Office 365 クライアントの管理の変更管理Change management for Office 365 clients

Office 365 に含まれているクライアント アプリケーションについては、さまざまな新機能、またセキュリティやその他の更新内容を提供する更新プログラムが定期的にリリースされます。Windows 10 でもこのサービス モデルが採用されており、新しい機能が定期的にリリースされています。組織が新しい機能を活用する一方で、IT プロフェッショナルは、このサービス モデルについて、またリリースを管理する方法を理解する必要があります。The client applications that are included with Office 365 are released regularly with updates that provide new features and functionality together with security and other updates. Windows 10 has also adopted this servicing model and is also releasing new functionality regularly. As an IT Professional, you need to understand this servicing model and how you can manage the releases while your organization takes advantage of the new functionality.

この記事では、このサービス モデルの概要を取り上げます。リリース チャネルとリリース ケーデンスについて理解したり、組織の Office 365 クライアント アプリケーション リリースを効率的に管理したりするのに役立ちます。This article gives you an overview of this servicing model, and helps you understand the release channels and cadence, and how to effectively manage releases of the Office 365 client applications for your organization.

この記事の内容In this article:

この情報を Visio または PDF の形式でポスターとしてダウンロードします* (ポスターは英語でのみ利用可能です)*。Download this information as a poster in Visio or PDF format. (The poster is only available in English.)

サービス モデル ポスター

更新プログラムのサービス モデルA Servicing Model for Updates

Windows 10 と Office 365 のどちらにおいても、クライアント更新のサービス モデルが採用されています。つまり、新機能、セキュリティ関連以外の更新プログラム、セキュリティ更新プログラムが定期的にリリースされ、ユーザーは最新の機能と機能強化を入手できます。また、このサービス モデルには、エンタープライズ組織でリリースを導入する前にテストして検証するための時間も含まれます。Both Windows 10 and Office 365 have adopted the servicing model for client updates. This means that new features, non-security updates, and security updates are released regularly, so your users can have the latest functionality and improvements. The servicing model also includes time for enterprise organizations to test and validate releases before adopting them.

サービス モデルとは何ですか?What is the Servicing Model?

従来の開発モデルの場合、大規模なリリースの準備が整うまでには、計画、開発、テストのために数か月を要することがありました。従来の展開を企業が計画、評価テスト、パイロット運用、展開し、さらに環境全体を保守するには、数年かかります。In a traditional development model it can take months of planning, development, and testing before a large release is ready. Traditional deployments take enterprises years to plan, evaluate test, pilot, and deploy and then maintain the entire environment.

次の図は、従来のリリース モデルを示しています:The following illustration shows a traditional release model:

従来のリリース モデル

次の図は、従来の展開モデルを示しています:The following illustration shows a traditional deployment model:

従来の展開モデル

サービス モデルでは、新しい機能や技術革新をより迅速なケーデンスで開発およびリリースできるため、お客様が目にするのはいつでも改良された状態です。開発方法が変更されたため、企業組織の展開プロセスも変更されます。機能が迅速にリリースされるということは、各種機能を同時に評価、パイロット運用、展開できるということです。In a servicing model, new features and innovations can be developed and released in a quicker cadence, so that customers are always seeing improvements. Because development has changed, so does the deployment process for an enterprise organization. Quicker releases of features means that you can evaluate, pilot, and deploy different sets of features at the same time.

次の図は、サービスに組み込まれたリリースを示しています:The following illustration shows releases in a servicing world:

サービスに組み込まれたリリース

次の図は、サービスに組み込まれた展開を示しています:The following illustration shows deployment in a servicing world:

サービスに組み込まれた展開

企業組織にとってどんな意味がありますか?What's in it for Enterprise Organizations?

機能を最新の状態に保つと同時に、ビジネスで必要なものを制御し、サポートできるようにしたいものです。Windows 10 と Office 365 の多様なリリース プログラムを使用すると、新しい機能を評価し、組織の特定のグループでそれらをパイロット運用してから、組織でさらに広範囲に展開できます。また、変更を制限する必要がある場合は、長期的な構築で特殊デバイスを維持することもできます。You want up-to-date features, but you also want the control and support you need to run your business. With the variety of release programs for Windows 10 and Office 365, you can evaluate new features, pilot them with specific groups in your organization, and then deploy them more broadly to your organization. You can also keep specialized devices on a long-term build if you need to limit changes.

ご使用のデバイスとビジネスのニーズに合った更新オプションを使用します。次のようにお勧めします:Use the update option that's right for your devices and your business needs. We recommend the following:

デバイスのタイプDevice type
携帯電話とタブレット ラップトップとデスクトップ 専門分野システム
更新オプションUpdate option
iOS または Android デバイスは、それぞれのアプリ ストアから更新プログラムを定期的に受信します。Office Mobile アプリを実行しているデバイスは、Microsoft Store から定期的な更新プログラムを自動受信します。iOS or Android devices receive regular updates from their respective app stores. Devices running the Office Mobile apps automatically receive regular updates from the Microsoft Store.

