Microsoft 365 Apps にアップグレードする際に既存の MSI バージョンの Office を削除するRemove existing MSI versions of Office when upgrading to Microsoft 365 Apps

Microsoft 365 アプリをインストールする前に、以前のバージョンの Office をアンインストールすることをお勧めします。インストールテクノロジとして Windows Installer (MSI) を使用するバージョンの Office をアンインストールするには、Office 展開ツールを使用して、configuration.xml ファイルで RemoveMSI 要素を指定します。We recommend that you uninstall any previous versions of Office before installing Microsoft 365 Apps. To help you uninstall versions of Office that use Windows Installer (MSI) as the installation technology, you can use the Office Deployment Tool and specify the RemoveMSI element in your configuration.xml file.

Microsoft 365 アプリをインストールするときに、RemoveMSI 要素を使うには、いくつかの方法があります。There are several ways that you can use the RemoveMSI element when installing Microsoft 365 Apps.

  • コンピューター上のすべての Office 製品をアンインストールする。Uninstall all Office products on the computer.
  • 言語パックのような、既存の言語リソースを識別し、同じ言語をインストールします。Identify any existing language resources, like language packs, and install the same languages.
  • コンピューター上の一部の Office 製品を維持し、他の Office 製品をアンインストールします。Keep some Office products and uninstall all other Office products on the computer.

RemoveMSI は、Windows Installer (MSI) を使用してインストールされた2007、2010、2013、または2016のバージョンの Office、Visio、または Project をアンインストールするために使用できます。RemoveMSI can be used to uninstall 2007, 2010, 2013, or 2016 versions of Office, Visio, or Project that were installed using Windows Installer (MSI).

注意

RemoveMSI では、インストールのテクノロジとして Click-to-Run を使用している Visio および Project などを含む Office の以前のバージョンをアンインストールしません。RemoveMSI doesn’t uninstall prior versions of Office, including Visio and Project, that use Click-to-Run as the installation technology. これらのバージョンの Office はコントロールパネルへ行くか、もしくは展開ツールを実行し、configuration.xml ファイル内の 要素を削除する を使用してアンインストールできます。You can uninstall those versions of Office through Control Panel or by running the Office Deployment Tool and using the Remove element in your configuration.xml file.

RemoveMSI を使用するための要件Requirements for using RemoveMSI

Configuration.xml ファイルの RemoveMSI 要素を使用するための要件は以下の通りです。The following are requirements for using the RemoveMSI element in your configuration.xml file:

  • Microsoft ダウンロードセンターからダウンロードできる Office 展開ツールのバージョン 16.0.12827.20268 (setupodt.exe バージョン 16.0.12827.20258) 以上を使用している必要があります。You must be using at least version 16.0.12827.20268 (setupodt.exe version 16.0.12827.20258) of the Office Deployment Tool, which you can download from Microsoft Download Center. 常に最新バージョンの Office 展開ツールをダウンロードして使用することをお勧めします。We recommend that you always download and use the most current version of the Office Deployment Tool. Office 展開ツールのバージョンを確認するには、[setupodt.exe] を右クリックし、[ プロパティ ] を選択して、[ 詳細 ] を選択します。To check the version of the Office Deployment Tool, right-click on setupodt.exe, choose Properties , and then choose Details.
  • 少なくともバージョン1803の Microsoft 365 アプリをインストールする必要があります。You must be installing at least Version 1803 of Microsoft 365 Apps. バージョン1803以降は、現在のチャネル、月間エンタープライズチャネル、Semi-Annual エンタープライズチャネル (Preview)、および Semi-Annual エンタープライズチャネルで利用できます。Version 1803 or later is available in Current Channel, Monthly Enterprise Channel, Semi-Annual Enterprise Channel (Preview), and Semi-Annual Enterprise Channel.
  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1) 以降を実行しているコンピューターに Microsoft 365 アプリをインストールする必要があります。You must be installing Microsoft 365 Apps on a computer running at least Windows 7 Service Pack 1 (SP1) or above.

注意

Windows 7 のサポートは 2020 年 1 月 14 日に終了します。Support for Windows 7 ended on January 14, 2020. 詳細については、Widows 7 のサポート終了と Microsoft 365 アプリを参照してください。For more information, see Windows 7 end of support and Microsoft 365 Apps.

すべての Office 製品をアンインストールしますUninstall all Office products

コンピューターに既にインストールされている Visio や Project などのすべてのバージョンの Office をアンインストールするには、 <RemoveMSI /> configuration.xml ファイルにを追加します。To uninstall all versions of Office, including Visio and Project, that are already installed on the computer, add <RemoveMSI /> to your configuration.xml file. –言語パック、言語インターフェイス パック、または校正ツール等の言語のリソースも削除されます。Language resources – for example, language packs, language interface packs, or proofing tools – will also be removed.

