Office 365 ProPlus のエンタープライズ展開を計画するPlan your enterprise deployment of Office 365 ProPlus

この記事の手順に従って、Office の展開方法、Office の更新プログラムの管理方法、ネットワーク内のローカル ソースまたはクラウドから Office ファイルを展開するかどうかを選択します。Follow the steps in this article to choose how to deploy Office, how to manage updates to Office, and whether to deploy the Office files from a local source on your network or from the cloud.

Office 365 ProPlus の展開フレームワーク

始める前にBefore you begin

環境とインフラストラクチャの評価がまだ完了していない場合は、その手順を完了させてください。この評価は、展開の計画において重要な選択をする際に役立ちます。If you haven't already, complete the assessment of your environment and infrastructure. This assessment will help you make key decisions as part of planning your deployment.

ODT または構成マネージャーでの展開

手順 1 - 展開方法の選択Step 1 - Choose how to deploy

注意

ベスト プラクティス: 構成マネージャーを既に使用している場合は、Current Branch が利用できるかどうかを確認し、Current Branch でネットワーク内の配布ポイントから Office を展開します。構成マネージャーがない場合は、Office 展開ツールを使用して、クラウドから Office を展開してください。ネットワークの容量の問題で、クラウドからの展開ができない場合は、ODT を使用してローカル ソースから Office を展開してください。管理機能の必要がなく、ユーザーが Office ポータルから直接インストールできるネットワーク容量がある場合は、セルフ インストールをお勧めします。Best practice: If you use Configuration Manager already, make sure you are on the Current Branch and use it to deploy Office from distributions points on your network. If you don't have Configuration Manager, use the Office Deployment Tool and deploy Office from the cloud. If your network capacity doesn't allow for that, deploy Office with the ODT from a local source. We recommend self-install for situations in which you require less administrative control and you have the network capacity to have your users install directly from the Office portal.

Office を展開するにはまず、使用する展開ツールを選択し、Office ファイルのインストールをクラウドから直接行うのか、ネットワーク内のローカル ソースから行うのかを決定する必要があります。To deploy Office, you first choose what deployment tool to use and whether to install the Office files directly from the cloud or from a local source on your network.

構成マネージャーの Current Branch を既にソフトウェアの配布や管理に使用している組織では、Current Branch の使用をお勧めします。構成マネージャーは、インストール、更新、設定などのさまざまな操作をサポートします。また、構成マネージャーには、Office の展開および管理機能も備わっています。We recommend the Current Branch of Configuration Manager for organizations that already use it to distribute and manage software. Configuration Manager scales for large environments; enables extensive control over installation, updates, and settings; and has built-in features for deploying and managing Office.

構成マネージャーで展開する場合は、構成マネージャーの配布ポイントを使用して、ローカル ソースから展開することをお勧めします。構成マネージャーの以前のバージョンを使用している場合は、Office を展開する前に、Current Branch にアップグレードするようにしてください。If you do deploy with Configuration Manager, we recommend deploying from a local source, using your Configuration Manager distribution points. If you use a previous version of Configuration Manager, we recommend upgrading to the Current Branch before using it to deploy Office.

Configuration Manager を持たずして、そのまま展開を管理する必要がある組織の場合は、Office 展開 ツールの使用 (ODT) をお勧めします。For organizations that don't have Configuration Manager but still want to manage their deployment, we recommend using the Office Deployment Tool (ODT). ODT をスタンドアロン ツールとして使用したり、サードパーティー製の展開ツールを使用して展開される インストール ファイルのダウンロードに使用したりします。You can use the ODT as a standalone tool or you can use it to download installation files that can be deployed using third-party software deployment tools. いずれの場合も、ODT では、インストールの制御、更新、設定を提供します。In either case, the ODT provides control over installation, updates, and settings. 詳細については、「Office 展開ツールの概要」を参照してください。For more details, see Overview of the Office Deployment Tool.

ODT を使用していてネットワーク容量がある場合は、クラウドから Office を展開することをお勧めします。これを行うことで、管理オーバーヘッドを最小化できます。クラウドからクライアント デバイスに Office をインストールするのに必要なネットワーク容量がない場合は、ODT を使用して Office ファイルをネットワーク内のローカル ソースにダウンロードしてください。その後、ローカル ソースからインストールすることができます。If you use the ODT and have the network capacity, we recommend deploying Office from the cloud. Doing so will minimize your administrative overhead. If you don't have the network capacity to install Office on client devices from the cloud, you can use the ODT to download the Office files to a local source on your network and install from there.

