OneNote の展開ガイドDeployment guide for OneNote

IT プロフェッショナルは、組織内のユーザーに展開できる OneNote の 2 つの Windows のバージョンがあります。それはOneNote 2016 と OneNote for Windows 10 です。現時点では、Office 365 ProPlus を展開するとき、または Office Standard 2016 などの Office 2016 のボリューム ライセンス版を展開すると、OneNote 2016 は既定でインストールされます。Windows 10 を実行しているコンピューターでは、既定で OneNote for Windows がインストールされるか、ユーザーが マイクロソフトのストア から直接インストールできます。There are two Windows versions of OneNote that IT Pros can deploy to users in their organizations: OneNote 2016 and OneNote for Windows 10. Currently, OneNote 2016 is installed by default when you deploy Office 365 ProPlus, or when you deploy a volume licensed version of Office 2016, such as Office Standard 2016. OneNote for Windows 10 is installed by default on computers running Windows 10 or users can install it directly from the Microsoft Store.

ただし、今後数ヶ月内に、新しい Office の展開に対応するために OneNote に対して以下の変更が加えられる予定です。But, in the next several months, the following changes are coming to OneNote for new Office deployments:

  • Windows 10 を実行しているコンピューターに Office 365 ProPlus を展開している場合には、Office 365 ポータルから、または System Center Configuration Manager (Current Branch) を使用して Office 365 ProPlus をインストールする際に、 OneNote 2016 が規定でインストールされることがなくなります。OneNote for Windows 10 は OneNote エクスピリエンスの規定バージョンになります。 If you're deploying Office 365 ProPlus on a computer running Windows 10, OneNote 2016 will no longer be installed by default when you're installing Office 365 ProPlus from the Office 365 portal or by using System Center Configuration Manager (Current Branch). OneNote for Windows 10 will be the default OneNote experience.
  • Office 2019 を展開する場合、OneNote for Windows 10 が既定の OneNote エクスペリエンスになります。If you're deploying Office 2019, OneNote for Windows 10 will be the default OneNote experience.

ユーザーに OneNote 2016 が必要であると後で判断した場合、Office 展開ツールなどを使って OneNote 2016 を追加できます。If you decide later that your users need OneNote 2016, there will be ways to add OneNote 2016, such as by using the Office Deployment Tool.

このような変更は、Office 365 ProPlus または Office 2016 の OneNote の既存のインストールに影響を及ぼすことはありません。These changes don't affect existing installations of OneNote for Office 365 ProPlus or Office 2016. また、これらの変更は、onenote for Mac、onenote for Android、 web バージョンの onenoteなど、他のバージョンの onenote には影響しません。Also, these changes don’t affect other versions of OneNote, such as OneNote for Mac, OneNote for Android, or the web version of OneNote.

ユーザーに展開する OneNote のバージョンを選択するChoose the version of OneNote to deploy to your users

OneNote 2016 と OneNote for Windows 10 には相違点があります。詳細については OneNote と OneNote 2016 の違いは何ですか?を参照してください。There are differences between OneNote 2016 and OneNote for Windows 10. For more information, see What's the difference between OneNote and OneNote 2016?

機能以外に最も顕著な違いは、ローカルノートブックが OneNote for Windows 10 でサポートされていないことです。ローカルノートブックは、ユーザーのコンピューター上またはネットワーク上のファイル共有上に格納されている OneNote のファイルです。OneNote for Windows 10 のノートブックの場合はクラウドに格納する必要があります。例えば、OneDrive for Business または SharePoint Online に格納します。しかし、ユーザーがインターネットに接続されていない時でもノートブックにアクセスできるようにするため、OneNote for Windows 10 は、常にユーザーのコンピューターにキャッシュされたノートブックのコピーを保持します。Other than features, the most significant difference is that local notebooks aren’t supported in OneNote for Windows 10. Local notebooks are OneNote files that are stored on the user’s computer or on a file share on the network. Instead, OneNote for Windows 10 notebooks must be stored in the cloud. For example, in OneDrive for Business or SharePoint Online. SharePoint Server is also supported. But, OneNote for Windows 10 always keeps a copy of notebooks cached on the user's computer so that the user can access them even when the user isn't connected to the Internet.

