オンプレミス データ ゲートウェイとは

注意

最近、オンプレミスデータゲートウェイのドキュメントを変更しています。これらの内容は、Power BI と、ゲートウェイがサポートするすべてのサービスに適用される一般的なコンテンツに固有のコンテンツに分割されています。 現在、一般的なコンテンツを使用しています。 この記事について、またはゲートウェイのドキュメントの全体的なエクスペリエンスに関してフィードバックを提供するには、記事の一番下までスクロールしてください。

オンプレミスデータゲートウェイはブリッジとして機能します。 オンプレミスのデータ (クラウドにないデータ) と複数の Microsoft クラウドサービスとの間で、迅速かつ安全なデータ転送を提供します。 これらのサービスには、Power BI、PowerApps、Microsoft Flow、Azure Analysis Services、および Azure Logic Apps が含まれます。

ゲートウェイを使用することにより、組織はオンプレミスのネットワーク上にデータベースやその他のデータソースを保持しながら、クラウドサービスでオンプレミスのデータを安全に使用することができます。

ゲートウェイのしくみ

ゲートウェイの概要

ゲートウェイのしくみの詳細については、「オンプレミス データ ゲートウェイのアーキテクチャ」を参照してください。

ゲートウェイの種類

ゲートウェイには、それぞれ異なるシナリオ用に2種類あります。

  • オンプレミスデータゲートウェイ:複数のユーザーが複数のオンプレミスデータソースに接続できるようにします。 ゲートウェイを1つインストールすると、サポートされているすべてのサービスでオンプレミスデータゲートウェイを使用できます。 このゲートウェイは、複数のメンバーが複数のデータソースにアクセスする複雑なシナリオに適しています。

  • オンプレミスデータゲートウェイ (個人用モード) :1人のユーザーによるデータソースへの接続を許可し、他のユーザーと共有することはできません。 オンプレミスのデータ ゲートウェイ (個人用モード) は、Power BI でのみ使用できます。 このゲートウェイは、レポートを作成するユーザーが1人だけで、データソースを他のユーザーと共有する必要がないシナリオに適しています。

ゲートウェイの使用

ゲートウェイを使用するための 4 つの主要な手順があります。

  1. ゲートウェイをダウンロードして、ローカル コンピューターにインストールします
  2. ご利用のファイアウォールやその他のネットワーク要件に基づいてゲートウェイを構成します。
  3. 他のネットワーク要件も管理および操作できるゲートウェイ管理者を追加します。
  4. エラーが発生した場合にゲートウェイのトラブルシューティングを行います。

考慮事項

  • Logic Apps、PowerApps、Microsoft Flow では、挿入や更新など、ゲートウェイを介した書き込み操作をサポートしています。 これらの書き込み操作は、2 MB のペイロードに制限されます。
  • インストールに関する考慮事項については、「関連する考慮事項」を参照してください。

次の手順