また、Office ポータルで展開を管理し、ユーザーがポータルから Office を直接クライアント デバイスにインストールできるようにすることも可能です。この方法において設定される管理者権限は最小限になりますが、展開を制御する手間が軽減されます。ユーザーが機能の更新プログラムを受信する頻度を定義することもできます。詳細については、「Office 365 でのユーザー ソフトウェアの管理」を参照してください。このオプションを使用するには、ユーザーにクライアント デバイスのローカルでの管理者権限がなければなりません。You can also manage your deployment from the Office portal and have your users install Office on their client devices directly from the portal. This method requires the least amount of administrative setup, but gives you less control over the deployment. You can, however, still define how frequently your users receive feature updates. For more details, see Manage user software in Office 365. This option requires that your users have local administrative rights on their client devices.

展開の方法を以下から選択します。Choose how you want to deploy:

  • 構成マネージャーを使用して、ローカル ソースから展開する: 構成マネージャーを使用して展開を管理し、ネットワーク内の配布ポイントから Office をダウンロードして展開します。Deploy from a local source with Configuration Manager: Manage your deployment with Configuration Manager, and download and deploy Office from distribution points on your network.

  • Office 展開ツールを使用してクラウドから展開する: ODT を使用して展開を管理し、Office CDN からクライアント デバイスに Office を直接インストールします。Deploy from the cloud with the Office Deployment Tool: Manage your deployment with the ODT, and install Office on client devices directly from the Office CDN.

  • Office 展開ツールを使用してローカル ソースから展開する: ODT を使用して展開を管理し、ネットワーク内のローカル ソースから Office をダウンロードして展開します。Deploy from a local source with the Office Deployment Tool: Manage your deployment with the ODT, and download and deploy Office from a local source on your network.

  • クラウドからセルフインストールする: Office ポータルから展開を管理し、ユーザーがポータルから各自のクライアント デバイスに Office をインストールします。Self-install from the cloud: Manage your deployment from the Office portal and have your users install Office on their client devices directly from the portal.

多くの組織では、ユーザーに応じて前述のオプションを組み合わせて使用します。たとえば、ほとんどのユーザーに対しては Configuration Manager を使用して Office を展開しますが、社内ネットワークに頻繁に接続しない少数の作業員のグループにはセルフ インストールを有効にします。Many organizations will use a combination of these options for different users. For example, an organization might use Configuration Manager to deploy Office to most of their users, but enable self-install for a small group of workers who are not frequently connected to the internal network.

手順 2 - 更新プログラムの管理方法の選択Step 2 - Choose how to manage updates

注意

ベスト プラクティス: クライアント デバイスは自動的に更新することをお勧めします。機能更新プログラムの頻度を定義することができますが、更新は管理オーバーヘッドなしで行われます。Best practice: We recommend updating your client devices automatically. You can define the frequency of the feature updates, but the updates occur without any administrative overhead.

Office の更新プログラムを管理するには、クライアント デバイスを自動的に更新するかどうかを選択する必要があります。また、使用するツールも選択し、Office の更新プログラムのインストールをクラウドから直接行うのか、ネットワーク内のローカル ソースから行うのかも決定する必要があります。To manage updates to Office, you choose whether to have your client devices automatically updated, what tool to use, and whether to install the updates to Office directly from the cloud or from a local source on your network.

クライアント デバイスは、Office CDN から自動的に更新することをお勧めします。機能更新プログラムは、初期展開の一部として定義されているため、頻度を制御することができますが、更新そのものは追加のツールや管理オーバーヘッドなしで行われます。また、更新プログラムはネットワークの帯域幅を節約するために数日にわたって自動的に展開されます。We recommend updating your client devices automatically from the Office CDN. You can still control the frequency of the feature updates, as those settings are defined as part of the initial deployment, but the updates themselves occur without any additional tools or administrative overhead. In addition, the updates are automatically deployed over a number of days to conserve your network bandwidth.

更新プログラムを直接管理する場合、構成マネージャーを使用して、更新プログラムをダウンロードし、配布ポイントから展開できます。お使いの構成マネージャーが以前のバージョンの場合は、Current Branch にアップグレードしてください。If you choose to manage the updates directly, you can do so with Configuration Manager by downloading the updates and deploying them from distribution points. If you use a previous version of Configuration Manager, we recommend you upgrade to the Current Branch.

