Microsoft 365 Apps を展開するために、展開先の環境と要件を確認するAssess your environment and requirements for deploying Microsoft 365 Apps

Microsoft 365 Apps を組織で展開する前に、この記事の手順に従って、組織の環境と要件を確認します。Follow the steps in this article to assess your environment and requirements before deploying Microsoft 365 Apps in your organization. これは、展開の計画に関わる重要な意思決定を行う際に役立ちます。This assessment will help you make key decisions as part of planning your deployment.

このガイドに加え、Microsoft Fastrack を使用することも、展開に役立ちます。In addition to this guidance, we recommend that you use Microsoft FastTrack to help with your deployment.

手順 1 - インフラストラクチャと要件の確認Step 1 - Review infrastructure and requirements

プラットフォーム (Windows または Mac )、オペレーティング システム、アーキテクチャ (32 ビットまたは 64 ビット)、必要な言語、および Office、Visio、Project、その他の Office アプリケーションの既存のバージョンなど、クライアント デバイスの数と詳細情報を確認します。Review the number and details of your client devices, including platform (Windows or Mac); operating systems; architectures (32-bit or 64-bit); required languages; and existing versions of Office, Visio, Project, and other Office applications.

確認作業の一環として、クライアント デバイスが Microsoft 365 Apps をインストールするための最低システム要件を満たしていることを確認します。As part of this review, make sure that your client devices meet or exceed the minimum system requirements for installing Microsoft 365 Apps.

Office サーバー ワークロードのシステム要件も確認します。たとえば、Exchange 2007 では、Outlook 2016 がサポートされません。詳細については、Exchange Server サポート一覧および Office サーバー製品のシステム要件を参照してください。Review the system requirements for your Office server workloads as well. For example, Exchange 2007 does not support Outlook 2016. For more information, see Exchange Server Supportability Matrix and System Requirements for Office server products.

最後に、Microsoft Endpoint Configuration Manager など、組織内で使用する展開ツールを確認します。ほとんどの組織では、既に配置されている展開ツールを使用して Office を展開します。組織で Configuration Manager を使用する場合は、現在の分岐にアップグレードし、最新リリースに更新するようお勧めします。詳細については、「適切な Configuration Manager のブランチを選択する」を参照してください。Finally, you should review the deployment tools you use in your organization, such as Microsoft Endpoint Configuration Manager. Most organizations deploy Office with the deployment tools they already have in place. If your organization uses Configuration Manager, we recommend upgrading to the current branch and updating to the current release. For more information, see Which branch of Configuration Manager should I use?.

手順 2 - ライセンスとアカウントの確認Step 2 - Review licensing and accounts

すべてのユーザーが Office 365 (または Microsoft 365) のアカウントとライセンスを持っていること、またそのライセンスに Microsoft 365 Apps が含まれていることを確認します。Make sure that all your users have Office 365 (or Microsoft 365) accounts and licenses, and that those licenses include Microsoft 365 Apps. アカウントとライセンスの確認方法の詳細については、「Microsoft 365 Apps のライセンスおよびライセンス認証の概要」、「Microsoft 365 ユーザー アカウント、ライセンス、PowerShell を使用したグループを管理する」、「Microsoft のクラウド プランのサブスクリプション、ライセンス、アカウント、およびテナント」をご覧ください。For details on how to manage accounts and licenses, see Overview of licensing and activation in Microsoft 365 Apps, Manage Microsoft 365 user accounts, licenses, and groups with PowerShell, and Subscriptions, licenses, accounts, and tenants for Microsoft's cloud offerings.

Visio または Project をインストールする予定の場合は、該当するライセンスがあること、またそれらを必要とするユーザーを特定済みであることを確認します。詳細については、「Office 展開ツールを使用して Visio 2016 および Project 2016 のボリューム ライセンス エディションをインストールする」を参照してください。If you plan to install Visio or Project, make sure that you have the appropriate licenses and have identified the users who need them. For more information, see Use the Office Deployment Tool to install volume licensed editions of Visio 2016 and Project 2016.

