シリアル化 : オブジェクトのシリアル化Serialization: Serializing an Object

シリアル化: シリアル化可能なクラスの作成」では、クラスをシリアル化可能にする方法を示しています。The article Serialization: Making a Serializable Class shows how to make a class serializable. Serializable クラスを作成すると、そのクラスのオブジェクトを、 CArchive オブジェクトを介して、ファイルとの間でシリアル化できます。Once you have a serializable class, you can serialize objects of that class to and from a file via a CArchive object. この記事では、以下の内容について説明しています。This article explains:

フレームワークでは、シリアル化可能なドキュメントのアーカイブを作成することも、明示的にオブジェクトを作成することもでき CArchive ます。You can let the framework create the archive for your serializable document or explicitly create the CArchive object yourself. < and >またはの <> 演算子を使用する CArchive か、場合によっては Serialize 派生クラスの関数を呼び出すことによって、ファイルとシリアル化可能なオブジェクトとの間でデータを転送でき CObject ます。You can transfer data between a file and your serializable object by using the << and >> operators for CArchive or, in some cases, by calling the Serialize function of a CObject-derived class.

関連項目See also

シリアル化Serialization