System Center Configuration Manager (Current Branch) を使用して Office 365 ProPlus を展開するDeploy Office 365 ProPlus with System Center Configuration Manager (Current Branch)

Office 365 ProPlus の展開に System Center Configuration Manager (Current Branch) を使用する場合は、この記事の手順を実行してください。Follow the steps in this article to deploy Office 365 ProPlus with System Center Configuration Manager (Current Branch).

この記事の内容は、Configuration Manager (Current Branch) を使用した展開操作に適用されます。This article applies to deploying with Configuration Manager (Current Branch). System Center 2012 R2 Configuration Manager を使用した Office 365 ProPlus の展開方法については、ここを参照してください。Provides Office admins with information on how to deploy Office 365 ProPlus with System Center 2012 R2 Configuration Manager.

概要Overview

既に組織で Configuration Manager を使用している場合は、Current Branch にアップグレードしてから、Office 365 ProPlus の展開に使用することをお勧めします。If your organization already uses Configuration Manager, we recommend upgrading to the Current Branch and using it to deploy Office 365 ProPlus. Configuration Manager は、大規模な環境向けに調整されていて、インストール、更新、設定についての詳細な制御を実現します。Configuration Manager scales for large environments and enables extensive control over installation, updates, and settings. さらに、次に示す組み込みの機能により、Office の展開および管理が簡単で効率的になります。It also has built-in features to make it easier and more efficient to deploy and manage Office, including:

  • Office クライアント管理ダッシュボード。Office の展開と更新プログラムの監視が可能ですThe Office Client Management dashboard, where you can deploy Office and monitor updates
  • Office カスタマイズ ツール クイック実行の統合。管理者は、常に最新のクイック実行の展開機能と管理機能にアクセスできるようになりますIntegration of the Office Customization Tool for Click-to-Run, which means administrators always have access to the latest Click-to-Run deployment and management features
  • 展開時にクライアントから既存のバージョンの Office を削除する方法の完全なサポートFully supported and easy-to-use method of removing existing versions of Office from a client during deployment
  • Office 用アプリケーション設定の展開 (VBA マクロ通知、既定のファイルの場所、既定のファイル形式などを含む)As part of the Office Customization Tool, you can define application prefences for Office 365 ProPlus, including VBA macro notifications, default file locations, and default file formats.
  • ピア キャッシュ。ネットワーク キャパシティに制限がある場合、遠隔地のデバイスに更新プログラムを展開する際に役立ちますPeer cache, which can help with limited network capacity when deploying to devices in remote locations

この記事の手順では、これらの機能について説明し、ベスト プラクティスの推奨事項を実践する方法を示します。The steps in this article covers these features and shows you how to implement our best practice recommendations.

注意

Office クライアント管理ダッシュボードと Office 365 インストーラー ウィザードを使用して展開するときには、Configuration Manager も使用して更新プログラムを管理する必要があります。When deploying with the Office Client Management dashboard and Office 365 Installer wizard, you must manage updates with Configuration Manager as well. 詳細については、「System Center Configuration Manager を使用して Office 365 ProPlus の更新プログラムを管理する」を参照してください。For more information, see Manage updates to Office 365 ProPlus with System Center Configuration Manager.

始める前にBefore you begin

まだ実施していない場合は、Office 展開の評価フェーズと計画フェーズを実施してください。If you haven't already, complete the assessment and planning phases for your Office deployment.

この記事は、Configuration Manager を既に使用していることを前提としています。This article assumes you already use Configuration Manager. 詳しい使用方法がわからない場合は、「System Center Configuration Manager の概要」を参照してください。If you're not familiar with it, see Introduction to System Center Configuration Manager.

展開には、Microsoft Fastrack の利用をお勧めします。We recommend customers use Microsoft Fastrack to help with their deployment. FastTrack のオンボードおよび導入のリソースとサービスは、有料の政府機関向け SKU、キオスク SKU、および非営利団体向け SKU と共に、50 シート以上の Office 365 Enterprise SKU および Office 365 Business SKU をご購入いただくと利用できるようになります。FastTrack onboarding and adoption resources and services are available with the purchase of 50 or more seats of Office 365 Enterprise and Office 365 Business SKUs, along with paid Government, Kiosk, and Nonprofit SKUs.