手順 3 - ネットワーク容量の評価Step 3 - Assess network capability

ネットワークの容量を確認します。それには、帯域幅やクライアント デバイスの配布が含まれます。その際、次の注意事項を考慮してください:Review your network capability, including bandwidth and distribution of client devices, based on the following considerations:

  • Microsoft 365 Apps のインストール ファイルは、コア ファイルで 1.6 GB 以上あり、それに加えて展開する言語ごとに少なくとも 250 MB あります。Installation files for Microsoft 365 Apps are at least 1.6 GB for the core files, plus at least 250 MB for each language deployed.
  • クライアント デバイスで Microsoft 365 Apps サブスクリプションのライセンス認証を行うには、インターネット接続が必要です。さらにその後、少なくとも 30 日に 1 度はインターネットに接続してサブスクリプションの有効性を確認する必要があります。Client devices require internet access to activate their Microsoft 365 Apps subscription, and then must connect at least once every 30 days to verify their subscription.
  • 次のポートとプロトコルを開いておく必要があります: Office 365 URL および IP アドレスの範囲The following ports and protocols must be open: Office 365 URLs and IP address ranges.
  • Microsoft 365 Apps の更新プログラムのサイズは場合によって異なりますが、最近の更新プログラムのダウンロードサイズはこちらで確認できます。Microsoft 365 Apps updates vary in size, but you can review recent download sizes here. チャネルごとの更新の頻度と種類については、Microsoft 365 Apps の更新プログラム チャネルの概要をご覧ください。For details on the frequency and type of updates based on channel, see Overview of update channels for Microsoft 365 Apps.
  • クライアントデバイスを Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から直接更新すれば、管理に要する労力を大幅に減らすことができます。Updating client devices directly from the Office Content Delivery Network (CDN) can vastly reduce your administrative investment. これがご自分の組織に適した方法かどうかを確かめるため、リモートサイトのデバイスを含めて、クライアントデバイスのインターネット接続状態を確認してください。To help decide whether this is appropriate for your organization, make sure to assess the connectivity between the internet and your client devices, including devices in remote sites. Office CDN からの更新を行う場合、ネットワークの通信負荷を減らすため、更新プログラムは自動的に何日もかけて展開されます。If you do manage updates from the Office CDN, updates are automatically deployed over a number of days to conserve your network bandwidth.

手順 4 - アプリケーション互換性の評価Step 4 - Assess application compatibility

Microsoft 365 Apps を展開する前に、業務に不可欠な VBA マクロ、サードパーティ製アドイン、複雑な文書やスプレッドシートをテストし、新しいバージョンの Office との互換性を確認するとよいかもしれません。Before deploying Microsoft 365 Apps, you may want to test your business-critical VBA macros, third-party add-ins, and complex documents and spreadsheets to assess their compatibility with the new version of Office.

注意

Office 2010 または 2013 で動作するアドイン、VBA マクロ、複雑な文書やスプレッドシートの大半は、Microsoft 365 Apps でも動作します。The vast majority of add-ins, VBA macros, and complex documents and spreadsheets that work with Office 2010 or 2013 will work with Microsoft 365 Apps as well.

この確認作業を実施するには、次の手順を実行します:To complete that assessment, do the following steps:

  1. 準備ツールキットを使用して、VBA マクロやアドインの検索、それらのサポート状況の確認を行ってください。Discover and get readiness information about your VBA macros and add-ins by using the Readiness Toolkit. 準備ツールキットは、組織全体のクライアントデバイス上で実行できます。You can run the Readiness Toolkit on client devices across your entire organization. 詳細は、準備ツールキットで Microsoft 365 Apps のアプリケーションの互換性を確認するをご覧ください。For more information, see Use the Readiness Toolkit to assess application compatibility for Microsoft 365 Apps.