構成マネージャーがない場合は、ODT を使用して、更新プログラムをネットワーク内のローカル ソースにダウンロードし、ローカル ソースから展開できます。このオプションでは、さまざまなチャネル、アーキテクチャ、プラットフォームの更新プログラム パッケージを管理する必要があるため、管理オーバーヘッドの負荷がかなり大きくなります。ネットワークの容量が足りなくてクラウドから更新ができない場合にのみ、このオプションを使用するようにしてください。If you don't have Configuration Manager, you can use the ODT to download updates to a local source on your network and deploy them from there. This option requires the most administrative overhead, as you will need to manage update packages for different channels, architectures, and platforms. We suggest this option only when your network capacity is too limited to update from the cloud.

更新プログラムの管理方法を以下から選択します。Choose how to manage updates:

  • 自動更新: 初期展開の一部として定義している更新プログラム チャネルによって、クライアント デバイスが Office CDN から直接更新されます。Update automatically: Client devices are automatically updated directly from the Office CDN based on the update channel you define as part of the initial deployment.

  • 構成マネージャーで更新プログラムを管理する: 構成マネージャーによって、Office の更新プログラムがクライアント デバイスにダウンロードおよび展開されます。Manage updates with Configuration Manager: Office updates are downloaded and deployed to client devices by Configuration Manager.

  • Office 展開ツールで更新プログラムを管理する: ODT によって Office の更新プログラムがローカル ソースにダウンロードされ、その後、クライアント デバイスにインストールされます。Manage updates with the Office Deployment Tool: Office updates are downloaded to a local source by the ODT and then installed on client devices.

初期展開と同様、組織はさまざまなユーザーに対して、これらのオプションを組み合わせて使用できます。As with the initial deployment, organizations can use a combination of these options for different users.

手順 3 - 更新プログラム チャネルの選択Step 3 - Choose your update channels

注意

ベスト プラクティス: 半期チャネル (対象指定) を、ユーザーおよびクライアント デバイスの担当者グループに展開します。その後、半期チャネルを残りのユーザーに展開します。これを行うと、新しい Office の機能更新プログラムの 4 か月のテスト期間が設定され、組織全体に展開される前に更新プログラムをテストすることができます。Best practice: Deploy the Semi-Annual Channel (Targeted) to a representative group of users and client devices. Deploy the Semi-Annual Channel to the rest of your users. This process ensures a four-month lead time for testing new Office feature updates before they're deployed to your entire organization.

Office 365 ProPlus では、ユーザーが Office アプリケーションの機能更新プログラムを受信する頻度を制御できます。そのためには、ユーザーの更新プログラム チャネルを選択します。With Office 365 ProPlus, you can control how frequently your users receive feature updates to their Office applications. To do so, you choose an update channel for your users:

  • 半期チャネル: 6 か月ごとに、1 月と 7 月に、ユーザーに新しい機能を提供します。Semi-Annual Channel: Provides users with new features of Office every six months, in January and July.

  • 半期チャネル (対象指定): ユーザーは、次の半期チャネルをテストできます。リリース時期は半期チャネルよりも 4 か月早く、6 か月ごとの頻度で、3 月と 9 月にリリースされます。Semi-Annual Channel (Targeted): Provides users the opportunity to test the next Semi-Annual Channel. Releases every six months in March and September, four months ahead of the Semi-Annual Channel.

  • 月次チャネル: 公開されたらすぐに Office の最新機能をユーザーに提供します。Monthly Channel: Provides users with the newest features of Office as soon as they're available.

すべてのチャネルで、必要に応じてセキュリティおよび重要なセキュリティ以外の問題の更新プログラムを受信します。これらの更新プログラムの受信は毎月第 2 火曜日に行われます。All the channels will receive updates for security and critical non-security issues when needed. These updates usually occur on the second Tuesday of the month.

