extreme_value_distribution クラス

極値分布を生成します。

構文

template<class RealType = double>
class extreme_value_distribution
   {
public:
   // types
   typedef RealType result_type;
   struct param_type;

   // constructor and reset functions
   explicit extreme_value_distribution(result_type a = 0.0, result_type b = 1.0);
   explicit extreme_value_distribution(const param_type& parm);
   void reset();

   // generating functions
   template <class URNG>
   result_type operator()(URNG& gen);
   template <class URNG>
   result_type operator()(URNG& gen, const param_type& parm);

   // property functions
   result_type a() const;
   result_type b() const;
   param_type param() const;
   void param(const param_type& parm);
   result_type min() const;
   result_type max() const;
   };

パラメーター

RealType
浮動小数点の結果の型は、既定では double です。 使用できる型については、「random 」を 参照してください >。

URNG
乱数ジェネレーター エンジン。 使用できる型については、「random 」を 参照してください >。

注釈

クラス テンプレートは、ユーザー指定の浮動小数点型の値を生成する分布、または指定されていない場合は、極値分布に従って分布する型を double 記述します。 次の表は、個々のメンバーに関する記事にリンクしています。

extreme_value_distribution
param_type

プロパティ関数 a()b() はそれぞれ、格納されている分布パラメーター ab の値を返します。

ディストリビューション クラスとそのメンバーの詳細については、「random 」を 参照してください >。

極値分布の詳細については、Wolfram MathWorld の記事「極値分布」を参照してください。

// compile with: /EHsc /W4
#include <random>
#include <iostream>
#include <iomanip>
#include <string>
#include <map>

void test(const double a, const double b, const int s) {

    // uncomment to use a non-deterministic generator
    //    std::random_device gen;

    std::mt19937 gen(1701);

    std::extreme_value_distribution<> distr(a, b);

    std::cout << std::endl;
    std::cout << "min() == " << distr.min() << std::endl;
    std::cout << "max() == " << distr.max() << std::endl;
    std::cout << "a() == " << std::fixed << std::setw(11) << std::setprecision(10) << distr.a() << std::endl;
    std::cout << "b() == " << std::fixed << std::setw(11) << std::setprecision(10) << distr.b() << std::endl;

    // generate the distribution as a histogram
    std::map<double, int> histogram;
    for (int i = 0; i < s; ++i) {
        ++histogram[distr(gen)];
    }

    // print results
    std::cout << "Distribution for " << s << " samples:" << std::endl;
    int counter = 0;
    for (const auto& elem : histogram) {
        std::cout << std::fixed << std::setw(11) << ++counter << ": "
            << std::setw(14) << std::setprecision(10) << elem.first << std::endl;
    }
    std::cout << std::endl;
}

int main()
{
    double a_dist = 0.0;
    double b_dist = 1;

    int samples = 10;

    std::cout << "Use CTRL-Z to bypass data entry and run using default values." << std::endl;
    std::cout << "Enter a floating point value for the \'a\' distribution parameter: ";
    std::cin >> a_dist;
    std::cout << "Enter a floating point value for the \'b\' distribution parameter (must be greater than zero): ";
    std::cin >> b_dist;
    std::cout << "Enter an integer value for the sample count: ";
    std::cin >> samples;

    test(a_dist, b_dist, samples);
}
Use CTRL-Z to bypass data entry and run using default values.
Enter a floating point value for the 'a' distribution parameter: 0
Enter a floating point value for the 'b' distribution parameter (must be greater than zero): 1
Enter an integer value for the sample count: 10

min() == -1.79769e+308
max() == 1.79769e+308
a() == 0.0000000000
b() == 1.0000000000
Distribution for 10 samples:
    1: -0.8813940331
    2: -0.7698972281
    3: 0.2951258007
    4: 0.3110450734
    5: 0.4210546820
    6: 0.4210688771
    7: 0.4598857960
    8: 1.3155194200
    9: 1.5379170046
    10: 2.0568757061

必要条件

ヘッダー:ランダム>

名前空間: std

extreme_value_distribution::extreme_value_distribution

分布を作成します。

explicit extreme_value_distribution(result_type a_value = 0.0, result_type b_value = 1.0);
explicit extreme_value_distribution(const param_type& parm);

パラメーター

a_value
a 分布パラメーター。

b_value
b 分布パラメーター。

parm
分布の作成に使用される param_type の構造体。

注釈

前提 条件:

1 つ目のコンストラクターは、格納されている値 ab にそれぞれ ab の値を保持するオブジェクトを作成します。

2 つ目のコンストラクターは、格納されているパラメーターが parm から初期化されるオブジェクトを作成します。 param() メンバー関数を呼び出すと、既存の分布の現在のパラメーターを取得および設定できます。

extreme_value_distribution::param_type

分布のパラメーターを格納します。

struct param_type {
   typedef extreme_value_distribution<result_type> distribution_type;
   param_type(result_type a_value = 0.0, result_type b_value = 1.0);
   result_type a() const;
   result_type b() const;

   bool operator==(const param_type& right) const;
   bool operator!=(const param_type& right) const;
   };

パラメーター

a_value
a 分布パラメーター。

b_value
b 分布パラメーター。

right
このオブジェクトと比較する param_type オブジェクト。

注釈

前提 条件:

この構造体は、インスタンス化時に分布のクラス コンストラクターに渡したり、param() メンバー関数に渡して、既存の分布の格納されているパラメーターを設定したり、operator() に渡して、格納されているパラメーターの代わりに使用したりすることができます。

関連項目

ランダム>