Microsoft.AspNetCore.Authentication 名前空間

認証のサポートを有効にする型が含まれています。 IAuthenticationService は、5つの認証アクションを定義するメインエントリポイントです。認証 (要求の認証データを取得する)、チャレンジ (認証されていない要求に使用)、禁止 (認証された要求を拒否するときに使用)、サインアウト (関連付けられているすべてのデータを削除する) です。 大まかに言えば、認証は、 IAuthenticationHandler 各認証アクションの処理を担当する特定のインスタンスにマップされるスキームの概念に基づいて行われます。

クラス

AccessDeniedContext

ハンドラープロバイダーにアクセス拒否エラーコンテキスト情報を提供します。

AuthenticateResult

認証呼び出しの結果を格納します。

AuthenticationBuilder

認証を構成するために使用されます

AuthenticationBuilderExtensions

承認サーバーと共存する既存の Api の認証を構成する拡張メソッド。

AuthenticationFeature

リダイレクトがアプリ内で適切に計算されるように、パス情報をキャプチャするために使用されます。Map ()。

AuthenticationHandler<TOptions>

を実装するためのこだわりの抽象化 IAuthenticationHandler

AuthenticationHandlerProvider

IAuthenticationHandlerProvider の実装です。

AuthenticationHttpContextExtensions

HttpContext で認証を公開する拡張メソッド。

AuthenticationMiddleware

認証を実行するミドルウェア。

AuthenticationMiddleware<TOptions>
AuthenticationOptions

認証を構成するためのオプション。

AuthenticationProperties

認証セッションに関する状態値を格納するためのディクショナリ。

AuthenticationScheme

AuthenticationSchemes 特定のハンドラ型に名前を割り当て IAuthenticationHandler ます。

AuthenticationSchemeBuilder

をビルドするために使用され AuthenticationScheme ます。

AuthenticationSchemeOptions

によって使用されるオプションを格納します AuthenticationHandler<TOptions>

AuthenticationSchemeProvider

IAuthenticationSchemeProvider の実装。

AuthenticationService

IAuthenticationService の実装。

AuthenticationTicket

ユーザーの ID 情報や追加的な認証状態を格納します。

AuthenticationToken

トークンを表す名前/値。

AuthenticationTokenExtensions

に認証トークンを格納するための拡張メソッド AuthenticationProperties

AzureADAuthenticationBuilderExtensions

アプリケーションに Azure Active Directory 認証を追加する拡張メソッド。

AzureADB2CAuthenticationBuilderExtensions

B2C 認証をAzure Active Directoryする拡張メソッド。

Base64UrlTextEncoder

Base-64 url でエンコードされたテキストをエンコードおよびデコードできます。

BaseContext
BaseContext<TOptions>

他のコンテキストクラスで使用される基本クラスです。

BaseControlContext
ClaimActionCollectionMapExtensions

ClaimActionCollection の拡張メソッド。

ClaimActionCollectionUniqueExtensions

ClaimActionCollection の拡張メソッド。

ClaimsTransformationContext
ClaimsTransformationHandler

認証に ClaimsTransformation を適用するハンドラー

ClaimsTransformationMiddleware
ClaimsTransformer
FailureContext

ミドルウェアプロバイダーにエラーコンテキスト情報を提供します。

HandleRequestContext<TOptions>

認証要求を処理する基本コンテキストの種類。

HandleRequestResult

認証呼び出しの結果を格納します

JsonDocumentAuthExtensions

への認証拡張機能 JsonDocument

NoopClaimsTransformation

既定の要求変換は、no op です。

PolicySchemeHandler

PolicySchemes は、認証方法を別のスキームにリダイレクトするために使用されます。

PolicySchemeOptions

によって使用されるオプションを格納します PolicySchemeHandler

PrincipalContext<TOptions>

ClaimsPrincipal を処理する認証イベントの基本コンテキスト。

PropertiesContext<TOptions>

を含む認証イベントの基本コンテキスト AuthenticationProperties

PropertiesDataFormat

SecureDataFormat<TData> セキュリティで保護する インスタンス AuthenticationProperties

PropertiesSerializer

AuthenticationPropertiesIDataSerializer<TModel>

RedirectContext<TOptions>

リダイレクトイベントにコンテキストが渡されました。

RemoteAuthenticationContext<TOptions>

リモート認証の基本コンテキスト。

RemoteAuthenticationEvents

リモート認証中に発生したイベントをサブスクライブできます。

RemoteAuthenticationHandler<TOptions>

個別にホストされるプロバイダーを AuthenticationHandler<TOptions> 使用して認証を実行する の意見による抽象化。

RemoteAuthenticationOptions

によって使用されるオプションを格納 RemoteAuthenticationHandler<TOptions> します。

RemoteFailureContext

ハンドラー プロバイダーにエラー コンテキスト情報を提供します。

RequestPathBaseCookieBuilder

Pathを要求パスのベースに設定するクッキービルダー。

ResultContext<TOptions>

AuthenticateResults を生成するイベントの基本コンテキスト。

SecureDataFormat<TData>

の実装 ISecureDataFormat<TData>

SharedAuthenticationOptions
SignInAuthenticationHandler<TOptions>

SignInAsync のサポートを追加します。

SignOutAuthenticationHandler<TOptions>

SignOutAsync のサポートを追加

SystemClock

秒単位の有効桁数を使用して、通常のシステムクロックにアクセスできるようにします。

TicketDataFormat

SecureDataFormat<TData>セキュリティ保護するインスタンス AuthenticationTicket

TicketReceivedContext

ハンドラープロバイダーにコンテキスト情報を提供します。

TicketSerializer

インスタンスをシリアル化および逆シリアル化し AuthenticationTicket ます。

インターフェイス

IAuthenticateResultFeature

承認ミドルウェアからをキャプチャするために使用され AuthenticateResult ます。

IAuthenticationFeature

リダイレクトがアプリ内で適切に計算されるように、パス情報をキャプチャするために使用されます。Map ()。

IAuthenticationHandler

特定のスキームの認証を処理する要求ごとに作成されます。

IAuthenticationHandlerProvider

authenticationScheme と request に適切な IAuthenticationHandler インスタンスを提供します。

IAuthenticationRequestHandler

ハンドラーが要求の処理に参加するかどうかを判断するために使用されます。

IAuthenticationSchemeProvider

サポートされている authenticationSchemes の管理を担当します。

IAuthenticationService

認証を提供するために使用されます。

IAuthenticationSignInHandler

ハンドラーがサインインをサポートしているかどうかを判断するために使用されます。

IAuthenticationSignOutHandler

ハンドラーが SignOut をサポートしているかどうかを判断するために使用します。

IClaimsTransformation

要求変換 IAuthenticationService 用に によって使用されます。

IClaimsTransformer

要求の変換に使用されます。

IDataSerializer<TModel>

Serialzing 認証データのコントラクト。

IRemoteAuthenticationEvents
ISecureDataFormat<TData>

データをセキュリティで保護するためのコントラクト。

ISystemClock

システム クロックを抽象化して、テストを容易にします。

列挙型

EventResultState

注釈

認証の詳細については、「 ASP.NET Core での認証の概要」を参照してください。