どのユーザーがどの更新プログラム チャネルを利用するかの基準は、基幹業務アプリケーション、アドイン、テストするマクロの数などによって異なります。Office の新しい更新プログラムを組織全体に展開する前にテストしたい場合は、2 つの更新プログラム チャネルを展開することをお勧めします。Which users should get which update channel depends on several factors, including how many line-of-business applications, add-ins, or macros that you need to test. To ensure you can test new updates to Office before deploying them to your entire organization, we recommend deploying two update channels:

  • 半期チャネル (対象指定) を、Office の新機能をテスト操作できる担当者グループの対象ユーザーに展開します。対象となるユーザーは組織のビジネス グループのユーザーでなければなりません。クライアント デバイスは重要な基幹業務アプリケーション、アドイン、マクロであると同時に、組織のアーキテクチャ (32 ビットおよび 64 ビット) である必要があります。このグループのユーザーは、組織の他のユーザーよりも 4 か月早く機能の更新プログラムを受信できます。評価フェーズで定義したのと同じユーザー グループの使用をお勧めします。Deploy the Semi-Annual Channel (Targeted) to a targeted group of representative users who can pilot new features of Office. The users should include people from business groups across the organization and their client devices should include the architectures in your organization (32-bit and 64-bit), as well as any critical line-of-business applications, add-ins, and macros. This group receives feature updates four months ahead of the rest of your organization. We recommend using the same group of users you defined in the assessment phase.

  • 半期チャネルを組織の残りのユーザーに展開します。ユーザーは機能の更新プログラムを 6 か月ごとの頻度で、半期チャネル (対象指定) のユーザーの 4 か月後に受信します。Deploy the Semi-Annual Channel to the remaining users in your organization. They receive feature updates every six months, four months after the users with the Semi-Annual Channel (Targeted).

この方法での新しい Office の機能テストは、ハードウェアやデバイス ドライバーを使用する環境で特に有効です。With this approach, you can test new Office features in your environment, particularly with your hardware and device drivers.

手順 4 - ソース ファイルの定義Step 4 - Define your source files

注意

ベスト プラクティス: それぞれのアーキテクチャ用に別々の Office インストール パッケージをビルドし、必要なチャネルを更新します。各インストール パッケージには、目的の言語とアプリケーション (基本の Office アプリケーション、必要に応じて Visio や Project) をすべて含める必要があります。他の言語については、ユーザーがインストールできるようにするか、初期展開後に個別に展開します。Best practice: Build separate Office installation packages for the different architectures and update channels you require. In each installation package, include all the required languages and applications, including the core Office applications and, if needed, Visio and Project. For additional languages, you can make them available for user installation or deploy them separately after the initial deployment.

Office を展開するとき、Office のインストールに使用するソース ファイルのインストール パッケージを作成します。ソース ファイルは、Office の 32 ビット版用と 64 ビット版用があり、更新プログラム チャネルによっても異なります。そのため、さまざまなアーキテクチャや組織の更新プログラム要件に対応できるように、複数のインストール パッケージを作成する必要があります。たとえば、2 つのチャネルと 2 つのアーキテクチャに展開する場合は、以下の 4 つのパッケージを作成します。When deploying Office, you create an installation package of the source files used to install Office. The source files are different for 32-bit and 64-bit versions of Office and are different for each of the update channels. Because of this, you will likely need to create multiple installation packages to support the different architectures and update requirements in your organization. For example, to deploy to two channels and both architectures, you create four packages:

  • 32 ビット用半期チャネルSemi-Annual Channel for 32-bit
  • 64 ビット用半期チャネルSemi-Annual Channel for 64-bit
  • 32 ビット用半期チャネル (対象指定)Semi-Annual Channel (Targeted) for 32-bit
  • 64 ビット用半期チャネル (対象指定)Semi-Annual Channel (Targeted) for 64-bit

異なる言語、Office アプリケーション、インストール設定ごとに、別々のパッケージを作成することもできますが、この方法はお勧めしません。それぞれのインストール パッケージに、すべての Office アプリケーションと、組織が必要とする言語をすべて含めるようにしてください。後でパッケージをクライアント デバイスのさまざまなグループに展開するときに、実際にインストールする言語と Office アプリケーションを指定できます。You can also create separate packages based on different languages, Office applications, or installation settings, but we don't recommend it. Instead, we recommend including all the Office applications and all the languages your organization requires in each of your installation packages. Later, when you deploy the packages to different groups of client devices, you can specify which language and Office applications are actually installed.

言語をパッケージ化するには、地域ごとに必要な言語を確認しておくことをお勧めします。地域で必要な言語は、Office を最初にインストールするときに、直接展開することができます。クライアント デバイスのオペレーティング システムに対応する言語をインストールすることもできます。詳細については、「オペレーティング システムと同じ言語をインストールする」を参照してください。To package the languages, we recommend identifying required languages in each region. You can deploy these languages directly as part of the first installation of Office. You can also install the language that matches the operating system of the client device. For more details, see Install the same languages as the operating system.