ユーザーが引き続き OneNote 2016 を使用する必要があるその他の要因には、Windows 7 または Windows 8 を実行しているコンピューターや OneNote での COM アドインの使用が含まれます。マイクロソフトは、Outlook との統合を提供するなど、OneNote のアドインを更新して、OneNote for Windows 10 で機能するようにしました。Other factors that might require you to keep users on OneNote 2016 include computers running Windows 7 or Windows 8 or the use of COM add-ins with OneNote. Microsoft has updated its add-ins for OneNote, such as providing integration with Outlook, to work with OneNote for Windows 10.

注意

ユーザーが Windows 7 または Windows 8 を実行しているコンピューターを使用している場合、これらのバージョンの Windows で推奨される、または最新の OneNote エクスペリエンスは、 web バージョンの onenoteです。If your users are still using computers that are running Windows 7 or Windows 8, the recommended and most up-to-date OneNote experience on those versions of Windows is the web version of OneNote.

OneNote 2016 にはもはや新機能を追加する更新が行われておらず、OneNote 2019 がリリースされることもないことに留意してください。サポート期間中の OneNote 2016 には、引き続き重要な修正やセキュリティ更新などのその他の更新が加えられます。OneNote 2016 のメイン ストリーム サポートは、10 月の 2020年で終了し、2025年 10 月に延長サポートが終了します。Keep in mind that OneNote 2016 is no longer being updated with new features and there won’t be a OneNote 2019. OneNote 2016 will continue to receive other updates, like critical fixes and security updates, while it’s still supported. Mainstream support for OneNote 2016 ends in October 2020, and extended support ends in October 2025.

ユーザーは、同じコンピューターで OneNote 2016 と OneNote for Windows 10 の両方を使用できます。これら 2 つのバージョンの OneNote はノートブックを別々に格納し、ユーザーのコンピューターには 2 つの異なるキャッシュが作成されますが、両方のバージョンは同じクラウド ベースのノートブックを開くことができ、ユーザーがインターネットに接続されている場合は同期された状態を保つことができます。ユーザーは、自分のコンピューター上で どちらのバージョンの OneNote で既定の設定 ができます。Users can use both OneNote 2016 and OneNote for Windows 10 on the same computer. While the two OneNote versions store their notebooks separately, with two different caches on the user’s computer, both versions can open the same cloud-based notebooks and stay in sync if the user is connected to the Internet. Users can set which OneNote version is the default on their computer.

OneNote 2016 の展開方法How to deploy OneNote 2016

Configuration Manager のような Office 展開ツール やエンタープライズ展開ソフトウェアを使って、OneNote 2016 を含む Office 365 ProPlus を展開することができます。You can use the Office Deployment Tool or enterprise deployment software, such as Configuration Manager, to deploy Office 365 ProPlus with OneNote 2016.

既定では、Office の展開ツールを使用して Office 365 ProPlus を展開する場合は、OneNote 2016 がインストールされます。OneNote 2016 をインストールしたくない場合は、Office 展開ツールによって使用される configuration.xml ファイルに ExcludeApp 要素 を含めます。By default, OneNote 2016 is installed when you deploy Office 365 ProPlus by using the Office Deployment Tool. If you don't want OneNote 2016 installed, include the ExcludeApp element in the configuration.xml file that's used by the Office Deployment Tool.

Office 365 ProPlus を展開するのに Configuration Manager (Current Branch) と Office 365 インストーラを使用する場合は、Office 365 ProPlus のインストール構成内容の一部として OneNote 2016 が選択されていることを確認してください。現時点では、Office 365 のインストーラーを使用する場合、OneNote の 2016年は既定でインストールされます。If you're using Configuration Manager (Current Branch) and the Office 365 Installer to deploy Office 365 ProPlus, be sure that OneNote 2016 is selected to be included as part of the installation of Office 365 ProPlus. Currently, OneNote 2016 is installed by default when using the Office 365 Installer.

