RenderTreeFrame 構造体

定義

Blazor フレームワーク以外では、AspNetCore の型を使用することはお勧めできません。 これらの型は、将来のリリースで変更される予定です。

public value class RenderTreeFrame
public struct RenderTreeFrame
type RenderTreeFrame = struct
Public Structure RenderTreeFrame
継承
RenderTreeFrame

フィールド

AttributeEventHandlerId

プロパティがと等しい場合は、 FrameType Attribute 対応するイベントハンドラーの ID を取得します (存在する場合)。

AttributeEventUpdatesAttributeName

プロパティが FrameType Attribute で、属性がイベントハンドラーを表す場合、は、イベントハンドラーを実行する前に UI 状態を表すように値を更新できる別の属性の名前を取得します。 これは主に双方向のバインディングで使用されます。

AttributeName

プロパティがと等しい場合は FrameType Attribute 、属性名を取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

AttributeValue

プロパティがと等しい場合は FrameType Attribute 、属性値を取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

ComponentId

プロパティがと等しい場合は FrameType Component 、子コンポーネントのインスタンス識別子を取得します。

ComponentKey

プロパティがと FrameType 等しい場合 Component は、コンポーネントの比較キーを取得します。何も指定されなかった場合は null を返します。

ComponentReferenceCaptureAction

プロパティがと等しい場合は FrameType ComponentReferenceCapture 、ターゲットへの参照を書き込むアクションを取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

ComponentReferenceCaptureParentFrameIndex

プロパティがと FrameType 等しい場合 ComponentReferenceCapture 、キャプチャされるコンポーネントを表す親フレームのインデックスを取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。 警告: このインデックスは、フレームの元のレンダリングツリーのコンテキストでのみ使用できます。 RenderTreeDiff の ReferenceFrames バッファーなど、他の場所にフレームがコピーされた場合、そのインデックスは他のバッファー内のエントリと関連付けられません。 現在、このような状況が発生するシナリオはありませんが、存在する場合は、RenderTreeDiffBuilder のすべてのサブツリー初期化ロジックを変更して、フレームを階層的にウォークすることができます。その後、ComponentReferenceCapture frame を初期化するポイントの親インデックスがわかります。

ComponentSubtreeLength

プロパティがと等しい場合は、 FrameType Component このフレームがルートになっているサブツリー内のフレームの数を取得します。 フレームがまだ閉じられていない場合、値は0です。

ComponentType

プロパティがと等しい場合は FrameType Component 、子コンポーネントの型を取得します。

ElementKey

プロパティがと FrameType 等しい場合 Element は、要素の比較キーを取得します。何も指定されなかった場合は null を取得します。

ElementName

プロパティがと等しい場合は FrameType Element 、要素の型を表す名前を取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

ElementReferenceCaptureAction

プロパティがと等しい場合は FrameType ElementReferenceCapture 、ターゲットへの参照を書き込むアクションを取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

ElementReferenceCaptureId

プロパティがと等しい場合は FrameType ElementReferenceCapture 、参照キャプチャの ID を取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

ElementSubtreeLength

プロパティがと等しい場合は、 FrameType Element このフレームがルートになっているサブツリー内のフレームの数を取得します。 フレームがまだ閉じられていない場合、値は0です。

FrameType

このフレームの種類を記述します。

MarkupContent

プロパティがと等しい場合は FrameType Markup 、マークアップフレームの内容を取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

RegionSubtreeLength

プロパティがと等しい場合は、 FrameType Region このフレームがルートになっているサブツリー内のフレームの数を取得します。 フレームがまだ閉じられていない場合、値は0です。

Sequence

フレームのシーケンス番号を取得します。 シーケンス番号は、フレームを挿入した命令の相対ソース位置を示します。 シーケンス番号は、同じシーケンス (通常は同じソースメソッド) 内でのみ比較できます。

TextContent

プロパティがと等しい場合は FrameType Text 、テキストフレームの内容を取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

プロパティ

AttributeEventHandlerId

プロパティがと等しい場合は、 FrameType Attribute 対応するイベントハンドラーの ID を取得します (存在する場合)。

AttributeEventUpdatesAttributeName

プロパティが FrameType Attribute で、属性がイベントハンドラーを表す場合、は、イベントハンドラーを実行する前に UI 状態を表すように値を更新できる別の属性の名前を取得します。 これは主に双方向のバインディングで使用されます。

AttributeName

プロパティがと等しい場合は FrameType Attribute 、属性名を取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

AttributeValue

プロパティがと等しい場合は FrameType Attribute 、属性値を取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

Component

プロパティがと等しい場合は FrameType Component 、子コンポーネントのインスタンスを取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

ComponentId

プロパティがと等しい場合は FrameType Component 、子コンポーネントのインスタンス識別子を取得します。

ComponentKey

プロパティがと FrameType 等しい場合 Component は、コンポーネントの比較キーを取得します。何も指定されなかった場合は null を返します。

ComponentReferenceCaptureAction

プロパティがと等しい場合は FrameType ComponentReferenceCapture 、ターゲットへの参照を書き込むアクションを取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

ComponentReferenceCaptureParentFrameIndex

プロパティがと FrameType 等しい場合 ComponentReferenceCapture 、キャプチャされるコンポーネントを表す親フレームのインデックスを取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。 警告: このインデックスは、フレームの元のレンダリングツリーのコンテキストでのみ使用できます。 RenderTreeDiff の ReferenceFrames バッファーなど、他の場所にフレームがコピーされた場合、そのインデックスは他のバッファー内のエントリと関連付けられません。 現在、このような状況が発生するシナリオはありませんが、存在する場合は、RenderTreeDiffBuilder のすべてのサブツリー初期化ロジックを変更して、フレームを階層的にウォークすることができます。その後、ComponentReferenceCapture frame を初期化するポイントの親インデックスがわかります。

ComponentSubtreeLength

プロパティがと等しい場合は、 FrameType Component このフレームがルートになっているサブツリー内のフレームの数を取得します。 フレームがまだ閉じられていない場合、値は0です。

ComponentType

プロパティがと等しい場合は FrameType Component 、子コンポーネントの型を取得します。

ElementKey

プロパティがと FrameType 等しい場合 Element は、要素の比較キーを取得します。何も指定されなかった場合は null を取得します。

ElementName

プロパティがと等しい場合は FrameType Element 、要素の型を表す名前を取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

ElementReferenceCaptureAction

プロパティがと等しい場合は FrameType ElementReferenceCapture 、ターゲットへの参照を書き込むアクションを取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

ElementReferenceCaptureId

プロパティがと等しい場合は FrameType ElementReferenceCapture 、参照キャプチャの ID を取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

ElementSubtreeLength

プロパティがと等しい場合は、 FrameType Element このフレームがルートになっているサブツリー内のフレームの数を取得します。 フレームがまだ閉じられていない場合、値は0です。

FrameType

このフレームの種類を記述します。

MarkupContent

プロパティがと等しい場合は FrameType Markup 、マークアップフレームの内容を取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

RegionSubtreeLength

プロパティがと等しい場合は、 FrameType Region このフレームがルートになっているサブツリー内のフレームの数を取得します。 フレームがまだ閉じられていない場合、値は0です。

Sequence

フレームのシーケンス番号を取得します。 シーケンス番号は、フレームを挿入した命令の相対ソース位置を示します。 シーケンス番号は、同じシーケンス (通常は同じソースメソッド) 内でのみ比較できます。

TextContent

プロパティがと等しい場合は FrameType Text 、テキストフレームの内容を取得します。 それ以外の場合、値は未定義です。

メソッド

ToString()

適用対象