Windows 10 デバイスの場合、半期チャネルを使用して最新の機能が含まれる更新プログラムを定期的に取得します。For Windows 10 devices, use Semi-Annual Channel to get regular updates with the latest features.
最新の機能が含まれる定期更新プログラムを入手するには、Windows 10 では半期チャネル、および Office 365 では月次チャネルを使用します。To get regular updates with the latest features, use Semi-Annual Channel for Windows 10 and Monthly Channel for Office 365.

カスタム アドインがありますか? Office 365 の半期チャネルを選択することにより、テストする時間ができます。Windows 10 の場合、広い範囲に展開する前に、デバイス グループを対象指定した半期チャネルを使用します。Have custom add-ins? Choose Semi-Annual Channel for Office 365, so you have time to test. For Windows 10, use Semi-Annual Channel with a targeted group of devices before deploying broadly.
変更を制限するには、Windows 10 の長期サービス チャネルを使用します。Office が必要な場合、Office Professional Plus 2016 (MSI ファイルを使用) を使用します。To limit changes, use Long-Term Servicing Channel for Windows 10. If Office is needed, use Office Professional Plus 2016 (using MSI files).

特殊デバイスの例: 医療機器を制御する PC、POS システム、または ATM。Examples of specialized devices: PCs that control medical equipment, point-of-sale systems, or ATMs.

ソフトウェアの管理ではなく、ビジネスに集中できます。Focus on your business, not managing the software.

次の表で、Office 365 クライアント アプリケーションを使用して、ソフトウェアの管理ではなくビジネスに集中できる方法について説明します。The following table explains ways you can focus on your business, not managing the software, with the Office 365 client applications.

最新の状態を維持するStay up to date
定期的な更新によって、ユーザーの電話、タブレット、デスクトップ コンピューターは最新の修正プログラムを使用して最新の状態を維持できます。 Regular updates mean your users' phones, tablets, and desktops stay up to date with the latest fixes.
各種プログラムを組み合わせてニーズに合わせるMix and match programs
ビジネス ニーズに合わせます。すべてのシステムが、同一の展開モデルに準拠する必要はありません。同じデバイスでも、Windows および Office の異なるモデルを使用できます。Follow your business needs - not all systems need to follow the same deployment model. You can even use different models for Windows and Office on the same devices.
管理を軽減するSave on management
ソフトウェア パッケージを自分で管理する代わりに、Windows 10 および Office 365 の場合に、半期チャネルへの自動更新を許可します。Allow automatic updates to Semi-Annual Channel, for Windows 10 and Office 365, instead of managing the software packages yourself.
ループ内にとどまるStay in the loop
Microsoft との通信を確認し、新しいリリースに含まれる事柄を確認したり、含まれるセキュリティ更新を調べたりできます。See what's coming in the next releases and find out what security updates have been included by reviewing communications from Microsoft.
リスクを管理するManage risk
重要な基幹業務アプリケーションをテストするには、Office 365 の半期チャネルまたは半期チャネル (対象指定) を使用します。Windows 10 の場合、広い範囲に展開する前に、複数デバイスのグループを対象指定した半期チャネルを使用します。To test critical line-of-business applications, use Semi-Annual Channel or Semi-Annual Channel (Targeted) for Office 365. For Windows 10, use Semi-Annual Channel with a targeted group of devices before deploying broadly.
開発を軽減するSave on development
最初にマーケットプレースを確認します。使用できるソリューションが存在することがあります。カスタム開発が必要な場合は、ベスト プラクティスを使用して更新後にアドインが動作するようにします。First, check the marketplace - others may have a solution that works. If you need custom development, use best practices to ensure add-ins work after updates.

リリース オプションRelease Options

Windows 10 と Office 365 クライアント アプリケーションの各種リリース オプションを理解し、ビジネスに適したオプションを選択できるようにしなければなりません。作業内容を決定し、組織でサポートするためにどのリリースの組み合わせが適しているかを選択します。このセクションでは、概要を取り上げ、選択できるようにします。You need to understand the different release options for Windows 10 and the Office 365 client applications so you can choose the right options for your business. You decide what works and choose the combinations of releases to support for your organization. This section provides an overview and helps you choose.

リリース オプションの概要Summary of Release Options

次の表を使用して、ビジネス ニーズに適したリリースを選択します。Use the following table to choose the right release option for your business needs:

最新の技術革新
最新の技術革新
Up to date innovation
Up to date innovation
時間をとって評価する
時間をとって評価する
Have time to evaluate
Have time to evaluate
常にセキュリティで保護された状態
常にセキュリティで保護された状態
Security always
Security, always
最新の機能をすぐに入力します。Windows 10 では半期チャネル、および Office 365 では月次チャネルを選択します。Get the latest features right away. Choose Semi-Annual Channel for Windows 10 and Monthly Channel for Office 365.
既存のシステムでのテストを実行します。Office 365 の半期チャネルまたは半期チャネル (対象指定) を使用します。Windows 10 の場合、広い範囲に展開する前に、複数デバイスのグループを対象指定した半期チャネルを使用します。Test with your existing systems. Choose Semi-Annual Channel or Semi-Annual Channel (Targeted) for Office 365. For Windows 10, use Semi-Annual Channel with a targeted group of devices before deploying broadly.
選択したチャネルに関係なく、いつでも最新のセキュリティ更新プログラムを、待つことなく取得できます。You'll always get the latest security updates, no waiting, whichever channel you choose.