ベスト プラクティスBest practices

この記事の手順は、次のベスト プラクティスに基づいています。The steps in this article are based on the following best practices:

  • 展開に使用する 2 つの Office アプリケーションを作成する: 一方のアプリケーションでは 64 ビット用の半期チャネルを使用し、もう一方のアプリケーションでは 64 ビット用の半期チャネル (対象指定) を使用します。Build two Office installation packages: One package uses Semi-Annual Channel for 64-bit and the other uses Semi-Annual Channel (Targeted) for 64-bit. それぞれのアプリケーションに、すべてのコア Office アプリを含めます。Each installation package includes all the core Office apps. 32 ビット版の Office を展開する必要がある場合は、アプリケーションの作成時に、そのオプションを選択できます。If you want to deploy the 32-bit version of Office instead, you can select that option when creating the installation package. 64 ビット版と 32 ビット版の両方を展開する場合は、追加のアプリケーションを作成してください。To deploy both 64-bit and 32-bit, you can create additional applications. 詳細については、「ソース ファイルの定義」を参照してください。For more details, see Define your source files.
  • 2 つのコレクションに展開する: 一方のコレクションはパイロット グループを表します。このグループは、半期チャネル (対象指定) を受け取ります。Deploy to two collections: One collection represents your pilot group, which receives the Semi-Annual Channel (Targeted). もう 1 つのコレクションは、半期チャネルを受け取る広範なグループを表します。The other collection represents the broad group, which receives the Semi-Annual Channel. 詳細については、「更新プログラム チャネルの選択」を参照してください。For more details, see Choose your update channels.

これらのオプションは、組織の要件 (3 つ以上のコレクションへの展開、更新プログラム チャネルの変更、Visio と Project の展開など) を満たすようにカスタマイズできます。You can customize these options to match the requirements for your organization, including deploying to more than two groups, changing update channels, and deploying Visio and Project. 詳細については、「展開のカスタマイズ」を参照してください。For more details, see Customize your deployment.

手順 1: Configuration Manager インフラストラクチャの確認および更新Step 1 - Review and update your Configuration Manager infrastructure

インフラストラクチャの観点では、Configuration Manager を使用した Office 365 ProPlus の展開は、その他のソフトウェアの展開と同様であり、特別なカスタマイズは必要ありません。From an infrastructure standpoint, deploying Office 365 ProPlus with Configuration Manager is similar to other software deployments and doesn't require any special customization. ただし、Office の展開は次のオプションによって簡単で効率的なものになります。That said, the following options can make your Office deployment easier and more efficient:

  • Configuration Manager の Current Branch を使用する。Use the Current Branch of Configuration Manager. 詳細については、「Configuration Manager の適切なブランチを選択する」を参照してください。For more details, see Which branch of Configuration Manager should I use?
  • クライアント デバイスのピア キャッシュを有効にする。Enable peer cache on your client devices. ピア キャッシュは、Configuration Manager の Current Branch に含まれている機能であり、ネットワーク キャパシティに制限がある遠隔地のクライアント デバイスに更新プログラムを展開するときに役立ちます。Peer cache is a feature in the Current Branch of Configuration Manager that can help with limited network capacity when deploying updates to client devices in remote locations. 詳細については、「Configuration Manager クライアントのピア キャッシュ」を参照してください。For more details, see Peer Cache for Configuration Manager clients. ピア キャッシュは、Office の初期展開時にも、その後の更新プログラムによるサービス維持にも役立ちます。Office can benefit both during initial deployment as well as later servicing with updates from peer cache.
  • Configuration Manager の Office クライアント管理ダッシュボードと Office 365 インストーラー ウィザードを使用して、Office をアプリケーションとして展開する。Deploy Office as an application using the Office Client Management dashboard and Office 365 Installer wizard in Configuration Manager. このダッシュボードとウィザードでは、Configuration Manager の Office 向けのすべての機能 (既存の Office のバージョンの削除やアプリケーションのユーザー設定を定義する機能など) を使用できます。The dashboard and wizard enable all the Configuration Manager features designed for Office, including removal of existing versions of Office and the ability to define application preferences.

