Microsoft 365 Apps のライセンスおよびライセンス認証の概要Overview of licensing and activation in Microsoft 365 Apps

この記事では、Microsoft 365 アプリのライセンスをユーザーに割り当てる方法と、Microsoft 365 アプリのインストールのライセンス認証を行う方法について説明します。This article shows how to assign Microsoft 365 Apps licenses to users and how to activate installations of Microsoft 365 Apps.

注意

この記事の情報は、Project Online デスクトップクライアントと Visio Online Plan 2 (以前は Visio Pro for Office 365) にも適用され、Microsoft 365 アプリとは別にライセンスが付与されています。The information in this article also applies to Project Online Desktop Client and Visio Online Plan 2 (previously named Visio Pro for Office 365), which are licensed separately from Microsoft 365 Apps.

組織内のユーザーに Microsoft 365 アプリを展開する前に、まずこれらのユーザーにライセンスを割り当てる必要があります。Before deploying Microsoft 365 Apps to users in your organization, you must first assign licenses to those users. 各ライセンスによって、ユーザーは、最大5台のデスクトップ、5台のタブレット、および5台のモバイルデバイスに Microsoft 365 アプリをインストールすることができます。Each license allows a user to install Microsoft 365 Apps on up to five desktops, five tablets, and five mobile devices. 各インストールがアクティブ化され、Office 365 (または Microsoft 365) に関連付けられたクラウドベースのサービスによって自動的にライセンス認証されます。Each installation is activated and kept activated automatically by cloud-based services associated with Office 365 (or Microsoft 365). この自動ライセンス認証は、プロダクトキーを追跡する必要がないため、キー管理サービス (KMS) やマルチライセンス認証キー (MAK) などのライセンス認証方法を使用する方法を理解する必要はありません。This automatic activation means you don’t have to keep track of product keys and you don’t have to figure out how to use other activation methods such as Key Management Service (KMS) or Multiple Activation Key (MAK). 十分なライセンスを購入して、Office 365 (または Microsoft 365) のサブスクリプションを最新の状態に維持し、ユーザーがインターネット経由で少なくとも30日間に1回、Office ライセンスサービスに接続できることを確認してください。All you have to do is purchase enough licenses, keep your Office 365 (or Microsoft 365) subscription current, and make sure your users can connect to the Office Licensing Service via the internet at least once every 30 days. シングルサインオンが有効になっている場合、Microsoft 365 アプリはユーザーの資格情報を検出し、自動的にライセンス認証されます。When single sign-on is enabled, Microsoft 365 Apps detects the user’s credentials and is activated automatically.

ユーザーのライセンスを削除した場合 (たとえば、ユーザーが組織を離れる場合)、ユーザーが使用した Microsoft 365 アプリのインストールが 機能制限モードで実行されています。If you remove a user's license (for example, if the user leaves your organization), any installations of Microsoft 365 Apps that the user had go into reduced functionality mode. Microsoft 365 の一部である Office ライセンスサービスは、ライセンスされているユーザーと、Office をインストールしたコンピューターの数を追跡します。The Office Licensing Service, a part of Microsoft 365, keeps track of which users are licensed and how many computers they've installed Office on.

ライセンスの割り当てと管理を行うAssign and manage licenses

Microsoft 365 アプリを使用するには、ユーザーが適切なライセンスを持っている必要があります。To use Microsoft 365 Apps, your users will need the appropriate license. ライセンスを割り当てるには、次のいずれかの操作を行います。To assign licenses, do one of the following:

  • ユーザーのアカウントの [ライセンス] ページでチェックボックスをオンにして、Office 365 ポータルでユーザーに直接ライセンスを割り当てます。Assign a license to a user directly in the Office 365 portal by selecting a check box on the licenses page for the user’s account.

  • Office 365 PowerShell を使用します。Use Office 365 PowerShell. 詳細については、「 PowerShell を使用してユーザーアカウントに Microsoft 365 ライセンスを割り当てる」を参照してください。For more information, see Assign Microsoft 365 licenses to user accounts with PowerShell.