クライアント アプリケーションの既定のチャネルDefault channels for client applications

Office 365 ProPlus には、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Access、Skype for Business、Publisher など、次の Office アプリケーションが含まれています。Office 365 ProPlus includes the following Office applications: Word, Excel, PowerPoint, Outlook, OneNote, Access, Skype for Business, and Publisher. Project Online デスクトップクライアントと Visio Online Plan 2 (以前の Visio Pro for Office 365) もこのリリースモデルに準拠しています。Project Online Desktop Client and Visio Online Plan 2 (previously named Visio Pro for Office 365) also follow this release model.

次の図は、これら一連のクライアント アプリケーションを示しています。The following illustration shows these sets of client applications.

Office 365 クライアント アプリケーション

既定では、Office 365 のクライアント アプリケーションは次のチャネル リリースに設定されています。By default, the client applications for Office 365 are set to these channel releases:

  • Office 365 ProPlus は、半期チャネルを使用するように設定されています。Office 365 ProPlus is set to use Semi-Annual Channel.

  • Project Online Desktop ClientVisio Online Plan 2 (以前の名前 Visio Pro for Office 365) は、月次チャネルを使用するように設定されています。Project Online Desktop Client and Visio Online Plan 2 (previously named Visio Pro for Office 365) are set to use Monthly Channel.

ただし、クライアント アプリケーションに使用するチャネルは、ビジネス ニーズに応じて決定できます。But you can determine which channel is used for your client applications, according to your business needs.

Office 365 クライアント アプリケーションのチャネルの詳細については、「更新プログラム チャネルの概要」を参照してください。For more information about the channels for Office 365 client applications, see Overview of update channels.

どのリリース チャネルですか?Which Release Channel?

Windows 10 クライアントおよび Office 365 クライアントのリリース チャネルを次の表に示します。This table shows the release channels for Windows 10 and Office 365 clients.

リリース チャネルRelease Channels Office 365 クライアントで利用可能か?Available for Office 365 client? Windows 10 で利用可能か?Available for Windows 10?
Windows Insider Preview を使用すると、機能をプレビューし、フィードバックを提供できます。Windows Insider Preview lets you preview features and give feedback.
いいえNo
はいYes
月次チャネルは、最新リリースの機能をユーザーに提供します。通常、これは、Office で広範囲にテストすることの必要な他のアプリ、アドイン、マクロのないユーザーに最適です。また、一部のテスト システムまたはパイロット プログラムでも便利です。Monthly Channel gives your users the latest released features. It's usually best for users who don't have other apps, add-ins, or macros that need to be extensively tested with Office. It's also useful for some test systems or pilot programs.
はいYes
いいえNo
Windows 10 用の半期チャネルは、最新リリースの機能をユーザーに提供します。これは、Windows 10 の機能更新プログラムのパイロット展開およびテストのため、また最新の機能をすぐに扱う必要のある開発者などのユーザーに最適です。Semi-Annual Channel for Windows 10 gives your users the latest released features. Ideal for pilot deployments and testing of Windows 10 feature updates and for users, such as developers, who need to work with the latest features immediately.
いいえNo
はいYes
半期チャネル (対象指定) は、機能を確認し、カスタマイズやプロセスをテストするための時間を提供します。Semi-Annual Channel (Targeted) gives you time to check out the features and test your customizations or processes.
はいYes
いいえNo
Office 365 用の半期チャネルは、最新機能を入手する前に何か月かの先行時間を提供します。通常、これは、業務に不可欠な基幹業務アプリケーション、アドイン、マクロを使用するユーザーに最適です。Semi-Annual Channel for Office 365 gives you several months lead-time before you get the latest features. It's usually best for users that have line-of-business applications, add-ins, or macros that are business critical.
はいYes
いいえNo
Office Professional Plus 2016 クライアント インストール (MSI ファイルを使用) は、最大限の制御が必要とされ、デバイスからインターネットへのアクセスが制限されているというシナリオに適しています。Office Professional Plus 2016 client installs (using MSI files) is good for scenarios where maximum control is required and the device has limited internet access.
いいえNo
いいえNo
長期サービス チャネルは、オペレーティング システムへの変更を制限することが非常に重要な特殊デバイスを対象とするものです。たとえば、医療機器を制御する PC、POS システム、ATM などです。Long-Term Servicing Channel is intended for specialized devices, where limiting changes to the operating system is of prime importance. For example, PCs that control medical equipment, point-of-sale systems, or ATMs.
いいえNo
はいYes

前述の表の上部にあるリリース チャネルは更新の確認間隔が最も短くなり、下部にあるチャネルは管理制御が最大になります。更新の間隔が短いと新しい機能をすぐに利用でき、Microsoft にフィードバックを提供できます。制御を大きくすると機能が犠牲になります。生産現場、航空交通管制、緊急治療室で使用されるデバイスのような最も制御を必要とする特殊デバイスで、制御が最大になるオプションを使用します。Office 365 の半期チャネルは、新機能と制御のバランスの取れたものになっています。The release channels at the top of the table provide the freshest features, those at the bottom provide the most administrative control. Freshness indicates rapid access to new features and the ability to provide feedback to Microsoft. You'll sacrifice features for extra control - use the most controlled options for specialized devices, such as devices used on factory floors, for air traffic control, or in emergency rooms. Semi-Annual Channel for Office 365 offers a balance between new features and control.

