Internet Explorer (IE) モードのクラウド サイト リスト管理

この記事では、Microsoft 365 管理センターを通じて Internet Explorer (IE) モードのクラウド サイト リスト管理を構成および使用する方法について説明します。

注意

このユーザー エクスペリエンスは現在、世界中のクラウド インスタンスでのみ使用できます。

概要

ワークフローとアプリケーションを IE11 から IE モードに移行すると、クラウド サイト リスト管理を使用して、クラウドで IE モードのサイト リストを管理できます。 Microsoft 365 管理センターMicrosoft Edge サイト リスト エクスペリエンスを使用して、サイト リストを操作できます。

詳細については、次のビデオをご覧ください。

IE モードの新しいクラウド サイト リスト管理

このエクスペリエンスを使用すると、サイト リストをホストするためのオンプレミス インフラストラクチャを必要とせずに、組織のサイト リストを準拠したクラウドの場所に保存できます。 Microsoft 365 管理センターを通じて、サイト リストを作成、インポート、エクスポートし、サイト リスト エントリへの変更を監査できます。 複数のサイト リストをクラウドに公開し、グループ ポリシーを使用して、デバイスのさまざまなグループにさまざまなリストを使用するように割り当てることができます。

前提条件

この機能には、次の前提条件が適用されます。

  1. お客様には、Azure AD テナントが必要です。
  2. 管理者は、Microsoft Edge バージョン 93 以降をインストールし、最新バージョンのポリシー ファイルを保有する必要があります。
  3. 管理者は、Microsoft Edge サイト リスト エクスペリエンスにアクセスするために、テナントの Edge 管理者またはグローバル管理者である必要があります。

クラウド サイト リスト管理のエクスペリエンス

クラウド サイト リスト管理エクスペリエンスには、次の 4 つの側面があります。

  • エンタープライズ サイトのリストをクラウドに公開しています。
  • クラウド サイトのリストを Microsoft Edge に関連付けています。
  • Microsoft 365 管理センターでサイト リストのコンテンツを管理します。
  • Microsoft 365 管理センターでサイトのフィードバックを表示しています。

エンタープライズ サイト リストをクラウドに公開する

管理者は、テナント内の Microsoft Edge クライアントが IE モード エクスペリエンスのためにダウンロードできる認証済みエンドポイントに 1 つ以上のサイト リストを公開できます。 管理者は、既存のエンタープライズ サイト リスト XML を Microsoft 365 管理センターの Microsoft Edge サイト リスト エクスペリエンスにインポートして、クラウドの場所に公開できます。

クラウドでホストされているサイト リストを Microsoft Edge に関連付ける

Microsoft Edge バージョン 93 では、管理者は InternetExplorerIntegrationCloudSiteList 設定を使用して、Microsoft Edge が IE モードで使用できる、クラウドでホストされているサイト リストの 1 つを構成できます。 クライアントがクラウドからサイト リストを利用するには、ユーザーは Microsoft Edge にサインインする必要があります。

重要

このポリシーを構成すると、元の InternetExplorerIntegrationSiteList ポリシーが上書きされます。

Microsoft 365 管理センターでサイト リストのコンテンツを管理する

管理者は、新しいリストを作成するか、既存のサイト リストを Microsoft Edge サイト リスト エクスペリエンスにインポートできます。 サイト リストのコンテンツを追加、編集、削除し、コメント履歴を表示して、個々のエントリへの変更を追跡できます。 次のセクションでは、パブリック プレビューにオプトインして、Microsoft 365 管理センターで Microsoft Edge サイト リスト エクスペリエンスにアクセスする方法について説明します。

Microsoft 365 管理センターでサイトのフィードバックを表示する

Microsoft Edge バージョン 99 では、管理者は InternetExplorerIntegrationCloudUserSitesReportingInternetExplorerIntegrationCloudNeutralSitesReporting ポリシーを使用して、サイト リストとサイト フィードバックのギャップを特定できます。 ユーザーがローカル サイト リストに追加したサイト、および誤って構成された可能性があるニュートラル サイトを表示できます。

エンタープライズ サイト リストをクラウドに公開する

次の手順をガイドとして使用して、サイト リストを作成し、サイト リストをインポートし、サイト リストを公開します。 これらの手順を完了する前に、Microsoft 365 管理センターにサインインします。

  1. 管理者の資格情報を使用して Microsoft 365 管理センターにサインインします。

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、[設定] > [組織の設定] を選択します。

  3. Microsoft Edge サイト リスト オプションが表示されます。

    注意

    すべての実稼働インスタンスにロールアウトしているときに [組織の設定] ページにこのオプションが表示されない場合は、[対象指定リリース] にオプトインする必要があります。 [Microsoft Edge サイト リスト] オプションが表示されない場合は、次の FAQ を参照してください: Microsoft 365 管理センターの [組織の設定] ページに [Microsoft Edge サイト リスト] オプションが表示されません。なぜですか?

