Office テレメトリ ダッシュボードを展開するDeploy Office Telemetry Dashboard

適用対象: office 365 ProPlus、Office 2019、office 2016Applies to: Office 365 ProPlus, Office 2019, and Office 2016

この記事では、ダッシュボード自体、プロセッサ、エージェント、データベース、共有フォルダーという、Office テレメトリダッシュボードの5つのコンポーネントを展開する方法について説明します。This article helps you deploy the five components of Office Telemetry Dashboard: the dashboard itself, the processor, the agent, the database, and a shared folder. これらのコンポーネントを展開する前に、トポロジ、スケーラビリティ、およびハードウェアガイダンスについては、「 Office テレメトリダッシュボードの展開を計画する」を確認してください。Ensure that you review Plan a deployment of Office Telemetry Dashboard for topology, scalability, and hardware guidance before you deploy these components.

重要

  • Office テレメトリダッシュボードは、組織で使用されているアドインなどの Office ドキュメントとソリューションに関するインベントリ、使用状況、および正常性のデータを収集するオンプレミスツールです。Office Telemetry Dashboard is an on-premises tool that collects inventory, usage, and health data about the Office documents and solutions, such as add-ins, used in your organization. このデータは、主に、アプリケーションの互換性テストで組織を支援するように設計されています。The data is primarily designed to help your organization with application compatibility testing.
  • Office テレメトリダッシュボード用に収集されたデータは、組織で管理される SQL Server データベースに格納され、収集されたデータは Microsoft に送信されませんData collected for Office Telemetry Dashboard is stored in a SQL Server database controlled by your organization and the data collected is not sent to Microsoft. 詳細については、「 Office テレメトリダッシュボードのエージェントによって収集されたデータ」を参照してください。For more information, see Data collected by the agent for Office Telemetry Dashboard.
  • Office テレメトリダッシュボードで収集されるデータは、Microsoft に送信できる Office 診断データとは異なります。Data collected for Office Telemetry Dashboard is different than Office diagnostic data, which can be sent to Microsoft. Office 診断データの詳細については、「 office 365 のプライバシーに関する ProPlus の概要」を参照してください。For more information about Office diagnostic data, see Overview of privacy controls for Office 365 ProPlus.
  • Office テレメトリダッシュボードの管理に使用する設定は、Office 診断データに影響を与えることはありません。その逆もできません。Settings used to manage Office Telemetry Dashboard have no impact on Office diagnostic data and vice versa. Office 診断データの管理の詳細については、「ポリシー設定を使用して office 365 のプライバシー制御を管理する ProPlusを参照してください。For more information about managing Office diagnostic data, see Use policy settings to manage privacy controls for Office 365 ProPlus.

Office テレメトリ ダッシュボードOffice Telemetry Dashboard

Office テレメトリダッシュボードは、データベースに接続するように構成されている Excel ブックです。Office Telemetry Dashboard is an Excel workbook that is configured to connect to a database. Office テレメトリダッシュボードは、office 365 ProPlus、Office Professional Plus 2019、Office Professional Plus 2016、および Office Standard 2016 と共にインストールされています。Office Telemetry Dashboard is installed together with Office 365 ProPlus, Office Professional Plus 2019, Office Professional Plus 2016, and Office Standard 2016. Office テレメトリダッシュボードを表示するには、Excel 2019 または Excel 2016 がインストールされている必要があります。To view Office Telemetry Dashboard, you must have Excel 2019 or Excel 2016 installed.

Office をインストールしたら、次の表のいずれかの手順を使用して、Office テレメトリダッシュボードを開始できます。After Office is installed, you can start Office Telemetry Dashboard by using one of the procedures in the following table:

Office テレメトリダッシュボードの開始方法How to start Office Telemetry Dashboard

オペレーティング システムOperating system Office テレメトリダッシュボードの開始方法How to start Office Telemetry Dashboard
Windows 10、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、または Windows 7 Service Pack 1Windows 10, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2008, or Windows 7 with Service Pack 1
[スタート] メニューで、[すべてのプログラム]、[ Microsoft Office 2016 ツール]、[ office 2016 用テレメトリダッシュボード] の順に選択します。From the Start menu, choose All Programs, then Microsoft Office 2016 Tools, then Telemetry Dashboard for Office 2016.
Windows 8.1 または Windows 8Windows 8.1 or Windows 8
[スタート] 画面で、[テレメトリダッシュボード] と入力し、検索結果から選択します。On the Start screen, type Telemetry Dashboard and then choose it from the search results.
Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012Windows Server 2012 R2 or Windows Server 2012
右端からスワイプしてチャームを表示し、[検索] を選択して、コンピューターにインストールされているすべてのアプリを表示します。Swipe in from the right edge to show the charms and then choose Search to see all the apps that are installed on the computer. 次に、 Office 2016 のテレメトリダッシュボードを選択します。Next, choose Telemetry Dashboard for Office 2016.

Office 365 ProPlus および Office 2019 の場合は、[ Microsoft Office ツール] でOffice のテレメトリダッシュボードを探します。For Office 365 ProPlus and Office 2019, look for Telemetry Dashboard for Office under Microsoft Office Tools.

SQL ServerSQL Server

Office テレメトリダッシュボードを構成するには、SQL Server が展開されている必要があります。SQL Server must be deployed before you can configure Office Telemetry Dashboard. 既存のデータベースを使用する必要はありませんが、次のいずれかのバージョンの SQL Server をインストールまたはアクセスする必要があります。You don't have to have an existing database, but you do have to install or have access to one of these versions of SQL Server:

  • SQL Server 2016 または SQL Server 2016 ExpressSQL Server 2016 or SQL Server 2016 Express

  • SQL Server 2014 または SQL Server 2014 ExpressSQL Server 2014 or SQL Server 2014 Express

  • SQL Server 2012 または SQL Server 2012 ExpressSQL Server 2012 or SQL Server 2012 Express

  • SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2008 R2 Express EditionSQL Server 2008 R2 or SQL Server 2008 R2 Express Edition

  • SQL Server 2008 または SQL Server 2008 Express EditionSQL Server 2008 or SQL Server 2008 Express Edition

  • SQL Server 2005 または SQL Server 2005 Express EditionSQL Server 2005 or SQL Server 2005 Express Edition

Office テレメトリダッシュボードの [はじめに] ワークシートには、SQL Server 2014 Express をダウンロードするためのリンクが用意されています。The Getting started worksheet in Office Telemetry Dashboard provides a link to download SQL Server 2014 Express. SQL Server がインストールされていない場合は、「 Sql server 2014 Express をダウンロードしてインストールする」の手順に従ってください。If you don't have SQL Server already installed, follow the steps in To download and install SQL Server 2014 Express. SQL Server 2014 Express をインストールする前に、次のガイドラインを必ず確認してください。Be sure to review the following guidelines before you install SQL Server 2014 Express.

  • コンピューターが SQL Server 2014 のハードウェアとソフトウェアの要件を満たしていることを確認します。Ensure that the computer meets the hardware and software requirements for SQL Server 2014. SQL Server には、Office テレメトリダッシュボードには不要な Windows サービスパックのインストールなど、追加の要件があるため、テスト用にオールインワン構成を計画している場合に特に重要です。This is especially important if you are planning an all-in-one configuration for testing because SQL Server has additional requirements, such as installing Windows service packs that aren't required for Office Telemetry Dashboard. これらの要件については、「SQL Server 2014 をインストールするためのハードウェアとソフトウェアの要件」を参照してください。These requirements are described in Hardware and Software Requirements for Installing SQL Server 2014.

  • ローカルインストールの場合は、セットアップを管理者として実行する必要があります。For local installations, you must run Setup as an administrator. リモート共有フォルダーから SQL Server をインストールする場合は、リモート共有フォルダーで読み取りと実行のアクセス許可を持つドメインアカウントを使用する必要があります。If you install SQL Server from a remote shared folder, you must use a domain account that has read and execute permissions on the remote shared folder. 詳細については、「インストールウィザード (セットアップ) で SQL Server 2014 をインストールする」を参照してください。For more information, see Install SQL Server 2014 from the Installation Wizard (Setup).

SQL Server 2014 Express をダウンロードしてインストールするにはTo download and install SQL Server 2014 Express

  1. Office テレメトリダッシュボードの [はじめに] ワークシートで、[1] の下にあります。前提条件を設定し、[ツール] 付きの SQL Server 2014 Express をダウンロードしてインストールするためのリンクを選択します。In Office Telemetry Dashboard, on the Getting started worksheet, under 1. Set up prerequisites, choose the link to download and install SQL Server 2014 Express with Tools. 必要に応じて、32ビット版または64ビット版を選択します。Choose the 32-bit or 64-bit edition, as appropriate. または、次のリンクを使用します。 MICROSOFT SQL Server 2014 ExpressOr use this link: Microsoft SQL Server 2014 Express.

