Office 365 ProPlus での言語の展開の概要Overview of deploying languages in Office 365 ProPlus

この記事では、Office 365 ProPlus の言語の展開オプションについて、展開に使用する方法、言語の展開元、校正ツールの展開方法、およびベスト プラクティスを含めて説明します。This article covers the options for deploying languages for Office 365 ProPlus, including what method to use, where to deploy languages from, how to deploy proofing tools, and best practices. この記事は、Office 展開の計画の一部として使用することをお勧めします。We recommend using this article as part of planning your Office deployment.

この記事のガイダンスは、Office 365 ProPlus と次の Office 製品に適用されます。The guidance in this article applies to Office 365 ProPlus and the following Office products:

  • デスクトップ バージョンの Project: Project Online Professional などの一部のサブスクリプション プランに付属していますThe desktop version of Project that comes with some subscription plans, such as Project Online Professional
  • デスクトップ バージョンの Visio: Visio Online プラン 2 などの一部のサブスクリプションに付属していますThe desktop version of Visio that comes with some subscription plans, such as Visio Online Plan 2
  • Office 365 Business: Office 365 Business Premium などの一部のサブスクリプションに付属するデスクトップ バージョンの Office ですOffice 365 Business, which is the desktop version of Office that comes with some subscription plans, such as Office 365 Business Premium

Office 365 ProPlus では、クイック実行を使用する Office の Windows インストーラー (MSI) バージョン用の言語リソースは使用できません。You can't use language resources for Windows Installer (MSI) versions of Office with Office 365 ProPlus, which uses Click-to-Run. たとえば、Office 365 ProPlus では、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) からダウンロードした言語パックは使用できません。For example, you can't use language packs downloaded from the Volume Licensing Service Center (VLSC) with Office 365 ProPlus.

一般に、Office 365 ProPlus の言語は Office 自体の展開に使用したものと同じプロセスとツールで展開します。In general, you deploy languages for Office 365 ProPlus with the same process and tools that you use to deploy Office itself. 複数の言語を展開する場合は、それらの言語を Office のパッケージに直接含めることも、Office のインストールが完了してから個別のパッケージとして言語を展開することもできます。You can deploy multiple languages by including those languages directly in the Office packages, or you can deploy languages as a separate package, after Office is already installed. この記事の手順では、展開の作業に Configuration Manager または Office 展開ツールを使用することと、展開用構成ファイルの作成に Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用することを想定しています。The steps in this article assume that you're deploying with Configuration Manager or the Office Deployment Tool, and that you use the Office Customization Tool (OCT) to create the configuration files for your deployment. OCT ではまだ利用できない設定については、テキスト エディターで構成ファイルを作成する場合の手順を示しています。If a setting is not yet available in the OCT, steps are given for creating the configuration file in a text editor.

言語の展開のベスト プラクティスBest practices for deploying languages

大規模な組織で複数の言語を展開する場合は、次のベスト プラクティスをお勧めします。When deploying multiple languages in a large organization, we recommend these best practices:

この記事では、サポートされる言語のリストと、Office で展開のために言語パックをダウンロードするときにネットワーク帯域幅を節約する方法の詳細についても説明します。This article also includes the list of supported languages and details on how Office conserves network bandwidth when downloading language packs for deployment.

Office 365 ポータルから言語をインストールするInstall languages from the Office 365 portal

組織で許可する場合、ユーザーは、Office 365 ポータルから直接 Office 365 用リソースの言語をインストールできます。If your organization allows it, users can install Office 365 ProPlus languages directly from the Office 365 portal. ユーザーは [ソフトウェア] ページから Office をインストールするときに、[言語] ドロップダウン ボックスから言語を選択します。When users install Office from the Software page, they select a language from the Language drop-down box. ユーザーが追加の言語を必要としている場合は、単に、このプロセスを必要な言語ごとに再実行します。If a user needs an additional language, they can just re-run the process for each required language. セットアップによって、選択した言語がユーザーのデバイスに追加されます。The setup will add the selected language to the user's device.

