベル (メニューバー) メニュー項目の強調表示を強調表示または解除します。Highlights or removes the highlight from a top-level (menu-bar) menu item.

BOOL HiliteMenuItem(
    CMenu* pMenu,
    UINT nIDHiliteItem,
    UINT nHilite);

パラメーターParameters

pMenupMenu
強調表示する項目を含むトップレベルメニューを識別します。Identifies the top-level menu that contains the item to be highlighted.

nIDHiliteItemnIDHiliteItem
NHiliteパラメーターの値に応じて、強調表示するメニュー項目を指定します。Specifies the menu item to be highlighted, depending on the value of the nHilite parameter.

nHilitenHilite
メニュー項目を強調表示するか、強調表示を解除するかを指定します。Specifies whether the menu item is highlighted or the highlight is removed. MF_HILITE または MF_UNHILITE を MF_BYCOMMAND または MF_BYPOSITION と組み合わせることができます。It can be a combination of MF_HILITE or MF_UNHILITE with MF_BYCOMMAND or MF_BYPOSITION. 値は、ビットごとの OR 演算子を使用して組み合わせることができます。The values can be combined using the bitwise OR operator. これらの値には次の意味があります。These values have the following meanings:

  • MF_BYCOMMAND は、 nIDHiliteItem をメニュー項目 ID (既定の解釈) として解釈します。MF_BYCOMMAND Interprets nIDHiliteItem as the menu-item ID (the default interpretation).

  • MF_BYPOSITION は、 nIDHiliteItem をメニュー項目の0から始まるオフセットとして解釈します。MF_BYPOSITION Interprets nIDHiliteItem as the zero-based offset of the menu item.

  • MF_HILITE 項目を強調表示します。MF_HILITE Highlights the item. この値が指定されていない場合、強調表示は項目から削除されます。If this value is not given, the highlight is removed from the item.

  • MF_UNHILITE 項目から強調表示を削除します。MF_UNHILITE Removes the highlight from the item.

戻り値Return Value

メニュー項目が強調表示されたかどうかを指定します。Specifies whether the menu item was highlighted. 項目が強調表示されている場合は0以外の。それ以外の場合は0です。Nonzero if the item was highlighted; otherwise 0.

解説Remarks

MF_HILITE フラグと MF_UNHILITE フラグは、このメンバー関数でのみ使用できます。これらは、 CMenu:: ModifyMenu メンバー関数と共に使用することはできません。The MF_HILITE and MF_UNHILITE flags can be used only with this member function; they cannot be used with the CMenu::ModifyMenu member function.

CWnd:: HtmlCWnd::HtmlHelp

このメンバー関数を呼び出して、Html ヘルプアプリケーションを呼び出します。Call this member function to invoke the HTMLHelp application.

virtual void HtmlHelp(
    DWORD_PTR dwData,
    UINT nCmd = 0x000F);

パラメーターParameters

dwDatadwData
追加データを指定します。Specifies additional data. 使用される値は、 Ncmd パラメーターの値によって異なります。The value used depends on the value of the nCmd parameter.

nCmdnCmd
要求されるヘルプの種類を指定します。Specifies the type of help requested. 使用可能な値の一覧と Dwdata パラメーターへの影響については、WINDOWS SDK の HTML ヘルプ API リファレンスで説明されている ucommand パラメーターを参照してください。For a list of possible values and how they affect the dwData parameter, see the uCommand parameter described in the HTML Help API Reference in the Windows SDK.

解説Remarks

詳細については、「 CWinApp:: html 」を参照してください。See CWinApp::HtmlHelp for more information.

CWnd:: InitDynamicLayoutCWnd::InitDynamicLayout

ウィンドウの動的レイアウトを初期化するために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to initialize dynamic layout for a window.

void InitDynamicLayout();

解説Remarks

このメソッドを直接呼び出さないでください。Do not call this method directly.

CWnd:: 無効化CWnd::Invalidate

のクライアント領域全体を無効にし CWnd ます。Invalidates the entire client area of CWnd.

void Invalidate(BOOL bErase = TRUE);

パラメーターParameters

bErasebErase
更新領域内の背景を消去するかどうかを指定します。Specifies whether the background within the update region is to be erased.

解説Remarks

クライアント領域は、次の WM_PAINT メッセージが発生したときに描画するようにマークされます。The client area is marked for painting when the next WM_PAINT message occurs. また、 ValidateRect または ValidateRgn メンバー関数によって WM_PAINT メッセージが発生する前に、この領域を検証することもできます。The region can also be validated before a WM_PAINT message occurs by the ValidateRect or ValidateRgn member function.

BEraseパラメーターは、更新領域の処理時に更新領域内の背景を消去するかどうかを指定します。The bErase parameter specifies whether the background within the update area is to be erased when the update region is processed. BEraseが TRUE の場合、 beginpaintメンバー関数が呼び出されると背景が消去されます。bEraseが FALSE の場合、背景は変更されません。If bErase is TRUE, the background is erased when the BeginPaint member function is called; if bErase is FALSE, the background remains unchanged. 更新領域の任意の部分に対して bErase が TRUE の場合、特定の部分だけでなく、領域全体の背景も消去されます。If bErase is TRUE for any part of the update region, the background in the entire region, not just in the given part, is erased.

WM_PAINT CWnd 更新領域が空ではなく、そのウィンドウのアプリケーションキューに他のメッセージがない場合は、Windows によって WM_PAINT メッセージが送信されます。Windows sends a WM_PAINT message whenever the CWnd update region is not empty and there are no other messages in the application queue for that window.

Example

CWnd:: UpdateWindowの例を参照してください。See the example for CWnd::UpdateWindow.

CWnd:: InvalidateRectCWnd::InvalidateRect

四角形を更新領域に追加することによって、指定された四角形内のクライアント領域を無効にし CWnd ます。Invalidates the client area within the given rectangle by adding that rectangle to the CWnd update region.

void InvalidateRect(
    LPCRECT lpRect,
    BOOL bErase = TRUE);

パラメーターParameters

lpRectlpRect
CRect更新領域に追加する四角形 (クライアント座標) を格納するオブジェクトまたはRECT 構造体を指します。Points to a CRect object or a RECT structure that contains the rectangle (in client coordinates) to be added to the update region. LpRectが NULL の場合、クライアント領域全体が領域に追加されます。If lpRect is NULL, the entire client area is added to the region.

bErasebErase
更新領域内の背景を消去するかどうかを指定します。Specifies whether the background within the update region is to be erased.

解説Remarks

無効化された四角形は、更新領域内の他のすべての領域と共に、次の WM_PAINT メッセージが送信されるときに描画用にマークされます。The invalidated rectangle, along with all other areas in the update region, is marked for painting when the next WM_PAINT message is sent. 無効化された領域は、次の WM_PAINT の呼び出しが発生したとき、または ValidateRect または ValidateRgn メンバー関数によって領域が検証されるまで、更新領域に累積されます。The invalidated areas accumulate in the update region until the region is processed when the next WM_PAINT call occurs, or until the region is validated by the ValidateRect or ValidateRgn member function.

BEraseパラメーターは、更新領域の処理時に更新領域内の背景を消去するかどうかを指定します。The bErase parameter specifies whether the background within the update area is to be erased when the update region is processed. BEraseが TRUE の場合、 beginpaintメンバー関数が呼び出されると背景が消去されます。bEraseが FALSE の場合、背景は変更されません。If bErase is TRUE, the background is erased when the BeginPaint member function is called; if bErase is FALSE, the background remains unchanged. 更新領域の任意の部分に対して bErase が TRUE の場合、特定の部分だけでなく、領域全体の背景も消去されます。If bErase is TRUE for any part of the update region, the background in the entire region is erased, not just in the given part.

WM_PAINT CWnd 更新領域が空ではなく、そのウィンドウのアプリケーションキューに他のメッセージがない場合は、Windows によって WM_PAINT メッセージが送信されます。Windows sends a WM_PAINT message whenever the CWnd update region is not empty and there are no other messages in the application queue for that window.

CWnd:: InvalidateRgnCWnd::InvalidateRgn

指定された領域内のクライアント領域を、の現在の更新領域に追加することによって無効にし CWnd ます。Invalidates the client area within the given region by adding it to the current update region of CWnd.

void InvalidateRgn(
    CRgn* pRgn,
    BOOL bErase = TRUE);

パラメーターParameters

pRgnpRgn
更新領域に追加する領域を識別する CRgn オブジェクトへのポインター。A pointer to a CRgn object that identifies the region to be added to the update region. この領域にはクライアント座標があると見なされます。The region is assumed to have client coordinates. このパラメーターが NULL の場合、クライアント領域全体が更新領域に追加されます。If this parameter is NULL, the entire client area is added to the update region.

bErasebErase
更新領域内の背景を消去するかどうかを指定します。Specifies whether the background within the update region is to be erased.

解説Remarks

無効化された領域は、更新領域内の他のすべての領域と共に、 WM_PAINT メッセージが次に送信されるときに描画用にマークされます。The invalidated region, along with all other areas in the update region, is marked for painting when the WM_PAINT message is next sent. WM_PAINT メッセージが次に送信されたとき、または ValidateRect または ValidateRgn メンバー関数によってリージョンが検証されるまで、領域が処理されるまでは、無効化された領域が更新リージョンに蓄積されます。The invalidated areas accumulate in the update region until the region is processed when a WM_PAINT message is next sent, or until the region is validated by the ValidateRect or ValidateRgn member function.

BEraseパラメーターは、更新領域の処理時に更新領域内の背景を消去するかどうかを指定します。The bErase parameter specifies whether the background within the update area is to be erased when the update region is processed. BEraseが TRUE の場合、 beginpaintメンバー関数が呼び出されると背景が消去されます。bEraseが FALSE の場合、背景は変更されません。If bErase is TRUE, the background is erased when the BeginPaint member function is called; if bErase is FALSE, the background remains unchanged. 更新領域の任意の部分に対して bErase が TRUE の場合、特定の部分だけでなく、領域全体の背景も消去されます。If bErase is TRUE for any part of the update region, the background in the entire region, not just in the given part, is erased.

WM_PAINT CWnd 更新領域が空ではなく、そのウィンドウのアプリケーションキューに他のメッセージがない場合は、Windows によって WM_PAINT メッセージが送信されます。Windows sends a WM_PAINT message whenever the CWnd update region is not empty and there are no other messages in the application queue for that window.

