AuthenticateResult クラス

定義

認証呼び出しの結果が含まれています

public ref class AuthenticateResult
public class AuthenticateResult
type AuthenticateResult = class
Public Class AuthenticateResult
継承
AuthenticateResult
派生

コンストラクター

AuthenticateResult()

新しい AuthenticateResult のインスタンスを作成します。

プロパティ

Failure

認証からのエラー情報を保持します。

Handled

認証の段階がユーザーの介入によって直接処理され、それ以上の処理を試みないことを示します。

None

この認証スキームに関する情報が返されなかったことを示します。

Principal

認証されたユーザー ID を持つクレーム プリンシパルを取得します。

Properties

認証セッションの追加的な状態値。

Skipped

認証のこの段階がユーザーの介入によってスキップされたことを示します。

Succeeded

チケットが生成された場合、認証は成功しました。

Ticket

認証チケット。

メソッド

Clone()

結果の新しいディープ コピーを作成する

Fail(Exception)

認証中にエラーが発生したことを示します。

Fail(Exception, AuthenticationProperties)

認証中にエラーが発生したことを示します。

Fail(String)

認証中にエラーが発生したことを示します。

Fail(String, AuthenticationProperties)

認証中にエラーが発生したことを示します。

Handle()
NoResult()

この認証スキームに関する情報が返されなかったことを示します。

Skip()
Success(AuthenticationTicket)

認証が成功したことを示します。

適用対象