  2. SQL Server 2014 Express のセットアッププロセスでは、ファイルをダウンロードして抽出するのにしばらく時間がかかります。The setup process for SQL Server 2014 Express takes a while to download and extract files. 各種のメッセージに同意し、sql serverインストールセンターという名前の sql Server 2014 Express の最初のページが表示されるまで待ちます。これは、抽出が完了した後に表示されます。Accept the various prompts and wait for the first page of SQL Server 2014 Express, which is named the SQL Server Installation Center, to appear after extraction is completed. 次に、次の手順を実行します。Then, follow these steps:

    1. SQL Server インストールセンターで、[新しい Sql server スタンドアロンインストール] を選択するか、既存のインストールに機能を追加します。In the SQL Server Installation Center, choose New SQL Server stand-alone installation or add features to an existing installation.

    2. SQL Server 2014 セットアップウィザードで、ライセンス条項を読み、同意して、[次へ] を選びます。In the SQL Server 2014 setup wizard, read the license terms, accept them, and then choose Next.

    3. [機能の選択] ページで、既定の設定をそのまま使用します。On the Feature Selection page, accept the default settings. [次へ] を選択します。Choose Next.

    4. [インスタンスの構成] ページで、名前付きインスタンスを作成します (たとえば、"teledash" という名前を使用します)。On the Instance Configuration page, create a named instance (for example, use the name "teledash"). [次へ] を選択します。Choose Next.

    5. [サーバーの構成] ページで、既定のサービスアカウントを受け入れます。On the Server Configuration page, accept default service accounts. [次へ] を選択します。Choose Next.

    6. [データベースエンジンの構成] ページで、既定の認証モード (Windows 認証モード) を受け入れます。On the Database Engine Configuration page, accept the default authentication mode (Windows authentication mode). ユーザーアカウントは、SQL Server の管理者として表示されます。Your user account is displayed as a SQL Server administrator. (警告: Office テレメトリダッシュボードは SQL Server 認証をサポートしていないため、混合モードは使用しないでください。)[次へ] を選びます。(Warning: Don't use Mixed Mode because Office Telemetry Dashboard doesn't support SQL Server authentication.) Choose Next.

    7. エラーレポートを Microsoft に送信する場合は、[エラー報告] ページでチェックボックスをオンにします。On the Error Reporting page, select the check box if you want to send error reports to Microsoft. それ以外の場合は、[次へ] を選びます。Otherwise, just choose Next.

    8. インストールプロセスが完了するのを待ってから、ウィザードと SQL Server インストールセンターを終了します。Wait for the installation process to finish, and then exit the wizard and the SQL Server Installation Center.

Office テレメトリプロセッサOffice Telemetry Processor

Office テレメトリプロセッサは1台以上のコンピューターで実行され、共有フォルダーからインベントリ、使用状況、および正常性のデータを収集し、データをデータベースにインポートします。Office Telemetry Processor runs on one or more computers and collects inventory, usage, and health data from the shared folder and imports the data to the database. プロセッサは、"Office テレメトリプロセッサ" という名前の Windows サービスとしてインストールされています。The processor is installed as a Windows service named "Office Telemetry Processor."

重要

プロセッサと共有フォルダーのペアを実行するコンピューター、および SQL データベースがドメインに参加していない場合、「ワークグループまたはドメインに参加している Office テレメトリダッシュボードをすばやくセットアップする」で説明されているスクリプトを使用してこれらのコンポーネントをインストールする必要があります。コンピュータIf the computers that run the processor and the shared folder pair, and the SQL database aren't joined to a domain, you must install these components by using the script that is described in Quickly set up Office Telemetry Dashboard on a workgroup or domain-joined computer.

プロセッサは、dperrorlog という名前のファイルにエラーログを生成します。The processor generates error logs in a file that is named dperrorlog.txt. %Systemroot%\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Local\Temp. の隠しフォルダーに保存されています。It is located in a hidden folder at %systemroot%\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Local\Temp.

プロセッサとデータベースをインストールする各コンピューターでも、コンピューターで実行されている Windows のバージョンに対して、ユニバーサル C ランタイム (CRT) の最新バージョンを実行する必要があります。Each computer on which you install the processors and database must also run the latest version of the Universal C Runtime (CRT) for the version of Windows running on the computer. 詳細については、「 Windows のユニバーサル C ランタイムの更新」を参照してください。For information, see Update for Universal C Runtime in Windows.

プロセッサを実行するコンピューターには、次のオペレーティングシステムをお勧めします。We recommend the following operating systems for computers that run the processor:

運用環境の場合: 最高のパフォーマンスを得るには、次のオペレーティングシステムをお勧めします。For production environments: For best performance, we recommend these operating systems:

  • Windows Server 2016Windows Server 2016

  • Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2

  • Windows Server 2012Windows Server 2012

  • Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2

  • Windows Server 2008Windows Server 2008

テスト環境または小規模運用環境の場合: テスト環境と小規模の運用環境では、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 を実行するコンピューターを Service Pack 1 と共に使用できます。For test or small production environments: You can use computers that run Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, and Windows 7 with Service Pack 1 in test environments and in small production environments. クライアントのオペレーティングシステムには最大20の同時接続がありますが、小規模な環境では、エージェントのランダム化設定により、同時に20個以上のエージェントを接続する可能性が最小限に抑えられます。There is a limit of 20 concurrent connections for client operating systems, but in small environments, the agent randomization setting should minimize any chance of more than 20 agents connecting at one time.

ウィザードを実行してプロセッサを設定する前に、次のものが使用可能であることを確認してください。Ensure that you have the following available before you run the wizard to set up the processor.

  • SQL Server インスタンスの名前。SQL Server instance name. 前に使用した例は、"teledash" です。The example used earlier is "teledash."

  • SQL データベース。SQL database. 既存のデータベースを指定しない場合は、新しいデータベースが作成されます。A new database will be created if you don't specify an existing database.

  • 共有フォルダーを作成する権限、または既存の共有フォルダーの UNC パスを作成します。Permissions to create a shared folder, or the UNC path of an existing shared folder. プロセッサをセットアップするためのアクセス許可が与えられている場合は、ウィザードで共有フォルダーを作成できます。The wizard that sets up the processor can create a shared folder if it has permissions to do so. 既存の共有フォルダーを指定した場合、既存の NTFS と共有フォルダーのアクセス許可は、ウィザードによって設定されたアクセス許可で上書きされます。If you specify an existing shared folder, any existing NTFS and shared folder permissions are overwritten with permissions set by the wizard.

  • データベースを作成する権限 (SQL Server の sysadmin ロール)。Permissions to create a database (sysadmin role in SQL Server). 新しいデータベースを作成して構成するには、プロセッサをセットアップするためにウィザードを実行するアカウントが、SQL Server の sysadmin サーバーレベルロールのメンバーであるドメインアカウントである必要があります。To create and configure a new database, the account that runs the wizard to set up the processor must be a domain account that is a member of the sysadmin server-level role on the SQL Server. Office テレメトリダッシュボードを使用している場合、sysadmin ロールのメンバーシップは不要であり、データベースの作成後に削除することができます。For ongoing use of Office Telemetry Dashboard, membership in the sysadmin role isn't required and can be removed after the database is created. 既存のデータベースを使用することもできます。You can also use an existing database.

  • 少なくとも 11 GB のハードディスク領域。At least 11 GB of hard disk space. このディスク領域は、ユーザーから収集されたデータを一時的に保存するために必要です。This disk space is needed to temporarily store data that is collected from users.

Office テレメトリプロセッサをインストールするにはTo install the Office Telemetry Processor

  1. プロセッサをインストールするコンピューターで、CRT の最新バージョンをインストールします。On the computer where you want to install the processor, install the latest version of the CRT. 詳細については、「 Windows のユニバーサル C ランタイムの更新」を参照してください。For more information, see Update for Universal C Runtime in Windows.

  2. Office テレメトリダッシュボードの [はじめに] ワークシートで、[2] の下の [インストール] リンクを選びます。テレメトリプロセッサをインストールします。In Office Telemetry Dashboard, on the Getting started worksheet, choose the installation link under 2. Install Telemetry Processor. プロセッサが動作する Windows オペレーティングシステムアーキテクチャと同じ x86 または x64 のバージョンを選びます。Select the x86 or x64 version that's the same as the Windows operating system architecture where the processor will run.