指定された領域は、リージョン関数のいずれかによって既に作成されている必要があります。The given region must have been previously created by one of the region functions.

CWnd:: InvokeHelperCWnd::InvokeHelper

このメンバー関数を呼び出して、 Wflagsによって指定されたコンテキストで、 dwdispidによって指定された ActiveX コントロールメソッドまたはプロパティを呼び出します。Call this member function to invoke the ActiveX Control method or property specified by dwDispID, in the context specified by wFlags.

void AFX_CDECL InvokeHelper(
    DISPID dwDispID,
    WORD wFlags,
    VARTYPE vtRet,
    void* pvRet,
    const BYTE* pbParamInfo,
    ... );

パラメーターParameters

dwDispIDdwDispID
呼び出されるメソッドまたはプロパティを識別します。Identifies the method or property to be invoked.

wFlagswFlags
への呼び出しのコンテキストを記述するフラグ IDispatch::InvokeFlags describing the context of the call to IDispatch::Invoke.

vtRetvtRet
戻り値の型を指定します。Specifies the type of the return value. 使用できる値については、 COleDispatchDriver::InvokeHelperの「解説」をご覧ください。For possible values, see the Remarks section for COleDispatchDriver::InvokeHelper.

pvRetpvRet
プロパティ値または戻り値を受け取る変数のアドレス。Address of the variable that will that will receive the property value or return value. これは、 Vtretによって指定された型と一致している必要があります。It must match the type specified by vtRet.

pbParamInfopbParamInfo
Pbparaminfoに続くパラメーターの型を指定する、null で終わる文字列のバイトを指すポインター。Pointer to a null-terminated string of bytes specifying the types of the parameters following pbParamInfo. 使用可能な値については、「」の「解説」を参照してください COleDispatchDriver::InvokeHelperFor possible values, see the Remarks section for COleDispatchDriver::InvokeHelper.

......
Pbparaminfoで指定された型のパラメーターの変数リスト。Variable List of parameters, of types specified in pbParamInfo.

解説Remarks

Pbparaminfoパラメーターは、メソッドまたはプロパティに渡されるパラメーターの型を指定します。The pbParamInfo parameter specifies the types of the parameters passed to the method or property. 引数の変数一覧は、構文宣言では、 ... で表されます。The variable list of arguments is represented by ... in the syntax declaration.

この関数は、パラメーターを VARIANTARG 値に変換し、 IDispatch::Invoke ActiveX コントロールのメソッドを呼び出します。This function converts the parameters to VARIANTARG values, then invokes the IDispatch::Invoke method on the ActiveX control. IDispatch::Invoke の呼び出しに失敗すると、この関数は、例外をスローします。If the call to IDispatch::Invoke fails, this function will throw an exception. によって返された SCODE (状態コード) IDispatch::Invoke が DISP_E_EXCEPTION である場合、この関数は COleException オブジェクトをスローします。それ以外の場合は、 COleDispatchExceptionをスローします。If the SCODE (status code) returned by IDispatch::Invoke is DISP_E_EXCEPTION, this function throws a COleException object, otherwise it throws a COleDispatchException.

注意

この関数は、ActiveX コントロールを表すオブジェクトでのみ呼び出す必要があり CWnd ます。This function should be called only on a CWnd object that represents an ActiveX control.

このメンバー関数を ActiveX コントロールコンテナーで使用する方法の詳細については、「activex コントロールコンテナー: activex コントロール コンテナーでの activexコントロールのプログラミング」を参照してください。For more information about using this member function with ActiveX Control Containers, see the article ActiveX Control Containers: Programming ActiveX Controls in an ActiveX Control Container.

CWnd:: IsChildCWnd::IsChild

PWndによって指定されたウィンドウが子ウィンドウまたはの他の直接の子孫であるかどうかを示し CWnd ます。Indicates whether the window specified by pWnd is a child window or other direct descendant of CWnd.

BOOL IsChild(const CWnd* pWnd) const;

パラメーターParameters

pWndpWnd
テストするウィンドウを識別します。Identifies the window to be tested.

戻り値Return Value

関数の結果を指定します。Specifies the outcome of the function. PWndによって識別されるウィンドウがの子ウィンドウである場合、値は0以外の値です。それ以外の場合は CWnd 0 です。The value is nonzero if the window identified by pWnd is a child window of CWnd; otherwise 0.

解説Remarks

子ウィンドウは、 CWnd CWnd 元のポップアップウィンドウから子ウィンドウにつながる親ウィンドウのチェーンにオブジェクトがある場合、の直接の子孫です。A child window is the direct descendant of CWnd if the CWnd object is in the chain of parent windows that leads from the original pop-up window to the child window.

CWnd:: IsD2DSupportEnabledCWnd::IsD2DSupportEnabled

D2D のサポートが有効かどうかを判断します。Determines whether D2D support is enabled.

BOOL IsD2DSupportEnabled();

戻り値Return Value

機能が有効な場合は TRUE。それ以外の場合は FALSE。TRUE if the feature is enabled; otherwise FALSE.

CWnd:: IsDialogMessageCWnd::IsDialogMessage

このメンバー関数を呼び出して、指定したメッセージがモードレスダイアログボックス用であるかどうかを確認します。の場合、この関数はメッセージを処理します。Call this member function to determine whether the given message is intended for a modeless dialog box; if it is, this function processes the message.

BOOL IsDialogMessage(LPMSG lpMsg);

パラメーターParameters

lpMsglpMsg
確認するメッセージを含む MSG 構造体を指します。Points to an MSG structure that contains the message to be checked.

戻り値Return Value

メンバー関数が特定のメッセージを処理したかどうかを指定します。Specifies whether the member function has processed the given message. メッセージが処理された場合は0以外になります。それ以外の場合は0です。It is nonzero if the message has been processed; otherwise 0. 戻り値が0の場合は、基本クラスの CWnd::P retranslatemessage メンバー関数を呼び出して、メッセージを処理します。If the return is 0, call the CWnd::PreTranslateMessage member function of the base class to process the message. メンバー関数のオーバーライドで CWnd::PreTranslateMessage は、コードは次のようになります。In an override of the CWnd::PreTranslateMessage member function the code looks like this :

BOOL CAboutDlg::PreTranslateMessage(MSG *pMsg)
{
   if (IsDialogMessage(pMsg))
      return TRUE;
   else
      return CDialog::PreTranslateMessage(pMsg);
}

解説Remarks

関数は、メッセージを処理するときに IsDialogMessage 、キーボードメッセージを確認し、対応するダイアログボックスの選択コマンドに変換します。When the IsDialogMessage function processes a message, it checks for keyboard messages and converts them to selection commands for the corresponding dialog box. たとえば、TAB キーは次のコントロールまたはコントロールグループを選択し、下方向キーはグループ内の次のコントロールを選択します。For example, the TAB key selects the next control or group of controls, and the DOWN ARROW key selects the next control in a group.

によって処理されたメッセージを IsDialogMessage TranslateMessage または DispatchMessage の Windows 関数に渡すことはできません。You must not pass a message processed by IsDialogMessage to the TranslateMessage or DispatchMessage Windows functions, because it has already been processed.

CWnd:: IsDlgButtonCheckedCWnd::IsDlgButtonChecked

ボタンコントロールの横にチェックマークが付いているかどうかを判断します。Determines whether a button control has a check mark next to it.

UINT IsDlgButtonChecked(int nIDButton) const;

パラメーターParameters

nIDButtonnIDButton
ボタンコントロールの整数識別子を指定します。Specifies the integer identifier of the button control.

戻り値Return Value

指定したコントロールがチェックされている場合は0以外、チェックされていない場合は0。Nonzero if the given control is checked, and 0 if it is not checked. チェックボックスをオンにできるのは、ラジオボタンとチェックボックスだけです。Only radio buttons and check boxes can be checked. 3つの状態のボタンの場合、ボタンが不確定の場合、戻り値は2になります。For three-state buttons, the return value can be 2 if the button is indeterminate. このメンバー関数は、プッシュボタンに対して0を返します。This member function returns 0 for a pushbutton.

解説Remarks

ボタンが3つの状態のコントロールである場合、メンバー関数は、そのボタンが淡色表示されるか、チェックされるか、またはそのどちらでもないかを判断します。If the button is a three-state control, the member function determines whether it is dimmed, checked, or neither.

CWnd:: IsDynamicLayoutEnabledCWnd::IsDynamicLayoutEnabled

このウィンドウで動的レイアウトが有効かどうかを判断します。Determines whether dynamic layout is enabled on this window. 動的レイアウトが有効な場合は、ユーザーが親ウィンドウのサイズを変更したときに、子ウィンドウの位置とサイズを変更できます。If dynamic layout is enabled, the position and size of child windows can change when the user resizes the parent window.

BOOL IsDynamicLayoutEnabled() const;

戻り値Return Value

動的レイアウトが有効である場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE。TRUE if dynamic layout is enabled; otherwise FALSE.

解説Remarks

CWnd:: IsIconicCWnd::IsIconic

を最小化 (アイコン化) するかどうかを指定し CWnd ます。Specifies whether CWnd is minimized (iconic).

BOOL IsIconic() const;

戻り値Return Value

が最小化されている場合は0以外 CWnd 。それ以外の場合は0。Nonzero if CWnd is minimized; otherwise 0.

Example

void CAboutDlg::OnPaint()
{
   // This code, normally emitted by the Application Wizard for a dialog-
   // based project for the dialog's WM_PAINT handler, runs only if the
   // window is iconic. The window erases the icon's area, then
   // paints the icon referenced by m_hIcon.
   if (IsIconic())
   {
      CPaintDC dc(this); // device context for painting

      SendMessage(WM_ICONERASEBKGND, (WPARAM)dc.GetSafeHdc(), 0);

      // Center icon in client rectangle
      int cxIcon = GetSystemMetrics(SM_CXICON);
      int cyIcon = GetSystemMetrics(SM_CYICON);
      CRect rect;
      GetClientRect(&rect);
      int x = (rect.Width() - cxIcon + 1) / 2;
      int y = (rect.Height() - cyIcon + 1) / 2;

      // Draw the icon
      dc.DrawIcon(x, y, m_hIcon);
   }
   else
   {
      CDialog::OnPaint();
   }
}

CWnd:: IsTouchWindowCWnd::IsTouchWindow

CWnd でタッチ操作がサポートされているかどうかを示します。Specifies whether CWnd has touch support.