次の要件も満たしていることを確認してください。Make sure to complete the following requirements as well:

  • クライアント デバイスのインターネット アクセスを有効にして、Office 365 ProPlus のインストール後にライセンス認証できるようにします。Enable internet access for your client devices so they can activate Office 365 ProPlus after installation.
  • Configuration Manager コンソールを実行するコンピューターには、IE 11 以降があることと、HTTPS ポート 443 経由でのインターネット アクセスが必要です。The computer running the Configuration Manager console requires IE 11 or greater and needs internet access via HTTPS port 443. Office 365 クライアント インストール ウィザードは、Windows 標準 Web ブラウザー API を使用して https://config.office.com を開きます。The Office 365 Client Installation Wizard uses a Windows standard web browser API to open https://config.office.com. インターネット プロキシを使用している場合は、この URL にユーザーがアクセスできる必要があります。If an internet proxy is used, the user must be able to access this URL.
  • IE のセキュリティ強化の構成を有効にしている場合 (Windows Server では既定で有効化されています)、信頼済みサイトのリストにサイト https://.office.com と https://.officeconfig.msocdn.com を追加します。Add the following sites to the Trusted Sites list if you have Enhanced Security Configuration enabled for IE (which is enabled by default on Windows Server): https://.office.com and https://.officeconfig.msocdn.com

手順 2: 対象コレクションの確認Step 2 - Review your collections

展開計画で定義した展開グループは、Configuration Manager ではコレクションとして表現されます。The deployment groups that you defined in your deployment plan are represented as collections in Configuration Manager. それぞれの展開グループに、特定のコレクションを用意するようにします。For each deployment group, make sure you have a specific collection. 標準的なベスト プラクティスでは、次の 2 つの展開グループをお勧めしています。Our standard best practices recommend two deployment groups:

  • 半期チャネルを受け取るパイロット グループ (対象指定)A pilot group that receives the Semi-Annual Channel (Targeted)
  • 半期チャネルを受け取る広範なグループA broad group that receives the Semi-Annual Channel

より複雑な展開では、複数の展開グループを使用します。In more complex deployments, you would use multiple deployment groups. 詳細については、「更新プログラム チャネルの選択」を参照してください。For more details, see Choose your update channels. コレクションの作成と管理の詳細については、「System Center Configuration Manager のコレクションの概要」を参照してください。For more details on creating and managing collections, see Introduction to collections in System Center Configuration Manager.

手順 3: パイロット グループに向けた Office アプリケーションの作成と展開Step 3 - Create and deploy the Office application to the pilot group

Office インストール パッケージは、Configuration Manager ではアプリケーションとして表現されます。The Office installation packages are represented as applications in Configuration Manager. 次に示す手順を使用して、展開計画で定義した展開グループごとに固有の Office アプリケーションを作成します。For each deloyment group that you defined in your deployment plan, you create a unique Office application using the steps below.