  2. レポートを使用することにより、使用しているアドインの準備状況を調べ、VBA マクロに何か問題があることがわかった場合、それを修正する方法についての推奨事項を確認します。Use the reports to identify the readiness status of your add-ins and get recommendations about how to fix any VBA macro issues that were identified.

  3. ビジネスグループを設定する場合、代表ユーザーと代表クライアントデバイスを全組織から選んでパイロット グループを作ってください。Working with your business groups, define a pilot group of representative users and client devices from across the organization. それらのクライアントデバイスには、組織で使用しているアーキテクチャ (32 ビット、64 ビット)、および、Microsoft 365 Apps 上でテストするべき基幹業務アプリケーション、アドイン、マクロがすべて含まれるようにしてください。Those client devices should include the architectures in your organization (32-bit and 64-bit) and all the critical line-of-business applications, add-ins, and macros that you want to test with Microsoft 365 Apps.

  4. 現行版の Configuration Manager を使用している場合は、Office 365 ProPlus パイロットおよび正常性ダッシュボードを使用して、Microsoft 365 Apps の展開の計画、テスト、実施ができます。If you use the current version of Configuration Manager, you can use the Office 365 ProPlus Pilot and Health Dashboard to help you plan, pilot, and perform your Microsoft 365 Apps deployment. 詳細については、「Office 365 ProPlus Pilot and Health Dashboard (Office 365 ProPlus パイロットと正常性ダッシュボード)」を参照してください。For more information, see Office 365 ProPlus Pilot and Health Dashboard.

Office の展開作業の一環として、手順 3 の後で、最初に対象グループに対して Office を展開し、 それから 1 度追加のテストを行って、Microsoft 365 Apps、アドイン、クライアントデバイスの互換性をこのグループ内で確認します。As part of your Office deployment, you'll deploy Office first to the targeted group from step 3, and then do an additional round of testing to ensure compatibility between Microsoft 365 Apps and the add-ins and client devices in that group. 互換性があることを確認してから、組織の他のユーザーに対し Office を展開してください。After you have verified compatibility, you can deploy to the rest of your organization. この最初の対象グループは引き続き、他のユーザーに先駆けて Office の将来の更新プログラムをテストするパイロットグループとなります。That first group will then continue to be a pilot for testing future updates from Office ahead of the rest of your organization. 詳細は、Microsoft 365 Apps のエンタープライズ展開を計画するをご覧ください。For more information, see Plan your enterprise deployment of Microsoft 365 Apps.

終了条件の確認Review exit criteria

展開を計画する前に、実際の環境と要件を評価するための手順すべてが完了していることを確認します。Before planning your deployment, make sure you've completed all the steps for assessing your environment and requirements.

評価Assessment 確認済みか?Reviewed?
クライアントの数Number of clients Y/NY/N
クライアント プラットフォーム (Windows または Mac)Client platform (Windows or Mac) Y/NY/N
オペレーティング システムOperating systems Y/NY/N
アーキテクチャ (32-ビットまたは 64 ビット)Architectures (32-bit and 64-bit) Y/NY/N
必要な言語Required languages Y/NY/N
Office の既存バージョンExisting versions of Office Y/NY/N
Project と Visio の既存バージョンExisting versions of Project and Visio Y/NY/N
システム要件System requirements Y/NY/N
既存の展開ツールExisting deployment tools Y/NY/N
Configuration Manager を使用する場合、現在の分岐上でIf using Configuration Manager, on current branch Y/NY/N
Office 365 (または Microsoft 365) のライセンスとアカウントOffice 365 (or Microsoft 365) licensing and accounts Y/NY/N
ネットワークNetwork Y/NY/N
Readiness Toolkit の実行Run Readiness Toolkit Y/NY/N
重要なアドインの修正Fix critical add-ins Y/NY/N
パイロット グループの定義Define pilot group Y/NY/N

次の手順Next step

Microsoft 365 Apps の展開を計画するPlan your deployment of Microsoft 365 Apps.