Internet Explorer (IE) モードとは

注意

Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションは廃止され、2022 年 6 月 15 日にサポートが終了します (スコープ内の一覧については、FAQ を参照してください)。 現在使用しているものと同じ IE11 アプリとサイトを、Internet Explorer モードの Microsoft Edge で開くことができます。 こちらをご覧ください

既存の Web サイトとの下位互換性のために Internet Explorer 11 が必要であるが、最新のブラウザーも必要な組織向けに、Microsoft Edge で Internet Explorer (IE) モードを作成しました。 この機能により、組織は 1 つのブラウザーを、従来の Web/アプリまたは最新の Web/アプリに簡単に使用できます。 この記事では、IE モードで Microsoft Edge を使用する方法を紹介します。

注意

この記事は Microsoft Edge バージョン 77 以降に適用されます。

IE モードとは

Microsoft Edge で IE モードを利用すると、組織が必要とするすべてのサイトを 1 つのブラウザーで簡単に使用できます。 これは、最新のサイトには、組み込まれている Chromium エンジンを使用し、従来のサイトには、Internet Explorer 11 (IE11) から Trident MSHTML エンジンを使用します。

サイトが IE モードで読み込まれると、IE ロゴ インジケーターがナビゲーション バーの左側に表示されます。 IE ロゴ インジケーターをクリックすると、以下のように詳細情報を表示できます。

IE ロゴ インジケーター

(ポリシー経由で) 個別に構成したサイトのみが IE モードを使用し、他のすべてのサイトは、最新の Web サイトとして表示されます。 サイトで IE モードを使用するには、次のいずれかを行う必要があります。

  • 以下のいずれかのポリシーで定義されているエンタープライズ モード サイト リスト XML で、サイトをリストします。
    • Microsoft Edge 78 以降: "エンタープライズ モード サイト一覧を構成する"
    • Internet Explorer: "エンタープライズ モードの IE Web サイト一覧を使う"

    注意

    1 つのエンタープライズ モード サイト リストのみが処理されます。 Microsoft Edge のサイト リストのポリシーは、Internet Explorer のサイト リストのポリシーよりも優先されます。

  •        **[すべてのイントラネット サイトを Internet Explorer に送る]** グループ ポリシーを構成し、**[有効]** (Microsoft Edge 77 以降) に設定します。
    

IE モードでサポートされる Internet Explorer 機能

  • すべてのドキュメント モードとエンタープライズ モード
  • ActiveX コントロール (Java、Silverlight など)。 : Silverlight は 2021 年 10 月 12 日にサポート終了に達します。
  • ブラウザー ヘルパー オブジェクト
  • セキュリティ ゾーンの設定と保護モードに影響する Internet Explorer の設定とグループ ポリシー
  •        [IEChooser](/deployedge/edge-ie-mode-faq#how-can-i-debug-my-legacy-application-while-using-ie-mode-on-microsoft-edge-) で起動した場合の IE 用 F12 開発者ツール
    
  • Microsoft Edge の拡張機能 (IE ページのコンテンツを直接操作する拡張機能はサポートされていません)

IE モードでサポートされない Internet Explorer 機能

  • Internet Explorer のツール バー
  • ナビゲーション メニューを制御する Internet Explorer の設定とグループ ポリシー。
  • IE11 または Microsoft Edge の F12 開発者ツール

前提条件

Microsoft Edge を IE モードで使用する場合は、次の前提条件が適用されます。

重要

正常に完了するには、Windows と Microsoft Edge の最新の更新プログラムをインストールしてください。 これを行わないと、IE モードが失敗する可能性があります。

  1. 次の表に示すオペレーティング システムの最小システム更新プログラム。
オペレーティング システム バージョン 更新プログラム
Windows 10 1909 以降
Windows 10 1903
KB4501375 以降
Windows Server 1903
KB4501375 以降
Windows 10 1809
KB4501371 以降
Windows Server 1809
KB4501371 以降
Windows Server 2019
KB4501371 以降
Windows 10 1803
KB4512509 以降
Windows 10 1709
KB4512494 以降
Windows 10 1607
KB4516061 以降
Windows Server 2016
KB4516061 以降
Windows 10 初期バージョン、2015 年 7 月
KB4520011 以降
Windows 8 8.1
KB4507463 以降、または KB4511872 以降
Windows Server 2012 R2
KB4507463 以降、または KB4511872 以降
Windows 8 内蔵型 Internet Explorer 11 にアップグレードするには KB4492872 をインストールして、KB4507447 以降または KB4511872 以降をインストールする
Windows Server 2012 Internet Explorer 11 にアップグレードするには KB4492872 をインストールして、KB4507447 以降または KB4511872 以降をインストールする
Windows 7 SP1**
KB4507437 以降、または KB4511872 以降
Windows Server 2008 R2**
KB4507437 以降、または KB4511872 以降

重要

** Windows 7 および Windows Server 2008 R2 は、これらのオペレーティング システムのサポートが終了した後でも、Microsoft Edge でサポートされます。 これらのオペレーティング システムで IE モードをサポートするには、デバイスに Windows 7 の拡張セキュリティ更新プログラムが必要になります。 保護された状態を維持するには、サポートされているオペレーティング システムにできるだけ早くアップグレードすることをお勧めします。 拡張セキュリティ更新プログラムによる Microsoft Edge のサポートは、、OS がサポートされた状態に移行するための暫定措置と見なす必要があります。

  1. Microsoft Edge 管理用テンプレート。 詳しくは、「Microsoft Edge を構成する」をご覧ください。
  2. Windows の機能で Internet Explorer 11 が有効になっていること。

関連項目