リリース ケーデンスRelease Cadences

Windows クライアントと Office クライアントの両方を常に最新に保つことは重要です。それを容易にできるようにするため、Office 365 と Windows 10 は、リリース ケーデンスが揃っています。いずれも定期的にセキュリティ更新がなされており、年に 2 回、新しい機能がリリースされます。Windows 10 が実行されている特殊デバイス用には、長期サービス チャネルがあり、定期的なセキュリティ更新プログラムが提供されますが、新しい機能が提供されるのは数年に 1 度のみです。It is important to keep both Windows and your Office clients up to date. Office 365 and Windows 10 have aligned release cadences to make this easier. Both will have regular security updates and will have new features releasing twice per year. For specialized devices running Windows 10, there is a long-term servicing channel available which provides regular security updates but only provides new features every few years.

Windows 10 のリリース ケーダンスWindows 10 Release Cadence

Windows 10 のリリースには以下の 3 種類があります:Windows 10 has three types of releases:

  • Windows Insider Preview Windows Insider プログラムに参加し、リリース前の機能を評価してフィードバックを提供します。さらに、アプリケーションの互換性検証テストも実行します。新機能は、頻繁にリリースされます。Windows Insider Preview Join the Windows Insider program to evaluate and provide feedback on pre-release features, and perform application compatibility validation testing. New features are released frequently.

  • 半期チャネル Windows Insider プログラムを介して新機能がテストされた後、それらは、バグ修正およびセキュリティ修正プログラムと共に半期チャネルとしてリリースされます。新しい半期チャネルは、年 2 回、3 月と 9 月の前後にリリースされ、18 か月間サポートされます。まず、広範な組織を表すデバイス グループを対象として展開することから開始します。Semi-Annual Channel After new features have been tested through the Windows Insider program, they are released along with bug fixes and security patches as the Semi-Annual Channel. A new Semi-Annual Channel is released twice a year, around March and September, and is supported for 18 months. Start by deploying to a targeted group of devices that represent the broader organization.

    半期チャネルのリリースの約 4 か月後、Microsoft は広範な展開の準備ができたことを発表し、それにより、Microsoft、独立系ソフトウェア ベンダー (ISV)、パートナー、および顧客が、リリースの広範な展開の準備ができたと考えてることが示されます。しかし、組織では、準備ができた時点でいつでも広範な展開を開始できます。Approximately 4 months after a Semi-Annual Channel release, Microsoft will announce broad deployment readiness, indicating that Microsoft, independent software vendors (ISVs), partners, and customers believe that the release is ready for broad deployment. But, organizations can begin broad deployment whenever they're ready.

  • 長期サービス チャネル このチャネルは、サポートされる OS プラットフォームを 10 年間提供します。新しいリリースに移行するか、それとも現状を維持して次のリリースまでスキップするかを、企業が選択できます。長期サービス チャネルは、医療機器を制御する PC、POS システム、または ATM などの特殊デバイスを対象としています。Office が必要な場合は、これらの特殊デバイスで Office Professional Plus 2016 を使用します。Long-Term Servicing Channel This channel provides a supported OS platform for 10 years. Enterprises can choose to move to a new release or stay where they are at and skip to the next one. The Long-Term Servicing Channel is intended for specialized devices, such as PCs that control medical equipment, point-of-sale systems, or ATMs. If Office is needed, use Office Professional Plus 2016 with these specialized devices.

次の図に、Windows 10 のリリース間の関係を示します。The following illustration shows the relationships between these releases for Windows 10.

Windows 10 のリリース ケーダンス

詳細については、「サービスとしての Windows の概要」を参照してください。Read Overview of Windows as a service for more information.

Office 365 クライアントのリリース ケーデンスOffice 365 Client Release Cadence

Office 365 クライアントには、次の種類のリリースがあります。Office 365 clients have the following types of releases:

  • 月次チャネル 新しい機能、セキュリティ更新、および修正プログラムは、ほぼ毎月、月次チャネルにリリースされます。Monthly Channel New features, security updates, and fixes are released to Monthly Channel approximately every month.

  • 半期チャネル (対象指定) 半期チャネル リリースになるまで、このリリースを 4 か月間検証できます。3 月と 9 月のリリース開始時にのみ、新機能が含められます。このチャネルは、セキュリティ関連ではない更新プログラムとセキュリティ更新プログラムで毎月更新されます。Semi-Annual Channel (Targeted) You can validate this release for four months before it becomes a Semi-Annual Channel release. New features are included only at the beginning of a release, in March and September. This channel is refreshed with non-security updates and security updates every month.