サイト リストを作成する手順

  1. [組織の設定] ページで、[Microsoft Edge サイト リスト] を選択します
  2. 表示されたページで、[新しいリストの作成] を選択します。
  3. [サイト リスト名][説明] を入力し、[作成] を選択します。
  4. 確認が得られたら、[パネルを閉じる] を選択します。

サイト リストをインポートする手順

  1. 使用するサイト リストを選択します。
  2. 表示されたページで、[リストのインポート] を選択します。
  3. 右側のパネルで、[参照] を選択します。
  4. インポートするファイルを選択し、パネルの下部にある [アップロード] を選択します。
  5. アップロードされたファイルの URL をざっと見ることができます。 別のファイルを選択する場合は、パネルの上部にある [別のファイルをアップロード] を選択できます。 すべてが正しいように見える場合は、パネルの下部にある [追加] を選択します。
  6. リストをインポートしたら、[パネルを閉じる] を選択します。

サイト リストを公開する手順

  1. サイト リストを公開するには、レベルを [Microsoft Edge サイト リスト] ページに戻します。 レベルを上げるには、サイト リスト名の上にある階層リンクを選択します。
  2. [Microsoft Edge サイト リスト] ページで、クラウドに公開するサイト リストを選択し、[サイト リストの公開] を選択します。
  3. 右側のパネルで、[バージョン番号] を更新し、パネルの下部にある [公開] を選択します。
  4. 確認後、[パネルを閉じる] を選択します。
  5. [公開済みの状態] 列、[最終公開日]、および [最終公開者] がすべて更新されます。

クラウドでホストされているサイト リストを Microsoft Edge に関連付ける

次の手順を使用して、クラウドでホストされているサイト リストを Microsoft Edge に関連付けます。

  1. 公開されたサイト リストを使用するようにデバイスを構成するには、デバイスに割り当てるサイト リストを選択します。
  2. 表示されたページで、サイト リスト ID をコピーします。
  3. 選択したデバイス グループについて、[有効] を選択し、[エンタープライズ モード クラウド サイト リストの構成] ポリシーにサイト リスト ID を入力します。
  4. コマンド プロンプトから gpupdate/force を実行して、デバイスをポリシーで更新するか、グループ ポリシーが有効になるのを待つことができます。 ポリシーが更新されたら、edge://compat/enterprise にアクセスして、Microsoft Edge がクラウド サイト リストを読み取っていることを確認できます。 Microsoft Edge にサインインする必要があります。

注意

初めてサイト リストを公開し、グループ ポリシーを更新した後、Microsoft Edge を再起動する必要があります。 60 秒待つか、edge://compat/enterprise[強制更新] ボタンを選択します。 すでに関連付けられているサイト リストに更新プログラムを公開する場合、キャッシュに以前のバージョンのサイト リストが存在する可能性があります。 このエントリは 60 秒後に更新されます。 詳細については、「ユーザーが Microsoft Edge からログアウトするとどうなりますか?」を参照してください。

Microsoft 365 管理センターでサイト リストのコンテンツを管理する

サイト リストのコンテンツの追加、編集、削除、コメント履歴の表示を行って、サイトと共有 Cookie の個々のエントリに対する変更を追跡することができます。

サイト リストをオンプレミスでホストする必要があるハイブリッド シナリオがある場合は、Microsoft 365 管理センターからサイト リストをエクスポートできます。 サイト リストのコンテンツを管理するためのガイドとして、次の手順を使用します。

サイト リストにサイトを追加する

個々のサイトを任意のサイト リストに追加できます。 リストにサイトを追加した後、[検索] ボックスの横にある [フィルター] ボタンを使用しながら事前定義されたフィルターを使用すると、リストの更新を表示できます。

  1. サイトを追加するサイト リストに移動します。

  2. [言語の追加] を選択します。

  3. サイト アドレスを入力し、サイトを開くために使用するエンジンを選択します。 必要に応じてコメントを追加してから、[保存] を選択します。

    注意

    公開済みサイト リストに追加されたエントリの [状態] 列には、[追加保留中] と表示されます。 画面上部の [Microsoft Edge サイト リスト] を選択してサイト リストのリストに移動すると、[公開済みの状態] 列に [変更の保留中の公開] と表示され、サイト リストの最新の更新をユーザーがそれらを受け取る順番に公開する必要があることが示されます。 [検索] ボックスの横にある [フィルター] ボタンを使用して、[保留中の追加] を選択すると、公開が保留されているすべての追加エントリを表示できます。

