Microsoft Edge - 更新ポリシー

最新バージョンの Microsoft Edge には、Microsoft Edge をいつどのように更新するかを制御するために使用できる以下のポリシーが含まれています。

Microsoft Edge で使用できるその他のポリシーについて詳しくは、Microsoft Edge ブラウザー ポリシー リファレンスをご覧ください。

注意

この記事は、Microsoft Edge version 77 以降に適用されます。

使用可能なポリシー

次の表は、このリリースの Microsoft Edge で使用可能な、更新関連のすべてのグループ ポリシーのリストになります。 個々のポリシーに関する詳しい情報を取得するには、表内のリンクをお使いください。

アプリケーション

ポリシー名 キャプション
InstallDefault インストールの既定の動作を許可する
UpdateDefault 更新ポリシーのオーバーライドの既定値
Install インストールを許可する (チャネルごと)
Update 更新ポリシーのオーバーライド (チャネルごと)
Allowsxs Microsoft Edge でのブラウザーの同時実行エクスペリエンスを許可する
CreateDesktopShortcutDefault 既定値のインストール時にデスクトップへのショートカットの作成を禁止する
CreateDesktopShortcut インストール時にデスクトップへのショートカットの作成を禁止する (チャネル単位)
RollbackToTargetVersion ターゲットバージョンにロールバック (チャネル単位)
TargetVersionPrefix ターゲットバージョンの上書き (チャネルごと)
TargetChannel ターゲット チャネルのオーバーライド (チャネルごと)

基本設定

ポリシー名 キャプション
AutoUpdateCheckPeriodMinutes Microsoft AutoUpdate チェック期間のオーバーライド
UpdatesSuppressed Microsoft AutoUpdate チェックを抑制する 1 日ごとの時間帯

プロキシ サーバー

ポリシー名 キャプション
ProxyMode プロキシ サーバーの設定をどのように指定するかを選択する
ProxyPacUrl プロキシ .pac ファイルへの URL
ProxyServer プロキシ サーバーのアドレスまたは URL

Microsoft Edge の更新

ポリシー名 キャプション
UpdaterExperimentationAndConfigurationServiceControl 実験および構成サービスとのアップデーターの通信を制御する

Microsoft Edge WebView

ポリシー名 キャプション
Install インストールを許可する
更新 更新ポリシーのオーバーライド

アプリケーションに関するポリシー

ページのトップへ

InstallDefault

インストールの既定の動作を許可する

Microsoft Edge Update 1.2.145.5 以降

説明

すべてのチャネルに既定の動作を指定して、ドメインに参加しているデバイスで Microsoft Edge を許可またはブロックすることができます。

特定のチャネルの'インストールを許可する'ポリシーを有効にすることで、チャネルごとにポリシーを上書きできます。

このポリシーを無効にすると、Microsoft Edge のインストールがブロックされます。 これは、[インストールの許可] ポリシーが未構成に設定されている場合は、Microsoft Edge ソフトウェアのインストールにのみ影響します。

このポリシーによって、Microsoft Edge Update の実行は禁止されません。また、ユーザーが Microsoft Edge ソフトウェアを他の方法を使用してインストールすることも禁止されません。

このポリシーは、Microsoft® Active Directory®ドメインに参加している Windows インスタンスでのみ使用できます。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: InstallDefault
  • GP の名前: インストールの既定の動作を許可する
  • GP パス: 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • 値の名前: InstallDefault
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
0x00000001

ページのトップへ

UpdateDefault

更新ポリシーのオーバーライドの既定値

Microsoft Edge Update 1.2.145.5 以降

説明

Microsoft Edge で利用できる更新プログラムを Microsoft Edge Update で処理する方法について、すべてのチャネルを対象とした既定の動作を指定できます。 特定のチャネルに対して'更新ポリシーの上書き' ポリシーを指定することにより、個々のチャネルに対して上書きできます。