  1. Configuration Manager コンソールで、[ソフトウェア ライブラリ] > [概要] > [Office 365 クライアント管理] に移動します。In the Configuration Manager console, navigate to Software Library > Overview > Office 365 Client Management.
  2. 右上のウィンドウで、[Office 365 インストーラー] をクリックします。Click Office 365 Installer in the upper-right pane. Office 365 クライアント インストール ウィザードが開きます。The Office 365 Client Installation Wizard opens.
  3. [アプリケーション設定] ページで、アプリの名前と説明を指定して、ファイルのダウンロード場所を入力し、[次へ] をクリックします。On the Application Settings page, provide a name and description for the app, enter the download location for the files, and then click Next. この場所は、\\サーバー\共有 の形式で指定する必要があります。The location must be specified as \\server\share.
  4. [Office の設定] ページで、[Office カスタマイズ ツールに移動します] をクリックして、目的の Office 365 インストールに必要な設定を構成します。On the Office Settings page, click on Go to the Office Customization Tool, and configure the desired settings for your Office 365 installation. 次のオプションをお勧めします。We recommend the following options:
    • ソフトウェア: Office 365 ProPlus。Office 365 ProPlus Visio および Project を含めることもできます (これらの製品の展開を計画している場合)。You can also include Visio and Project if you plan to deploy those apps.
      • 更新プログラム チャネル: パイロット グループのインストール パッケージには [半期チャネル (対象指定)] を選択します。Update channel: Choose Semi-Annual Channel (Targeted) for the installation package for the pilot group
      • 言語: 展開を計画しているすべての言語を含めます。Language: Include all the language packs you plan to deploy.
      • アップグレード: 選択すると、以前の MSI バージョンの Office が自動的にすべて削除されます。Upgrades: Choose to automatically remove all previous MSI versions of Office.
      • 追加プロパティ: ユーザーのために Office をサイレント モードでインストールする場合は、[表示レベル][オフ] を選択し、[自動的に EULA に同意する][オン] を選択します。Additional properties: To silently install Office for your users, choose Off for the Display level and On for the Automatically accept the EULA.
      • アプリケーション設定: Office の設定のうち有効にするものを定義します (VBA マクロ通知、既定のファイルの場所、既定のファイル形式などを含む)。Application preferences: Define any Office settings you want to enable, including VBA macro notifications, default file locations, and default file formats
  5. 構成が完了したら、[送信] をクリックします。When you complete the configuration, click Submit.
  6. [展開] ページで、アプリケーションの展開に [はい] を選択して、[次へ] をクリックします。On the Deployment page, select Yes to deploy the application, and then click Next.

注意

ウィザードでパッケージを展開しないことしても、そのパッケージは後から展開できます。If you choose not to deploy the package in the wizard, you can deploy it later. アプリケーションを検索するために、[ソフトウェア ライブラリ] > [アプリケーション管理] > [アプリケーション] に移動します。To find the application, go to Software Library > Application Management > Applications. アプリケーションの展開の詳細については、「アプリケーションの作成と展開」を参照してください。For details on deploying an application, see Create and deploy an application.

  1. [全般] ページで展開先のコレクションを選択して、[次へ] をクリックします。On the General page, choose a collection to deploy to, and then click Next. このコレクションは、ここで定義した Office アプリケーションを受け取る展開グループと一致している必要があります。The collection should match the deployment group that receives the Office application you just defined.
  2. ウィザードの残りのページを構成します。構成内容は、一般的なアプリケーションを展開する場合と同様です。Configure the remainder of the wizard pages as you would for a typical application deployment. 詳細については、「アプリケーションの作成と展開」を参照してください。For details, see Create and deploy an application.
  3. ウィザードを最後まで実行します。Complete the wizard. Office 365 アプリケーションを作成してから Office 365 インストーラーを使用して展開すると、既定では Configuration Manager で Office の更新プログラムが管理されません。After you create and deploy Office 365 applications using the Office 365 Installer, Configuration Manager will not manage the Office updates by default. その代わりに、自動的に Office の更新が実行されます。Instead, Office will update automatically. Office 365 クライアントが Configuration Manager から更新プログラムを受け取るようにする場合は、「System Center Configuration Manager を使用して Office 365 ProPlus の更新プログラムを管理する」を参照してください。To enable Office 365 clients to receive updates from Configuration Manager, see Manage updates to Office 365 ProPlus with System Center Configuration Manager.

