Office カスタマイズ ツールの概要Overview of the Office Customization Tool

Office カスタマイズ ツールでは、大規模組織内に Office を展開するために使用される構成ファイルが作成されます。The Office Customization Tool creates the configuration files that are used to deploy Office in large organizations. これらの構成ファイルによって、Office のインストールをさらに制御することができます。インストールされるアプリケーションと言語、これらのアプリケーションの更新方法、およびアプリケーションの設定を定義できます。These configuration files give you more control over an Office installation: you can define which applications and languages are installed, how those applications should be updated, and application preferences. 構成ファイルを作成した後、Office 展開ツールで構成ファイルを使用し、カスタマイズ版の Office を展開できます。After creating the configuration files, you can use them with the Office Deployment Tool to deploy a customized version of Office.

注意

Office カスタマイズ ツールは、数百または数千のコンピューターに Office をインストールする展開プロセスの一部です。The Office Customization Tool is part of the deployment process for installing Office on hundreds or thousands of computers. このプロセスをエンドツーエンドで実行するには、Office の展開における評価計画フェーズを完了することお勧めします。To follow this process end-to-end, we recommend completing the assessment and planning phases for your Office deployment. エンタープライズ管理者ではなく、自宅やビジネスで Office 365 のインストールを検討している場合は、「Office 365 で Office をインストールする」を参照してください。If you're not an enterprise administrator and are looking to install Office 365 in your home or business, see Install Office with Office 365.

作業の開始Get started

サービスを使用するには、Office カスタマイズ ツールに移動して、製品、言語、構成するアプリケーションの設定を選択します。To work with the service, go to Office Customization Tool and choose the products, languages, and application settings you want to configure. たとえば、64 ビットの英語版の Office 365 ProPlus をダウンロードする構成ファイルを作成したり、Access および Publisher を含まない、EULA に自動的に同意される 64 ビットの英語版とドイツ語版の Office をインストールするファイルを作成したりすることができます。For example, you can create a configuration file that downloads the 64-bit English version of Office 365 ProPlus, or you can create a file that installs the 64-bit English and German version of Office without Access and Publisher and with the EULA automatically accepted. 完了したら、組織に Office を展開するために、Office 展開ツールまたは別のソフトウェア配布ソリューションで使用できる構成ファイルをエクスポートします。When you're done, you export the configuration file, which you can then use with the Office Deployment Tool or another software distribution solution to deploy Office in your organization.

注意

System Center Configuration Manager (現在の分岐) を使用して Office を展開する場合は、構成マネージャー コンソールの Office 365 インストーラー ウィザードを使用することをお勧めします。If you use System Center Configuration Manager (Current Branch) to deploy Office, we recommend using the Office 365 Installer wizard in the Configuration Manager console. そのウィザードには、カスタマイズ版の Office カスタマイズ ツールが含まれます。That wizard includes a customized version of the Office Customization Tool. 詳細については、「System Center Configuration Manager (現在の分岐) を使用して Office 365 ProPlus を展開する」を参照してください。For more details, see Deploy Office 365 ProPlus with System Center Configuration Manager (Current Branch).

構成ファイルの作成Create a configuration file

次の手順に従って、Office 展開ツールまたは別のソフトウェア配布ソリューションによって使用できる構成ファイルを作成し、Office をインストールします。Follow these steps to create a configuration file that can be used by the Office Deployment Tool or another software distribution solution to install Office. 構成ファイルをエクスポートするには、製品と言語が選択されている必要があることに注意してください。Note that a product and language must be selected before you can export the configuration file.