  • Azure AD Premium P1 以降、または office 365 Enterprise E3 または office 365 A3 または office 365 GCC G3 以降のサブスクリプションをお持ちの場合は、Azure AD でグループベースのライセンスを使用できます。If you have a subscription for Azure AD Premium P1 and above, or an edition of Office 365 Enterprise E3 or Office 365 A3 or Office 365 GCC G3 and above, you can use group-based licensing with Azure AD. 1つ以上の製品ライセンスをグループに割り当てることができます。また、Azure AD では、ライセンスがグループのすべてのメンバーに割り当てられていることが保証されます。You can assign one or more product licenses to a group, and Azure AD ensures that the licenses are assigned to all members of the group. グループに参加する新しいメンバー全員に、適切なライセンスが割り当てられます。Any new members who join the group are assigned the appropriate licenses. グループを脱退するときに、これらのライセンスは削除されます。When they leave the group, those licenses are removed. 詳細については、「 Azure Active Directory におけるグループベースのライセンス」を参照してください。For more information, see Group-based licensing in Azure Active Directory.

ユーザーにライセンスが割り当てられた後は、ユーザーに Office を展開するか、office 365 ポータルから直接 office をインストールすることができます。After a user is assigned a license, you can deploy Office to your users or your users can install Office directly from the Office 365 portal. ユーザーにライセンスが割り当てられていない場合、そのユーザーは Office 365 ポータルから Office をインストールすることはできません。If the user hasn't been assigned a license, the user can't install Office from the Office 365 portal. ライセンスがプロビジョニングされていることを確認できるように、展開の24時間前にライセンスを割り当てることをお勧めします。We recommend assigning the license 24 hours prior to the deployment so you can ensure that the license is provisioned.

Microsoft 365 アプリのアクティブ化Activating Microsoft 365 Apps

インストールプロセスの一環として、Microsoft 365 アプリは、Office ライセンスサービスと、ライセンス認証および検証サービスと通信して、プロダクトキーを取得してアクティブ化します。As part of the installation process, Microsoft 365 Apps communicates with the Office Licensing Service and the Activation and Validation Service to obtain and activate a product key. 各曜日、またはユーザーがコンピューターにログオンするたびに、コンピューターはライセンス認証と検証サービスに接続し、ライセンスの状態を確認し、プロダクトキーを拡張します。Each day, or each time the user logs on to their computer, the computer connects to the Activation and Validation Service to verify the license status and extend the product key. コンピューターがインターネットに少なくとも30日に一度接続できる限り、Microsoft 365 アプリは完全に機能します。As long as the computer can connect to the internet at least once every 30 days, Microsoft 365 Apps remains fully functional. コンピューターが30日以内にオフラインになった場合、次回の接続が可能になるまで、Microsoft 365 アプリは機能制限モードになります。If the computer goes offline for more than 30 days, Microsoft 365 Apps enters reduced functionality mode until the next time a connection can be made. Microsoft 365 アプリを完全に機能させるには、ユーザーはインターネットに接続することができます。ただし、ユーザーが最初にもう一度サインインする必要がある場合もあります。To get Microsoft 365 Apps fully functional again, the user can connect to the internet and let the Activation and Validation Service reactivate the installation, though in some cases the user may have to sign back in first.

重要

オンラインライセンス認証機能のため、Microsoft 365 アプリは、インターネットから完全に切断されているコンピューターでは動作しません。Because of its online activation features, Microsoft 365 Apps won't work on computers that are completely cut off from the internet. このようなコンピューターには、Office Professional Plus 2019 をインストールし、キー管理サービス (KMS) や Active Directory ドメイン サービスなどの従来のライセンス認証方式を使用することをお勧めします。For those computers, we recommend installing Office Professional Plus 2019 and using a traditional activation method such as Key Management Service (KMS) or Active Directory Domain Services.

ライセンス認証されたインストールの管理Managing activated installations

Microsoft 365 アプリの各ライセンスにより、ユーザーは、最大5台のデスクトップ、5台のタブレット、および5台のモバイルデバイスに Microsoft 365 アプリをインストールできます。Each Microsoft 365 Apps license allows a user to install Microsoft 365 Apps on up to five desktops, five tablets, and five mobile devices. ユーザーは、Office 365 ポータルでのインストールを管理します。The user manages installations in the Office 365 portal.

ユーザーが Microsoft 365 アプリを10台以上のデバイスにインストールした場合、最も長い時間使用されていないデバイスは自動的に無効になります。If a user installs Microsoft 365 Apps on more than 10 devices, then the device that hasn't been used for the longest amount of time is automatically deactivated. 非アクティブ化されたデバイスでは、Microsoft 365 アプリが機能制限モードに切り替わります。Microsoft 365 Apps goes into reduced functionality mode on the deactivated device. この自動無効化は、現時点では Windows デバイスでのみサポートされることに注意してください。Note that this automatic deactivation is only supported for Windows devices at this time.

機能制限モードとはWhat is reduced functionality mode?

機能制限モードでは、Microsoft 365 アプリはデバイスにインストールされたままですが、ユーザーはドキュメントの表示と印刷のみを行うことができます。In reduced functionality mode, Microsoft 365 Apps remains installed on the device, but users can only view and print their documents. 新しいドキュメントの編集または作成機能はすべて無効になり、ユーザーには次のようなメッセージが表示されます。All features for editing or creating new documents are disabled, and the user sees a message like the following:

非アクティブ化された製品

次に、ユーザーは利用可能なオプションの1つを選択して、そのコンピューター上の Microsoft 365 アプリを再アクティブ化することができます。The user can then choose one of the available options to reactivate Microsoft 365 Apps on that computer.

ユーザーにライセンスが割り当てられていない場合、インストールされているコンピューターで Microsoft 365 アプリを使用しようとすると、機能制限モードになります。If the user hasn't been assigned a license, and they try to use Microsoft 365 Apps on a computer where it's installed, it will be in reduced functionality mode. また、ユーザーは、Word や Excel などのアプリを開くたびにサインインしてライセンス認証を行うように求められます。Also, the user will be prompted to sign in and activate every time they open an app, such as Word or Excel.

ライセンスおよびライセンス認証の改善Improvements in licensing and activation

Microsoft 365 アプリのバージョン1910以降では、次の点が改善されました。In Microsoft 365 Apps version 1910 and later, we made the following improvements:

  • ユーザーは、別のデバイスでの非アクティブ化を求めるメッセージが表示されずに、新しいデバイスに Microsoft 365 アプリをインストールできます。Users can install Microsoft 365 Apps on a new device without being prompted to deactivate it on another device. ユーザーに Microsoft 365 アプリがアクティブ化されたデバイスが10個以上ある場合は、最も長い時間使用していないデバイスが自動的に無効になります。If a user has more than 10 devices with Microsoft 365 Apps activated, then the device that hasn't been used for the longest amount of time is automatically deactivated.

  • デバイス上の Microsoft 365 アプリがポータルから、またはライセンスが削除されている場合、そのデバイス上の新しいユーザーは、エラーなしで Microsoft 365 アプリのライセンス認証を行うことができます。When Microsoft 365 Apps on a device has been deactivated, either from the portal or because a license has been removed, a new user on that device can activate Microsoft 365 Apps without an error.

  • ユーザーがデバイスで Microsoft 365 アプリをアクティブ化し、2番目のユーザーがそのデバイスにサインインすると、Microsoft 365 管理センターのライセンス認証レポートに両方のライセンス認証が表示されるようになりました。When a user activates Microsoft 365 Apps on a device and a second user signs on to that device, both activations are now displayed in the activation report in the Microsoft 365 admin center.

Microsoft 365 アプリによって Office 365 に送信されるライセンスおよびライセンス認証データLicensing and activation data sent to Office 365 by Microsoft 365 Apps

企業内の Microsoft 365 アプリについてAbout Microsoft 365 Apps in the enterprise

Microsoft 365 アプリの展開方法を選ぶChoose how to deploy Microsoft 365 Apps