AuthenticationSchemeOptions.ForwardDefault プロパティ

定義

設定されている場合は、認証ハンドラーが既定ですべての認証操作を に転送する必要がある既定のスキームを指定します。 既定の転送ロジックでは、最も具体的な ForwardAuthenticate/Challenge/Forbid/SignIn/SignOut 設定が最初に確認され、次に ForwardDefaultSelector、次に ForwardDefault がチェックされます。 最初の null 以外の結果は、転送先のターゲット スキームとして使用されます。

public:
 property System::String ^ ForwardDefault { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public string ForwardDefault { get; set; }
public string? ForwardDefault { get; set; }
member this.ForwardDefault : string with get, set
Public Property ForwardDefault As String

プロパティ値

String

適用対象