Office の展開の一環として複数の言語を展開するDeploy multiple languages as part of deploying Office

複数の言語で Office 365 ProPlus を展開するときに必要なことは、Office パッケージの作成時に追加の言語を含めることのみです。To deploy Office 365 ProPlus in multiple languages, you just need to include the additional languages in the Office packages you create. そうするには、Office カスタマイズ ツールで構成ファイルを作成するときに、展開する言語を [言語] セクションで選択します。To do so, select the languages you want to deploy in the Language section when creating the configuration file in the Office Customization Tool.

ネットワーク上のローカル ソースから Office を展開する場合は、Office パッケージのダウンロードと同じ方法で、そのソースから言語をダウンロードする必要があります。If you deploy Office from a local source on your network, you must download your languages to that source, in the same way that you download the Office package. 詳細については、「Office 365 ProPlus のインストール ファイルをダウンロードする」を参照してください。For more details, see Download the installation files for Office 365 ProPlus. ローカル ソースから展開するときには、言語パックのバックアップ ソースとして Office Content Delivery Network (CDN) を使用することをお勧めします。When deploying from a local source, we recommend that you use the Office Content Delivery Network (CDN) as a backup source for language packs.

標準的な展開の詳細については、「Office 365 ProPlus のエンタープライズ展開を計画する」を参照してください。For more details on standard deployments, see Plan your enterprise deployment of Office 365 ProPlus.

Office カスタマイズ ツールで選択した第一言語によって、シェル UI の言語が決まります。The primary language selected in the Office Customization Tool determines the Shell UI language. シェル UI とは、ショートカット、右クリックで表示されるコンテキスト メニュー、およびツールヒントに使用される言語です。The Shell UI is the language that is used to display shortcuts, right-click context menus, and tooltips. 初期インストールの後でシェル UI の言語を変更する場合は、Office をアンインストールしてから再インストールする必要があります。If you decide that you want to change the Shell UI language after an initial installation, you must uninstall Office and reinstall it.

Office 365 ProPlus の既存のインストールに言語を展開するDeploy languages to existing installations of Office 365 ProPlus

Office 365 ProPlus の展開後に、Office の追加言語を展開できます。After deploying Office 365 ProPlus, you can deploy additional languages for Office. そうするには、Office の展開に使用したものと同じプロセスとツール (Configuration Manager や Office 展開ツールなど) を使用します。To do so, use the same process and tools you used to deploy Office, such as Configuration Manager or the Office Deployment Tool.

  1. ローカル ソースから言語を展開する場合は、そのソースで目的の言語が入手可能になっていることを確認します。If you're deploying languages from a local source, make sure the languages are available at that source. 詳細については、「Office 365 ProPlus のインストール ファイルをダウンロードする」を参照してください。For more details, see Download the installation files for Office 365 ProPlus.
  2. ローカル ソースを使用する場合は、言語パックのバックアップ ソースとして Office Content Delivery Network (CDN) を使用することをお勧めします。If you use a local source, we recommend that you use the Office Content Delivery Network (CDN) as a backup source for language packs.
  3. Office カスタマイズ ツールで構成ファイルを作成するときには、[製品] セクションで、[追加製品] として [言語パック] を選択します。When creating the configuration file in the Office Customization Tool, select Language Pack as the Additional Product in the Products section.
  4. [言語] セクションで、インストールする追加の言語を選択します。In the Language section, select the additional languages you want to install.
  5. Office の展開に使用したものと同じプロセスを使用して言語を展開します。Deploy the languages using the same process you use to deploy Office.

