WriteProtection.Salt WriteProtection.Salt WriteProtection.Salt Property

定義

スキーマでは、次の属性を Verifier.Represents のパスワードの salt 処理: w:salt Salt for Password Verifier.Represents the following attribute in the schema: w:salt

[DocumentFormat.OpenXml.SchemaAttr(23, "salt")]
public DocumentFormat.OpenXml.Base64BinaryValue Salt { get; set; }
member this.Salt : DocumentFormat.OpenXml.Base64BinaryValue with get, set
Public Property Salt As Base64BinaryValue

プロパティ値

注釈

ECMA 376 の標準の ECMA インターナショナルから次の情報は、このクラスを使用する場合に、役立ちます。The following information from the ECMA International Standard ECMA-376 can be useful when working with this class.

それを生成する前の属性値によって定義されているハッシュ アルゴリズムを使用してハッシュ化した前にユーザーが指定したパスワードに付加されている salt を指定しますhash属性、およびユーザーが指定したパスワードを付加するものと比較にハッシュ値を生成する前にします。Specifies the salt which was prepended to the user-supplied password before it was hashed using the hashing algorithm defined by the preceding attribute values to generate the hash attribute, and which shall also be prepended to the user-supplied password before attempting to generate a hash value for comparison. Saltとは、ランダムな文字列はユーザーが指定したパスワードにする前に追加してハッシュされてからすべての可能なパスワードのハッシュの組み合わせを事前に計算して、単にそれらを使用して悪意のあるユーザーを防止するために、値をあらかじめ計算する (と呼ばれる多くの場合、辞書攻撃)。A salt is a random string which is added to a user-supplied password before it is hashed in order to prevent a malicious party from pre-calculating all possible password/hash combinations and simply using those precalculated values (often referred to as a dictionary attack).

この属性を省略した場合、salt 付け加えられないユーザーが指定したパスワードをハッシュされて格納されているハッシュ値との比較の前に。If this attribute is omitted, then no salt shall be prepended to the user-supplied password before it is hashed for comparison with the stored hash value.

保護要素の 1 つに格納されている次の情報では、WordprocessingML ドキュメントを検討してください。Consider a WordprocessingML document with the following information stored in one of its protection elements:

<w:… w:salt="ZUdHa+D8F/OAKP3I7ssUnQ=="  
  w:hash="9oN7nWkCAyEZib1RomSJTjmPpCY=" />  

salt属性の値ZUdHa+D8F/OAKP3I7ssUnQ==ユーザーが指定したパスワードは前の比較の結果のハッシュ値を生成するのには指定したハッシュ アルゴリズムを実行する前にこの値を持つことを指定します。The salt attribute value of ZUdHa+D8F/OAKP3I7ssUnQ== specifies that the user-supplied password shall have this value prepended before it is run through the specified hashing algorithm to generate a resulting hash value for comparison.

この属性の値が XML スキーマで定義されているbase64Binaryのデータ型です。The possible values for this attribute are defined by the XML Schema base64Binary data type.

適用対象