このポリシーを有効にした場合、Microsoft Edge Update では、以下のオプションの構成方法に従って Microsoft Edge の更新プログラムを処理します。

  • 常に更新を許可する: 定期的な更新チェックまたは手動更新チェックで検出された場合に、更新プログラムを必ず適用します。
  • 手動更新のみ: 更新プログラムは、ユーザーが実行した手動更新チェックで検出された場合にのみ適用されます。
  • 更新を無効にする: 更新プログラムは適用されません。

手動更新を選択した場合は、アプリの手動更新メカニズムを使用して、必ず定期的に更新プログラムをチェックしてください (手動更新メカニズムが利用できる場合)。 更新を無効にした場合は、定期的に更新プログラムをチェックして、ユーザーに配布してください。

このポリシーを有効にして構成しない場合、Microsoft Edge Update は、'更新ポリシーの上書き' ポリシーで指定された使用可能な更新を処理します。

このポリシーは、Microsoft® Active Directory®ドメインに参加している Windows インスタンスでのみ使用できます。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: UpdateDefault
  • GP の名前: 更新ポリシーのオーバーライドの既定値
  • GP パス: 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • 値の名前: UpdateDefault
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
0x00000003

ページのトップへ

Install

インストールを許可する

Microsoft Edge Update 1.2.145.5 以降

説明

ドメインに参加しているデバイスに Microsoft Edge チャネルをインストールできるかどうかを示します。

このポリシーをチャネルに対して有効にすると、Microsoft Edge はインストールのブロックをされなくなります。

チャネルに対してこのポリシーを無効にすると、Microsoft Edge はインストールされなくなります。

チャネルにこのポリシーを構成しない場合、「インストールの既定の動作を許可する」 ポリシー構成により、ユーザーがMicrosoft Edge のそのチャネルをインストールできるかどうかが決まります。

このポリシーは、Microsoft® Active Directory®ドメインに参加している Windows インスタンスでのみ使用できます。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: Install
  • GP の名前: インストールを許可する
  • GP パス:
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Beta
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Canary
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Dev
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • 値の名前:
    • (Stable): Install{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062}
    • (Beta): Install{2CD8A007-E189-409D-A2C8-9AF4EF3C72AA}
    • (Canary): Install{65C35B14-6C1D-4122-AC46-7148CC9D6497}
    • (Dev): Install{0D50BFEC-CD6A-4F9A-964C-C7416E3ACB10}
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
0x00000001

ページのトップへ

Update

更新ポリシーのオーバーライド

Microsoft Edge Update 1.2.145.5 以降

説明

Microsoft Edge で利用できる更新プログラムを Microsoft Edge Update でどのように処理するかを指定します。

このポリシーを有効にした場合、Microsoft Edge Update では、以下のオプションの構成方法に従って Microsoft Edge の更新プログラムを処理します。

  • 常に更新を許可する: 定期的な更新チェックまたは手動更新チェックで検出された場合に、更新プログラムを必ず適用します。
  • 手動更新のみ: 更新プログラムは、ユーザーが実行した手動更新チェックで検出された場合にのみ適用されます。 (アプリによっては、このオプション用のインターフェイスがない場合もあります。)
  • 更新を無効にする: 更新プログラムは適用されません。

手動更新を選択した場合は、アプリの手動更新メカニズムを使用して、必ず定期的に更新プログラムをチェックしてください (手動更新メカニズムが利用できる場合)。 更新を無効にした場合は、定期的に更新プログラムをチェックして、ユーザーに配布してください。

このポリシーを有効にせず、構成しない場合、Microsoft Edge Update は、「更新ポリシー上書きの既定値」 ポリシーで指定された使用可能な更新プログラムを処理します。

詳細については、「https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2136406」を参照してください。