BOOL IsTouchWindow() const;

戻り値Return Value

にタッチサポートがある場合は TRUE。それ以外の場合は CWnd FALSE。TRUE if CWnd has touch support; otherwise FALSE.

解説Remarks

CWnd:: IsWindowEnabledCWnd::IsWindowEnabled

CWndマウスとキーボードの入力に対してを有効にするかどうかを指定します。Specifies whether CWnd is enabled for mouse and keyboard input.

BOOL IsWindowEnabled() const;

戻り値Return Value

が有効な場合は0以外の場合は CWnd 。それ以外の場合は0。Nonzero if CWnd is enabled; otherwise 0.

Example

//change the background color of an edit control on the dialog
HBRUSH CMyDlg::OnCtlColor(CDC *pDC, CWnd *pWnd, UINT nCtlColor)
{
   HBRUSH hbr = CDialog::OnCtlColor(pDC, pWnd, nCtlColor);

   if (pWnd->GetDlgCtrlID() == IDC_MYEDIT)
   {
      if (pWnd->IsWindowEnabled())
      {
         // Red brush for the background...
         pDC->SetBkColor(RGB(255, 0, 0));
         // m_pRedBrush is the CBrush object initialized with a red brush
         // using CreateSolidBrush
         return (HBRUSH)m_RedBrush.GetSafeHandle();
      }
      else
      {
         // Blue brush for the background...
         pDC->SetBkColor(RGB(0, 0, 255));
         // m_pBlueBrush is the CBrush object initialized with a blue
         // brush using CreateSolidBrush
         return (HBRUSH)m_BlueBrush.GetSafeHandle();
      }
   }

   return hbr;
}

CWnd:: IsWindowVisibleCWnd::IsWindowVisible

指定されたウィンドウの表示状態を決定します。Determines the visibility state of the given window.

BOOL IsWindowVisible() const;

戻り値Return Value

が表示される場合は0以外の CWnd ( WS_VISIBLE スタイルのビットセットがあり、親ウィンドウが表示される場合)。Nonzero if CWnd is visible (has the WS_VISIBLE style bit set, and parent window is visible). 戻り値には WS_VISIBLE スタイルビットの状態が反映されているため、 CWnd 他のウィンドウによって完全に隠されている場合でも、戻り値は0以外の値になることがあります。Because the return value reflects the state of the WS_VISIBLE style bit, the return value may be nonzero even though CWnd is totally obscured by other windows.

解説Remarks

ウィンドウには、WS_VISIBLE スタイルビットで示される表示状態があります。A window possesses a visibility state indicated by the WS_VISIBLE style bit. このスタイルビットを ShowWindow メンバー関数の呼び出しで設定すると、ウィンドウが表示され、ウィンドウにスタイルビットが設定されていれば、その後のウィンドウへの描画が表示されます。When this style bit is set with a call to the ShowWindow member function, the window is displayed and subsequent drawing to the window is displayed as long as the window has the style bit set.

ウィンドウが他のウィンドウの対象になっている場合、または親ウィンドウによってクリップされている場合、WS_VISIBLE スタイルを持つウィンドウへの描画は表示されません。Any drawing to a window that has the WS_VISIBLE style will not be displayed if the window is covered by other windows or is clipped by its parent window.

Example

// This example uses the CWnd::IsWindowVisible() function to
// determine if a dialog box is visible. If it is not, it calls
// CWnd::ShowWindow with the SW_SHOWNORMAL command.
void CMainFrame::DisplayModeless()
{
   if(!m_Modeless.IsWindowVisible())
   {
      m_Modeless.ShowWindow(SW_SHOWNORMAL);
   }
}

// This example uses the CWnd::IsWindowVisible() function to
// determine if a dialog box is visible. If it is, it calls
// CWnd::ShowWindow with the SW_HIDE command.
void CMainFrame::HideModeless()
{
   if(m_Modeless.IsWindowVisible())
   {
      m_Modeless.ShowWindow(SW_HIDE);
   }
}

CWnd:: IsZoomedCWnd::IsZoomed

が最大化されているかどうかを判断し CWnd ます。Determines whether CWnd has been maximized.

BOOL IsZoomed() const;

戻り値Return Value

が最大化されている場合は0以外。それ以外の場合は CWnd 0。Nonzero if CWnd is maximized; otherwise 0.

CWnd:: の実行タイマーCWnd::KillTimer

以前のへの 呼び出しで指定 されたタイマーイベントを強制終了し SetTimer ます。Kills the timer event identified by nIDEvent from the earlier call to SetTimer.

BOOL KillTimer(UINT_PTR nIDEvent);

パラメーターParameters

の解説nIDEvent
SetTimerに渡されるタイマーイベントの値。The value of the timer event passed to SetTimer.

戻り値Return Value

関数の結果を指定します。Specifies the outcome of the function. イベントが強制終了された場合、値は0以外になります。The value is nonzero if the event was killed. KillTimerメンバー関数が、指定されたタイマーイベントを見つけることができなかった場合は0になります。It is 0 if the KillTimer member function could not find the specified timer event.

解説Remarks

タイマーに関連付けられている保留中の WM_TIMER メッセージは、メッセージキューから削除されません。Pending WM_TIMER messages associated with the timer are not removed from the message queue.

Example

CWnd:: SetTimerの例を参照してください。See the example for CWnd::SetTimer.

CWnd:: LoadDynamicLayoutResourceCWnd::LoadDynamicLayoutResource

リソース ファイルから動的レイアウト情報を読み込むために、フレームワークによって呼び出されます。Called by the framework to load dynamic layout information from the resource file.

BOOL LoadDynamicLayoutResource(LPCTSTR lpszResourceName);

パラメーターParameters

lpszResourceNamelpszResourceName
このウィンドウの目的の動的レイアウト情報が含まれているリソースの名前。The name of the resource that contains the desired dynamic layout information for this window.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。Nonzero if the function is successful. エラーが発生した場合は 0 です。It is 0 if a failure occurs.

解説Remarks

このメソッドを直接呼び出さないでください。Do not call this method directly.

CWnd:: LockWindowUpdateCWnd::LockWindowUpdate

指定されたウィンドウで描画を無効にします。Disables drawing in the given window.

BOOL LockWindowUpdate();

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 以外を返します。Nonzero if the function is successful. エラーが発生した場合、または LockWindowUpdate 関数が別のウィンドウをロックするために使用された場合は0になります。It is 0 if a failure occurs or if the LockWindowUpdate function has been used to lock another window.

解説Remarks

ロックされたウィンドウは移動できません。A locked window cannot be moved. 一度にロックできるウィンドウは1つだけです。Only one window can be locked at a time. でロックされているウィンドウのロックを解除するには LockWindowUpdateUnlockWindowUpdateを呼び出します。To unlock a window locked with LockWindowUpdate, call UnlockWindowUpdate.

ウィンドウがロックされているアプリケーション (またはロックされている子ウィンドウ) が GetDC、 GetDCEx、 または beginpaint の windows 関数を呼び出す場合、呼び出された関数は、表示領域が空であるデバイスコンテキストを返します。If an application with a locked window (or any locked child windows) calls the GetDC, GetDCEx, or BeginPaint Windows function, the called function returns a device context whose visible region is empty. これは、アプリケーションがメンバー関数を呼び出すことによってウィンドウのロックを解除するまで発生 UnlockWindowUpdate します。This will occur until the application unlocks the window by calling the UnlockWindowUpdate member function.

ウィンドウの更新がロックされている間、システムは、ロックされたウィンドウに関連付けられているデバイスコンテキストに対して、描画操作の外接する四角形を追跡します。While window updates are locked, the system keeps track of the bounding rectangle of any drawing operations to device contexts associated with a locked window. 描画を再び有効にすると、ロックされたウィンドウとその子ウィンドウでは、この外接する四角形は無効になり、最終的に画面を更新するように WM_PAINT メッセージが強制されます。When drawing is reenabled, this bounding rectangle is invalidated in the locked window and its child windows to force an eventual WM_PAINT message to update the screen. ウィンドウの更新がロックされている間に描画が行われなかった場合、領域は無効になります。If no drawing has occurred while the window updates were locked, no area is invalidated.

この LockWindowUpdate メンバー関数は、指定されたウィンドウを非表示にしたり、 WS_VISIBLE スタイルビットをクリアしたりしません。The LockWindowUpdate member function does not make the given window invisible and does not clear the WS_VISIBLE style bit.

CWnd:: m_hWndCWnd::m_hWnd

このに接続されている Windows ウィンドウのハンドル CWndThe handle of the Windows window attached to this CWnd.

HWND m_hWnd;

解説Remarks

m_hWndデータメンバーは、HWND 型のパブリック変数です。The m_hWnd data member is a public variable of type HWND.

CWnd:: MapWindowPointsCWnd::MapWindowPoints

複数の点を CWnd の座標空間から他のウィンドウの座標空間へ変換 (マップ) します。Converts (maps) a set of points from the coordinate space of the CWnd to the coordinate space of another window.

void MapWindowPoints(
    CWnd* pwndTo,
    LPRECT lpRect) const;

void MapWindowPoints(
    CWnd* pwndTo,
    LPPOINT lpPoint,
    UINT nCount) const;

パラメーターParameters

pwndTopwndTo
ポイントが変換されるウィンドウを識別します。Identifies the window to which points are converted. このパラメーターが NULL の場合、ポイントは画面座標に変換されます。If this parameter is NULL, the points are converted to screen coordinates.

lpRectlpRect
ポイントを変換する四角形を指定します。Specifies the rectangle whose points are to be converted. この関数の最初のバージョンは、Windows 3.1 以降でのみ使用できます。The first version of this function is available only for Windows 3.1 and later.

lpPointlpPoint
変換する点のセットを格納している ポイント構造体 の配列へのポインター。A pointer to an array of POINT structure that contain the set of points to be converted.

nCountnCount
POINT Lppointが指す配列内の構造体の数を指定します。Specifies the number of POINT structures in the array pointed to by lpPoint.

