準備ツールキットを使用して Office 365 ProPlus でのアプリケーションの互換性を評価するUse the Readiness Toolkit to assess application compatibility for Office 365 ProPlus

Office アドインおよび VBA 用の準備ツールキットを使用すると、Office で使用する Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) マクロおよびアドインでの互換性の問題を検出できます。準備ツールキットに含まれている Readiness Report Creator は、VBA マクロの互換性とアドインの準備状況の情報を収録した Excel レポートを作成します。組織はこのレポートから、Office 365 ProPlus への移行準備状態を評価できます。The Readiness Toolkit for Office add-ins and VBA can help you identify compatibility issues with your Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) macros and add-ins that you use with Office. The Readiness Toolkit includes the Readiness Report Creator, which creates an Excel report with VBA macro compatibility and add-in readiness information to help your organization assess its readiness to move to Office 365 ProPlus.

準備ツールキットは、Microsoft ダウンロード センターから無料でダウンロードできます。常に最新のバージョンをダウンロードし、使用することをお勧めします。準備ツールキットは、レポートを実行し、最新バージョンをダウンロードするよう要求する場合、最新バージョンが使用されているかどうかを確認します。最新バージョンをインストールする前に準備ツールキットの古いバージョンをアンインストールする必要はありません。You can download the Readiness Toolkit for free from the Microsoft Download Center. We recommend that you always download and use the most current version. The Readiness Toolkit checks if you're using the most current version when you run a report and will prompt you to download the most current version. You don't have to uninstall the older version of the Readiness Toolkit before installing the most current version.

重要

準備ツールキットでは、VBA マクロのコードは修復されません。詳細レポートを作成すると、VBA マクロ コードの修復に関するガイド (使用可能な場合) がレポートに組み込まれます。The Readiness Toolkit doesn't repair or fix the code in your VBA macros. If you create an advanced report, the report does provide guidance, when available, for remediating your VBA macro code.

Readiness Report Creator は、Office 2003 以降の Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access、Project、Visio、および Publisher のファイルに含まれる VBA マクロをスキャンできます。また、Office で使用されている特定の種類のアドインもスキャンできます。すべての Office アプリケーションのアドインが識別されますが、これには Web アドインは含まれません。詳細については、「VBA マクロについて分析されるファイル拡張子」と「Readiness Report Creator がデータを収集するアドインの種類」を参照してください。The Readiness Report Creator can scan for VBA macros in Word, Excel, PowerPoint, Outlook, Access, Project, Visio, and Publisher files, for Office versions as far back as Office 2003. It can also scan for certain types of add-ins used with Office. Add-ins for all Office applications are identified, but it doesn't include web add-ins. For more information, see File extensions analyzed for VBA macros and Types of add-ins for which the Readiness Report Creator collects data.

ダウンロードされる MSI ファイルを使用して、ユーザーのコンピューターに準備ツールキットをインストールできます。インストール完了後に Readiness Report Creator を実行すると、UI ウィザードにより準備状況レポート作成プロセスが順を追って案内されます。また、コマンドラインから実行でき、スクリプトに使用できるスタンドアロンの実行可能ファイルもあります。これは、社内のユーザーから準備状況に関する情報を自動化された方法で収集する必要がある場合に便利です。「社内の複数ユーザーから準備状況に関する情報を収集する」を参照してください。The download is an MSI file that you can use to install the Readiness Toolkit on a user's computer. After it's installed, when you run the Readiness Report Creator, a UI wizard steps you through the process of creating a readiness report. There is also a standalone executable that can be run from the command line or used with scripts. This is useful if you need to collect readiness information from users throughout your enterprise in a more automated manner. For more information, see Getting readiness information for multiple users in an enterprise.

次の情報は、Readiness Report Creator を使用する際に役立ちます。The following information is provided to help you use the Readiness Report Creator:

注意

  • 準備ツールキットを実行した後に最初の予想よりも少ない互換性の問題があることを発見する企業は多いです。準備ツールキットを実行している企業から提供されたデータに基づいて、平均で スキャンしたファイルの 6% にマクロがあり、それらのファイルの 3.3% にマクロの問題があります。マクロの互換性の問題のがあるファイルは 0.2% のみです。Office のアドインでは、アドインの 75% が既に採用またはサポート済みとして分類されています。After running the Readiness Toolkit, many enterprises find that they have fewer compatibility issues than first expected. Based on data provided by enterprises running the Readiness Toolkit, on average 6% of scanned files have macros, and of those files, 3.3% have macro issues. So that's only 0.2% files with macro compatibility issues. For Office add-ins, 75% of add-ins found are already categorized as adopted or supported.
  • 準備ツールキットに関するご意見やご質問は、ReadyForOffice@microsoft.com までメールにてご連絡ください。If you have feedback or questions about the Readiness Toolkit, please email us at ReadyForOffice@microsoft.com.

準備状況レポートを作成するCreating a readiness report

準備ツールキットの使用に関する要件と制限事項Requirements and limitations for using the Readiness Toolkit

準備ツールキットをインストールする前に、次の要件を理解しておく必要があります。Before installing and using the Readiness Toolkit, you should be aware of the following requirements:

注意

64 ビット版の Excel を使用することをお勧めします (特に準備状況レポートに 400,000 件を超える結果が含まれると見込まれている場合)。We recommend using the 64-bit version of Excel, especially if you expect more than 400,000 results to appear in the readiness report.

また、Readiness Report Creator に関するいくつかの制約事項を把握しておく必要があります。Also, there a few limitations about the Readiness Report Creator that you should know about:

  • Readiness Report Creator は、パスワードで保護されているファイルをスキャンできません。このようなファイルをスキャンすると、レポートに「Password protected」と示されます。The Readiness Report Creator can't scan password protected files. If you try to scan one of these files, the file shows up as "Password protected" in the report.

  • 準備レポートの作成者は、既定では、SharePoint ドキュメント ライブラリ、OneDrive、またはその他の何らかのクラウド ベースのストレージの場所に保存されているファイルをスキャンできません。これらのファイルのいずれかをスキャンしようとすると、ファイル表示に「クラウド ベース」レポートにされます。考えられる回避策では、 クラウド ベースのファイルをスキャンする方法を参照してください。By default, the Readiness Report Creator can't scan files that are saved in a SharePoint document library, in OneDrive, or in some other type of cloud-based storage location. If you try to scan one of these files, the file shows up as "Cloud-based" in the report. For a possible workaround, see How to scan cloud-based files.

  • Readiness Report Creator は、Office ドキュメントに関連する問題を Excel ワークシートに 1 行ずつリストします。したがって、Readiness Report Creator が返すことができる結果の最大数は 1,046,575 件となります。この制限を超えることが見込まれる場合は、レポートの範囲を特定の部門などに絞り込むことをお勧めします。The Readiness Report Creator lists each issue with an Office document in a separate row in an Excel worksheet. Therefore, the Readiness Report Creator can only return 1,046,575 results. If you expect to exceed these limits, we recommend that you narrow the scope of your report, such as to a specific department.

レポート作成に使用する情報を選択するChoosing the information to use to create your report

準備状況レポートを作成するには、最初にレポートの作成に使用する情報を選択する必要があります。次の表に、選択可能なオプション、各オプションの説明、および各オプションを選択した場合に作成される準備状況レポートの種類を示します。To create a readiness report, you first need to select what information to use to create the report. The following table lists the possible options and an explanation of each option. It also specifies which type of readiness report is created with each option.

オプションOption 説明Explanation 作成されるレポートReport created
このコンピューターで最近使用された Office ドキュメントとインストールされているアドインMost recently used Office documents and installed add-ins on this computer
Readiness Report Creator は、ユーザーの最近使用されたファイルのリストにある Office ドキュメントだけをスキャンします。これにより、スキャン対象を、ユーザーが定期的にアクセスするドキュメントに絞り込むことができます。The Readiness Report Creator only scans Office documents that are in the user's list of most recently used files. This allows you to narrow the focus of the scan to documents that a user accesses on a regular basis.

また Readiness Report Creator は、Readiness Report Creator が実行されているコンピューター上にある Offie のアドインをすべて検索します。In addition, the Readiness Report Creator looks for any add-ins for Office that are installed on the computer on which the Readiness Report Creator is run.
VBA および Add-inVBA and Add-in
ローカル フォルダーまたはネットワーク共有に保存されている Office ドキュメント。Office documents in a local folder or network share.
Readiness Report Creator は、指定したフォルダーまたはネットワーク共有に保存されている Office ドキュメントをスキャンします。Readiness Report Creator は指定された場所とその下のサブフォルダーをすべて自動的にスキャンします。The Readiness Report Creator scans the Office documents in the folder or network share that you specify. The Readiness Report Creator automatically scans the specified location, and all the subfolders in that location.

注: このオプションでは、Readiness Report Creator が稼働しているコンピューターにインストールされているアドインは検索されません。Note: With this option, the Readiness Report Creator doesn't look for add-ins installed on the computer on which the Readiness Report Creator is run.
VBA のみVBA only
ローカル フォルダーまたはネットワーク共有に保存されている以前の準備状況結果。Previous readiness results saved together in a local folder or network share.
このオプションでは、複数のスタンドアロン コンピューターからの個々の準備状況結果が統合されたレポートを作成できます。This option allows you to create a consolidated report comprised of individual readiness results from multiple standalone computers.

たとえば、Finance 部門のすべてのコンピューターに対して Readiness Report Creator を実行し、各スキャンの結果をネットワーク共有に保存したとします。その後このオプションを使用して、Finance 部門の統合レポートを作成できます。For example, you might want to run the Readiness Report Creator on all the computers in the Finance department, saving the results of each scan to a network share. Then, you can use this option to create a consolidated report for the Finance department.

詳細については、「社内の複数ユーザーから準備に関する情報を収集する」を参照してください。For more information, see Getting readiness information for multiple users in an enterprise.
使用される準備状況結果に応じて VBA のみまたは VBA および Add-in。VBA only, or VBA and Add-in, depending on what readiness results are being used.
Office テレメトリ ダッシュボードのアドイン データ。Add-in data from Office Telemetry dashboard.
既に Office テレメトリ ダッシュボードを使用してアドインの互換性を評価している場合は、既に収集しているこの情報を使用して、準備状況レポートを作成できます。この場合に必要な操作は、Readiness Report Creator に対し、Office テレメトリ ダッシュボードにアクセスするための適切な情報を指定することだけです。If you're already using Office Telemetry Dashboard to assess add-in compatibility, you can use that information which you've already collected to create a readiness report. You just need to provide the Readiness Report Creator with the appropriate information to access the database for Telemetry Dashboard.

