Office 製品で利用できるプライバシー コントロール

Microsoft では、Office 製品を使用する際にデータの収集方法と使用方法を選択するのに必要な情報とコントロールを提供するように努めています。 これには、Windows、Mac、iOS、および Android デバイスで Office 製品を使用する場合と、Web 上で Office アプリを使用する場合が含まれます。

Microsoft は 2019 年 4 月から、最新の Office 製品に診断データと接続されたエクスペリエンスのための新しく、更新と改善が行われたプライバシー制御を開始しました。 詳細については、「 Microsoft 365 Apps for enterprise のプライバシー コントロールの概要」をご覧ください。

この記事のセクションには、次の情報が含まれています。

  • 最新のプライバシーコントロールが提供されている Office 製品とバージョン
  • これらの Office 製品およびバージョンで利用できるプライバシーコントロール
  • プライバシーコントロールの管理に関する詳細情報が記載された記事へのリンク

これらのセクションは、Windows または Mac デバイス上や Web ブラウザー上といった、Office が実行されている場所別に編成されています。

Windows デバイスでの Office

Windows デバイスで Office を使用する場合、最新のプライバシーコントロールは次の Office 製品で利用できます。

  • Microsoft 365 またはOffice 365 サブスクリプションプランに付属する Office アプリケーションのデスクトップバージョン。 たとえば、Microsoft 365 Personal プラン (家庭向け)、Microsoft 365 Business Standard プラン (ビジネス向け)、または Microsoft 365 E5 プラン (エンタープライズ向け) に付属する Office アプリ。
  • 1 回限りの購入として入手できる製品版の Office 2019 および Office 2016。 たとえば、Office Professional 2019 や Office Home&Student 2016。
  • Project Plan 5 や Visio Plan 2 など、一部のサブスクリプションプランに付属する Project および Visio のデスクトップバージョン。
  • 1 回限りの購入として入手できる製品版の Project 2019, Project 2016, Visio 2019, and Visio 2016。

Windows デバイスの場合、次の表に、最新のプライバシー制御を備えたアプリとそれらのアプリの最小バージョンを示します。

アプリ 最小バージョン
Access 1904
Excel 1904
OneDrive 20.084.0426.0007
OneNote 1904
Outlook 1904
PowerPoint 1904
Project 1904
Publisher 1904
Skype for Business 16.0.11629
Teams 1.3.00.13565
Visio 1904
Word 1904

Windows デバイス上のこれらのバージョンの Office アプリでは、次のプライバシーコントロールを使用できます。

  • Office から Microsoft に送信されるクライアント ソフトウェア診断データのレベルを設定する
  • コンテンツを分析する Office の接続エクスペリエンスの使用を許可する
  • オンラインのコンテンツをダウンロードする Office の接続エクスペリエンスの使用を許可する
  • Office の追加オプションである接続エクスペリエンスの使用を許可する
  • Office での接続エクスペリエンスの使用を許可する

一部の Office 製品には、特定の種類の接続エクスペリエンスがない場合があるため、一部のプライバシー制御は関連しません。

組織内の Windows デバイスで Office を使用しているユーザーに対してこれらのプライバシー制御を構成するには、グループポリシーまたは Office クラウド ポリシー サービスを使用できます。 詳細については、「ポリシーの設定を使用して、Microsoft 365 Apps for enterprise のプライバシー コントロールを管理する」をご覧ください。

注意

"Office での追加オプションである接続エクスペリエンスの使用を許可する" プライバシー コントロールは、次の ボリューム ライセンス バージョンの Office、Project、Visio でサポートされています。

  • PerpetualVL2019 更新プログラム チャネルを使用するように構成されている場合、Office 2019、Project 2019、Visio 2019。 この場合、2020 年 10 月 13 日にリリースされたバージョン 1808 (ビルド 10367.20048) 以上を使用する必要があります。
  • PerpetualVL2019 以外の更新プログラム チャネルを使用するように構成されている場合、Project 2019、Visio 2019。 たとえば、最新チャネル、月次エンタープライズ チャネル、半期エンタープライズ チャネルを使用するように構成されている場合。 この場合、バージョン 1904 以上を使用する必要があります。
  • Windows インストーラー (MSI) を使用してインストールするのではなく、クイック実行を使用してインストールする Project 2016 と Visio 2016。 この場合、バージョン 1904 以上を使用する必要があります。

Office on Mac デバイス

Mac デバイスで Office を使用する場合、次の Office 製品で最新のプライバシーコントロールを使用できます。

  • Office for Mac では、Office アプリのデスクトップバージョンを含むOffice 365 または Microsoft 365 サブスクリプションプランで利用できます。 たとえば、Microsoft 365 Family プラン (家庭向け)、Microsoft 365 Business Premium プラン (ビジネス向け)、または Microsoft 365 E3 プラン (エンタープライズ向け) に付属する Office アプリ。
  • Office 2019 for Mac は、小売店やボリューム ライセンス契約を通じて 1 回限りの購入として入手できます。