CWnd:: MessageBoxCWnd::MessageBox

アプリケーションによって提供されるメッセージとキャプション、および メッセージボックスのスタイル リストに記述されている定義済みのアイコンとプッシュボタンの組み合わせを含むウィンドウを作成して表示します。Creates and displays a window that contains an application-supplied message and caption, plus a combination of the predefined icons and pushbuttons described in the Message-Box Styles list.

int MessageBox(
    LPCTSTR lpszText,
    LPCTSTR lpszCaption = NULL,
    UINT nType = MB_OK);

パラメーターParameters

lpszTextlpszText
CString表示するメッセージを格納しているオブジェクトまたは null で終わる文字列を指します。Points to a CString object or null-terminated string containing the message to be displayed.

lpszCaptionlpszCaption
CStringメッセージボックスのキャプションに使用するオブジェクトまたは null で終わる文字列を指します。Points to a CString object or null-terminated string to be used for the message-box caption. Lpszcaptionが NULL の場合、既定のキャプション "Error" が使用されます。If lpszCaption is NULL, the default caption "Error" is used.

nTypenType
メッセージボックスの内容と動作を指定します。Specifies the contents and behavior of the message box.

戻り値Return Value

このメソッドは、Windows SDK で定義されているように MessageBox 関数を利用します。This method utilizes the MessageBox function as defined in the Windows SDK. このメソッドは、この関数を呼び出した結果を返します。This method returns the result of calling this function.

解説Remarks

アプリケーションにメッセージボックスを実装するには、このメンバー関数の代わりにグローバル関数 AfxMessageBox を使用します。Use the global function AfxMessageBox instead of this member function to implement a message box in your application.

メッセージボックスで使用できるさまざまなシステムアイコンを次に示します。The following shows the various system icons that can be used in a message box:

アイコンIcon マクロMacro
(x) の停止アイコンStop (x) icon MB_ICONHAND、MB_ICONSTOP、および MB_ICONERRORMB_ICONHAND, MB_ICONSTOP, and MB_ICONERROR
ヘルプ (? ) アイコンHelp (?) icon MB_ICONQUESTIONMB_ICONQUESTION
重要 (!) アイコンImportant (!) icon MB_ICONEXCLAMATION と MB_ICONWARNINGMB_ICONEXCLAMATION and MB_ICONWARNING
情報 (i) アイコンInformation (i) icon MB_ICONASTERISK と MB_ICONINFORMATIONMB_ICONASTERISK and MB_ICONINFORMATION

Example

void CMainFrame::OnDisplayErrorMessage()
{
   // This displays a message box with the title "Error"
   // and the message "Help, Something went wrong."
   // The error icon is displayed in the message box, along with
   // an OK button.
   MessageBox(_T("Help, Something went wrong."), _T("Error"),
              MB_ICONERROR | MB_OK);
}

CWnd:: ModifyStyleCWnd::ModifyStyle

ウィンドウのスタイルを変更するには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to modify a window's style.

BOOL ModifyStyle(
    DWORD dwRemove,
    DWORD dwAdd,
    UINT nFlags = 0);

パラメーターParameters

dwRemovedwRemove
スタイルの変更中に削除されるウィンドウスタイルを指定します。Specifies window styles to be removed during style modification.

dwAdddwAdd
スタイルの変更中に追加されるウィンドウスタイルを指定します。Specifies window styles to be added during style modification.

nFlagsnFlags
SetWindowPosに渡されるフラグ SetWindowPos 。を呼び出さない場合は0。Flags to be passed to SetWindowPos, or zero if SetWindowPos should not be called. 既定値は 0 です。The default is zero. プリセットフラグの一覧については、「解説」を参照してください。See the Remarks section for a list of preset flags.

戻り値Return Value

スタイルが正常に変更された場合は0以外の。それ以外の場合は0です。Nonzero if style was successfully modified; otherwise, 0.

解説Remarks

追加または削除するスタイルは、ビットごとの OR (|) 演算子を使用して組み合わせることができます。Styles to be added or removed can be combined by using the bitwise OR (|) operator. 使用可能なウィンドウスタイルの詳細については、Windows SDK のトピック「 ウィンドウのスタイルCreateWindow 」を参照してください。See the topics Window Styles and CreateWindow in the Windows SDK for information about the available window styles.

Nflagsが0以外の場合、は ModifyStyle Windows API 関数SetWindowPosを呼び出し、 nflagsと次の4つのプリセットフラグを組み合わせてウィンドウを再描画します。If nFlags is nonzero, ModifyStyle calls the Windows API function SetWindowPos and redraws the window by combining nFlags with the following four preset flags:

  • SWP_NOSIZE は現在のサイズを保持します。SWP_NOSIZE Retains the current size.

  • SWP_NOMOVE は現在の位置を保持します。SWP_NOMOVE Retains the current position.

  • SWP_NOZORDER は現在の Z オーダーを保持します。SWP_NOZORDER Retains the current Z order.

  • SWP_NOACTIVATE では、ウィンドウはアクティブになりません。SWP_NOACTIVATE Does not activate the window.

ウィンドウの拡張スタイルを変更するには、「 modifystyles ex」を参照してください。To modify a window's extended styles, see ModifyStyleEx.

注意

特定のコントロールの一部のスタイル (たとえば、エディットコントロールの ES_READONLY スタイル) では、 ModifyStyle コントロールが特殊な内部処理を実行する必要があるため、スタイルが正しく変更されない場合があります。For some styles in certain controls (the ES_READONLY style in the edit control, for example), ModifyStyle may not properly change the style because the control may need to perform special internal processing. このような場合、スタイルを変更するための対応するメッセージが使用できるようになります (前述の例では EM_SETREADONLY)。In these cases, a corresponding message to change the style will be available ( EM_SETREADONLY in the example mentioned).

Example

// This example adds the WS_CLIPCHILDREN style to the window.
// No Styles are removed from the window.
void CMyView::OnInitialUpdate()
{
   CView::OnInitialUpdate();
   ModifyStyle(0, WS_CLIPCHILDREN);
}

CWnd:: Modifyスタイル ExCWnd::ModifyStyleEx

ウィンドウの拡張スタイルを変更するには、このメンバー関数を呼び出します。Call this member function to modify a window's extended style.

BOOL ModifyStyleEx(
    DWORD dwRemove,
    DWORD dwAdd,
    UINT nFlags = 0);

パラメーターParameters

dwRemovedwRemove
スタイルの変更中に削除される拡張スタイルを指定します。Specifies extended styles to be removed during style modification.

dwAdddwAdd
スタイルの変更中に追加する拡張スタイルを指定します。Specifies extended styles to be added during style modification.

nFlagsnFlags
SetWindowPosに渡されるフラグ SetWindowPos 。を呼び出さない場合は0。Flags to be passed to SetWindowPos, or zero if SetWindowPos should not be called. 既定値は 0 です。The default is zero. プリセットフラグの一覧については、「解説」を参照してください。See the Remarks section for a list of preset flags.

戻り値Return Value

スタイルが正常に変更された場合は0以外の。それ以外の場合は0です。Nonzero if style was successfully modified; otherwise, 0.

解説Remarks

追加または削除するスタイルは、ビットごとの OR (|) 演算子を使用して組み合わせることができます。Styles to be added or removed can be combined by using the bitwise OR (|) operator. 使用可能な拡張スタイルの詳細については、このブックの「 拡張ウィンドウスタイル 」および「Windows SDK CreateWindowEx 」を参照してください。See the topics Extended Window Styles in this book and CreateWindowEx in the Windows SDK for information about the available extended styles

Nflagsが0以外の場合、は ModifyStyleEx Windows API 関数SetWindowPosを呼び出し、 nflagsと次の4つのプリセットフラグを組み合わせてウィンドウを再描画します。If nFlags is nonzero, ModifyStyleEx calls the Windows API function SetWindowPos and redraws the window by combining nFlags with the following four preset flags:

  • SWP_NOSIZE は現在のサイズを保持します。SWP_NOSIZE Retains the current size.

  • SWP_NOMOVE は現在の位置を保持します。SWP_NOMOVE Retains the current position.

  • SWP_NOZORDER は現在の Z オーダーを保持します。SWP_NOZORDER Retains the current Z order.

  • SWP_NOACTIVATE では、ウィンドウはアクティブになりません。SWP_NOACTIVATE Does not activate the window.

通常のウィンドウスタイルを使用してウィンドウを変更するには、「 Modifystyle」を参照してください。To modify windows using regular window styles, see ModifyStyle.

Example

// This example would make the dialog box transparent by
// changing the dialog window's extended styles.
int CAboutDlg::OnCreate(LPCREATESTRUCT lpCreateStruct)
{
   if (CDialog::OnCreate(lpCreateStruct) == -1)
      return -1;

   ModifyStyleEx(0, WS_EX_TRANSPARENT);   
   
   return 0;
}

CWnd:: MoveWindowCWnd::MoveWindow

位置と大きさを変更します。Changes the position and dimensions.

void MoveWindow(
    int x,
    int y,
    int nWidth,
    int nHeight,
    BOOL bRepaint = TRUE);

void MoveWindow(
    LPCRECT lpRect,
    BOOL bRepaint = TRUE);

パラメーターParameters

xx
の左側の新しい位置を指定し CWnd ます。Specifies the new position of the left side of the CWnd.

yy
の先頭の新しい位置を指定し CWnd ます。Specifies the new position of the top of the CWnd.

nWidthnWidth
の新しい幅を指定し CWnd ます。Specifies the new width of the CWnd.

nHeightnHeight
の新しい高さを指定し CWnd ます。Specifies the new height of the CWnd.

塗装bRepaint
を再描画するかどうかを指定し CWnd ます。Specifies whether CWnd is to be repainted. TRUE の場合、は CWnd OnPaintメッセージハンドラー内のWM_PAINTメッセージを通常どおり受信します。If TRUE, CWnd receives a WM_PAINT message in its OnPaint message handler as usual. このパラメーターが FALSE の場合、どのような種類の再描画も行われません。If this parameter is FALSE, no repainting of any kind occurs. これは、クライアント領域、非クライアント領域 (タイトルとスクロールバーを含む)、およびの移動の結果としてカバーされていない親ウィンドウの任意の部分に適用され CWnd ます。This applies to the client area, to the nonclient area (including the title and scroll bars), and to any part of the parent window uncovered as a result of CWnd's move. このパラメーターが FALSE の場合、アプリケーションは、再描画する必要があるおよび親ウィンドウの部分を明示的に無効にするか、再描画する必要があり CWnd ます。When this parameter is FALSE, the application must explicitly invalidate or redraw any parts of CWnd and parent window that must be redrawn.

lpRectlpRect
新しいサイズと位置を指定する CRect オブジェクトまたは RECT 構造体The CRect object or RECT structure that specifies the new size and position.