注: このオプションでは、Readiness Report Creator は VBA マクロを検索しません。このオプションを実行するユーザーには、データベースに対する GRANT SELECT アクセス権が必要です。Note: With this option, the Readiness Report Creator doesn't look for VBA macros. GRANT SELECT access on the Telemetry database is required for the user to run this option.
Add-in のみAdd-in only

基本レポートまたは詳細レポートを選択するChoosing between a basic and an advanced report

レポートの作成に使用する情報を選択し、レポートの保存先を指定したら、基本レポートと詳細レポートのいずれを作成するかを選択する必要があります。After you select what information to use to create your report and specify a location to save your report, you need to choose whether to create a basic report or an advanced report.

詳細レポートを作成することを強くお勧めします。これは、詳細レポートには Office 365 ProPlus と VBA マクロおよびアドインの互換性を評価する際に役立つ追加情報が収録されているためです。たとえば詳細レポートでは次の追加情報を確認できます。We strongly recommend that you create an advanced report because an advanced report provides additional information to help you assess the compatibility of your VBA macros and add-ins with Office 365 ProPlus. For example, in an advanced report, you get the following additional information:

  • VBA マクロで検出された問題の修復に関するアドバイス (使用可能な場合)。この情報は、レポートの個別のワークシートに表示されます。Remediation advice, when available, for issues found in your VBA macros. This information is shown in a separate worksheet in the report.

  • アドインの準備状況。たとえば、ソフトウェア プロバイダーがそのアドインの Office 365 ProPlus に対応したバージョンを提供していることがレポートに示されることがあります。Readiness status for add-ins. For example, the report might show that the software provider has a supported version of the add-in for Office 365 ProPlus.

アドインの準備状態は、テレメトリベースの計算と、ISV からのサポートを明示する記述から得られます。The readiness status for add-ins is derived from telemetry-based computations as well as explicit support statements from ISVs.

最新の修復に関するアドバイスと準備状況を提供するため、Readiness Report Creator はレポートの作成時に Microsoft に連絡します。VBA マクロとアドインに関する一部の情報は Microsoft に送信されます。送信される内容の詳細については、「詳細レポートの作成時に Microsoft に送信される情報の例」を参照してください。To provide you with the most up-to-date remediation advice and readiness status, the Readiness Report Creator contacts Microsoft when it creates the report. Some information about your VBA macros and add-ins is sent to Microsoft. For more information about what is sent, see Examples of the information sent to Microsoft when creating an advanced report.

重要: 詳細レポートを作成する場合は、準備ツールキットを実行しているコンピューターがインターネットにアクセスできることを確認してください。準備ツールキットは、一般に利用可能な Web サービスを呼び出すため、ファイアウォールで次の URL をホワイトリストに登録する必要があります。Important: If you're creating an advanced report, make sure the computer on which you're running the Readiness Toolkit has access to the Internet. The Readiness Toolkit calls a publicly available web-service, so the following URLs need to be whitelisted in your firewall:

準備状況レポートの情報を理解するInterpreting the information in the readiness report

Readiness Report Creator では、準備状況レポートが Excel ファイルとして作成されます。レポートに含まれる準備状況に関する情報は、レポートの実行対象の情報と、基本レポートと詳細レポートのどちらを選択したかに応じて異なります。The Readiness Report Creator creates a readiness report as an Excel file. The readiness information available in the report depends on what information you based your report on, as well as whether you chose to create a basic or advanced report.

各レポートの最初のページである [Overview] ページには、結果に関する全体的な情報と、使用可能なレポート (VBAAdd-in、またはこの両方) へのリンクが表示されます。Each report starts with an Overview page, which provides high-level information about the results, and links to the reports available - VBA or Add-in or both.

VBA 準備状況レポートVBA readiness reports

次の表に、VBA 準備状況レポートに表示される各タブ (ワークシート) のリストを示します。The following table provides a list of the different tabs (worksheets) that are shown in a VBA readiness report.

ワークシート名Worksheet name 内容Contents
VBA OverviewVBA Overview
スキャン結果の全体的な概要を示す 3 つの円グラフが表示されます。Displays three pie charts to provide a high-level overview of the results of the scan.

各円グラフには、スキャンされたファイルの状態、スキャン中に検出された独自のマクロの準備状況、スキャンされた独自のファイルの準備状況が表示されます。これらの円グラフに表示されるファイルの状態と準備状況の値については、このセクションの後半にある表を参照してください。Each pie charts shows different information: the status of the files scanned, the readiness status for the unique macros found during the scan, and readiness status of the unique files scanned. See the tables later in this section for more information about the file status and readiness status values that appear in these pie charts.

準備ツールキットでは、複数のファイルで再利用されるマクロを識別する VBA マクロ コードの一意のハッシュが作成されます。また、重複ファイルを識別するために同様の処理が行われます。これは、評価する必要がある一意の VBA マクロと一意のファイルの実際の数を把握できるようにすることを目的としています。The Readiness Toolkit creates a unique hash of the VBA macro code to identify macros that are reused in multiple files. The Readiness Toolkit does something similar to identify duplicate files. The Readiness Toolkit does this to provide you with a more realistic assessment of how many unique VBA macros and unique files need to be evaluated.

注: 64 ビット版の Office 365 ProPlus を展開する予定の場合は、必ず [Include 64-bit readiness data] チェックボックスをオンにし、レポートを更新していることを確認してください。Note: If you plan to deploy the 64-bit version of Office 365 ProPlus, be sure that the "Include 64-bit readiness data" check box is selected and that you've refreshed the report.
VBA SummaryVBA Summary
事前に定義されているピボットテーブルを示します。これらのピボットテーブルから、スキャンでキャプチャされたデータを分析できます。Provides some pre-defined PivotTables to allow you to analyze the data captured from the scan.

これらのピボット テーブルが特定のニーズに合わない場合、[VBA Results] ワークシートのデータに基づいて独自のピボットテーブルを作成できます。If these PivotTables don't meet your specific needs, you can create your own based on the data on the VBA Results worksheet.
VBA ResultsVBA Results
Readiness Report Creator がスキャンした各ファイルの情報を示します。スキャンしたファイルで複数の問題が検出された場合は、問題が 1 行に 1 つずつ示されます。Provides information on each file scanned by the Readiness Report Creator. If multiple issues are found in a scanned file, there is a separate row for each issue.

各列に表示される情報の説明については、このセクションの末尾にある「VBA に関する詳細情報」という見出しの下にある表を参照してください。See the table under the "Detailed VBA information" heading at the end of this section for an explanation of the information that appears in each column.
VBA RemediationVBA Remediation
スキャン中に検出された VBA マクロ コードの変更案を示します。Provides proposed changes to VBA macro code found during the scan.

各列に表示される情報の説明については、このセクションの末尾にある「VBA に関する詳細情報」という見出しの下にある表を参照してください。See the table under the "Detailed VBA information" heading at the end of this section for an explanation of the information that appears in each column.
VBA ReferencesVBA References
コードと VBA プロジェクトで検出されたリファレンスを示します。これらのリファレンスは、VBA コードで使用するために、外部 DDL、リンク ファイル、および ODBC 接続の呼び出しに使用されます。List references identified in code and in the VBA project. These references are generally used to call external DLLs, linked files, and ODBC connections for use by the VBA code.

各列に表示される情報の説明については、このセクションの末尾にある「VBA に関する詳細情報」という見出しの下にある表を参照してください。See the table under the "Detailed VBA information" heading at the end of this section for an explanation of the information that appears in each column.

ファイルの状態: このレポートでは、スキャンされたファイルがファイルの状態によって分類されます。次の表に、準備状況レポートに示される可能性があるファイルの状態と、ファイルの状態の説明を示します。File status: The report also categorizes, by a file status, the files that were scanned. The following table lists the possible file statuses that can appear in a readiness report, and an explanation of the file status.

ファイルの状態File status 説明Explanation
No VBANo VBA
ファイルがスキャンされ、VBA マクロ コードが検出されませんでした。The file was scanned and no VBA macro code was found.
Has VBAHas VBA
ファイルがスキャンされ、VBA マクロ コードが検出されました。The file was scanned and VBA macro code was found.
Cloud-basedCloud-based
このファイルは SharePoint ドキュメント ライブラリ、OneDrive、またはその他のクラウドベースの保存場所に保存されているため、スキャンできませんでした。The file couldn't be scanned because it is saved in a SharePoint document library, in OneDrive, or in some other type of cloud-based storage location.
Password protectedPassword protected
ファイルはパスワードで保護されているため、このファイルで VBA マクロをスキャンできませんでした。The file is password protected so it couldn't be scanned for VBA macros.
InaccessibleInaccessible
何らかの理由でファイルをスキャンできませんでした。たとえば、Readiness Report Creator のアクセス権限が、ファイルへアクセスするためには十分でなかったか、ファイルが破損しているか、またはファイルの形式が非常に古い Office ファイル形式である場合などです。The file couldn't be scanned for some reason, such as the Readiness Report Creator had insufficient permission to access the file, the file is corrupted, or the file uses a very old Office file format.
Inaccessible - Driver requiredInaccessible - Driver required
スキャンを実行するコンピューターに必要な Microsoft Access データベース エンジン 2010 がインストールされていなかったため、ファイルをスキャンできませんでした。The file couldn't be scanned because the required Microsoft Access Database Engine 2010 isn't installed on the computer performing the scan.
LockedLocked
スキャンの実行時に、ファイルがロックされていたかまたは使用中でした。The file was locked or in use when the scan was performed.
ErrorError
スキャン実行中に読み取ろうとした VBA コード ストリームが無効な形式でした。サポートされているバージョンの Office でファイルを開いて保存すると、Readiness Report Creator がそのファイルをスキャンできることがあります。The VBA code stream trying to be read during the scan wasn't in a valid format. Sometimes opening, and then saving, the file in a supported Office version will allow the Readiness Report Creator to scan the file.