  3. 必要に応じて、Office テレメトリダッシュボードのリンクを使用して、.msi ファイルを別のコンピューターに保存し、そこでセットアッププログラムを実行することができます。Optionally, you can use the links in Office Telemetry Dashboard to save the .msi file to another computer and run the Setup program there. プロセッサを別々のコンピューターにインストールする場合は、この手順が必要です。This step is required if you are installing processors on separate computers.

  4. [次へ] を選択し、[はい] を選択して、ユーザーアカウント制御のプロンプトを受け入れてプロセッサをインストールします。Choose Next and then choose Yes to accept the User Account Control prompt to install the processor. [完了] を選ぶと、 Office テレメトリプロセッサ設定ウィザードが開始されます。Choose Finish, which starts the Office Telemetry Processor settings wizard.

  5. [はい] を選んでプロンプトを受け入れ、[次へ] を選びます。Choose Yes to accept the prompt, and then choose Next.

  6. SQL Server インスタンスの名前を入力し、[接続] を選択します。Type the name of the SQL Server instance, and then choose Connect.

  7. 新しいデータベースの名前を入力し、[作成] を選択して、[次へ] を選択します。Type the name of a new database, choose Create, and then choose Next.

  8. データベースの権限とデータベースロールを作成するには、[はい] を選びます。Choose Yes to create database permissions and the database role.

  9. [共有フォルダー ] ページで、次のいずれかの操作を行います。Do one of the following on the Shared Folder page:

    • 既存の共有フォルダーの UNC パスを指定し、[次へ] を選択します。Specify the UNC path of an existing shared folder, and then choose Next. ウィザードで適切な権限を設定できるようにするには、 [はい] を選びます。Choose Yes to allow the wizard to set the appropriate permissions.

    • ローカルコンピューター上に新しい共有フォルダーを作成するには、[参照] を選びます。To create a new shared folder on the local computer, choose Browse. 共有フォルダーを作成する場所に移動します。Navigate to the location where you want to create the shared folder. 親フォルダーのショートカットメニューを開き (右クリック)、[新規作成] をポイントして、[フォルダー] を選択します。Open the shortcut menu for the parent folder (right-click it), point to New, and then choose Folder. 新しいフォルダーの名前を入力し、もう一度フォルダーを選択して選択し、[フォルダーの選択] を選択します。Type the name of the new folder, ensure that you choose the folder again to select it, and then choose Select Folder. [次へ] を選び、[はい] を選ぶと、ウィザードでフォルダーを共有し、適切なアクセス許可を設定できるようになります。Choose Next, and then choose Yes to allow the wizard to share the folder and set the appropriate permissions.

  10. 既定のオプションをそのまま使用して、カスタマーエクスペリエンス向上プログラムにサインアップするか、この時点でプログラムにサインアップしないオプションを選択して、[次へ] を選びます。Accept the default option to sign up for the Customer Experience Improvement Program, or choose the option not to sign up for the program at this point, and then choose Next.

  11. [完了] を選択してウィザードを終了します。Choose Finish to exit the wizard.

Office テレメトリダッシュボードで使用されるデータベースDatabase used by Office Telemetry Dashboard

Office テレメトリプロセッサ設定ウィザードによって作成されたデータベースは、Office テレメトリダッシュボードに接続して接続する準備ができました。The database, which was created by the Office Telemetry Processor settings wizard, is ready to be configured and connected to Office Telemetry Dashboard.

データベースに接続するにはTo connect to the database

  1. Office テレメトリダッシュボードの [はじめに] ワークシートで、[5] の下にあります。データベースに接続してテレメトリデータを表示するには、[データベースに接続] を選択します。In Office Telemetry Dashboard, on the Getting started worksheet, under 5. Connect to the database to view telemetry data, choose Connect to Database.

  2. プロセッサのインストール時に指定した SQL Server と SQL データベースの名前を指定します。Specify the name of the SQL Server and SQL database that you specified during the installation of the processor.

接続が確立されると、多くの新しいワークシートがブックに追加されます。When the connection is established, many new worksheets are added to the workbook. エージェントを展開して有効にするまで、データは含まれません。They won't contain data until you deploy and enable the agents.

データベースへのアクセス許可を他の管理者に付与するにはTo grant other administrators permission to access the database

  • SQL Server を実行しているコンピューターでテレメトリダッシュボード管理ツール(Tdadm) を使用して、他の管理者が Office テレメトリダッシュボードでデータを表示できるようにすることができます。You can use the Telemetry Dashboard Administration Tool (Tdadm) on the computer that is running SQL Server to allow other administrators to view data in Office Telemetry Dashboard. プロセッサのインストール時にデータベースを作成した場合、アカウントに対してこの処理を実行する必要はありません。You don't have to run this for your own account if you created a database when you installed the processor. 必要に応じて、dbserver、dbname、および domain\user の値を更新します。Update the values for dbserver, dbname, and domain\user as needed.

    tdadm.exe -o permission -databaseserver dbserver -databasename dbname -add domain\user
    

Tdadm の詳細については、 Tdadm wikiを参照してください。For more information about Tdadm, see the Tdadm wiki.

ユーザーのプライバシーを保護するためにデータベースのレポートしきい値を構成する方法の詳細については、「 Office テレメトリダッシュボードで監視されているデータのプライバシーを管理する」を参照してください。For more information about how to configure the reporting threshold in the database to help protect user privacy, see Manage the privacy of data monitored by Office Telemetry Dashboard. データベースへの接続に問題がある場合は、「 Office テレメトリダッシュボード展開のトラブルシューティング」を参照してください。If you have problems connecting to the database, see Troubleshooting Office Telemetry Dashboard deployments.

データ (たとえば、ファイル名、ソリューション名、ユーザー名、コンピューター名、タグ値など) に補助文字 (サロゲートペア) が含まれている場合は、SQL Server で利用可能な次の SC 照合を使用して、文字の適切な処理をサポートします。If your data (for example, file names, solution names, user names, computer names, or tag values) includes supplementary characters (surrogate pairs), use the following SC collations that are available in SQL Server to support better handling of the characters.

  • バージョン90の Windows 照合順序 (Chinese_PRC_Stroke_90 など)Version 90 Windows collations, such as Chinese_PRC_Stroke_90

  • バージョン100の Windows 照合順序 (Latin1_General_100_CI_AS_SC など)Version 100 Windows collations, such as Latin1_General_100_CI_AS_SC

照合順序の設定の詳細については、使用している SQL Server のバージョンに関するドキュメントを参照してください。For more details about collation settings, see the documentation for the version of SQL Server that you are using.

Office テレメトリエージェントOffice Telemetry Agent

Office テレメトリエージェントの展開と有効化の詳細については、次の情報と説明を参照してください。The following information and instructions will help you learn more about how to deploy and enable the Office Telemetry Agent.

エージェントの展開Deploying the agent

このエージェントは、Office 365 ProPlus、Office 2019、Office 2016、Office 2013 に組み込まれており、個別に展開する必要はありません。The agent is built into Office 365 ProPlus, Office 2019, Office 2016, and Office 2013 and doesn't have to be deployed separately. 組織で次のいずれかのバージョンの Office を使用している場合は、Office 2019 または Office 2016 エージェントをこれらのクライアントに展開する必要があります。If your organization has any of the following versions of Office, you must deploy the Office 2019 or Office 2016 agent to these clients.

  • Office 2003Office 2003

  • Office 2007Office 2007

  • Office 2010Office 2010

Office 2013 を実行していて、コンピューターに Office 2013 エージェントがインストールされているコンピューターの場合は、次のようないくつかの考慮事項があります。For computers that are running Office 2013 and you have the Office 2013 agent installed on the computer, there are several additional considerations:

  • Office 2013 が実行されているコンピューターは、office 2019 または office 2016 Office テレメトリダッシュボードから監視できます。You can monitor computers running Office 2013 from the Office 2019 or Office 2016 Office Telemetry Dashboard. これを機能させるには、コンピューターで Office 2013 エージェントも実行している必要があります。In order for this to work, the computer must also be running the Office 2013 agent. エージェントは、office 2019 または office 2016 の Office テレメトリダッシュボードをポイントするように構成されている必要があります。The agent must be configured to point to the Office 2019 or Office 2016 Office Telemetry Dashboard.

  • Office 2019 または office 2016 エージェントを Office 2013 で使用することはできません。You cannot use an Office 2019 or Office 2016 agent with Office 2013. Office 2019 または Office 2016 エージェントは、Office 2013 インストールからのイベントを読み取ることができません。The Office 2019 or Office 2016 agent will not be able to read events from an Office 2013 installation.