Mac デバイスの場合、次の表に、最新のプライバシー制御を備えたアプリとそれらのアプリの最小バージョンを示します。

アプリ 最小バージョン
Excel 16.28
OneDrive 20.169.0823.0003
OneNote 16.28
Outlook 16.28
PowerPoint 16.28
Skype for Business 16.28.0.192
Teams 1.3.00.9221
Word 16.28

Mac デバイス上のこれらのバージョンの Office アプリでは、次のプライバシーコントロールを使用できます。

  • Office から Microsoft に送信されるクライアント ソフトウェア診断データのレベルを設定する
  • コンテンツを分析する Office の接続エクスペリエンスの使用を許可する
  • オンラインのコンテンツをダウンロードする Office の接続エクスペリエンスの使用を許可する
  • Office の追加オプションである接続エクスペリエンスの使用を許可する
  • Office での接続エクスペリエンスの使用を許可する

一部の Office 製品には、特定の種類の接続エクスペリエンスがない場合があるため、一部のプライバシー制御は関連しません。

組織内の Mac デバイスで Office を使用しているユーザーに対してこれらのプライバシー制御を構成するには、グループポリシーまたは Office クラウド ポリシー サービスを使用できます。 詳細については、「[環境設定] を使用して、Office for Mac のプライバシー コントロールを管理する」を参照してください。

iOS 上の Office

iOS デバイスで Office を使用する場合、次の Office 製品で最新のプライバシーコントロールを使用できます。

アプリ 最小バージョン
Excel 2.30
レンズ 2.38
Office アプリ 2.34
OneDrive 11.19.11
OneNote 16.30
Outlook 4.30.0
Planner 1.9.4
PowerPoint 2.30
Skype for Business 6.26.2
Teams 1417/2.0.18(2020072902)
Visio Viewer 1.17
Word 2.30

iOS デバイス上のこれらのバージョンの Office アプリでは、次のプライバシーコントロールを使用できます。

  • Office から Microsoft に送信されるクライアント ソフトウェア診断データのレベルを設定する
  • コンテンツを分析する Office の接続エクスペリエンスの使用を許可する
  • オンラインのコンテンツをダウンロードする Office の接続エクスペリエンスの使用を許可する
  • Office での追加オプションである接続エクスペリエンスの使用を許可する

一部の Office 製品には、特定の種類の接続エクスペリエンスがない場合があるため、一部のプライバシー制御は関連しません。

組織内の iOS デバイスで Office を使用しているユーザーに対してこれらのプライバシー制御を構成するには、グループポリシーまたは Office クラウド ポリシー サービスを使用できます。 詳細については、「[環境設定] を使用して、Office for iOS デバイスのプライバシー コントロールを管理する」を参照してください。

Android デバイスの Office

Android デバイスで Office を使用する場合、次の Office 製品で最新のプライバシーコントロールを使用できます。

アプリ 最小バージョン
Excel 16.0.12228.20260
レンズ 16.0.12730.20080
Office アプリ 16.0.12430.20254
OneDrive 5.47
OneNote 16.0.12228.20004
Outlook 4.1.71
Planner 1.12.0
PowerPoint 16.0.12228.20260
Skype for Business 6.27.0.12
Teams 1416/1.0.0.2020080601
Word 16.0.12228.20260

Android デバイス上のこれらのバージョンの Office アプリでは、次のプライバシーコントロールを使用できます。

  • Office から Microsoft に送信されるクライアント ソフトウェア診断データのレベルを設定する
  • コンテンツを分析する Office の接続エクスペリエンスの使用を許可する
  • オンラインのコンテンツをダウンロードする Office の接続エクスペリエンスの使用を許可する
  • Office での追加オプションである接続エクスペリエンスの使用を許可する

一部の Office 製品には、特定の種類の接続エクスペリエンスがない場合があるため、一部のプライバシー制御は関連しません。

組織内の Android デバイスで Office を使用しているユーザーに対してこれらのプライバシー制御を構成するには、Office クラウド ポリシー サービスを使用する必要があります。 詳細については、「ポリシーの設定を使用して、Office for Android デバイスのプライバシー コントロールを管理する」を参照してください。

Webアプリ上の Office

Web ブラウザーから Office を使用する場合、次の Office 製品で最新のプライバシーコントロールを使用できます。

  • Excel
  • OneNote
  • PowerPoint
  • Visio
  • Word

Microsoft が使用可能なバージョンを管理しているため、これらの Office アプリの最小バージョンはありません。

Office on the web では、次のプライバシーコントロールを利用できます。

  • Office での追加オプションである接続エクスペリエンスの使用を許可する

Web 上で Office を使用しているユーザーに対してこれらのプライバシー制御を構成するには、Office クラウド ポリシー サービスを使用する必要があります。 詳細については、「ポリシーの設定を使用して、Webアプリ上の Office のプライバシー コントロールを管理する」を参照してください。