#error ディレクティブ (C/C++)#error directive (C/C++)

#Errorディレクティブは、コンパイル時にユーザー指定のエラーメッセージを出力し、コンパイルを終了します。The #error directive emits a user-specified error message at compile time, and then terminates the compilation.

構文Syntax

#error トークン-文字列#error token-string

RemarksRemarks

このディレクティブによって出力されるエラーメッセージには、トークン文字列パラメーターが含まれます。The error message that this directive emits includes the token-string parameter. トークン文字列パラメーターは、マクロの展開の対象になりません。The token-string parameter is not subject to macro expansion. このディレクティブは、プリプロセス中、プログラムの不整合を開発者に通知する場合、または制約違反を発生させる場合に最も役立ちます。This directive is most useful during preprocessing, to notify the developer of a program inconsistency, or the violation of a constraint. 次の例は、プリプロセス中のエラーの処理を示しています。The following example demonstrates error processing during preprocessing:

#if !defined(__cplusplus)
#error C++ compiler required.
#endif

関連項目See also

プリプロセッサディレクティブPreprocessor directives