既存の展開に追加する場合、ODT は既存の Office 365 ProPlus インストールと同じアーキテクチャ (32 ビットまたは 64 ビット) と、ソースの場所 (Office CDN またはローカル ソース) を自動的に使用するようになります。When you add to an existing deployment, the ODT can automatically use the same architecture (32 bit or 64 bit) and source location (Office CDN or local source) as the existing installation of Office 365 ProPlus. そのため、それらの値は構成ファイルの作成時に指定する必要はありません。つまり、1 つの構成ファイルが複数の展開グループへの展開に使用できるということです。Because of this, you do not need to specify these values when creating the configuration file, which means you can use a single configuration file to deploy to multiple deployment groups. ただし、Office カスタマイズ ツールでは、それらの値をすべて指定する必要があるため、この機能はテキスト エディターで構成ファイルを作成する場合にのみ使用できます。The Office Customization Tool, however, requires that you specify all these values, so you can only use this feature if you create the configuration file in a text editor.

校正ツールを展開するDeploy proofing tools

Office 365 ProPlus の各言語バージョンには、一連の関連の言語の校正ツールが含まれています。 たとえば、英語版 Office を展開すると、ユーザーは英語、スペイン語、フランス語の校正ツールを受け取ります。 校正ツールには、スペル チェックと文章校正、類義語辞典、およびハイフネーションがあります。また、言語自動判別、要約の作成、インテリジェント オートコレクトなど、言語固有の編集機能もあります。Each language version of Office 365 ProPlus includes proofing tools for a set of companion languages. For example, when you deploy the English version of Office, users receive proofing tools for English, Spanish, and French. These proofing tools include spelling and grammar checkers, thesauruses, and hyphenators. They might also include language-specific editing features such as Language AutoDetect, AutoSummarize, and Intelligent AutoCorrect.

副言語以外の他の言語の校正ツールを展開する場合は、その他の言語の完全な言語パックを展開するか、その追加言語の校正ツールだけを展開することができます。多くの管理者は、ネットワークの帯域幅を節約し、クライアント コンピューターのインストール時間を短縮するために校正ツールのみの展開を選択します。If you want to deploy proofing tools in additional languages beyond the companion languages, you can deploy the full language pack for that additional language or you can deploy just the proofing tools for that additional language. Many administrators choose to deploy just the proofing tools to conserve bandwidth on the network and speed up installation on client computers.

校正ツールのみを展開する場合は、Office の展開に使用したものと同じツール (Configuration Manager または ODT) を使用します。To deploy just the proofing tools, use the same tools you used to deploy Office, such as Configuration Manager or the ODT. 校正ツールは Office の初期展開に含めることも、既存の展開に後から追加することもできます。You can include proofing tools in the initial deployment of Office, or you can add them later to an existing deployment.

注意

Office カスタマイズ ツールでは、構成ファイルを作成できません。その機能は、まだ利用できるようになっていません。You cannot use the Office Customization Tool to create the configuration file, because this feature is not yet available in that tool. その代わりに、テキスト エディターで構成ファイルを作成する必要があります。Instead, you must edit the configuration file in a text editor.

既存の展開に追加する場合は、ODT が既存の Office 365 ProPlus インストールと同じアーキテクチャ (32 ビットまたは 64 ビット) と、ソースの場所 (Office CDN またはローカル ソース) を自動的に使用するようになります。If you're adding to an existing deployment, the ODT will automatically use the same architecture (32 bit or 64 bit) and source location (Office CDN or local source) as the existing installation of Office 365 ProPlus. そのため、それらの値は構成ファイルの作成時に指定する必要はありません。つまり、1 つの構成ファイルが複数の展開グループへの展開に使用できるということです。Because of this, you do not need to specify these values when creating the configuration file, which means you can use a single configuration file to deploy to multiple deployment groups.

  1. テキスト エディターで構成ファイルを作成するときは、例に示すように、Product ID (製品 ID) として "ProofingTools" を使用し、それと共に適切な Language ID (言語 ID) を指定します。When creating the configuration file in a text editor, use "ProofingTools" as the Product ID, along with the appropriate Language IDs, as shown in the example.
  2. ローカル ソースから言語を展開する場合は、まず、そのソースに校正ツールをダウンロードしておく必要があります。If you deploy languages from a local source, you must download the proofing tools to that source first. 詳細については、「Office 365 ProPlus のインストール ファイルをダウンロードする」を参照してください。For more details, see Download the installation files for Office 365 ProPlus.
  3. ローカル ソースを使用する場合は、例に示すように、構成ファイルに AllowCdnFallback 属性を含めることで、Office CDN が言語パックと校正ツールのバックアップ ソースとして使用されるようにすることをお勧めします。If you use a local source, we recommend that you use the Office CDN as a backup source for language packs and proofing tools by including the AllowCdnFallback attribute in the configuration file, as shown in the example.