  • 半期チャネル 半期チャネル (対象指定) は、6 か月ごと、1 月と 7 月に半期チャネルとしてロールアップされ、リリースされます。次の半期チャネルまで新機能は追加されませんが、セキュリティ更新プログラムは引き続きリリースされます。半期チャネルの各機能リリースは、さらに追加の 14 か月間サポートされます。これは、Office 365 ProPlus クライアントの既定チャネルです。Semi-Annual Channel The Semi-Annual Channel (Targeted) is rolled up and released as the Semi-Annual Channel every 6 months, in January and July. No new features are added until the next Semi-Annual Channel, although security updates will continue to be released. Each Semi-Annual Channel feature release is supported for an additional 14 months. This is the default channel for Office 365 ProPlus clients.

詳細については、「更新プログラム チャネルの概要」を参照してください。Read Overview of update channels for more information.

次の図に、Office 365 ProPlus のリリース間の関係を示します。The following illustration shows the relationships between these releases for Office 365 ProPlus.

Office 365 リリース ケーデンス

Office Mobile アプリOffice Mobile Apps

iOS および Android 用の Office Mobile アプリの場合は、それぞれのアプリ ストアから通常のリリースを利用できます。Windows 用の Office Mobile アプリの場合は Microsoft Store から通常のリリースを利用できます。Office Mobile Apps for iOS and Android have regular releases available through their respective app stores. Office Mobile Apps for Windows have regular releases available through the Microsoft Store.

Office Professional Plus 2016 クライアント インストールOffice Professional Plus 2016 client installs

Office ボリューム ライセンス プログラムの一部として、MSI ファイルを使用してインストールする Office クライアントの場合、セキュリティ更新プログラムを利用できます。完全な製品リリース以外では新機能は配信されません。Windows 10 の長期サービス チャネルでの特殊デバイスで Office が必要な場合、これを使用します。Security updates are made available for the Office clients that you install by using .MSI files as part of the Office Volume Licensing program. New features are not delivered outside of full product releases. Use, if Office is needed, for specialized devices on the Long-Term Servicing Channel of Windows 10.

展開ツールDeployment tools

次の表に、Windows 10 と Office 365 クライアント アプリケーションで使用できる展開ツールをまとめます。The following table lists the deployment tools that can be used for Windows 10 and the Office 365 client applications:

ツールTool Windows 10 でサポートされるか?Supported for Windows 10? Office 365 クライアントでサポートされるか?Supported for Office 365 clients?
Windows Update for BusinessWindows Update for Business
はいYes
いいえNo
Windows Server Update ServicesWindows Server Update Services
はいYes
いいえNo
System Center Configuration ManagerSystem Center Configuration Manager
はいYes
はいYes
Microsoft InTuneMicrosoft InTune
はいYes
はいYes
サード パーティ製のソフトウェアの展開ツール3rd party software deployment tools
はいYes
はいYes

変更の種類Types of Changes

Office 365 に定期的に加えられる、いくつかの種類の変更があります。これらの変更の通信チャネルと、変更のために実行する必要があるアクションは、変更の種類によって異なります。There are several types of changes that are made to Office 365 on a regular basis. The communication channels for those changes, and the actions that you might have to take for them will vary, depending on the type of change.

このセクションでは、Office 365 において予期される変更の種類、変更を予期するタイミング、変更に備えて実行することについて説明します。This section explains the types of changes you can expect, when to expect changes, and what you need to do to be prepared for changes in Office 365.

Office 365 サービス アプリケーションとクライアント アプリケーションの変更の種類Types of Changes for the Office 365 Service and Client Applications

すべての変更が、ユーザーに同じ影響を与えたり、同じアクションを必要としたりするわけではありません。計画的なものもあれば、性質上、計画されていないものもあります (セキュリティ関連ではない更新プログラムとセキュリティ更新プログラムは、通常、事前に計画されません)。また、変更の種類によって通信チャネルも異なります。次の表に、Office 365 サービス アプリケーションとクライアント アプリケーションに関して予期できる変更の種類をまとめます。Not all changes have the same impact on your users or require action. Some are planned and some unplanned by their nature (non-security updates and security updates aren't usually planned in advance). Depending on the type of change, the communication channel also varies. The following table lists the types of changes you can expect for the Office 365 service and client applications.