手順 4: 一般グループに向けた Office アプリケーションの作成と展開Step 4 - Create and deploy the Office application to the broad group

パイロット グループによる Office のテストが完了したら、上記の手順を繰り返して、一般グループに向けて Office アプリケーションを作成して展開してください。After you've finished testing Office with the pilot group, you can repeat the above steps to create and deploy an Office application to the broad group. アプリケーションの定義時には、パイロット グループの場合と同じオプションを含めますが、更新プログラム チャネルには [半期チャネル] を選択します。When defining the application, include the same options you did with the pilot group, except choose Semi-Annual Channel for the update channel.

手順 5: 終了条件の確認Step 5 - Review exit criteria

クライアント デバイスに適切な Office パッケージが展開されたことを確認する場合は、Office 365 クライアント管理ダッシュボードを使用してください。To make sure you have deployed the correct Office package to your client devices, you can use the Office 365 Client Management dashboard. このダッシュボードには、次の情報に関するグラフが示されます。This dashboard provides charts for the following information:

  • Office 365 クライアントの数Number of Office 365 clients
  • Office 365 クライアントのバージョンOffice 365 client applications
  • Office 365 クライアントの言語Office 365 client applications
  • Office 365 クライアントのチャネルOffice 365 client applications

Configuration Manager コンソールで Office 365 クライアント管理ダッシュボードを表示するには、[ソフトウェア ライブラリ] > [概要] > [Office 365 クライアント管理] に移動します。To view the Office 365 Client Management dashboard in the Configuration Manager console, go to Software Library > Overview > Office 365 Client Management. ダッシュボードの上部にある [コレクション] ドロップダウンの設定を使用して、特定のコレクションのメンバー単位でダッシュボードのデータにフィルターを適用します。At the top of the dashboard, use the Collection drop-down setting to filter the dashboard data by members of a specific collection.

ダッシュボードでは、それぞれのコレクションに対して展開した Office のバージョン、言語、および更新プログラム チャネルが表示されていることを確認してください。In the dashboard, make sure you see the Office versions, languages, and update channels that you deployed for each collection.

重要

データが表示されていない場合は、ハードウェア インベントリを有効にして、[Office 365 ProPlus の構成] ハードウェア インベントリ クラスを選択することが必要になる可能性があります。If the data is not displaying, you might need to enable hardware inventory and select the Office 365 ProPlus Configurations hardware inventory class. 詳細については、「ハードウェア インベントリの構成」を参照してください。For more details, see Configure hardware inventory.

展開のカスタマイズCustomize your deployment

この記事の手順には、Microsoft からの標準のベスト プラクティスの推奨事項が含まれています。The steps in this article cover the standard best practice recommendations from Microsoft. このセクションには、これらのベスト プラクティスに対する最も一般的なカスタマイズが含まれます。This section covers the most common customizations to these best practices. カスタマイズした展開を作成する場合でも、Office 365 インストーラーから開始することをお勧めします。If you want to build a customized deployment, we still recommend that you start with the Office 365 Installer. ウィザードにより、検出ルールや展開の種類の作成、必須のソース ファイルおよびセットアップ ファイルの取得が自動化されます。The wizard automates the creation of detection rules, deployment types, and fetching the required source and setup files. ウィザードを使用することから始めて後でカスタマイズするほうが、一から始めるよりも簡単です。It's easier to start with the wizard and customize later than to start from scratch.

複数の展開グループに向けた複数のパッケージの作成と展開Build and deploy multiple packages to multiple deployment groups

32 ビット版の Office を展開する場合は、追加のインストール パッケージを作成してください If you want to deploy both the 32-bit and the 64-bit version of Office, you can create additional installation packages. (2 つの異なるアーキテクチャを同じパッケージに含めることはできません)。詳細については、ソース ファイルの定義に関する記事を参照してください。(Two different architectures cannot be included in the same package.) For more details, see Define your source files.