重大度レベル: レポートでは、検出された VBA マクロの問題が重大度レベル別に分類されているため、検出された問題への対処に要する作業量を推定する際に役立ちます。1 つの VBA マクロで複数の問題が検出されると、最も高い重大度レベルが円グラフに表示されます。Severity level: The report categorizes, by a severity level, the issues found with the VBA macros to help you estimate how much effort it will take to address the issues found. If multiple issues are found with a VBA macro, the report displays the highest severity level in the pie chart.

次の表に、準備状況レポートに表示される重大度と、重大度レベルの説明を示します。The following table lists the possible severities that can appear in a readiness report, and an explanation of the severity level.

重大度Severity 説明Explanation
Ready to upgradeReady to upgrade
このファイルと、Office 365 ProPlus との互換性に関する問題は検出されませんでした。No issues were found in this file and it's compatible with Office 365 ProPlus.
Code design awarenessCode design awareness
コードは予期されているとおりに動作し、ユーザーが何らかの変更に気付く可能性は高くありませんが、機能、プロパティ、またはメソッドの動作が以前とは異なるか、または新しいバージョンに対応して廃止されている可能性があります。While the code will function as expected and the user isn't likely to notice any change, the feature, property, or method works differently than previously or might be deprecated in favor of a newer version.
Minimal validation recommendedMinimal validation recommended
実行時またはコンパイル時のエラーは予期されていませんが、API の機能が何らかの方法で変更されています。ユーザーが Office 365 ProPlus を使用してこのファイルに対しスポット チェックを実行し、予期されているとおりに機能することを確認することをお勧めします。環境で問題が発生する可能性を最小限に抑えるため、マクロを通常実行するコンピューターでスポット チェックを実行することが理想的です。No runtime or compile time errors are expected, but the API functionality may have changed in some way. It's recommended that the user runs a spot check on the file with Office 365 ProPlus to ensure it continues to function as expected. To minimize environmental issues, ideally run the spot check on the computer that the macro usually runs.
Limited remediation requiredLimited remediation required
コードのリファクタリングが必要ですが、明示的な置き換えが行われており、マクロの修正に必要な作業はかなり削減されていることが期待されます。Some refactoring of code will be required. But, there is a clear replacement and so the expectation is that the work required to fix the macro is significantly reduced.
Significant remediation requiredSignificant remediation required
コードがこれまでの Office バージョンと同様に今後も機能するためには、重大なコード リファクタリングが必要です。たとえば、API が廃止されたがその代わりとなる機能が提供されていない場合などです。この場合、唯一のオプションは機能を再作成することです。Significant code refactoring will be required to enable the code to continue to function as it did in the legacy Office version. For example, an API that has been deprecated, but no replacement function has been provided. In this case, the only option available is to recreate the functionality.

VBA に関する詳細情報: 準備状況レポートの [VBA Results]、[VBA Remediation]、および [VBA References] タブには、類似する情報列が含まれています。次の表にこれらの列と表示される情報の説明を示します。Detailed VBA information: The VBA Results, VBA Remediation, and VBA References tabs in the VBA readiness report each contain similar columns of information. The following table provides a list of those columns, along with an explanation of what information is contained those columns.

列名Column name 説明Explanation Example
GuidelineGuideline
ドキュメントのスキャン時に指定されたガイドライン (ルール)。The guideline (rule) identified when document has been scanned.
プログラム ツールバーとメニュー バーは、Access 2013 に表示されなくなります。Program Toolbars and Menu Bars will no longer be visible in Access 2013.
SeveritySeverity
検出された問題の重大度。Severity of issue identified.
Significant remediation requiredSignificant remediation required
Source LocationSource Location
スキャンされたファイルの場所。Location of the file that was scanned.
D:\My Documents\My FilesD:\My Documents\My Files\
Source FileSource File
スキャンされたファイルの名前。Name of the file that was scanned.
MyFileName.xlsxMyFileName.xlsx
Source File HashSource File Hash
ファイルに対して一意に生成されたハッシュ。Uniquely generated hash for the file.
36426A0DCFC06F6425E205F107A5CA5836426A0DCFC06F6425E205F107A5CA58
Source File ExtensionSource File Extension
スキャンされたファイルの拡張子。Extension of the file that was scanned.
.docm.docm
ModuleModule
コードが検出されたモジュールの名前。Name of the module where the code issue was identified.
mDJSCommandBarsmDJSCommandBars
Line #Line #
コードの問題が検出された行の番号。Line number where the code issue was identified.
112112
TypeType
検出された問題の種類。Type of issue that has been identified.
VBAVBA
MemberMember
問題が検出された VBA モジュールのセクション名 (関数など)。VBA Module section name where the issue was identified (i.e. function).
CommandBarsCommandBars
StatementStatement
問題が検出されたコード セクション。The section of the code where the issue was identified.
Dim ctlName As CommandBarControlDim ctlName As CommandBarControl
VBA HashVBA Hash
VBA コードに対して一意に生成されたハッシュ。Uniquely generated hash for the VBA code.
CC-D2-F3-9C-58-48-04-E4-16-5B-B6-44-B3-EB-EB-FECC-D2-F3-9C-58-48-04-E4-16-5B-B6-44-B3-EB-EB-FE
ReferenceReference
問題の説明とヘルプ コンテンツ (使用可能な場合) へのリンク。Link to description of issue and help content (where applicable).
https://technet.microsoft.com/library/cc178954.aspx
FileStatusFileStatus
処理されたファイルの状態の分類。Classification of the status of the file that was processed.
Password protectedPassword protected
64Bit64Bit
検出された問題が 64 ビット固有の問題であるかどうかを示します。Specifies if the issues identified is 64-bit specific.
YesYes
UserHashUserHash
ファイルのユーザー。User of the file.
Katharine CruzKatharine Cruz
DeviceNameDeviceName
スキャンが実行されたコンピューターの名前。Name of the computer where the scan was performed.
Laptop01Laptop01
Original codeOriginal code
マクロで検出された、64 ビット版 Office に移動すると問題引き起こす可能性のある VBA コード。VBA code found in the macro which may cause issues when moving to a 64-bit version of Office.
Private Declare Function FindWindow Lib "user32" Alias "FindWindowA" (ByVal lpClassName As String, ByVal lpWindowName As String) As LongPrivate Declare Function FindWindow Lib "user32" Alias "FindWindowA" (ByVal lpClassName As String, ByVal lpWindowName As String) As Long
Proposed changesProposed changes
64 ビット版 Office で正しく動作するように、マクロの VBA コードを更新する方法に関する提案。1、2Suggestions on how the VBA code in the macro can be updated to work correctly with a 64-bit version of Office.1, 2
Private Declare PtrSafe Function FindWindow Lib "user32" Alias "FindWindowA" (ByVal lpClassName As String, ByVal lpWindowName As String) As LongPtrPrivate Declare PtrSafe Function FindWindow Lib "user32" Alias "FindWindowA" (ByVal lpClassName As String, ByVal lpWindowName As String) As LongPtr
Label1Label1
カスタム ラベルの値 (構成されている場合)。Value of custom label, if configured. 詳細については、「ラベルを使用してレポートのデータを分類およびフィルタリングする」を参照してください。For more information, see Use labels to categorize and filter data in reports.
北アメリカNorth America
Label2Label2
カスタム ラベルの値 (構成されている場合)。詳細については、「ラベルを使用してレポートのデータを分類およびフィルタリングする」を参照してください。Value of custom label, if configured. For more information, see Use labels to categorize and filter data in reports.
San FranciscoSan Francisco
Label3Label3
カスタム ラベルの値 (構成されている場合)。詳細については、「ラベルを使用してレポートのデータを分類およびフィルタリングする」を参照してください。Value of custom label, if configured. For more information, see Use labels to categorize and filter data in reports.
FinanceFinance
Label4Label4
カスタム ラベルの値 (構成されている場合)。詳細については、「ラベルを使用してレポートのデータを分類およびフィルタリングする」を参照してください。Value of custom label, if configured. For more information, see Use labels to categorize and filter data in reports.
ControllerController
ソース ファイルの参照Source file reference スキャンの実行時にファイル名を隠す場合に、file-names.log ファイル内のファイル名を識別するための一意の値です。詳細については、 「レポートで収集されたデータのプライバシーを管理する」を参照してください。Unique value used to identify the file name in the file-names.log file when concealing file names when doing a scan. For more information, see Manage the privacy of data collected in reports. 9FE4E090A33CDA8F4502E7E5672464C8F40E79E353DC98FF8CA84846C7D998229FE4E090A33CDA8F4502E7E5672464C8F40E79E353DC98FF8CA84846C7D99822
RT バージョンRT Version スキャンを実行するコンピューターにインストールされている準備ツールキットのバージョンVersion of the Readiness Toolkit installed on the computer running the scan 1.0.0.01.0.0.0

1 64 ビット版 Office に対応した VBA コードの作成の詳細については、「64 ビット Visual Basic for Applications の概要」を参照してください。1 For more information about writing VBA code for 64-bit versions of Office, see 64-Bit Visual Basic for Applications Overview.

2 重要: すべての変更案は、現状のまま何の保証もなく提示されるものです。VBA マクロ コードを更新するときには、すべての変更が予期されているとおりに機能することを検証することが重要です。2 Important: All proposed changes are provided as is, with no warranty or guarantee. It's important to validate that all changes work as expected when you update your VBA macro code.

Add-in レポートAdd-in report

次の表に、Add-in レポートに表示される各タブ (ワークシート) のリストを示します。The following table provides a list of the different tabs (worksheets) that are shown in an add-in report.

ワークシート名Worksheet name 内容Contents
Add-in SummaryAdd-in Summary
Readiness Report Creator により検出されたアドインの全体的な概要を示します。Provides a high-level overview of the add-ins found by the Readiness Report Creator.

ワークシート上部に表示されるデータから、Office 365 ProPlus と互換である可能性のアドインの数と、さらに調査が必要なアドインの数を簡単に把握できます。The data at the top of the worksheet is intended to give you a quick assessment of how many add-ins will likely be compatible with Office 365 ProPlus and how many add-ins you'll need to do more research on.
Add-in DetailsAdd-in Details
検出されたアドインのメタデータ情報 (発行元やバージョン番号など)、各アドインのインストール総数、また詳細レポートの場合は準備状況 (「Supported version available」など) が表示されます。Provides metadata information about the add-ins found (for example, publisher and version number), the total number of installs of each add-in, and, if an advanced report, the readiness status (for example, "Supported version available").
By computer nameBy computer name
[Add-in Details] ワークシートの内容と似た情報が表示されますが、アドインのインストール総数ではなく、アドインがインストールされているすべてのコンピューターがリストされます。Provides similar information to what's on the Add-in Details worksheet, but lists every computer that the add-in is installed on, instead of just a total number of installs for the add-in.