サイト リストからサイトを削除する

次の手順を使用して、サイト エントリを削除します。

  1. サイト リストから削除するサイト エントリを選択します。 [サイトの削除] を選択します。

  2. ダイアログ ポップアップで [削除] を選択します。

  3. サイト エントリが削除されたことの確認が表示された後、サイト リストがクラウドの場所に公開されるまでリストに残ります。 [フィルター] ボタンを選択し、[削除保留中] 状態のサイトをフィルター処理することで、公開する前に削除されたサイトのリストを表示できます。

    注意

    公開済みサイト リストから削除されたエントリの [状態] 列には、[削除保留中] と表示されます。 画面上部の [Microsoft Edge サイト リスト] を選択してサイト リストのリストに移動すると、[公開済みの状態] 列に [変更の保留中の公開] と表示され、サイト リストの最新の更新をユーザーがそれらを受け取る順番に公開する必要があることが示されます。 [検索] ボックスの横にある [フィルター] ボタンを使用して、[保留中の削除] を選択すると、公開が保留されているすべての削除エントリを表示できます。

サイト エントリの変更履歴を表示する

サイト エントリの変更履歴を表示するには:

  • 変更履歴を表示するサイト エントリを選択し、[履歴の表示] を選択します。

サイトを他のサイト リストにコピーする

次の手順を使用して、サイト エントリをサイト リストから 1 つ以上のサイト リストにコピーします。

  1. 別のリストにコピーするサイト エントリを選択します。 [その他のリストにコピー] を選択します。

  2. ドロップダウン リストから、コピー先の 1 つ以上のサイト リストを選択します。

  3. ウィンドウの下部にある [サイトのコピー] を選択します。

  4. サイト エントリがコピーされたことを確認すると、コピー元のサイト リストに残ります。 コピー先のサイト リストにも表示されます。

    注意

    公開済みサイト リストにコピーされたエントリの [状態] 列には、[追加の保留中] と表示されます。 画面上部の [Microsoft Edge サイト リスト] を選択してサイト リストのリストに移動すると、[公開済みの状態] 列に [変更の保留中の公開] と表示され、サイト リストの最新の更新をユーザーがそれらを受け取る順番に公開する必要があることが示されます。 [検索] ボックスの横にある [フィルター] ボタンを使用して、[保留中の追加] を選択すると、公開が保留されているすべての追加エントリを表示できます。

個々の共有 Cookie を任意のサイト リストに追加できます。 リストに共有 Cookie を追加した後、[検索] ボックスの横にある [フィルター] ボタンを使用しながら事前定義されたフィルターを使用して、リストの更新を表示できます。

  1. 共有 Cookie を追加するサイト リストに移動します。
  2. [共有 Cookie の追加] を選択します。
  3. ドメインと Cookie の名称を入力します。 必要に応じてコメントを追加してから、[保存] を選択します。

注意

公開済みサイト リストに追加されたエントリの [状態] 列には、[追加保留中] と表示されます。 画面上部の [Microsoft Edge サイト リスト] を選択してサイト リストのリストに移動すると、[公開済みの状態] 列に [変更の保留中の公開] と表示され、サイト リストの最新の更新を公開してユーザーが受け取ることができるようにする必要があることが示されます。 [検索] ボックスの横にある [フィルター] ボタンを使用して、[保留中の追加] を選択すると、公開が保留されているすべての追加エントリを表示できます。

次の手順に従って、共有 Cookie エントリを削除します。

  1. サイト リストから削除するエントリを選択します。 [共有 Cookie の削除] を選択します。
  2. ダイアログ ポップアップで [削除] を選択します。
  3. エントリが削除されたことの確認が表示された後、サイト リストがクラウドの場所に公開されるまでリストに残ります。 [フィルター] ボタンを選択し、[削除の保留中] 状態の Cookie をフィルター処理すると、公開する前に削除された共有 Cookie のリストを表示できます。

注意

公開済みサイト リストから削除されたエントリの [状態] 列には、[削除保留中] と表示されます。 画面上部の [Microsoft Edge サイト リスト] を選択してサイト リストのリストに移動すると、[公開済みの状態] 列に [変更の保留中の公開] と表示され、サイト リストの最新の更新を公開してユーザーが受け取ることができるようにする必要があることが示されます。 [検索] ボックスの横にある [フィルター] ボタンを使用して、[保留中の削除] を選択すると、公開が保留されているすべての削除エントリを表示できます。