Office に異なる更新プログラム チャネルを使用するUse different update channels for Office

Office 365 ProPlus では、ユーザーが Office アプリケーションの機能更新プログラムを受信する頻度を制御できます。With Office 365 ProPlus, you can control how frequently your users receive feature updates to their Office applications. そのためには、ユーザーに対して更新プログラム チャネルを選択します。To do so, you choose an update channel for your users. この記事では、パイロット グループには半期チャネル (対象指定)、組織の残りには半期チャネルをお勧めします。In this article, we recommend the Semi-Annual Channel (Targeted) for your pilot group and the Semi-Annual Channel for the rest of your organization. ただし、月次チャネルを選択することもできます。これを選択すると、利用可能になったらすぐに Office の最新機能がユーザーに提供されます。You can, however, choose the Monthly Channel, which provides users with the newest features of Office as soon as they're available. 1 つの Office のインストール パッケージは、チャネルの種類が 1 つのみ含まれるため、新しいチャネルごとに追加のパッケージが必要です。A single Office installation package can only include one type of channel, so each new channel requires an additional package. 詳細については、「Office 365 ProPlus 更新プログラム チャネルの概要」を参照してください。For more details, see Overview of update channels for Office 365 ProPlus.

主要な Office アプリと共に Visio と Project を展開するDeploy Visio and Project alongside the core Office apps

Office 365 ProPlus と共に Visio および Project を展開する場合は、Configuration Manager で Office アプリケーションを作成するときに、その一部として Visio と Project を含めることができます。To deploy Visio and Project with Office 365 ProPlus, you can inlude them as part of the Office application when building it in Configuration Manager. ライセンスとシステムの要件の詳細については、「Visio の展開ガイド」および「Project の展開ガイド」を参照してください。For more details on licensing and system requirements, see Deployment guide for Visio and Deployment guide for Project. Configuration Manager で Office 365 インストーラー ウィザードを使用して展開する場合、Office、Visio、Project、およびその他の製品で同じ検出方法が使用されることに注意してください。Note that when deploying with the Office 365 Installer Wizard in Configuration Manager, the same detection method is used for Office, Visio, Project and other products. 製品ごとに一意になるように検出方法を更新することをお勧めします。We recommend updating the detection method so it's unique for each product. 詳細については、「検出方法」を参照してください。For more information, see Detection Methods.

Configuration Manager で Office を削除するRemove Office with Configuration Manager

Office を削除するには、次の手順を行います。To check your version of Office, do the following:

  1. Remove 属性 (ODT リファレンス内) の説明を確認します。Review the description of the Remove attribute in the ODT Reference. 一致する uninstall.xml ファイルを作成し、以前に選択したダウンロード場所に配置します。Create a matching uninstall.xml file and place it in the previously chosen download location.
  2. [ソフトウェア ライブラリ > ]、[概要 > ]、[アプリケーション管理 > ]、[アプリケーション] へと移動し、[作成したアプリケーション] を選択し、[展開の種類] タブに切り替えて、Office 365 の既定の展開の種類を編集します。Navigate to Software Library > Overview > Application Management > Applications, select the just created application, switch to the Deployment Type tab and edit the Office 365 Default Deployment Type.
  3. [プログラム] タブに切り替えて、次のアンインストール プログラムを指定します。setup.exe / configure uninstall.xmlSwitch to the Programs tab and specify the following Uninstall Program: setup.exe /configure uninstall.xml
  4. [OK] をクリックし、展開の種類を右クリックし、[コンテンツの更新] を選択します。Clik OK, right-click the deployment type and select Update Content. 詳細については、「Deploy and manage content (コンテンツを展開および管理する)」を参照してください。For more details, see Deploy and manage content.

アプリケーションの展開または編集は、[ソフトウェア ライブラリ > ]、[概要 > ]、[アプリケーション管理 > ]、[アプリケーション] から実行できます。You can deploy or edit the application from Software Library > Overview > Application Management > Applications.

Office 展開ツールの構成オプションConfiguration options for the Office Deployment Tool

Office 展開ツールの概要Overview of the Office Deployment Tool

Office カスタマイズ ツールの概要Overview of the Office Customization Tool

Office 365 ProPlus の展開ガイドDeployment guide for Office 365 ProPlus