このポリシーは、Microsoft® Active Directory®ドメインに参加している Windows インスタンスでのみ使用できます。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: Update
  • GP の名前: 更新ポリシーのオーバーライド
  • GP パス:
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Beta
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Canary
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Dev
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • 値の名前:
    • (Stable): Update{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062}
    • (Beta): Update{2CD8A007-E189-409D-A2C8-9AF4EF3C72AA}
    • (Canary): Update{65C35B14-6C1D-4122-AC46-7148CC9D6497}
    • (Dev): Update{0D50BFEC-CD6A-4F9A-964C-C7416E3ACB10}
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
0x00000001

ページのトップへ

Allowsxs

Microsoft Edge でのブラウザーの同時実行エクスペリエンスを許可する

Microsoft Edge Update 1.2.145.5 以降

説明

このポリシーを使用すると、ユーザーは Microsoft Edge (Edge HTML) と Microsoft Edge (Chromium ベース) を同時に実行できます。

このポリシーを "未構成" に設定した場合、Microsoft Edge (Chromium ベース) 安定チャネルと 2019 年 11 月のセキュリティ更新プログラムをインストールすると、Microsoft Edge (Edge HTML) が Microsoft Edge (Chromium ベース) に置き換わります。 これは、"無効" に設定した場合と同じ動作です。

"無効" に設定した場合、同時実行エクスペリエンスがブロックされ、Microsoft Edge (Chromium ベース) 安定チャネルと 2019 年 11 月のセキュリティ更新プログラムをインストールすると、Microsoft Edge (Edge HTML) が Microsoft Edge (Chromium ベース) に置き換わります。 これは、"未構成" に設定した場合と同じ動作です。

このポリシーを "有効" に設定した場合、Microsoft Edge (Chromium ベース) をインストールすると、Microsoft Edge (Chromium ベース) と Microsoft Edge (Edge HTML) を同時に実行できます。

このグループ ポリシーを有効するには、Windows Update による Microsoft Edge (Chromium ベース) の自動インストールが行われる前に、ポリシーを構成する必要があります。 注意: ユーザーは、Microsoft Edge (Chromium ベース) Blocker Toolkit を使用して、Microsoft Edge (Chromium ベース) の自動更新をブロックできます。

Windows 10 バージョン 20H2 以降では、Microsoft Edge 従来版および同時のブラウザー エクスペリエンスはサポートされていません。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: Allowsxs
  • GP の名前: Microsoft Edge でのブラウザーの同時実行エクスペリエンスを許可する
  • GP パス: 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • 値の名前: Allowsxs
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
0x00000001

ページのトップへ

CreateDesktopShortcutDefault

既定値のインストール時にデスクトップへのショートカットの作成を禁止する

Microsoft Edge Update 1.3.128.0 以降

説明

Microsoft Edge がインストールされている場合に、デスクトップにショートカットを作成するすべてのチャネルに対する既定の動作を指定できます。

このポリシーを有効にすると、Microsoft Edge がインストールされている場合、デスクトップにショートカットが作成されます。 このポリシーを無効にすると、Microsoft Edge インストールされていても、デスクトップにショートカットは作成されません。 このポリシーを構成していない場合は、インストール中に Microsoft Edge のデスクトップにショートカットが作成されます。 Microsoft Edge が既にインストールされている場合、このポリシーの効果はありません。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: CreateDesktopShortcutDefault
  • GP の名前: 既定値のインストール時にデスクトップへのショートカットの作成を禁止する
  • GP パス: 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • 値の名前: CreateDesktopShortcutDefault
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
0x00000001

ページのトップへ

CreateDesktopShortcut

インストール時にデスクトップへのショートカットの作成を禁止する

Microsoft Edge Update 1.3.128.0 以降

説明

このポリシーを有効にすると、Microsoft Edge がインストールされている場合、デスクトップにショートカットが作成されます。 このポリシーを無効にすると、Microsoft Edge インストールされていても、デスクトップにショートカットは作成されません。 このポリシーを構成していない場合は、インストール中に Microsoft Edge のデスクトップにショートカットが作成されます。 Microsoft Edge が既にインストールされている場合、このポリシーの効果はありません。