  • コンピューターを Office 2019 または Office 2016 にアップグレードした後でも、引き続き古い Office 2013 エージェントを実行できます。Once you have upgraded a computer to Office 2019 or Office 2016, you can continue to run the old Office 2013 agent. エージェントは、引き続き Office 2013 Office テレメトリダッシュボードにデータを報告します。The agent will continue to report data to the Office 2013 Office Telemetry Dashboard. 同時に、Office 2019 または office 2016 にアップグレードしたときにインストールされた新しい Office 2019 または Office 2016 エージェントは、office 2019 または Office 2016 office テレメトリダッシュボードに同じデータを提供します。At the same time, the new Office 2019 or Office 2016 agent that was installed when you upgraded to Office 2019 or Office 2016 will provide the same data to the Office 2019 or Office 2016 Office Telemetry Dashboard. これにより、重要なコンピューターとネットワーク帯域幅のリソースが使用される場合があります。This may use up valuable computer and network bandwidth resources. Office 2019 または Office 2016 Office テレメトリダッシュボードに移行する準備ができたら、Office 2013 エージェントを無効にすることをお勧めします。We recommend you disable the Office 2013 agent once you are ready to move to Office 2019 or Office 2016 Office Telemetry Dashboard.

  • Office 2019 または Office 2016 エージェントをインストールしても、Office 2013 エージェントは上書きされません。When you install the Office 2019 or Office 2016 agent, it does not overwrite the Office 2013 agent. 代わりに、Office 2013 エージェントを無効にする必要があります。Instead, you need to disable the Office 2013 agent. グループポリシーを使用してエージェントを無効にします。You disable the agent by using Group Policy. エージェントを無効にするために使用するグループポリシー設定の詳細については、「エージェントを有効化および構成する」を参照してください。For more information on the Group Policy settings you use to disable the agent, see Enabling and configuring the agent.

  • Office 2013 を実行しているコンピューターに Office 2019 または Office 2016 エージェントを展開しないことをお勧めします。We recommend that you do not deploy the Office 2019 or Office 2016 agent on computers that are only running Office 2013.

エージェントを実行するには、クライアントコンピューターで次のいずれかのバージョンの Windows (32 ビットまたは64ビット) を実行している必要があります。In order to run the agent, client computers must run one of the following versions of Windows (either 32-bit or 64-bit):

  • Window 10Window 10

  • Windows 8.1Windows 8.1

  • Windows 8Windows 8

  • Windows 7 と Service Pack 1Windows 7 with Service Pack 1

  • Windows Server 2016Windows Server 2016

  • Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2

  • Windows Server 2012Windows Server 2012

  • Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2

  • Windows Server 2008Windows Server 2008

Microsoft によってサポートされなくなった Windows service pack でエージェントが正しく動作しないことがあります。The agent might not work correctly on Windows service packs that are no longer supported by Microsoft. Microsoft 製品ライフサイクル検索 web サイトで、エージェントをインストールする前に、サービスパックがサポートされていることを確認することをお勧めします。We recommend that you verify that your service pack is supported on the Microsoft Product Lifecycle Search website before you install the agent.

このエージェントを実行しているコンピューターでは、Windows のバージョンに対して、ユニバーサル C ランタイム (CRT) の最新バージョンも実行する必要があります。The computer running the agent must also run the latest version of the Universal C Runtime (CRT) for the version of Windows. 詳細については、「 Windows のユニバーサル C ランタイムの更新」を参照してください。For information, see Update for Universal C Runtime in Windows.

Office 2019 または Office 2016 エージェントを Office 2010、Office 2007、および Office 2003 クライアントに展開するにはTo deploy the Office 2019 or Office 2016 agent to Office 2010, Office 2007, and Office 2003 clients

  1. Office テレメトリダッシュボードの [はじめに] ワークシートで、[3] の下にあります。テレメトリエージェントを展開し、適切なリンク (x86 または x64) を選択して、指定した場所にエージェントの .msi ファイルを保存します。In Office Telemetry Dashboard, on the Getting started worksheet, under 3. Deploy Telemetry Agent, choose the appropriate link (x86 or x64) to save the agent .msi file to a specified location.

  2. 推奨される方法を使用して、監視するクライアントコンピューターに .msi ファイルを展開します。Using your preferred method, deploy the .msi file to client computers that you want to monitor. 必ず、エージェントの x86 または x64 のバージョンが、Office クライアントアーキテクチャではなく、クライアントで実行されている Windows オペレーティングシステムのアーキテクチャに一致していることを確認してください。Be sure to match the x86 or x64 version of the agent to the architecture of the Windows operating system that is running on the client, not the Office client architecture.

    クライアントのローカルインストールの場合は、管理者として .msi ファイルを実行する必要があります。For client local installations, you must run the .msi file as an administrator. MSI パッケージは、MSI の/quiet パラメーターを使用してサイレントに展開できます。You can deploy the MSI package silently by using the /quiet parameter with the MSI. 使用可能なパラメーターの完全なセットについては、MSI のヘルプを参照してください。Refer to the MSI help for the full set of available parameters.

    大規模な展開の場合は、 Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用してテレメトリエージェントを展開できます。For large-scale deployments, you can deploy Telemetry Agent by using Microsoft Endpoint Configuration Manager.

エージェントの有効化と構成Enabling and configuring the agent

エージェントを有効にして構成するには、小規模またはテスト環境で、監視対象の各クライアントコンピューターでレジストリを編集することができます。To enable and configure the agent, you can edit the registry on each monitored client computer in small or test environments. 数百または数千のクライアントコンピューターを含む運用環境の場合は、グループポリシー管理用テンプレートを使用することができます。For production environments that contain hundreds or thousands of client computers, you can use Group Policy administrative templates. AgentInitWait と AgentRandomDelay の2つの設定は、レジストリでのみ構成可能です。Two settings, AgentInitWait and AgentRandomDelay, are configurable only in the registry.

レジストリを使用してエージェントを有効にし、構成するUse the registry to enable and configure the agent

1つのクライアントでレジストリを更新するには、エージェントでデータを収集およびアップロードするためのレジストリ値を設定する .reg ファイルを実行するのが最も簡単な方法です。The easiest way to update the registry on a single client is to run a .reg file that sets the registry values that enable the agent to collect and upload data. この .reg ファイルを作成するには、次の例のいずれかをテキストファイルにコピーし、必要なフィールドを更新して、ファイルを agent として保存してから、管理者特権のコマンドプロンプトから実行します。You can create this .reg file by copying one of the following examples to a text file, updating the required fields, saving the file as agent.reg and then running it from an elevated command prompt. .Reg ファイルで、エージェントがデータをアップロードする共有フォルダーの UNC パスを指定していることを確認します。In the .reg file, ensure that you specify the UNC path of the shared folder to which the agent uploads the data. 必要に応じて、[ <タグ> ] フィールドを更新して、部門、場所、展開グループなど、組織内で収集されたデータを簡単に識別できるようにすることができます。Optionally, you can update the <TAG> fields so you can easily identify the collected data in your organization, such as by department, location, or deployment group.

次の例では、エージェントを有効にするために必要な既定の設定を設定します。The following example sets the default settings that are needed to enable the agent. AgentInitWait と AgentRandomDelay は既定値に設定されています。これは、実稼働展開に適しています。AgentInitWait and AgentRandomDelay are set to their default values, which are appropriate for production deployments.

Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\osm]
"CommonFileShare"="\\\\<SERVERNAME>\\<SHARENAME>"
"Tag1"="<TAG1>"
"Tag2"="<TAG2>"
"Tag3"="<TAG3>"
"Tag4"="<TAG4>"
"AgentInitWait"=dword:00000258
"Enablelogging"=dword:00000001
"EnableUpload"=dword:00000001
"EnableFileObfuscation"=dword:00000000
"AgentRandomDelay"=dword:000000F0

次の例のコードでは、Office テレメトリダッシュボードを有効にして、AgentInitWait と AgentRandomDelay を最小値に設定することで、データのアップロードをすぐに開始します。The code in the following example enables Office Telemetry Dashboard to begin uploading data immediately by setting AgentInitWait and AgentRandomDelay to their smallest values. この例は、テスト展開でのみ使用してください。Use this example only in test deployments.

Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\osm]
"CommonFileShare"="\\\\<SERVERNAME>\\<SHARENAME>"
"Tag1"="<TAG1>"
"Tag2"="<TAG2>"
"Tag3"="<TAG3>"
"Tag4"="<TAG4>"
"AgentInitWait"=dword:00000001
"Enablelogging"=dword:00000001
"EnableUpload"=dword:00000001
"EnableFileObfuscation"=dword:00000000
"AgentRandomDelay"=dword:00000000

共有フォルダーに .reg ファイルを配置してファイルを実行するように指示することで、複数のクライアントコンピューターにレジストリの更新プログラムを配布することができます。また、ユーザーのログオンスクリプトにコマンドを追加して、ユーザーがログオンしたときに自動的に .reg ファイルがインポートされるようにすることもできます。You can distribute registry updates to multiple client computers by putting a .reg file in a shared folder and instructing users to run the file, or you can add a command to the users' logon script to automatically import the .reg file when users log on. ログオンスクリプトから .reg ファイルを開始するには、次の例の構文を使用します。Use the syntax in the following example to start the .reg file from a logon script:

%windir%\regedit.exe /s <PATH>\<NAME>.reg

.Reg ファイルの使い方の詳細については、登録エントリ (.reg) ファイルを使用して、レジストリのサブキーと値を追加、変更、または削除する方法に関する記事を参照してください。For more information about how to use .reg files, see How to add, modify, or delete registry subkeys and values by using a registration entries (.reg) file.

次の表では、各レジストリ値について説明します。The following tables describe each registry value.

注意

管理者でない場合は HKEY_CURRENT_USER \Software\Microsoft\Office\16.0\OSM. でレジストリを編集する必要があります。If you're not an administrator, you'll have to edit the registry under HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\OSM. これらの変更は HKEY_CURRENT_USER \Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\OSM. にあるポリシー設定によって上書きされる可能性があります。These changes can be overwritten by policy settings that are located in HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\OSM.

HKEY_CURRENT_USER \Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\OSM でのエージェントのレジストリ設定Agent registry settings under HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\OSM

値の名前Value name 種類Type 値の説明とデータValue description and data 必須または省略可能Required or optional
enableloggingenablelogging
REG_DWORDREG_DWORD
実行時のログと静的スキャンを有効にします。Enables runtime logging and static scanning. これにより、エージェントはデータを収集できます。This allows the agent to collect data.

Value:

1 = ログとエージェントを有効にする1 = Enable logging and agent
0 = ログとエージェントを無効にする0 = Disable logging and agent
既定値 = 0 (ログ&記録を無効にする)Default = 0 (Disable logging & agent)
必須Required
enableuploadenableupload
REG_DWORDREG_DWORD
エージェントでデータのアップロード機能を有効にして、エージェントが CommonFileShare で指定された共有フォルダーにデータを定期的にアップロードできるようにします。Turns on the data uploading feature in the agent so that the agent can periodically upload data to the shared folder that is specified in CommonFileShare.

Value:

0 = アップロードしない0 = Do not upload
1 = アップロード1 = Upload
既定値 = 0 (アップロードしない)Default = 0 (Do not upload)
必須Required
commonfilesharecommonfileshare
REG_SZREG_SZ
データを保存する共有フォルダーの UNC パスを指定します。Specifies the UNC path of the shared folder for storing data.

Value:

\\ \ 共有\\server\share
必須Required
tag1tag1
tag2tag2
tag3tag3
tag4tag4
REG_SZREG_SZ
エージェントによって送信されたデータにカスタムタグを追加します。Adds custom tags to the data that is sent by the agent. このポリシー設定を有効にした場合、指定したカスタムタグが Office テレメトリダッシュボードに表示されます。ここでは、タグ名で収集したデータをフィルター処理することができます。If you enable this policy setting, the specified custom tags are shown in Office Telemetry Dashboard, where you can filter the collected data by the tag name. Tag1tag2tag3、およびtag4をカスタム文字列で置き換えて、収集されたデータを分類してフィルター処理することができます (たとえば、 tag1を部署名に置換し、 tag2をユーザーの場所に置き換えることができます。など)。You can replace tag1, tag2, tag3, and tag4 with custom strings to categorize and filter the collected data (for example, replace tag1 with a department name, replace tag2 with the location of the users, and so on).

Value:

tag1tag1
tag2tag2
tag3tag3
tag4tag4
省略可能Optional
enablefileobfuscation 化enablefileobfuscation
REG_DWORDREG_DWORD
データ内で報告される特定のファイルプロパティを偽装または難読化するようにエージェントを構成します。Configures the agent to disguise, or obfuscate, certain file properties that are reported in data. このポリシー設定を有効にすると、エージェントは、共有フォルダーにデータをアップロードする前に、Office ドキュメントのファイル名、ファイルパス、タイトルを obfuscates します。If you enable this policy setting, the agent obfuscates the file name, file path, and title of Office documents before uploading data to the shared folder. 詳細については、「office テレメトリダッシュボードで監視されるデータのプライバシーを管理する」を参照してください。You can learn more about file obfuscation and other privacy settings for Office Telemetry Dashboard in Manage the privacy of data monitored by Office Telemetry Dashboard.

Value:

0 = 難読化しない0 = Do not obfuscate
1 = 難読化1 = Obfuscate
既定値 = 0 (難読化なし)Default = 0 (No obfuscation)
省略可能Optional
AgentInitWaitAgentInitWait
REG_DWORDREG_DWORD
重要: ネットワークまたはクライアントのパフォーマンスに影響を与えないようにするには、テスト環境でのみこの値を減らします。IMPORTANT: To avoid affecting network or client performance, decrease this value in test environments only.

エージェントがクライアントをスキャンしてデータを共有フォルダーにアップロードするまでの時間を調整します。Adjusts the time that the agent waits before it scans a client and uploads data to the shared folder. この値が存在しない場合、既定の待機時間は10分 (600 秒) です。If this value doesn't exist, the default wait time is 10 minutes (600 seconds). テスト環境では、1秒を指定して、Service Pack 1 以前のクライアントでの Windows 7 のテストの遅延を削除することができます。In test environments, you can specify 1 second to remove the delay for testing Windows 7 with Service Pack 1 and earlier clients. Windows "8" を実行しているコンピューターでは、60秒以上に設定することをお勧めします。We recommend that you set this to at least 60 seconds for computers that run Windows "8."

Value:

x = 待機時間 (秒)x = Wait time in seconds
省略可能Optional
AgentRandomDelayAgentRandomDelay
REG_DWORDREG_DWORD
重要: ネットワークまたはクライアントのパフォーマンスに影響を与えないようにするには、テスト環境でのみこの値を減らします。IMPORTANT: To avoid affecting network or client performance, decrease this value in test environments only.

ランダムな遅延の最大値を分単位で調整します。Adjusts the maximum random delay, in minutes. エージェントは、データのスキャンまたはアップロードを開始する前に、 Agentinitwait値に加えて、0とAgentRandomDelay分の間にランダムに待機します。The agent randomly waits between 0 and AgentRandomDelay minutes, in addition to the AgentInitWait value, before it starts to scan or upload data. この値が存在しない場合、エージェントは0分から240分の間待機します。If this value doesn't exist, the agent waits between 0 minutes to 240 minutes. テスト環境では、0を指定してテストのランダム遅延を削除できます。In test environments, you can specify 0 to remove the random delay for testing.

Value:

x = ランダムな遅延 (分)x = Random delay in minutes
省略可能Optional

HKEY_CURRENT_USER \Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\OSM\preventedapplications でのエージェントのレジストリ設定Agent registry settings under HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\OSM\preventedapplications

値の名前Value name 値の型Value type 値の説明とデータValue description and data 必須または省略可能Required or optional
accesssolutionaccesssolution
olksolutionolksolution
onenotesolution 各方法onenotesolution
pptsolutionpptsolution
プロジェクトソリューションprojectsolution
publishersolutionpublishersolution
visiosolutionvisiosolution
wdsolutionwdsolution
xlsolutionxlsolution
REG_DWORDREG_DWORD
特定の Office アプリケーションのデータが Office テレメトリダッシュボードに報告されないようにします。Prevents data for specific Office applications from being reported to Office Telemetry Dashboard. このレジストリ設定の詳細については、「Office テレメトリダッシュボードで監視されるデータのプライバシーを管理する」を参照してください。You can learn more about this registry setting in Manage the privacy of data monitored by Office Telemetry Dashboard.

Value:

1 = 報告を禁止する1 = Prevent reporting
0 = レポートを許可する0 = Allow reporting
既定値 = 0 (レポートの許可)Default = 0 (Allow reporting)
省略可能Optional

HKEY_CURRENT_USER \Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\OSM\preventedsolutiontypes でのエージェントのレジストリ設定Agent registry settings under HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\OSM\preventedsolutiontypes

値の名前Value name 値の型Value type 値の説明とデータValue description and data 必須または省略可能Required or optional
office 用アプリagave
appaddinsappaddins
comaddinscomaddins
documentfilesdocumentfiles
templatefilestemplatefiles
REG_DWORDREG_DWORD
特定のソリューションのデータが Office テレメトリダッシュボードに報告されないようにします。Prevents data for specific solutions from being reported to Office Telemetry Dashboard. ただし、ソリューションの種類はまだ報告されています。However, the solution type is still reported. このレジストリ設定の詳細については、「Office テレメトリダッシュボードで監視されるデータのプライバシーを管理する」を参照してください。You can learn more about this registry setting in Manage the privacy of data monitored by Office Telemetry Dashboard.