必要な言語で Office を展開した後は、次のいずれかの方法でいつでも、追加の言語アクセサリ パックをインストールできます。After you've deployed Office with the required languages, you can install additional language accessory packs at any time by choosing one of the following:

  • ユーザーが Office 365 ポータルから必要な言語アクセサリ パックをダウンロードしてインストールする (ローカルでの管理者権限が必要)。Have your users download and install the language accessory packs that they need from the Office 365 portal (requires local administrator permissions).
  • 構成マネージャーまたは Office 展開ツールを使用して、適切な言語アクセサリ パックをユーザーに展開する。Use Configuration Manager or the Office Deployment Tool to deploy the appropriate language accessory packs to your users.

詳細については「Office 365 ProPlus での言語の展開の概要」を参照してください。For more details, see Overview of deploying languages in Office 365 ProPlus.

選択するアーキテクチャの詳細については、「64 ビット版または 32 ビット版の Office を選択する」を参照してください。For details on which architecture to choose, see Choose the 32-bit or 64-bit version of Office.

サブスクリプション版の Visio または Project (Visio Online Plan 2 または Project Online デスクトップ クライアント) をお持ちの場合は、引き続きそれらを使用します。If you have subscription versions of Visio or Project (Visio Online Plan 2 or Project Online Desktop Client), continue to use those. 2013 バージョンの Project と Visio をお持ちの場合は、サブスクリプション版にアップグレードするか、Office 365 ProPlus と併用して引き続き 2013 バージョンを使用することができます。If you have the 2013 versions of Project and Visio, you can either upgrade to the subscription versions or keep using the 2013 versions side-by-side with Office 365 ProPlus. 2016 の MSI バージョンの Project または Visio をお持ちの場合は、Office の展開ツールを使用して Visio 2016 および Project 2016 のボリューム ライセンス エディションをインストールする必要があります。If you have the 2016 MSI version of Project or Visio, you should use the Office Deployment Tool to install volume licensed editions of Visio 2016 and Project 2016.

手順 5 - 展開グループの定義Step 5 - Define your deployment groups

注意

ベスト プラクティス: 展開グループを定義して、クライアント デバイスに、適切なアーキテクチャ、更新プログラム チャネル、言語、アプリケーションを展開します。複数の展開グループが同じアーキテクチャや更新プログラムを共有している場合は、同じインストール パッケージを使用して、Office をインストールします。Best practice: Define deployment groups to deploy the appropriate architectures, update channels, languages, and applications to your client devices. If multiple deployment groups share the same architecture and update channel, use the same installation package to install Office.

Office を展開するとき、異なるユーザー グループに Office の異なるバージョンをインストールできます。アーキテクチャや更新プログラム チャネルだけでなく、特定のアプリケーションの追加や削除、言語の選択、インストール エクスペリエンスの定義を行うこともできます。それぞれのユーザー グループは別々の展開グループになります。構成マネージャーを使用する場合は、展開ウィザードの一部として展開グループの設定を定義します。ODT を使用する場合は、構成ファイルで設定を定義します。When deploying Office, you can install different versions of Office for different groups of users. In addition to the architecture and update channel, you can include or exclude specific applications, choose languages, and define the installation experience. Each group of users is a separate deployment group. If you use Configuration Manager, you define the settings for these deployment groups as part of the deployment wizard. If you use the ODT, you define the settings in a configuration file.

Office の異なる構成を異なるグループに展開する場合、同じインストール パッケージを使用できます。たとえば、以下を含むインストール パッケージを作成することができます。Note that you can use the same installation package to deploy different configurations of Office to different groups. For example, you can create an installation package that includes the following:

  • Office 365 ProPlus の 32 ビット版32-bit version of Office 365 ProPlus
  • 英語、日本語、ドイツ語English, Japanese, and German
  • 半期チャネルSemi-Annual Channel

この単一インストール パッケージは、以下の複数の展開グループに展開する場合にも使用できます。This single installation package can then be used to deploy to multiple deployment groups:

  • グループ 1 では英語の Office 用アプリを受け入れるGroup 1 receives the Office apps in English
  • グループ 2 では 3 つすべての言語の Office 用アプリを受け入れるGroup 2 receives the Office apps in all three languages
  • グループ 3 では英語の Office 用アプリを受け入れるが、Publisher は対象外Group 3 receives the Office apps in English, but without Publisher

インストール パッケージを異なる展開グループに再利用すれば、管理コストを削減でき、ネットワークの帯域幅を節約できます。By re-using installation packages for different deployment groups, you can save administrative costs and conserve network bandwidth.