今後数ヶ月で OneNote for Windows 10 が新しい Office 365 ProPlus 展開の規定のバージョンとなる際には、以下の点にご注意ください。In the coming months, when OneNote for Windows 10 becomes the default version for new Office 365 ProPlus deployments, you'll need to keep these things in mind:

  • Office 展開ツールを使って Office 365 ProPlus を展開する際、OneNote 2016 が変わらず既定でインストールされます。If you're installing Office 365 ProPlus with the Office Deployment Tool, OneNote 2016 will still be installed by default.
  • Configuration Manager (Current Branch) で Office 365 インストーラーを使用する場合、既定では、Office 365 ProPlus のインストールから OneNote 2016 は除外されます。ですが、簡単な設定変更を Office 365 インストーラーの UI で行うことによって、インストールの一部として OneNote 2016 を含めることができます。( 以前のバージョンの Office 365 インストーラでは既定により OneNote 2016 が含まれますが、UI で簡単な設定の変更をすることにより OneNote 2016 を除外することができます。)If you're using the Office 365 Installer in Configuration Manager (Current Branch), OneNote 2016 will be excluded, by default, from installations of Office 365 ProPlus. But, you can easily include OneNote 2016 as part of the installation by making a simple setting change in the Office 365 Installer UI. (Older versions of the Office 365 Installer will still include OneNote 2016 by default, but you can exclude OneNote 2016 with a simple setting change in the UI.)
  • Office 365 ポータルから Office 365 ProPlus をインストールする場合、 OneNote 2016 はインストールされません。Office 365 ポータルからインストールする場合は、OneNote の 2016年を挿入する方法は一切なくなります。If you're installing Office 365 ProPlus from the Office 365 portal, OneNote 2016 won't be installed. There will be no way to include OneNote 2016 when installing from the Office 365 portal.
  • OneNote 2016 がインストールされていないにもかかわらず、ユーザーが OneNote 2016 の使用を始める必要がある場合は、Office 展開ツールを使って OneNote 2016 をインストールすることができます。そのコンピューターに Office のインストール プロセスを再実行するときは、Office 365 ProPlus の完全な再インストールを行わずに OneNote の 2016 を追加します。OneNote 2016 を Office 365 インストーラーの UI で選択した場合、Configuration Manager (Current Branch) を使用して OneNote 2016 をインストールすることもできます。If OneNote 2016 isn't installed, but your users need to start using it, you can install OneNote 2016 by using the Office Deployment Tool. When you run the Office installation process again on that computer, it will add OneNote 2016 without doing a complete reinstallation of Office 365 ProPlus. You can also install OneNote 2016 by using Configuration Manager (Current Branch) if you have selected OneNote 2016 in the Office 365 Installer UI.

注意

このセクションの情報は、ボリューム ライセンス バージョンの Office 2019 を展開する場合にも適用されます。The information in this section also applies if you're deploying a volume licensed version of Office 2019.

OneNote for Windows 10 の展開方法How to deploy OneNote for Windows 10

Windows 10 を実行しているコンピューターには既定により OneNote for Windows 10 がインストールされますが、ユーザーは Microsoft ストア から OneNote for Windows 10 を直接インストールできます。OneNote for Windows 10 の更新は、Microsoft ストアから直接取得されます。OneNote for Windows 10 is installed by default on computers running Windows 10 or users can install it directly from the Microsoft Store. Updates to OneNote for Windows 10 come directly from the Microsoft Store.

ユーザーに Microsoft ストアから直接アプリケーションをインストールさせたくない場合は、組織内でビジネス向け Microsoft ストアを設定できます。これにより、OneNote for Windows 10 を含め、どの Microsoft ストア アプリケーションをユーザーがインストールできるかを制御することができます。詳細については、 ビジネスの概要についてのマイクロソフトのストア を参照してください。If you don’t want your users to install apps directly from the Microsoft Store, you can set up the Microsoft Store for Business in your organization. This allows you to control which Microsoft Store apps your users can install, including OneNote for Windows 10. For more information, see Microsoft Store for Business overview.