アドイン レポートに表示される情報を調整するには。[Add-in Summary] タブのドロップダウン リストから選択項目を選択し、レポートを更新します。たとえば、Acess アドインと Excel アドインに関する情報だけを表示するようにレポートを調整できます。You can adjust what information is shown in the add-in report by selecting choices from the drop-down lists on the Add-in Summary tab, and then refreshing the report. For example, you can adjust the report to only show information about Access and Excel add-ins.

既定では、Office に付属のアドインは表示されません。このようなアドインに関する情報を表示するには、ドロップダウン リストで [はい] を選択して、レポートを更新します。ただしほとんどの企業では、Office に付属のアドインのアプリケーション互換性は懸念されません。By default, add-ins that are shipped by Office aren't shown. If you want to see information about those add-ins, select "Yes" from the drop-down list and refresh the report. But, most enterprises won't need to worry about application compatibility of add-ins which are shipped with Office.

アドインの使用状況に関する情報を収集 し、使用されているアドインに関する情報のみを参照したい場合は、ドロップダウン リストで [はい] を選択し、レポートを更新します。If you're collecting add-in usage information and only want to see information about add-ins that are being used, you can select "Yes" from the drop-down list and refresh the report.

64 ビット版の Office 365 ProPlus を展開する予定の場合は、ドロップダウン リストから [64 ビット] を選択してレポートを更新してください。これにより、アドインに関する 64 ビット固有の準備状態情報が表示されます。レポートの既定の選択項目は 32 ビットです。If you plan to deploy the 64-bit version of Office 365 ProPlus, be sure to select "64-bit" from the drop-down list and refresh the report. This provides 64-bit specific readiness information about the add-ins. The default selection for reports is 32-bit.

次の表に、Add-in レポートに表示される準備状況と、各状況の説明を示します。The following table lists the possible readiness statuses that you can see in the add-in report and an explanation of what each status means.

準備状況Readiness status 説明Explanation
Highly adoptedHighly adopted
このアドインは他の組織では Office 365 ProPlus で幅広く使用されており、Office 365 ProPlus で使用できる状態ですが、ソフトウェア プロバイダーが Office 365 ProPlus でこのアドインを正式にサポートしていません。This add-in is being widely used on Office 365 ProPlus in other organizations, and is ready for use with Office 365 ProPlus. But, the software provider doesn't officially support the add-in on Office 365 ProPlus.
AdoptedAdopted
このこのアドインは他の組織では Office 365 ProPlus で使用されていますが、ソフトウェア プロバイダーが Office 365 ProPlus でこのアドインを正式にサポートしていません。This add-in is being used on Office 365 ProPlus in other organizations, but the software provider doesn't officially support the add-in on Office 365 ProPlus.
Adopted version availableAdopted version available
このアドインの別のバージョンが Office 365 ProPlus で [Adopted] または [Highly Adopted] 状態です。A different version of this add-in is either “Adopted” or “Highly Adopted” on Office 365 ProPlus.
Contact software providerContact software provider
このアドインでは、Office 365 ProPlus に関連する問題が発生している可能性があります。アドインが業務上重要であるかどうかを判別し、ソフトウェア プロバイダーにお問い合わせください。This add-in might have issues with Office 365 ProPlus. You need to decide if this add-in is business critical and then contact the software provider for guidance.
Supported version availableSupported version available
Office 365 ProPlus でサポートされているこのアドインのバージョンを、ソフトウェア プロバイダーから入手できます。A supported version of this add-in for Office 365 ProPlus is available from the software provider.
Unknown1,2Unknown1,2
Microsoft にとって不明なアドインです。たとえば、社内アプリケーション開発チームが作成した基幹業務用アドインなどです。This add-in is unknown to Microsoft. For example, it could be a line-of-business add-in that your in-house application development team created.

基本レポートを作成する場合は、すべてのアドインの準備状況が [Uknown] として表示されます。したがって、Readiness Report Creator がアドインの準備状況を取得するために Microsoft に連絡するのは、詳細レポートを作成する場合だけです。If you create a basic report, the readiness status for all add-ins is listed as Unknown. It's only when you create an advanced report that the Readiness Report Creator contacts Microsoft to try to get readiness status of add-ins.
Insufficient data2Insufficient data2
Microsoft はこのアドインを認識していますが、このアドインの準備状況を判別できる十分な情報が収集されていません。Microsoft has seen this add-in but not enough information has been collected to provide a readiness status for this add-in.

1 既定で Office に付属のアドインの一部には、アドイン準備状況レポートで現在 [Unknown] のフラグが設定されています。このようなアドインは実際には [Highly Adopted] であり、Microsoft よりサポートされています。このようなアドインには、ActionsPane Schema for Add-Ins、Analysis ToolPak、Analysis ToolPak - VBA、Date (XML)、Conversation History Add-in for Microsoft Office 2016、Euro Currency Tools、Instant Messaging Contacts (英語)、Measurement Converter (Measurement Converter)、Microsoft Actions Pane 3、Skype Meeting Add-in for Microsoft Office 2016、Solver Add-in、Telephone Number (XML)、Time (XML) などがあります。1 Some of the add-ins that ship by default with Office are currently flagged as Unknown in an add-in readiness report. These add-ins are actually Highly Adopted and are supported by Microsoft. Here are the names of those add-ins: ActionsPane Schema for Add-Ins, Analysis ToolPak, Analysis ToolPak - VBA, Date (XML), Conversation History Add-in for Microsoft Office 2016, Euro Currency Tools, Instant Messaging Contacts (English), Measurement Converter (Measurement Converter), Microsoft Actions Pane 3, Skype Meeting Add-in for Microsoft Office 2016, Solver Add-in, Telephone Number (XML), and Time (XML).

2 詳細については、「[Unknown] または [Insufficient data] として分類されたアドインに対して実行できる手順」を参照してください。2 For more information, see Possible steps to take for add-ins classified as "Unknown" or "Insufficient data".

アドインの詳細情報: Add-in レポートの [Add-in Details] タブと [By computer name] タブには、類似する情報の列が表示されます。次の表に、これらの列と、表示される情報の説明を示します。Detailed add-in information: The "Add-in Details" and "By computer name" tabs in the add-in report each contain similar columns of information. The following table provides a list of those columns, along with an explanation of what information is contained in those columns.

列名Column name 説明Explanation
Machine nameMachine name
アドインがインストールされているコンピューターの名前。The name of the computer on which the add-in is installed.

この列は [By computer name] タブにのみ表示されます。This column only appears on the "By computer name" tab.
Add-in NameAdd-in Name
アドインの名前。The name of the add-in.
Add-in PublisherAdd-in Publisher
アドインのパブリッシャ―の名前。The name of the add-in's publisher.
Add-in VersionAdd-in Version
アドインのバージョン。The version of the add-in.
AppApp
アドインが使用される Office アプリケーション。Word、Excel などです。The Office application that the add-in is used in. For example, Word or Excel.
Total InstallsTotal Installs
アドインのインストール総数。The total numbers of installs of the add-in.

この列は [Add-in Details] タブにのみ表示されます。This column only appears on the "Add-in Details" tab.
Readiness status (32-bit)Readiness status (32-bit)
アドインの準備状況。詳細レポートのみ。The readiness status for the add-in. Advanced reports only.

有効な準備状況については、次の表を参照してください。See the table above for a list of possible readiness statuses.

注: [Add-in Summary] タブのドロップダウン リストで [64 ビット] を選択すると、この列の名前は [(64 ビット)] となります。Note: If you chose "64-bit" from the drop-down list on the "Add-in Summary" tab, this column name displays as "(64-bit)" instead.
RemarksRemarks
アドインの準備状況に関する追加情報 (使用可能な場合)。詳細レポートのみ。Additional information, if available, about the readiness status of the add-in. Advanced reports only.
More informationMore information
アドインに関するその他の準備状況情報へのリンク。詳細レポートのみ。Link to additional readiness information about the add-in. Advanced reports only.
Total Device InstallsTotal Device Installs アドインがインストールされているデバイスの数。Number of devices on which the add-in is installed.

アドインの使用状況に関する情報を収集する場合に使用できます。Available when collecting add-in usage information. 詳細については、「レポートで使用状況を収集し表示する」を参照してください。For more information, see Collect and show add-in usage information in reports.
アドインが使用されているデバイス総数Total devices add-in used アドインの使用状況に関する情報の収集を開始してからアドインが使用されたデバイスの数。Number of devices on which the add-in has been used since you started collecting add-in usage information.

アドインの使用状況に関する情報を収集する場合に使用できます。詳細については、「収集しレポートの追加の使用状況情報を表示する」を参照してください。Available when collecting add-in usage information. For more information, see Collect and show add-in usage information in reports.
アドイン使用開始日 {date}Add-in used since {date} アドインの使用状況情報の収集を開始してから、アドインが使用されたかどうかを示します。Indication of whether the add-in has been used since you started collecting add-in usage information.

アドインの使用状況に関する情報を収集する場合に使用できます。詳細については、「収集しレポートの追加の使用状況情報を表示する」を参照してください。Available when collecting add-in usage information. For more information, see Collect and show add-in usage information in reports.

社内の複数ユーザーから準備に関する情報を収集するGetting readiness information for multiple users in an enterprise

1 台のユーザー コンピューターに Readiness Report Creator をインストールして実行し、準備状況レポートを作成することは容易です。ただし、大規模な組織で、部門全体または支店全体の準備状況レポートを作成する必要があるとしたらどうでしょうか。It's easy enough to install and run the Readiness Report Creator on a single user's computer to create a readiness report. But what if you're in a large organization and need to create readiness reports for an entire department or branch office?

Readiness Report Creator の UI ウィザード版の他に、コマンドラインから実行でき、スクリプトに使用できるスタンドアロンの実行可能ファイルもあります。このファイルの名前は ReadinessReportCreator.exe で、準備ツールキットがインストールされているフォルダーにあります。Along with the UI wizard version of the Readiness Report Creator, there is also a standalone executable that can be run from the command line or used with scripts. It's named ReadinessReportCreator.exe and is located in the folder where the Readiness Toolkit is installed.