手順 6 - Office の既存バージョンからのアップグレードの計画Step 6 - Plan your upgrade from existing versions of Office

注意

ベスト プラクティス: Office 365 ProPlus をインストールする前に、すべての Office の既存バージョンを削除します。Best practice: Before installing Office 365 ProPlus, remove any existing versions of Office.

Office 365 ProPlus をインストールする前に、すべての Office の既存バージョンを削除することをお勧めします。Microsoft では、Office 365 ProPlus と、Office スイートの直前のバージョンの同時インストールをサポートしていますが、この方法はお勧めしていません。同じコンピューターに 2 つのバージョンの Office が必要な場合は、前のバージョンで必要なアプリケーションのみを残し、なるべく Office 365 ProPlus に移行することをお勧めします。Office 365 ProPlus と同時にインストールされるサポートされているバージョンを確認するには、「同一コンピューター上に異なるバージョンの Office、Project、Visio をインストールするためのサポート対象シナリオ」を参照してください。Before installing Office 365 ProPlus, we recommend removing any existing versions of Office. Microsoft supports installing Office 365 ProPlus alongside the most recent previous version of the Office suite, but we don't recommend it. If you need to have two versions of Office on the same computer, we recommend that you keep only the necessary earlier applications and that you plan to transition to using only Office 365 ProPlus when possible.

インストール テクノロジとして、 Windows インストーラー (MSI) を使用して Office の前のバージョンをアンインストールするには、Office 展開ツールを使用し、Office 365 ProPlus 展開パッケージで削除を自動化するための RemoveMSI 要素を指定します。To help you remove prior versions of Office that use Windows Installer (MSI) as the installation technology, you can use the Office Deployment Tool and specify the RemoveMSI element to automate the removal with your Office 365 ProPlus deployment package. 詳細については、「Office 365 ProPlus にアップグレードする際に Office の既存の MSI バージョンを削除する」を参照してください。For more information, see Remove existing MSI versions of Office when upgrading to Office 365 ProPlus.

手順 7 - 共有コンピューターの計画 (省略可能)Step 7 - Plan for shared computers (optional)

注意

ベスト プラクティス: VDI などの共有コンピューターのシナリオに対して、Office 365 ProPlus を展開するときに、共有コンピューターのライセンス認証を有効にします。Best practice: For shared computer scenarios, such as VDI, enable shared computer activation when deploying Office 365 ProPlus.

組織が仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) を実装している場合、または、ワークステーションを共有しているユーザー (シフト勤務者など) がいる場合は、Office 365 ProPlus を展開するときに、デバイスの共有コンピューターのライセンス認証を有効にする必要があります。If your organization has a virtual desktop infrastructure (VDI) implementation, or you have users that share workstations (for example, shift workers), you need to enable shared computer activation for those devices when you deploy Office 365 ProPlus.

共有コンピューターのライセンス認証を有効にすると、Office 365 ProPlus のライセンスに割り当てられたすべてのユーザーがコンピューターにログオンでき、Word や Excel などの Office 365 ProPlus のアプリを使用できます。詳細については、「Office 365 ProPlus に対する共有コンピューターのライセンス認証の概要」を参照してください。With shared computer activation enabled, any user that has been assigned an Office 365 ProPlus license can log on to the computer and use the Office 365 ProPlus apps, such as Word or Excel. For more details, see Overview of shared computer activation for Office 365 ProPlus.

終了条件の確認Review exit criteria

展開を開始する前に、以下の終了条件の計画が完了していることを確認します。Before beginning your deployment, make sure you've completed the planning exit criteria:

計画Plan 完了済みCompleted?
展開方法の選択Choose how to deploy Y/NY/N
更新プログラムの管理方法の選択Choose how to manage updates Y/NY/N
更新プログラム チャネルの選択Choose your update channels Y/NY/N
ソース ファイルの定義Define your source files Y/NY/N
展開グループの定義Define your deployment groups Y/NY/N
アップグレードの計画Plan your upgrade Y/NY/N
共有コンピューターの計画Plan for shared computers Y/NY/N

次の手順Next step

選択した展開の計画に基づき、以下の該当する記事を参照してください。Depending on your deployment plan, go to one of the following articles: