StaticFileOptions クラス

定義

静的ファイルを提供するためのオプション

public ref class StaticFileOptions : Microsoft::AspNetCore::StaticFiles::Infrastructure::SharedOptionsBase
public class StaticFileOptions : Microsoft.AspNetCore.StaticFiles.Infrastructure.SharedOptionsBase
type StaticFileOptions = class
    inherit SharedOptionsBase
Public Class StaticFileOptions
Inherits SharedOptionsBase
継承
StaticFileOptions

コンストラクター

StaticFileOptions()

既定では、すべての要求パスが使用されます

StaticFileOptions(SharedOptions)

既定では、すべての要求パスが使用されます

プロパティ

ContentTypeProvider

ファイルをコンテンツ タイプにマップするために使用します。

DefaultContentType

要求のコンテンツ タイプを ContentTypeProvider が判別できなかった場合に使用される既定のコンテンツ タイプ。 既定では None が指定されるため、クライアントが独自に形式を判断する必要があります。 http://www.w3.org/Protocols/rfc2616/rfc2616-sec7.html#sec7

FileProvider

リソースを特定するために使用されるファイル システム

(継承元 SharedOptionsBase)
HttpsCompression

応答圧縮ミドルウェアが使用可能な場合に、HTTPS 要求に対してファイルを圧縮する必要があるかどうかを示します。 既定値は Compress です。

OnPrepareResponse

ステータス コードとヘッダーが設定された後、本文が書き込まれる前に呼び出されます。 これを使って応答ヘッダーを追加したり変更したりすることができます。

RedirectToAppendTrailingSlash

パスの末尾に末尾のスラッシュを追加するようにリダイレクトするかどうかを示します。 相対リソース リンクでは、これを必要とする場合があります。

(継承元 SharedOptionsBase)
RequestPath

静的リソースにマップする相対要求パス。

(継承元 SharedOptionsBase)
ServeUnknownFileTypes

コンテンツ タイプを認識できない場合にそのファイルを提供する必要があるかどうかを示します。 既定値は false です。

SharedOptions

複数のミドルウェア コンポーネントに共通のオプション

(継承元 SharedOptionsBase)

適用対象