  1. Office カスタマイズ ツールに移動します。Go to Office Customization Tool.
  2. [全般] セクションで、この特定の構成に対する組織名と説明を入力します。In the General section, type your organization name and a description for this particular configuration. たとえば、このファイルを使用して、財務部門に 64 ビット版の Office をインストールすることが必要な場合があります。For example, you might want to use this file to install the 64-bit version of Office for your finance department.
  3. [製品とリリース] セクションで、展開するアーキテクチャを選択します。In the Product and releases section, choose the architecture you want to deploy. 構成ファイルごとに、アーキテクチャを 1 つのみ展開できます。Each configuration file can only deploy one architecture. 選択するアーキテクチャの詳細については、「64 ビット版または 32 ビット版の Office を選択する」を参照してください。For details on which architecture to choose, see Choose the 32-bit or 64-bit version of Office.
  4. 展開する製品とアプリケーションを選択して、[追加] をクリックします。Choose the products and applications you want to deploy, and then click Add. それぞれを選択するか、個別に追加することで、Office、Visio、および Project を含むパッケージを作成できることに注意してください。Note that you can create a package that includes Office, Visio, and Project by selecting each and adding them separately.
  5. 展開する更新プログラム チャネルを選択します。Choose the update channel you want to deploy. 更新プログラム チャネルでは、ご利用のクライアント デバイスが新しい機能で更新される頻度が決定されます。The update channel determines how frequently your client devices are updated with new features. ベスト プラクティスの推奨事項については、「手順 3 - 更新プログラム チャネルの選択」を参照してください。For best practice recommendations, see Step 3 - Choose your update channels.
  6. 展開するバージョンを選択します。Choose which version you want to deploy. 特定のバージョンが必要な場合を除き、最新バージョンを選択することをお勧めします。Unless you require a particular version, we recommend choosing the latest. 以前のバージョンの詳細については、「Office 365 ProPlus 更新履歴 (日付順)」を参照してください。For details on previous versions, see Update history for Office 365 ProPlus.
  7. [言語] セクションで、含める言語を選択します。In the Language section, choose which languages to include. 複数の言語を含めたり、クライアント デバイスで使用されるのと同じ言語を自動的にインストールするように、[オペレーティング システムに一致させる] を選択したりすることができます。You can include multiple languages and you can select Match operating system to automatically install the same languages that are in use on the client device. 詳細については「Office 365 ProPlus での言語の展開の概要」を参照してください。For more details, see Overview of deploying languages in Office 365 ProPlus.
  8. [インストール] セクションで、Office ファイルのインストールをクラウドから直接行うのか、ご利用のネットワーク内のローカル ソースから行うのかを選択します。In the Installation section, choose whether to install the Office files directly from the cloud or from a local source on your network. 詳細については、「手順 1 - 展開方法の選択」を参照してください。For more details, see Choose how to deploy.
  9. エンド ユーザーからインストールを表示するかどうか、Office アイコンをタスク バーにピン留めするかどうかを選択します。Choose whether to display the installation from your end users and whether to pin the Office icons to the taskbar. これらのオプションの詳細については、「Display 要素」と「PinIconsToTaskBar プロパティ (Property 要素の一部)」を参照してください。For more details on these options, see Display element and PinIconsToTaskBar property.
  10. [更新とアップグレード] セクションで、更新プログラムをクラウドから直接インストールするか、ご利用のネットワーク上のローカル ソースからインストールするか、または構成マネージャーを使ってインストールするかを選択します。In the Update and upgrade section, choose whether to install updates directly from the cloud, from a local source on your network, or with Configuration Manager. ご利用のクライアント デバイスを自動的に更新する場合、[CDN] と [更新プログラムの有無を自動的に調べる] を選びます。If you want to update your client devices automatically, choose CDN and Automatically check for updates. ベスト プラクティスの推奨事項については、「更新プログラム チャネルの選択」を参照してください。For best practice recommendations, see Choose your update channels.
  11. 2013 バージョンのクイック実行のバージョンの Office から自動的にアップグレードするかどうか、MSI バージョンの Office をすべて自動的に削除するかどうか、および削除した MSI バージョンの Office と同じ言語を自動的にインストールするかどうかを選択します。Choose whether to automatically upgrade from 2013 versions of Click-to-Run versions of Office, whether to automatically remove all MSI-versions of Office, and whether to automatically install the same language as the removed MSI-version of Office. 詳細については、「以前の MSI インストールと同じ言語をインストールする」を参照してください。For more details, see Install the same languages as a previous MSI installation.
  12. ボリューム ライセンス版の Office、Visio、または Project を展開している場合、[ライセンスとアクティブ化] 設定で適切なライセンス キーを指定します。If you are deploying a volume-licensed version of Office, Visio, or Project, specify the appropriate license key in Licensing and activation settings. Office 365 ProPlus はボリューム ライセンスではないため、KMS または MAK のライセンス認証は不要であることに注意してください。Note that Office 365 ProPlus is not volume licensed and does not require a KMS or MAK activation. 詳細については、「Office のボリューム ライセンス認証の概要」を参照してください。For more details, see Overview of volume activation of Office.
  13. 自動的に EULA に同意するかどうかを選択します。Choose whether to automatically accept the EULA.
  14. [アプリケーションの設定] セクションで、Office の展開時に適用する設定を選択します。In the Application preferences section, choose what settings to apply when deploying Office. 設定を検索し、Office アプリで設定をフィルター処理し、各設定をクリックして詳細な説明を確認することでその詳細を参照することができます。You can search for a setting, filter the settings by Office app, and learn more about each setting by clicking it and reviewing the detailed description.
  15. [完了] をクリックし、右側のウィンドウで構成された設定を確認して、[エクスポート] をクリックします。Click Finish, review the configured settings in the righthand pane, and then click Export.
  16. 使用許諾契約の条件に同意し、構成ファイルに名前を付けて、[エクスポート] をクリックします。Accept the terms in the license agreement, name the confguration file, and then click Export.
  17. Office 展開ツールまたは別のソフトウェア配布ソリューションを使ってご自分の展開ワークフローで構成ファイルを使用できるようになりました。You can now use the configuration file in your deployment workflow with the Office Deployment Tool or another software distribution solution.