テキスト エディターで構成ファイルを編集する方法の詳細については、「Office 展開ツールの構成オプション」を参照してください。For details on how to edit the configuration file in a text editor, see Configuration options for the Office Deployment Tool.

Example

この構成ファイルでは、半期チャネルを使用して、Office が既にインストールされているデバイスにドイツ語とイタリア語の校正ツールをインストールします。This configuration file installs proofing tools for German and Italian using the Semi-Annual Channel on a device with Office already installed. 元の Office をローカル ソースからインストールした場合は、そのソースに校正ツールがダウンロードされていることを確認してください。If the original installation of Office was from a local source, make sure to download the proofing tools to that source. そのツールがローカル ソースで見つからない場合は、AllowCdnFallback の設定によって、ツールが Office CDN から直接インストールされます。If the tools aren't found at the local source, the AllowCdnFallback setting installs the tools directly from the Office CDN.

<Configuration>
  <Add Channel="Broad" AllowCdnFallback="TRUE">
    <Product ID="ProofingTools">
      <Language ID="de-de" />
      <Language ID="it-it" />
    </Product>
  </Add>
</Configuration>

オペレーティング システムと同じ言語をインストールするInstall the same languages as the operating system

Office の展開時に、オペレーティング システムで使用されているものと同じ言語を自動的にインストールできます。When deploying Office, you can automatically install the same languages that are in use by the operating system. そうするには、標準的なプロセスとツールで Office を展開するときに、次の手順を含めます。To do so, include the steps below when deploying Office with your standard process and tools:

  1. Office カスタマイズ ツールで構成ファイルを作成するときに、第一言語として [オペレーティング システムと同じにする] を選択します。When creating the configuration file in the Office Customization Tool, select Match Operating System as the primary language.
  2. ローカル ソースを使用する場合は、言語パックのバックアップ ソースとして Office CDN を使用することをお勧めします。If you use a local source, we recommend that you use the Office CDN as a backup source for language packs. そうするには、[インストール] セクションで [見つからない言語については CDN にフォールバックする] を選択します。To do so, select Fallback to the CDN for missing languages in the Installation section.

[オペレーティング システムと同じにする] を使用すると、オペレーティング システムの基本言語と、デバイス上のユーザー プロファイルのアクティブな表示言語のすべてがインストールされます。When Match Operating System is used, the base language of the operating system and all active display languages for user profiles on the device are installed. [オペレーティング システムと同じにする] は、言語の固定リストと組み合わせて使用できます。Match Operating System can be used in combination with a fixed list of languages.

既存の Office 365 ProPlus のバージョンと同じ言語で Visio または Project を展開するDeploy Visio or Project in the same languages as an existing version of Office 365 ProPlus

Visio と Project は、既存の Office 365 ProPlus のバージョンと同じ言語で自動的に展開できます。You can automatically deploy Visio and Project in the languages that are in use by an existing version of Office 365 ProPlus. そうするには、Office の展開に使用したものと同じプロセスとツール (Configuration Manager や Office 展開ツールなど) を使用します。To do so, use the same process and tools you used to deploy Office, such as Configuration Manager or the Office Deployment Tool.

注意

Office カスタマイズ ツールでは、構成ファイルを作成できません。その機能は、まだ利用できるようになっていません。You cannot use the Office Customization Tool to create the configuration file, because this feature is not yet available in that tool. その代わりに、テキスト エディターで構成ファイルを作成する必要があります。Instead, you must edit the configuration file in a text editor.