次の例は、インターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から英語の Microsoft 365 アプリの64ビット版をインストールし、コンピューター上の Office の Windows インストーラー (MSI) バージョンをアンインストールする configuration.xml ファイルを示しています。Here’s an example of a configuration.xml file that installs the 64-bit Current Channel version of Microsoft 365 Apps for enterprise in English from the Office Content Delivery Network (CDN) on the internet and uninstalls any Windows Installer (MSI) versions of Office on the computer.

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="Current" >
      <Product ID="O365ProPlusRetail">
         <Language ID="en-us" />
      </Product>
  </Add>
  <RemoveMSI />
</Configuration>

同じ言語リソースをインストールしますInstall the same language resources

言語パック、言語インターフェイスパック、校正ツールなどの言語リソースがコンピューターに既にインストールされている場合は、Microsoft 365 アプリをインストールしたときにインストールされた同じ言語リソースのクイック実行バージョンを取得できます。If there are language resources – for example, language packs, language interface packs, or proofing tools – already installed on the computer, you can get Click-to-Run versions of the same language resources installed when you install Microsoft 365 Apps. 同じ言語リソースをインストールするには、 <Language ID="MatchPreviousMSI" /> configuration.xml ファイルにを追加します。To install the same language resources, add <Language ID="MatchPreviousMSI" /> to your configuration.xml file.

次に示すのは、64ビット版のエンタープライズ向けの Microsoft 365 アプリバージョンの Microsoft アプリを、インターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) からインストールして、コンピューター上のすべての Windows インストーラー (MSI) バージョンをアンインストールする configuration.xml ファイルの例を示しています。Here’s an example of a configuration.xml file that installs the 64-bit Monthly Enterprise Channel version of Microsoft 365 Apps for enterprise in English, along with any existing languages on the computer, from the Office Content Delivery Network (CDN) on the internet and uninstalls any Windows Installer (MSI) versions of Office on the computer.

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="MonthlyEnterprise" >
      <Product ID="O365ProPlusRetail">
         <Language ID="en-us" />
         <Language ID="MatchPreviousMSI" />
      </Product>
  </Add>
  <RemoveMSI />
</Configuration>

configuration.xml ファイル内の MatchPreviousMSI を使用方法に関する、更なるの詳細をいくつか次に示します。The following are some additional details about using MatchPreviousMSI in your configuration.xml file.

  • RemoveMSI 要素を含める必要があります。You must include the RemoveMSI element.
  • 少なくとも 1 つの言語 ID を指定する必要があります。En などのことです。You must specify at least one language ID. For example, en-us.
  • 設定は、特定の製品ではありません。The setting isn’t product specific. たとえば、フランス語の Office Professional Plus 2013 とドイツ語の標準2013がインストールされている場合は、Microsoft 365 アプリをインストールするときに、フランス語とドイツ語の両方が、指定した他の言語 Id と共に表示されます。For example, if Office Professional Plus 2013 in French and Visio Standard 2013 in German are installed, you will get both French and German, along with any other language IDs you have specified, when you install Microsoft 365 Apps.

重要

共有フォルダーなどのローカルネットワーク上の場所から Microsoft 365 アプリをインストールする場合は、そのフォルダーに、使用可能なすべての言語ファイルをダウンロードしたことを確認してください。If you’re installing Microsoft 365 Apps from a location on your local network, such as a shared folder, make sure you’ve downloaded all the possible language files to that folder. インストールに必要な言語がフォルダーにない場合は、インストールは続行されますが、これらの言語はインストールされません。If any of the languages needed to install aren't available in that folder, the installation will continue but without those languages being installed. この状況を回避するため、 AllowCdnFallback ="True" を configuration.xml ファイルに入れるようお勧めします。To avoid this situation, we recommend that you include AllowCdnFallback="True" in your configuration.xml file. これはインターネット上で Office Content Delivery Network (CDN) をバックアップソースとして使用して、そこから言語ファイルをインストール出来ます。This will use the Office Content Delivery Network (CDN) on the internet as a backup source from which to install the language files.

一部の Office 製品を維持し、他のすべての Office 製品をアンインストールしますKeep some Office products and uninstall all other Office products

新しいバージョンをインストールする前に、Office、Visio および Project を含む以前のあらゆるバージョンの Office をアンインストールすることをお勧めします。アプリケーションの互換性テスト用など、いくつかの場合には、新しいバージョンに移動中の限られた時間内で以前のバージョンを維持しておく必要があるかもしれません。We recommend that you uninstall any previous versions of Office, including Visio and Project, before installing the newer version. But, in a few cases, such as for application compatibility testing, you might need to keep a previous version installed for a limited time while you transition to the new version.

