DataProtectorTokenProvider<TUser>.CanGenerateTwoFactorTokenAsync(UserManager<TUser>, TUser) メソッド

定義

Booleanこのインスタンスによって生成されたトークンを、非同期操作として2要素認証トークンとして使用できるかどうかを示すを返します。

public:
 virtual System::Threading::Tasks::Task<bool> ^ CanGenerateTwoFactorTokenAsync(Microsoft::AspNetCore::Identity::UserManager<TUser> ^ manager, TUser user);
public virtual System.Threading.Tasks.Task<bool> CanGenerateTwoFactorTokenAsync (Microsoft.AspNetCore.Identity.UserManager<TUser> manager, TUser user);
abstract member CanGenerateTwoFactorTokenAsync : Microsoft.AspNetCore.Identity.UserManager<'User (requires 'User : null)> * 'User -> System.Threading.Tasks.Task<bool>
override this.CanGenerateTwoFactorTokenAsync : Microsoft.AspNetCore.Identity.UserManager<'User (requires 'User : null)> * 'User -> System.Threading.Tasks.Task<bool>
Public Overridable Function CanGenerateTwoFactorTokenAsync (manager As UserManager(Of TUser), user As TUser) As Task(Of Boolean)

パラメーター

manager
UserManager<TUser>

UserManager<TUser>ユーザープロパティの取得元の。

user
TUser

TUserトークンが生成された。

戻り値

Task<Boolean>

Task<TResult>非同期クエリの結果を表す。このインスタンスによって生成されたトークンを2要素認証トークンとして使用できる場合は true を格納し、それ以外の場合は false を格納します。

実装

注釈

このメソッドは、のインスタンスに対して常に false を返し DataProtectorTokenProvider<TUser> ます。

適用対象