解説Remarks

最上位レベルのオブジェクトの場合 CWndx および y パラメーターは画面の左上隅を基準とした相対値になります。For a top-level CWnd object, the x and y parameters are relative to the upper-left corner of the screen. 子オブジェクトの場合 CWnd は、親ウィンドウのクライアント領域の左上隅を基準とした相対値になります。For a child CWnd object, they are relative to the upper-left corner of the parent window's client area.

MoveWindow関数はWM_GETMINMAXINFOメッセージを送信します。The MoveWindow function sends the WM_GETMINMAXINFO message. このメッセージを処理 CWnd することにより、可能な限り大きいウィンドウの既定値を変更することができます。Handling this message gives CWnd the opportunity to modify the default values for the largest and smallest possible windows. メンバー関数のパラメーターがこれらの値を超える場合は、 MoveWindow WM_GETMINMAXINFO ハンドラーの最小値または最大値で値を置き換えることができます。If the parameters to the MoveWindow member function exceed these values, the values can be replaced by the minimum or maximum values in the WM_GETMINMAXINFO handler.

Example

CWnd:: ClientToScreenの例を参照してください。See the example for CWnd::ClientToScreen.

CWnd:: NotifyWinEventCWnd::NotifyWinEvent

定義済みイベントが発生したことをシステムに通知します。Signals the system that a predefined event occurred. クライアントアプリケーションによってイベントのフック関数が登録されている場合、システムはクライアントのフック関数を呼び出します。If any client applications have registered a hook function for the event, the system calls the client's hook function.

void NotifyWinEvent(
    DWORD event,
    LONG idObjectType,
    LONG idObject);

パラメーターParameters

eventevent
発生したイベントを指定します。Specifies the event that occurred. この値は、 イベント定数のいずれかである必要があります。This value must be one of the event constants.

idObjectTypeidObjectType
イベントを生成したオブジェクトの種類を識別します。Identifies the kind of object that generated the event. この値は、定義済みの オブジェクト識別子 またはカスタムオブジェクト ID 値のいずれかです。This value is one of the predefined object identifiers or a custom object ID value.

idObjectidObject
オブジェクトまたはオブジェクトの子要素によってイベントが生成されたかどうかを識別します。Identifies whether the event was generated by an object or a child element of the object. この値が CHILDID_SELF 場合、イベントはオブジェクト自体によって生成されます。If this value is CHILDID_SELF, the event was generated by the object itself. それ以外の場合、この値は、イベントを生成した要素の子 ID になります。If not, this value is the child ID of the element that generated the event.

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、関数 Notifywineventの機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the function NotifyWinEvent, as described in the Windows SDK.

CWnd:: OnActivateCWnd::OnActivate

フレームワークは、 CWnd オブジェクトがアクティブ化または非アクティブ化されるときにこのメンバー関数を呼び出します。The framework calls this member function when a CWnd object is being activated or deactivated.

afx_msg void OnActivate(
    UINT nState,
    CWnd* pWndOther,
    BOOL bMinimized);

パラメーターParameters

nStatenState
CWndがアクティブ化または非アクティブ化されているかどうかを指定します。Specifies whether the CWnd is being activated or deactivated. 次のいずれかの値を指定できます。It can be one of the following values:

  • ウィンドウが非アクティブ化されている WA_INACTIVE。WA_INACTIVE The window is being deactivated.

  • ウィンドウがマウスクリック以外の何らかの方法 (たとえば、キーボードインターフェイスを使用してウィンドウを選択するなど) によってアクティブ化されている WA_ACTIVE ます。WA_ACTIVE The window is being activated through some method other than a mouse click (for example, by use of the keyboard interface to select the window).

  • ウィンドウがマウスクリックによってアクティブ化されている WA_CLICKACTIVE ます。WA_CLICKACTIVE The window is being activated by a mouse click.

pWndOtherpWndOther
CWndアクティブまたは非アクティブ化されるへのポインター。Pointer to the CWnd being activated or deactivated. ポインターは NULL にすることができ、一時的なものでもかまいません。The pointer can be NULL, and it may be temporary.

bMinimizedbMinimized
アクティブまたは非アクティブ化するの最小化された状態を指定し CWnd ます。Specifies the minimized state of the CWnd being activated or deactivated. 値が TRUE の場合は、ウィンドウが最小化されていることを示します。A value of TRUE indicates the window is minimized.

TRUE の場合、 CWnd がアクティブになります。それ以外の場合は非アクティブになります。If TRUE, the CWnd is being activated; otherwise deactivated.

解説Remarks

CWndオブジェクトがマウスクリックでアクティブ化された場合は、 Onmouseactivateメンバー関数呼び出しも受け取ります。If the CWnd object is activated with a mouse click, it will also receive an OnMouseActivate member function call.

注意

このメンバー関数は、アプリケーションで Windows メッセージを処理できるようにするためにフレームワークによって呼び出されます。This member function is called by the framework to allow your application to handle a Windows message. 関数に渡されるパラメーターは、メッセージを受信したときにフレームワークが受信したパラメーターを反映します。The parameters passed to your function reflect the parameters received by the framework when the message was received. この関数の基底クラス実装を呼び出す場合、その実装は、関数に指定したパラメーターではなく、メッセージと共に渡されたパラメーターを使用します。If you call the base-class implementation of this function, that implementation will use the parameters originally passed with the message and not the parameters you supply to the function.

CWnd:: OnアクティブアプリCWnd::OnActivateApp

このメンバー関数は、アクティブ化されているタスクのトップレベルウィンドウすべてと、非アクティブ化されているタスクのすべてのトップレベルウィンドウに対して呼び出されます。The framework calls this member function to all top-level windows of the task being activated and for all top-level windows of the task being deactivated.

afx_msg void OnActivateApp(
    BOOL bActive,
    DWORD dwThreadID);

パラメーターParameters

bActivebActive
CWndがアクティブ化または非アクティブ化されているかどうかを指定します。Specifies whether the CWnd is being activated or deactivated. TRUE は、 CWnd がアクティブ化されることを意味します。TRUE means the CWnd is being activated. FALSE は、 CWnd が非アクティブ化されることを意味します。FALSE means the CWnd is being deactivated.

dwThreadIDdwThreadID
スレッド ID の値を指定します。Specifies the value of the thread ID. Bactiveが TRUE の場合、 dwthreadidCWnd 非アクティブ化されているを所有しているスレッドを識別します。If bActive is TRUE, dwThreadID identifies the thread that owns the CWnd being deactivated. Bactiveが FALSE の場合、 dwthreadidは、アクティブ化されているを所有しているスレッドを識別 CWnd します。If bActive is FALSE, dwThreadID identifies the thread that owns the CWnd being activated.

解説Remarks

注意

このメンバー関数は、アプリケーションで Windows メッセージを処理できるようにするためにフレームワークによって呼び出されます。This member function is called by the framework to allow your application to handle a Windows message. 関数に渡されるパラメーターは、メッセージを受信したときにフレームワークが受信したパラメーターを反映します。The parameters passed to your function reflect the parameters received by the framework when the message was received. この関数の基底クラス実装を呼び出す場合、その実装は、関数に指定したパラメーターではなく、メッセージと共に渡されたパラメーターを使用します。If you call the base-class implementation of this function, that implementation will use the parameters originally passed with the message and not the parameters you supply to the function.

CWnd:: OnAmbientPropertyCWnd::OnAmbientProperty

フレームワークは、このメンバー関数を呼び出して、OLE コントロールを含むウィンドウからアンビエントプロパティ値を取得します。The framework calls this member function to obtain ambient property values from a window that contains OLE controls.

virtual BOOL OnAmbientProperty(
    COleControlSite* pSite,
    DISPID dispid,
    VARIANT* pvar);

パラメーターParameters

pSitepSite
アンビエントプロパティを要求したコントロールのサイトへのポインター。Pointer to the site of the control that requested the ambient property.

dispiddispid
要求されたアンビエントプロパティのディスパッチ ID。The dispatch ID of the requested ambient property.

pvarpvar
アンビエントプロパティの値が返される、呼び出し元によって割り当てられた構造体へのポインター VARIANTPointer to a caller-allocated VARIANT structure, through which the ambient property's value will be returned.

戻り値Return Value

アンビエントプロパティがサポートされている場合は TRUE。それ以外の場合は FALSE。TRUE if the ambient property is supported; FALSE if not.

解説Remarks

OLE コントロールコンテナーによって返される既定のアンビエントプロパティ値をコントロールに変更するには、この関数をオーバーライドします。Override this function to alter the default ambient property values returned by an OLE control container to its controls. オーバーライドする関数によって処理されないアンビエントプロパティ要求は、基本クラスの実装に転送される必要があります。Any ambient property requests not handled by an overriding function should be forwarded to the base class implementation.