既存の展開に追加する場合は、ODT が既存の Office 365 ProPlus インストールと同じアーキテクチャ (32 ビットまたは 64 ビット) と、ソースの場所 (Office CDN またはローカル ソース) を自動的に使用するようになります。If you're adding to an existing deployment, the ODT will automatically use the same architecture (32 bit or 64 bit) and source location (Office CDN or local source) as the existing installation of Office 365 ProPlus. そのため、それらの値は構成ファイルの作成時に指定する必要はありません。つまり、1 つの構成ファイルが複数の展開グループへの展開に使用できるということです。Because of this, you do not need to specify these values when creating the configuration file, which means you can use a single configuration file to deploy to multiple deployment groups.

  1. テキスト エディターで構成ファイルを作成するときに、次の例に示すように、Language ID として "MatchInstalled" を使用します。When creating the configuration file in a text editor, use "MatchInstalled" as the Language ID, as shown in the example below.
  2. MatchInstalled を使用すると、シェル UI の言語が変更されることがあります。In some cases, using Match Installed can change the Shell UI language. これを回避するために、次の例に示すように、最初の Language ID として "MatchOS" または特定の言語を含めるようにしてください。To avoid that, we recommend including "MatchOS" or a specific language as the first Language ID, as show in the example below.
  3. 必要に応じて、次の例に示すように、Language 要素の属性として TargetProduct を含めることもできます。Optionally, you can include the TargetProduct as an attribute of the Language element, as shown in the example below. そうすることで、インストールする言語を判断するために使用する既存の Office 製品を指定できるようになります。By doing so, you can specify which existing Office product should be used to determine which languages to install. たとえば、TargetProduct = "O365ProPlusRetail" と設定すると、その製品がクライアント コンピューターにインストールされている場合、展開する Office 製品は Office 365 ProPlus と同じ言語でインストールされるようになります。For example, if you set TargetProduct = "O365ProPlusRetail", the Office products you're deploying will be installed in the same languages as Office 365 ProPlus, if that product is installed on the client computer.
  4. ローカル ソースから言語を展開する場合は、まず、そのローカル ソースに一致する可能性のあるすべての言語をダウンロードしておく必要があります。If you deploy languages from a local source, you must download any possible matched languages to that source first. 詳細については、「Office 365 ProPlus のインストール ファイルをダウンロードする」を参照してください。For more details, see Download the installation files for Office 365 ProPlus.

また、Language ID として MatchInstalled を使用すると、既存の Office のインストールに対して Office アプリを追加または削除することもできます。You can also use MatchInstalled as the Language ID when adding Office apps to or removing them from an existing installation of Office.

テキスト エディターで構成ファイルを編集する方法の詳細については、「Office 展開ツールの構成オプション」を参照してください。For details on how to edit the configuration file in a text editor, see Configuration options for the Office Deployment Tool.

Example

<Configuration>
 <Add Channel="Broad" AllowCdnFallback="True"> 
  <Product ID="VisioProRetail">
     <Language ID="MatchOS" />
     <Language ID="MatchInstalled" TargetProduct="O365ProPlusRetail" />
  </Product>
 </Add>  
</Configuration>

以前の MSI インストールと同じ言語をインストールするInstall the same languages as a previous MSI installation

Office の Windows インストーラー (MSI) バージョンからアップグレードする場合は、Office 365 ProPlus のインストール時に、同じ言語リソース (言語パック、Language Interface Pack、または校正ツールなど) のクイック実行バージョンを入手できます。If you're upgrading from a Windows Installer (MSI) version of Office, you can get Click-to-Run versions of the same language resources — for example, language packs, language interface packs, or proofing tools — installed when you install Office 365 ProPlus. 詳細については、「Office 365 ProPlus にアップグレードする際に Office の既存の MSI バージョンを削除する」を参照してください。For more information, see Remove existing MSI versions of Office when upgrading to Office 365 ProPlus.

