IApplicationBuilder インターフェイス

定義

アプリケーションの要求パイプラインを構成するための機構を提供するクラスを定義します。

public interface class IApplicationBuilder
public interface IApplicationBuilder
type IApplicationBuilder = interface
Public Interface IApplicationBuilder
派生

プロパティ

ApplicationServices

IServiceProviderアプリケーションのサービスコンテナーへのアクセスを提供するを取得または設定します。

Properties

ミドルウェア間でデータを共有するために使用できるキー/値のコレクションを取得します。

ServerFeatures

アプリケーションのサーバーが提供する HTTP 機能のセットを取得します。

メソッド

Build()

このアプリケーションが HTTP 要求を処理するために使用するデリゲートを構築します。

New()

こののを共有する新しいを作成し IApplicationBuilder Properties IApplicationBuilder ます。

Use(Func<RequestDelegate,RequestDelegate>)

アプリケーションの要求パイプラインにミドルウェアデリゲートを追加します。

拡張メソッド

UseRequestLocalization(IApplicationBuilder)

クライアントに RequestLocalizationMiddleware よって提供される情報に基づいて要求のカルチャ情報を自動的に設定するために、を追加します。

UseRequestLocalization(IApplicationBuilder, RequestLocalizationOptions)

クライアントに RequestLocalizationMiddleware よって提供される情報に基づいて要求のカルチャ情報を自動的に設定するために、を追加します。

UseRequestLocalization(IApplicationBuilder, Action<RequestLocalizationOptions>)

クライアントに RequestLocalizationMiddleware よって提供される情報に基づいて要求のカルチャ情報を自動的に設定するために、を追加します。

UseRequestLocalization(IApplicationBuilder, String[])

クライアントに RequestLocalizationMiddleware よって提供される情報に基づいて要求のカルチャ情報を自動的に設定するために、を追加します。

UseAuthentication(IApplicationBuilder)

指定したにを追加し AuthenticationMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、認証機能が有効になります。

UseAuthorization(IApplicationBuilder)

指定したにを追加し AuthorizationMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、承認機能が有効になります。

エンドポイントルーティングを使用してルーティングされるリソースを承認するときは、アプリの呼び出しの間にこの呼び出しが表示される必要があり ます。UseRouting ()アプリ。UseEndpoints (...) ミドルウェアが正常に機能するようにします。

UseBrowserLink(IApplicationBuilder)

このメソッドは、アプリケーションでブラウザーリンクを有効にするために呼び出されます。 各要求に対して BrowserLinkMiddleware を作成するファクトリメソッドを登録します。

UseIdentity(IApplicationBuilder)
互換性のために残されています。

このメソッドは互換性のために残されていますが、今後のバージョンでは削除される予定です。 別の方法をお勧めします。 UseAuthentication(IApplicationBuilder)

現在のアプリケーションの ASP.NET id を有効にします。

UseCertificateForwarding(IApplicationBuilder)

要求ヘッダー内の証明書を検索し、ClientCertificate を更新するミドルウェアをパイプラインに追加します。

UseClaimsTransformation(IApplicationBuilder)

指定されたにミドルウェアを追加し ClaimsTransformationMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、要求変換機能が有効になります。

UseClaimsTransformation(IApplicationBuilder, ClaimsTransformationOptions)

指定されたにミドルウェアを追加し ClaimsTransformationMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、要求変換機能が有効になります。

UseClaimsTransformation(IApplicationBuilder, Func<ClaimsTransformationContext,Task<ClaimsPrincipal>>)

指定されたにミドルウェアを追加し ClaimsTransformationMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、要求変換機能が有効になります。

UseBlazorFrameworkFiles(IApplicationBuilder)

ルートパス "/" から Blazor Webasframework ファイルを処理するようにアプリケーションを構成します。

UseBlazorFrameworkFiles(IApplicationBuilder, PathString)

パスから Blazor Webasframework ファイルを提供するようにアプリケーションを構成し pathPrefix ます。 このパスは、参照される Blazor WebAssembly プロジェクトに対応している必要があります。