共有 Cookie の変更履歴を表示する

共有 Cookie の変更履歴を表示するには、以下を行います。

  • 変更履歴を表示するエントリを選択し、[履歴の表示] を選択します。

次の手順を使用して、任意のサイト リストから 1 つ以上のサイト リストに共有 Cookie のエントリをコピーします。

  1. 別のリストにコピーするエントリを選択します。 [その他のリストにコピー] を選択します。
  2. ドロップダウン リストから、コピー先の 1 つ以上のサイト リストを選択します。
  3. ウィンドウの下部にある [Cookie のコピー] を選択します。
  4. サイト エントリがコピーされたことを確認すると、コピー元のサイト リストに残ります。 コピー先のサイト リストにも表示されます。

注意

公開済みサイト リストにコピーされたエントリの [状態] 列には、[追加の保留中] と表示されます。 画面上部の [Microsoft Edge サイト リスト] を選択してサイト リストのリストに移動すると、[公開済みの状態] 列に [変更の保留中の公開] と表示され、サイト リストの最新の更新をユーザーがそれらを受け取る順番に公開する必要があることが示されます。 [検索] ボックスの横にある [フィルター] ボタンを使用して、[保留中の追加] を選択すると、公開が保留されているすべての追加エントリを表示できます。

サイト リストをエクスポートする

サイト リストをエクスポートするシナリオがあります。 たとえば、サイト リストをすぐにクラウドに移動できない場合や、クラウドとオンプレミスにサイト リストがあるハイブリッド環境を維持する必要がある場合です。 クラウド サイト リスト管理エクスペリエンスを使用して、中央の場所にあるサイト リストの更新を管理し、サイト リストをオンプレミス ホストにエクスポートできます。

サイト リストをエクスポートするには、以下を行います。

  1. [Microsoft Edge サイト リスト] ページで、エクスポートするサイト リストを選択します。
  2. [リストのエクスポート] を選択して、サイト リストの XML ファイルをダウンロードする

Microsoft 365 管理センターでサイトのフィードバックを表示する

[サイトのフィードバック] タブには、ユーザーがローカル IE モード サイトのリストに追加しているサイトと、Microsoft Edge によって報告された、誤って構成された可能性があるニュートラル サイトが表示されます。 サイト アドレス、このサイトを追加しているユーザーの数、および発行されたクラウドホスト型サイトのリストが表示されます。 個々のエントリを既存のサイトリストに追加したり、一時停止したり、フィードバックを削除したりすることで、個々のエントリを操作できます。 変更履歴とコメントを表示することもできます。

注意

この機能は現在、世界中のクラウド インスタンスでのみ利用できます。

サイト リストにサイトを追加する

サイト フィードバックから 1 つまたは複数のサイト リストにサイトを追加するには、次の手順に従います。

  1. 追加するエントリを選択します。 [サイト リストに追加] を選択します。

  2. ドロップダウンから追加する 1 つ以上のサイト リストを選択します。 サイトを開くために使用するエンジンを選択し、必要に応じてコメントを追加します。

  3. ウィンドウの下部にある [サイトの追加] を選択します。

    注意

    このエントリの状態は追加済みだったため、解決済みに更新されます。 選択したサイトのリストにこのサイトが表示されます。

サイトで受信フィードバックを一時停止する

フィードバックを一時停止することで、保留中のエントリに対する操作を延期できます。 フィードバックは、30 日間または無期限に一時停止できます。 次の手順を使用して、受信フィードバックを一時停止します。

  1. フィードバックを一時停止するエントリを選択します。 [フィードバックの一時停止] を選択します。

  2. 必要に応じてコメントを追加し、フィードバックを一時停止する期間を選択します。

  3. パネルの下部にある [一時停止] を選択します。

    注意

    このエントリの状態は一時停止済みだったため、解決済みに更新されます。 30 日間一時停止した場合、受信フィードバックがある場合は 30 日後に、エントリの状態が保留中に更新され、操作できるようになります。

サイトのフィードバックを削除する

フィードバック エントリを削除するには、次の手順に従います。

  1. 削除するエントリを選択します。 [フィードバックの削除] を選択します。

  2. ポップアップ ダイアログで [削除] を選択します。

    注意

    エントリを削除した場合、ユーザーが引き続きローカル サイト リストにサイトを追加したり、Microsoft Edge がそのサイトを誤って構成された可能性のあるニュートラル サイトとして検出したりした場合は、受信フィードバックとして今後再表示される可能性があります。

サイト フィードバック エントリの変更履歴を表示する

変更履歴を表示するには:

  • 変更履歴を表示するエントリを選択し、サイド パネルで [フィードバック履歴] を選択します。

FAQ

Microsoft 365 管理センターの [組織の設定] ページに [Microsoft Edge サイト リスト] オプションが表示されません。 なぜですか?