言語パックのバックアップ ソースとして Office CDN を使用するUse the Office CDN as a backup source for language packs

ネットワーク上のローカル ソースから Office を展開する場合は、そのローカル ソースでは利用できない可能性がある言語パックのバックアップ ソースとして Office CDN を使用します。If you deploy Office from a local source on your network, you can use the Office CDN as a backup source for language packs that might not be available at that local source. そうするには、Office の展開に使用したものと同じプロセスとツール (Configuration Manager や Office 展開ツールなど) を使用します。To do so, use the same process and tools you used to deploy Office, such as Configuration Manager or the Office Deployment Tool.

Office カスタマイズ ツールで構成ファイルを作成するときに、Office カスタマイズ ツールのインストールの設定にある [見つからない言語については CDN にフォールバックする] を選択します。When creating the configuration file in the Office Customization Tool, select Fallback to the CDN for missing languages in the installation settings of the Office Customization Tool.

言語のインストール時に、ODT は最初にソース パスの場所にあるソース ファイルを探します。When installing languages, the ODT looks first for source files in the source path location. その場所で言語パックが利用できない場合、およびフォールバック設定が選択されている場合、ODT は Office CDN からソース ファイルを使用します。If the language pack isn't available at that location and the Fallback setting is selected, then the ODT will use source files from the Office CDN.

言語パックを追加するときにネットワーク帯域幅を節約するConserve network bandwidth when adding language packs

Office 展開ツール (ODT) を使用して Office のインストール ファイルをダウンロードするとき、ダウンロード先に同じバージョンの Office が既にある場合、ODT は不足分のファイルのみをダウンロードして、お客様のネットワークの帯域使用の軽減をはかります。たとえば、ODT を使用して英語版とドイツ語版の Office を、英語版の Office が既に含まれているフォルダーにダウンロードする場合、ドイツ語の言語パックのみがダウンロードされます。When you use the Office Deployment Tool (ODT) to download the installation files for Office to a folder that already contains that version of Office, the ODT will conserve your network bandwidth by downloading only the missing files. For example, if you use the ODT to download Office in English and German to a folder that already contains Office in English, only the German language pack will be downloaded.

言語、カルチャ コード、および関連の言語の文章校正Languages, culture codes, and companion proofing languages

Office 365 ProPlus の言語に依存しない製品リソースは、すべてのニュートラル リソースが含まれている 1 つのファイルにパッケージ化されています。Language-neutral product resources for Office 365 ProPlus are packaged into a single file that contains all the neutral resources. 言語固有のリソースは、言語ファイルにパッケージ化されています (例: 英語 (米国) の場合は en)。Language-specific resources are packaged into language-specific files such as en-us for English (United States) resources.

次の表は、すべてサポートされている Office 365 ProPlus の言語、カルチャ コード、および関連の言語の文章校正の一覧です。The following table lists all the supported languages for Office 365 ProPlus, along with culture codes and companion proofing languages.