機能
機能
Functionality
Functionality
セキュリティ以外の更新プログラム
セキュリティ以外の更新プログラム
Non-security updates
Non-security updates
常にセキュリティで保護された状態
セキュリティ
Security always
Security
変更の種類Type of change
機能の更新Feature updates
新機能またはアプリケーションNew features or applications
推奨されない機能Deprecated features
問題に関するクライアント修正プログラムClient hotfixes for issues
セキュリティ修正プログラムSecurity patches
事前の通知?Advance notice?
アクションを必要とする変更の場合、30 日間の通知30 days notice for changes that require action
なし。すべてのチャネルの毎月のビルドに含まれますNo, these are included in the monthly build for all channels
なし。すべてのチャネルの毎月のビルドに含まれますNo, these are included in the monthly build for all channels
通信チャネルCommunication channel
メッセージ センターMessage Center
Microsoft 365 のロードマップMicrosoft 365 Roadmap
Microsoft 365 のブログMicrosoft 365 blog
Microsoft 技術コミュニティのOffice 365エリアOffice 365 area of the Microsoft Tech Community
Office 365 ProPlus の更新プログラムに関するリリース情報Release information for updates to Office 365 ProPlus
セキュリティ情報または CVESecurity bulletin or CVE
テナント管理者によるアクションの必要性Requires tenant admin action?
時々Sometimes
まれにRarely
まれにRarely
必要なアクションの種類What kind of action?
設定の変更Change settings
ユーザーへの変更の伝達Communicate changes to users
カスタマイズの検証Validate customizations
管理設定の変更Change admin settings
テストの必要性Requires testing?
まれに - ビジネスにおいて重大なアドインの確認Rarely - check business critical Add-ins
時々 - プロセスまたはカスタマイズに対する修正プログラムのテストSometimes - testing the fix against processes or customizations
まれにRarely
変更の例Examples of changes
機能の更新:PowerPoint – ビデオを埋め込むプロセスの簡略化Feature updates: PowerPoint - simpler process for embedding videos

新しい機能またはアプリケーション:Skype for BusinessNew features or applications: Skype for Business
お客様によって報告されたバグに基づく修正プログラムHotfixes based on customer reported bugs

Office アドインを使用する場合の変更管理用ガイドライン:Guidelines for managing change when using Office Add-ins:

  • お客様が月次チャネルを使用して、最新の機能の更新プログラムを入手することをお勧めします。Office のカスタマイズやアドインが展開されているなら、半期チャネルを使用することにより、カスタマイズのテストや修正をするチャンスがあるまで、Office に対する機能更新プログラムを待つことができます。これらの機能更新プログラムが半期チャネルに適用される前にカスタマイズをテストして修正するには、半期チャネル (対象指定) を使用します。アドインの互換性を確認するには、Office テレメトリ ダッシュボードを使用します。詳細については、「Office の互換性とテレメトリ」を参照してください。We recommend that customers use Monthly Channel to get the latest feature updates. If you have Office customizations or Add-ins deployed, you can use Semi-Annual Channel, which allows you to wait for feature updates to Office until you have had the chance to test and fix your customizations. To test and fix your customizations before those features updates are applied to Semi-Annual Channel, use Semi-Annual Channel (Targeted). Use the Office Telemetry Dashboard to check Add-ins for compatibility. For more information, see Compatibility and telemetry in Office.

  • 開発者が Office アドインをビルドした場合、開発者がコードを更新し、カスタム Office アドインを再配置することをお勧めします。If your developers built the Office Add-in, we suggest they update the code and redeploy the custom Office Add-in.

  • VBA、VSTO、COM のいずれかを使用してカスタマイズをビルドした場合、カスタマイズを Office アドインとして再ビルドすることを検討するか、Office Store で同様の機能を提供するサード パーティ製アドインがあるかご確認ください。If you built your customization using VBA, VSTO, or COM, consider rebuilding your customization as an Office Add-in, or check the Office Store to see if there is a 3rd-party Add-in that provides similar functionality.

  • もはや使用していないか、使用率の低い Office アドインの停止を検討します。Consider decommissioning Office Add-in that are no longer used or have low utilization.

Office アドインの詳細。More information about Office Add-ins.

テストのヒントTips for Testing

機能変更の場合、独自のアドインとその他のカスタマイズをテストして、それらを更新する必要性を判断しなければなりません。テストのときに次のヒントを使用してください。For functionality changes, you should test against your add-ins and other customizations to see if you need to update them. Use these tips for testing:

  • 待たない - パイロット チームが月次チャネルを使用して、新しい機能の評価を開始するようにします。テストのために長期の先行期間が必要な場合は、半期チャネル (対象指定) を使用してください。Don't wait - have a pilot team use Monthly Channel to start evaluating new features. Use Semi-Annual Channel (Targeted) if you need a longer lead time for testing.

  • カスタマイズやプロセスをテストするには、Azure 仮想環境を使用します。Use an Azure virtual environment to test against your customizations or processes.

  • 作業をリリース スケジュールに合わせて調整します。テストが月内に終了するようにスケジュール設定します。Align your work with the release schedule - schedule testing passes monthly.

役割と責任Roles and Responsibilities

変更を管理する責任は、Microsoft と、Office 365 テナントの管理者であるお客様が共有します。責任のバランスは、オンプレミスのサーバーまたはクライアントと、オンライン サービスでは異なります。Responsibility for managing change is shared between Microsoft and you as the admin of your Office 365 tenancy. The balance of responsibility is different for an online service than it is for an on-premises server or client.

サービスの変更前、変更中、変更後に Microsoft とお客様の両方が担う役割について理解してください。Understand the roles both Microsoft and you need to play before, during, and after a change occurs to the service.

各リリースに含まれる内容について、「Office 365 ProPlus の更新プログラムに関するリリース情報」のページで確認してください。Review what's included in each release on the Release information for updates to Office 365 ProPlus page.