チャネルにこのポリシーを構成しない場合、「インストール時にデスクトップショートカットを作成しない」ポリシー構成により、Microsoft Edge のインストール時にショートカットの作成が決まります。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: CreateDesktopShortcut
  • GP の名前: インストール時にデスクトップへのショートカットの作成を禁止する
  • GP パス:
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Beta
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Canary
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Dev
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • キーの値:
    • (Stable): CreateDesktopShortcut{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062}
    • (Beta): CreateDesktopShortcut{2CD8A007-E189-409D-A2C8-9AF4EF3C72AA}
    • (Canary): CreateDesktopShortcut{65C35B14-6C1D-4122-AC46-7148CC9D6497}
    • (Dev): CreateDesktopShortcut{0D50BFEC-CD6A-4F9A-964C-C7416E3ACB10}
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
0x00000001

ページのトップへ

RollbackToTargetVersion

ターゲットバージョンにロールバックする

Microsoft Edge Update 1.3.133.3以降

説明

Microsoft Edge の更新プログラムで、Microsoft Edge のインストールを 'ターゲットバージョンの上書き' で指定されたバージョンにロールバックするように指定します。

このポリシーは、[ターゲットバージョンが上書きする]' が設定されていて、[更新ポリシーの上書き]' がオン状態のいずれかに設定されている場合を除き (常に更新プログラム、自動サイレント更新のみ、手動更新のみを許可します)何も影響がありません。

このポリシーを無効にした場合、または構成しなかった場合、'ターゲットバージョンの上書き' で指定されているバージョンよりも高いバージョンにするようなインストールは変化せずそのまま残ります。

このポリシーを有効にした場合、"ターゲットバージョンの上書き" によって指定されたよりも高いバージョンにするようなインストールは、ターゲットバージョンにダウングレードされます。

最新のセキュリティ更新プログラムによる保護機能を使用するには、Microsoft Edge ブラウザーの最新バージョンをインストールすることをお勧めします。 以前のバージョンにロールバックすると、既知のセキュリティ問題にさらされるリスクがあります。 このポリシーは、Microsoft Edge ブラウザーの更新プログラムの問題に対処するための一時的な修正プログラムとして使用されます。

ブラウザーのバージョンを一時的にロールバックする前に、組織内のすべてのユーザーの同期 (https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2133032) を有効にすることを強くお勧めします。 同期を有効にしない場合、閲覧データが永久に失われる危険性があります。 このポリシーは、自己の責任においてご使用ください。

注: ロールバック可能なすべてのバージョンは、ここにあります EdgeEnterprise

これは、Microsoft Edge バージョン 86以降に適用されます。

詳細については、「WIP のための Edge のサポート」を参照してください。

このポリシーは、Microsoft® Active Directory®ドメインに参加している Windows インスタンスでのみ使用できます。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: RollbackToTargetVersion
  • GP 名: ターゲットバージョンにロールバックする
  • GP パス:
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Beta
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Canary
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Dev
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • キーの値:
    • (Stable): RollbackToTargetVersion{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062}
    • (ベータ): RollbackToTargetVersion{2CD8A007-E189-409D-A2C8-9AF4EF3C72AA}
    • (カナリア): RollbackToTargetVersion{65C35B14-6C1D-4122-AC46-7148CC9D6497}
    • (Dev): RollbackToTargetVersion{0D50BFEC-CD6A-4F9A-964C-C7416E3ACB10}
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
0x00000001

ページのトップへ

TargetVersionPrefix

ターゲット バージョンの上書き

Microsoft Edge Update 1.3.119.43 以降

説明

このポリシーを有効にして自動更新を有効にすると、Microsoft Edge がこのポリシー値で指定されたバージョンに更新されます。

ポリシー値は、83.0.499.12 のような特定の Microsoft Edge バージョンである必要があります。

指定した値より新しいバージョンの Microsoft Edge がデバイスにある場合、Microsoft Edge は新しいバージョンのままとなり、指定されたバージョンにダウングレードされません。