言語Language カルチャ (ll-cc)Culture (ll-cc) 副校正言語Companion proofing languages
アフリカーンス語Afrikaans af-zaaf-za
アルバニア語Albanian sq-alsq-al
アラビア語Arabic ar-saar-sa アラビア語、英語、フランス語Arabic, English, French
アルメニア語Armenian hy-amhy-am
アッサム語Assamese as-inas-in
アゼルバイジャン語 (ラテン)Azerbaijani (Latin) az-Latn-azaz-Latn-az
バングラ語 (バングラデシュ)Bangla (Bangladesh) bn-bdbn-bd
バングラ語 (ベンガル語インド)Bangla (Bengali India) bn-inbn-in
バスク語 (バスク)Basque (Basque) eu-eseu-es
ボスニア語 (ラテン)Bosnian (Latin) bs-latn-babs-latn-ba
ブルガリア語Bulgarian bg-bgbg-bg ブルガリア語、英語、ドイツ語、ロシア語Bulgarian, English, German, Russian
カタルニア語Catalan ca-esca-es
カタロニア語 (バレンシア)Catalan (Valencia) ca-es-valenciaca-es-valencia
中国語 (簡体字)Chinese (Simplified) zh-cnzh-cn 中国語 (簡体字)、英語Chinese (Simplified), English
中国語 (繁体字)Chinese (Traditional) zh-twzh-tw 中国語 (繁体字)、英語Chinese (Traditional), English
クロアチア語Croatian hr-hrhr-hr クロアチア語、英語、ドイツ語、セルビア語、イタリア語Croatian, English, German, Serbian, Italian
チェコ語Czech cs-czcs-cz チェコ語、英語、ドイツ語、スロバキア語Czech, English, German, Slovak
デンマーク語Danish da-dkda-dk デンマーク語、英語、ドイツ語、スウェーデン語Danish, English, German, Swedish
オランダ語Dutch nl-nlnl-nl オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語Dutch, English, French, German
英語English en-usen-us 英語、フランス語、スペイン語English, French, Spanish
エストニア語Estonian et-eeet-ee エストニア語、英語、ドイツ語、ロシア語、フィンランド語Estonian, English, German, Russian, Finnish,
フィンランド語Finnish fi-fifi-fi フィンランド語、英語、スウェーデン語、ドイツ語、ロシア語Finnish, English, Swedish, German, Russian
フランス語French fr-frfr-fr フランス語、英語、ドイツ語、オランダ語、アラビア語、スペイン語French, English, German, Dutch, Arabic, Spanish
ガリシア語Galician gl-esgl-es
ジョージア語Georgian ka-geka-ge
ドイツ語German de-dede-de ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語German, English, French, Italian
ギリシャ語Greek el-grel-gr ギリシャ語、英語、フランス語、ドイツ語Greek, English, French, German
グジャラート語Gujarati gu-ingu-in
ハウサ語Hausa ha-Latn-ngha-Latn-ng
ヘブライ語Hebrew he-ilhe-il ヘブライ語、英語、フランス語、アラビア語、ロシア語Hebrew, English, French, Arabic, Russian
ヒンディー語Hindi hi-inhi-in ヒンディー語、英語、タミール語、テルグ語、マラーティー語、カンナダ語、グジャラート語、パンジャブ語、ウルドゥー語Hindi, English, Tamil, Telegu, Marathi, Kannada, Guajarati, Punjabi, Urdu
ハンガリー語Hungarian hu-huhu-hu ハンガリー語、英語、ドイツ語Hungarian, English, German
アイスランド語Icelandic is-isis-is
イボ語Igbo ig-ngig-ng
インドネシア語Indonesian id-idid-id インドネシア語、英語Indonesian, English
アイルランド語Irish ga-iega-ie
コサ語isiXhosa xh-zaxh-za
ズールー語isiZulu zu-zazu-za
イタリア語Italian it-itit-it イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語Italian, English, French, German
日本語Japanese ja-jpja-jp 日本語、英語Japanese, English
カンナダ語Kannada kn-inkn-in
カザフ語Kazakh kk-kzkk-kz カザフ語、英語、ロシア語、Kazakh, English, Russian
キニヤルワンダ語Kinyarwanda rw-rwrw-rw
スワヒリ語KiSwahili sw-kesw-ke
コンカニ語Konkani kok-inkok-in
韓国語Korean ko-krko-kr 韓国語、英語Korean, English