既存の構成ファイルを編集するEdit an existing configuration file

既存の構成ファイルをインポートして編集するには、次の手順を実行します。Follow these steps to import and edit an existing configuration file.

  1. Office カスタマイズ ツールに移動します。Go to Office Customization Tool.
  2. [インポート] をクリックして、編集する構成ファイルを選択します。Click Import, and then select the configuration file you want to edit.
  3. 目的の設定に変更して、更新されたファイルをエクスポートします。Change the settings you want, and then export the updated file.

アプリケーションの設定を定義するDefine application preferences

Office カスタマイズ ツールの一部として、VBA マクロの通知、既定のファイルの場所、既定のファイル形式など、Office 365 ProPlus に対してアプリケーションの設定を定義できます。As part of the Office Customization Tool, you can define application prefences for Office 365 ProPlus, including VBA macro notifications, default file locations, and default file formats. これらの設定を定義すると、Office の展開の一部として適用したり、その他の展開の設定を変更することなく、既存の Office のインストールに適用したりすることができます。When you define these preferences, you can apply them as part of deploying Office or you can apply them to an existing installation of Office without changing any other deployment settings. 詳細については、「Office 365 ProPlus にアプリケーション設定を適用する」および「Office 365 ProPlus の既存のインストールにアプリケーション設定を適用する」を参照してください。For more details, see Apply application prefences and Apply application preferences to an existing installation of Office.

メモNotes

構成ファイルを作成する場合、Office カスタマイズ ツールには構成要素の 2 つの属性が含まれています。これらは、展開方法を示す ID 属性と、選択された展開オプションを識別するホスト属性です。When creating a configuration file, the Office Customization Tool includes two attributes for the Configuration element: The ID attribute, which identifies the deployment method, and the Host attribute, which identifies the deployment options that have been selected. これらの属性には、個人を特定できる情報 (PII) が含まれていませんが、顧客がより簡単にカスタマイズを使用および作成できる構成を Microsoft がよりよく理解できるように、クイック実行によって属性の値は Microsoft に送信されます。These attributes don't contain any personally identifiable information (PII), but Click-to-Run sends the attribute values to Microsoft so that we can better understand what configurations customers use and make customization even easier. このような分析情報のために、これらの属性を変更しないことをお勧めします。Because of these insights, we recommend keeping the attributes. ただし、これらはオプションで、展開に影響することなく削除できます。They are optional, however, and can be removed without affecting your deployment.