Office のボリューム ライセンス認証の概要Overview of volume activation of Office

適用対象: ボリューム ライセンス版の Office 2019 およびボリューム ライセンス版の Office 2016 (Project および Visio を含む)Applies to: Volume licensed versions of Office 2019 and Office 2016, including Project and Visio

ライセンス認証は、特定のコンピューターにインストールされた後、製造元に問い合わせて、ソフトウェアを検証するプロセスです。Activation is the process of validating software with the manufacturer after it has been installed on a specific computer. ライセンス認証は、製品が正規品であることを確認-不正コピーではなく、プロダクトキー、またはシリアル番号が有効であるとがない侵害または失効しました。Activation confirms that the product is genuine—not a fraudulent copy—and that the product key or serial number is valid and has not been compromised or revoked. ライセンス認証は、リンクまたはプロダクト キーと特定のインストールの間のリレーションシップを確立します。Activation also establishes a link or relationship between the product key and the particular installation.

注意

Office の個人用コピーをアクティブ化しようとするユーザーを設定する場合は、この記事を読むのではなくOffice のライセンス認証を参照してください。If you're a user trying to activate a personal copy of Office, see Activate Office instead of reading this article.

ボリューム ライセンス認証は、マイクロソフト ボリューム ライセンスのお客様が使用して自動化し、大規模な組織で Windows オペレーティング システム、Microsoft Office、およびその他の Microsoft 製品のライセンス認証を管理するプロセスです。Volume activation is the process that Microsoft volume licensing customers use to automate and manage the activation of Windows operating systems, Microsoft Office, and other Microsoft products across large organizations.

3 つの方法プロジェクトなど、Visio、Office のボリューム ライセンスを購入のバージョンを有効にすることがあります。There are three different methods that you can activate volume licensed versions of Office, including Project and Visio:

選択するライセンス認証方法は、サイズ、ネットワーク インフラストラクチャ、接続、およびユーザー環境のセキュリティ要件によって異なります。Which activation method you choose depends on the size, network infrastructure, connectivity, and security requirements of your environment. Office のバージョンごとに、デスクトップやラップトップ コンピューターなどの別のコンピューターのライセンス認証のさまざまなメソッドを使用することができます。You can choose to use different activation methods for different versions of Office and for different computers, for example desktops and laptops. これら 3 つのライセンス認証方法は、ボリューム ライセンスを購入のバージョンの Windows をライセンス認証にも使用、ためには、Windows と Office の両方を有効にするのには、同じメソッドを使用することができます。Because these three activation methods are also used to activate volume licensed versions of Windows, you might be able to use the same method to activate both Windows and Office. 詳細については、 Windows 10 のボリューム ライセンス認証ボリューム ライセンス認証の概要を参照してください。For more information, see Volume Activation for Windows 10 and Volume Activation Overview.

プロジェクトなど、Visio、Office のすべてのボリューム ライセンスを購入バージョンは、汎用ボリューム ライセンス キー (GVLK)、KMS および Active Directory ベースのアクティブ化のために使用できると呼ばれる、プレインストールされた製品キーを持っています。All volume licensed versions of Office, including Project and Visio, have a preinstalled product key, called a Generic Volume License Key (GVLK), that can be used for KMS and Active Directory-based activation. KMS または Active Directory を使用して Office をライセンス認証している場合は、Office のインストールごとにプロダクト キーを入力する必要はありません。You don't have to enter a product key for each Office installation if you're activating Office by using KMS or Active Directory. MAK を使用して Office をライセンス認証している、Office のインストールごとにプロダクト キーを入力する必要がありますを自動化する方法があります。If you're activating Office by using MAK, you must enter a product key for each Office installation, but there are ways to automate that.

Office のキー マネージメント サービス (KMS) ライセンス認証Key Management Service (KMS) activation of Office

KMS ライセンス認証は、各クライアントが KMS ホスト コンピューターからライセンス認証を要求するクライアント/サーバー モデルです。KMS activation is a client-server model in which each client requests activation from a KMS host computer. Office をライセンス認証に必要なキーは、KMS のホスト コンピューターにインストールされます。The keys needed to activate Office are installed on the KMS host computer. クライアントでは、DNS を使用して、ライセンス認証の要求には、KMS ホスト コンピューターを見つけます。The client uses DNS to locate a KMS host computer to request activation.

詳細については、以下を参照してください。For more information, see the following:

Office の複数のライセンス認証キー (MAK) ライセンス認証Multiple Activation Key (MAK) activation of Office

MAK ライセンス認証は、マイクロソフトによってホストされるライセンス認証サービスをインターネット経由または電話を通じて 1 回限りのライセンス認証に使用されます。MAK activation is used for one-time activation through Microsoft-hosted activation services, either via the internet or by telephone. MAK ライセンス認証では MAK がクライアント コンピューターにインストールされている必要があり、コンピューターはそれらのサービスに対してライセンス認証をするように指示されます。MAK activation requires that a MAK is installed on a client computer and instructs that computer to activate itself against those services.

各 MAK には、あらかじめ決められた数のライセンス認証が許可されています。MAK はボリューム ライセンス契約に基づきます。Each MAK has a predetermined number of allowed activations and is based on your volume licensing agreement. MAK を使用する各 Office のライセンス認証は、ライセンス認証の制限の対象となります。Each Office activation that uses MAK counts toward the activation limit. Office をいったんライセンス認証すると、ハードウェアが大きく変更されない限り、ライセンス認証を再び行う必要はありません。After Office is activated, no re-activation is required unless the hardware changes significantly.

詳細については、 MAK を使用して、Office のバージョンのライセンスを有効にするボリュームを参照してください。For more information, see Activate volume licensed versions of Office by using MAK.

Office の作業中のディレクトリ ベースのアクティベーションActive Directory-based activation of Office

Active Directory ベースのアクティベーションでは、ドメインに参加しているコンピューターにインストールされている Office をライセンス認証できます。Active Directory-based activation can activate Office installed on domain-joined computers. KMS で使用されると同じですが、プロダクト キー情報が Active Directory に格納し、フォレスト全体にレプリケートします。The product key information, which is the same that is used by KMS, is stored in Active Directory and replicated throughout the forest. Office ライセンス認証に Active Directory に接続できない、Office は KMS を使用してアクティブにしようとします。If Office can't contact Active Directory for activation, Office tries to activate by using KMS.

詳細については、ボリュームのアクティブ化ライセンスのアクティブ ディレクトリを使用して、Office のバージョンを参照してください。For more information, see Activate volume licensed versions of Office by using Active Directory.