ユーザーが Readiness Report Creator の UI ウィザード版を実行すると、ユーザーごとに 1 つずつ、個別の Excel ファイルが生成され、部門全体または支社全体の準備状況を把握することが困難になります。また、ユーザーが Readiness Report Creator を実行し、手順に正しく従うことを前提とする必要があります。If you have your users run the UI wizard version of the Readiness Report Creator, you end up with separate Excel files, one for each user. That makes it difficult to see readiness from a departmental or office-wide perspective. You also have to rely on the users to run the Readiness Report Creator and follow the instructions correctly.

ユーザーが実行する代わりに、Readiness Report Creator のコマンドライン機能を使用し、スクリプトを使用して Readiness Report Creator を実行し、ユーザーに代わってデータ収集を実行します。Readiness Report Creator が生成したファイルはネットワーク共有に保存できます。ネットワーク共有に保存する場合には、ネットワーク共有への適切な書き込み権限があることを確認します。The better alternative might be to use the command line capabilities of the Readiness Report Creator and use a script to run the Readiness Report Creator to collect the information on behalf of the user. You can save the files created by the Readiness Report Creator to a network share. If you do this, make sure that the appropriate write permissions are given to the share.

注意

System Center Configuration Manager で、または類似のエンタープライズ ソフトウェア展開ツールを使用して準備 ツールキットを実行している場合は、システム コンテキストではなく、ユーザー コンテキストを使用してパッケージを展開することを確認します。それ以外の場合、準備ツールキットは、最近使用した (MRU) 情報で、コンピューター上の現在のユーザーのレジストリ ハイブを読み込むことはできません。If you're running the Readiness Toolkit by using System Center Configuration Manager, or similar enterprise software deployment tools, be sure to deploy the package using the user context, instead of the system context. Otherwise, the Readiness Toolkit won't be able to read the most recently used (MRU) information in the current user's registry hive on the computer.

使用可能なコマンドライン オプションのリストを確認するには、コマンド プロンプトを開き、準備ツールキットをインストールしたフォルダーに移動し、次のコマンドを入力します。You can see a list of the available command line options by opening a command prompt, navigating to the folder where you installed the Readiness Toolkit, and then typing the following command:

ReadinessReportCreator.exe -help

Readiness Report Creator のコマンドライン版では、UI ウィザード版とすべての機能が同じであるわけではありません。コマンドライン版では、最近使用された Office ドキュメントとコンピューターにインストールされているアドイン、またはネットワーク共有のローカル フォルダー内の Office ドキュメントのほとんどをスキャンできます。The command line version of the Readiness Report Creator doesn't have the all the same capabilities as the UI wizard version. You can use the command line version to scan the most recently used Office documents and installed add-ins on a computer, or Office documents in a local folder or network share.

次に、VBA マクロとアドインの両方をスキャンし、結果を Finance 部門のネットワーク共有に保存するために実行できるコマンドラインの例を示します。アドイン スキャンを実行するため、コマンドラインの一部として addinscan オプションを指定する必要がある点に注意してください。The following is an example of a command line that you can run to scan for both VBA macros and add-ins, and save the results to a network share for the Finance department. Note that you have to include addinscan option as part of the command line for the add-in scan to occur.

ReadinessReportCreator.exe -mru -addinscan -output \\server01\finance -silent

次に、ユーザーが最近使用した Office ドキュメントをスキャンし、結果を Finance 部門のネットワーク共有に保存する例を示します。これは VBA マクロだけをスキャンします。The following is an example of a command line that you can run to scan a user's most recently used Office documents and save the results to a network share for the Finance department. This only scans for VBA macros.

ReadinessReportCreator.exe -mru -output \\server01\finance -silent

次に、1 つのフォルダーとそのすべてのサブフォルダーをスキャンし、結果を Finance 部門のネットワーク共有に保存する例を示します。これは VBA マクロだけをスキャンします。The following is an example of a command line that you can run to scan a folder, and all its subfolders, and save the results to a network share for the Finance department. This only scans for VBA macros.

ReadinessReportCreator.exe -p c:\officefiles\ -r -output \\server01\finance -silent

コマンドラインから Readiness Report Creator を実行するときには、Readiness Report Creator が Excel ファイルを作成しないことに注意してください。Readiness Report Creator はその代わりにスキャンからの VBA マクロとアドインの情報を含む JSON ファイルを作成します。It's important to note that when you run the Readiness Report Creator from the command line, the Readiness Report Creator doesn't create an Excel file. Instead the Readiness Report Creator creates JSON files containing VBA macro and add-in information from the scan.

さまざまなコマンドライン スキャンの結果を統合した Excel レポートを作成するには、UI ウィザード版の Readiness Report Creator が必要です。情報ソースとして [Previous readiness results saved together in a local folder or network share] を選択し、スキャンに関するすべてのファイルを保存する場所を指定します。Readiness Report Creator により、JSON ファイルの情報が 1 つの Excel ファイルの準備状況レポートに統合されます。To create a consolidated Excel report from these various command line scans, you need to run the UI wizard version of the Readiness Report Creator. For the information source, select "Previous readiness results saved together in a local folder or network share," and then specify the location where you saved all the files for the scans. The Readiness Report Creator then consolidates the information from the JSON files into a readiness report in a single Excel file.

Readiness Report Creator では、Office ドキュメントのそれぞれの問題が Excel ワークシートの個別の行に一覧表示されることに注意してください。Keep in mind that the Readiness Report Creator lists each issue with an Office document in a separate row in the Excel worksheet. したがって、Readiness Report Creator が返すことのできる結果の数は 1,046,575 個だけです。Therefore, the Readiness Report Creator can only return 1,046,575 results. これらの制限を超えると予想される場合は、レポートの範囲を特定の部署などに狭めることをお勧めします。The Readiness Report Creator lists each issue with an Office document in a separate row in an Excel worksheet. Therefore, the Readiness Report Creator can only return 1,046,575 results. If you expect to exceed these limits, we recommend that you narrow the scope of your report, such as to a specific department. あるいは、SQL エクスポート オプションでは許容される結果数に制限がないので、多数の結果が予想される場合には、これが適している可能性もあります。Alternatively, the SQL export option doesn't have a limit on the number of results that it can accommodate, so this may be a suitable choice if you expect a large number of results.

既定では、準備ツールキットはタイムアウトまでに 1 つのファイルをスキャンするのに2分間費やします。コマンド ラインの「 -t」オプションを使用することで、準備ツールキットが 1 つのファイルをスキャンするのに2分以上時間を取れるようになります。By default, the Readiness Toolkit will spend 2 minutes scanning a file before timing out and moving on to another file. You can use the -t option from the command line to allow the Readiness Toolkit more than 2 minutes to scan a file.

SQL Serverを使用してレポート結果を保存するUse SQL Server to store report results

2019年4月9日にリリースされたバージョン1.2.19098以降では、サポートされている任意のバージョンのSQL ServerまたはSQL Server Expressにレポートデータをエクスポートできます。Starting with Version 1.2.19098 (which was released on April 9, 2019), you can export report data to any supported version of SQL Server or SQL Server Express. この機能では、準備ツールキットレポートの実行時に、より大きな規模と柔軟性を求めている多くのユーザーのお声にお応えしました。This capability is in response to feedback from many customers who want greater scale and more flexibility when running Readiness Toolkit reports.

準備レポート作成ウィザードまたはコマンドラインを使用できます。You can use either the Readiness Report Creator wizard or the command line. 準備レポート作成ツールを使用している場合は、ローカルフォルダ内のOfficeドキュメントまたはネットワーク共有または過去の準備結果をローカルフォルダまたはネットワーク共有にまとめて保存するオプションを選択します。If you're using the Readiness Report Creator, select either Office documents in a local folder or network share or Previous readiness results saved together in a local folder or network share option. 次に、レポート設定ページで、** SQLサーバーレポート**を選択します。Then, on the Report settings page, select SQL Server report. 必要な資格情報と使用するデータベースの名前を入力します。Provide the necessary credentials and the name of the database you want to use. データベースが存在しない場合は作成されます。If the database doesn't exist, it will be created.

Excelファイルを作成する代わりに、同じ情報を含むPower BIレポートが作成され、結果を確認できます。Instead of creating an Excel file, a Power BI report, with the same information, is created for you to review the results. このPowerBIレポートは、必要に応じて拡張したり変更したりできます。This PowerBI report can be expanded on or changed as desired. ファイル拡張子は.pbitで、準備ツールキットがインストールされているフォルダー(通常はC:¥Program Files(x86)¥Microsoft Readiness Toolkit for Office)に保存されます。It has a file extension of .pbit and is saved to the folder where the Readiness Toolkit is installed, which is usually C:\Program Files (x86)\Microsoft Readiness Toolkit for Office. Power BI上で求められた場合は、ダイレクトクエリデータアクセスモードを選択します。If prompted in Power BI, select Direct Query data access mode.

コマンドラインバージョンのReadiness Report Creatorを使用している場合は、ReadinessReportCreator.exe -helpと入力して、SQLサーバーデータベースを使用するための適切なコマンドを表示します。If you're using the command line version of the Readiness Report Creator, type ReadinessReportCreator.exe -help to see the appropriate commands for using a SQL Server database. たとえば、次のコマンドを使用すると、Windows認証の代わりにReadinessという名前のローカルSQLデータベースを使用し、SQLサーバー認証を使用して、会計部門の過去の準備結果からレポートを作成できます。For example, you can use the following command to create a report from previous readiness results for the Finance department, using a local SQL database named Readiness, and using SQL Server authentication, instead of Windows authentication.

ReadinessReportCreator.exe -sqlimport “C:\Reports\Finance” -server localhost/SQLEXPRESS -database Readiness -username Officeadmin -password seCRet123$%^

ラベルを使用してレポートのデータを分類およびフィルタリングするUse labels to categorize and filter data in reports

準備ツールキットによって作成されたレポートでデータを分類およびフィルタリングするために、最大 4 つのカスタム ラベルを指定できます。ラベルは、最近使用した Office ドキュメントとユーザーのコンピューターにインストールされているアドインのスキャンに基づくレポートで使用できます。You can specify up to four custom labels to categorize and filter data in reports created by the Readiness Toolkit. Labels are available in reports that are based on scans of the most recently used Office documents and installed add-ins on the user’s computer.