特定の Office 製品を保持するには、configuration.xml ファイルに IgnoreProduct 行を追加して、製品 ID を指定します。To keep a particular Office product, you add an IgnoreProduct line to your configuration.xml file and you specify its product ID.

プロジェクトおよび Visio でサポートされている ID の例を次に示します。The following are examples of supported IDs for Project and Visio:

  • PrjStdPrjStd
  • PrjProPrjPro
  • VisStdVisStd
  • VisProVisPro
  • PrjStdRPrjStdR
  • PrjProRPrjProR
  • VisStdRVisStdR
  • VisProRVisProR

注意

この製品 ID は、以前の Office バージョンのインストール ファイルの {product}.WW フォルダーにある Setup.xml ファイルに記されているセットアップ ID です。たとえば、Office Professional Plus 2010 の Setup.xml ファイルは ProPlus.WW フォルダーにあります。The product ID is the Setup ID that is found in the Setup.xml file in the {product}.WW folder of the installation files for your previous version of Office. For example, the Setup.xml file for Office Professional Plus 2010 is found in the ProPlus.WW folder.

The ID isn't version specific. All versions found on the computer will be kept. For example, if you specify VisPro, both Visio Professional 2016 and Visio Professional 2013 will be kept. Language resources for those versions are also kept. For example, language packs, language interface packs, or proofing tools.The ID isn't version specific. All versions found on the computer will be kept. For example, if you specify VisPro, both Visio Professional 2016 and Visio Professional 2013 will be kept. Language resources for those versions are also kept. For example, language packs, language interface packs, or proofing tools.

Only full product removals are supported. For example, if you have Office Professional Plus 2013 installed, you can't uninstall everything except Excel. You either must keep or uninstall the entire product. You can only keep a previous installation of Excel if it was installed as a standalone product, not installed as part of an Office suite, like Office Professional Plus.Only full product removals are supported. For example, if you have Office Professional Plus 2013 installed, you can't uninstall everything except Excel. You either must keep or uninstall the entire product. You can only keep a previous installation of Excel if it was installed as a standalone product, not installed as part of an Office suite, like Office Professional Plus.

次の例は、インターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から英語の Microsoft 365 アプリの64ビットのエンタープライズチャネルバージョンをインストールして、コンピューター上の Visio Professional 以外の Windows インストーラー (MSI) バージョンをアンインストールする configuration.xml ファイルの例です。Here’s an example of a configuration.xml file that installs the 64-bit Monthly Enterprise Channel version of Microsoft 365 Apps for enterprise in English from the Office Content Delivery Network (CDN) on the internet and uninstalls any Windows Installer (MSI) versions of Office, except for Visio Professional, on the computer.

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="MonthlyEnterprise">
      <Product ID="O365ProPlusRetail ">
         <Language ID="en-us" />
      </Product>
  </Add>
  <RemoveMSI>
    <IgnoreProduct ID="VisPro" />
  </RemoveMSI>
</Configuration>

削除可能なその他の製品Other products that can be removed

次の製品のインストールも、IgnoreProduct を使用する場合を除き、RemoveMSI 要素を使って削除されます。Installations of the following products will also be removed by using the RemoveMSI element unless you use IgnoreProduct:

  • SharePoint Designer。SharePoint Designer. 製品 ID は、SharePointDesigner です。The product ID is SharePointDesigner.
  • InfoPath。InfoPath. 製品 ID は、InfoPath (ボリューム ライセンス バージョン) または InfoPathR (製品版) のいずれかです。The product ID is either InfoPath (for volume licensed versions) or InfoPathR (for retail versions).
  • Lync 2013 以降。Lync 2013 or later. ただし、Lync 2010 は、RemoveMSI 要素を使って削除することはできません。Note that Lync 2010 can't be removed by using the RemoveMSI element.
  • 個別にインストールされ、Office スイートの一部ではない Office 製品。Office products that were installed separately and not as part of an Office suite. たとえば、Access のスタンドアロン インストールです。For example, a standalone installation of Access.
  • Access 2010 Runtime 以降。Access 2010 Runtime or later. 製品 ID は AccessRT です。The product ID is AccessRT.
  • Access データベースエンジン2010再頒布可能またはそれ以降。Access Database Engine 2010 Redistributable or later. 製品 ID は AceRedist です。The product ID is AceRedist.

注意

Access データベースエンジンは、Access データソースを操作する他のアプリケーションの一部として最も一般的に含まれます。また、Access データベースエンジンをアンインストールすると、これらのアプリケーションの機能が影響を受ける可能性があります。Access Database Engine is most commonly included as part of other applications which are interacting with Access data sources, and uninstalling Access Database Engine could impact functionality of these applications. Access データベースエンジンを削除する前に、このコンポーネントを必要とするすべてのアプリケーションが削除されているか、不要になっていることを確認します。Before removing Access Database Engine, ensure that any applications which require this component are removed or no longer needed.