OneNote for Windows 10ユーザーを移行する予定の場合は、ノートブックが OneDrive for Business などのクラウド ストレージの場所に移動されていることを確認してください。これを行うために、[ OneNote ノートブックをコンピューターから OneDrive に移動する ]で説明を提供することができます。If you plan to move your users to OneNote for Windows 10, make sure their notebooks have been moved to a cloud storage location, such as OneDrive for Business. To do that, you can provide them the instructions in Move OneNote notebooks from your computer to OneDrive.

OneNote for Windows 10 がインストールされる既定のバージョンになるのはいつですか。When does OneNote for Windows 10 become the default version that's installed?

OneNote の既定のインストール動作に対する変更は、ユーザーに展開されている Office のバージョンに応じて、さまざまな時点で有効になります。The change to the default installation behavior for OneNote will take effect at different times, depending on which version of Office you’re deploying to your users.

ユーザーに Office 2019 を展開する場合は、OneNote for Windows 10 が既定のバージョンになります。If you’re deploying Office 2019 to your users, OneNote for Windows 10 will be the default.

Windows 10 のユーザーに Office 365 ProPlus を展開している場合は、OneNote for Windows 10 がいつ既定のインストール バージョンになるかは、使用している 更新チャネル によって異なります。各更新チャンネルのその時のおおよその日付は、次のようになります。If you’re deploying Office 365 ProPlus to users on Windows 10, when OneNote for Windows 10 becomes the default installation depends on which update channel you’re using. The following are the approximate dates for each update channel:

  • 月次チャネル: 2018 年 9 月末Monthly Channel: by end of September 2018
  • 半期チャネル (対象指定): 2018 年 9 月末Semi-Annual Channel (Targeted): by end of September 2018
  • 半期チャネル: 2019 年 1 月Semi-Annual Channel: January 2019

ユーザーが Office 365 ポータルから自分用に Office 365 ProPlus をインストールすることを許可している場合の Office 365 ProPlus の日付も適用されます。。それらのインストールの既定の更新チャンネルは、半期チャネルです。The dates for Office 365 ProPlus also apply if you allow your users to install Office 365 ProPlus for themselves from the Office 365 portal. The default update channel for those installs is Semi-Annual Channel.

OneNote の展開に関する追加情報Additional information about deploying OneNote

Configure OneNote 2016 settings: You can use Group Policy to configure certain OneNote 2016 settings for your users.Configure OneNote 2016 settings: You can use Group Policy to configure certain OneNote 2016 settings for your users. To do that, download the latest Administrative Template files (ADMX/ADML) for Office from the Microsoft Download Center and implement those policy settings by using Active Directory Domain Services (AD DS).To do that, download the latest Administrative Template files (ADMX/ADML) for Office from the Microsoft Download Center and implement those policy settings by using Active Directory Domain Services (AD DS). Group Policy can't be used with OneNote for Windows 10.Group Policy can't be used with OneNote for Windows 10.

Office 365 Business: これらの変更点は、Business Premium など一部の Office 365 プランに付属する Office のバージョンの、Office 365 Business にも該当します。Office 365 Business: These changes also apply to Office 365 Business, which is the version of Office that comes with some Office 365 plans, such as Business Premium.

サポートされている言語: OneNote 2016 と OneNote for Windows 10 の両方で利用できる言語はほぼ同じですが、いくつかの違いがあります。サポートされている言語の一覧は、次でご覧になれます。[ OneNote 2016][ OneNote の Windows 10]Supported languages: While both OneNote 2016 and OneNote for Windows 10 are available in most of the same languages, there are a few differences. The list of supported languages are available here: OneNote 2016, OneNote for Windows 10