カスタム ラベルには任意の文字列を指定できます。たとえば、ラベルを使用してユーザーの部門、役職、位置を示すことができます。準備ツールキットをユーザーのコンピューターで実行している場合は、カスタム ラベルが収集され、作成されるレポートで使用できるようになります。たとえば、レポートにフィルターを適用して、Finance 部門のデータのみ、またはアフリカの支店からのデータのみを表示することができます。ラベルは一貫した方法 (たとえば部門にはラベル 1 を常に使用するなど) で割り当ててください。You can specify any string for the custom labels. For example, you can use a label to indicate the user’s department, title, or geographic location. When the Readiness Toolkit runs on the user’s computer, the custom labels are collected and are made available in the reports that are created. For example, you can filter the report to show only data from the Finance Department or only data from offices in Africa. Assign labels in a consistent manner, such as always using Label 1 for department.

これらのラベルは、準備ツールキットとともに使用するカスタム ラベルを指定するグループポリシー設定を使用して指定できます。You can specify these labels by using the Specify custom labels to use with the Readiness Toolkit Group Policy setting. このポリシー設定は、[ユーザー構成][ポリシー][管理用テンプレート][Microsoft Office 2016][準備ツールキット] にあります。You can find this policy setting under User Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016\Readiness Toolkit. 必ず最新の Office 用管理テンプレートファイル (ADMX/ADML) をダウンロードしてください。Be sure to download the latest Administrative Template files (ADMX/ADML) for Office.

注意

Office テレメトリ ダッシュボードを使用しており、タグ (ラベル) を既に構成している場合、準備ツールキットはユーザーのコンピューターのスキャン中に、これらのラベルを自動的に収集し、レポートで使用できるようにします。ただし、準備ツールキットで指定したラベルは Office テレメトリ ダッシュボードには表示されません。If you're using the Office Telemetry Dashboard and have already configured tags (labels), the Readiness Toolkit automatically collects those labels during its scan of the user's computer and will make them available in its reports. But, labels you specify for the Readiness Toolkit won't appear in the Office Telemetry Dashboard.

レポートで収集されたデータのプライバシーを管理するManage the privacy of data collected in reports

機密情報や機密情報を含むファイル名を使用して Office ファイルを保存することは組織内ユーザーにとって一般的な作業です。ユーザーのプライバシーを保護して、機密情報の漏洩を防ぐためには、準備ツールキットによって、スキャン中に検出されたファイルのパスとドキュメント名非表示にしてレポートを作成できます。こうした情報を非表示にするレポートは、UI ウィザード、またはコマンド ラインから Readiness Report Creator を実行すると作成できます。It’s common for users in an organization to save Office files using file names that contain sensitive or confidential information. To protect the privacy of users and to help prevent revealing sensitive information, the Readiness Toolkit allows you to create a report that conceals the file paths and names of documents identified during a scan. You can create a report that conceals this information either by running the Readiness Report Creator from the UI wizard or from the command line.

UI ウィザードを使用する場合は、まず「最近使用した Office ドキュメントとこのコンピューターにインストールされているアドイン」 または「ローカル フォルダーまたはネットワーク共有にある Office ドキュメント」を作成を希望するレポートのタイプとして選びます。ウィザードの次のページで処理を続行する前に、[ファイル名とパスを非表示にする]のチェック ボックスを選択します。If you're using the UI wizard, begin by selecting either "Most recently used Office documents and installed add-ins on this computer" or "Office documents in a local folder or network share" as the type of report that you want to create. Then, on the next page of the wizard, select the Conceal file names and paths check box, before continuing on.

レポートを作成するためにコマンド ラインを使用する場合は、以下の例が示すように、「-ConcealNames 」オプションを使用します。If you are using the command line to create a report, use the -ConcealNames option, as shown in the following example.

ReadinessReportCreator.exe -mru -addinscan -output \\server01\finance -silent -concealnames

ファイルのパスとドキュメント名を非表示にするレポートを作成する場合、残される文字はドライブ文字、ファイル名とファイル拡張子の最初の 2 つの文字のみです。それ以外の、8 文字までのファイルのパスおよびファイル名の文字は、アスタリスクで置き換えられます (*)。たとえば、「c:\mergersinfo\Q4\companyx.docx」は、「c:\********\co******.docx」と表示されます。When you create a report that conceals the file paths and names of documents, the only characters that remain are the drive letter, the first two characters of the file name, and the file extension. The other characters of the file path, up to 8 characters, and of the file name are replaced with asterisks (*). For example, "c:\mergersinfo\Q4\companyx.docx" will appear as "c:\********\co******.docx."

そのレポートが作成されると、「file-names.log」というファイルがスキャンが実行されたコンピューターに作成されます。このファイルにはスキャンされたファイルパスとファイル名の完全なリストが含まれ、情報は非表示になっていません。また、このログファイルにはリストアップされたファイルそれぞれに割り当てられた参照コードも含まれます。これによって、詳細な調査が必要となる VBA マクロあるいはアドインの問題がレポート内に検知された場合に、レポート内の特定ファイルを識別できるようになります。「file-names.log」ファイルは、ユーザーの AppData フォルダーの中の Tempフォルダーに保存されます。例えば「user01」というユーザーの場合の保存先は、C:\Users\user01\AppData\Local\Readiness Toolkit Temp\フォルダーになります。When the report is created, a file named file-names.log is created on the computer that ran the scan. This file contains a complete list of the file paths and names that were scanned, without any of the information concealed. The log file also includes a reference code for each file listed. This reference code appears in a column of the report that's created. This allows you to identify the specific file in the report, in case a VBA macro or add-in issue that needs further investigation is identified in the report. The file-names.log file is saved to a temp folder in the user's AppData folder. For example, for user01, the file is saved to the C:\Users\user01\AppData\Local\Readiness Toolkit Temp\ folder.

レポート内でアドイン使用状況に関する情報を収集して表示するCollect and show add-in usage information in reports

組織内でどのアドインの使用頻度が高いのか、そして誰が使用しているのかを調べたい場合は、準備ツールキットを使うことで、アドイン使用に関する情報を収集し、準備レポートに含めることができます。If you want to get better insights into which add-ins are used most often within your organization and by whom, you can use the Readiness Toolkit to gather add-in usage information and include it in a readiness report.

アドインの使用状況に関する情報を収集するには、アドインの使用状況を取得する各コンピューターに最新バージョンの準備ツールキットをインストールします。To collect add-in usage information, install the most current version of the Readiness Toolkit on each computer that you want to capture add-in usage information from. アドインの使用状況の情報を生成および収集するエージェントを有効にするには、[アドインの使用状況データを準備ツールキットによって生成および収集できるようにする] グループポリシー設定を有効にする必要があります。To enable the agent that generates and collects the add-in usage information, you need to enable the "Allow add-in usage data to be generated and collected by the Readiness Toolkit" Group Policy setting. このポリシー設定は、Microsoft ダウンロードセンターで入手可能な、Office 用管理テンプレートファイル (ADMX/ADML) の最新バージョンで利用できます。This policy setting is available in the most current version of the Administrative Template files (ADMX/ADML) for Office that are available on the Microsoft Download Center. このポリシー設定は、[ユーザー構成][ポリシー][管理用テンプレート][Microsoft Office][管理用テンプレート] [Microsoft Office 2016][準備用ツールキット]にあります。This policy setting is found under User Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016\Readiness Toolkit.

生成・収集されるデータには、いつアドインがロードされ使用されたか、またアドインがクラッシュ下かどうかという情報も含まれます。こうした情報は使用エージェントが実行されているコンピュータのレジストリに保管されます。The data generated and collected includes when the add-in is loaded and used, and if the add-in crashes. This information is stored in the registry of the computer on which the usage agent runs.

対象範囲のユーザーと使用行動を良く把握するできるように、使用エージェントを少なくとも30日間使用することをお勧めします。モニタリング期間が終了すると、情報を収集し、レポートに表示するために、準備状況レポートを作成します。必要な情報が得られたら、グループ ポリシー設定を変更して、使用エージェントを無効にします。We recommend that you allow the usage agent to run for at least 30 days, to ensure you have good coverage of your users and their usage behavior. Once the monitoring period is complete, create a readiness report to collect the information and display it in a report. After you have the information you need, turn off the usage agent by changing the Group Policy setting.

注意

準備ツールキットの本リリースでは、Office 2016 を実行しているコンピューター上のアドインの使用状況に関する情報は収集されません。In this release of the Readiness Toolkit, no add-in usage information is collected on computers that are running Office 2016.

Silverlight または Flash コントロールを検出するDetect Silverlight or Flash controls

Silverlight、Shockwave Flash、および Macromedia Flash コントロールは、Office 365 ProPlusで有効化されないようにブロックされます。詳細については、 このテクニカル コミュニティの投稿をお読みくださいSilverlight, Shockwave Flash, and Macromedia Flash controls are blocked from activating in Office 365 ProPlus. For more information about this, read this Tech Community post.

これらのコントロールが含まれる Office ファイルを特定するには、準備状況レポートを作成するときに、すべての Office ドキュメントをスキャンすることも選択できます。こうすることで、ファイルにマクロが含まれていない場合でも、すべての Office ファイルがスキャンされます。スキャンするファイルが多くなるため、レポートの作成にかかる時間が長くなります。To identify Office files that contain these controls, you can choose to scan all Office documents when you create a readiness report. This will scan all Office files, even if those files don't contain macros. Because more files are scanned, report creation will take longer.

クラウド ベースのファイルをスキャンする方法How to scan cloud-based files

Readiness Report Creator は、SharePoint ドキュメント ライブラリ、OneDrive、またはその他のクラウド ベースの保存場所に保存されているファイルをスキャンできません。このようなファイルをスキャンしようとすると、レポートではそのファイルが「クラウド ベース」と表示されます。By default, the Readiness Report Creator can't scan files that are saved in a SharePoint document library, in OneDrive, or in some other type of cloud-based storage location. If you try to scan one of these files, the file shows up as "Cloud-based" in the report.