責任のバランスBalance of Responsibility

サービス提供においては、ハードウェアのメンテナンスやセキュリティ更新などの責任のバランスは、お客様ではなく、サービス プロバイダー (Microsoft) に移行します。ただし、お客様の側にも、更新プログラムが公開される時にカスタムのソフトウェアが期待どおりに機能し続けていることを確認する必要があります。In a service offering, the balance of responsibility for things such as hardware maintenance and security updates shifts to the service provider (Microsoft) instead of the customer (you). However, you still need to ensure that custom software continues to function as expected when updates are rolled out.

オンプレミス製品の場合、貴社が変更管理のほとんどの責任を担います。For on-premises products, your organization takes on most of the responsibility for managing change.

変更管理におけるお客様の責任は、サービスの種類によって異なります。次の表は、オンライン サービスとオンプレミス ソフトウェアにおける Microsoft とお客様の両方の責任のバランスについてまとめたものです。Your responsibility for change management is based on the type of service. The following table summarizes the balance of responsibility for both Microsoft and the customer for online services and on-premises software.

Office 365 サービスOffice 365 service
Office 365 クライアントOffice 365 clients
オンプレミスのクライアントとサーバーOn-premises clients and servers
責任Responsibility
MicrosoftMicrosoft
お客様Customer
MicrosoftMicrosoft
お客様Customer
MicrosoftMicrosoft
お客様Customer
新しい機能の提供Provide new functionality
XX
XX
XX
XX
品質保証のための新機能のテストTest new features for quality assurance
XX
XX
XX
XX
XX
新機能についての通信Communicate about new features
XX
XX
XX
XX
XX
XX
カスタム ソフトウェアの統合Integrate custom software
XX
XX
XX
XX
XX
セキュリティ更新プログラムの適用Apply security updates
XX
XX
XX
システム ソフトウェアの保守Maintain system software
XX
XX
XX
ハードウェアの保守Maintain hardware
XX
XX
XX

Microsoft の役割とお客様の役割Microsoft's Role and Your Role

Microsoft とお客様の両方が、Office 365 の変更前、変更中、変更後における変更管理で役割を果たします。Microsoft and you both play a role in managing change for Office 365 before, during, and after a change.

変更前Before a change

Microsoft の役割Microsoft's role

  • サービス変更に関する予測を設定します。Set expectations for service changes.

  • 管理者のアクションを必要とする変更の 30 日前にお客様に通知します。Notify customers 30 days in advance for changes that require administrator action.

  • Microsoft 365 のロードマップで、多くの新機能と更新プログラムを公開します。Publish majority of new features and updates on the Microsoft 365 Roadmap.

お客様の役割Customer's role

  • 変更と通信に関して予想されていることを理解します。Understand what to expect for changes and communications.

  • メッセージセンター、 microsoft 365 ロードマップmicrosoft 365 ブログを定期的に読む。Read Message Center, Microsoft 365 Roadmap and Microsoft 365 blog regularly.

  • 月次チャネルを使用して新しい機能をプレビューするためのパイロット チームを立ち上げます。Set up pilot teams to preview new functionality using Monthly Channel.

  • 内部の変更管理プロセスを確認して更新します。Review and update internal change management processes.

  • Office 365 システム要件を把握して、コンプライアンスを確認します。Understand the Office 365 system requirements and check compliance.

変更中During a change

Microsoft の役割Microsoft's role

  • 変更をお客様に公開します。Roll change out to customers.

  • 特に Office 365 クライアントの場合: 新しい月次チャネルをだいたい月ごとにリリースし、半期チャネルのために新しいセキュリティ更新および非セキュリティ更新を必要に応じてリリースします。Specifically for Office 365 clients: release a new Monthly Channel approximately each month and new security and non-security updates, if needed, for Semi-Annual Channel.

  • テレメトリを監視し、予期しない問題のエスカレーションをサポートします。Monitor telemetry and support escalations for any unexpected issues.

お客様の役割Customer's role

  • メッセージ センターをチェックし、追加情報のリンクを確認します。Check Message Center and review the additional information link.

  • (存在する場合には) 必要なあらゆるアクションを実行し、すべてのアドインをテストします。Take any action required (if applicable) and test any add-ins.

  • 更新プログラム用に内部共有を使用している場合、最新のビルドをダウンロードして、共有にアップロードします。If using an internal share for updates, download the latest builds and upload to your share.

  • 障害対応シナリオが想定される場合、サポート要求を作成します。If a break/fix scenario is experienced, create a Support Request.

変更後After a change

Microsoft の役割Microsoft's role

  • お客様のフィードバックを確認し、今後の変更の公開を向上させます。Listen to customer feedback to improve rollout of future changes.

  • Microsoft 技術コミュニティのOffice 365領域と管理者フィードバックツールでフィードバックを聞きます。Listen to feedback on the Office 365 area of the Microsoft Tech Community and in the admin feedback tool.

  • Microsoft 365 ロードマップのステータスを更新し、新しい機能を追加します。Update Microsoft 365 Roadmap statuses and add new features.

お客様の役割Customer's role

  • 組織内の他のユーザーと連携して、変更を採用します (Microsoft FastTrack のヘルプを利用できます)。Work with people in your organization to adopt the change (get help on Microsoft FastTrack).