UseConcurrencyLimiter(IApplicationBuilder)

ConcurrencyLimiterMiddleware同時実行要求の数を制限するを追加します。

UseConnections(IApplicationBuilder, Action<ConnectionsRouteBuilder>)
互換性のために残されています。

要求実行パイプラインに ASP.NET Core 接続ハンドラーのサポートを追加し IApplicationBuilder ます。

このメソッドは互換性のために残されていますが、今後のバージョンでは削除される予定です。 別の方法として、 < > AspNetCore (...) 内で mapconnections または mapconnectionhandler tconnectionhandler を使用することをお勧めします。

UseCookieAuthentication(IApplicationBuilder)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseCookieAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して Cookie 認証を構成します。ConfigureServices の AddCookie。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseCookieAuthentication(IApplicationBuilder, CookieAuthenticationOptions)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseCookieAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して Cookie 認証を構成します。ConfigureServices の AddCookie。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseCookieAuthentication(IApplicationBuilder, CookieAuthenticationOptions)

指定されたにミドルウェアを追加し CookieAuthenticationMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、cookie の認証機能が有効になります。

UseCookiePolicy(IApplicationBuilder)

指定されたにハンドラーを追加し CookiePolicyMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、クッキーポリシー機能が有効になります。

UseCookiePolicy(IApplicationBuilder, CookiePolicyOptions)

指定されたにハンドラーを追加し CookiePolicyMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、クッキーポリシー機能が有効になります。

UseCors(IApplicationBuilder)

クロスドメイン要求を許可するために、CORS ミドルウェアを Web アプリケーション パイプラインに追加します。

UseCors(IApplicationBuilder, Action<CorsPolicyBuilder>)

クロスドメイン要求を許可するために、CORS ミドルウェアを Web アプリケーション パイプラインに追加します。

UseCors(IApplicationBuilder, String)

クロスドメイン要求を許可するために、CORS ミドルウェアを Web アプリケーション パイプラインに追加します。

UseDatabaseErrorPage(IApplicationBuilder)
互換性のために残されています。

Entity Framework 移行を使用して解決される可能性がある、同期および非同期のデータベース関連の例外をパイプラインからキャプチャします。 これらの例外が発生すると、問題が解決する可能性のあるアクションの詳細を含む HTML 応答が生成されます。

UseDatabaseErrorPage(IApplicationBuilder, DatabaseErrorPageOptions)
互換性のために残されています。

Entity Framework 移行を使用して解決される可能性がある、同期および非同期のデータベース関連の例外をパイプラインからキャプチャします。 これらの例外が発生すると、問題が解決する可能性のあるアクションの詳細を含む HTML 応答が生成されます。

UseDefaultFiles(IApplicationBuilder)

現在のパスで既定のファイルマッピングを有効にします。

UseDefaultFiles(IApplicationBuilder, DefaultFilesOptions)

指定されたオプションで既定のファイル マッピングを有効にします

UseDefaultFiles(IApplicationBuilder, String)

指定された要求パスに対する既定のファイルマッピングを有効にします。

UseDeveloperExceptionPage(IApplicationBuilder)

パイプラインから同期インスタンスと非同期インスタンスをキャプチャ Exception し、HTML エラー応答を生成します。

UseDeveloperExceptionPage(IApplicationBuilder, DeveloperExceptionPageOptions)

パイプラインから同期インスタンスと非同期インスタンスをキャプチャ Exception し、HTML エラー応答を生成します。

UseDirectoryBrowser(IApplicationBuilder)

現在のパスでディレクトリの参照を有効にする

UseDirectoryBrowser(IApplicationBuilder, DirectoryBrowserOptions)

指定されたオプションでディレクトリの参照を有効にします

UseDirectoryBrowser(IApplicationBuilder, String)

指定された要求パスのディレクトリ参照を有効にします

UseElmCapture(IApplicationBuilder)

を使用してアクセスできる Elm logging サービスを有効にし ElmPageMiddleware ます。

UseElmPage(IApplicationBuilder)

