CLSID CLSID CLSID CLSID Struct

定義

COM クラスのグローバル一意識別子 (GUID: Gobally Unique Identifier) のラッパーとして機能します。Serves as a wrapper for a globally unique identifier (GUID) for a COM class.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public value class CLSID
public struct CLSID
type CLSID = struct
Public Structure CLSID
継承

注釈

CLSID 構造体は、特定の COM クラスの一意の識別子として機能する COM クラス識別子 (CLSID) 構造体をラップします。The CLSID structure wraps the COM class identifier (CLSID) structure, which serves as a unique identifier for a specific COM class.

CLSID は、GUID がグローバル一意識別子の省略形である場合と同じように、クラス識別子の省略形です。CLSID is an abbreviation for class identifier, in the same way that GUID is an abbreviation for globally unique identifier. どちらの省略形も、重複する可能性の低い統計的な確率を持つ128ビット整数を参照します。これにより、コンピューターとネットワークの間で一意の識別子として使用できるようになります。Both abbreviations refer to a 128-bit integer with a low statistical likelihood of being duplicated so that it can be used as a unique identifier across computers and networks. 通常、この識別子は、16メンバーのバイト配列として、または特殊な形式の16進数の文字列として表現されます (文字 a-f、または A ~ F は10進数10-15 を表します)。Typically, this identifier is represented either as a 16-member array of bytes or as a specially formatted string of hexadecimal digits (where the characters a-f, or A-F, represent the decimal numbers 10-15). この文字列形式は、32の連続する16進数、または8桁、4桁、4桁、4桁、12桁の16進数の数字で構成され、ハイフンで区切られます。This string representation consists of either 32 contiguous hexadecimal digits or of groups of 8, 4, 4, 4, and 12 hexadecimal digits, separated by hyphens. 必要に応じて、ハイフンで囲まれた文字列形式を{}かっこまたは中かっこ () で囲むことができます。The hyphenated string representation optionally can be enclosed in parentheses or braces ({}).

詳細情報For more information:

  • 一意の識別子とその形式の詳細Guidについては、「」を参照してください。About unique identifiers and their format, see Guid.

  • CLSID 構造と Microsoft 管理コンソール (MMC) を使用したプログラミングについては、「 Mmc プログラマーズガイド」を参照してください。Programming with the CLSID structure and the Microsoft Management Console (MMC), see the MMC Programmer's Guide.

適用対象