指定したバージョンが存在しない場合、または正しく書式設定されていない場合は、Microsoft Edge は現在のバージョンにとどまり、将来のバージョンに自動的に更新されません。

詳細については、「https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2136707」を参照してください。

このポリシーは、Microsoft® Active Directory®ドメインに参加している Windows インスタンスでのみ使用できます。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: TargetVersionPrefix
  • GP の名前: ターゲット バージョンの上書き
  • GP パス:
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Beta
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Canary
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Dev
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • キーの値:
    • (Stable): TargetVersionPrefix{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062}
    • (Beta): TargetVersionPrefix{2CD8A007-E189-409D-A2C8-9AF4EF3C72AA}
    • (Canary): TargetVersionPrefix{65C35B14-6C1D-4122-AC46-7148CC9D6497}
    • (Dev): TargetVersionPrefix{0D50BFEC-CD6A-4F9A-964C-C7416E3ACB10}
  • 値の種類: REG_SZ
サンプル値:
83.0.499.12

ページのトップへ

TargetChannel

ターゲット チャネルの上書き

Microsoft Edge Update 1.3.147.1 以降

説明

Microsoft Edge を更新するチャネルを指定します。

このポリシーを有効にすると、次のオプションの構成方法に従って、Microsoft Edge がチャネルに更新されます。

  • 安定版: Microsoft Edge は最新の安定版に更新されます。
  • ベータ版: Microsoft Edge は最新のベータ版に更新されます。
  • 開発版: Microsoft Edge は最新の開発版に更新されます。
  • 拡張安定板: Microsoft Edge は最新の拡張安定版に更新されます。これは、安定版よりも長いリリース周期に従います。 詳細については、https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2163508 を参照してください。

このポリシーを構成しない場合、Microsoft Edge は既定のチャネルで利用可能な最新バージョンに更新されます。

このポリシーは、Microsoft® Active Directory®ドメインに参加している Windows インスタンスでのみ使用できます。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: TargetChannel
  • GP 名: ターゲット チャネルのオーバーライド
  • GP パス:
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Beta
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Canary
    • 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/アプリケーション/Microsoft Edge Dev
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • キーの値:
    • (Stable): TargetChannel{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062}
    • (Beta): TargetChannel{2CD8A007-E189-409D-A2C8-9AF4EF3C72AA}
    • (Canary): TargetChannel{65C35B14-6C1D-4122-AC46-7148CC9D6497}
    • (Dev): TargetChannel{0D50BFEC-CD6A-4F9A-964C-C7416E3ACB10}
  • 値の種類: REG_SZ
サンプル値:
dev

ページのトップへ

基本設定に関するポリシー

ページのトップへ

AutoUpdateCheckPeriodMinutes

自動更新チェック期間のオーバーライド

Microsoft Edge Update 1.2.145.5 以降

説明

自動更新チェックの間の最小分数。

このポリシーの値を 0 に設定すると、Microsoft Edge Update によりすべての定期的なネットワーク トラフィックが無効になります。 これにより、Microsoft Edge Update 自体が安定性とセキュリティ更新プログラムを受け取らないようになってしまうため、お勧めしません。

この設定を使用するのではなく、"更新ポリシーのオーバーライドの既定値" とアプリケーションごとの"ポリシーのオーバーライドの更新"設定を使用して、アプリケーションの更新を管理する必要があります。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: AutoUpdateCheckPeriodMinutes
  • GP の名前: 自動更新チェック期間のオーバーライド
  • GP パス: 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/基本設定
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • 値の名前: AutoUpdateCheckPeriodMinutes
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
0x00000578

ページのトップへ

UpdatesSuppressed

自動更新チェックを停止する 1 日あたりの時間帯

Microsoft Edge Update 1.3.33.5 以降

説明

このポリシーを有効にした場合、更新チェックは毎日指定の時刻 (時:分) に停止され、(分単位で) 更新チェックが行われなくなります。 この期間では夏時間が考慮されません。 たとえば、開始時間が 22:00、期間が 480 分の場合、その期間内で夏時間の開始や終了が発生しても、更新は正確に 8 時間停止されます。