考えられる回避策は、これらクラウド ベースのファイルのローカル キャッシュをユーザーのコンピューターでスキャンすることです。ファイルがクラウド ベースの場所にのみ格納されている場合は、OneDrive または SharePoint の共有にマップされたネットワーク ドライブを作成できます。その後、Readiness Report Creator はそのドライブをスキャンできるようになります。ただし、この場所をスキャンする場合、スキャンを実行するためのメモリにファイルをダウンロードしなければなりません。そうしたファイルの数とサイズによっては、スキャンに必要な時間が大幅に長くなり、ネットワーク帯域幅の使用量が高くなることがあります。One possible workaround is to scan the local cache of these cloud-based files on the user's computer. If the files are only stored in a cloud-based location, you can create a mapped network drive to a OneDrive or SharePoint share. Then, you can have Readiness Report Creator scan that drive. But, when this location is scanned, the files must be downloaded in memory to perform the scan. Depending on the number and size of those files, this could result in the scan taking significantly longer and using up a considerable amount of network bandwidth.

追加情報Additional information

VBA マクロについて分析されるファイル拡張子File extensions analyzed for VBA macros

次の表に、Readiness Report Creator が Office ドキュメント内の VBA マクロを調べる際に分析されるファイルの拡張子をアプリケーション別に示します。The following table lists, by application, the file extensions that are analyzed when the Readiness Report Creator looks for VBA macros in Office documents.

ApplicationApplication ファイル拡張子File extension
AccessAccess
acaccdb、accdt、mdbaccdb, accdt, mdb
ExcelExcel
xla、xlam、xls、xlsm、xlsx、xlt、xltm、xltxxla, xlam, xls, xlsm, xlsx, xlt, xltm, xltx
OutlookOutlook
otmotm
PowerPointPowerPoint
pot、potm、potx、ppa、ppam、pps、ppsm、ppt、pptm、pptx、sldx、sldmpot, potm, potx, ppa, ppam, pps, ppsm, ppt, pptm, pptx, sldx, sldm
ProjectProject
mpp、mptmpp, mpt
PublisherPublisher
pubpub
VisioVisio
vsd、vsdx、vsdmvsd, vsdx, vsdm
WordWord
doc、docm、docx、dot、dotm、dotxdoc, docm, docx, dot, dotm, dotx

Readiness Report Creator がデータを収集するアドインの種類Types of add-ins for which the Readiness Report Creator collects data

次の表に、Readiness Report Creator がデータを収集するアドインの種類を示します。The following table lists the types of add-ins that the Readiness Report Creator collects data on. すべての Office アプリケーションのアドインが識別されますが、Web アドインは含まれません。準備状況の情報は、Office 365 ProPlus での実行が確認されている COM アドインについて提供されます。Add-ins for all Office applications are identified, but it doesn't include web add-ins. Readiness information is provided for COM add-ins that we have seen running in Office 365 ProPlus.

アドインの種類Add-in type Office アプリケーションOffice applications 説明Description
AutomationAutomation
ExcelExcel
Excel 対応の自動化アドインは COM アドインの上に構築されています。Automation アドインの関数は、Excel ワークシートの数式から呼び出すことができます。Excel-supported automation add-ins are built upon COM add-ins. Functions in Automation add-ins can be called from formulas in Excel worksheets.
COMCOM
Excel、Outlook、PowerPoint、および WordExcel, Outlook, PowerPoint, and Word
COM アドインには、マネージ コードを使用して開発された Visual Studio Tools for Office (VSTO) と C++ で作成されているアドインが含まれます。COM add-ins include add-ins usually written in C++ and Visual Studio Tools for Office (VSTO) developed using managed code.
VBAVBA
Excel、PowerPoint、および WordExcel, PowerPoint, and Word
VBA アドインは、VBA コードを含むアプリケーション固有のファイルです。マクロ有効 Word テンプレート (.dotm)、Excel アドイン (.xla, .xlam)、PowerPoint アドイン (.ppa, .ppam) などがあります。VBA add-ins are application-specific files that contain VBA code. These include macro-enabled Word templates (.dotm), Excel add-ins (.xla, .xlam), and PowerPoint add-ins (.ppa, .ppam).
WLLWLL
WordWord
WLL (.wll) アドインは Word 固有のアドインであり、DLL の作成をサポートするコンパイラを使用して構築されます。WLL (.wll) add-ins are specific to Word and built with any compiler that supports building DLLs.
XLLXLL
ExcelExcel
XLL アドイン (.xll) は Excel 固有のアドインであり、DLL (ダイナミック リンク ライブラリ) の作成をサポートするコンパイラを使用して構築されます。このアドインは、インストールも登録も不要です。XLL アドインには、ユーザー定義のコマンドや機能が含まれた DLL も組み込まれています。XLL add-ins (.xll) are specific to Excel and are built with any compiler that supports building DLLs (dynamic-link libraries). They do not have to be installed or registered. XLL add-ins also include DLLs that contain user-defined commands and functions.
XLS RTDXLS RTD
ExcelExcel
XLS リアルタイム データ (RTD) アドインは、RealTimeData ワークシート関数を使用してオートメーション サーバーを呼び出し、リアルタイムでデータを取得する Excel ワークシートです。XLS real-time data (RTD) add-ins are Excel worksheets that use the RealTimeData worksheet function to call an Automation server to retrieve data in real-time.

詳細レポートの作成時に Microsoft に送信される情報の例Examples of the information sent to Microsoft when creating an advanced report

詳細レポートを作成することを選択すると、一部の情報が Microsoft に送信されます。When you choose to create an advanced report, some information is sent to Microsoft.

次の表に、スキャン中に検出された VBA マクロに関する情報のうち、Microsoft に送信される情報とその例を示します。The following table provides a list of the information that is sent to Microsoft about the VBA macros that are found during a scan, along with examples.

データData 説明Description Example
DevicesScannedDevicesScanned
スキャンされたコンピューターの数。Number of computers that were scanned.
DevicesScanned: 23DevicesScanned: 23
UniqueUsersUniqueUsers
スキャンに含まれているユーザーの数。Count of users included in scan.
UniqueUsers: 14UniqueUsers: 14
RuleRule
特定のルールが、スキャンされた VBA マクロに適用されることが検出された回数。ルールは GUID によって一意に識別されます。Count of how many times a specific rule was found to apply to the VBA macros scanned. A GUID is used to uniquely identify the rule.
48f05b1d-c8ad-4d0c-9453-1abdf007b2db: 2348f05b1d-c8ad-4d0c-9453-1abdf007b2db: 23

74db65ab-76f3-43fb-997d-0d9750efb527: 274db65ab-76f3-43fb-997d-0d9750efb527: 2
FilesWithIssuesFilesWithIssues
互換性の問題がある一意のファイルの数。Count of unique files with compatibility issues.
FilesWithIssues: 320FilesWithIssues: 320
FilesWithDuplicateVBAFilesWithDuplicateVBA
重複するマクロを含む一意のファイルの数。Count of unique files containing duplicate macros.
FilesWithDuplicateVBA: 233FilesWithDuplicateVBA: 233
FilesWithNoIssuesFoundFilesWithNoIssuesFound
互換性の問題がない一意のファイルの数。Count of unique files with no issues.
FilesWithNoIssuesFound: 12FilesWithNoIssuesFound: 12
InaccessibleFilesInaccessibleFiles
アクセス不可能な一意のファイルの数。Count of unique inaccessible files.
InaccessibleFiles: 4InaccessibleFiles: 4
FilesPasswordProtectedFilesPasswordProtected
パスワードで保護されている一意のファイルの数。Count of unique files that were password protected.
FilesPasswordProtected: 123FilesPasswordProtected: 123
FilesLockedFilesLocked
ロックされている一意のファイルの数。Count of unique locked files.
FIlesLocked: 0FIlesLocked: 0
FilesWithVBAFilesWithVBA
VBA が含まれている一意のファイルの数。Count of unique files with VBA.
FilesWithVBA: 122FilesWithVBA: 122
FilesWithoutVBAFilesWithoutVBA
VBA が含まれていない一意のファイルの数。Count of unique files without VBA.
FilesWithoutVBA: 11FilesWithoutVBA: 11
SignificantremediationrequiredSignificantremediationrequired
大規模な修復を必要とする一意のファイルの数。Count of unique files that require significant remediation.
Significantremediationrequired: 12Significantremediationrequired: 12
LimitedremediationrequiredLimitedremediationrequired
限定的な修復を必要とする一意のファイルの数。Count of unique files that require limited remediation
Limitedremediationrequired: 12Limitedremediationrequired: 12
MinimalvalidationrequiredMinimalvalidationrequired
最小限の検証を必要とする一意のファイルの数。Count of unique files that require minimal validation.
Minimalvalidationrequired: 22Minimalvalidationrequired: 22
CodeDesignChangesCodeDesignChanges
変更が推奨される機能が使用されている一意のファイルの数。Count of unique files that contain use of features that we would recommend changes.
CodeDesignChanges: 1CodeDesignChanges: 1
DevicesWithNoMacrosDevicesWithNoMacros マクロが有効なファイルを含まないデバイスの数。Number of devices that didn't have macro enabled files. DevicesWithNoMacros: 12DevicesWithNoMacros: 12
DevicesWithDeclaresDevicesWithDeclares スキャンされたデバイスのうち、Declare ステートメントが使用されたマクロを含むデバイスの数。Number of devices scanned that included macros that used Declare statements. DevicesWithDeclares: 12DevicesWithDeclares: 12
DevicesWhichRequireSignificantRemediationDevicesWhichRequireSignificantRemediation 大幅な修復を必要とするマクロのファイルが含まれているデバイスの数。Number of devices that contain macro files that require significant remediation. DevicesWhichRequireSignificantRemediation: 12DevicesWhichRequireSignificantRemediation: 12
DevicesBlockedFromUpgradeDevicesBlockedFromUpgrade 含まれるマクロを修復しないかぎり、Office 365 ProPlusへのアップグレードのブロックが解除されないデバイスの数。Number of devices that contain macros that require remediation to be unblocked from upgrading to Office 365 ProPlus. DevicesBlockedFromUpgrade: 1DevicesBlockedFromUpgrade: 1
DevicesWithMacrosWithIssuesDevicesWithMacrosWithIssues マクロとの互換性に問題が含まれているデバイスの数。Number of devices that contain compatibility issues with macros. DevicesWithMacrosWithIssues: 2DevicesWithMacrosWithIssues: 2
DevicesWhichRequireLimitedRemediationDevicesWhichRequireLimitedRemediation わずかな修復を必要とするマクロのファイルが含まれているデバイスの数。Number of devices that contain macro files that require limited remediation. DevicesWhichRequireLimitedRemediation: 12DevicesWhichRequireLimitedRemediation: 12
DevicesWhichRequireMinimalValidationDevicesWhichRequireMinimalValidation 最小限の検証を必要とするマクロのファイルが含まれているデバイスの数。Number of devices that contain macro files that require minimal validation. DevicesWhichRequireMinimalValidation: 12DevicesWhichRequireMinimalValidation: 12
DevicesWithMacrosWithoutIssuesDevicesWithMacrosWithoutIssues マクロが含まれているが、互換性の問題がないデバイスの数。Number of devices that contain macros, but don’t have any compatibility issues. DevicesWithMacrosWithoutIssues: 12DevicesWithMacrosWithoutIssues: 12
DevicesWithMacrosDevicesWithMacros マクロ ファイルが含まれているデバイスの数。Number of devices that contain macro files. DevicesWithMacros: 12DevicesWithMacros: 12
DevicesSafeToUpgradeDevicesSafeToUpgrade Office 365 ProPlusへのアップグレードの準備が整っているデバイスの数。Number of devices are ready to upgrade to Office 365 ProPlus. DevicesSafeToUpgrade: 12DevicesSafeToUpgrade: 12
DevicesWithOlderToolVersionDevicesWithOlderToolVersion 古いバージョンの準備ツールキットを使用しているデバイスの数。Number of devices that are using an older version of the Readiness Toolkit. DevicesWithOlderToolVersion: 12DevicesWithOlderToolVersion: 12