キルギス語Kyrgyz ky-kgky-kg
ラトビア語Latvian lv-lvlv-lv ラトビア語、英語、ドイツ語、ロシア語Latvian, English, German, Russian
リトアニア語Lithuanian lt-ltlt-lt リトアニア語、英語、ドイツ語、ロシア語、ポーランド語Lithuanian, English, German, Russian, Polish
ルクセンブルク語Luxembourgish lb-lulb-lu
マケドニア語 (北マケドニア)Macedonian (North Macedonia) mk-mkmk-mk
マレー語 (ラテン)Malay (Latin) ms-myms-my マレー語、英語、中国語 (簡体字)Malay, English, Chinese (Simplified)
マラヤーラム語Malayalam ml-inml-in
マルタ語Maltese mt-mtmt-mt
マオリ語Maori mi-nzmi-nz
マラーティー語Marathi mr-inmr-in
ネパール語Nepali ne-npne-np
ノルウェー語 (ボークモール)Norwegian Bokmål nb-nonb-no ノルウェー語 (ブークモール)、英語、ドイツ語、ノルウェー語 (ニーノシュク)Norwegian (Bk), English, German, Norwegian (Ny)
ノルウェー語 (ニーノシュク)Norwegian Nynorsk nn-nonn-no ノルウェー語 (ブークモール)、英語、ドイツ語、ノルウェー語 (ニーノシュク)Norwegian (Bk), English, German, Norwegian (Ny)
オディア語Odia or-inor-in
パシュトゥー語Pashto ps-afps-af
ペルシャ語Persian (Farsi) fa-irfa-ir
ポーランド語Polish pl-plpl-pl ポーランド語、英語、ドイツ語Polish, English, German
ポルトガル語 (ポルトガル)Portuguese (Portugal) pt-ptpt-pt ポルトガル語、英語、フランス語、スペイン語Portuguese, English, French, Spanish
ポルトガル語 (ブラジル)Portuguese (Brazil) pt-brpt-br ポルトガル語 (ブラジル)、英語、スペイン語Brazilian, English, Spanish
パンジャブ語 (グルムキー)Punjabi (Gurmukhi) pa-inpa-in
ルーマニア語Romanian ro-roro-ro ルーマニア語、英語、フランス語Romanian, English, French
ロマンシュ語Romansh rm-chrm-ch
ロシア語Russian ru-ruru-ru ロシア語、英語、ウクライナ語、ドイツ語Russian, English, Ukrainian, German
スコットランド ゲール語Scottish Gaelic gd-gbgd-gb
セルビア語 (キリル、セルビア)Serbian (Cyrillic, Serbia) sr-cyrl-rssr-cyrl-rs
セルビア語 (ラテン、セルビア)Serbian (Latin, Serbia) sr-latn-rssr-latn-rs セルビア語 (ラテン)、英語、ドイツ語、フランス語、クロアチア語Serbian (Latin), English, German, French, Croatian
セルビア語 (キリル、ボスニア & ヘルツェゴビナ)Serbian (Cyrillic, Bosnia & Herzegovina) sr-cyrl-basr-cyrl-ba
セソト サ レボア語Sesotho sa Leboa nso-zanso-za
セツワナ語Setswana tn-zatn-za
シンハラ語Sinhala si-lksi-lk
スロバキア語Slovak sk-sksk-sk スロバキア語、英語、チェコ語、ハンガリー語、ドイツ語Slovak, English, Czech, Hungarian, German
スロベニア語Slovenian sl-sisl-si スロベニア語、英語、ドイツ語、イタリア語、クロアチア語Slovenian, English, German, Italian, Croatian
スペイン語Spanish es-eses-es スペイン語、英語、フランス語、バスク語 (バスク)、カタルニア語、ガリシア語、ポルトガル語 (ブラジル)Spanish, English, French, Basque (Basque), Catalan, Galician, Brazilian
スウェーデン語Swedish sv-sesv-se スウェーデン語、英語、フィンランド語、ドイツ語Swedish, English, Finnish, German
タミール語Tamil ta-inta-in
タタール語 (キリル)Tatar (Cyrillic) tt-rutt-ru
テルグ語Telugu te-inte-in
タイ語Thai th-thth-th タイ語、英語、フランス語Thai, English, French
トルコ語Turkish tr-trtr-tr トルコ語、英語、フランス語、ドイツ語Turkish, English, French, German
ウクライナ語Ukrainian uk-uauk-ua ウクライナ語、英語、ロシア語、ドイツ語Ukrainian, English, Russian, German
ウルドゥー語Urdu ur-pkur-pk
ウズベク語 (ラテン)Uzbek (Latin) uz-Latn-uzuz-Latn-uz
ベトナム語Vietnamese vi-vnvi-vn ベトナム語、英語、フランス語Vietnamese, English, French
ウェールズ語Welsh cy-gbcy-gb
ウォロフ語Wolof wo-snwo-sn
ヨルバ語Yoruba yo-ngyo-ng