Value:

1 = 報告を禁止する1 = Prevent reporting
0 = レポートを許可する0 = Allow reporting
既定値 = 0 (レポートの許可)Default = 0 (Allow reporting)
省略可能Optional

グループポリシーを使用してエージェントを有効にし、構成するUse Group Policy to enable and configure the agent

グループポリシーを使って、エージェントを有効にして構成することもできます。You can also use Group Policy to enable and configure agents. Microsoft ダウンロードセンターから、Office の管理用テンプレートファイル (ADMX/ADML) をダウンロードします。Download the Administrative Template files (ADMX/ADML) for Office from the Microsoft Download Center. 次の表に記載されているポリシー設定は、ユーザーの Microsoft Office 2016 \ テレメトリダッシュボードで利用できます。The policy settings that are listed in the following table are available in the path User Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016\Telemetry Dashboard.

エージェントのポリシー設定Agent policy settings

設定名Setting name 説明Description 必須または省略可能Required or optional
テレメトリデータの収集を有効にするTurn on telemetry data collection
Office テレメトリダッシュボードと Office テレメトリログで使用される、Office のデータ収集機能を有効にします。Turns on the data collection features in Office that are used by Office Telemetry Dashboard and Office Telemetry Log. 既定では、Office でデータ収集が無効になっています。By default, data collection is disabled in Office.
必須Required
Office テレメトリエージェントのデータアップロードを有効にするTurn on data uploading for Office Telemetry Agent
エージェントでデータアップロード機能を有効にして、エージェントが定期的にデータを共有フォルダーにアップロードできるようにします。Turns on the data uploading feature in the agent so that the agent can periodically upload data to a shared folder. 既定では、データのアップロードは無効になっています。By default, data uploading is disabled.
必須Required
Office テレメトリデータを保存するための UNC パスを指定するSpecify the UNC path to store Office telemetry data
エージェントからデータを送信する共有フォルダーの汎用名前付け規則 (UNC) パスを指定します。Specifies the Uniform Naming Convention (UNC) path of a shared folder to which the agent sends data.
必須Required
Office テレメトリデータのカスタムタグを指定するSpecify custom tags for Office telemetry data
エージェントによって送信されたデータにカスタムタグを追加します。Adds custom tags to the data that is sent by the agent. このポリシー設定を有効にした場合、指定したカスタムタグが Office テレメトリダッシュボードに表示されます。ここでは、タグ名で収集したデータをフィルター処理することができます。If you enable this policy setting, the specified custom tags are shown in Office Telemetry Dashboard, where you can filter the collected data by the tag name. 分類する任意の文字列を指定して、収集されたデータ (部署名、ユーザーの役職など) をフィルター処理することができます。You can specify any string that you want to categorize and filter the collected data (for example, department name, title of user, and so on).
省略可能Optional
Office テレメトリエージェントでプライバシー設定を有効にするTurn on privacy settings in Office Telemetry Agent
データ内で報告される特定のファイルプロパティを偽装または難読化するようにエージェントを構成します。Configures the agent to disguise, or obfuscate, certain file properties that are reported in data. このポリシー設定を有効にすると、エージェントは、共有フォルダーにデータをアップロードする前に、Office ドキュメントのファイル名、ファイルパス、タイトルを obfuscates します。If you enable this policy setting, the agent obfuscates the file name, file path, and title of Office documents before uploading data to the shared folder.

詳細については、「office テレメトリダッシュボードで監視されるデータのプライバシーを管理する」を参照してください。You can learn more about file obfuscation and other privacy settings for Office Telemetry Dashboard in Manage the privacy of data monitored by Office Telemetry Dashboard.
省略可能Optional
Office テレメトリエージェントのレポートから除外する office アプリケーションOffice applications to exclude from Office Telemetry Agent reporting
特定の Office アプリケーションのデータが Office テレメトリダッシュボードに報告されないようにします。Prevents data for specific Office applications from being reported to Office Telemetry Dashboard.
省略可能Optional
Office テレメトリエージェントのレポートから除外する office ソリューションOffice solutions to exclude from Office Telemetry Agent reporting
特定の Office ソリューションのデータが Office テレメトリダッシュボードに報告されないようにします。Prevents data for specific Office solutions from being reported to Office Telemetry Dashboard.
省略可能Optional

データ収集を手動でトリガーするTriggering data collection manually

ユーザーが Office クライアントにログインすると、エージェントは10分間待機して他のログオンプロセスが完了するのを待ち、クライアントコンピューターの se を回避するために最大4時間 (または AgentRandomDelay レジストリ値に設定された最大遅延) 分のランダムな番号を待機します。データをネットワークに対して同時に読み取れます。When a user logs in to an Office client, the agent waits 10 minutes to allow other logon processes to be completed, and then waits a randomized number of minutes up to 4 hours (or the max delay that is set for the AgentRandomDelay registry value) to avoid client computers sending data to network at the same time. この最初のスキャンの後、エージェントは8時間ごとにデータをスキャンして収集します。After this initial scan, the agent scans and collects data every 8 hours.

データ収集を手動でトリガーし、Office テレメトリダッシュボードに直ちにアップロードされたデータを表示する場合は、前の表で説明したように、次のレジストリ値を設定します。If you want to trigger the data collection manually and see data uploaded immediately to Office Telemetry Dashboard, set the following registry values as described in the earlier table:

Windows 7 と Service Pack 1 以前を実行しているコンピューターの場合For computers that run Windows 7 with Service Pack 1 and earlier

  • AgentInitWait: 1AgentInitWait: 1

  • AgentRandomRelay: 0AgentRandomRelay: 0

Windows 8 以降を実行しているコンピューターの場合For computers that run Windows 8 and later

Windows 8 以降のバージョンの Microsoft Windows では、ユーザーのログオンが高速であるため、ユーザーがログオンした後にネットワーク接続が準備できるように、AgentInitWait を少なくとも60秒に設定することをお勧めします。Because user logon is faster in Windows 8 and later versions of Microsoft Windows, we recommend setting AgentInitWait to at least 60 seconds to ensure that the network connection is ready after the user logs on.

  • AgentInitWait:60AgentInitWait: 60

  • AgentRandomRelay: 0AgentRandomRelay: 0

スキャンを手動で開始するには、次のいずれかの手順を実行します。To trigger a scan manually, use one of the following procedures.

Windows クライアントでスキャンとデータ収集を開始するにはTo trigger scanning and data collection on Windows clients

  1. コンピュータが AC 電源に接続されていることを確認します。Ensure that the computer is connected to an AC power supply.

  2. クライアントコンピューターのタスクスケジューラで、[タスクスケジューラライブラリ]、[ Microsoft]、[ Office] の順に展開します。In Task Scheduler on the client computer, expand Task Scheduler Library, expand Microsoft, and then choose Office.

  3. [ OfficeTelemetryAgentLogOn] を右クリックし、[実行] を選びます。Right-click OfficeTelemetryAgentLogOn, and then choose Run.

Office テレメトリダッシュボードについてよく寄せられる質問Frequently asked questions about Office Telemetry Dashboard

Q: クライアントコンピューターがしばらく接続されていない場合はどうなりますか?Q: What happens if a client computer is disconnected for some time?

A: 監視対象のクライアントが切断されている場合、または共有フォルダーが一時的に利用できない場合、データはクライアントでローカルに収集されます。A: If a monitored client is disconnected, or if the shared folder is temporarily unavailable, data is still collected locally on the client. 接続が復元されると、情報のバックログが共有フォルダーに配信されます。When the connection is restored, the backlog of information is delivered to the shared folder.

Q: 各転送中に転送されるデータの量を教えてください。Q: How much data is transferred during each transfer?

A: この金額は、使用されているファイルの数と、インストールされているソリューションによって異なります。A: The amount varies according to the number of files that are used and solutions installed. ここでは、さまざまなバージョンの Office について、エージェントから送信されるデータの量を推定しています。Here are estimates for how much data the agent sends for different versions of Office:

  • 以前のバージョンの Office では、アップロードするたびに約 50 KB が送信できます。Earlier versions of Office send approximately 50 KB for every upload.