CWnd:: OnAppCommandCWnd::OnAppCommand

フレームワークは、ユーザーがアプリケーションコマンドイベントを生成するときにこのメンバー関数を呼び出します。The framework calls this member function when the user generates an application command event. このようなイベントは、ユーザーがアプリケーションのコマンドボタンをクリックしたとき、またはアプリケーションのコマンドキーを入力したときに発生します。Such an event occurs when the user clicks an application command button or types an application command key.

afx_msg void OnAppCommand(
    CWnd* pWnd,
    UINT nCmd,
    UINT nDevice,
    UINT nKey);

パラメーターParameters

pWndpWnd
から CWnd ユーザーがコマンドボタンをクリックしたとき、またはコマンドキーを押したウィンドウを表すオブジェクトへのポインター。[in] Pointer to a CWnd object that represents the window where the user clicked the command button or pressed the command key. このウィンドウは、メッセージを受信するウィンドウの子ウィンドウにすることができます。This window can be a child window of the window receiving the message.

nCmdnCmd
からアプリケーションコマンドを示します。[in] Indicates the application command. 使用可能な値の一覧については、 WM_APPCOMMANDlParamパラメーターのcmdセクションにあるコマンドを参照してください。For a list of possible values, see the commands under the cmd section of the lParam parameter of WM_APPCOMMAND.

nDevicenDevice
から入力イベントを生成した入力デバイス。[in] The input device that generated the input event. 使用可能な値の一覧については、 WM_APPCOMMANDLParamパラメーターのudeviceセクションにあるデバイスを参照してください。For a list of possible values, see the devices under the uDevice section of the lParam parameter of WM_APPCOMMAND.

nKeynKey
からCTRL キーやマウスの左ボタンなど、停止している任意の仮想キーを示します。[in] Indicates any virtual keys that are down, such as the CTRL key or the left mouse button. 使用可能な値の一覧については、 WM_APPCOMMANDLParamパラメーターのdwkeysセクションのキーを参照してください。For a list of possible values, see the keys under the dwKeys section of the lParam parameter of WM_APPCOMMAND. 詳細については、「 マウス入力について」の「メッセージパラメーター」小見出しを参照してください。For more information, see the "Message Parameters" subheading in About Mouse Input.

解説Remarks

このメソッドは、Windows SDK で説明されている WM_APPCOMMAND 通知を受け取ります。This method receives the WM_APPCOMMAND notification, which is described in the Windows SDK.

注意

このメンバー関数は、アプリケーションで Windows メッセージを処理できるようにするためにフレームワークによって呼び出されます。This member function is called by the framework to allow your application to handle a Windows message. 関数に渡されるパラメーターは、メッセージを受信したときにフレームワークが受信したパラメーターを反映します。The parameters passed to your function reflect the parameters received by the framework when the message was received. この関数の基底クラス実装を呼び出す場合、その実装は、関数に指定したパラメーターではなく、メッセージと共に渡されたパラメーターを使用します。If you call the base-class implementation of this function, that implementation will use the parameters originally passed with the message and not the parameters you supply to the function.

CWnd:: OnAskCbFormatNameCWnd::OnAskCbFormatName

フレームワークは、クリップボードに CF_OWNERDISPLAY 形式のデータハンドル (つまり、クリップボードの所有者がクリップボードの内容を表示する場合) が含まれている場合に、このメンバー関数を呼び出します。The framework calls this member function when the Clipboard contains a data handle for the CF_OWNERDISPLAY format (that is, when the Clipboard owner will display the Clipboard contents).

afx_msg void OnAskCbFormatName(
    UINT nMaxCount,
    LPTSTR lpszString);

パラメーターParameters

nMaxCountnMaxCount
コピーする最大バイト数を指定します。Specifies the maximum number of bytes to copy.

lpszStringlpszString
形式名のコピーを格納するバッファーを指します。Points to the buffer where the copy of the format name is to be stored.

解説Remarks

クリップボードの所有者は、その形式の名前を指定する必要があります。The Clipboard owner should provide a name for its format.

このメンバー関数をオーバーライドし、指定された最大バイト数を超えないように、CF_OWNERDISPLAY 形式の名前を指定されたバッファーにコピーします。Override this member function and copy the name of the CF_OWNERDISPLAY format into the specified buffer, not exceeding the maximum number of bytes specified.

注意

このメンバー関数は、アプリケーションで Windows メッセージを処理できるようにするためにフレームワークによって呼び出されます。This member function is called by the framework to allow your application to handle a Windows message. 関数に渡されるパラメーターは、メッセージを受信したときにフレームワークが受信したパラメーターを反映します。The parameters passed to your function reflect the parameters received by the framework when the message was received. この関数の基底クラス実装を呼び出す場合、その実装は、関数に指定したパラメーターではなく、メッセージと共に渡されたパラメーターを使用します。If you call the base-class implementation of this function, that implementation will use the parameters originally passed with the message and not the parameters you supply to the function.

CWnd:: OnCancelModeCWnd::OnCancelMode

フレームワークは、このメンバー関数を呼び出して、 CWnd 内部モードをキャンセルするように通知します。The framework calls this member function to inform CWnd to cancel any internal mode.

afx_msg void OnCancelMode();

解説Remarks

オブジェクトに CWnd フォーカスがある場合は、 OnCancelMode ダイアログボックスまたはメッセージボックスが表示されたときに、そのメンバー関数が呼び出されます。If the CWnd object has the focus, its OnCancelMode member function is called when a dialog box or message box is displayed. これにより、 CWnd マウスキャプチャなどのモードをキャンセルすることができます。This gives the CWnd the opportunity to cancel modes such as mouse capture.

既定の実装は、 ReleaseCapture Windows 関数を呼び出すことによって応答します。The default implementation responds by calling the ReleaseCapture Windows function. 他のモードを処理するには、派生クラスでこのメンバー関数をオーバーライドします。Override this member function in your derived class to handle other modes.

CWnd:: OnCaptureChangedCWnd::OnCaptureChanged

フレームワークは、このメンバー関数を呼び出して、マウスのキャプチャが失われていることをウィンドウに通知します。The framework calls this member function to notify the window that is losing the mouse capture.

afx_msg void OnCaptureChanged(CWnd* pWnd);

パラメーターParameters

pWndpWnd
マウスキャプチャを取得するウィンドウへのポインターA pointer to the window to gain mouse capture

解説Remarks

ReleaseCapture自体を呼び出す場合でも、ウィンドウはこのメッセージを受信します。A window receives this message even if it calls ReleaseCapture itself. アプリケーションは、このメッセージに応答してマウスキャプチャを設定しようとしてはいけません。An application should not attempt to set the mouse capture in response to this message. このメッセージを受信すると、新しいマウスキャプチャの状態を反映するために、必要に応じてウィンドウが再描画されます。When it receives this message, a window should redraw itself, if necessary, to reflect the new mouse-capture state.

Windows 関数の詳細については、Windows SDK を参照してください ReleaseCaptureSee the Windows SDK for information on the ReleaseCapture Windows function.

注意

このメンバー関数は、アプリケーションで Windows メッセージを処理できるようにするためにフレームワークによって呼び出されます。This member function is called by the framework to allow your application to handle a Windows message. 関数に渡されるパラメーターは、メッセージを受信したときにフレームワークが受信したパラメーターを反映します。The parameters passed to your function reflect the parameters received by the framework when the message was received. この関数の基底クラス実装を呼び出す場合、その実装は、関数に指定したパラメーターではなく、メッセージと共に渡されたパラメーターを使用します。If you call the base-class implementation of this function, that implementation will use the parameters originally passed with the message and not the parameters you supply to the function.

CWnd:: OnChangeCbChainCWnd::OnChangeCbChain

フレームワークは、ウィンドウがチェーンから削除されていることを通知するために、クリップボードビューアーチェーン内の各ウィンドウに対してこのメンバー関数を呼び出します。The framework calls this member function for each window in the Clipboard-viewer chain to notify it that a window is being removed from the chain.

afx_msg void OnChangeCbChain(
    HWND hWndRemove,
    HWND hWndAfter);

パラメーターParameters

hWndRemovehWndRemove
クリップボードビューアーのチェーンから削除されるウィンドウハンドルを指定します。Specifies the window handle that is being removed from the Clipboard-viewer chain.

hWndAfterhWndAfter
クリップボードビューアーのチェーンから削除されるウィンドウの次のウィンドウハンドルを指定します。Specifies the window handle that follows the window being removed from the Clipboard-viewer chain.

解説Remarks

CWnd呼び出しを受け取る各オブジェクト OnChangeCbChain は、 SendMessage Windows 関数を使用して、 WM_CHANGECBCHAINメッセージをクリップボードビューアーチェーン (から返されたハンドル) の次のウィンドウに送信する必要があり SetClipboardViewer ます。Each CWnd object that receives an OnChangeCbChain call should use the SendMessage Windows function to send the WM_CHANGECBCHAIN message to the next window in the Clipboard-viewer chain (the handle returned by SetClipboardViewer). HWndRemoveがチェーン内の次のウィンドウである場合、 hWndAfterによって指定されたウィンドウが次のウィンドウになり、クリップボードのメッセージがそのウィンドウに渡されます。If hWndRemove is the next window in the chain, the window specified by hWndAfter becomes the next window, and Clipboard messages are passed on to it.

注意

このメンバー関数は、アプリケーションで Windows メッセージを処理できるようにするためにフレームワークによって呼び出されます。This member function is called by the framework to allow your application to handle a Windows message. 関数に渡されるパラメーターは、メッセージを受信したときにフレームワークが受信したパラメーターを反映します。The parameters passed to your function reflect the parameters received by the framework when the message was received. この関数の基底クラス実装を呼び出す場合、その実装は、関数に指定したパラメーターではなく、メッセージと共に渡されたパラメーターを使用します。If you call the base-class implementation of this function, that implementation will use the parameters originally passed with the message and not the parameters you supply to the function.

CWnd:: OnChangeUIStateCWnd::OnChangeUIState

ユーザー インターフェイス (UI) 状態を変更する必要があるときに呼び出されます。Called when the user interface (UI) state should be changed.

afx_msg void OnChangeUIState(
    UINT nAction,
    UINT nUIElement);

パラメーターParameters

N 操作nAction
実行するアクションを指定します。Specifies the action to be taken. 次の値のいずれかです。Can be one of the following values:

  • ( Nuielementによって指定された) UI 状態要素 UIS_CLEAR 非表示にする必要があります。UIS_CLEAR The UI state element (specified by nUIElement) should be hidden.

  • ( Nuielementによって指定された) UI 状態要素 UIS_INITIALIZE、最後の入力イベントに基づいて変更する必要があります。UIS_INITIALIZE The UI state element (specified by nUIElement) should be changed based on the last input event. 詳細については、「 WM_CHANGEUISTATE」の「解説」を参照してください。For more information, see the Remarks section of WM_CHANGEUISTATE.

  • ( Nuielementによって指定された) UI 状態要素 UIS_SET 表示される必要があります。UIS_SET The UI state element (specified by nUIElement) should be visible.

nUIElementnUIElement
影響を受ける UI 状態要素またはコントロールのスタイルを指定します。Specifies which UI state elements are affected or the style of the control. 次の値のいずれかです。Can be one of the following values:

  • UISF_HIDEACCEL のキーボードアクセラレータ。UISF_HIDEACCEL Keyboard accelerators.