RemoveMSI の使用に関する追加情報Additional information about using RemoveMSI

Configuration.xml ファイル内の RemoveMSI 要素の使用に関する追加の詳細情報を次に示します。The following are some additional details about using the RemoveMSI element in your configuration.xml file.

  • 以下の製品のいずれかをインストールする場合は、以下の設定を使用することもできます。You can also use these settings if you’re installing any of the following products:
    • サブスクリプション版 Project デスクトップアプリ。Project Plan 3 と Project Plan 5 のプランがあります。The subscription version of the Project desktop app that comes with Project Plan 3 or Project Plan 5.
    • サブスクリプション版 Visio デスクトップアプリ。Visio Plan 2 のプランがあります。The subscription version of the Visio desktop app that comes with Visio Plan 2.
    • Microsoft 365 Apps for business (旧称 Office 365 Businees)。このバージョンの Office には、Microsoft 365 Business Premium など、Microsoft 365 のビジネスプランがいくつか用意されています。Microsoft 365 Apps for business (previously named Office 365 Business), which is the version of Office that comes with some Microsoft 365 business plans, such as Microsoft 365 Business Premium.
    • ボリュームには、Office Professional Plus 2019 などの Office 2019 のバージョンがライセンスされています。A volume licensed version of Office 2019, such as Office Professional Plus 2019.
  • すべての Office 製品をアンインストールしている場合でも、ユーザーの設定、環境設定、およびドキュメントは保持されます。User settings, preferences, and documents are retained, even if you’re uninstalling all Office products.
  • RemoveMSI 要素は、MSICondition 属性と組み合わせて使うことができます。You can use the RemoveMSI element in conjunction with the MSICondition attribute. この属性によって、特定の MSI ベースの製品がデバイスに既にインストールされているかどうかに基づいて、Office 製品のインストールを制御できます。That attribute allows you to control the installation of an Office product based on whether a particular MSI-based product is already installed on the device. たとえば、project Professional がデバイスに既にインストールされている場合は、Project Online デスクトップクライアントのみをインストールします。For example, only install Project Online Desktop Client if Project Professional is already installed on the device. 詳細については、「 Msicondition 属性」を参照してください。For more information, see MSICondition attribute.
  • Microsoft 365 アプリをインストールする前に、一部の以前のバージョンの Office、Visio、および Project をアンインストールする必要があります。Some previous versions of Office, Visio, and Project must be uninstalled before installing Microsoft 365 Apps. たとえば、Office Professional Plus 2016 です。For example, Office Professional Plus 2016. 事前にアンインストールしないと、Microsoft 365 アプリのインストールが失敗します。If they aren’t uninstalled beforehand, the installation of Microsoft 365 Apps will fail. 詳細については、「同一コンピューター上に異なるバージョンの Office、Visio、Project をインストールするためのサポート対象シナリオ」を参照してください。For more information, see Supported scenarios for installing different versions of Office, Visio, and Project on the same computer.
  • Office の Windows Installer (MSI) バージョンのアンインストールを完了するには再起動が必要ですが、再起動を強制されません。A reboot is required to finish uninstalling the Windows Installer (MSI) versions of Office, but the reboot isn’t enforced. Microsoft 365 アプリのインストールが完了したら、再起動することができます。You can reboot after the Microsoft 365 Apps installation is finished.
  • ユーザーのデバイスで製品が開かれていて、configuration.xml ファイルの Display 要素の Level 属性 が None に設定されている場合、製品の削除が失敗することがあります。Removing a product might fail if the product is open on the user's device and the Level attribute for the Display element in your configuration.xml file is set to None. Level 属性を Full に設定した場合、削除を続行できるように、プログラムを終了するかどうかをユーザーに確認するメッセージが表示されます。If you set the Level attribute to Full, the user will be prompted to close the program so the removal can continue. Forceappshutdown プロパティは使用できますが、データの損失が発生する可能性があります。You can use the FORCEAPPSHUTDOWN property, but that could result in data loss.
  • Windows 7 SP1 コンピューターで RemoveMSI を使用する場合、以前のバージョンの Office とそのショートカットのすべてが削除された場合でも、ユーザーが作成した固定されたショートカットは残ることがあります。If you're using RemoveMSI on a Windows 7 SP1 computer, pinned shortcuts that the user created might sometimes remain even though the previous version of Office and all of its other shortcuts have been removed. 固定されたショートカットを削除するには、単にそれをクリックすれば削除を促されます。To remove the pinned shortcut, simply click on it and you'll be prompted to remove it. または、固定されたショートカットを作成したユーザーとしてサインインし、Office 展開ツールを実行して、Microsoft 365 アプリにアップグレードします。Or, sign in as the user who created the pinned shortcut, and then run the Office Deployment Tool to upgrade to Microsoft 365 Apps.