によってキャプチャされたログの表示を有効に ElmCaptureMiddleware します。

UseEndpoints(IApplicationBuilder, Action<IEndpointRouteBuilder>)

構成されたから構築されたインスタンスを使用して、指定したにミドルウェアを追加し Microsoft.AspNetCore.Routing.EndpointMiddleware IApplicationBuilder EndpointDataSource IEndpointRouteBuilder ます。 は、 Microsoft.AspNetCore.Routing.EndpointMiddleware 現在の Endpoint 要求に関連付けられたを実行します。

UseRouting(IApplicationBuilder)

指定されたにミドルウェアを追加し Microsoft.AspNetCore.Routing.EndpointRoutingMiddleware IApplicationBuilder ます。

UseExceptionHandler(IApplicationBuilder)

例外をキャッチしてログを記録し、別のパイプラインで要求を再実行するミドルウェアをパイプラインに追加します。 応答が既に開始されている場合、要求は再実行されません。

UseExceptionHandler(IApplicationBuilder, ExceptionHandlerOptions)

例外をキャッチしてログを記録し、別のパイプラインで要求を再実行するミドルウェアをパイプラインに追加します。 応答が既に開始されている場合、要求は再実行されません。

UseExceptionHandler(IApplicationBuilder, Action<IApplicationBuilder>)

例外をキャッチしてログを記録し、別のパイプラインで要求を再実行するミドルウェアをパイプラインに追加します。 応答が既に開始されている場合、要求は再実行されません。

UseExceptionHandler(IApplicationBuilder, String)

例外をキャッチしてログを記録し、要求パスをリセットし、要求を再実行する、ミドルウェアをパイプラインに追加します。 応答が既に開始されている場合、要求は再実行されません。

UseFacebookAuthentication(IApplicationBuilder)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseFacebookAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して Facebook 認証を構成します。ConfigureServices の AddFacebook。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseFacebookAuthentication(IApplicationBuilder, FacebookOptions)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseFacebookAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して Facebook 認証を構成します。ConfigureServices の AddFacebook。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseFacebookAuthentication(IApplicationBuilder, FacebookOptions)

指定されたにミドルウェアを追加し FacebookMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、Facebook の認証機能が有効になります。

UseFileServer(IApplicationBuilder)

現在のディレクトリの現在の要求パスについて、すべての静的ファイル ミドルウェア (ディレクトリの参照を除く) を有効にします。

UseFileServer(IApplicationBuilder, FileServerOptions)

すべての静的ファイル ミドルウェアを、指定されたオプションで有効にします。

UseFileServer(IApplicationBuilder, Boolean)

現在のディレクトリの現在の要求パスについて、すべての静的ファイル ミドルウェアを有効にします。

UseFileServer(IApplicationBuilder, String)

同じ名前のディレクトリからの指定された要求パスについて、すべての静的ファイル ミドルウェア (ディレクトリの参照を除く) を有効にします。

UseForwardedHeaders(IApplicationBuilder)

現在の要求の一致するフィールドに転送ヘッダーを適用します。

慣例により、HTTP プロキシは、既知の HTTP ヘッダーでクライアントから情報を転送します。 は、 ForwardedHeadersMiddleware これらのヘッダーを読み取り、HttpContext の関連フィールドを入力します。

UseForwardedHeaders(IApplicationBuilder, ForwardedHeadersOptions)

現在の要求の一致するフィールドに転送ヘッダーを適用します。

慣例により、HTTP プロキシは、既知の HTTP ヘッダーでクライアントから情報を転送します。 は、 ForwardedHeadersMiddleware これらのヘッダーを読み取り、HttpContext の関連フィールドを入力します。

UseGoogleAuthentication(IApplicationBuilder)
互換性のために残されています。

UseGoogleAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して Google authentication を構成します。ConfigureServices の AddGoogle。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseGoogleAuthentication(IApplicationBuilder, GoogleOptions)
互換性のために残されています。

UseGoogleAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して Google authentication を構成します。ConfigureServices の AddGoogle。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseGoogleAuthentication(IApplicationBuilder, GoogleOptions)

指定されたにミドルウェアを追加し GoogleMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、Google の認証機能が有効になります。

UseHeaderPropagation(IApplicationBuilder)

に伝達されるヘッダーを収集するミドルウェアを追加し HttpClient ます。

UseHealthChecks(IApplicationBuilder, PathString)

正常性チェックの状態を提供するミドルウェアを追加します。

UseHealthChecks(IApplicationBuilder, PathString, HealthCheckOptions)

正常性チェックの状態を提供するミドルウェアを追加します。

UseHealthChecks(IApplicationBuilder, PathString, Int32)

正常性チェックの状態を提供するミドルウェアを追加します。

UseHealthChecks(IApplicationBuilder, PathString, Int32, HealthCheckOptions)

正常性チェックの状態を提供するミドルウェアを追加します。

UseHealthChecks(IApplicationBuilder, PathString, String)

正常性チェックの状態を提供するミドルウェアを追加します。

UseHealthChecks(IApplicationBuilder, PathString, String, HealthCheckOptions)

正常性チェックの状態を提供するミドルウェアを追加します。

UseHostFiltering(IApplicationBuilder)

許可されたホストヘッダーによって要求をフィルター処理するためのミドルウェアを追加します。 無効な要求は、400状態コードで拒否されます。

UseHsts(IApplicationBuilder)

HSTS を使用するのミドルウェアを追加します。これにより、Strict-Transport-Security ヘッダーが追加されます。

UseHttpMethodOverride(IApplicationBuilder)

ヘッダーで指定された型を使用して、受信 POST 要求によってメソッドの型をオーバーライドできるようにします。 このミドルウェアは、クライアントが GET メソッドまたは POST メソッドの送信に限定されているが、他の HTTP メソッドを呼び出す必要がある場合に使用されます。 既定では、トンネルされている HTTP メソッドを指定するために、http メソッドオーバーライド要求ヘッダーが使用されます。

UseHttpMethodOverride(IApplicationBuilder, HttpMethodOverrideOptions)

受信 POST 要求で、フォームで指定された型を使用してメソッドの型をオーバーライドできるようにします。 このミドルウェアは、クライアントが GET メソッドまたは POST メソッドの送信に限定されているが、他の HTTP メソッドを呼び出す必要がある場合に使用されます。

UseHttpsRedirection(IApplicationBuilder)

HTTP 要求を HTTPS にリダイレクトするためのミドルウェアを追加します。

UseJwtBearerAuthentication(IApplicationBuilder)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseJwtBearerAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して JwtBearer authentication を構成します。AddJwtBearer ConfigureServices. 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseJwtBearerAuthentication(IApplicationBuilder, JwtBearerOptions)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseJwtBearerAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して JwtBearer authentication を構成します。AddJwtBearer ConfigureServices. 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseJwtBearerAuthentication(IApplicationBuilder, JwtBearerOptions)

指定されたにミドルウェアを追加し JwtBearerMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、ベアラートークン処理機能が有効になります。 このミドルウェアは、要求ヘッダーに表示される適切な形式のセキュリティで保護されたトークンを認識します。 AuthenticationMode をアクティブにすると、ベアラートークン内の要求が現在の要求の IPrincipal ユーザーに追加されます。 AuthenticationMode がパッシブの場合、現在の要求は変更されませんが、IAuthenticationManager AuthenticateAsync は、要求のベアラートークンから要求を取得するためにいつでも使用できます。 関連項目 http://tools.ietf.org/html/rfc6749

Map(IApplicationBuilder, PathString, Action<IApplicationBuilder>)

指定された要求パスの一致に基づいて、要求パイプラインを分岐します。 要求パスが指定されたパスで開始する場合、分岐が実行されます。

Map(IApplicationBuilder, PathString, Boolean, Action<IApplicationBuilder>)