  • フォーカスインジケーターを UISF_HIDEFOCUS します。UISF_HIDEFOCUS Focus indicators.

  • UISF_ACTIVE Windows XP: コントロールは、アクティブなコントロールに使用されるスタイルで描画される必要があります。UISF_ACTIVE Windows XP: A control should be drawn in the style used for active controls.

解説Remarks

このメンバー関数は、Windows SDK で説明されているように、 WM_CHANGEUISTATE メッセージの機能をエミュレートします。This member function emulates the functionality of the WM_CHANGEUISTATE message, as described in the Windows SDK.

CWnd:: OnCharCWnd::OnChar

キーストロークが非システム文字に変換される場合、フレームワークはこのメンバー関数を呼び出します。The framework calls this member function when a keystroke translates to a nonsystem character.

afx_msg void OnChar(
    UINT nChar,
    UINT nRepCnt,
    UINT nFlags);

パラメーターParameters

nCharnChar
キーの文字コード値を格納します。Contains the character code value of the key.

nRepCntnRepCnt
ユーザーがキーを押したときにキーストロークを繰り返す回数を格納します。Contains the repeat count, the number of times the keystroke is repeated when user holds down the key.

nFlagsnFlags
次の一覧に示すように、スキャンコード、キー遷移コード、以前のキーの状態、およびコンテキストコードを含みます。Contains the scan code, key-transition code, previous key state, and context code, as shown in the following list:

Value 意味Meaning
0-150-15 繰り返し回数を指定します。Specifies the repeat count. この値は、ユーザーがキーを押した結果としてキーストロークが繰り返される回数です。The value is the number of times the keystroke is repeated as a result of the user holding down the key.
16-2316-23 スキャンコードを指定します。Specifies the scan code. この値は、相手先ブランド供給の製造元 (OEM) によって異なります。The value depends on the original equipment manufacturer (OEM)
2424 キーが拡張キーであるかどうかを指定します。これには、拡張された101または102キーのキーボードに表示される右 ALT キーと CTRL キーなどが含まれます。Specifies whether the key is an extended key, such as the right-hand ALT and CTRL keys that appear on an enhanced 101- or 102-key keyboard. 拡張キーの場合、値は1です。それ以外の場合は0になります。The value is 1 if it is an extended key; otherwise, it is 0.
25-2825-28 Windows によって内部的に使用されます。Used internally by Windows.
2929 コンテキストコードを指定します。Specifies the context code. キーが押されている間に ALT キーを押したままにした場合、値は1です。それ以外の場合、値は0です。The value is 1 if the ALT key is held down while the key is pressed; otherwise, the value is 0.
3030 以前のキーの状態を指定します。Specifies the previous key state. メッセージが送信される前にキーが押されている場合は値1、キーが押されている場合は0になります。The value is 1 if the key is down before the message is sent, or it is 0 if the key is up.
3131 遷移の状態を指定します。Specifies the transition state. キーが離されている場合は値1、キーが押されている場合は0になります。The value is 1 if the key is being released, or it is 0 if the key is being pressed.

解説Remarks

この関数は、 OnKeyUp メンバー関数の前、および OnKeyDown メンバー関数が呼び出された後に呼び出されます。This function is called before the OnKeyUp member function and after the OnKeyDown member function are called. OnChar 押されているか解放されているキーボードキーの値を格納します。OnChar contains the value of the keyboard key being pressed or released.

押されたキーと呼び出しを生成した場合には必ずしも一対一の対応関係がないため OnCharnFlags の情報は通常、アプリケーションにとっては役に立ちません。Because there is not necessarily a one-to-one correspondence between keys pressed and OnChar calls generated, the information in nFlags is generally not useful to applications. NFlagsの情報は、メンバー関数の最新の呼び出し、 OnKeyUp またはの OnKeyDown 呼び出しの前にあるメンバー関数にのみ適用され OnChar ます。The information in nFlags applies only to the most recent call to the OnKeyUp member function or the OnKeyDown member function that precedes the call to OnChar.

IBM Enhanced 101-と102キーのキーボードでは、拡張キーは、キーボードのメインセクションの右 ALT キーと右 CTRL キーです。テンキーの左側にあるクラスター内の INS、DEL、HOME、END、PAGE UP、PAGEDOWN、↓の各キーとスラッシュ (/) を入力し、テンキーでキーを入力します。For IBM Enhanced 101- and 102-key keyboards, enhanced keys are the right ALT and the right CTRL keys on the main section of the keyboard; the INS, DEL, HOME, END, PAGE UP, PAGE DOWN, and arrow keys in the clusters to the left of the numeric keypad; and the slash (/) and ENTER keys in the numeric keypad. 他のいくつかのキーボードは、 nFlagsで拡張キービットをサポートしている場合があります。Some other keyboards may support the extended-key bit in nFlags.

注意

このメンバー関数は、アプリケーションで Windows メッセージを処理できるようにするためにフレームワークによって呼び出されます。This member function is called by the framework to allow your application to handle a Windows message. 関数に渡されるパラメーターは、メッセージを受信したときにフレームワークが受信したパラメーターを反映します。The parameters passed to your function reflect the parameters received by the framework when the message was received. この関数の基底クラス実装を呼び出す場合、その実装は、関数に指定したパラメーターではなく、メッセージと共に渡されたパラメーターを使用します。If you call the base-class implementation of this function, that implementation will use the parameters originally passed with the message and not the parameters you supply to the function.

CWnd:: OnCharToItemCWnd::OnCharToItem

LBS_WANTKEYBOARDINPUTスタイルのリストボックスがWM_CHARメッセージに対する応答としてWM_CHARTOITEMメッセージを所有者に送信するときに呼び出されます。Called when a list box with the LBS_WANTKEYBOARDINPUT style sends its owner a WM_CHARTOITEM message in response to a WM_CHAR message.

afx_msg int OnCharToItem(
    UINT nChar,
    CListBox* pListBox,
    UINT nIndex);

パラメーターParameters

nCharnChar
ユーザーによって押されたキーの値を指定します。Specifies the value of the key pressed by the user.

pListBoxpListBox
リストボックスへのポインターを指定します。Specifies a pointer to the list box. 一時的なものもあります。It may be temporary.

nIndexnIndex
現在のキャレットの位置を指定します。Specifies the current caret position.

戻り値Return Value

フレームワークは、このメンバー関数を呼び出して、アプリケーションが呼び出しに応答して実行したアクションを指定します。The framework calls this member function to specify the action that the application performed in response to the call. 戻り値-2 は、アプリケーションが項目を選択するすべての側面を処理し、リストボックスによるそれ以上の操作を必要としないことを示します。A return value of -2 indicates that the application handled all aspects of selecting the item and wants no further action by the list box. 戻り値-1 は、リストボックスがキーストロークに応答して既定のアクションを実行する必要があることを示します。A return value of -1 indicates that the list box should perform the default action in response to the keystroke. 戻り値が0以上の場合は、リストボックス内の項目の0から始まるインデックスを指定し、リストボックスが、指定された項目のキーストロークの既定の動作を実行することを示します。A return value of 0 or greater specifies the zero-based index of an item in the list box and indicates that the list box should perform the default action for the keystroke on the given item.

解説Remarks

注意

このメンバー関数は、アプリケーションで Windows メッセージを処理できるようにするためにフレームワークによって呼び出されます。This member function is called by the framework to allow your application to handle a Windows message. 関数に渡されるパラメーターは、メッセージを受信したときにフレームワークが受信したパラメーターを反映します。The parameters passed to your function reflect the parameters received by the framework when the message was received. この関数の基底クラス実装を呼び出す場合、その実装は、関数に指定したパラメーターではなく、メッセージと共に渡されたパラメーターを使用します。If you call the base-class implementation of this function, that implementation will use the parameters originally passed with the message and not the parameters you supply to the function.

CWnd:: OnChildActivateCWnd::OnChildActivate

CWndオブジェクトがマルチドキュメントインターフェイス (MDI) 子ウィンドウの場合、 OnChildActivate ユーザーがウィンドウのタイトルバーをクリックしたとき、またはウィンドウがアクティブ化、移動、またはサイズ変更されたときに、フレームワークによってが呼び出されます。If the CWnd object is a multiple document interface (MDI) child window, OnChildActivate is called by the framework when the user clicks the window's title bar or when the window is activated, moved, or sized.

afx_msg void OnChildActivate();

CWnd:: OnChildNotifyCWnd::OnChildNotify

このメンバー関数は、このウィンドウに適用される通知メッセージを受信すると、このウィンドウの親ウィンドウによって呼び出されます。This member function is called by this window's parent window when it receives a notification message that applies to this window.

virtual BOOL OnChildNotify(
    UINT message,
    WPARAM wParam,
    LPARAM lParam,
    LRESULT* pResult);

パラメーターParameters

messagemessage
親ウィンドウに送信される Windows メッセージ番号。A Windows message number sent to a parent window.

wParamwParam
メッセージに関連付けられている wparamThe wparam associated with the message.

lParamlParam
メッセージに関連付けられている lparamThe lparam associated with the message.

pLResultpLResult
親のウィンドウプロシージャから返される値へのポインター。A pointer to a value to be returned from the parent's window procedure. 戻り値が想定されていない場合、このポインターは NULL になります。This pointer will be NULL if no return value is expected.

戻り値Return Value

このウィンドウが親に送信されたメッセージを処理する場合は0以外の。それ以外の場合は0です。Nonzero if this window is responsible for handling the message sent to its parent; otherwise 0.

解説Remarks

このメンバー関数を直接呼び出すことはできません。Never call this member function directly.

このメンバー関数の既定の実装では、0が返されます。これは、親がメッセージを処理する必要があることを意味します。The default implementation of this member function returns 0, which means that the parent should handle the message.

このメンバー関数をオーバーライドして、コントロールが通知メッセージに応答する方法を拡張します。Override this member function to extend the manner in which a control responds to notification messages.