このポリシーを無効にした場合または構成しなかった場合、更新チェックが一定期間停止されることはありません。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: UpdatesSuppressed
  • GP の名前: 自動更新チェックを停止する 1 日あたりの時間帯
    • オプション { Hour, Minute, Duration }
  • GP パス: 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/基本設定
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • 値の名前:
    • UpdatesSuppressedDurationMin
    • UpdatesSuppressedStartHour
    • UpdatesSuppressedStartMin
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
duration   : 0x0000003c
start hour : 0x00000001
start min  : 0x00000002

ページのトップへ

プロキシ サーバーに関するポリシー

ページのトップへ

ProxyMode

プロキシ サーバーの設定をどのように指定するかを選択する

Microsoft Edge Update 1.3.21.81 以降

説明

Microsoft Edge Update で使用されるプロキシ サーバーの設定を指定できます。

このポリシーを有効にした場合、以下のプロキシ サーバーのオプションを選択できます。

  • プロキシ サーバーを使用せず、常に直接接続することを選択した場合、他のオプションはすべて無視されます。
  • システム プロキシ設定を使用するか、プロキシ サーバーの自動検出を選択した場合、他のオプションはすべて無視されます。
  • 固定サーバー プロキシ モードを選択した場合、'プロキシ サーバーのアドレスまたは URL' でさらにオプションを指定できます。
  • .pac プロキシスクリプトを使用する場合は、'プロキシ .pac ファイルへの URL ' ポリシーでスクリプトの URL を指定する必要があります。

このポリシーを有効にした場合、組織内のユーザーは Microsoft Edge Update でプロキシ設定を変更できません。

このポリシーを無効にした場合または構成しなかった場合、プロキシ サーバーの設定は構成されませんが、組織内のユーザーは Microsoft Edge Update で独自のプロキシ設定を選択できます。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: ProxyMode
  • GP の名前: プロキシ サーバーの設定をどのように指定するかを選択する
  • GP パス: 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/プロキシ サーバー
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • 値の名前: ProxyMode
  • 値の種類: REG_SZ
サンプル値:
fixed_servers

ページのトップへ

ProxyPacUrl

プロキシ .pac ファイルへの URL

Microsoft Edge Update 1.3.21.81 以降

説明

プロキシ自動構成 (PAC) ファイルの URL を指定できます。

このポリシーを有効にした場合、PAC ファイルの URL を指定して、特定の Web サイトを取得するための適切なプロキシサーバーを Microsoft Edge Update で選択する方法を自動化できます。

このポリシーは、 'プロキシサーバー設定の指定方法を選択する' ポリシーで手動プロキシ設定を指定した場合にのみ適用されます。

'プロキシ サーバーの設定をどのように指定するかを選択する'ポリシーで手動以外のプロキシ設定を選択した場合は、このポリシーを構成しないでください。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: ProxyPacUrl
  • GP の名前: プロキシ .pac ファイルへの URL
  • GP パス: 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/プロキシ サーバー
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • 値の名前: ProxyPacUrl
  • 値の種類: REG_SZ
サンプル値:
https://www.microsoft.com

ページのトップへ

ProxyServer

プロキシ サーバーのアドレスまたは URL

Microsoft Edge Update 1.3.21.81 以降

説明

Microsoft Edge Update で使用するプロキシ サーバーの URL を指定できます。

このポリシーを有効にした場合、組織内の Microsoft Edge Update が使用するプロキシ サーバーの URL を設定できます。

このポリシーは、'プロキシサーバー設定の指定方法を選択する' ポリシーで手動プロキシ設定を指定した場合にのみ適用されます。

'プロキシ サーバーの設定をどのように指定するかを選択する' ポリシーで手動以外のプロキシ設定を選択した場合は、このポリシーを構成しないでください。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: ProxyServer
  • GP の名前: プロキシ サーバーのアドレスまたは URL
  • GP パス: 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/プロキシ サーバー
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • 値の名前: ProxyServer
  • 値の種類: REG_SZ
サンプル値:
https://www.microsoft.com