指定された要求パスの一致に基づいて、要求パイプラインを分岐します。 要求パスが指定されたパスで開始する場合、分岐が実行されます。

MapWhen(IApplicationBuilder, Func<HttpContext,Boolean>, Action<IApplicationBuilder>)

指定された述語の結果に基づいて、要求パイプラインを分岐します。

UseMicrosoftAccountAuthentication(IApplicationBuilder)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseMicrosoftAccountAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して、Microsoft アカウント認証を構成します。ConfigureServices の Addmicrosoft アカウント。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseMicrosoftAccountAuthentication(IApplicationBuilder, MicrosoftAccountOptions)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseMicrosoftAccountAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して、Microsoft アカウント認証を構成します。ConfigureServices の Addmicrosoft アカウント。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseMicrosoftAccountAuthentication(IApplicationBuilder, MicrosoftAccountOptions)

指定されたにミドルウェアを追加し MicrosoftAccountMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、Microsoft アカウントの認証機能が有効になります。

UseMigrationsEndPoint(IApplicationBuilder)

移行操作を実行するための要求を処理します。 ミドルウェアは、に対して行われた要求をリッスンし DefaultPath ます。

UseMigrationsEndPoint(IApplicationBuilder, MigrationsEndPointOptions)

移行操作を実行するための要求を処理します。 ミドルウェアは、で構成されたパスへの要求をリッスンし options ます。

UseMvc(IApplicationBuilder)

要求実行パイプラインに MVC を追加し IApplicationBuilder ます。

UseMvc(IApplicationBuilder, Action<IRouteBuilder>)

要求実行パイプラインに MVC を追加し IApplicationBuilder ます。

UseMvcWithDefaultRoute(IApplicationBuilder)

IApplicationBuilder' Default ' という名前の既定のルートと次のテンプレートを使用して、要求実行パイプラインに MVC を追加します: ' {controller = Home}/{action = Index}/{id?} '。

UseOAuthAuthentication(IApplicationBuilder)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseOAuthAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して OAuth 認証を構成します。ConfigureServices の AddOAuth。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseOAuthAuthentication(IApplicationBuilder, OAuthOptions)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseOAuthAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して OAuth 認証を構成します。ConfigureServices の AddOAuth。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseOAuthAuthentication(IApplicationBuilder, OAuthOptions)

指定されたにミドルウェアを追加し OAuthMiddleware<TOptions> IApplicationBuilder ます。これにより、OAuth 2.0 認証機能が有効になります。

UseOpenIdConnectAuthentication(IApplicationBuilder)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseOpenIdConnectAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して OpenIdConnect 認証を構成します。ConfigureServices の Addo Idconnect。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseOpenIdConnectAuthentication(IApplicationBuilder, OpenIdConnectOptions)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseOpenIdConnectAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して OpenIdConnect 認証を構成します。ConfigureServices の Addo Idconnect。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseOpenIdConnectAuthentication(IApplicationBuilder, OpenIdConnectOptions)

指定されたにミドルウェアを追加し OpenIdConnectMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、OpenID connect 認証機能が有効になります。

UseOwin(IApplicationBuilder)
UseOwin(IApplicationBuilder, Action<Action<Func<Func<IDictionary<String,Object>,Task>,Func<IDictionary<String,Object>,Task>>>>)
RunProxy(IApplicationBuilder)

オプションで指定されているとおりに要求をリモートサーバーに送信します

RunProxy(IApplicationBuilder, ProxyOptions)

オプションで指定されているとおりに要求をリモートサーバーに送信します

UseResponseBuffering(IApplicationBuilder)

応答本文の完全なバッファー処理を有効にします。 これは、IHttpBufferingFeature を使用して、要求ごとに無効にすることができます。

UseResponseCaching(IApplicationBuilder)

ResponseCachingMiddlewareHTTP 応答をキャッシュするためのを追加します。

UseResponseCompression(IApplicationBuilder)

HTTP 応答を動的に圧縮するためのミドルウェアを追加します。

UseRewriter(IApplicationBuilder)