次の表に、スキャン中に検出されたアドインに関する情報のうち、Microsoft に送信される情報とその例を示します。The following table provides a list of the information that is sent to Microsoft about the add-ins that are found during a scan, along with examples.

データData Example
アドインの Prog IDAdd-in Prog ID
UCAddin.LyncAddin.1UCAddin.LyncAddin.1
フレンドリ名Friendly Name
Skype Meeting Add-in for Microsoft Office 2016(Outlook)Skype Meeting Add-in for Microsoft Office 2016(Outlook)
説明Description
Skype Meeting Add-in for Microsoft Office 2016Skype Meeting Add-in for Microsoft Office 2016
ファイル名File Name
UCADDIN.DLLUCADDIN.DLL
アドインの CLSIDAdd-in CLSID
{A6A2383F-AD50-4D52-8110-3508275E77F7}{A6A2383F-AD50-4D52-8110-3508275E77F7}
プロバイダーProvider
Microsoft CorporationMicrosoft Corporation
ファイルのタイムスタンプFile Timestamp
14999408321499940832
ファイルのバージョンFile Version
16.0.8326.204416.0.8326.2044
Office アプリケーションOffice App
OutlookOutlook
デバイスの数Number of Devices
35(35)

準備状況レポートの情報を表示するようにマクロの設定を変更するChange macro settings to view information in the readiness report

Readiness Report Creator により作成されるレポートは、マクロとアクティブ コンテンツを使用してレポートに情報を表示します。したがって、VBA マクロの互換性とアドインの準備状況の情報をレポートに表示するには、Excel でマクロとアクティブ コンテンツを有効にする必要があります。Excel でマクロとアクティブ コンテンツが有効になっていないと、レポートを開いたときに [Overview] ワークシートに [Getting started] メッセージが表示されます。これは、メッセージ バーで [コンテンツの有効化] をクリックするだけで有効にできます。The report created by the Readiness Report Creator uses macros and active content to display the information in the report. Therefore, to see the VBA macro compatibility and the add-in readiness information in the report, you need to allow macros and active content in Excel. If macros and active content aren't enabled in Excel, you see a Getting started message on the Overview worksheet when you open the report. On that page are instructions on how to enable macros and active content. This can be as simple as clicking Enable Content in the Message Bar.

場合によってはメッセージ バーと [コンテンツの有効化] 項目が表示されないことがあります。一般にこの原因は、すべてのマクロを無効にするように Excel が構成されたが、警告が表示されなかったことにあります。この設定を確認するには、[ファイル] > [オプション] > [セキュリティ センター] > [セキュリティ センターの設定…] > [マクロの設定] に進みます。[セキュリティ センター] ダイアログ ボックスで、設定を [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] に変更します。その後 [OK] をクリックして変更を保存し、[セキュリティ センター] ダイアログ ボックスを閉じます。[OK] をクリックして [Excel のオプション] ダイアログボックスを閉じ、レポート ファイルを閉じます。レポート ファイルをもう一度開くと、メッセージ バーと [コンテンツの有効化] 項目が表示されます。In some cases, you might not see the Message Bar and the Enable Content choice. This is most likely because Excel is configured to disable all macros without notification. You can check this setting by going to File > Options > Trust Center > Trust Center Settings… > Macro Settings. There, in the Trust Center dialog box, you can change the setting to Disable all macros with notification. After you do that, choose OK to save the change and close the Trust Center dialog box, then choose OK to close the Excel Options dialog box, and then close the report file. When you open the report file again, you should see the Message Bar and the Enable Content choice.

[セキュリティ センター] ダイアログボックスでマクロ設定の項目が灰色で表示されている場合、管理者がグループ ポリシーを使用してこれらの設定を構成しているため、設定を手動で変更できません。この場合、最も簡単な解決方法は、Excel のマクロ設定により、メッセージ バーで [コンテンツの有効化] 項目を選択してマクロを有効にできる別のコンピューターで、レポート ファイルを開く方法です。If the macro settings choices are grayed out in the Trust Center dialog box, an administrator has configured these settings by using Group Policy and the settings can't be changed manually. In this case, the simplest solution is to open the report file on a different computer where the macro settings for Excel allow you to enable macros by selecting the Enable Content choice in the Message Bar.

マクロ設定の選択項目の詳細については、「Office ドキュメントのマクロを有効または無効にする」を参照してください。For more information about macro setting choices, see Enable or disable macros in Office files.

「Unknown」または「Insufficient data」として分類されているアドインに対して実行できる手順Possible steps to take for add-ins classified as "Unknown" or "Insufficient data"

アドインが「Unknown」または「Insufficient data」として分類されている場合、Microsoft には、アドインに関して準備状況を判別できるだけの十分な情報がありません。組織で業務上重要なアドインの場合は、次のいずれかを実行できます。If an add-in is classified as "Unknown" or "Insufficient data" this means that Microsoft doesn't yet have sufficient information regarding the add-in to provide a readiness status. If this is an add-in that is business critical for your organization, you can do the following:

  • このアドインを開発したソフトウェア プロバイダーに連絡し、アドインが Office 365 ProPlus に対応しているかどうかを確認します。また、ソフトウェア プロバイダーに対し、アドインの Office 365 ProPlus への対応状況を Ready for Windows サイトのリストに掲載するよう依頼することもできます。ソフトウェア プロバイダーはそのアドインをリストに掲載することで、アドインの Office 365 ProPlus への対応状況を他の企業に知らせることができます。Contact the software provider who developed this add-in to see if the add-in is supported for Office 365 ProPlus. Also, you can request that your software provider list the add-in's support for Office 365 ProPlus on the Ready for Windows site. By listing the add-in, the software provider can make the add-in's support status for Office 365 ProPlus available to other enterprises.

  • ReadyForOffice@microsoft.com に連絡します。Microsoft 出は可能な限り、アドインの準備状況を Microsoft のデータベースに追加できるように取り組みます。アドインに関する可能な限り多くの情報を提供してください。次に例を示します。Contact us at ReadyForOffice@microsoft.com. We'll do our best to add the readiness status of the add-in to our database. Please provide as much information about the add-in as possible including, but not limited to, the following:

    • フレンドリ名Friendly name

    • ファイルのバージョンFile version

    • ソフトウェアのプロバイダーSoftware provider

    • ダウンロード リンク、またはアドインをダウンロードしてインストールする詳しい方法。Download link, or any details on how to download and install the add-in.

    • その他の詳細情報 (アドインの種類、アドインが使用される Office アプリ、Prog ID、CLISID など)。Other details, such as the type of add-in, which Office app the add-in is used with, the Prog ID, or the CLSID.

Microsoft にエラー レポートで送信される情報Information sent in an error report to Microsoft

準備状況レポートを表示する際に問題が発生すると、エラー レポートを Microsoft に送信するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。たとえば、レポートでのグラフの作成や収集データに対するクエリの実行で問題が発生した場合などです。If there is a problem showing the readiness reports, you will receive a message asking if you want to send an error report to Microsoft. For example, if there is a problem creating a graph in the report or querying the data collected.

エラー レポートを Microsoft に送信すると、準備ツールキットの向上に役立ちます。Microsoft に送信されるエラー レポートには、個人を特定できる情報は一切含まれていません。次の表に、エラー レポートで Microsoft に送信される情報を示します。By sending an error report to Microsoft, you can help us improve the Readiness Toolkit. The error report sent to Microsoft doesn't contain any personally identifiable information. The following table provides a list of what information is sent to Microsoft in the error report.

送信されるデータData sent 説明Description
ModuleModule エラーが発生した VBA モジュール。The VBA module where the error occurred.
Sub/関数名Sub/Function name エラーが発生した Sub プロシージャまたは関数の名前The name of the sub procedure or function that the error occured in.
行 IDLine identifier 正常に実行された最後のコード行の先頭に配置されている ID。The identifier placed at the beginning of the last successfully executed line of code.
エラー メッセージError message 通常エラーにより出力されるユーザー メッセージ。一部のエラーはローカライズされている可能性があります。The user message normally output by the error. May be localized for some errors.
エラー番号Error number エラーを識別する番号。The number identifying the error.
ソース名Source name エラーを発生させたオブジェクトの名前。変数名ではありません。The name of the object that raised the error. This is not the variable name.
ツールのバージョンTool version 使用されていた準備ツールキットのバージョン。The version of the Readiness Toolkit that was being used.
レポート GUIDReport GUID レポートごとに生成される GUID。繰り返しエラーの除外に役立ちます。A GUID generated for each report to help filter out repeated errors.
セッション IDSession ID レポート作成時のセッション ID。準備ツールキットにより記録されたエラーに関連付ける際に役立ちます。The Session ID when the report was created to help correlate it with any errors logged by the Readiness Toolkit.
Excel バージョンExcel version 準備状況レポートを表示するために使用されていた Excel のバージョン。The version of Excel used to view the readiness reports.