このエクスペリエンスは、12 月中旬までにロールアウトが完了すると利用できるようになります。 エクスペリエンスのロールアウト中は、Microsoft 365 管理センターでこのエクスペリエンスを表示するためにオプトインする必要があります。 オプトインするには、Microsoft 365 のグローバル管理者である必要があります。

次の手順を使用してオプトインできます。

  1. Microsoft 365 管理センターにサインインしてから、 [設定] > [組織の設定] に移動します。  [組織プロファイル]  タブで、 [リリース設定] を選択します。
  2. 対象指定リリースを無効にするには、 [標準リリース] を選択し、 [変更の保存] を選択します。
  3. 組織内のすべてのユーザーに対して対象指定リリースを有効にするには、 [すべてのユーザーに対象指定リリース] を選択し、 [変更の保存] を選択します。
  4. 組織内の一部のユーザーに対して対象指定リリースを有効にするには、 [選択したユーザーに対象指定リリース] を選択し、 [変更の保存] を選択します。
  5. [ユーザーの選択]  を選択してユーザーを 1 人ずつ追加するか、 [ユーザーのアップロード]  を選択してユーザーを一括で追加します。
  6. ユーザーの追加が終了したら、 [変更の保存] を選択します。

詳細については、「標準または対象指定リリース オプションの設定 - Microsoft 365 管理者」を参照してください

「Microsoft Edge サイトリスト」を選択して新しいリストを作成しようとすると、「リクエストはステータス コード 500 で失敗しました」というエラーが表示されます。 なぜですか?

Microsoft Edge サイト リストは、Exchange Online、SharePoint Online、Teams、Azure Active Directory などのエンタープライズ クラウド サービスと共有されるサービス インフラストラクチャにデータと構成を保存します。 まれに、Microsoft Edge サイト リストがこのインフラストラクチャを使用する最初の機能である場合、プロビジョニングに時間がかかることがあります。 このような場合、Microsoft 365 管理センターからの最初の要求は失敗します。 要求が失敗すると、問題に対処するためにプロビジョニング システムにアラートが送信されます。 通常、プロビジョニングは 3 日で完了します。 したがって、このエラーが発生した場合は、数日後に再試行して、新しいリストを作成してください。 それでも新しいリストを作成できない場合、または緊急の支援が必要な場合は、Microsoft サポートに連絡してください。

Microsoft Edge にサインインしていないユーザーはサイト リストをダウンロードできますか?

いいえ。ユーザーはクラウドでホストされているサイト リストをダウンロードするために、ブラウザーにサインインする必要があります。 ユーザー エクスペリエンスの中断を防ぐために、暗黙的なサインインを許可するようにポリシーを構成できます。 詳細については、「ImplicitSignInEnabled」を参照してください。

サイト リストの内容が更新された後の既定の更新間隔はどれくらいですか?

サイト リストは、Microsoft Edge で 2 時間ごとに更新されます。 この間隔は、InternetExplorerIntegrationSiteListRefreshInterval ポリシーで変更できます。 最小更新間隔は 30 分です。

ユーザーが Microsoft Edge からログアウトするとどうなりますか?

サイト リストにアクセスするには、最初のダウンロード時にブラウザーで明示的にサインインする必要があります。 ユーザーがログイン後にログアウトするシナリオでは、サイト リストは Microsoft Edge にキャッシュされます。 ユーザーが Azure Active Directory (Azure AD) アカウントから Microsoft Edge でログアウトしても、リストはキャッシュされたままになります。 クラウド サイト リスト ポリシーが構成されている間、Microsoft Edge はクラウド以外のダウンロードの場所にフォールバックしようとしません。 Microsoft Edge は、次の時間にキャッシュされたサイト リストの更新を試みます (ユーザーが Microsoft Edge にサインインしていない場合、すべての試行が失敗することに注意してください):

  • ブラウザーを再起動してから 60 秒後。
  • Microsoft Edge の実行中は 2 時間ごと。 120 分の更新間隔は、InternetExplorerIntegrationSiteListRefreshInterval ポリシーを使用して変更できます。 最小更新間隔は 30 分です。

サポートとフィードバック

クラウド サイト リスト管理のエクスペリエンスのサポートは、既存の Microsoft プレミア サポート契約によってカバーされます。 問題やフィードバックを報告するには、Microsoft サポートに連絡してください。 TechCommunity フォーラムにフィードバックを残すこともできます。

関連項目