指定された Url が規則と条件に一致するかどうかを確認し、一致する場合は HttpContext を変更します。

UseRewriter(IApplicationBuilder, RewriteOptions)

指定された Url が規則と条件に一致するかどうかを確認し、一致する場合は HttpContext を変更します。

UseRouter(IApplicationBuilder, IRouter)

指定したを使用して、指定したにミドルウェアを追加し RouterMiddleware IApplicationBuilder IRouter ます。

UseRouter(IApplicationBuilder, Action<IRouteBuilder>)

が構成されたを使用して、 RouterMiddleware 指定されたにミドルウェアを追加し IApplicationBuilder IRouter IRouteBuilder ます。

Run(IApplicationBuilder, RequestDelegate)

アプリケーションの要求パイプラインにターミナルミドルウェアデリゲートを追加します。

UseSession(IApplicationBuilder)

を追加して、 SessionMiddleware アプリケーションのセッション状態を自動的に有効にします。

UseSession(IApplicationBuilder, SessionOptions)

を追加して、 SessionMiddleware アプリケーションのセッション状態を自動的に有効にします。

UseSignalR(IApplicationBuilder, Action<HubRouteBuilder>)
互換性のために残されています。

要求実行パイプラインに SignalR を追加し IApplicationBuilder ます。

このメソッドは互換性のために残されていますが、今後のバージョンでは削除される予定です。 別の方法として、 < > AspNetCore (...) 内で maphub THub を使用することをお勧めします。

UseSpa(IApplicationBuilder, Action<ISpaBuilder>)

単一ページアプリケーション (SPA) の既定のページを返すことによって、ミドルウェアチェーン内のこの時点からのすべての要求を処理します。

このミドルウェアは、静的ファイルや MVC アクションなどを提供する他のミドルウェアが優先されるように、チェーンの後半に配置する必要があります。

UseStaticFiles(IApplicationBuilder)

現在の要求パスに対して静的ファイルの提供を有効にします

UseStaticFiles(IApplicationBuilder, StaticFileOptions)

指定されたオプションで静的ファイルの提供を有効にします

UseStaticFiles(IApplicationBuilder, String)

指定された要求パスに対して静的ファイルの提供を有効にします

UseStatusCodePages(IApplicationBuilder)

既定の応答ハンドラーを持つ StatusCodePages ページミドルウェアを追加します。このハンドラーは、本文がない400と599の間のステータスコードを含む応答を確認します。

UseStatusCodePages(IApplicationBuilder, StatusCodePagesOptions)

指定されたオプションを使用して StatusCodePages ページミドルウェアを追加します。このオプションは、本文がない400と599の間のステータスコードを含む応答をチェックします。

UseStatusCodePages(IApplicationBuilder, Action<IApplicationBuilder>)

応答本文を生成するために実行する指定された代替ミドルウェアパイプラインを持つパイプラインに StatusCodePages ページミドルウェアを追加します。

UseStatusCodePages(IApplicationBuilder, Func<StatusCodeContext,Task>)

指定されたハンドラーで StatusCodePages ページミドルウェアを追加します。このハンドラーは、本文がない400と599の間のステータスコードを含む応答を確認します。

UseStatusCodePages(IApplicationBuilder, String, String)

送信する指定された応答本文を持つ StatusCodePages ページミドルウェアを追加します。 これには、状態コードの ' ' プレースホルダーが含まれる場合があり {0} ます。 ミドルウェアは、本文がない400と599の間のステータスコードを含む応答を確認します。

UseStatusCodePagesWithRedirects(IApplicationBuilder, String)

StatusCodePages ページミドルウェアをパイプラインに追加します。 指定された場所の URL テンプレートを使用してリダイレクトすることで、応答を処理することを指定します。 これには、状態コードの ' ' プレースホルダーが含まれる場合があり {0} ます。 ' ~ ' で始まる Url には PathBase が付加され、その他の URL はその他の URL として使用されます。

UseStatusCodePagesWithReExecute(IApplicationBuilder, String, String)

