Office 2019 の更新 (IT 担当者向け)

Project や Visio を含むボリューム ライセンス版の Office 2019 を展開した後は、そのバージョンを最新の状態に保つ必要があります。Office の安定性やパフォーマンスを向上させるために Microsoft によってリリースされるセキュリティ更新プログラムや品質更新プログラムなどの更新プログラムを適用させる必要があります。 Office 2019 の更新は、1 か月に 1 回程度になります。通常は毎月第 2 週の火曜日に更新されます。

注意

Office 2019 に新機能はありません。 新しい Office の機能を継続的に取得する場合は、Office を含む Office 365 (または Microsoft 365) プランに移行することを検討してください。

ボリューム ライセンス版の Office 2019 では、Windows インストーラー (MSI) ではなく、クイック実行が Office のインストールと更新のテクノロジとして使用されます。

Office 2019 の更新方法

クイック実行での更新は、Windows インストーラー (MSI) での更新とは異なります。 以下は、Office 2019 の更新プログラムの仕組みに関する情報です。

  • Office 2019 の更新プログラムがある場合、Microsoft はインターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) で Office 2019 の新しいビルドをリリースします。 この新しいビルドには、最新のセキュリティ更新プログラムおよび品質更新プログラムがすべて含まれています。
  • 既定では、Office 2019 は Office CDN から直接自動的に更新されるように構成されていますが、これは変更することもできます。 詳細については、後述します。
  • Office 2019 がインストールされているコンピューターには、定期的に更新プログラムをチェックする「Office Automatic Updates 2.0」という名前のスケジュールされたタスクがあります。
  • 更新プログラムが利用可能な場合は、Office が更新プログラムのダウンロードを自動的に開始します。 ユーザーは何もする必要はありません。 このプロセスの一環として、Office では、Office CDN にある最新バージョンの Office 2019 とコンピューターにインストールされている Office 2019 のバージョンの違いが認識されます。 その違いに基づいて、Office 2019 を最新バージョンに更新するために必要なもののみがダウンロードされます。
  • 更新プログラムのダウンロード中、ユーザーは引き続き Word などの Office アプリを使用できます。 更新プログラムがダウンロードされた後に、更新プログラムがインストールされます。 Office アプリが開いている場合、更新プログラムのインストールができるように、ユーザーには作業内容を保存し、アプリを閉じるように求められます。
  • 更新プログラムがインストールされたら、ユーザーは Office アプリでの作業を再開することができます。

Office 2019 の更新プログラムの特徴

クイック実行での更新プログラムは Windows インストーラー (MSI) での方法とは異なるため、注意が必要な変更点がいくつかあります。

  • セキュリティ更新プログラム、あるいは品質更新プログラムに個別のダウンロードはありません。 更新プログラムは、Office CDN にある Office 2019 の新しいビルドの一部として既に含まれています。
  • 更新プログラムは累積的であるため、Office CDN で入手可能な Office 2019 の最新バージョンには、Office 2019 の以前のバージョンのセキュリティ更新プログラムと品質更新プログラムがすべて含まれています。
  • Office CDN から Office 2019 をダウンロードしてインストールする場合、Office 2019 は既に最新の状態です。 Office 2019 をインストールした後に更新プログラムや Service Pack をダウンロードして適用する必要はありません。
  • 更新プログラムは累積的であり、Office CDN の Office 2019 の最新バージョンに既に含まれているため、Microsoft の更新プログラムあるいは Windows Server Updates Services (WSUS) を使用して Office 2019 を更新する必要はありません。 ただし、Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用して、Office 2019 の更新プログラムの展開と管理を行うことができます。どの時点で更新プログラムを適用させるかなど、条件の設定も行うことができます。

Office 2019 が更新プログラムを入手する場所を構成する

組織の要件に基づくネットワーク接続やその他の考慮事項に問題がない場合は、Office CDN から Office 2019 を自動的に更新することをお勧めします。 Office CDN からの更新は既定であるため、追加の作業は必要ありません。この方法で簡単に Office 2019 を最新の状態に保つことができます。

Office 2019 がインストールされているコンピューターを Office CDN に接続して更新プログラムを入手したくない場合は、内部ネットワークの共有フォルダーから更新プログラムを入手するよう Office 2019 を構成することができます。 Office 2019 の最新バージョンを内部ネットワークの共有フォルダーにダウンロードできるようにするには、Office CDN にアクセスできるコンピューターが少なくとも 1 台は必要です。

ローカル ネットワーク上の共有フォルダーから Office 2019 をインストールおよび更新する場合は、多くの管理作業が発生します。また、多くのディスク領域も必要になります。 たとえば、Office 2019 の新しいビルドがいつ利用可能になるかを確認し、更新されたバージョンの Office 2019 をネットワークにダウンロードする必要があります。 ローカル ネットワーク上の共有フォルダーにダウンロードすると、常に Office の更新バージョンの完全なコピーがダウンロードされます。