  • Office 2013 以降では、アップロードするたびに約 64 KB のデータが送信されます。Office 2013 and later send approximately 64 KB of data for every upload.

転送金額は、間隔が既定値より長く設定されている場合や、ローカルコンピューター上のデータが長時間アイドル状態になっている場合に大きくなることがあります。The amount transferred can be larger when the interval is set to longer than the default or when the data sits idle on the local computer for long periods of time. 実際のファイルの内容は転送されないことに注意してください。ファイルに関するメタデータのみが転送されます。Note that actual file content isn't transferred; only metadata about the files is transferred.

Q: エージェントをインストールして実行する場合、パフォーマンスへの影響はありますか?Q: What is the performance impact of installing and running the agent?

A: エージェントは、ユーザーに対して透過的であり、MRU や特定のローカルレジストリ設定のコンテンツを検査するなど、影響の少ないタスクを実行します。A: The agent is transparent to the user and performs low-impact tasks, such as inspecting content from MRU and specific local registry settings. エージェントは、ファイルを積極的にスキャンしません。The agent doesn't actively scan files. エージェントは、クライアントのパフォーマンスに影響を与えないように、モニターの電源状態とネットワーク状態のアカウントを持っています。The agent does account for monitor power state and network status to avoid affecting client performance.

Q: エージェントを再初期化する方法を教えてください。Q: How can I re-initialize an agent?

A: エージェントは、%localappdata%\Microsoft\Office\16.0\Telemetry. のクライアントコンピューターにローカルに保存されています。A: The agent is stored locally on the client computer at %localappdata%\Microsoft\Office\16.0\Telemetry. このフォルダーの内容を削除して、コンピューターを再初期化し、新しい検出を開始することができます。You can delete the contents of this folder to reinitialize the computer and start a fresh discovery. これは、ユーザーごとのデータの場所であることに注意してください。Note that this is a per-user data location.

Q: データはどのくらいの頻度で共有フォルダーに送信されますか?Q: How frequently is data sent to the shared folder?

A: データは、ユーザーがログオンするときにクライアントから共有フォルダーへ、またはユーザーがログインしている間は8時間ごとに転送されます。A: Data is transferred from the client to the shared folder when users log on and every 8 hours while the user is logged in. タスクスケジューラでこの間隔を調整できます。You can adjust this interval in Task Scheduler.

Q: 収集されたデータの形式について教えてください。Q: What is the format of the collected data?

A: 収集したデータは、バイナリ形式で保存および転送され、ストレージとデータ転送の要件を最適化します。A: Collected data is stored and transferred in binary format to optimize the storage and data transfer requirements.

Q: エージェントを展開した後にカスタムラベルを変更した場合、新しいラベルはデータベースで更新されますか?Q: If I change the custom labels after I deploy the agents, when will the new labels be updated in the database?

A: 最近使用したファイルの一覧に含まれているファイルのみ、データベースのラベルが更新されます。A: Only files that are in the Most Recently Used list will have their labels updated in the database. これは、次回エージェントが利用状況データを送信するときに発生します。This will occur the next time the agent sends usage data. 最近使用したファイルの一覧に含まれていないファイルの場合は、ユーザーがファイルを開くと、エージェントが利用状況データをアップロードするまで、データベースに古いラベルが引き続き表示されます。For files that are not in the Most Recently Used list, they will continue to show the old labels in the database until the user opens the file and the agent uploads usage data.

Office テレメトリダッシュボードの展開のトラブルシューティングTroubleshooting Office Telemetry Dashboard deployments

次の表では、Office テレメトリダッシュボードとそのコンポーネントを展開した後に発生する可能性があるいくつかの現象について説明します。The following table describes some symptoms that you might encounter after you deploy Office Telemetry Dashboard and its components.

Office テレメトリダッシュボードの展開のトラブルシューティングTroubleshooting Office Telemetry Dashboard deployments

IssueIssue 説明Description 解決策Resolution
Office テレメトリプロセッサ設定ウィザードが失敗するOffice Telemetry Processor settings wizard fails
"テレメトリプロセッサの設定ウィザードは、ドメインに参加しているコンピューター上でのみ実行できます" というメッセージが表示され、ウィザードが失敗します。The wizard fails with the message "The Telemetry Processor settings wizard can only run on computers that are joined to a domain. コンピューターをドメインに参加させると、ウィザードをもう一度実行します。 "Join the computer to a domain and run the wizard again."
適切なセキュリティ設定を構成できるように、プロセッサ、共有フォルダー、SQL データベースを実行するコンピューターはドメインに参加している必要があります。The computers that run the processor, shared folder, and SQL database must be joined to a domain so that the appropriate security settings can be configured. コンピューターが信頼されたドメインにあることを確認します。Ensure the computer or computers are in trusted domains.

これらのコンポーネントを1つのワークグループコンピューターまたはドメインに参加しているコンピューターにインストールするには、「ブログの投稿」で説明されているスクリプトを使用して、ワークグループまたはドメインに参加しているコンピューターに Office テレメトリダッシュボードをすばやくセットアップします。You can install these components on a single workgroup computer or domain-joined computer by using the script that is described in the blog post Quickly set up Office Telemetry Dashboard on a workgroup or domain-joined computer.
Office テレメトリプロセッサ設定ウィザードが失敗するOffice Telemetry Processor settings wizard fails
プロセッサが間違った SQL Server インスタンスを使用している。The processor is using the wrong SQL Server instance.
SQL Server のインスタンスが2つ以上ある場合は、プロセッサのセットアップ時に format _Servername\SQLServerinstance_を使用して、正しい sql server インスタンスをポイントしていることを確認します。If there are two or more instances of SQL Server, ensure that you point to the correct SQL Server instance by using the format Servername\SQLServerinstance during the processor setup.
Office テレメトリダッシュボードにデータが表示されないOffice Telemetry Dashboard shows no data
エージェントがデータをアップロードしておらず、タスクマネージャーで Msoia プロセスが実行されていない。The agent isn't uploading data and the Msoia.exe process isn't running in Task Manager.
CommonFileShare、EnableLogging、Enablelogging レジストリ値のレジストリパスと値を確認します。Check the registry path and value for the CommonFileShare, EnableLogging, and EnableUpload registry values. これらの手順については、この記事の前半で説明したエージェントの有効化と構成について説明します。These are described in Enabling and configuring the agent, earlier in this article.
Office テレメトリダッシュボードにデータが表示されないOffice Telemetry Dashboard shows no data
エージェントがデータをスキャンまたはアップロードしていない。The agent isn't scanning or uploading data. Msoia プロセスは、長時間タスクマネージャーで実行されます。The Msoia.exe process runs in Task Manager for a long time.
既定では、最初の待機タイマーとランダム化機能を備えています。この機能を使うと、他のエージェントと同時に大量のデータをアップロードしたり、ネットワークの帯域幅に影響を与えることができます。By default, the agent has an initial wait timer and randomization feature to avoid uploading large amounts of data at the same time as other agents and affecting network bandwidth. AgentInitWait と AgentRandomDelay registry の値を更新して、この遅延をテスト環境で削除します。Update the AgentInitWait and AgentRandomDelay registry values to remove this delay in test environments. そうしないと、アップロードプロセスが最大4時間と10分間遅延する可能性があります。Otherwise the upload process can be delayed for up to 4 hours and 10 minutes. これらのレジストリ値については、この記事で前述したエージェントの有効化と構成について説明します。These registry values are described in Enabling and configuring the agent, earlier in this article. トリガーされたデータコレクションでのスキャンとアップロードを手動で実行する方法について説明します。You can learn how to trigger scanning and uploading in Triggering data collection manually.
Office テレメトリダッシュボードにデータが表示されないOffice Telemetry Dashboard shows no data
エージェントはデータをアップロードしません。The agent doesn't upload data. Msoia プロセスは、長時間タスクマネージャーで実行されます。The Msoia.exe process runs in Task Manager for a long time.
エージェントと共有フォルダー間のネットワーク接続を確認します。Verify the network connection between the agent and the shared folder.

コンピューターがドメインに参加していることを確認します。Verify that the computer is joined to a domain. 共有フォルダーは、ドメイン内で認証されているユーザーにのみアクセスを許可するように構成されています。The shared folder is configured to allow access only to users who are authenticated within the domain.