StatusCodePages ページミドルウェアをパイプラインに追加します。 代替パスを使用して要求パイプラインを再実行することで、応答本文を生成する必要があることを指定します。 このパスには {0} 、状態コードの ' ' プレースホルダーを含めることができます。

UseTwitterAuthentication(IApplicationBuilder)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseTwitterAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して Twitter 認証を構成します。ConfigureServices の AddTwitter。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseTwitterAuthentication(IApplicationBuilder, TwitterOptions)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

UseTwitterAuthentication は互換性のために残されています。 AddAuthentication () を使用して Twitter 認証を構成します。ConfigureServices の AddTwitter。 詳細については、 https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=845470 をご覧ください。

UseTwitterAuthentication(IApplicationBuilder, TwitterOptions)

指定されたにミドルウェアを追加し TwitterMiddleware IApplicationBuilder ます。これにより、Twitter の認証機能が有効になります。

Use(IApplicationBuilder, Func<HttpContext,Func<Task>,Task>)

インラインで定義されているミドルウェアデリゲートをアプリケーションの要求パイプラインに追加します。

UseMiddleware(IApplicationBuilder, Type, Object[])

アプリケーションの要求パイプラインにミドルウェアタイプを追加します。

UseMiddleware<TMiddleware>(IApplicationBuilder, Object[])

アプリケーションの要求パイプラインにミドルウェアタイプを追加します。

UsePathBase(IApplicationBuilder, PathString)

要求パスから指定されたパスベースを抽出し、それを要求パスベースに postpend するミドルウェアを追加します。

UseWhen(IApplicationBuilder, Func<HttpContext,Boolean>, Action<IApplicationBuilder>)

要求パイプラインで条件付きでブランチを作成し、メインパイプラインに再参加します。

UseWebAssemblyDebugging(IApplicationBuilder)

Chromium dev ツール内で Blazor WebAssembly のデバッグに必要なミドルウェアを追加します。

UseWebpackDevMiddleware(IApplicationBuilder, WebpackDevMiddlewareOptions)
互換性のために残されています。

Webpack dev ミドルウェアのサポートを有効にします。 これにより、アプリケーションのメモリに Webpack コンパイラのインスタンスがホストされるため、コンパイラを手動で実行しなくても、常に最新の Webpack でビルドされたリソースを提供できます。 Webpack コンパイラインスタンスはメモリに保持されるため、コンパイラをゼロから再実行することにより、インクリメンタルコンパイルの速度が大幅に向上します。

Webpack でビルドされたファイルに一致する受信要求は、ディスク上のファイルに関係なく、Webpack コンパイラの出力を直接返すことによって処理されます。 要求が到着したときにコンパイルが進行中の場合、更新されたコンパイラ出力の準備が整うまで応答は一時停止します。

UseWebSockets(IApplicationBuilder)

WebSocketMiddleware 要求パイプラインに追加します。

UseWebSockets(IApplicationBuilder, WebSocketOptions)

WebSocketMiddleware 要求パイプラインに追加します。

UseWelcomePage(IApplicationBuilder)

WelcomePageMiddleware をパイプラインに追加します。

UseWelcomePage(IApplicationBuilder, WelcomePageOptions)

指定されたオプションで WelcomePageMiddleware をパイプラインに追加します。

UseWelcomePage(IApplicationBuilder, PathString)

WelcomePageMiddleware を指定されたパスを持つパイプラインに追加します。

UseWelcomePage(IApplicationBuilder, String)

WelcomePageMiddleware を指定されたパスを持つパイプラインに追加します。

UseSpaStaticFiles(IApplicationBuilder)

シングルページアプリケーション (SPA) の静的ファイルを提供するようにアプリケーションを構成します。 ファイルは、登録済みサービスを使用して配置され ISpaStaticFileProvider ます。

UseSpaStaticFiles(IApplicationBuilder, StaticFileOptions)

シングルページアプリケーション (SPA) の静的ファイルを提供するようにアプリケーションを構成します。 ファイルは、登録済みサービスを使用して配置され ISpaStaticFileProvider ます。

適用対象