Microsoft Endpoint Configuration Manager など、エンタープライズ向けのソフトウェア展開ツールを使用して、Office 2019 を更新することもできます。

Office 2019 が更新プログラムを検索する場所は、Office 展開ツールで Office 2019 を展開するために使用する configuration.xml ファイルで指定されています。 詳細については、「Office 2019 を展開する (IT 担当者向け)」を参照してください。 グループ ポリシーを使用することもできます。

Office 2019 の更新プログラムを確認する

スケジュールされたタスクの実行を待って更新プログラムを確認する代わりに、手動で更新プログラムを確認することができます。 これを行うには、Word などの Office アプリを開き、[ファイル] > [アカウント] > [更新オプション] > [今すぐ更新] の順に選択します。

これにより、クイック実行サービスによる更新プログラム検索を、Office が更新プログラムを検索するように構成した場所で行えます。 たとえば、インターネット上の Office CDN から直接取得できます。 更新プログラムが入手可能であれば、Office はダウンロードのプロセスを開始します。

Office 2019 の更新プログラムのサイズ

更新プログラムのある場所からユーザーのコンピューターにダウンロードされる更新プログラムのサイズは、Office 2019 を最後に更新してからの期間や、セキュリティ更新プログラムと品質更新プログラムの数など、いくつかの要因によって異なります。

ダウンロードが必要な更新プログラムのサイズを最小限に抑えられるように、Office 2019 を最新の状態に保つことをお勧めします。 Office では、バイナリ差分圧縮と呼ばれるテクノロジが使用され、ユーザーのコンピューターに適用される更新プログラムのサイズが削減されます。 ただし、バイナリ差分圧縮は、最新バージョンの Office から更新する場合にのみ使用することができます。 たとえば、9 月や 10 月のバージョンから 11 月のバージョンに更新する場合などです。 ただし、6 月のバージョンから 11 月のバージョンへの更新など、はるかに古いバージョンの Office を更新する場合は、バイナリ差分圧縮を利用することができません。

Office 2019 の更新プログラム チャネル

Office は、更新プログラム チャネルの概念を使用してインストールされているバージョンの Office がどの更新プログラムを受信するかを判断します。 更新プログラム チャネルは、Office 展開ツールで使用する configuration.xml ファイルで指定されます。 常に更新プログラム チャネルを明示的に指定する必要があります。 詳細については、「Office 2019 を展開する (IT 担当者向け)」を参照してください。

「PerpetualVL2019」は、Office Professional Plus 2019 および Office Standard 2019 でサポートされている 唯一の 更新プログラム チャネルです。 また、ボリューム ライセンス バージョンの Project 2019 および Visio 2019 の既定の更新チャネルですが、現在のチャネルや Semi-Annual Enterprise チャネルなどの更新プログラム チャネルでインストールできます。

更新プログラム チャネルは、コンピューター全体にわたる設定です。 使用する更新プログラム チャネルは、展開する Office スイートのバージョンに基づいて決定します。 Project と Visio を Office と共に展開する場合は、Office スイートと同じ更新プログラム チャネルを使用する必要があります。 Office、Project、Visio のすべてのバージョンが 2019 のボリューム ライセンス版の場合、問題は発生しません。

ボリューム ライセンス版の Project 2019 または Visio 2019 を Microsoft 365 Apps と一緒に展開する場合は、Microsoft 365 Apps に使用している更新プログラム チャネルと同じチャネルを Project 2019 または Visio 2019 に指定する必要があります。 たとえば、現在のチャネルの場合は "Current"、新しいチャネルの場合は "SemiAnnual" Semi-Annual Enterpriseします。 詳細については、「同一コンピューター上に異なるバージョンの Office、Project、Visio をインストールするためのサポート対象シナリオ」を参照してください。

グループ ポリシーを使用して更新プログラム設定を指定する

Windows Server および Active Directory Domain Services (AD DS) が組織内に展開されている場合、グループ ポリシーを使用して、ボリューム ライセンス版の Office 2019 の更新プログラム設定を構成することができます。 これを行うには、最新バージョンの管理用テンプレート ファイル (Office 用 ADMX/ADML) をダウンロードしてください。このファイルには Office 2019 のポリシー設定が含まれています。

管理用テンプレート ファイルを AD DS にコピーしたら、グループ ポリシー管理コンソールの [コンピューターの構成][ポリシー][管理用テンプレート][Microsoft Office 2016 (マシン)][更新] に更新ポリシーの設定が表示されます。 各ポリシー設定の構成方法の説明も表示されます。 たとえば、「更新パス」のグループ ポリシー設定を使用して、Office 2019 が更新プログラムを検索する場所を指定することができます。