  • 変更管理プロセスを確認し、合理化したり、他の Microsoft リソースを使用したりするうえでのボトルネックを検討します。Review change management processes and bottlenecks for opportunities to streamline, and use more Microsoft resources.

  • Microsoft 技術コミュニティのOffice 365領域と、管理者フィードバックツールの具体的なフィードバックについて、一般的なフィードバックを提供します。Provide general feedback on the Office 365 area of the Microsoft Tech Community and specific feedback in the admin feedback tool.

  • Office アプリケーションのスマイル ボタンを使用してアプリケーション特有のフィードバックを提供する仕方をユーザーに教えます。Train users to provide app specific feedback using the Smile button in Office apps.

更新プログラムの展開の管理Manage Update Deployments

構成によって、組織に更新プログラムを展開する時期と方法を選択します。You choose when and how updates are deployed to your organization by configuring:

  • 使用するチャネル。 それにより、更新プログラムを利用できる頻度を制御します。Which channel to use. This controls how often updates are available.

  • 使用する更新方法 (自動または手動)。 これにより、クライアント コンピューターが更新プログラムを取得する方法を制御します。Which update method to use (automatic or manual). This controls how your client computers get the updates.

更新プログラムの適用方法How to Apply Updates

ユーザーのコンピューターに更新プログラムを展開する方法を決定できます。クライアント コンピューターがインターネット経由で、または、オンプレミスの場所から更新プログラムを自動的に受信するようにできます。あるいは、更新プログラムを自分でパッケージ化し、ネットワークを介してクライアント コンピューターに手動で配信することによって、より詳細に制御することもできます。You can decide how updates are deployed to your users' computers. You can allow the client computers to automatically receive updates over the Internet or from an on-premises location. Alternatively, you might want to have more control by packaging the updates yourself and manually delivering them to client computers over your network.

Office 更新プログラムをクライアント コンピューターに適用する方法Methods for applying Office updates to client computers

次の表に、クライアント コンピューターに Office 更新プログラムを適用するために使用できる 3 つの方法を取り上げます。The following table explains three methods you can use to apply Office updates to client computers.

自動Automatic 手動Manual
インターネットからFrom the Internet
オンプレミスの場所からFrom an on-premises location
Microsoft は、更新されたビルドをインターネットで利用できるようにします。クライアント コンピューターは、更新プログラムが利用できるようになると自動的にインストールします。Microsoft makes an updated build available on the Internet. The client computers automatically install the updates when they are available.
管理者が、更新されたビルドをオンプレミスの場所にダウンロードします。クライアント コンピューターは、更新プログラムが利用できるようになると自動的にインストールします。An administrator downloads the updated build to an on-premises location. The client computers automatically install the updates when they are available.

以下の図に、これらの方法を示します。The following illustration shows these methods:

Office 更新プログラムをクライアントに適用する

更新プログラムの配信を制御する必要がありますか?Do you need to control the delivery of updates?

使用する方法を決定するため、次のシナリオを検討してください。To decide which method to use, consider the following scenarios:

  • カスタマイズCustomizations

    • 自動更新を許可する...生産性を主要な目的とし、カスタマイズされたソリューションも統合ソリューションも使用していないユーザーまたはコンピューターの場合。Allow automatic updates for...Users or computers that are primarily for productivity and don't use customizations or integrated solutions.

      推奨されるチャネル: 月次チャネルRecommended Channel: Monthly Channel

    • 更新プログラムの手動配信を使用する...Office 365 クライアントを使用して作業を行うカスタマイズまたは統合ソリューションに依存しているユーザーまたはコンピューターの場合。Use manual delivery of updates for...Users or computers that rely on customizations or integrated solutions that work with the Office 365 clients.

      推奨されるチャネル: 半期チャネル。半期チャネル (対象指定) を使用することによって検証します。Recommended Channel: Semi-Annual Channel. Validate by using Semi-Annual Channel (Targeted).

  • 管理対象コンピューターまたは非管理対象コンピューターですか?Managed or un-managed computers?

    • インターネットからの自動更新を許可する...コンシューマー、または IT 部門のない中小企業の場合。Allow automatic updates from the Internet for...Consumers and small businesses without an IT department.

    • オンプレミスの場所から展開する...更新プログラムを組織のコンピューター外にプッシュするタイミングを制御する場合。Deploy from an on-premises location when...You want to control when updates are pushed out to your organization's computers.

チャネルと更新の構成方法How to configure channels and update methods

次の方法を使用して、クライアント コンピューターが使用するチャネルと、それらのクライアント コンピューターが更新される方法を構成します。Use the following methods to configure which channels are used by which client computers and how those clients computers are updated:

  • Office 展開ツールOffice Deployment Tool

  • グループ ポリシー - ドメインに参加しているコンピューターを集中管理する場合。Group Policy - for centralized administration of domain-joined computers.

Office 365 ProPlus 更新プログラム チャネルの概要Overview of update channels for Office 365 ProPlus

サービスとしての Windows の概要Overview of Windows as a service

Microsoft クラウド IT アーキテクチャのリソースMicrosoft cloud IT architecture resources

Office 365 ProPlus の更新プログラムに関するリリース情報Release information for updates to Office 365 ProPlus