アップロードに失敗した後も、エージェントはデータのアップロードを試みます。The agent continues to try to upload data after the upload has failed. 既定のレジストリ値を使用している場合、エージェントは、最大4時間、10分 (最大) のプロセスとして、タスクマネージャーで実行され続けます。When using the default registry values, the agent continues to run as a process in Task Manager for up to 4 hours and 10 minutes (max). レジストリ値を調整するには、この記事の前半の「エージェントの有効化と構成」を参照してください。To adjust registry values, see Enabling and configuring the agent, earlier in this article. トリガーされたデータコレクションでのスキャンとアップロードを手動で実行する方法について説明します。You can learn how to trigger scanning and uploading in Triggering data collection manually.
Office テレメトリダッシュボードにデータが表示されないOffice Telemetry Dashboard shows no data
エージェントタスクが機能していないようです。The agent task doesn't seem to be working.
タスクスケジューラの [最終実行結果] 列で情報を確認します。Check the information in the Last Run Result column in Task Scheduler. 操作に成功した場合は、リターンコード0が表示されます。If the operation succeeds, it shows return code 0. エージェントが共有フォルダーにデータをアップロードできない場合、[最終実行結果] 列に "ネットワーク名が見つかりません" というメッセージが表示されます。If the agent cannot upload data to the shared folder, the message "The network name cannot be found" appears in the Last Run Result column. これは、エージェントが最後の実行結果列に記録する唯一のエラーです。This is the only error that the agent logs in the Last Run Result column. 他のエラーが表示されている場合は、他の理由か、スケジュールされたタスクが実行されなかったことが原因です。If other errors are listed, they were caused by other reasons or the scheduled task didn't run.
Office テレメトリダッシュボードにデータが表示されないOffice Telemetry Dashboard shows no data
プロセッサーが動作していません。The processor isn't working. 共有フォルダーには、多くのフォルダーとファイルがあります。There are many folders and files in the shared folder.
プロセッサと共有フォルダーの間のネットワーク接続を確認します。Verify the network connection between the processor and the shared folder. Office テレメトリプロセッサ設定ウィザードによってプロセッサが構成されていますか?Was the processor configured by the Office Telemetry Processor settings wizard? 共有フォルダーに対するアクセス許可は、プロセッサの場所とデータベースによって異なる場合があります。The permissions on the shared folder can vary, depending on the processor location and the database. デスクトップのショートカットから、 Office テレメトリプロセッサ設定ウィザードをもう一度実行します。Run the Office Telemetry Processor settings wizard again from the shortcut on the desktop.
Office テレメトリダッシュボードにデータが表示されないOffice Telemetry Dashboard shows no data
プロセッサは動作していますが、共有フォルダーの下の [失敗] フォルダーに、多くのフォルダーとファイルがあります。The processor is working but there are many folders and files under in the Failed folder under the shared folder.
プロセッサは、共有フォルダー内のファイルを1分あたり1回、データベースに処理します。The processor processes the files in the shared folder to the database one time per minute. プロセッサがファイルを3回処理できなかった場合、失敗したファイルは、失敗したフォルダーに移動されます。If the processor fails to process the files three times, it will move the failed files to the Failed folder. 詳細については、プロセッサログ (%windows%\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Local\Temp\dperrorlog.txt) を参照してください。See the processor log (%windows%\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Local\Temp\dperrorlog.txt) for more information.
Office テレメトリダッシュボードにデータが表示されないOffice Telemetry Dashboard shows no data
SQL Server の認証設定が原因で、プロセッサが機能しません。The processor isn't working because of SQL Server authentication settings.
SQL Server の認証の種類を確認します。Check the authentication type for SQL Server. Office テレメトリダッシュボードは、SQL 認証をサポートしていません。Office Telemetry Dashboard doesn't support SQL authentication. Windows 認証を使用する必要があります。You must use Windows authentication.
Office テレメトリダッシュボードにデータが表示されないOffice Telemetry Dashboard shows no data
プロセッサとデータベースの間のファイアウォールの問題により、プロセッサが機能しません。The processor isn't working because of firewall issues between the processor and the database.
Office テレメトリダッシュボードとデータベースの間にファイアウォールがある場合は、ファイアウォール構成で SQL ポートが有効になっているかどうかを確認します。If there is a firewall between Office Telemetry Dashboard and the database, check whether the SQL port is enabled in the firewall configuration. SQL Server の既定のポートは1433です。The default port for SQL Server is 1433. 詳細については、「データベースエンジンアクセス用に Windows ファイアウォールを構成する」を参照してください。See Configure a Windows Firewall for Database Engine Access for more information.
Office テレメトリダッシュボードにデータが表示されないOffice Telemetry Dashboard shows no data
プロセッサ、データベース、SQL Express 間のファイアウォールの問題が原因で、プロセッサが機能しません。The processor isn't working because of firewall issues between the processor, the database, and SQL Express.
Office テレメトリダッシュボードとデータベースの間にファイアウォールがある場合は、ファイアウォール構成で SQL ポートが有効になっているかどうかを確認します。If there is a firewall between Office Telemetry Dashboard and the database, check whether the SQL port is enabled in the firewall configuration. SQL Express の既定のポートは固定値ではありません。The default port for SQL Express isn't a fixed value. SQL 構成マネージャーでポート番号を確認し、ファイアウォール構成にポートを追加します。Check the port number in the SQL Configuration Manager and add the port to the firewall configuration. 詳細については、「データベースエンジンアクセス用に Windows ファイアウォールを構成する」を参照してください。See Configure a Windows Firewall for Database Engine Access for more information.
Office テレメトリダッシュボードにデータが表示されないOffice Telemetry Dashboard shows no data
プロセッサーが動作していません。The processor isn't working.
詳細については、プロセッサログ (%windows%\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Local\Temp\dperrorlog.txt) を参照してください。See the processor log (%windows%\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Local\Temp\dperrorlog.txt) for more information.
Office テレメトリダッシュボードがデータベースに接続できないOffice Telemetry Dashboard can't connect to the database
Office テレメトリダッシュボードには、SQL Server の権限が原因でデータベースに接続できないことを示すエラーメッセージが表示されます。Office Telemetry Dashboard shows an error message that states it can't connect to the database because of SQL Server permissions.
Office テレメトリダッシュボードの権限ロールを確認します。Check the permission role for Office Telemetry Dashboard. OSQL、SQLCMD、Enterprise Manager、またはテレメトリダッシュボード管理ツール (Tdadm) を使用して、ユーザーを td_readonly ロールに追加します。Add the user to the td_readonly role by using OSQL, SQLCMD, Enterprise Manager, or the Telemetry Dashboard Administration Tool (Tdadm). 詳細については、この記事の「 Office テレメトリダッシュボードで使用されるデータベース」を参照してください。See Database used by Office Telemetry Dashboard earlier in this article for more information.
Office テレメトリダッシュボードがデータベースに接続できないOffice Telemetry Dashboard can't connect to the database
Office テレメトリダッシュボードには、データベースに接続できないことを示すエラーメッセージが表示されます。Office Telemetry Dashboard shows an error message that states it can't connect to the database.
SQL Server のインスタンスが2つ以上ある場合は、Office テレメトリダッシュボードの [データ接続の設定] ダイアログボックスで、 _Servername\SQLServerinstance_の形式で正しい SQL Server インスタンスが使用されていることを確認します。If there are two or more instances of SQL Server, ensure that the Data connection settings dialog box in Office Telemetry Dashboard uses the correct SQL Server instance in the format Servername\SQLServerinstance.
Office テレメトリダッシュボードがデータベースに接続できないOffice Telemetry Dashboard can't connect to the database
Office テレメトリダッシュボードには、データベースに接続できないことを示すエラーメッセージが表示されます。Office Telemetry Dashboard shows an error message that states it can't connect to the database.
Sql Server が SQL Express の場合は、SQL Server のインスタンス名が正しいことを確認します。If the SQL Server is SQL Express, ensure that the SQL Server instance name is correct. SQL Express の既定のインスタンス名は、次のように SQL Server とは異なります。たとえば、 _Servername\SQLExpress_です。The default instance name for SQL Express differs from SQL Server, for example: Servername\SQLExpress.
Office テレメトリダッシュボードがデータベースに接続できないOffice Telemetry Dashboard can't connect to the database
Office テレメトリダッシュボードには、データベースに接続できないことを示すエラーメッセージが表示されます。Office Telemetry Dashboard shows an error message that states it can't connect to the database.
SQL Server の既定の照合順序が大文字と小文字を区別する場合 (たとえば、日本語版の SQL Server は既定で大文字と小文字が区別されます)、Office テレメトリの [データ接続の設定] ダイアログボックスで、大文字と小文字を区別したデータベース名を入力したことを確認します。ボード.If the SQL Server default collation is case-sensitive (for example, the Japanese version of SQL Server is case-sensitive by default), ensure that you entered a case-sensitive database name in the Data connection settings dialog box in Office Telemetry Dashboard.