CWnd:: OnClipboardUpdateCWnd::OnClipboardUpdate

フレームワークは、クリップボードの内容が変更されたときにこのメンバー関数を呼び出します。The framework calls this member function when the contents of the clipboard have changed.

afx_msg void OnClipboardUpdate();

CWnd:: OnCloseCWnd::OnClose

このメンバー関数 CWnd は、またはアプリケーションが終了することを示すシグナルとして、フレームワークによって呼び出されます。The framework calls this member function as a signal that the CWnd or an application is to terminate.

afx_msg void OnClose();

解説Remarks

既定の実装では、が呼び出さ DestroyWindow れます。The default implementation calls DestroyWindow.

CWnd:: OnColorizationColorChangedCWnd::OnColorizationColorChanged

このメンバーは、非クライアント領域の表示ポリシーが変更されたときに、フレームワークによって呼び出されます。The framework calls this member when the rendering policy for the nonclient area has changed.

afx_msg void OnColorizationColorChanged(
    DWORD dwColorizationColor,
    BOOL bOpacity);

パラメーターParameters

dwColorizationColordwColorizationColor
から新しい色づけの色を指定します。[in] Specifies the new colorization color. 色形式は、0xAARRGGBB 形式の16進数の数値です。4つの各コンポーネントの範囲は 0x00 ~ 0xFF です。The color format is a hexadecimal number of the form 0xAARRGGBB, where each of the four components ranges from 0x00 through 0xFF. AA コンポーネントはアルファ値、RR は赤、GG は緑、BB は青です。The AA component is the alpha value, RR is the color red, GG is green, and BB is blue.

bOpacity しくみbOpacity
から新しい色が不透明度とブレンドされる場合は TRUE。それ以外の場合は FALSE。[in] TRUE if the new color is blended with opacity; FALSE if it is not.

解説Remarks

このメソッドは、Windows SDK で説明されている WM_DWMNCRENDERINGCHANGED 通知メッセージを受信します。This method receives the WM_DWMNCRENDERINGCHANGED notification message, which is described in the Windows SDK.

注意

このメンバー関数は、アプリケーションで Windows メッセージを処理できるようにするためにフレームワークによって呼び出されます。This member function is called by the framework to allow your application to handle a Windows message. 関数に渡されるパラメーターは、メッセージを受信したときにフレームワークが受信したパラメーターを反映します。The parameters passed to your function reflect the parameters received by the framework when the message was received. この関数の基底クラス実装を呼び出す場合、その実装は、関数に指定したパラメーターではなく、メッセージと共に渡されたパラメーターを使用します。If you call the base-class implementation of this function, that implementation will use the parameters originally passed with the message and not the parameters you supply to the function.

CWnd:: OnCommandCWnd::OnCommand

フレームワークは、ユーザーがメニューから項目を選択したとき、子コントロールが通知メッセージを送信したとき、またはアクセラレータのキーストロークが変換されたときに、このメンバー関数を呼び出します。The framework calls this member function when the user selects an item from a menu, when a child control sends a notification message, or when an accelerator keystroke is translated.

virtual BOOL OnCommand(
    WPARAM wParam,
    LPARAM lParam);

パラメーターParameters

wParamwParam
WParamの下位ワードは、メニュー項目、コントロール、またはアクセラレータのコマンド ID を識別します。The low-order word of wParam identifies the command ID of the menu item, control, or accelerator. WParamの上位ワードは、メッセージがコントロールからのものである場合、通知メッセージを指定します。The high-order word of wParam specifies the notification message if the message is from a control. メッセージがアクセラレータからのものである場合、上位ワードは1になります。If the message is from an accelerator, the high-order word is 1. メッセージがメニューからのものである場合、上位ワードは0になります。If the message is from a menu, the high-order word is 0.

lParamlParam
メッセージがコントロールからのものである場合に、メッセージを送信するコントロールを識別します。Identifies the control that sends the message if the message is from a control. それ以外の場合、 lParam は0になります。Otherwise, lParam is 0.

戻り値Return Value

アプリケーションは、このメッセージを処理すると0以外の値を返します。それ以外の場合は0です。An application returns nonzero if it processes this message; otherwise 0.

解説Remarks

OnCommand コントロール通知と ON_COMMAND エントリのメッセージマップを処理し、適切なメンバー関数を呼び出します。OnCommand processes the message map for control notification and ON_COMMAND entries, and calls the appropriate member function.

派生クラスのこのメンバー関数をオーバーライドして、 WM_COMMAND メッセージを処理します。Override this member function in your derived class to handle the WM_COMMAND message. 基底クラスが呼び出されない限り、オーバーライドはメッセージマップを処理しません OnCommandAn override will not process the message map unless the base class OnCommand is called.

注意

このメンバー関数は、アプリケーションで Windows メッセージを処理できるようにするためにフレームワークによって呼び出されます。This member function is called by the framework to allow your application to handle a Windows message. 関数に渡されるパラメーターは、メッセージを受信したときにフレームワークが受信したパラメーターを反映します。The parameters passed to your function reflect the parameters received by the framework when the message was received. この関数の基底クラス実装を呼び出す場合、その実装は、関数に指定したパラメーターではなく、メッセージと共に渡されたパラメーターを使用します。If you call the base-class implementation of this function, that implementation will use the parameters originally passed with the message and not the parameters you supply to the function.

CWnd:: OnCompactingCWnd::OnCompacting

このメンバー関数は、30 ~ 60 秒の期間にわたって12.5% を超えるシステム時間がメモリの圧縮に費やされていることが Windows によって検出された場合に、すべてのトップレベルウィンドウに対して呼び出されます。The framework calls this member function for all top-level windows when Windows detects that more than 12.5 percent of system time over a 30- to 60-second interval is being spent compacting memory.

afx_msg void OnCompacting(UINT nCpuTime);

パラメーターParameters

Ncpu 時間nCpuTime
他の操作の実行に費やされた CPU 時間に対して、Windows がメモリを最適化するために現在費やしている CPU 時間の比率を指定します。Specifies the ratio of CPU time currently spent by Windows compacting memory to CPU time spent performing other operations. たとえば、8000h は、メモリの圧縮に費やされた CPU 時間の50% を表します。For example, 8000h represents 50 percent of CPU time spent compacting memory.

解説Remarks

これは、システムメモリが不足していることを示します。This indicates that system memory is low.

オブジェクトが CWnd この呼び出しを受け取ると、アプリケーションの現在のレベルのアクティビティと Windows で実行されているアプリケーションの総数を考慮して、可能な限り多くのメモリを解放する必要があります。When a CWnd object receives this call, it should free as much memory as possible, taking into account the current level of activity of the application and the total number of applications running in Windows. アプリケーションは、Windows の関数を呼び出して、実行されているアプリケーションの数を調べることができます。The application can call the Windows function to determine how many applications are running.

注意

このメンバー関数は、アプリケーションで Windows メッセージを処理できるようにするためにフレームワークによって呼び出されます。This member function is called by the framework to allow your application to handle a Windows message. 関数に渡されるパラメーターは、メッセージを受信したときにフレームワークが受信したパラメーターを反映します。The parameters passed to your function reflect the parameters received by the framework when the message was received. この関数の基底クラス実装を呼び出す場合、その実装は、関数に指定したパラメーターではなく、メッセージと共に渡されたパラメーターを使用します。If you call the base-class implementation of this function, that implementation will use the parameters originally passed with the message and not the parameters you supply to the function.

CWnd:: OnCompareItemCWnd::OnCompareItem

フレームワークは、このメンバー関数を呼び出して、子の並べ替えられたオーナー描画コンボボックスまたはリストボックス内の新しい項目の相対位置を指定します。The framework calls this member function to specify the relative position of a new item in a child sorted owner-draw combo or list box.

afx_msg int OnCompareItem(
    int nIDCtl,
    LPCOMPAREITEMSTRUCT lpCompareItemStruct);

パラメーターParameters

nIDCtlnIDCtl
WM_COMPAREITEM メッセージを送信したコントロールの識別子。The identifier of the control that sent the WM_COMPAREITEM message.

lpCompareItemStructlpCompareItemStruct
コンボボックスまたはリストボックス内の2つの項目について、識別子とアプリケーションから提供されるデータを格納する COMPAREITEMSTRUCT データ構造体への long ポインターを格納します。Contains a long pointer to a COMPAREITEMSTRUCT data structure that contains the identifiers and application-supplied data for two items in the combo or list box.

戻り値Return Value

2つの項目の相対位置を示します。Indicates the relative position of the two items. 次のいずれかの値を指定できます。It may be any of the following values:

Value 説明Meaning
-1-1 項目1は項目2の前に並べ替えられます。Item 1 sorts before item 2.
00 項目1と項目2は同じように並べ替えられます。Item 1 and item 2 sort the same.
11 項目1は項目2の後に並べ替えます。Item 1 sorts after item 2.

解説Remarks

CBS_SORTスタイルまたはLBS_SORTスタイルを使用してコンボボックスまたはリストボックスを作成した場合、アプリケーションが新しい項目を追加するたびに、コンボボックスまたはリストボックスの所有者が WM_COMPAREITEM メッセージを送信します。If a combo or list box is created with the CBS_SORT or LBS_SORT style, Windows sends the combo-box or list-box owner a WM_COMPAREITEM message whenever the application adds a new item.

コンボボックスまたはリストボックス内の2つの項目は、 COMPAREITEMSTRUCT lpCompareItemStructによって示される構造体に再構築されます。Two items in the combo or list box are reformed in a COMPAREITEMSTRUCT structure pointed to by lpCompareItemStruct. OnCompareItem は、他の項目の前に表示する必要がある項目を示す値を返します。OnCompareItem should return a value that indicates which of the items should appear before the other. 通常、Windows は、新しい項目の正確な位置を決定するまで、この呼び出しを複数回行います。Typically, Windows makes this call several times until it determines the exact position for the new item.

hwndItem構造体のメンバーが COMPAREITEMSTRUCT CListBoxオブジェクトまたはCComboBoxオブジェクトに属している場合は、 CompareItem 適切なクラスの仮想関数が呼び出されます。If the hwndItem member of the COMPAREITEMSTRUCT structure belongs to a CListBox or CComboBox object, then the CompareItem virtual function of the appropriate class is called. CComboBox::CompareItem CListBox::CompareItem 派生クラスまたはクラスでまたはをオーバーライドして CListBox<