ページのトップへ

Microsoft Edge の更新ポリシー

トップに戻る

UpdaterExperimentationAndConfigurationServiceControl

実験および構成サービスとのアップデーターの通信を制御する

Microsoft Edge Update 1.3.145.1 以降

説明

Microsoft Edge では、Experimentation and Configuration Service を使用して試験ペイロードを展開します。

試験ペイロードは、Microsoft がテストとフィードバックのために有効にしている開発初期の機能の一覧で構成されています。

このポリシーを有効にすると、実験および構成サービスから実験ペイロードがダウンロードされます。

このポリシーを無効にすると、実験および構成サービスとの通信が完全に停止されます。

このポリシーを構成しない場合、マネージド デバイスでは、動作はポリシー '無効' と同じになります。

このポリシーを構成していない場合、アンマネージド デバイスでは、動作は '有効' と同じになります。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: UpdaterExperimentationAndConfigurationServiceControl
  • GP 名: 実験および構成サービスとのアップデーターの通信を制御する
  • GP パス: 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/Microsoft Edge Update
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • 値の名前: UpdaterExperimentationAndConfigurationServiceControl
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
0x00000001

ページのトップへ

Microsoft Edge WebView に関するポリシー

ページのトップへ

インストール (WebView)

インストールを許可する

Microsoft Edge Update 1.3.127.1 以降

説明

Microsoft Edge Update を使用して Microsoft Edge WebView をインストールできるかどうかを指定します。

  • このポリシーを有効にした場合、ユーザーは Microsoft Edge Update を使用して、Microsoft Edge WebView をインストールできます。
  • このポリシーを無効にした場合、ユーザーは Microsoft Edge Update を使用して Microsoft Edge WebView をインストールできません。
  • このポリシーを構成しなかった場合、"インストールの既定の動作を許可する" ポリシーの構成に従って、ユーザーが Microsoft Edge Update を使用して Microsoft Edge WebView をインストールできるかどうかが決まります。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: Install
  • GP の名前: インストールを許可する
  • GP パス: 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/Microsoft Edge WebView
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • キーの値:
    • Install{F3017226-FE2A-4295-8BDF-00C3A9A7E4C5}
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
0x00000001

ページのトップへ

更新 (WebView)

更新ポリシーのオーバーライド

Microsoft Edge Update 1.3.127.1 以降

説明

Microsoft Edge WebView の自動更新を有効にするかどうかを指定できます。 Microsoft Edge WebView は、アプリケーションが Web コンテンツを表示するために使用するコンポーネントです。 自動更新は、既定で有効になっています。 Microsoft Edge WebView の自動更新を無効にすると、このコンポーネントに依存するアプリケーションで互換性の問題が発生する可能性があります。

このポリシーを有効にした場合、Microsoft Edge Update では、以下のオプションの構成方法に従って Microsoft Edge WebView の更新プログラムを処理します。

  • 常に更新プログラムを許可する: 更新プログラムは自動的にダウンロードされ、適用されるます
  • 更新を無効にする: 更新プログラムはダウンロードまたは適用されません

このポリシーを有効にしないと、更新プログラムが自動的にダウンロードされ、適用されます。

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: Update
  • GP の名前: 更新ポリシーのオーバーライド
  • GP パス: 管理用テンプレート/Microsoft Edge Update/Microsoft Edge WebView
  • GP ADMX ファイル名: msedgeupdate.admx
Windows レジストリの設定
  • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate
  • キーの値:
    • Update{F3017226-FE2A-4295-8BDF-00C3A9A7E4C5}
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
0x00000001

ページのトップへ

関連項目